どうしても審査に通りたい人向けサイト

アプラスのクレカでキャッシング!会員限定ならではのお得さとは

アムウェイと言うのはアメリカで設立された連鎖販売取引の企業で登録メンバーになれば自分でも商品を売ることができます。アムウェイカードはそのアムウェイがクレジットカード会社のアプラスから発行しているカードです。

申込みは通常のカードとは条件が異なりアムウェイの登録メンバーで有ることが必要になりますが、当然審査の方も通常の審査基準に加えてアムウェイへの貢献度のようなものが評価の対象になっている筈です。

利用するにはアムウェイへの登録が必要ですが、日本では連鎖販売取引が馴染めておらず、様々な問題を引き起こしている為、あくまで自己責任で行う事が必要です。アムウェイと関係を持ちたくない場合は別のカードの利用を検討しましょう。

アムウェイカードはアプラスが発行しているクレジットカード!

アムウェイというのは連鎖販売取引大手で、メンバーに登録すればアムウェイの商品を販売することができます。アムウェイカードと言うのはこのアムウェイがクレジットカード大手のアプラスと提携して発行しているクレジットカードです。

ただしアムウェイカードを利用出来るのはアムウェイの商品が購入できるかあるいは自分で販売までできるメンバーだけということになっていて、一般的に利用できるわけではありません。

もちろん、クレジットカードですからアムウェイカードで他のお店でショッピングに利用できたり、キャッシングの利用もできますが、この部分と言うのはアムウェイカードと言う形ではなくアプラスのクレジットカードとして利用することになります。

アムウェイとアプラスとは?

アムウェイと言えばどこかで名前は聞いたことが有ると言う人も多いと思いますが、アメリカ生まれの連鎖販売で業績を伸ばしてきた企業で日本には1979年に進出しました。

自前で商品を調達して販売しているので一種の流通業者ですが、仕掛けがちょっと違います。

商品はアムウェイのメンバーに登録した人だけが購入できることになっている為、一般向けに販売するというものではありません。メンバーには次の2つが有ります。

  • ディストリビューター
  • ショッピングメンバー

ディストリビューターと言うのはアムウェイの商品を仕入れて自分で売ることができるメンバーで、売り上げ成績によって月々ボーナスが支払われます。

ショッピングメンバーというのはアムウェイの商品を購入するだけで、他に売ることはできません。

最近は流通業者は利用者に便利でお得な特典を与える為に、自分のところのポイントシステムを搭載したクレジットカードをクレジットカード会社と提携して発行する例が増えてきていますが、アムウェイでもこれに倣ってアムウェイカードを発行しています。

アムウェイと提携したクレジットカード会社がアプラスでアムウェイカードというのはアプラスのクレジットカードの上にアムウェイが便利に利用出来る機能を乗せたものということができます。

アムウェイカードはアムウェイ製品の購入のみに利用出来る

利用方法としてはアムウェイカードとして利用できるのはアムウェイ商品を購入する場合だけで、その他の場面ではアプラスカードで利用すると言う形になります。

ただしアムウェイのポイントの加算はメンバーによって異なっています。

アムウェイ商品を購入する際には、ディストリビューターもショッピングメンバーも変わらずアムウェイポイントが貯まりますから変わりは有りませんが、その他で何かを購入する際は扱いが違います。

まずディストリビューターの場合はアムウェイ商品以外を買った場合でもアムウェイポイントが加算されます。しかしショッピングメンバーの場合には、アムウェイ以外の商品購入時はアムウェイのポイントではなくアプラスのポイントになります。

この点で言えばディストリビューターの方がアムウェイカードをお得に利用できるわけです。

アムウェイカードのキャッシングとは

ではアムウェイカードのキャッシングはどうなっているのでしょうか。説明してきたようにアムウェイカードというのはアムウェイの商品を購入するためのクレジットカードです。そしてそれ以外の部分はアプラスカードということになる訳です。

このためクレジットカードとしてのキャッシング機能は備えていますが、それはアムウェイカードと言うよりもアプラスカードとしてのキャッシング機能ということになります。

キャッシング枠の仕様は次のようになっています。

商品名 アムウェイカード キャッシング枠
融資額 10万円~99万円(申込直後の設定は30万円まで)
金利(年利) 12.0%~18.0%
返済方式 元利定額リボルビング返済

申込時の利用限度額の上限は30万円までとなっていますが、実際には更に少額で10万円程度になる可能性も有ります。

~クレジットカードは使い過ぎに注意すべきもの~
買い物はこれまで現金で行うことが普通で、クレジットカードが出来ても日本国内では治安も非常に良いことから、現金の利用から移行していくようなことは有りませんでした。

しかし最近ではインターネット上の取引きも増えて現金では不便な面も出てきており、今後クレジットカードの利用量は急激に増えて行くのではないかと考えられます。

しかしここに注意すべき点が有ります。現金で支払っている場合には自分の財布の中身が確認しやすいため、それだけでも利用に歯止めがかかりましたが、クレジットカードではそれが見えません。

このためついつい使いすぎてしまうことが有ります。ですからショッピング枠はもとよりキャッシング枠も含めて、使い過ぎには十分注意するようにしましょう。

アムウェイカードの申込方法とは?

通常クレジットカードの場合には年齢や安定収入などの申込条件が有ります。アムウェイカードもアプラスカードの部分ではこの申込条件を満たす必要が有りますがアムウェイカードの場合はアムウェイのメンバーであることが申込条件になります。

申込方法は3種類用意されていますが、インターネット経由での申し込みも可能になっていますから、比較的簡単に申込むことはできます。ただしアムウェイのメンバーになっていなければ、まずメンバーになる事から始めなければなりません。

また最近のクレジットカードの場合申込みからカードの送付まで1週間から2週間程度と言われますが、アムウェイカードの場合には2週間から3週間かかると言われており、利用出来るようになるまでかなり長時間を要するようです。

アムウェイカードの申込条件は他とは違っている

ではアムウェカードはどういった人が申込めるのでしょうか。クレジットカードの場合通常は次の様な申込条件が有ってこれを満たせば誰でも申込むことができます。

  • 年齢制限
  • 安定収入

ところがアムウェイカードというのはちょっと違います。

もちろんアプラスカードがベースですから、これ等の条件も満たしている必要はありますが、アムウェイカードの場合には申込条件はアムウェイのメンバーであるということになっています。

まあアムウェイカードの機能はアムウェイの商品の購入にある訳ですから、そもそもメンバーでなければ意味が無いので当たり前と言えば当たり前ですね。

特にディストリビューターであれば先ほど説明したようにアムウェイ以外の買い物でもアムウェイのポイントが貯まる訳ですから、便利なカードと言えるかもしれません。

申込方法は3通りでインターネット経由でも申し込める

アムウェイカードの申込みは次の3通りの方法が用意されています。

  • インターネット上からの申込み
  • 携帯電話からの申込み
  • 郵送での申し込み

アムウェイのメンバーに既になっている前提ですから、例えばインターネット上からの申込みの場合、ネット上にあるamwayliveにログインしたうえで、指示に従って、アムウェイカードの申込みを行います。

これは携帯電話でも同じでやはりログイン後に申込むことになります。

郵送の場合にはネット上からログインして申込書類を取り寄せるか、アムウェイ・プラザから貰ってくることもできます。あまりインターネット経由でamwayliveを利用したことが無いよううな場合には郵送を利用した方が安心かもしれません。

もしアムウェイのメンバーではないがどうしてもアムウェイカードを作りたいという場合には、まずはアムウェイのメンバーにならなければなりません。メンバー登録から行ってください。

アムウェイカード到着まで2週間から3週間かかる

申込みを済ませれば、審査に通るかどうかと言う問題は有りますが、取り敢えず後は待つだけと言うことになります。審査に通っていれば後日アムウェイカードが送られて来ます。

アムウェイカードの場合で言えばカードが届くまで2週間から3週間後とされており、クレジットカードとしてもかなり時間がかかるものになっていて、まさに忘れた頃にやって来ると言う感じを受けるのではないでしょうか。

これは良く分りませんが、まずアムウェイのほうの申込条件を満たしているのかをアムウェイが審査をしたうえで、次にアプラスに回ってアプラス側が様々な審査をしているからではないかと思われます。

しかしそれにしても時間がかかり過ぎるのではないかと思ってしまいますね。

~クレジットカードによっては3日で届くものも有る~
お金を借りようという場合最近では多くの人がキャッシングローンを利用しますが、この場合申込み時間に気を付ければ即日カードを受取って融資を受けることも可能になってきています。

しかしクレジットカードの場合には、さすがに即日利用ができるようなものは無く、カードを受取るまでの時間は通常の場合には早くて1週間、長い場合には2週間程度の期間が必要になるものが多くなっています。

ただ最近では申込方法を選べば審査はすぐに終わらせて3日後にはクレジットカードを受け取ることができるものも出てきています。

本文で説明しているアムウェイカードの場合には最長3週間かかると言われていますが、さすがにそこまで時間がかかるものは珍しいと言えるでしょう。

アムウェイカードの審査は厳しいの?他とは単純に比較できない

アムウェイカードにも審査は有りますから、メンバーになっていたとしても審査は否決になる可能性はあります。しかし申込条件も他とは大き違っていることから審査条件でもかなりの違いが有ると想像でき、なかなか難易度については判断ができません。

敢えて言えばアムウェイのメンバーには商品が売れるディストリビューターと商品の購入だけのショッピングメンバーがありますが、アムウェイカードではより商品の購入額が大きいであろうディストリビューターであれば比較的審査は緩いと考えられます。

これに対してショッピングメンバーの場合にはアムウェイを盛んに利用している人なら審査通過も容易かもしれませんが、たまにしか利用しないような人の場合には評価が下がって審査否決になる可能性が有ります。

申込条件が異なるため審査もかなり違うことが予想される

そこでアムウェイカードの申込みを考えている人が気になるのは審査は厳しいのかと言う点でしょう。

しかしアムウェイカードの場合申込条件を思い出して貰えると分りますが、かなり他のクレジットカードと違っています。もちろんアプラスカードの部分では同じですから、その部分については銀行のクレジットカード等にくらべれば審査は緩いでしょう。

しかしアプラスの審査の前にアムウェイの審査が有りますから、この審査については何とも判断が難しいところです。ただ申込みができるのはアムウェイのメンバーだけですから、要するにアムウェイとのお付き合い次第ということになりそうです。

要するにこれまでアムウェイの商品を大量に買っていればアムウェイにとって良いメンバー時うことができますから、評価も高くなるのではないでしょうか。

ディストリビューターであれば比較的審査は緩いと考えられる

そこでメンバー毎に考えてみましょう。まずディストロビューターの場合です。ディストロビューターは自分でアムウェイの商品を売って利益を得ているわけですから、アムウェイの売り上げにも貢献しているわけです。

ですから、自然と扱う商品は増えることになるので、今後もアムウェイのとっては良いメンバーと考える事ができます。したがってディストリビューターの場合にはアムウェイの方の審査は比較的緩いと考える事ができます。

ただしディストロビューターとは言ってもメンバー登録だけで、実際には活動していないとか、活動していたとしても売り上げが非常に少ないというような場合には、アムウェイとしても評価は低くせざるをえす、審査は厳しくなるでしょう。

ショッピングメンバーの場合は利用額などによって差が出る可能性有り

ショッピングメンバーの場合には、アムウェイへの貢献度と言う面で見れば自前で利用する分だけの購入ということになりますから、そう大きな金額にはなりません。このため評価はディストリビューターに比べれば審査は厳しくなります。

それでも安定して購入をしていれば、今後も安定顧客ということになりますから、審査通過の可能性は高くなります。しかし購入実績が少なくまた購入していても不定期で今後の見通しも付けにくいという場合には審査は厳しくなるでしょう。

ですからもしアムウェイカードをどうしても作りたいというのであれば、定期的にアムウェイの商品を購入してメンバーとしての実績を積むことから始めたほうが確実だと言えるでしょう。
~クレジットカードは種類により審査の難易度が違う~
クレジットカードは本文で説明しているアムウェカードのように難易度の判断が難しいものも有りますが、多くのクレジットカードは種類によって難易度が概ね判断出来ると考えられています。

クレジットカードの種類は以前はクレジットカード会社が発行していると言うのが普通でしたが、現在では流通業者がクレジットカード会社と提携して、ポイントカードを載せたようなものを発行したり、銀行が独自に発行したものなども出てきています。

これ等のカードの審査の難易度は流通業者の場合はクレジットカードを持ってもらって利用者を囲い込もうという目的が有るために審査はかなり緩いと考えて間違いありません。

これに対して銀行のクレジットカードと言うのは、発行元が銀行ですから、極めて信用が重視され、審査は大変厳しくなっていると考えられます。

そしてクレジットカード会社が発行しているクレジットカードはこの中間的な難易度と考える事ができます。

クレジットカードの申込みではこういうことをよく考えたうえで、選んでみてはいかがでしょうか。

アムウェイ利用者以外は無縁!他のクレジットカードに目を向けよう

アムウェイを利用するにはメンバーにならなければなりませんが、周囲にアムウェイメンバーがいて勧誘を受けたようなことは無いでしょうか。

アムウェイの商品はホームページから確認できますから自分に必要なものが有るのであればメンバーになるのも良いでしょう。

また実際に商売にしようと考える人もいるかもしれませんが、そういった場合自分で買い手を探さなければなりませんから、そう簡単なことではありません。行うのであればあくまで自己責任で行う必要が有ります。

もしこういったことが煩わしいというのであれば、アムウェイのやり方と言うのは日本人にはあまり馴染まないものですから、敢えてアムウェイカードを選ぶ必要は無く、他の多くの普通のクレジットカードの中から選べば良いのです。

アムウェイカードの利用にはアムウェイのメンバーになる必要有る

説明したようにアムウェイカードを利用するにはアムウェイのメンバーになる必要が有ります。周囲をよく見ればアムウェイのメンバーになっている人もいるはずで、中には一緒にやらないかと言ったようにお誘いを受けるようなことも有ります。

アムウェイと言うのは連鎖販売取引の会社ですから、要するにメンバーがさらにメンバーを増やしていくというのが基本にあります。日本では無限連鎖講の一種と捉える人もいてあまりメンバーは増えていません。

もちろん無限連鎖講ということになると法律違反ですから、取り締まられていない以上、無限連鎖講とはみなされていないということなのでしょう。

メンバーになる場合にはこういったことをよく理解して、自分なりに問題が無いということを理解したうえで申込みを行って下さい。

アムウェイの利用はあくまで自己責任で行わなければならない

またディストリビューターになった場合には、アムウェイの商品を売らなければなりませんから、知人友人関係にも商品を勧めなければなりません。

しかしメンバーではない人にとっては、多くの商品の中の一つでしかなく、自分なりの判断基準で選ぶのが普通です。

しかしディストリビューターの方は自分の利益に関わってくるので、徐々に強引に売り込むことも出てくるようになってしまうようにならないとは言えません。

こういったことが続くと、いくら友人であっても軋轢を生むことになって、友情が壊れてしまうことにも繋がります。このように商売と言うのは非常に難しいもので、素人にはなかなかできないものです。

ですからアムウェイを利用する場合には、どのような事態になったとしても、それは自分の判断で行った事であって、すべて自己責任だということを前提に行わなければなりません。

自分の商売がうまくいかないのは誰かが買わなかったせいだというような事は絶対に考えないようにして下さい。

アムウェイと関係を持ちたくない場合は他のクレジットカードを狙おう

アムウェイの商売の方法としてはアメリカでは一般的に行われているのかもしれませんが、日本国内においては法的に問題が無くても昔からねずみ講と言う言葉が有るように、それを連想してしまう人は必ずいますし、少ない数ではありません。

要するに日本の商慣行にはそぐわない面が有るのです。ですからアムウェイに魅力を感じなかったり、自分には合わないと感じるのであればアムウェイと関わりを持つ必要は無く、アムウェイカードを選ぶ必要もありません。

クレジットカードには様々なものが有って、自分向きものが必ずあるものです。狭い視野で考えるのではなく、大きな視野を持って、様々なものを比較検討したうえで、選んでみてはいかがでしょうか。
~クレジットカード選びは自分がお得かどうかで判断しよう~
クレジットカードには様々なものが有って特に最近では各流通業者がそれぞれ自前のクレジットカードを発行しています。そういった流通業者の発行するクレジットカードには夫々のポイントプログラムの他、様々な特典もついています。

そこでクレジットカードを選ぶ場合には、自分の良く利用する流通業者のものは無いかを調べてみて下さい。そういうものが有れば日頃利用するだけでポイントが貯まりますし、様々な特典を受けることも可能になります。

利用しないような業者のクレジットカードのほうが良い特典が有ったとしても、使わないのでは始まりません。

このように選ぶ基準は自分にとって如何にお得な利用ができるのかということです。自分のクレジットカードですから、自分の利益に繋がるかどうかを考えるようにして下さい。

ここでアムウェイカードのキャッシングについて纏めておきます。

  • アムウェイカードはアプラスが発行していてキャッシングはアプラスカードとしてのものになる
  • アムウェイカードの申込みはアムウェイメンバーになる必要が有る
  • アムウェイカードの審査はアムウェイとのお付き合い状況が関係する
  • アムウェイと関係を持ちたくない場合にはアムウェイカードを選ぶ必要は無く他の自分向きのカードを選ぶべき

アムウェイは利用者にとっては便利でアムウェイカードも有利になります。しかしだからといって他の人は同じように考えるとは限りませんから、勧誘しようという場合には十分相手のことを考えた対応を取るようにして下さい。

【参考記事】
通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

閉じる
閉じる