どうしても審査に通りたい人向けサイト

自分向きのキャッシングはどれ?審査以外の内容も比較して選ぼう!

キャッシングを選ぶ際には審査に通らなければ利用もできませんから、審査の通りやすさが重要なポイントですが、それだけを比較して選んでも使いやすいものが選べるわけではありません。

キャッシングと言うのは利用出来る環境などによって利用者毎に使い易かったり使い難かったりが変わってくるため、長く利用するためには審査だけではなくキャッシングの内容や利用環境も比較して選ぶことが大変重要です。

そこでこれ等を知るために全てと言うわけにはいきませんが、多くのキャッシングの情報を提供し、自分向きの1つを選ぶ事ができるようにしようと思います。

これ等の情報を客観的に自分の利用方法と比較することによって、利用しやすいキャッシングが選べる事に繋がるでしょう。

銀行のカードローンとは?大手銀行から地方銀行・ネット銀行まで

自分向きのキャッシングを選ぶのはなかなか難しいですがまず必要なのはそれぞれのキャッシングの内容を知るということです。

キャッシングには様々なものが有りますが、無担保の一般向けローンということで、担保に拘っていた銀行の参入は遅れ、銀行のカードローンは最後発のキャッシングと言えるでしょう。

銀行と言っても全国的に支店網を張り巡らしテレビコマーシャルを流している大手銀行を思い浮かべる人が多いと思いますし、これ等の大手銀行のカードローンは様々な申込方法を提供しており利用しやすいものになっています。

しかし銀行にはこういった大手銀行以外にも、県域程度の営業地域を持ち、この中で支店網を作っている地方銀行や、実店舗を持たずネット上だけで営業展開しているネット銀行などもあり、やはりカードローンを提供しています。

大手銀行のカードローン

銀行のカードローンと言えば、まず思い浮かぶとすればテレビでも街中でも日々目にするような大手銀行のものではないでしょうか。

こういった銀行の場合、非常に大きな資本を持っていて全国に支店網が有るので条件さえ満たせば誰でも申込可能です。

ただしキャッシングの内容を見ると利用限度額の上限は500万円から1000万円となっていて銀行によって大きく違っています。金利も上限金利はそれほど変わりませんが、下限には違いが有るので注意が必要です。

大手銀行のカードローンは場所によって利用に困るようなことはないので誰にでも利用は可能ですが、地方に行くとやはり支店網はまばらになっていくので利用するには提携ATMが前提になります。

ただし提携ATMと言うのは利用時に手数料がかかることが有るため、やはり大手銀行のカードローンがお勧めできるのは都市部在住の人ということができるでしょう。

【関連記事】
みずほ銀行のキャシングは800万円まで!最低金利1.5%借入可能

地方銀行のカードローン

大手銀行の支店網が地方ではまばらになってしまうため、地方在住の場合には、そういったまばらな支店網を埋めるように支店網を作っている地方銀行のカードローンが狙い目になります。

地方銀行は通常各都道府県域程度で大きくても隣県を含めた程度の地域を営業地域として、その中に支店網を張り巡らしています。

【関連記事】
横浜銀行キャッシングの返済注意点!返済額は借入残高で決まる

このためその営業地域内に居住しているか勤務していれば大変使い勝手が良いはずで、たまにどこか遠隔地に行く場合だけ提携ATMの利用を考えれば良いでしょう。

また地方銀行の中には大手銀行との利用者獲得競争の為、金利等で有利になっていたり、カードローンを複数持っていて、通常なら審査に通り難い人でも借りられるような審査の緩いカードローンを用意している場合も有ります。

ネット銀行のカードローン

大手銀行や地方銀行はかなりの歴史を誇り、実際に店舗展開をしている銀行ですが、インターネットが発達した今、店舗は何も実空間上にある必要が無くなりました。そこを狙って新たな種類の銀行が設立されるようになってきています。

そういった銀行が、いわゆるネット銀行というもので、一部の取引を除いて、金融取引はほとんどずべてインターネット上で行っています。

もちろんカードローンもインターネット上から振込依頼で行いますが、それでは不便ですから、カードを発行して提携ATMから融資を引き出すことはできるようになっています。

ただしやはり前提がネット利用ですからお勧めとしてはネット上からの銀行振込を主に利用する人に最も向いていると言えるでしょう。

このネット銀行は店舗を持ちませんから、店舗の維持に掛る費用やそこで雇用する人の人件費が掛らず、その分金利設定などで有利になっている場合も有るので、そういった部分を狙う人には注目の銀行と言えるでしょう。

大手消費者金融のキャッシングとは?専業大手3社だけではない!

キャッシングで銀行の次に挙げられるのが大手消費者金融のキャッシングでこれは銀行のカードローンのモデルになっているように、やはりカードを利用して、利用限度額内で借りたり返したりを繰り返すことができるものです。

この大手消費者金融は以前は大手5社と言われた時期も有りました。現在ではコマーシャルを流しているような有名3社と考える人もいますが、最近ではこれに新興の業者も加えて考えるのが普通です。

新興業者の中には、銀行が出資して設立した消費者金融や、銀行からは独立して設立された業者が後から、銀行の出資を受けて経営を安定させた業者も含まれており、現在はどちらも銀行と連携して業務を行っています。

専業大手3社のキャッシング

大手消費者金融と言っても多数ありますが、サラ金と呼ばれていた頃から存在していて、現在上場を果たしているような大手消費者金融は、実はそれほど多くはなく、様々な経緯を経て次の3社になっています。

以前は専業大手5社などと言われた時代も有りましたが、銀行の参入や貸金業法の改正を経て、経営が行き詰ってしまった場合も有り、現在専業大手消費者金融と言うのは3社に絞られてしまいました。

これらの大手消費者金融も現在800万円程度を上限とする利用限度額のキャッシングを提供していて、銀行との違いは金利が高い設定になっていることです。最高金利は概ね次のような違いが有ります。

金融機関 最大金利
銀行 14%台
大手消費者金融 18%程度

金利が高いということは、金融取引では信用が低いということですから、これ等の大手消費者金融では銀行よりも審査は緩いということになり、銀行のカードローンの審査に通りそうにない時の受け皿として利用されることも有ります。

銀行が設立した大手消費者金融のキャッシング

大手消費者金融にはこの専業大手と言う分類には入らず、最近になって銀行が設立したものも有ります。

先ほど銀行のカードローンの受け皿として利用出来るという説明をしましたが、銀行が設立した大手消費者金融はまさにそのためのものと言って良いかもしれません。

キャッシングは多くの銀行が参入してから提供する業者が増えて、利用者獲得競争の時代になりました。

そこで銀行では自前のカードローンを申し込んできた人をそのまま審査否決で帰してしまうのではなく、系列の消費者金融に誘導したほうが利用者を確保しておけると考えたわけです。

そのような銀行が設立した消費者金融としては、やはりコマーシャルで毎日のように見ているSMBCモビット
などがあります。

したがってこれ等の銀行が設立した大手消費者金融も銀行よりも金利は高いですが審査は緩くなります。

銀行が資本参加した大手消費者金融のキャッシング

この他にも最近になって銀行が設立したというわけではありませんが、資本に参加している大手消費者金融が有ります。これらは貸金業法の改正などに対応できず経営に行き詰ってしまった業者が多くなっています。

例えば以前は専業大手消費者金融にレイクが有りましたが、レイクは現在新生銀行のカードローンのブランド名になっています。つまり銀行のカードローンと言うわけです。

しかし以前レイクだった消費者金融と言うのは現在も新生銀行の資本注入を受けSMBCコンシューマーファイナンスという大手消費者金融としてレイクとは別のキャッシングを用意して営業しています。

こういった業者も現在は経営も安定して大手消費者金融の一角を占めています。

中小消費者金融のキャッシングとは?ATM利用はできないので要注意

これ等の大手業者に対して、もっと経営規模の小さい中小消費者金融の場合には資本力が無く、カードの発行は行うことができないため、融資は窓口や銀行振込によって行われることになります。

これ等の中小消費者金融の場合、利用者を確保するため、様々な特徴を出している場合が有り、そういった業者の審査には独特なものが有り、中にはブラックでも返済能力によっては融資を行っている事も有ります。

こういった小規模業者の情報というものはなかなか集めるのが難しく、ネット上にある口コミ情報が貴重な情報源になっている場合も有りますが、この口コミ情報には虚偽の情報もあるので、利用には注意しなければなりません。

またこのような小規模業者の中には返済できない場合に回収担当の訪問を受ける場合も有って、審査が緩くても利用には注意が必要な業者も含まれています。

ブラック対応業者も有る

中小の消費者金融と言うのは、大手金融機関のような資本力は有りませんからカードを使ってATMから融資を受けるような大がかりな仕掛けを用意することができません。

しかもコマーシャルも流せませんから、利用者の獲得競争では、大手に比べてかなり不利になり、何らかの特徴を出して目を引くことによって利用者を集めなければ、すぐに経営は行き詰ってしまいます。

そこで一部の業者が始めたのがブラック対応というものです。ブラックというのは過去の金融取引の問題でどの業者に行っても審査に通らず融資を受けることができなくなってしまった状態を言います。

ところがこういったブラック対応業者と言うのは、そういった過去の金融取引上の問題には目を瞑って、しっかり返済して行ける程度の収入が有れば審査に通して、利用者を確保するという業者です。

しかもこういった業者が業績を伸ばしていることから、ブラック対応業者と言うのは現在増加傾向にあり、自分がブラックだという人はキャッシング選びでも利用を考えてみても良いでしょう。

口コミ情報の利用には注意

こういった中小業者と言うのは、店舗の周辺は別にして大手のように大っぴらに宣伝することは有りませんから、利用するにしてもなかなか情報を収集する事が難しくなっています。

最近ではインターネットの発達で多くの業者がホームページを持っている為、以前よりも情報収集は楽になりましたが、それでもやはり大手に比べると、情報は非常に限られていると言わざるを得ません。

こういった業者の情報を集めるのに現在良く利用されるのが口コミ情報と言われるような、インターネット上にある掲示板やSNSなどで流れる情報です。

当初はこの口コミ情報は大変有用で、これを参考に業者選びをする人も多かった時期がありました。

ところが、こういった情報が利用者を集めるのに有効ということで、虚偽の情報を流して利用者を誘導しようという輩が出てきたため、現在では情報が信頼できないものになってしまいました。

このためこういった口コミ情報の利用には注意しなければならない時代になっています。

返済できない時の対応にも注意

またこういった中小の消費者金融と言うのは、昔ながらのサラ金の体質を残しているところもまだ残っておいるので注意しなければなりません。特に返済が滞ってしまったようなときには、回収担当の訪問を受けることもあります。

現在では大手金融機関の場合には回収担当は主に電話での対応を取ります。訪問を受けるというのは利用者としても緊張を強いられるので、あまり歓迎できることではありません。

このため中小業者を利用する場合には十分注意しなければなりません。

また中小消費者金融の中には正規登録されていないような業者が有り、こういった業者は消費者金融と言うよりも闇金と呼ばれるもので、とにかく貸して、厳しい取り立てを行って利益を上げるという業者です。

中小消費者金融を選ぶ場合にはこのような闇金を利用しないように業者をよく調べたうえで、利用することも重要です。

その他のカードキャッシングとは?様々なキャッシング機能付カード

この他にもキャッシングとしては、流通業者などのキャッシング機能付きのカードがあり、金融機関のキャッシングと同じような利用ができます。

例えば大手スーパーマーケットのハウスカードでは、単にポイントを貯めるだけのカードの他、キャッシングやクレジットカードと一緒になっているものが存在し、審査は比較的緩いと言われています。

また最近では大手家電量販店の会員カードにも同じようにキャッシングやクレジットカード機能付きのものが発行されています。

さらにクレジットカード会社でもクレジットカードとは別にキャッシング用のカードを発行している場合が有り、クレジットカードの審査で培った審査技術で審査を行っています。

大手スーパーのハウスカードのキャッシング

キャッシングにはこのような金融機関が提供しているものだけではありません。現在では流通業者が提供しているキャッシングも存在しています。

もちろん実際にキャッシングを提供するのは流通業者自体ではなくて、グループ内にある消費者金融です。

流通業者と言えば大手スーパーなどが思い浮かびますが、大手スーパーの場合、以前からポイントカード等を発行していていました。

特に最近ではハウスカードと言われるポイントカードにクレジットカードを付けているような自前のカードを発行しているところも多くなっています。

もちろんこのクレジットカードにもキャッシング機能がついていますから、これでもお金は借りられるのですが、最近ではクレジットカードではなくてカードローン用のローンカードが付いているものもあります。

特に主婦などの場合にはいつも利用するスーパーなどが決っていて、キャッシングを考えているのであれば、お勧めできると言えそうです。

大手家電量販店のキャッシング

スーパーとは違いますが、ポイントカードを運用している業者はたくさんあります。特に多くの人が利用するものとしては大手家電量販店があります。近くにこういった店が有ると、家族みんながポイントカードを持っていたりします。

こういった業者でもやはりスーパーと同じように、ポイントカードにクレジットカードを付けたり、場合によってはキャッシング用のカードとして利用することもできるようになっています。

こういった業者の場合はスーパーのように主婦と言うよりも、男性のほうが頻繁に利用することが考えられます。もし家の近くに有って頻繁に利用するというような人でキャッシングの利用を考えているのであれば候補に挙げても良いでしょう。

クレジットカード会社のカードローン

先程も触れましたがクレジットカードにはキャッシング機能が有りますから、クレジットカード会社にもお金を融資するというノウハウは有る訳です。

このためかどうかは分かりませんが、クレジットカード会社がクレジットカードではなくてキャッシングを提供している場合も有ります。

こういった場合は分類的にはクレジットカード会社も貸金業になり貸金業法の規制を受けることになります。要するに消費者金融ということです。

もしこれまでクレジットカードを利用していて、クレジットカードのキャッシングでは金利等の面で不利だと思うのであれば、同じ会社のキャッシングの利用を考えてみましょう。

全くお付き合いの無い金融機関のキャッシングよりも、お付き合いのある業者のほうが信用評価は高くなり、有利な条件での利用ができる可能性があります。

このようにキャッシングを提供している業者には様々な業者が有ります。全部を紹介するのは難しいですが、代表的な業者をピックアップして紹介していくことにします。

77銀行のキャッシングは3種類用意されており、利用...

アムウェイと言うのはアメリカで設立された連鎖販売取...

プロミスのキャッシングは500万円が上限で大手消費...

横浜銀行のキャッシングは最高1000万円までの融資...

ゆうちょ銀行は身近にあって利用している人も多いです...

キャレットは東京の事業者金融ですが、営業は完全にイ...

ビアイジは京都に本社が有りますが、いくつかの地域に...

閉じる
閉じる