どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングの審査に落ちてしまう!ブラックリストが有るって本当?

キャッシングには審査が有って落ちてしまうと、融資を利用することができません。審査では返済能力や信用をキャッシング毎に作られた審査基準によって評価しますから通常なら落ちる場合も有れば通る場合も有ります。

しかし場合によってはどのキャッシングを申込んでも審査に通らないという人がおり、これ等の人をブラックと呼んでいます。

今では否定されていますが、この原因として信用情報中にブラックリストが有り、そこに名前が載った状態と言われていました。

自分がブラックになっているかいないかは過去に金融事故を起こしているかいないかによって分りますから、審査に落ち続けている人は過去に遡って、そういった金融事故を起こしていないかを思い出してみることが必要です。

キャッシングに落ちる原因とは?審査内容から考えてみる

キャッシングの審査では申込者が貸したお金を返してくれるかどうかと言う視点で様々な確認が行われることになります。詳細はキャッシング毎に違いますが、返済能力と信用が大変重要なポイントになると言われています。

返済能力の評価も様々な方法での確認が行われますが、金融機関は主に年収から返済の可能性を探って行きます。もし返済能力なしということになれば、審査は否決になりキャッシングの利用はできなくなってしまいます。

また信用については過去に金融事故を起こしていないかどうかについて信用情報の検索が行われることになり、この中に金融事故の記録が有る場合には審査通過は難しくなってしまい、やはりキャッシングの利用はできません。

キャッシングの審査では何が行われているのか

キャッシングの審査で何故落とされてしまうのかを考える前に、そもそもキャッシングでは何が行われているのか知らなければ話が進みません。そこでまず審査ではどのような確認が行われるのかを調べてみましょう。

キャッシングの審査の目的と言うのは融資したお金を本当に返して貰えるかを調べることです。実際の審査では各キャッシング毎に作られている審査基準によって行われますが、審査基準は公開されていないため詳細については分りません。

しかし概ね次のようなことが行われているということは分かっています。

  • 申込者が本人か
  • 申込者に返済能力が有るか
  • 申込者は信用できるか

まず申込者が本人かどうかと言う点ですが、そんなことは当たり前ではないかと思うかもしれません。しかし申込者によっては自分の信用ではお金が借りられらいと考えて、誰かを騙って申込みをする輩がいて、金融機関はそれを警戒しています。

返済能力が無ければ審査は通らない

次に貸したお金が返済されなければ、大きな損失になってしまいますから、返済能力を確認しています。返済能力の確認のポイントになるのが次の2点です。

  • 一定以上の年収が有ること
  • 安定した月収が有ること

一定以上の年収と言ってもはっきりしませんが、以前は200万円の壁などと言われ200万円が一つの目安になっていましたが、現在ではデフレが進んでしまったので、年収も減っておりもう少し少額になっている筈です。

さらにキャッシングと言うのは月々返済するように設計されているのが普通ですから、月々の収入が安定していることが重視されます。この確認には職業や職種なども判断材料になります。
職業や職種による影響
キャッシングでの収入の安定性の評価では職業や職種も大きな影響が出ることになります。

職業や職種の審査での評価は次のようになものです。

職業・職種 審査での評価
正規採用の公務員や会社員
非正規採用の公務員や会社員 中の上
パートや長期アルバイト、個人事業主
専業主婦、学生、年金受給者 中の下
短期アルバイト、水商売

正規職の公務員や会社員であれば、収入は非常に安定していると判断されますが、表のように職業や職種によって評価は変わっていきます。個人事業主の場合には事業の状況なども判断され評価は上下します。

専業主婦の場合には自分だけでは収入が無いので借りられませんが、配偶者に安定した収入が有れば融資に応じてくれるキャッシングは有ります。

短期アルバイトや水商売の場合には、収入の安定性は非常に低いと判断されるため、審査通過は難しくなってしまいます。

信用情報の記載によって審査に通らない場合が有る

最後は信用できるかどうかですが、この確認には金融機関間で情報を共有している信用情報と呼ばれるデータベースが利用されます。

信用情報には各金融機関の利用者の勤務先などの基本情報の他、ローンの利用状況、公共料金やクレジットカードの利用に伴う支払い状況、過去に起こした金融事故情報などが格納されることになっています。

金融機関や保証会社はこの信用情報を参照して、審査基準に照らして申込者を評価して、融資するかどうかを判断することになります。

金融取引と言うのは、根底にあるのが信用で、信用できない人ということになると、審査での評価が下がり、なかなかローンの利用ができなくなることも出てきます。ある意味信用情報と言うのは怖い存在と言えるでしょう。

どこを申込んでも審査が否決になる!ブラックリストが存在する?

審査と言うのはキャッシング毎に審査基準が違っている為、通常は落ちる場合が有っても、通過するところも有ります。要するに申込者の置かれた状況と審査基準によって結果が違ってくるということです。

しかし場合によっては申込んだキャッシングの審査が全て否決になってしまう人がいます。そういう場合も単に返済能力が不足しているというような場合も有りますが、人によってはブラックという状態になっている可能性が有ります。

ブラックというのは一時信用情報内にブラックリストが有ってそこに名前が書かれた状態と言われていたことがりますが、実際には個々の申込者の情報の中に金融事故情報などが有るだけで、ブラックリストというものは存在しません。

審査はそれぞれ違う為結果が変わるのが普通

審査と言うのは説明したように各キャッシング毎に作られている審査基準によって行われています。この審査基準が全て同じであれば、どこのキャッシングに行っても同じ結果になる筈です。

しかし審査基準と言うのは各金融機関のノウハウが詰まった言ってみれば財産のようなものです。このため審査基準を表に公開するようなことは無いため、キャッシングの審査基準はそれぞれ違っていることになります。

したがって複数のキャッシングを申込めばそれぞれで審査結果は違う可能性が有り、全ての審査が否決になるというような事にはならないはずです。

もちろんキャッシングの審査にはそれぞれ難易度が有って、難しいと言われるキャシングばかりを狙って申込んだとすれば、そういう可能性が無いとは言えませんが、そうでもなければ、通過できるキャッシングも出てくるのが普通です。

すべて否決になる場合はブラックになっている可能性が高い

しかし申込者の中には申込むキャッシング全ての審査が否決になってしまうという事例が実際にあり、こういった人のことをブラックと呼んでいて、ローンを組むことができず生活上多くの支障が出てくる場合も有ります。

こういった場合可能性としては信用情報に何か問題のある情報が記載されていて、それをどの金融機関も嫌うためになかなか審査に通過できないという可能性が考えられます。

信用情報と言うのは利用者毎に情報がまとめられて格納されていますが、以前からこの利用者毎の情報とは別に、ブラックリストという分類が有り、そこに名前が書かれると金融機関は融資しないと言われていました。

ブラックと言う呼び方も実はこのブラックリストから来ているもので、審査に全然通らないと言う場合、このブラックになっている可能性が高いと言えるでしょう。

短期間に申込みを繰り返してはいけない
どこも貸してくれないと言う時に注意しなければならないのは、短期間にキャッシングの申込みを繰り返していないかということです。

キャッシングの申込みを行うと、その情報は信用情報に記載されます。これは審査に通っても通らなくても同じです。そしてこれは特に金融事故と言うわけではありませんが、6カ月を超えない期間は金融事故と同じ扱いを受けます。

これはお金を短期間に何度も借りようとするのは、申込者がお金に困った状況に置かれているのではないかと考える為です。したがって、短期間に何度も申込みを繰り返すと、特に信用的な問題が無くても審査には落ち続けることになります。

ですから、一度キャッシングの審査に落ちてしまった時には次の申込みは暫く時間をおいてから別のキャッシングを申込まなければなりません。

一度否決になってしまうと焦ってすぐに次を申込む人がいますが、それは止めておきましょう。

信用情報にブラックリストは存在するのか?

このようにブラックという状況は実際に存在しています。しかしその語源となった信用情報中のブラックリストというのは本当にあるのでしょうか。

実は有ると信じている人もいるようですが、実際にはそういったブラックリストは存在していません。

つまり信用情報中の情報と言うのは利用者ごとに格納された情報だけということです。

したがってブラックと言うのは実際にはブラックリストが根拠になっているわけではなく、利用者毎の情報の中に金融機関が共通して嫌がる情報があって、審査基準で共通して否決にするような基準が入っている状況ということができます。

ですから、多くの審査基準では否決になってしまいまうが、審査基準によっては、他ではブラック扱いになる人でも、可能性としては審査に通過できる場合も有るということになります。

ブラックになってしまう原因は何?過去をよく思い出してみよう!

では何故ブラックになってしまうのでしょうか。ブラックの原因と言うのは信用情報内の金融事故情報で過去のローンの滞納などが有りますが、ローンを申し込んだだけでも短期間金融事故と同じような扱いになるので注意が必要です。

ただしこういった金融事故情報と言うのは信用情報への記載期間が決っているいる為、その期間が経過してしまえば、記載は削除される事になり、検索しても金融事故はヒットせずブラックの扱いになることは有りません。

ただし、ブラックということではありませんが、かつて金融事故を起こしてしまった金融機関の場合には信用情報に無かったとしても、顧客情報としては要注意顧客として残ってしまう為、将来的に利用はできなくなります。

ブラックになる原因にはどのようなことが有るのか

ではブラックになってしまう原因にはどのような事が有るのでしょうか。よくある例としては次のようなものが有ります。

ブラックになる原因 信用情報に記載される期間
ローンの滞納 5年
各種支払いの滞納 5年
債務整理 10年
ローンの申込み 6カ月を超えない期間

ですからもし自分がブラックかもしれないと考えている場合には、こういった事例が過去に無かったかどうかを思い出してみる必要が有ります。

ローンの滞納や債務整理を行っていれば、大きな問題になっている筈ですから忘れてしまうことは無いでしょうが、各種支払いについては忘れてしまう可能性が有り、例えば携帯電話料金を滞納したとしてもすぐに忘れるでしょう。

そういうことを防ぐためには、支払わなければならないものは確実に支払っていくことです。十分注意しなければなりません。

一定期間が過ぎればブラックからは抜け出せる

先程の表に示したようにブラックになってしまう原因情報の信用情報への記載期間はあらかじめ決まっていて、期間が過ぎれば信用情報からは当該情報は削除されることになります。

削除されてしまうと、金融機関は審査でその情報に接する事はできませんから、他に問題が無ければブラックと判断されることは無くなるため、審査通過の可能性が出てくることになります。

つまりブラックは一度なってしまうともう抜け出すことができないのではないかと考えてしまう人がいるかもしれませんが、そうではありません。ブラックになってしまったからと言って人生諦める必要はないのです。

そんなことを心配するよりも、また借入れできる様になったわけですから、2度と同じようなことが起こらないようにすることが重要です。

ブラックの原因になった金融事故を起こした金融機関は使えない?

ただし、ブラックから抜け出したとしても、注意しておかなければならないことも有ります。それは金融事故を起こしてしまった金融機関を利ゆすることです。

金融事故を起こしてしまった金融機関は、たとえ申込みしただけだとしても、その情報は顧客情報として半永久的に残ります。もし金融事故を起こしてしまうと、顧客情報には要注意人物と言う情報も記載されます。

このため再度その金融機関に申込みを行っても顧客情報が参照され、問題ありということになって審査は否決になってしまいます。したがってこういった金融機関は将来的にも利用できないということになります。

また金融機関は大手銀行が地方銀行を系列化したりしていますから、そういった系列内で顧客情報が共有されることも有り、そういった場合には、その系列全体で利用できなくなっている場合も有るので注意しなければなりません。

ブラックかどうかは確認できる
過去に遡っても自分がブラックなのかどうかが良く分らないという人もたまにはいます。

このため以前は利用者が信用情報を参照することはできなかったのですが、現在では申請することによって、自分の信用情報については確認することができるようになっています。

これは以前記載ミスが有ることを疑って確認を要求したら、本当に記載にミスが有った為に、以降自分の情報は確認できるようにしたものです。

記載ミスが有った場合には訂正を要求することも可能です。

もしブラックの原因がわからない時にはまず自分の情報を確認してみて下さい。もしブラックになる原因が見当たらない場合には、信用に問題が有るのではなくて返済能力のほうに問題が有ることになります。

ブラック対応業者なら審査通過の可能性有り?利用は勧められない!

最近では信用情報でブラックになってしまっている人でも、返済能力が有れば融資しているブラック対応業者というものが有り、小規模業者のためカードローンではありませんが、融資を受けられる可能性が有ります。

しかしブラック対応業者だから誰でも貸してくれると考えている人もいるようですが、やはり審査は行われており、業者側が返済してくれそうにないと判断した場合には、審査は否決ということになってしまいます。

このようにブラックでも融資を受けられる可能性はあるのですが、ブラックになってしまった場合には、借りる方法を考えるのではなく、2度と同じことを繰り返さないようになぜブラックになってしまったのか原因を追究するほうが先です。

ブラックになっても融資してくれる業者は存在する

ではブラックになってしまうともう融資してもらえる可能性は無いのかと心配になる人も多いと思いますが、以前は実際にそうだったのですが、最近になって状況が変わってきていてブラック対応業者と言うものが現れて来ています。

このブラック対応業者は他の業者とは違って審査基準では信用の確認については甘く、信用情報に先ほど示した情報が記載されていたとしても、その点には目を瞑って、審査に通すことで融資を可能にしています。

したがって、他の業者ではブラックとして扱われてしまう人であっても、そういう扱いにはならずキャッシングの利用も可能になる訳です。

最近では利用者が銀行に流れる傾向が有るため、消費者金融では利用者確保が難しくなってきており、ブラックの人もターゲットにして利用者を確保していこうという業者は増加傾向にあるため、すぐに見つけることができるでしょう。

ブラック対応業者でも必ず借りられるということではない

ただし、こういったブラック対応業者なら誰でも借りられるというわけではありません。

他の業者と同じように審査自体は行われるわけですから、それに落ちる可能性はやはり有るのです。

先ほど説明したようにブラック対応業者の場合、信用情報の確認については甘くなっていますが、その他の審査については他の業者と同じように行われるわけですから、例えば返済能力に問題が有れば審査通過は難しくなります。

実際、ブラック対応と言われる業者に利用者が集中したことが有りましたが、殆どが審査否決となってしまいました。このためブラック対応は終わったのかと言われましたが、実際には返済能力の問題でした。

したがってブラック対応だから大丈夫だというように安易に申込んだとしても、必ず借りられるというものではないので、注意が必要な事にかわりは有りません。

ブラック中は借り入れを考えるよりも重要なことが有る

ただしブラックの人の借入れはあまりお勧めできる事ではありません。ブラックになった人と言うのはお金に対す認識が他の人とは違いがあり、お金を借りると再度同じような問題を起こしてしまう可能性が高くなります。

このためブラックになってしまった場合には、なぜ自分がブラックになってしまったのかを追究してその原因を特定し、それに対する対策を講じなければなりません。

対策ができて初めて再度借入れして良いということになります。

原因の多くは性格的な問題を孕んでいる為、根本的に対策するには診療内科を受診したり、臨床心理士の所に行ってカウンセリングを受けるなどが必要です。

原因追及を安易に終わらせてしまうと、的確な対策ができず、ブラックを繰り返してしまう人もいるので注意しなければなりません。

ブラックを有効に利用する
ブラックと言うのはあまり歓迎できる状態ではありませんが、なってしまった場合にはそれを有効に利用いて下さい。ブラックになると簡単にはお金が借りられませんから、その間にお金を借入れしなくても良い生活を実践してみて下さい。

まず必要なのは自分のお金の管理をすることです。ブラックになってしまったという人には収入額は分っても支出額は分らないと言うような人が多いですが、それではいけません。

まずは家計簿をつけて自分の収入と支出を理解するところから始めてみましょう。

支出内容が分ればどういった無駄をしているのかも理解できるようになりますから、そういった支出を止めてしまうなど、支出を減らして節約できるようになるはずです。

これをブラックの間続けていれば、お金の使い方も理解できて、ブラックが明けても、再度お金を借りるような生活に戻ることは無いでしょう。

ここで、キャッシングでのブラックリストについて纏めておきます。

  • キャッシングはどれを申込んでも審査に落とされるブラックという状態が有る
  • 信用情報にはブラックリストというものは存在せず貸すか貸さないかは申込者それぞれの情報により判断される
  • ブラックになってしまう原因は信用情報中にある過去の金融事故情報
  • ブラック対応業者なら借入れの可能性はあるがブラックになった原因追究と対策ができるまでは利用しないほうが良い

ブラックになってしまうと信用が崩壊してしまうことになるので、日常生活ではまずブラックにならないように注意することが重要です。

閉じる
閉じる