どうしても審査に通りたい人向けサイト

転職直後でもキャッシング審査に通る?可能、不可能それぞれのケース

キャッシングは比較的借りやすいローンと言われていますが、それでも利用するまでには申込条件を満たすことと審査に通過することの2つの関門が有ります。どちらの場合も重要なのは安定した収入が有るかと言う点です。

しかし転職直後と言うのは前年に安定した収入が有ったとしても、今後はそういったことが続く保証はないため、審査での返済能力の評価は低くなるため、審査通過のカギは安定収入が有ることが示せるかどうかでしょう。

転職と言うのは今では安易に行う人が多いですが、そもそも人生の大きな転機と言え、厳密な計画を立てて行うものです。この計画には転職直後の資金計画も含める必要が有り、安易にキャッシングなどを利用すべきではありません。

キャッシングの審査では安定収入が重要!申込みができない場合もある

キャッシングと言うのは金融機関が儲けを出すための金融商品です。ですから、融資する前提は利息付きで返済が行われるということです。そのためには安定収入を持っているということが重要な意味を持つ訳です。

そこでキャッシングでは、まず審査の前に申込条件で安定収入が有ることが明記され、これが無ければそもそも申込むことができません。申込んだとしても今度は審査で収入の安定性を問われることになり、これが低評価では審査は否決になります。

審査では、融資を希望する金額によって収入を確認するために証明書類の提出が要求されますが、金融機関側が収入に対して不安を持った場合には、希望金額によらず証明書類の提出を求められるので注意が必要です。

キャッシングを申込むためには申込条件を満たさなければならない

キャッシングの申込みを考える場合、まず悩むのが審査に通るかどうかだと思いますが、その前に確認しておかなければいけないのが申込条件です。この条件を満たさなければならないという点で、これが申込みの第一関門になります。

キャッシングの申込条件はキャッシング毎に決められており、細かい部分ではそれぞれ違いますが、殆どのキャッシングで共通しているのが次の2つの条件です。

  • 申込みが可能な年齢
  • 安定した収入がある

年齢制限は20歳以上で上限は60歳から75歳の間程度の所が殆どです。

問題は収入についての規定で金融機関としては月々安定した収入が無ければ返済に問題が生じる可能性が有るため、この条件が設けられていると考えられます。

この条件が有るためキャッシングと言うのは会社員には申込み易いですが、パート、アルバイト、自営業者などには申込みにくいと言われています。

審査でも安定した月収が重要な評価ポイント

申込条件を満たしていれば、申込みが可能になりますが、次に控えているのが審査と言うことになります。審査と言うのは各金融機関や保証会社が申込条件と同じように返済してくれるかどうかと言う視点で様々な確認を行うものです。

審査は審査基準で行われることになりますが、この審査基準は金融機関では門外不出で、外部の人間が見ることはできません。したがってどんな確認が行われるのかは正確には分っていません。

しかし大きくどのようなことを審査しているのかについては分っていて、次のような事を様々な角度から確認していると考えられています。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力
  • 申込者の信用

まず本人以外に貸してしまったら、もう返済は見込めませんから、本人確認書類や在席確認電話などによって、本当に本人が申込んできているのかについて確認が行われます。

この確認は金融機関にとっては重要な確認ですが本人が申込んでいれば問題の無いもので、問題になるのは残りの返済能力と信用ということになります。

返済能力については、次の2点の確認が行われます。

  • 一定額以上の年収が有ること
  • 安定した月収が有ること

一定額以上と言うのは200万円と言われていましたが、デフレで収入が減っていまう時期が長く続いたことから、最近では金融機関の考え方次第でもう少し少額でも融資をしているところも有ります。

収入の評価は年収によって行われますが、金融機関が重要視するのは月収の安定性の方で、これは職業や職種によって安定性の判断が行われています。

最後の信用の確認はかつて例えば何らかのローンを借りていて返済が正しく行われなかったというような事が有れば、また同じように返済に問題が生じる可能性が有るのではないかと危惧されるため、そういう人は審査での評価が下がってしまいます。

この過去の金融取引状況は金融機関が利用者の情報を共有するために用意された信用情報というデータベースになっており、審査の際にはこの情報が参照されて、評価されることになります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングって複数社借入れできるの?4件以上の借入れは難しい!

収入を証明するための必要書類とは

申込みにに当たっては通常次のような書類の提出が要求されます。

  • 本人確認書類
  • 収入を証明する書類

利用出来る書類はそれぞれのキャッシングで違いますが、本人確認書類は運転免許証やパスポート、マイナンバーカード等が利用出来るのが普通です。

収入を証明する書類は、通常一定額以上の融資を希望する場合だけ提出を要求さるもので、次のような書類が利用されます。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 納税証明書 等

要するに通常年収を証明するような書類の提出が要求されることになります。ただしこれが用意できない場合には、2カ月分の給与明細の提出で代替できるとしている場合も有ります。

~金融機関の審査の難易度~
キャッシングを選ぶ場合には出来るだけ審査が緩いところを狙ったほうが通りやすいと考えられますが、夫々のキャッシングの難易度はそう簡単には分りません。ただし一般的には金融機関によって難易度の違いが有るとの認識されています。

それによると一般的には次のような難易度の序列が有ると考えられています。

(難)銀行 > 大手消費者金融 > 中小消費者金融(易)

もちろんこれは一般的な話で、個々の申込者に対しては必ずしもこの通りになるとは限りませんから、十分注意しなければなりません。

これ等の序列は夫々の金融機関のキャッシングの最高金利と関連が有り、銀行は金利は低いですが審査が厳しく、大手消費者金融は銀行より審査が緩いですが、その分金利が高くなります。

したがってキャシングを選ぶ場合には、金利を見ることによって、そのキャッシングの審査の難易度をある程度判断することができると考えられます。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの審査で収入証明書提出は必要?安定性が示せれば有利!

転職直後は安定収入になるかどうか評価が難しい!審査では不利になる

そこで転職直後について考えてみると、転職直後と言うのは新しい職場に移ったわけですから、収入が全く新しいものに変わるということになり、まだその収入によって生活したというわけではありませんので安定性の判定は難しく審査では不利です。

また、前年分の年収と言うのは旧職場での収入ということになるので、収入を証明する書類としては、意味を持ちません。ですから、この場合には要求される収入証明書によっては申込みができないということも有ります。

キャッシングによっては年収の証明書類ではなく月収の安定性を示す書類の提出で申込める場合もあるので、絶対に利用できないということではありませんが、審査では転職先自体の安定性も問われる可能性が有ります。

転職直後の審査は不利

では転職直後について考えてみましょう。転職直後と言うのは新しい職場に移ったということですから、前の職場での収入がいくら安定していたとしても、今度の職場にはまったく関係の無い情報でしかありません。

したがって、転職後の安定性と言うのは未知数ですから、そもそも申込条件の安定収入と言う条件を満たしているのかどうかが分りません。それでも新たな会社に就職したということで安定した収入ができると仮定して申込みはできるでしょう。

しかし、審査で厳密な確認が行われれば、まだ就職して短期間ということになってしまいますから、金融機関の方も確認するための情報が限定されてしまう為、審査での評価は低くならざるを得ません。

したがって転職直後のキャッシングの申込みは不利だと考えておくべきでしょう。

転職直後は前年の年収は参考にされない

まず問題なのは転職直後ということになると、まだ1年間その職場に務めているわけではありませんから、要するに新しい職場での年収を証明する書類と言うのは用意できません。

このため年収を証明する書類と言うのは旧職場での年収を証明する書類しかない訳です。しかしこれを用意してキャッシングの申込みをしたとしても、もう転職したわけですから、金融機関はそれを参考にして審査をしても無意味です。

要するにキャッシングを申込もうと思っても年収を証明することが難しいわけです。

もちろん通常少額の融資希望の場合には、年収を証明する書類の提出は必要ありませんが、転職直後ということになると金融機関の方も、収入の確認が必要と言う判断する可能性が高くなります。

少なくとも月収が安定していることを示す必要が有る

そういう場合、キャッシングによっては、年収の証明ができない訳ですから、そのまま審査は否決ということになるところも、少なくは有りません。しかし先ほど説明したように給与明細の提出で代替できる場合も有ります。

この場合通常は直近の給与明細を2か月分用意する必要が有るので、転職直後と言っても、既に給与が支払われてからということになります。

もし給与がまだ出ていない段階でキャッシングが必要ということになってしまうと、審査はかなり難しくなり、融資希望額を非常に少額にして収入の証明書類の提出を要求されない程度にすれば可能性としては無いとは言えません。

いずれにしても転職直後にお金を借りようというのは非常に難しいと考えておくべきでしょう。

転職先も審査に大きく影響する

もう一つ審査で参考にされるのは、転職先自体の信用です。例えば転職先が公務員で正規採用ということになれば、収入の安定性は太鼓判が押されますから、金融機関の方も融資しても問題なしと考えるでしょう。

またこれに続くの上場企業の正社員というような場合も、安心して融資できるはずです。

しかし、転職先が中小企業であったり、公務員や上場企業であっても、臨時採用ということになると、審査は厳しくなってしまうでしょう。

このように、転職先によって判断が左右するのは、利用者によっては理不尽さを感じるかもしれませんが、金融機関の方は、とにかく貸したお金が返済されるのかと言う点からの判断になるので、やむを得ないと考えるしかありません。

~キャッシングは1年経ってから申込むべき~
本文では転職直後と言う前提でキャッシングの利用を検討していますが、説明しているようにそういった状況でのキャッシング利用は非常に厳しいと考えなくてはなりません。借りられたとしても非常に条件は良くないはずです。

ですから、キャッシングを利用するのであれば、年収がはっきりして、ある程度収入の安定性の証明できるようになるまで、待つべきでしょう。つまり転職後は1年以上経過してから、申込みを行うべきなのです。

1年経てば、金融機関の方も審査がしっかりできる事になりますから、転職直後に申込んで非常に不利な条件で利用するよりも、ずっと良い条件で借入れできる可能性にも繋がります。よく考えて申込時期を考えてください。

転職直後にお金を借りるのはそもそも計画が杜撰だと思うべき!

このように転職直後と言うのは絶対に駄目と言うわけではありませんが、できればこういった不利な時期に申込むのは止めたいものです。

そもそも新たな職場に移るということは新たな職場で給料を貰うまで収入が途切れる可能性が有ることは予め分かっている筈です。

ですから転職しようと言う時には、キャッシングを当てにするような杜撰な計画ではなく、新しい職場でも初めての給料日まで乗り切れるような資金計画を立てて、転職する前に準備をしておくようにして下さい。

そういった準備をしないで、思い立ったが吉日と言ったような考え方で見切り発車のように転職してしまったというような事をしてしまうと、結局キャッシングも借入れできず、生活が出来なくなってしまうというような窮地に陥ることになります。

仕事の切れ目には収入も途切れることは分っている筈

給料日を待たずキャッシングが必要と言うのは、転職としては非常に問題のあるものと言えるでしょう。転職する場合多くは旧職場から最後の給与をもらって、翌月には新職場から給与をもらうというように考えるはずです。

ただし場合によっては、多少休んで新職場での勤務までに時間を置いたり、新職場の受入れ状況次第で、多少間が空くという可能性が無いとは言えません。その場合就業に間が空くので収入にも間が空くことになります。

しかし間が空く場合と言うのは転職の前から分っているというのが普通です。したがって、転職する場合にはそういったことに対処するための事前準備をしておくのが普通です。

つまり仕事の切れ目が有るのであれば、そのための蓄えを作っておくのは当たり前のことなのです。

そのあたりを安易に考えていると、生活ができなくなってしまうというような事にもなりかねないので十分注意しておかなければなりません。

転職するのであれば、転職直後を乗り切る資金計画を立てよう

そこで転職を考えたら、転職直後に起こるであろうことをよく考えて、それらにどう対応すれば良いのかということを慎重に考えて、綿密な計画を立てておくことが必要になります。もちろん資金計画を含めてです。

給与が連続して支給されるように転職時期を決めるのであれば、給与の金額にもよりますが、資金計画はそれ程難しい問題は出てこないでしょう。しかし途中間が空いた場合には、その分の生活費をどうするかと言う問題が生じます。

まずは自分の生活費はどの程度必要なのかを計算しなければなりません。そのためには月々の自分の支出内容をよく把握しなければなりませんから、転職前には、しっかり支出を管理して空き期間の予想ができるようにしておく必要が有ります。

その間の生活費を予想したら、次にそのお金をどう調達するかと言うことを考えなければなりません。

収入は入ってこない訳ですから、その分の蓄えておくというのが普通でしょう。

そのためにはやはり転職前に少しづつ計画的に貯蓄して行くことが必要です。

特に転職前後には余分な費用も掛かるでしょうから、そういったことも考えたうえで、資金計画に反映してください。

見切り発車で無理な転職をするのは止めた方が良い

こういった、計画はよく考えれば必要だということは誰でもすぐに分ります。以前は職業と言うのは年功序列と言うことが念頭に置かれていたため転職自体が少なかったということも有りますが、転職は十分考えたうえで行われたものです。

しかし最近では転職が当たり前の時代になってきていますから、安易に仕事を辞めてしまって、その後転職先を探すというような人も多いですし、もっと悪いのは何か気に入らない事が有って衝動的に仕事を辞めてしまうという場合も少なくありません。

しかし、それでは資金計画も何もなく、転職先が決まるまでキャッシングに頼るという考え方が出てきてしまいます。そこでなかなか借りにくいということが分って四苦八苦してしまうということになるのです。

ただし転職自体は悪いことではありませんし、より自分に向いた仕事に就くことは人生を豊かにしてくれます。

ですから転職しようと考えた時には、見切り発車ですぐに実行に移すのは止めて、計画を練ってどんな状況になっても対応できるようにしておくことが必要でしょう。

~保証人がいれば審査通過の可能性は高い~
キャッシングを借りるのは難しいことが分ったし、転職には計画性が必要だということも分ったが、もう止めてしまって生活は切羽詰まっているという状況という人もいて、どうしてもキャッシングを借りたい場合も有るでしょう。

そういう場合には、本文で説明しているように自分では借り入れが難しい訳ですから、自分に代わる返済能力と信用を持っている人に保証人になってもらうという方法が有ります。キャッシングでも保証人は付けられるのです。

そうすれば、金融機関の方も、保証人に問題が無ければ、融資に応じてくれる可能性は十分あります。

もちろん保証人に迷惑がかからないように返済が滞るというような事が無いように十分注意しなければなりません。仕事が安定したら恩返ししてください。

キャッシングの審査に通らなかったときはどうすれば良いのか?

ではもし転職直後にお金に困ってキャッシングの申込みをしたが審査に落ちてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。

まず状況としては転職したわけですから、遠からず給料が出るわけです。したがってそれまでを乗り切れれば良いのですから、まず確認が必要なのは自分のお金を管理してどの程度の余裕が有るのかはっきりさせることです。

次にそのお金を使って給料日まで何とか生活して行けるような計画を立てましょう。まず不要不急の出費はすべて先に延ばしてください、そして必要なら生活レベルを落として、お金のかからない生活を心がけましょう。

またキャッシングの審査に落ちてしまったからと言って、闇金のような非正規業者から借入れするようなことは絶対に止めなければなりません。そんなことをしたら、せっかく転職しても、新たな門出が台無しになってしまいます。

まずは自分のお金を管理してどの程度の余裕が有るのか調べてみる

ではキャッシングを当てにしていたが審査に通らず、途方に暮れている状況を想定して、対策を考えてみましょう。もちろんその場合でも、家族や友人関係などから、借りるということも考えられますが、そういったものが無い状況で考えてみます。

まず必要なのは自分にどの程度の余裕が残されているのかを調べることです。

財布の中はもちろんですが、預貯金についてもすべて調べ上げましょう。もちろん配偶者がいるのであればへそくりも出して貰ってください。

またもう一つクレジットカードを持っているのであれば、それにはキャッシング枠が設定されている筈ですから、それらについても借入れることができないかどうかを調べてみましょう。既にあるキャッシング枠を有効に使うのも必要なことです。

給料日までなんとかもたせる方法を考える必要が有る

手持ちの資金がどの程度あるのかが分ったら、今度は給料日までの資金計画を立てなければなりません。

まずは先ほどと同じで、自分が生活費をどのように利用しているのかを明確にする必要が有ります。そこから給料日までの間にどのような支出が必要になるのかが分る筈です。

もちろんこの際不要不急の支出は先に延ばしてください。そこで自分の手持ちのお金で足りるかどうかを見てみましょう。足りなければ、今度は生活を切り詰めることを考えましょう。生活レベルを落とすことも必要でしょう。

みじめな生活と感じるかもしれませんが給料日までと言う期間限定ですし、自分の計画性の無さと言う原因も有るので、我慢して乗り切るようにしてください。

決して非正規業者を利用してはいけない!

転職直後でも融資をしてくれる金融業者としては非正規業者が有ります。要するに闇金です。無職と言うわけではなくて転職して、収入は入ってくるわけですから、闇金としては良いお客と考えるはずで、高額融資にも応じてくれるかもしれません。

しかし闇金と言えばドラマにも描かれている通り、非常に危ない業者です。高い利息で厳しい取り立てをする可能性も有りますが、もっと巧妙に長期的にお金をむしり取るような業者も有り、利用したらろくなことになりません。

ただしこういった業者は表向き正規業者を装っていて見分けがなかなかつかない場合も有るので、貸してくれる業者が見つかったからと言って安易に借りてしまうのは絶対にやめましょう。

もしそういった業者が見つかった場合には業者の表示している情報を正規の貸金業者の登録情報と比較して、正規業者かどうかの確認を行ってください。

正規業者の登録情報は金融庁のホームページから確認することができます。情報を検索したら次の情報を比較してみましょう。

  • 業者名
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 所在地
  • 電話番号

闇金の中には実際の登録業者を騙っている場合も有るので、電話番号までしっかり確認して下さい。

~審査に落ちたら暫くはブラック?~
もしキャッシングの審査で否決になってしまった場合には、キャッシングを申込んだという情報が短期間信用情報内に記載されることになります。

もし記載されてしまうと、別のキャッシングを申込む際この情報が参照され最近別のキャッシングを申込んだということが分かります。

金融機関の方は、この情報が有った場合には、短期間に何度もキャッシングに申込んだということになるため、余程お金に困った状況に置かれているのではないかと考える事になり、お金を貸すのは問題だと考えます。

このため新たに申し込んだキャッシングの審査は否決になってしまいます。つまりこの情報が有る間は審査には通らないということになるのです。この状態を申込ブラックと言って、ブラックの一種と考える事ができます。

ここで転職直後のキャッシングの利用について纏めておきます。

  • キャッシングの審査では収入の安定性が問われる
  • 転職直後は収入の安定性の評価が難しく審査は不利
  • 転職直後にキャッシングが必要と言うのは計画が杜撰すぎる
  • キャッシングの審査が通らない時は自分の余裕から乗切る計画が必要

キャッシングというのは借金ですから転職時に借入れできたとしても、その後返済が必要になるので、その点も忘れないように借り過ぎには十分注意しなければなりません。

【参考記事】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

閉じる
閉じる