どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングの利息は金利だけでは決らない?利息を計算してみよう!

キャッシングには利息がつきものですが、利用者の中には利息と金利を混同している人もいます。しかしこの2つは別のものでキャッシングを利用しようという前に関係を理解して、利息の計算が分るようになりましょう。

この関係が理解できると自分の利用方法からお得さと便利さを考えてキャッシングを選ぶことができるようになります。一概に金利が低ければよいというものではなくて利用方法によって選び方が有るのです。

また利息と金利が理解できても返済方式によっては利息が膨らんでしまうことも有るので、キャッシング選びでは、それぞれの返済方法を理解して自分の利用方法に沿って損にならないものを選ばなければなりません。

利息は金利とは違います!利息と金利の関係を理解しておこう

ローンでは金利を気にして選ぶ人が多いですが、これは金利が利息に直結していると考える為です。その程度までは理解していても実はこの2つを明確に区別して理解している人は意外に少なく混同している人も多いはずです。

金利と言うのは実際には利息を決定するための一つの要素にすぎません。したがって金利ばかりを気にしていて他の要素を無視してしまうと、利息が大きくなってしまったりすることも有って注意が必要になります。

また金利には固定金利と変動金利と言う違いが有り、このあたりも注意しておかないと、申込時には低金利で良いと思っていたものが、知らぬ間に、高金利になっていたというような事もあるため、意味を理解して注意してください。

利息と金利を混同してはいけない

キャッシングで融資を受けると当然ですが、翌月から返済して行かなければなりません。借りたものは返すということです。ただし借りたお金だけを返すのでは金融機関は一切利益を上げることができません。

そこでお金を借りて返済する場合には利息を付けることになります。この利息が金融機関の利益になるというわけです。この利息と言うのは金利等から計算されますが、人によっては両者の関係性を理解していない場合が有ります。

要するに利息と金利を混同しているわけです。最近でも大手消費者金融のコマーシャルで金利がゼロ円と言う表現を使っていますが、これは正確に言えば利息がゼロ円であって金利を表現する言葉としてはおかしいのです。

利息と金利の関係とは

では利息と金利はどのような関係を持っているのでしょうか。利息を計算する数式は次のようになっています。

利息 = 元本 × 金利(年利) × 借入期間(年単位)

つまり利息と言うのは金利だけでは決まらず、元本や借入期間によっても変わってくるということです。

例えば今100万円を年利10.0%で1月(30日)借りたとしましょう。その時の利息は次のように計算できます。

利息 = 100万円 × 10.0% × 30/365 ≒ 8219円

つまりこの場合1月後の利息は8219円ということになります。

この時リボルビング払いで月々1万円づつ返済して行くという場合には、利息が8219円」ですから残りの1781円が元本分の返済になり、翌月の元本は99万8219円となります。

固定金利と変動金利の違い

キャッシングの金利について1つ注意しておかなければならないのが金利の種類です。いろいろな分け方が有りますが、まず固定金利と変動金利については理解しておきましょう。

固定金利と言うのは適用される金利が契約時から変わらず固定される金利です。もう一つの変動金利の場合は一定期間ごとに経済動向などによって金利が見直され新しい金利が適用されるものです。

例えば好景気になると金利が上昇しますから、そこで固定されてしまうとずっと高い金利のまま利用しなければなりませんが、変動金利であれば、景気が後退してくれば適用される金利が下がる可能性が有ります。

それに対して不況の時には金利は低下しますから、そこで固定してしまえば高景気になったとしても、低金利のまま利用できますが、変動金利で金利が見直されると高金利が適用になるということになります。

つまり好景気で高金利の場合キャッシングを利用するには変動金利を、不況で低金利の場合には固定金利を選べば、有利な借入ができる可能性が高いというわけです。

預金金利は逆に考える
本文では借入の視点で固定金利と変動金利を説明しましたが、預金する場合には全く逆に考える必要が有るので注意しなければなりません。

預金する場合好景気の時には高い金利で固定してしまえば将来不況になったとしてもそのまま高金利が適用され、利息をたくさん貰うことができます。

しかし好景気の時に変動金利の預金をしてしまうと不況になった場合に金利が見直しになり適用金利が低金利になってしまいますから、利息はその分減ることになります。

したがって預金を考える場合には好景気では固定金利を、不況の時期には変動金利のものを選ぶようにすればお得になる可能性が有るわけです。

借入時とは逆ですから、よくこの関係を理解して有利な条件の預金を選ぶようにして下さい。

キャッシングは金利だけで決めてはいけない!利用方法から計算しよう

キャッシングを金利で決めている人はとにかく低金利のものを選ぼうとしますが、説明したように、利息と言うのは金利だけで決まる訳ではありませんから、キャッシングは金利だけではなく利用方法についても考えなければなりません。

そこでキャッシングの申し込みの前には自分はどのようにキャッシングを利用することになるのかについてよく考えてみましょう。

例えば高額の借り入れを行って長期的に返済して行くということになると、元本が大きいうえに借入期間が長期化するので金利を気にして出来るだけ低金利のものを探したほうが有利な借り入れができるでしょう。

しかし低額の借り入れを短期に返済してしまうという場合には、元本が小さいうえに借入期間も短期間ですから、金利による利息の違いは殆ど出てこないため、あまり金利を気にする必要はありません。

自分のキャッシングの利用方法を分析してみよう

このようにキャッシングの利息と言うのは金利だけで決まる訳ではありません。キャッシングは有利に利用したいと思うのは当たり前のことですが、もう一つ重要なのは便利さの追求です。

できれば便利で有利なものを選びたいですが、どちらを重視するのかは利用者次第です。

また利用者にはそれぞれキャッシングの利用方法というものが有り、その点も考慮しなければ、有利さや便利さを事前に追求するのは難しく、多くの場合、ただ金利が低いというだけでキャッシングを選んでしまっています。

そこでまずは自分の利用方法はどんなものかをよく考えてみましょう。例えば何かの購入のためにキャッシングを利用する場合には高額の借り入れをして長期に返済していくとう利用方法になりそうです。

しかし、生活費の補填というような場合には少額の借り入れをして短期に返済してしまうでしょう。このように利用方法は人によって違うのですこれを分析して、有利さ便利さをどのように追及すべきかを考えましょう。

高額借入れをして長期に返済する場合のキャッシングの選び方

ではまず高額の借り入れをして長期にわたって返済して行く場合を考えてみましょう。この場合先程の式を考えてみて下さい。借入期間が長期化してしまいますから、それだけで利息が大きくなる可能性が出てきます。

このためもう一つの利息を決める要素である金利が低ければこの借入期間が長いことを相殺できるはずです。したがってこの場合には有利さを追究して出来るだけ金利の低いキャッシングを選ぶのが良い選択ということです。

もしここで金利の高いものを選んでしまうと、借入期間と相乗効果が出てくるので利息はより高くなってしまい、大変不利な借入れを行わなければならなくなるので十分注意しなければなりません。

低額借入れで短期に返済してしまう場合のキャッシングの選び方

では次に低額借入れで短期に返済してしまう場合を考えてみましょうこの場合は借入期間が短くなりますから、多少金利が高かったとしても利息には大きな違いがみられません。

例えば5万円を給料日7日前に借りて給料日に返済してしまう事を考えて、金利が年利15%の場合と年利20%の場合を計算してみましょう。

  • 年利15%の場合
利息 = 5万円 × 15% × 7/365 ≒ 148円
  • 年利20%の場合
利息 = 5万円 × 20% × 7/365 ≒ 191円

利息の差は43円です。

ですからこういった使い方をする場合には有利さを追求しても微々たるもので、キャッシングは利息をあまり気にせずに便利さを追究したほうが良いものが選べるはずです。

このように利用方法によってキャッシングの選び方は変わってくるのでよく自分の利用方法を考えてみて下さい。

目的が有るなら目的別ローンのほうが有利
金利を気にするのであれば、申し込みは多少面倒ですが、キャッシングを選ぶよりも目的別ローンと言う金融商品を選んだほうが有利な借入れができますから、利用を考えてみて下さい。

ローンというのは今では目的を問わないキャッシングが全盛ですが、そもそもは何らかの目的でお金が必要な人にお金を貸すというものです。銀行では従来から需要の多い目的別にローンを提供しています。

こういった目的別ローンは目的を問われないキャッシングなどに比べて金利が低く設定されているので、有利な借入れを目指す場合で利用目的が決まっているのであれば、キャッシングの中で比較検討するよりも良いものが選べるはずです。

まずはどういった目的別ローンが有るのかを良く調べてみることから始めてみましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
目的別ローンは面倒でカードローンを利用?もしかして大損してない?

返済方式によって利息が膨らむ?金利だけでは見えて来ない盲点とは

キャッシングをできるだけ有利に返済するため金利を気にする人は多いですが、そういう人もあまり気にせず盲点になっているのが返済方式です。

通常キャッシングで利用される返済方式には2種類あり、キャッシングによって違っていたり、場合によっては両方用意されていて自分で選べるというものも有ります。

この返済方式はキャッシング選びではあまり気にしない人が多いのですが、実は借り方に気を付けていないと返済期間が延びて利息を長く払い続けなければならない場合も出てくるため注意しなければなりません。

したがってやはりここでも自分の使い方に合わせて有利になる返済方式を選び、キャッシングを選ぶ場合にはこの返済方式を提供しているものを選ぶように気を付けなければなりません。

キャッシングの返済方式とは

返済方式なんてどうせ返済するのだから、どれでも大した違いはないだろうと言われそうですが、それが全く違ってきます。キャッシングではとにかく金利が低いものを探すという人がいますが、多少の金利の違いは返済方式次第で吹っ飛びます。

キャッシングで採用されている返済方式と言うのは概ね次の2種類です。

  • リボルビング方式
  • 残高スライド方式

リボルビング方式は何を一定にするのかで様々に分かれ、次の残高スライド方式もこの1つになるのですが、ここで言うリボルビング方式は月々元本返済分と利息を合計した金額が一定になる方式を指します。

つまり元本が大きければ利息も高額になるので元本返済分はその分減るということです。

これに対して残高スライド方式と言うのは借入残高を何段階かに区切って返済額を決める方式で、段階が変わらなければリボルビング払いと同じになりますが、高額な利用をすれば返済も高額になるので注意が必要です。

現在のキャッシングでは、消費者金融ではリボルビング払いを、銀行のカードローンでは残高スライド方式を採用しているところが多くなっています。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは事前に返済方法を確認しよう!返済方式にも注意が必要

利息が膨らむ返済方式に要注意!

そこでリボルビング払いを見てみましょう。この方式は大きな借入れをしても月々の返済額が一定ですから、負担が少なく、返済の見通しも付けやすいので利用者には大変良い返済方式に見えます。

これに対して残高スライド方式のほうは借入額が大きくなると返済も大きくなるので、返済の負担が増し、下手に借入れできない注意すべき返済方式と考えるでしょう。

しかし良さそうに見えるリボルビング払いですが、、良い面だけではないのです。もしリボルビング払いで高額の借り入れをしたとしましょう。そうするとその分利息が増えますから、元本返済分は減ってしまいます。

場合によっては返済額の大部分が利息になってしまう可能性もあるのです。そうなると元本は殆ど返済できませんから翌月も同じ程度の元本が残ることになり、やはり返済額の大部分は利息ということになります。

そうすると返済している割には元本は減らず、利息ばかり長期にわたって払い続けなければならない事になってしまいます。

このようにリボルビング払いと言うのは借入期間が延びて、利息が膨らむ可能性を持っている返済方式なのです。返済の見通しが良いなどと言って安易に選んでしまうと大損ということもあるのです。

自分の利用方法に合わせて返済方式を選ぼう

もちろんそんなに大金を借りるようなことは無いというのであれば、リボルビング払いでも効率よく返済できますから問題は有りませんし、返済しやすいという面で良い選択と言えるでしょう。

また残高スライド方式はリボルビング払いのような問題は有りませんが、利用方法によっては返済額が非常に高額になって、家計を圧迫する可能性が有りますから、そういった点での考慮が必要になります。

ですからキャッシングを選ぶ場合には、やはり自分の利用方法をよく考えたうえで返済方式も選択しなければなりません。

返済方式にはここで説明したような長所や短所が有りますから、自分の利用方法から長所を引き出せるような選択をしてください。

随時返済を利用すればさらにお得
利息を心配するのであればどのように返済するのかについてもよく考えておきましょう。

利息と言うのは本文で説明したように借入期間が影響します。したがって早く返せば返すほど利息は少額になる訳です。

そこでキャッシングを利用するときに考えてほしいのはできるだけ早く返すということです。そんなことを言っても返済日にならなければ引落されないだろうという人もいますが、返済方法はそういった定期返済だけではありません。

大概のキャッシングには定期返済の他に随時返済と言っていつでも好きなだけ返済できる方法が用意されている筈です。

そこで例えば少額の借入であれば給料が出れば返済できるわけですから、定期返済の返済日を待たずに随時返済を使って返済してしまえば、その分利息を減らすことができます。

有利さを追求するのであれば、与えられた方法を駆使出来るように知恵を働かせましょう。

闇金の利用に注意!利息ばっかり支払って元本が減らない状況とは

またキャッシングの利用を断られてしまうような人の場合、法律に則った業者登録を行っていない金融業者である通称闇金と呼ばれる業者を利用してしまう人がいますが、これ等の業者は利用してはいけません。

こういった業者にはいろいろあって表向きは正規業者と見分けがつかず、特に高金利を付けているところだけではないので、金利で業者選びをしていても、利用してしまう人がいないとは限りません。

しかしこういった業者はそもそも遵法精神などは無いため、利息ばかり払って元本が少しも減らないというような状況に追い込まれることも有ります。

ですから金利に注意するのであれば、キャッシング選びの段階でこういった業者を選ばないように十分注意しなければなりません。

金融業者には法を遵守しない非正規業者がある

さてここまでは現在の法令に則った話でした。現在の法令では上限金利が最大でも20%までとなっている為、短期の借入れであれば殆ど差が出ないようになるのであって、その前提が崩れればこの話は成り立ちません。

それでは法令違反ではないかと考えるでしょうが、金融の世界では法令を無視するような闇金と呼ばれる非正規業者は珍しくないのです。こういった業者の場合短期の借入でも利息がかさんでしまうことが有ります。

街中を見ると○○金融とか△△ファイナンスといった業者をよく見かけますが、こういった業者には非正規業者が多数含まれており、闇金であっても人当たりが良く親切な業者に見えることも有ります。

つまり外見からでは正規業者か否かはわからないのです。また金利は一見法令を守っているように見えても様々な手口で、お金をむしり取っていきますから注意しなければなりません。

利息ばかり長期にわたって支払わせる手口

利息に関してそういった闇金の手口を1つ紹介しておきましょう。闇金かもしれないような小規模業者を利用するような人の場合、既に大手業者には借りられず、お金に困っているのが普通です。

そういった人の場合、返済でもお金が用意できず、支障が出るようなことが多々あります。そういった時に古い体質の闇金であれば怖そうな取り立て屋が来て取り立てを行いますが、今ではそうとは限りません。

返済できないことを相談に行くと、優しそうに利息だけを入れてくれというような話に持っていき、利息分は別の業者を紹介するからそっちから借りなさいと言って、別業者から利息分を借入れさせます。

そうすると最初の業者では利息だけを受け取りますから、元本は減りません。そして翌月からは新たに借入れした業者への返済も始まって、元本が減らないまま、さらに返済は苦しくなります。

こういうことを繰り返すと、いつまでたっても元本は減らず、借入が増えるうえに、利息ばかりを業者に吸い取られる状況になってしまいます。業者のほうは元本がそのままですから永久に利息と言う利益を得ることができるわけです。

闇金を見分ける方法とは

ではこういった闇金の罠にかからないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。それは申込みをする時にしっかり闇金を見分けて利用しないようにするしかありません。しかしその方法は意外に簡単です。

金融業者と言うのは大手から中小零細業者まで法令により業者登録をすることになっています。闇金と言うのは法令無視の業者ですから当然この業者登録を行っていません。

そこでこの業者登録の有無を確認すれば正規業者か否かが分る訳です。しかしそんな情報をどこで調べればよいのかと疑問を持つ人もいるかもしれませんが、実は金融庁がインターネット上で公開しており、簡単に検索できます。

業者の確認をしようと思ったら、この検索機能を使って、利用を検討している業者について次の情報が一致するかを確認してください。

  • 業者名
  • 登録番号
  • 代表者名
  • 所在地
  • 電話番号

特に電話番号は闇金が実際にある正規業者を名乗っていて電話番号だけを変えておくということも有るので、念入りに確認しておきましょう。

闇金しか利用出来る業者が見つからない場合どうすれば良いか
状況によっては闇金しか相手になってくれないというような人もいるかもしれません。そういう場合にはもう民間の金融業者からの融資の利用は無理ということです。ですから民間業者の利用は諦めて公的貸付の利用を考えてみましょう。

公的貸付なら条件次第で無利子で貸付けされたり、闇金などとは比べ物にならないくらい良い条件で貸付けが行われる可能性も有るので、自分が融資が必要な理由をよく整理して相談に行くようにしてください。

もし返済の見込みがないというのであれば貸付けでも難しいので、借入れは諦めて、生活保護を受給するなど、一度生活を立て直す方法を検討したほうが良いでしょう。無理をするよりも用意されている支援を受けることも必要なのです。

ここでキャッシングの利息に付いて纏めておきます。

  • 利息は金利だけでは決らず借入期間も重要
  • キャッシングは金利だけではなく利用方法を考えて選ぶべき
  • 返済方式によって利息が増えてしまう可能性が有る
  • 闇金は利息ばかり取られるというような手口が有るので注意が必要

利息は少ないに越したことは有りませんが、現在の上限金利はかなり低くなっているので必要以上に拘る必要は無く、じっくり使い勝手も考えて選んでください。

【参考記事】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

閉じる
閉じる