キャッシングの流儀

どうしても審査に通りたい人向けサイト
キャッシングで融資を利用したい!審査に通過するためのコツを公開!

消費者向けの無担保ローンであるキャッシングは銀行もカードローンを提供するようになったため、以前に比べて大変お金を借りるハードルを下げることになり、今や生活ツールと考える人も多く、利用を考えている人もいるでしょう。

このキャッシングを利用するための最初の関門は審査で、これに通らなければ利用することができません。そこで本サイトではこの審査にスポットを当てて、審査に通るにはどうすれば良いのかについて解説して行くことにします。

解説の手順としては、まず相手を知る必要が有りますから、審査についての知識を獲得することから始め、審査に落とされてしまう原因を探り、審査を受ける為のコツを考察して、最後に誰もが抱く疑問に応えることにします。

キャッシングの知識を身につける!基礎を理解し上手な利用を考えよう

キャッシングを利用しようと考えた時に、まず確認しておきたいのが申込みの手順です。手順があやふやだと次にどうなるのかということが良く分らず、何をやるにも戸惑ってしまって審査に影響が出る事にもなりかねません。

また審査ではどのようなことが行われるのかについての知識も必要です。審査内容を知らなければ自分に有利なのか不利なのかわかりませんし、事前に対策できることも分らず、無防備のまま申込むことになってしまいます。

さらに審査が通ったとしても利用場面では様々な問題が生じることが有ります。ですから利用開始後、どのように返済を行っていかなければならないかなどの知識は事前に調査して、自分が使いやすいのかどうかを考えておく必要が有ります。

キャッシングの申込みに必要な基礎知識

キャッシングは申込書を提出するか、申込情報を入力して送信するだけで流れも何もないだろうと考えている人もいますが、実際にはそう簡単ではありません。申込みから利用開始までにはいろいろなステップが有り対応も必要になるのです。

例えば申込みを行うと審査を経て問題が無ければ契約へと進みますが、例えば書類の送付も申込時点であったり、審査後の契約時点で送る場合もあります。契約もネット上でできるものも有れば店舗に行かなければならない場合も有るのです。

こういったキャッシングの申込方法は各キャッシングによって様々で、申込みから利用開始までの流れはそれぞれ違いが有るため、実際に申込む場合には、それぞれのキャッシングの流れを調べて確認しておかなければなりません。

キャッシングの審査に必要な基礎知識

申込みの前に確認が必要なのは申込みの流れだけではありません。審査についても基礎となる知識が必要になります。審査中もやはり待っていればよいというものではありません。内容を理解して心の準備が必要になります。

審査では様々な確認が行われますが、申込みの前に審査に利用される必要書類の準備をしなければなりません。必要書類はやはり申込むキャッシングによって変わってくるので、確認が必要になります。

また審査では申込者のほうに確認のための電話が入ることが有ります。これには在籍確認と言って職場に行われるものと、連絡先に指定している自宅などへの確認電話が有り、これ等の電話も審査の一部になるため安易な対応はできません。

キャッシングの利用に必要な基礎知識

もう一つキャッシングの利用前に基礎知識として持っておいてほしいのが実際に利用する場合に必要になる知識です。

キャッシングを利用する場合、どのように選ぶかというと金利によって選ぶという人が多いはずです。

しかしキャッシングの金利には大きな幅があり、自分に都合よく決まる訳ではない事、またそもそも金利と利息は違うということを理解しておく必要が有ります。

また返済方法は使い勝手に大きく影響するため、予め調べておく必要が有りますし、借入後月々いくら返済することになるのかを決める返済方式についても理解しておかなければなりません。

キャッシングを上手に使おう!まず身につけておきたい基礎知識とは?

キャッシングの審査に通らない!どのような原因で落とされるのか?

金融機関がなぜキャッシングの審査を行っているのかと言えば、申込者がしっかり返済してくれるかどうかを見極める為です。審査で返済に問題が有ると判断されてしまうと否決になってキャッシングの利用はできません。

審査が否決になってしまう原因として挙げられる項目としては、まず申込時に申告する情報に問題が有る場合が考えられます。例えば収入に見合わないような高額の借入れを希望した場合には、金融機関は融資できないと判断するかもしれません。

また収入から導かれる返済能力に問題が有る場合にも審査通過は難しくなります。例えば年収が少額すぎて返済が無理と判断する場合や、収入に安定性が無く返済できない月が有りそうだという事になると融資はされません。

もう一つは申込者が信用できるのかどうかと言う点も重要な判断材料です。月々返済できるだけの収入が有ったとしても、借りたお金を返済する気が無いと判断されるような人には金融機関は融資をすることは有りません。

申込み情報に原因が有る

審査に落ちる原因として最も馬鹿らしいのが、申込み情報に問題が有る場合で、申込み情報と言うのは自分で記入あるいは入力するものですから、慎重に行えば多くの問題は防ぐことができるはずなのです。

例えば自分の年収に対して、あまりにも高額な借り入れを希望した場合、金融機関はそれに応じることができず、審査を否決にしてしまう可能性が出てきます。高額の借入が必要だとしても、無理な金額というものがあるのです。

また審査では不利になるからと考えて、申込み情報に嘘の情報を記載して提出した場合、その嘘が審査でバレてしまうと、やはり金融機関は不信感を抱き審査には通さなくなってしまいます。不利になったとしても嘘はいけません。

返済能力に原因が有る

次に考えられる審査に通らない原因としては返済能力の問題です。返済能力の評価は審査の重要なポイントになります。評価方法は金融機関それぞれで違いが有り一概には言うことはできません。

しかし例えば大きな収入が有ったとしても、他にも借り入れが有ればそういった借入れへの返済も行っていくことになるので、その分返済能力が削られてしまい、返済能力の評価は非常に少額になってしまいます。

またこれに類似していますが、クレジットカードを多数持っている場合にも、キャッシング枠が影響して、同じように審査結果を左右するような事も考えられます。

以前の借入れが新たな借入れの足を引っ張るというわけです。

信用情報に原因が有る

更に審査では過去の金融取引による信用の評価が結果に大きな影響を与えることになります。過去の金融取引状況と言うのは信用情報と言うデータベースで管理されており、金融機関に隠しておくことはできません。

例えば、過去にローンの返済を滞納したというような記録がこの信用情報に残っていれば、多くの金融機関が申込者は信用できないと判断するため審査は否決になってしまいます。

また短期間にローンを多数申込んでいる場合も申込み情報として信用情報に記載され、それほどお金が必要なのはおかしいということになってしまう為、やはり審査は否決になってしまうでしょう。

逆にこの信用情報内に情報が無く、過去に金融取引をしたことが無いというような人も、情報不足で審査での判断が難しくなり、場合によっては敬遠される可能性も出てきます。

なぜキャッシングの審査に落ちるのか?審査に通らないのは原因がある

キャッシング審査を受けるコツ!通過しやすいキャッシングの探し方

審査というものは一般的い言われる難易度というものが有りますが、キャッシング毎に審査基準が違いますから、申込者にとってそれぞれ通りやすくなる場合が有ったり、通り難くなる場合もそれぞれ違ってくることになります。

そこでまずキャッシングの審査の難易度について調べてみることにしましょう。キャッシングには大手銀行や大手消費者金融のものから中小消費者金融のものまで様々なものが有って、難易度も様々な評価を受けています。

次に審査で重視される過去の金融取引の扱いについての検討が必要です。過去に利用したローンで滞納などの問題が有ればキャッシングの審査にも大きな影響が出ることになるので、そういった点への対応も必要になります。

また審査では申込者の状況も考慮されますから、例えば専業主婦の場合、専業主婦でも利用可能と言うところを申込まなければ、審査の通過は見込めませんし、自営業者や年金生活者も会社員とは扱いが違うことが有るので要注意です。

金融機関の審査の難易度を検討する

キャッシングの審査では自分の返済能力なども大きな影響が有りますが、各キャッシングの難易度によっても結果は違ってきます。

したがってキャッシング選びの一つのコツは自分に見合った難易度のものを選ぶということです。

そこで知っておきたいのが一般的に言われている銀行や消費者金融の間の難易度の関係性です。これが理解できていれば、自分がどのあたりの金融機関のキャッシングなら利用できそうなのかの判断に使えます。

また一般的な難易度と共に個々の大手金融機関を考えると、それぞれ審査には違いが有って審査に通りやすいものと通りにくいものが有るので、そのあたりも調べておけば、より利用の可能性の高いものを見つけられる可能性が高いでしょう。

過去をよく思い出して事前に問題を排除する

また審査では信用情報にある過去の金融取引が問題にされますから、過去をよく思い出して、問題になりそうな部分は可能な限り排除しておくべきでしょう。

例えば以前カードローンを利用していて完済してしまったという場合、その契約がどうなっているのかによって返済能力を計算するうえで影響が出てくる可能性が有るます。契約が残っていると返済中とみなされることも有あるのです。

また完済していないローンが有れば、返済能力の評価には確実に影響してくることになるので、新たな借入れは完済後契約を終了してからにすることを考えてみましょう。

自分の状況に合ったキャッシングを探す

もう一つ考えておかなければならないコツは気に入ったところにとにかく申込むということではなく、自分の状況に合わせてキャッシングを選ぶということです。

例えば専業主婦の場合には収入が有りませんから、融資をしないと言っているキャッシングがたくさんあります。専業主婦でなくてもアルバイトやパートといった場合にも融資をしないところも有るのです。

また自営業者や外国人、年金受給者なども一般とは別扱いで融資はできないとされる場合が有るので、キャッシングを選ぶ場合には、そういった自分の状況に合わせて、その状況を受け入れると言っているものを選ぶ必要が有ります。

審査に通過しやすいキャッシングはあるか?審査を乗り越えるコツとは

主なキャッシング業者の審査を比較する!最適なキャッシングを探そう

次に具体的な審査について主な業者のキャッシングを比較して調べてみましょう。審査というものはそれぞれ違っているので、様々な業者のキャッシングを調べることによって自分に最適なキャッシングを探すことができるようになります。

まずキャッシングと言えば、最近では銀行のカードローンが挙げられます。銀行には大手から地方銀行あるいは最近ではネット上にあるネット銀行と呼ばれるところまで様々あり、それぞれ特徴を見極めなければなりません。

また銀行のカードローンの原型ともいえるカードを使って融資を引き出すことができるものに大手消費者金融のキャッシングが有ります。これ等についてもやはりそれぞれに特徴が有るので、調べておく必要が有ります。

このようなカードを使って融資を利用するものとは違いますが、この他にも中小消費者金融などが提供するキャッシングがあり、大手業者とはまた違う特徴を有しているので、これ等のキャッシングについても調べておきましょう。

銀行のカードローンを調べてみよう

カードローンを選ぶための基礎知識と審査に落とされる原因や通過のコツがわかったところで、いよいよ具体的にキャッシングの内容や審査を比較検討して自分にとって最適なものを探してみることにしましょう。

今現在キャッシングの代表例と言えば銀行のカードローンですが、銀行と言えばメガバンクに代表されるような全国で利用が可能な大手銀行を思い浮かべるはずです。しかし銀行はこれだけではありません。

銀行にはこのような大手銀行だけではなく、県域程度の営業地域を持つ地方銀行や、全国展開はしているが、実店舗は持っていないネット銀行などが有ります。こういった銀行でもカードローンを提供しているので忘れてはいけません。

大手消費者金融のキャッシングを調べてみよう

銀行がカードローンをひっさげてキャッシングに参入する前はキャッシングと言えば大手消費者金融のキャッシングでした。現在でも大手銀行と同じくよくテレビのコマーシャルで見掛けますから知っているでしょう。

ただし、大手消費者金融と言うのはこのようにコマーシャルを流しているところばかりではなく、他にも多くの業者があります。

また以前は大手消費者金融と言われた業者の名称が、銀行のカードローンのブランド名になっていたりするので注意しなければなりません。

大手消費者金融は銀行ほど数は有りませんが、銀行のカードローンが利用できない人の補完的な位置付けにもなり得るものですから、良く調べておきましょう。

中小消費者金融を調べてみよう

銀行や大手消費者金融以外にも、カードによる利用はできませんがキャッシングを提供している業者に中小の消費者金融が有り、街中をよく見て歩いていれば、自分の街にも見つけられる可能性が有ります。

こういった業者は銀行がカードローンに参入したことなどにより利用者の獲得競争状態になり、現在残っている業者はいろいろと特徴を持っている場合が有るので、人によっては使いやすいかもしれません。

特徴として良く挙げられるのが銀行や大手消費者金融ではまず審査に通過できない過去の金融取引上問題が有った人にも融資すると言うような柔軟性のある業者です。

ただし小規模業者の中には、返済できなくなった時の回収などで評判の良くない業者も有るので、利用を考える場合にはよく調べて良い業者を見つけるようにして下さい。

自分向きのキャッシングはどれ?審査以外の内容も比較して選ぼう!

キャッシングの不安を無くそう!申込みは疑問を解消した後で行うこと

キャッシングには様々なものが有りますから、全ての不安や疑問を解消するような説明はできませんが、利用者には共通して疑問に思うような事が有って、それらについて説明することで多くの不安点や疑問を解消することができます。

まず多くの人が疑問に思うことが審査の難易度についてです。審査が無かったり、審査が甘いと言った話が多々噂として流れておりそれらに対して正確な情報で応えておくことが必要でしょう。

また日本人は借金というものをあまり好意的には見ませんので、キャッシングの利用も周囲には知られたくないものです。このためキャッシングの利用が外に漏れないよう、どういった対策が行われているのか説明しておく必要が有るでしょう。

この他、キャッシングの利用と並行して他のローンの利用を考えている場合、キャッシングの利用がそれ等のローンの審査にどういった影響を与えることになるのか、予め知って不安を解消しておくことが必要でしょう。

審査の難易度についての不安と疑問

キャッシングの審査の難易度は申込者にとってはたいへん不安なもので、申込みの前には疑問点を解決してできるだけ不安を取り除いておきたいものです。

例えば良く噂話として審査が無いキャッシングがあると言うことを聞きますが、それが本当なら自分も申込みたいという人もいますし、審査が無いとは言いませんが甘いという話はよく聞くもので、本当に甘いのか知りたい人もいるでしょう。

また仮審査で申込み情報にウソを記載したらどうなってしまうのか。あるいは最近審査時間が短縮されているが、審査が遅くなってしまう場合はどういったことが原因になっているのかと不安を持っている人もいるはずです。

審査を受ける場合にはこういった不安を解決しておけば、結果が出るまでの不安感を少しは抑えることができるはずです。

周囲にキャッシング利用は知られないかの不安と疑問

またキャッシングの利用を躊躇する原因として常に挙げられるのが、周囲に知られるのが怖いというものですが、そのあたりが解決できればもう少し気軽にキャッシングの申込みができるようになるはずです。

例えば審査中に会社のほうに掛る電話はどのような形で掛ってきて、周囲に知られてしまうことはないのか、あるいは本人確認のための電話は自宅の固定電話でなければいけないのかと言ったような不安がある筈です。

この他自宅のほうに郵送物が有るのか、有るとすればどのようなものなのか、或は口座振込での利用の場合振込み人の名義はどうなっているのかなど、場合によっては、家族に分ってしまう可能性が高く不安を感じる人もいるでしょう。

他のローンとの関係性の不安と疑問

さらにキャッシングと他のローンの関係性についても不安を抱く可能性が有り、これも解決しておくようにしましょう。

例えばキャシングは事業資金以外なら何にでも利用できますが、この他銀行には利用目的を限定した目的別ローンというものが有ります。お金を借りる際にはどちらを選べば良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。

また一口にキャッシングといっても銀行や大手消費者金融が提供しているカードローンと中小消費者金融が提供するキャッシングでは大きく違い、どちらを利用するのが良いのか迷っている人もいるかもしれません。

さらにキャッシングを利用していることで将来フラット35などの住宅ローンの審査に影響が出ることが無いのかと言った点についても確認が必要でしょう。利用したい時に利用したいローンが利用できないのでは悔やむことになります。

このサイトで説明していることは、キャッシングの審査で重要なポイントについて網羅している筈ですが、それでもまだ足りていない部分も有るかもしれません。

そういった部分を感じた場合には、自分で必要な調査を行って審査について不明な点を取り除いたうえで申込みを行うようにしましょう。

キャッシングは不安を抱えたまま申込まない!事前に疑問を解消しよう
最新記事

77銀行のキャッシングは3種類用意されており、利用...

アムウェイと言うのはアメリカで設立された連鎖販売取...

プロミスのキャッシングは500万円が上限で大手消費...

横浜銀行のキャッシングは最高1000万円までの融資...

閉じる