どうしても審査に通りたい人向けサイト

年収が少ないくてもお金を借りたい!キャッシングは利用出来るのか?

デフレで以前に比べて年収が少なくなっている人は多いでしょう。そういう場合でもお金が必要な場合はあるもので、キャッシングの利用を検討している人もいるはずです。しかしキャッシングは審査に通らなければ利用できません。

法的に言えば貸金業法の総量規制が有るため、年収による制限が有りますが、低収入の場合も例外規定が有るので全く借りられない訳ではありません。しかし実際には年収や月収の安定性などが問われることになります。

また審査では収入などを考慮して適正な利用限度額が決められますが、融資希望額が年収に比べてあまりにも高額すぎたりすると、金融機関からは敬遠されてしまう可能性が有るので、自分の年収を考慮した融資希望をにすることが大切です。

キャッシングの利用には審査通過が条件!審査では何が問われている?

キャッシングと言うのは年収が多くても少なくても審査に通らなければ利用することはできません。しかしその前に確認が必要なのが申込条件で、これを満たさなければ申込みもできません。申込条件では収入は安定していることが求められています。

審査では本人確認の他、返済能力と信用の確認が行われて、問題が無ければ融資の利用ができます。審査で用いられる審査基準はキャッシング毎に違っており、これによって審査の難易度も違ってきます。

申込みにおいては本人確認書類と融資希望額によっては収入の証明書類の提出が求められますが、年収が少なかったとしても、年収を偽って申込むようなことをすると信用を失ってしまい審査には通らなくなっるので注意してください。

まずは申込条件を満たしていることが必要

キャッシングの申込みを考える場合、まずクリアしなければならないのは審査ではありません。各キャッシングにはそれぞれ申込条件というものが設定されています。つまりこの申込条件を満たしていなければ、そもそも申込みができないのです。

申込条件はキャッシング毎に違いが有りますが、殆どのキャッシングに共通した条件が次の2点です。

  • 年齢制限
  • 安定収入

年齢制限では下限は20歳以上でほぼ統一されていて、未成年の場合には申し込み資格が有りません。

安定収入と言うのは、キャッシングは通常月々返済して行くことになりますから、月々の収入が安定せず、返済できる月が有ったり、返済ができなくなる月が有っては金融機関としては困る訳です。

つまり年収が少ないとかはこの時点では問題にされませんが、月収にバラつきが有った場合には申込みできないということになる訳です。

これに加えて地方銀行などの場合には、申込みができる地域が限定される場合も有ります。

キャッシングを選ぶ際には、この申込条件をよく確認して、自分に申し込み資格が有るのかどうかを調べてみて下さい。

審査では何が行われているのか

申込条件を満たしていて申込みを行ったとします。この後クリアしなければならないのが審査です。審査と言うのは各キャッシングで決められている審査基準を満たしているかどうかを見極めて、融資するかどうかを決めています。

この審査基準は決して外部に公開されるようなものではありませんから、詳細は分りませんが、概ね次の確認が様々な方向から行われていると考えられます。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力の確認
  • 申込者の信用の確認

本人確認と言うのは、たまに自分では審査に通りそうにないという人が誰かになりすまして申込みをしてくる場合が有るので、まずは申込者が本当に本人かどうかを確認しておく必要が有る訳です。

返済能力については次の要件を満たしている必要が有ります。

  • 一定額以上の年収が有る
  • 安定した月収が有る

ここで気になるのが年収が低額の場合ということでしょう。

一定額と言うのはかつては200万円と言われていた時期が有りましたが、現在ではデフレが進んでいるので必ずしもこれが基準にはなっていません。

最後に信用の確認では金融機関間で利用者の情報を共有している信用情報を参照することによって、過去にローンや各種支払いの 滞納などの金融事故を起こしていないかどうかの確認が行われることになります。

申込みには提出が必要な種類が有る

またキャッシングの申し込みでは次のような提出書類が要求されることになります。

  • 本人を証明する書類
  • 収入を証明する書類

収入を証明する書類は、融資の希望額によって提出を要求されない場合も有ります。銀行の場合は様々ですが、消費者金融の場合には50万円を超える融資を希望する場合には必ず提出が要求されます。

どうしても借りたいという場合、収入を証明する書類を偽造しようと考える人もいますが、必ずと言って良いほど見つかってしまうので絶対にやめましょう。

また必要に応じて規定の金額以下の融資希望の場合でも収入の証明書類の提出を要求される場合も有ります。特に年収が低い場合などには注意が必要でしょう。

この他、個人事業主などの場合には、事業状況を示す書類の提出を要求されることも有ります。

申込みの前に借りなくて済む方法を考えよう
キャッシングと言うのは洒落た名前で呼んではいますが借金です。従って必ず返済しなければならず、月々生活を圧迫していくことになります。本来であれば借りないほうが良いものなのです。

ですからもしキャッシングを利用しようと考えたら、まずは借りなくてよい方法を考えてみましょう。レジャーやその他の遊興費であれば、それを諦めれば済む話ですし、生活費であれば、まずは生活を見直して生活レベルを下げましょう。

もしどうしてもキャッシングが必要ということであれば、次は出来るだけ借入れする金額を少なくすることを考えましょう。

借金と言うのは借入れ元本だけを返済すれば良いものではありません。それに見合う利息を付ける必要が有り、差し引きで考えれば、損失なのです。十分注意しなければなりません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは申込めない事がある?申し込み条件を確認しておこう!

法的には低所得でも融資は受けられる!実際にはある程度の年収が必要

消費者金融から借入れをする場合、融資額には貸金業法に総量規制と言う規定があり法的な制限が設けられています。この規定では年収の3分の1までしか融資できない事になっていますが、例外規定が有り年収が少なくても少額の融資が利用できます。

ただし金融機関は法規制とは別に返済の可能性を探って返済できないような人には融資を行いません。審査では年収から返済の可能性が計算されることになるため、年収額が少ない場合には審査は厳しくなっていきます。

また月々の安定性も重要な審査の要件になっており、年収額が少額であっても会社員のように安定して入ってくるのであれば、多少年収が高かったとしても月々の収入にバラつきがある人よりも審査での評価は高くなります。

総量規制とその例外規定

では年収が少ない時に実際の場面では借入れが可能なのかどうかを調べて行きましょう。

まず現在では融資する場合には法的な規制が有ることを知っておく必要が有ります。消費者金融から融資を受ける場合、貸金業法というものが有って、その規定に一つに総量規制が有ります。

この規定によれば貸金業者が融資できるのは年収の3分の1までということになっています。したがって年収によっては借入れできる金額と言うのは微々たるものになってしまう可能性も有る訳です。

ただし、この規定には例外規定が有って、1業者につき50万円まで、全業者合わせて100万円までは融資ができるということになります。

したがって、消費者金融の場合法的に言えば50万円までは融資される可能性が有って、何社か合わせれば100万円までは借りられる可能性が有るということになります。

銀行の場合にはこの総量規制に相当する法的規制は有りませんが、やはり年収にリンクさせた内部規定が有り、消費者金融と同じように3分の1までと言う場合も有れば2分の1と言う場合も有ります。

審査では年収額から返済の可能性が計算される

では実際の審査ではどのように判断されるのでしょうか。申込みの時点で年収を申告しなければなりませんから、審査では年収から返済の可能性を探っていると考えられます。

金融機関では年収から月々の返済可能額を計算して、その金額が実際にキャッシングを利用した場合に支払う事になる返済額を上回っていれば返済可能と判断されますが、もし下回ってしまっていると、返済は無理と判断され審査は否決になります。

先ほど説明した一定以上の年収と言うのは、この返済が可能かどうかの最低額ということになります。この数式はキャッシング毎に違いが有りますから、この金額もキャッシング毎に微妙に違うことになります。

したがってある金融業者では駄目であっても、別の金融業者では審査に通過できる可能性が有る訳です。

収入の安定性も重要なポイントになる

もう一つの重要な審査でのポイントになるのが、収入の安定性です。例えば同じ年収の人を考えてみましょう。一方は会社員で月々一定額の収入が入ってくる人、もう一人は不定期で収入が入ってくる個人事業主だとします。

金融機関的に信用できる人と言うのは当然前者ということになり、前者は審査に通過できますが、後者は審査通過は会社員よりも難しいと考えられます。

金融機関は職業や職種によって収入の安定性を判断し次のようになっています。この安定性は年収の金額よりもある意味では重要な判断材料と考えられます。

職業・職種 安定性の判断
正規採用の公務員・会社員
臨時採用の公務員・契約社員・派遣社員 中の上
パート・長期アルバイト・個人事業主
専業主婦・学生・年金受給者 中の下
短期アルバイト・水商売

個人事業主の場合には事業の内容や業績で評価は変わってきますし、 専業主婦学生年金受給者の場合は最初から排除されている場合も有ります。

短期アルバイトや水商売の場合にはキャッシングの利用はまず無理です。

審査の難易度に注意

また審査には金融機関により難易度の序列が有り次のようになっています。

(難)銀行 > 大手消費者金融 > 中小消費者金融(易)

つまり一般的に考えればキャッシングの審査は銀行が最も厳しく、次に大手消費者金融、その次に中小消費者金融ということになります。

このため銀行のカードローンの審査に通過できそうにない場合には大手消費者金融のカードローンであれば通過の可能性が有る訳です。

もちろん個々の審査と言うのは申込者の状況に対して相性のようなものも有って、必ずしもこの序列の通りと言うわけではないので、大手消費者金融の審査が否決になって銀行の審査に通過するという場合も無いとは言えません。

あくまで、キャッシングを選ぶ際の参考に考えておくようにしましょう。

銀行の審査は厳しくなる方向
最近になって銀行のカードローンの審査が緩く、多重債務者を作る元凶となっているとの批判を受けて、全銀協ではカードローンの審査の見直しについて検討を行っているようで、今後審査が厳しくなっていきそうです。

このため、現在盛んに宣伝されているように申込み当日に融資が受けられる即日融資も出来なくなると考えられ、利用者の利便性が低下してしまうこともありそうですが、借り過ぎてしまう人がいる以上やむを得ないでしょう。

もしこのまま銀行が比較的緩い審査で融資を続けた場合、現在では適用されない総量規制のような規定が銀行法にも設けられる可能性が有るため、銀行側もこれを回避するために必死になっていて、審査の強化は目前に迫っているといえそうです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング申込みは慎重に!大手金融会社の審査通過率は意外に低い

無理な融資希望を出してはいけない!自分の年収に見合った額で申込み

キャッシングは融資を希望する金額を記載して申込みを行いますが、審査での評価が低い場合でも利用限度額を少額にして審査を通してくれるのが普通で、希望通りではないにしても利用できる可能性が有るのです。

しかし申込時に記載する融資希望額が年収に見合ったものではなくあまりにもかけ離れたものであった場合、金融機関のほうは、申込者が自分を客観的に評価できない危ない人と評価する場合が有ります。

このため、あまりに高額の融資希望を出した場合には、審査通過ができなくなってしまう可能性が有るのです。

もし自分の年収が少ないというのであれば、キャッシングを探す時点で利用限度額の最高額が低く審査が緩そうなものを探して申込んだほうが審査通過の可能性は高くなるでしょう。

キャッシングでは希望に沿えなくても融資してもらえる可能性が有る

キャッシングと言うのは申込みの際に融資希望額を申込み情報として申告します。しかしキャッシングでの利用限度額は、必ずしもこの融資希望額になるとは限りません。

要するにキャッシングでは希望の満額が借入れできる保証はない訳です。

ただし、他のローンの場合には希望金額が融資できないということは審査は否決ということになりますが、キャッシングの場合には、希望通りとまではいわないまでも、少額になったとしても、融資はしましょうということなのです。

後は、利用を続けて、信用を積んでいけば、再度審査を受けることによって利用限度額の増額も可能で、時間はかかったとしても、当初の希望額の借入れも可能になる場合も出てくることになります。

あまりにも無謀な融資希望を出した場合には審査否決の可能性が有る

このようにキャッシングの場合には審査で利用者を評価して、希望に添えなかったとしても出来るだけ融資を行う方向で考えてくれて、年収が少なかったとしても、それに見合う利用限度額での融資が利用できる可能性が有ります。

しかし、これはごく一般的な話で、申込時に希望する金額が高額だったとしても常識的な範囲内であるという前提があります。

ところが、もしこれが異常だった場合はどうでしょう。例えば年収が200万円の人が500万円の融資を希望したとしたら、金融機関はどう思うでしょうか。

当然ですがその申込者には常識というものが無いと判断するでしょう。そうなった場合には金融機関は少額でも融資をしようと考えるのではなく、かかわりを持たないほうが良いと考えるようになるでしょう。

そうなってしまうと、キャッシングの審査は否決されることになってしまうでしょう。

申込みに際しては、やはり常識的な範囲として年収の3分の1程度を上限にして融資希望額を申告したほうが現実的でしょう。

高融資額のキャッシングより低額融資に特化したキャッシングを狙おう

キャッシングをよく調べてみると、利用限度額の上限額には大きな違いが有ることが分ります。

最近では利用限度額の高額化が進んでおり、銀行の場合には1000万円、大手消費者金融でも800万円程度まで融資するというキャッシングも出てくるようになってきています。

しかしその反面、上限を50万円までに抑えているものも良く見かけます。こういった上限額の設定には、そのキャッシングを提供している金融機関の考え方が反映されています。

そして当然ですが、高額融資の可能性が有るキャッシングよりも50万円までの融資にしか対応していないようなキャッシングのほうが審査は緩くなります。

年収が低額で返済能力の評価が低いような人の場合、こういった低額融資に特化したようなキャッシングを選ぶというのも利用の可能性を高める一つの方法と言えるでしょう。

金融機関が提供しているキャシングは1つとは限らない
キャッシングを選ぶ際に一つ憶えておいてほしいことに、キャッシングと言うのは1つの金融機関に1つとは限らないということです。つまり複数のキャッシングを提供している金融機関が存在しているのです。

特に地方銀行などに多いのですが、その銀行の一押しにしているキャッシングとは別にもう一つキャッシングを提供しているようなところが有ります。

こういう場合一押しのものは審査が有る程度厳しくなっていますが、それで審査をしてしまうと利用者を逃してしまうために、もう一つの方では利用限度額の上限を低くして、審査を緩くして利用者を確保するようにしています。

そこで年収が少なく審査が厳しいと考える場合には、こういった裏に隠れるように提供されているキャッシングも見逃さないように、良く調べて申込みを考えるようにして下さい。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
自分にとって審査が甘いキャッシングは有る!但し申込者ごとに違う?

信用情報に問題が有れば融資は無理!各種支払いを滞納等していないか

ただし、年収が低くても審査通過の可能性は有るのですが、説明したように審査は返済能力の評価だけではありません。

特に年収が少ない場合、様々な料金の支払いなどを滞納している可能性も有るので、信用の評価が低くなってしまう事も珍しいことではありません。

このような場合ブラックになっていてキャッシングを申込んでも融資が受けられない可能性が出てきます。そこでキャッシングの申込みの前には、必ず自分がブラックになっていないかを思い出しておくようにしましょう。

また審査に通って借入れができたとしても、その後には返済が待っているので、この返済を着実に行っていかなければ、その時点で信用を失ってブラックになってしまいます。ですから返済の滞納が無いように注意しなければなりません。

年収が少ない場合各種支払いを滞納している可能性が有る

年収が少ない場合、自分の返済能力だけに目が行ってしまいますが、お金が少ないという場合、信用にも影響が出ている場合がよくあるので、そっちにも目を向けておく必要が有ります。

審査では返済能力の他にも信用も評価されるということは説明しましたが、お金が少なくなってしまうと、電気料金や電話料金などの各種の支払いも滞ることになりがちで、場合によってはそれが続いてその点が信用情報に記載されます。

もしそういった情報が信用情報に書かれてしまっている場合、その人はブラックと言う状態になっています。

ブラックと言うのはどこの金融機関も信用に問題ありと判断して審査に通さなくなってしまいローンが利用できない状態を言います。

年収が少ない場合、知らず知らずにそういった情報が記載されることになっていることも考えられますから、十分注意しなければなりません。

自分がブラックになっていないか思い出してみよう

そこでもしキャッシングの利用を考える場合には、自分に信用問題が無いかどうか、要するにブラックに陥っていないかどうか、まずは思い出してみましょう。ブラックになってしまっている場合、申込むだけ時間の無駄です。

ただし、一度ブラックになったとしても、その情報と言うのは一部を除いて通常5年で削除されますから、過去5年遡って問題が無いのであれば、ブラックにはなっていないと考えて大丈夫です。

もし自分がブラックなのかどうか良く分らないという場合には、信用情報に記載されている情報と言うのは、本人の請求で自分の情報の開示を受けることができます。

どうも自分は怪しいと考えるのであれば、一度開示請求して、確認してみることも必要でしょう。

借入れ出来たとしても滞納しないように注意しなければならない

また年収が少ないという点で、もう一つ注意しなければならないのが、審査に通過した後の返済です。

審査に通過するということは金融機関は返済が可能と判断したということですが、実際に返済できるかどうかは本人次第ということになるので、借入れする前に自分の返済の可能性を探っておきましょう。

そのためには次の数式で自分の月々の収支を計算してみるのが良い方法です。

月々の収支 = 月々の収入 - 月々の支出

この月々の収支を過去に遡って1年分計算してみましょう。常に返済可能な金額の黒字が有れば、借り入れても返済は可能でしょう。しかしこの前提が成り立っていなければ、返済に支障が出る可能性が有ることになります。

もし返済できそうにない時は絶対に融資の利用は止めておきましょう。

自分のお金を管理しよう
本文では月々の収支を計算しろと言っていますが、そのためには収入と支出が分らなければなりません。収入はともかく、支出まで把握できている人と言うのはあまりいないかもしれません。しかしこれは重要なことなのです。

そこでもし自分のお金の流れが分っていないという場合には、今日からでも、家計簿をつけるようにして下さい。自分のお金の流れが分れば、節約できる点も分かるようになって、融資を利用しなくてもお金を捻出できるかもしれません。

また融資を利用する場合でも、どの程度のお金が必要なのかが分るようになるため、借入れは必要最小限に抑えることもできるでしょう。

最近ではインターネット上にも無料で利用できるサービスも有るので、家計簿も簡単につけることができるのでハードルは低いはずです。無駄な借入れを行わないためにもしっかり自分のお金の管理をしてください。

ここで年収が少ない人のキャッシング利用について纏めておきます。

  • キャッシングには審査が有り返済能力や信用が問われる
  • 法的には低年収でも融資は受けられるが実際はある程度の年収が必要
  • 自分の年収を考慮しない無理な融資を希望すると審査否決になる可能性が有る
  • 年収が少ない場合信用にも問題が有る場合が有り注意が必要

低収入の場合には借入れできたとしても返済が重くのしかかるのは目に見えているので、借入れの前に返済計画を立てて返済に困った時にどうすれば良いのかについても予め検討しておくようにしましょう。

閉じる
閉じる