どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングは不安を抱えたまま申込まない!事前に疑問を解消しよう

キャッシングははっきり言えば借金です。ですからこれまで利用したことが無いという人も少なくはなく、利用にあたっても様々な不安になる点や疑問に思う点がある筈で、利用に当たってはそういった点についても一掃しておきたいものです。

そこで利用者がまずもっとも不安になるのが審査ですから、審査についての疑問を解消することにします。

次にキャッシングの利用が初めてというような人を対象にして申込みから利用までの多くの人が不安に感じていることについて、説明しておくことにします。

またローンをいろいろと利用している人が気にしているかもしれない、キャッシングが他のローンに与える影響についての疑問も解消しておかなければなりません。

少しでもキャッシングに不安や疑問が有ればここでの解説を利用して、申込みの前にそれらを解消しておきましょう。

審査についての不安を解消しておこう!安易な判断をしてはいけない

審査についての不安や疑問にも様々なものが有り、ここでは代表的なものについてそういった点について答えていくことにします。

例えば審査ではキャッシング毎に難易度は有りますが、本当に審査が甘いところがあるのでしょうか。あるいはキャッシングに纏わる噂で審査が無いキャッシングも探せばあるというような事が言われていますがそれは真実なのでしょうか。

また審査では確認電話が有ると言われまずが、実際にはどんな電話が掛ってくるのでしょうか。

更に仮審査の申込みで嘘の情報を記載してしまった場合にはどのようなことになってしまい、審査結果に影響が有るのでしょうか。

このように審査については多くの申込者が不安や疑問を抱いている筈です。

審査が甘いあるいは審査が無いキャッシングとは

審査が甘いというのはどういうことかと言うの一般的には銀行が厳しく消費者金融のほうが甘いという認識が有りますが、実際には各利用者にそれが当て嵌まる保証などは有りません。

審査と言うのは各キャッシング毎に審査基準が有ってそれに沿って行われれますが審査基準は各金融機関が独自に作り上げたもので、それぞれ内容が違います。

したがってこの審査基準の内容と申込者の状況によっては審査を甘いと感じる場合と厳しいと感じる場合が生じます。しかも申込者の状況はそれぞれ違いますから、審査が甘いと感じる場合もそれぞれ違うと考えられます。

つまり審査が甘いキャッシングは存在したとしても、それは申込者ごとに違っているということです。

また噂話の中には審査が無いキャッシングというものが出てくることが有りますが、少なくとも正規登録された金融業者は返済の見込みのない融資はしませんから、そのような審査の無いキャッシングは存在しません。

有るとすれば闇金と言われる業者で、とにかく貸して、強引にでも取り立てるというような融資をしているところではないかと考えられます。

審査での確認電話とは

審査で不安と言う場合審査中に掛ってくる確認電話と言う人がいます。これは電話が有れば周囲にキャッシングの利用が分ってしまう可能性が有るためです。

審査中に掛る電話としては、まず申込みをした時点で申込んだということを確認するための電話を入れてくる業者がいます。この電話は申込み情報に記入した連絡先電話に対して行われます。

次に今度は申込み情報に記入した勤務先に本当にそこに在籍しているかどうかを確認するための電話が入ります。これが在籍確認というものです。この電話は周囲に分からないように消費者金融では個人名で掛けてくるのが普通です。

最後に審査終了後に審査の結果連絡が電話で行われる場合が有ります。この電話も申込み情報に記入した連絡先電話に掛ってくることになります。

したがって職場の場合はどうにもなりませんが、他の電話は連絡先電話を自宅の固定電話ではなく自分の携帯電話にしておけば、家族にバレる可能性は低くなるでしょう。

仮審査で嘘の記載をしたら?

審査は申込み情報が金融機関側に届いたら迅速に行われることになります。単に審査と言っている金融機関も有りますが、2つに分けて仮審査と本審査と言っている場合も有ります。

仮審査と言うのは申込み情報や提出書類をもとに本人確認や返済能力の確認が行われ、本審査では信用情報などで申込者の信用が調査されることになります。

2つに分かれていない場合も、手順としてはやはりこのような内容で審査は進められることになります。

そこで仮審査の段階を考えてみましょう。このとき申込み情報の記載に嘘の記述が有ったとするとどうなってしまうのでしょうか。

金融機関の審査と言うのは極めて厳密に行われます。このため嘘がバレる可能性というのは非常に高いと考えて間違いありません。バレない可能性もないとは言えませんが、もしバレてしまうと嘘の内容によっては審査は通らないでしょう。

しかも悪質な場合には信用情報に記載されますし、申込んだ金融機関の顧客情報にも問題顧客として記載が残り、その金融機関は2度と利用できなくなってしまう可能性も有ります。

キャッシングの利用は知られたくない!周囲にばれないのか?

キャッシングの申込者が大きな不安を抱くのが、家族や職場でキャッシングの利用が知られてしまう心配はないのかと言う点で、このためにキャッシングの申込みができないという場合も有ります。

例えばキャッシングではどのような郵送物が届き、それによってバレてしまうことはないのか。

また申込みでは連絡先の電話番号として通常自宅の固定電話を記入しますが、何か連絡が有る場合本当に自宅の固定電話に掛ることが有るのか。

或は振込依頼で融資を受けた場合、預金通帳に振込人名義が記載されますが、この名義はどのような記載になり、キャッシングの利用は隠しておけるのか。

このような契機に周囲にバレてしまうような事が無いのかどうかについて予め知りたいという人が多数いるようです。

郵送物でバレる可能性は?

先程は申込時点で周囲に知られないように注意が必要と言う話をしましたが、ここでは利用開始後に知られてしまう可能性について考えてみましょう。

キャッシングの利用を周囲に知られたくないというのは良くある話ですが、知られる可能性のある部分をよく検討して洗い出し、的確な対策を立てておけばバレてしまう可能性はその分低くなります。

どういった部分からバレるのかというとまず考えられるのが郵送物です。キャッシングを利用したら月々の利用明細などが郵送されることになるので、それが家族の目に触れて不信を抱かれることは十分考えられます。

ただしこの場合、現在ではインターネット上で明細を確認できるようになっているので、利用明細の送付を止めることが可能な場合が有ります。

そういった手続きをしておけばこのルートで家族にバレる事は無くなります。

ただし、返済に問題が生じたような場合には督促状などが送られてきます。この送付は止めることができないので注意しなければなりません。

自宅の固定電話に電話はあるの?

次にバレる可能性としては電話が有ります。そこで考える必要が有るのが金融機関のほうから自宅の固定電話に電話がかかる場合が有るのかという点です。

実際には借りては返すという適正な利用を続けている場合、金融機関のほうから自宅宛てに直接電話が入ることは有りません。

ただし、やはり返済に問題が生じた場合、当初は先ほど説明したように督促状が送られますが、それを無視し続けていると次には回収担当のほうから電話がかかることになります。

そうなってしまった場合には、もう隠しておくという段階ではないので、家族に相談して返済のことを考えるしかないでしょう。

振込依頼の場合の振込人名義は?

もう一つ忘れがちなのが銀行振込での利用をする場合の振込み人の名義です。口座の通帳を見れば誰が振り込んだお金なのかが分ってしまいます。

ではキャッシングの場合にどうなるのかと言うと、一部の消費者金融では消費者金融名ではなく、どこからかわからないような名称を使っています。しかし多くの金融機関ではそのまま金融機関名で振込みが行われます。

したがって、キャッシングを隠しておくのであれば、預金通帳はどこかに隠しておいた方が無難かもしれません。

キャッシング利用が他の取引きに影響する?注意が必要な場合が有る

またキャッシングの利用が他の取引きに影響してしまうことも有り、そういったっ点についても理解しておく必要が有ります。影響が有る場合には安易にキャッシングを利用してしまうと他の取引ができなくなるので要注意です。

例えば賃貸契約を行う場合キャッシングを利用していると返済能力の評価が下がり保証会社の保証に問題が生じて、契約できない場合が有ります。

もう一つ固定金利の住宅ローンであるフラット35の契約でも返済能力の評価が下がることから、審査が否決になる可能性が有ります。

またこういった場合には、担保を用意すれば契約ができる場合が有るというような話は本当なのでしょうか。

このような他の取引への影響を心配している人も多く、このためにキャッシングの利用を控えている人もいるようです。

賃貸契約での影響

キャッシングの利用者の中にはキャッシングを利用していることで将来何らかの影響が出てくることが有るのかということを心配する人もいます。まず多くの人が予想していない部分で影響が出る例を挙げてみましょう。

それは住宅の賃貸契約です。以前は賃貸契約でも家賃の支払いが滞った時のことを考えて保証人を用意しておいたものですが、最近は保証人になってくれるような人が少ないので保証会社に保証を依頼することが増えています。

この保証会社はキャッシングで保証を行っている所と同じ場合も有り、やはり信用情報で利用者の金融取引状況を確認しています。

このためこの確認でキャッシングの利用状況なども分ってしまう可能性が有り、家賃の支払い能力の評価に影響することが考えられます。

フラット35の審査への影響

また賃貸ではなく持ち家を買おうという場合にも影響があります。通常住宅購入には住宅ローンを利用することになります。特に最近ではフラット35と言う無担保かつ保証人無しで融資が行われる住宅ローンの利用者が多くなっています。

しかしこのフラット35を利用する場合やはり信用保証が必要になるため、キャッシングでの借入れが有り、返済額が大きくなっている場合には、フラット35の返済能力の評価は低くなってしまい、審査が否決になる可能性も出てきます。

住宅ローンは多くの人にとって人生最大のローンです。

それだけ重大なローンと言うことになるので、もしフラット35を利用しようと考えているのであれば、キャッシングの契約は全て解約してしまったほうが安全です。

キャッシングを利用したいというのであればフラット35を契約してから改めて申込みを行えばよいのです。

担保が有る場合

キャッシングは無担保ローンだから大変利用しやすくなっています。しかしこの場合個人の信用保証というものが必要になるため、人によっては融資を受けることができない場合も有ります。

そういった時にもし担保になるものを持っていれば、その担保によって融資を受けられる可能性が出てきます。

キャッシングの中にも審査通過が難しい場合に担保を要求することがあると断り書きが有るものも有るので、担保が有る場合には、そういったキャッシングを利用すれば融資が受けられる可能性が有ります。

もちろん担保を付けた場合には返済ができなければ、担保は差し出さなければなりませんから、返済には十分注意しなければなりません。

その他確認しておくべきこととは?後々のことも考えておこう

この他キャッシングでは初心者ではあまり問題意識を抱かないようなことも、本来は不安や疑問を抱くべきこととして知っておいた方が良い様なこともいろいろと存在しています。

例えばキャッシングを利用して完済してしまった後、キャッシングの契約はそのまま残るのか、あるいは完済時点で終了するのか。

またもし返済できなくなってしまって債務整理をすることになった時にその後改めてキャッシングを利用しようという場合の審査にどのように影響してくるのか。

あるいは申込時の利用限度額は大変低額になるのが普通ですが、将来的にもっと高額利用したくなった時に、どのようにして利用限度額の増額をしてもらえばよいのか。

キャッシングを利用する場合には、このような点についても、利用前に確認しておくべきことではないかと考えられます。

【関連記事】
キャッシングは完済後契約はどうなる?

返済後の契約はどうなる?

キャッシングと言うのは最近では契約を交わせばカードを利用して何度も借りたり返したりを続けることができるという点で他のローンとは全く違った種類のローンと考えることができます。

では借りているお金を全て返済してしまった後は契約はどうなるのでしょうか。

もちろん契約内容にもよりますが、カードローンの場合にはそのまま契約は残り、再度借入れすることが可能です。しかも通常は問題が無ければ契約は更新されていきますから、年齢的な制限が来るまでは契約が続きます。

利用者の中には返済してしまって暫く利用もしていないので既に契約は失効していると考える人もいますが、このように契約は残っている可能性が高いので、判断がつかない場合には確認が必要です。

残っていても問題はないと考える人もいますが、先程も説明したように契約が残ることによって他のローンの借り入れなどにも影響が出る可能性が有るので、十分注意しなければなりません。

債務整理が審査に与える影響

利用者の中には現在債務整理中なのだがキャッシングを利用したいという人もいます。もしこういった状況でキャッシングを申込んだとしたらどうなるでしょうか。

債務整理中ですから、まだ債務整理をしたという情報は信用情報には入っていません。しかし債務整理しなければならなくなった原因であるローンの滞納などの情報が残っている筈です。

ですからキャッシングを申し込んだとしても審査に通過するのは難しいでしょう。

もし審査に通って融資を受けられたとしても、債務整理中のキャッシングの利用がバレてしまった場合には、債務整理に悪影響が出るのは間違いないため、債務整理は不利な条件で纏められてしまう可能性も出てくる可能性が有ります。

利用限度額の増額での不安点

キャッシングの利余殃を開始しても、設定された利用限度額につ不満をいだいている人は多いはずです。

利用限度額は審査で設定されますが、最初に設定される利用限度額と言うのは、まだ利用者と金融機関間での信頼関係ができていませんから極めて少額です。

しかし暫く利用することで信頼関係ができ、信用の評価が上がれば、再度審査を受けることによって利用限度額を増額してもらうことができるようになります。増額が可能になるのは概ね半年程度の利用を続ける必要が有ります。

やっと増額ができるようになったとして、すぐに増額してほしいと考える人もいます。そこで不安になるのが申込んで増額されるまでの時間です。

これは金融機関によっても違いますが、再度審査を行う訳ですから、基本的には申込時の審査と同程度ということになります。即日ということも考えられますが、数日程度見ておけば間違いはないでしょう。

このようにキャッシングを利用する際には申込みから利用まで様々な不安点や疑問点を感じると思いますので、ここでは多くの人が感じているような不安点、疑問点について説明して行きます。

キャッシングは審査で決った利用限度額内で利用ができ...

キャッシングの審査と言うのは今では即日融資が可能に...

キャッシングと言うと通常キャッシングローンを指しま...

賃貸住宅の契約のためには保証会社の審査に通過しなけ...

キャッシングというのはローンの一つですから、借入れ...

自動車を購入する際大多数の人はローンを利用し、その...

キャッシングの審査は仮審査と本審査に分かれている場...

キャッシングと言うのは借りては返すという利用方法で...

キャッシングと言うのは無担保で保証人無しで借りられ...

閉じる
閉じる