どうしても審査に通りたい人向けサイト

アイフルのキャッシング審査、他社とは基準が違う可能性有り!

アイフルは一時経営危機が伝えられましたが、最近ではテレビコマーシャルも盛んに流しており、他と比べると多少少額になっていますが500万円までのキャッシングを提供している大手消費者金融です。

アイフルは独立系と言われ、他の大手消費者金融のように大手銀行のグループ会社にはなっておらず、現在でも独自色の強い経営を行っていて、審査においても他の大手業者とは一線を画した独自審査で知られています。

このため、他の大手業者では審査通過が難しい人でも、アイフルなら通過の可能性が有る反面、逆に他の業者では通過できそうな人が、アイフルでは審査を厳しく感じるような事も無いとは言えませんから注意が必要です。

アイフルのキャッシングとは?上限は500万円まで最高金利18%

アイフルは大手消費者金融の一角を占めており、他の大手消費者金融が経営不振で大手銀行のグループ会社になっている中、現在でもどこの銀行グループにも属しておらず、独立を保っている珍しい例になっています。

アイフルのキャッシングの利用限度額の上限は500万円となっており、最近の大手業者の多くが800万円程度まで高額化している中では、少々見劣りしますが、それでも多くの利用者には十分な金額になっています。

最高金利は他の大手消費金融と同じで最大18%になっていて、特に高いということではありませんが、銀行のカードローンと比較した場合にはやはり、高い設定になっているので、利用前によく検討する必要が有ります。

アイフルってどんな消費者金融なの?

アイフルと言えば、コマーシャルも盛んに流していますから、多くの人の場合、すぐに大手消費者金融のアイフルを思い浮かべるでしょう。

近年キャッシングは、銀行がカードローンという形で参入して、利用者が銀行に流れてしまいました。

そして消費者金融が痛かったのが貸金業法の改正で、年収に応じた形で融資上限を下げざるを得なくなってしまったこと、そして高い金利が付けられなくなってしまった事で利益が上げにくくなってしまったことです。

このため当時大手消費者金融を含めて殆どの消費者金融の経営が傾いて、大手を含めて半数近くの消費者金融が現在では残っていません。

現在の消費者金融と言うのは様々な方法でここを潜り抜けてきた業者でアイフルもその一つです。

ただしアイフルではその間、行き過ぎた取り立てが発覚したりして営業停止処分を受けたりしたため、経営危機に陥った歴史が有り、現在でも経営再建中と考えられています。

アイフルのキャッシング

ではアイフルはどのようなキャッシングを提供しているのでしょうか。アイフルのキャッシングの仕様は次のようになっています。

商品名 キャッシングローン
融資額 ~500万円
金利(年利) 4.5%~18.0%
返済方式 借入後残高スライド方式

このようにアイフルのキャッシングでは利用限度額は最高500万円まで金利は最高18.0%で融資を提供しています。

もちろん適用になる利用限度額と金利は審査によって決定されることになり、最初から500万円借り入れができるというようなことは有りません。

利用限度額の上限は500万円で他の大手消費者金融よりも少額

最近のキャッシングの利用限度額の上限は徐々に高額化しており、少し前までは500万円だったものが、最近では800万円になっているところが増えてきていて、アイフルの500万円と言うのは最近では少額に見えるようになってしまいました。

しかし実際の融資について見てみると、最初から500万円あるいは800万円借りられる人と言うのはまずいません。

まず申込直後で言えば、利用限度額と言うのは消費者金融とのお付き合いから評価される信用によって決まりますから、お付き合いが短い申込直後では、500万円はおろか50万円も難しいはずです。

しかも消費者金融の場合、貸金業法の総量規制で年収の3分の1までしか融資ができませんから、もし800万円融資をするとすれば年収2400万円以上必要ということになり、500万円としても1500万円以上の年収が必要です。

ですから500万円としても800万円としても融資が得られる人はそんなにいないのです。したがって500万円では少ないなどと言ったとしても、そもそもそこまで考える必要も無い訳です。

~厳しい取り立てを受けたときは~
アイフルは厳しい取り立てをやっていたことがバレて、一時営業停止処分を受けたことは本文で説明しましたが、そのために利用者の信用を取り戻すのに、多大な努力が必要になり決して厳しく取り立てることが、わりのよいことではないと分ったはずです。

もし自分が現在利用している貸金業者から厳しい取り立てを受け、恐怖を感じるようなことが有った場合には、その証拠を残して、すぐに警察に相談に行きましょう。

現在では、以前の消費者金融の悪い面を踏まえて、そういった取り立てが行われれば厳しく取り締まりが行われますから、業者もそうそう厳しくは取り立てできないはずです。それを行うというのであれば法律を盾に対応してかまいません。

ただし、こういった取り締まりが行われることが良く知れ渡っているので、最近では正規業者がこういった取り立てを行うような事はまずありません。

厳しい取り立てを現在でも行うとすれば、それは闇金業者と言う可能性が高くなります。ですからそもそもそういった業者には近付かない事が大切です。十分注意してください。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

アイフルは独立系?審査は独自色が強く他の大手業者とは違う!

多くの大手消費者金融は、銀行はグループに入っており、融資に対しても、銀行の意向が強く反映されています。このため、審査においても独自色を出すことができず、似たり寄ったりの審査になってしまっています。

これに対してアイフルの場合には特定の銀行グループに入っていませんから、銀行の意向に沿う必要が無く、独自の判断で審査を行うことができ、審査基準が他の大手消費者金融とは大きく違っていることが想像できます。

したがって審査が特に緩いということではないにしても、審査基準が違うので他では審査に通過できないような人の場合でも、アイフルなら審査に通過できる可能性が有ります。ただしその逆の場合も考えられるので注意が必要です。

独立系消費者金融ってどういう意味?

アイフルについて少し調べてみると分りますが、アイフルと言うのは独立系の消費者金融と言われています。この独立系と言うのはどういった意味なのでしょうか。

先ほど説明したように現在生き残っている消費者金融と言うのは一時の経営危機を潜り抜けてきたというところが殆どです。大手消費者金融の場合、どのようにこれを潜り抜けたのかと言うと、大手銀行の支援を受けたためです。

当時銀行はカードローンを始めたばかりで、このカードローンの信用保証業務を大手消費者金融に委託していました。このため銀行としても大手消費者金融に倒産されてしまってはカードローンの存続に問題が出てしまうので、困る状況だったわけです。

このため倒産を防ぐために関係する消費者金融を支援して自分の所のグループ企業にして存続させたのです。ですからこれらの消費者金融は銀行系消費者金融と呼ばれるようになりました。

しかしこの時アイフルは銀行のグループには入ることは無く、現在でもそのままで、独立系消費者金融と呼ばれているわけです。

審査は銀行の影響を受けず独自色が強い

では銀行系消費者金融と独立系消費者金融はどのように違うのでしょうか。キャッシングローンとして融資を行うと言う点では、利用限度額の上限や金利に若干の違いが有るほかは、ほとんど変わることは有りません。

しかし審査と言う点で見ると、ちょっと違いが出てくることになります。銀行系の消費者金融と言うのは、経営は安定していますが、審査では銀行の意向も反映されていて、どこも似たり寄ったりの内容になるため、違いを出せずにいます。

しかし独立系の消費者金融の場合には銀行の意向を気にする必要が有りませんから、審査の内容も独自色を強く出すことが可能で内容的に一線を画したものにできます。

そういう意味でアイフルと言うのは今や大変貴重な大手消費者金融になっていると言えるでしょう。

審査は緩くはないが他業者とは結果が違う可能性が高い

では審査の内容が違っているとどういうことが起きるのでしょうか。違うということは難易度に差が出るのではないかと考えるかもしれませんが、単純にそういったことはいえませんので注意しなければなりません。

審査の内容が違えば、審査に通過できる人と言うのは変わってくることが予想できます。これは、他の大手消費者金融では審査通過ができなかった人が通過できる可能性が出てくるということに繋がります。

しかしこれは同時に他の大手消費者金融の審査には通っていたという人が、アイフルの審査では通らないという可能性にも繋がります。要するに難易度的にはそれほどの違いが無くても利用できる人は違うということです。

大手消費者金融の中でブラックの人が利用できるとすればアイフル意外には無いと言われることが有りますが、幾ら独立系で審査が違うと言ってもそう審査が緩くなっているわけではないということは覚えておいてください。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
自分にとって審査が甘いキャッシングは有る!但し申込者ごとに違う?

1秒診断で審査通過の可能性を探ってみよう

アイフルを利用したいが審査が心配と言う場合には、まずはアイフルのホームページに用意されている1秒診断と言う機能を利用してみて下さい。1秒診断と言うのは審査を受ける前に、通過の可否を診断してみる事前診断機能です。

事前診断機能は他のキャッシングでも用意されている場合が有りますが、たいていは30秒診断とか早くても10秒診断という名称になっていますが、アイフルの場合にはこれが1秒と表現されているわけです。

もちろん10秒だろうが1秒だろうが機能的にはそれほどの違いは無く、審査の内の自動化できる部分を行って診断しているというだけの話で、時間は要するにすぐできるよと言っているだけで、あまり大きな意味は有りません。

しかし、この診断を行って審査通過の可能性ありと出たとしても、必ず通過できるとは限りませんので、あくまで参考ということで考えてください。

ただし、この診断で通過は無理と出た場合には、申し込んでも審査通過の可能性は低いので別を探すようにしましょう。

~即日融資を利用するには~
最近では審査技術が発達したことから、審査時間が短縮され、場合によっては即日融資も可能になってきています。ただし実際に即日融資を行うかどうかは、金融機関の考え方次第いうことになります。

また即日融資を希望する場合には、通常の申込方法と、更に電話などによる連絡を要求している場合もあるので、即日融資を希望している場合には、予めそういった点についても調べておく必要が有ります。

本文で説明しているアイフルの場合でも、フリーダイヤルが用意されているので、そちらに電話を入れる事が必要です。

ただし、即日融資が可能と言っている場合でも、審査の進行状況によっては融資は翌営業日以降になる可能性も有るので、決して必ず即日融資が行われるとは考えないようにして下さい。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
仮審査に通ったのに本審査否決ってあり?キャッシング審査は油断大敵

アイフルのキャッシングの申込方法とは?3種類の申込方法が有る!

アイフルの申込方法は3種類提供されていますが、当然アイフルも他の大手業者と同じようにインターネット経由での申込みにも対応しているので、店舗に行くのが面倒な人でも、簡単に申込むことができます。

急ぎの場合も窓口ではなく店舗には契約ルームというものが用意されているので、そこで申込みをして、審査が通ればその場でローンカードが発行され受取ることができるので、すぐに融資を利用することも可能です。

アイフルのキャッシングが利用出来るATMはアイフル自体のものだけではなく、提携する銀行やコンビニのATMが利用できますから、都市部だけではなく、日本全国で利用ができるので、安心して申込めます。

3つの申込方法

ではアイフルのキャッシングを利用したいと言う時、どのように申込みを行えばよいのか調べておきましょう。アイフルの申込方法には次の3つの方法が用意されていますから、自分の使いやすい方法で申込んで下さい。

  • インターネット経由
  • 店舗(窓口、契約ルーム)
  • 電話

インターネット経由の場合、スマホあるいはパソコン、携帯電話からの申込みに対応しており、契約手続きまで、インターネット上で可能になっています。この場合ローンカードは後日郵送されます。

次に店舗に行く場合には、窓口あるいは契約ルームで申込みが可能です。ただし、店舗に行く際には必要書類を持って行かなければならないので、何が必要なのか必ず予め確認して忘れないようにして下さい。忘れると一度家に戻らなければなりません。

電話での申込みでは、初めての人用、女性用、会員専用と3つのダイヤルが用意されているので、そこに電話をして必要な情報を申告して、あとはオペレーターの指示に従ってください。

契約ルームを利用すればその場でローンカードを受取れる

家からインターネットを利用して申込む場合には、ローンカードは郵送になると説明しましたが、もしすぐにローンカードが欲しいという場合には、店舗に行って窓口かあるいは契約ルームで契約とカードの受取りができます。

契約ルームと言うのは要するに他社で言うところの、自動契約機を設置した部屋ということです。

ただし、窓口を利用するにしろ契約ルームを利用するにしろ、結局のところ店舗に行かなければならない訳です。ですから、ローンカードがすぐに必要ということであれば、最初から店舗に行くことを勧めます。

要するに申込時に行われる審査を家で待つか、店舗内で待つかの違いでしかなく、審査時間は短縮されて短いですから、待てない時間ではないはずです。

申込みに必要になる書類とは

ではアイフルの申込時に必要になる書類にはどういったものが有るのでしょうか。申込時に用意しなければならない書類には次のようなものが有ります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類として利用出来る書類は次のものです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード

外国人の場合には次のいずれかが利用できます。

  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

収入証明書として利用出来る書類は次のものです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書

給与明細書の場合には直近2か月分が必要です。詳細についてはアイフルのホームページで利用前に確認するようにして下さい。

アイフルのキャッシングが利用出来るATM

アイフルは大手消費者金融で自前のATMも用意されていますが、それだけでは利用できない人も多いので、提携しているATMがあります。アイフルが利用出来るATMは次のものがあります。

  • アイフルATM
  • 三菱東京ufj銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 親和銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソンATM
  • E-net

これ等のATMでは借入れ及び返済ができますが、中には借入れだけのものも有るので、事前に確認して下さい。

ただし、アイフルATMを除いて提携先のATMを利用した場合には、取引金額に応じて108円あるいは216円の利用手数料が発生することになるので、有利な利用を考える場合にはこの点に注意しなければなりません。

アイフルの利用を考える場合には、まずは自分の行動範囲内にこういったATMが設置されているかどうかをまず確認しておきましょう。

~ATMの利用手数料に要注意~
本文ではアイフルの場合の提携ATMの利用手数料を説明していますが、ATMの利用手数料の扱いについてはキャッシングによって違いますから、キャッシングを利用する場合にはATMの利用手数料に注意しなければなりません。

利用手数料の考え方としては、多くの金融機関はアイフルと同じように利用者に負担してもらうということになっていますが、中には利用手数料を金融機関側が負担することになっており利用者は無料で利用出来るようになっている場合も有ります。

利用手数料は微々たる金額かもしれませんが、借り方によっては利息分よりも掛っていたということも有るので、決して馬鹿にしてはいけません。キャッシングを利用する場合には利息と同じで、元本の返済以外にかかる費用として考えておきましょう。

アイフルのキャッシングの返済方法とは?

キャッシングは返済して行くことが重要ですが、アイフルの返済では返済日の決め方が2通り用意されていて、月々決まった日に返済するものと、前回返済から35日以内に返済するものが有り、自分の返済に合わせて選ぶことができます。

また返済方式は借入後残高スライド方式が採用されており、直近の借入後の借入残高に応じて、返済額が決まることになっています。借入額が高額化すると、返済額も増えて行くことになるので、利用額には注意しなければなりません。

もし資金に余裕がる場合には、分割返済の他に一括返済することも可能になっているので、例えば賞与が出た場合などはこの一括返済を利用して返済してしまえば、その分借入期間が短くなるので利息が少なくなってお得です。

返済日は約定日制とサイクル制が選べる

キャッシングを利用する場合に最も大切なことと言えば、審査に通過することだと言う人もいるかもしれませんが、最も重要なのは借りたお金をしっかり返済するということです。ですから返済については申込前によく考えておく必要が有ります。

ではアイフルの返済はどのように行われるのでしょうか。まず返済日について確認しておきましょう。アイフルの返済日の決定は次の2つから選ぶことができます。

  • 約定日制
  • サイクル制

約定日制と言うのは月々自分の返済しやすい期日を選んで返済日にするというものです。例えば給料日の翌日にしておけば、返済できないというような事はまず無くなるはずで、給与収入が有るような人に向いた方法です。

これに対してサイクル制と言うのは前回の返済から数えて35日目が次回の返済日になります。ただしこの期日前ならいつでも返済できますから、定期収入ではないような自営業者には返済しやすい方法と言えるでしょう。

借入後残高スライド方式とは?

次にアイフルの返済方式ですが、借入後残高スライド方式になっています。借入後残高スライド方式と言うのは直近の借入時の借入残高に応じて段階的に区切って返済額が決まる方式を言います。

借入後残高 返済額(約定日制) 返済額(サイクル制)
10万円以内 4000円 5000円
10万円超20万円以内 8000円 9000円
20万円超30万円以内 1万1000円 1万3000円
30万円超40万円以内 1万1000円 1万3000円
40万円超50万円以内 1万3000円 1万5000円
50万円超60万円以内 1万6000円 1万8000円
60万円超70万円以内 1万8000円 2万1000円
70万円超80万円以内 2万1000円 2万4000円
80万円超90万円以内 2万3000円 2万7000円
90万円超100万円以内 2万6000円 3万円
 10万円ごとに +1000円 +1000円
300万円超310万円以内 4万7000円 5万1000円
 10万円ごとに +1000円 +1000円
490万円超500万円以内 6万6000円 7万円

このように非常に細かく決っているので、自分が返済して行けるのは幾らまでなのかを良く計算して、利用額にも注意しなければなりません。

特にアイフルの場合には借入後の残高で返済額が決まりますから、大きな借り入れをしてしまうと、その後の返済では高額返済が長く続く事に繋がりますから十分注意しなければなりません

余裕が有るときは一括返済も可能

このように通常はキャッシングの返済は分割で行うわけですが、何処でも同じですが、返済にはもう一つ一括返済が用意されていて、利用残高の残額すべてとそれに掛っている利息を一括して返済してしまうことができます。

一括返済すれば分割して返済を続けて行くよりも借入期間が短縮されますから、その間に支払うことになるはずだった利息分の支払いが不要になります。したがって、その分お得な利用ができるということになる訳です。

ですから会社員のように賞与が出るような場合にはそれを利用して、返済してしまうことを考えましょう。賞与は取っておいて定期預金にすることを考えている場合も有りますが、それには注意が必要です。

預金しておけばお金が残っているように見えますが、キャッシングの完済までの期間の預金による利息と、キャッシングの方で支払う利息を比較すれば支払う方の利息のほうが高い筈です。

ですから一括返済してしまって、本来返済に回すはずだったお金を預金して行った方が、お得なのです。

~利息は金利だけでは決まらない~
本文では借入期間が長くなれば利息が増えると説明していますが、それはどういう事かと言うと利息の計算式を見れば分かります。利息の計算は次の数式で行われます。

利息 = 元本 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

つまり利息と言うのは金利だけでは無く借入期間にも大きく影響されるということです。

したがってキャッシングに限らず借金をする際には、出来るだけ借入期間を短くすることを考えればお得な借り入れができるということになります。

またこの数式から言えることは金利の高いキャッシングであっても、借り方次第では金利の低いものと比較しても利息の差はそれほど大きくはならないということです。

例えば少額の借入れをしてすぐに返済してしまうような借り方の場合には、返済期間が短い訳ですから、利息は微々たるものになって、差は無くなってしまいます。

ここでアイフルのキャッシングについて纏めておきます。

  • アイフルのキャッシングの上限は500万円で最高金利は18%
  • アイフルは独立系で審査は独自色が強い
  • アイフルのキャッシングの申込み方法はインターネット経由など3種類
  • 返済方法は借入後の残高で決まるので高額利用をすると返済が厳しい

キャッシングは簡単にお金を借りられるので便利ですが、返済では利息も支払う必要が有りその分は損失です。ですから利用を考えた場合にはまずは借りなくて済ませる方法は無いかを考えてみるようにしましょう。

【参考記事】
通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

閉じる
閉じる