どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャレットのキャッシングはスピード重視!申し込み最短3分!?

キャレットは東京の事業者金融ですが、営業は完全にインターネット上に特化されており、申込みも最短3分で行えるようになっていてスピードを重視しており、融資は500万円まで対応し金利は最高18.0%となっています。

審査は独自性が強く、他では否決になるような人でも通過の可能性はありますが、ブラックには対応していないため、誰でも通るということではありません。申込む場合には否決になった時の対応も予め考えておくようにしましょう。

返済は振込みと引落しに対応していますが、引落しが利用できるのは特定の銀行に預金口座を持っている場合に限られます。返済方式は元金均等返済方式が採用されているので、自分の返済能力に合わせて返済してください。

キャレットには店舗が無い!インターネット特化型で営業している

キャレットと言うのは東京に本社が有る事業者金融なのですが、窓口が有る店舗と言う形のものはありません。営業活動はインターネットに特化しており、銀行で言えばネット銀行のような形で融資を行っています。

キャレットのキャッシングの融資上限額は500万円となっており、消費者金融であればかなり高額と言えますが、事業者金融と考えた場合にはそれ程高額とは言えません。ただし誰でもそこまで利用できるわけではないので注意してください。

金利は最高18.0%となっていて、これは大手消費者金融と同程度のため、銀行に比べれば不利ですが、他の事業者金融と比べても、特に不利と言うわけではなく、小規模業者の20%と比較すれば有利な利用ができると言えます。

キャレットは東京都にある事業者金融

キャレットは東京都品川区にある事業者金融です。事業者金融と言うのは消費者金融のように一般消費者向けのキャッシングを提供しているわけではなく、会社経営者や個人事業者向けの事業資金として利用出来るキャッシングを提供するものです。

通常はある程度の規模の消費者金融の場合、事業者向けのキャッシングを提供している場合も有りますが、キャレットの場合には経営者専用の事業資金にしか利用できないので、経営者が生活資金として融資を受けることはできません。

会社組織になっていれば切り分けができていると思いますが、個人事業主の場合には、区切りがついていないことも良くあるので、注意しなければなりません。

事業資金と言えば銀行の融資を利用するのが普通ですが、銀行の場合にはすぐに融資してくれるわけではありません。そこでキャレットの場合には、大きな金額ではありませんがスピード重視で融資を行っているという特徴を持っています。

ただし、キャレットは本社機能は持っていますが、窓口のある店舗と言う形では営業しておらず、インターネットに特化した営業を行っているので利用には注意が必要です。

キャレットのキャッシングとは

そこでキャレットのキャッシングについて調べて行くことにしましょう。キャレットのキャッシングは次のような仕様になっています。

商品名 スーパーローン
融資額 1万円~500万円
金利(年利) 7.8%~18.0%
返済方式 元金均等返済方式

ただしお金の利用目的は事業資金に限られる

キャッシングとは言っても、銀行や大手消費者金融のようなカードと言う形でATMから融資を引き出すということではなくて、融資は利用者が指定する銀行口座への振込みと言う形で行われます。

スピード融資とは言ってもやはりお金を借りる際には有利不利が有りますから、経営者は先を読んで、どのように資金調達するべきかよく検討してから利用するべきかどうか決めるようにしましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングを口座振込で利用!通帳から消費者金融利用がバレないか

融資の上限は500万円まで金利は最高18.0%

表に示している通り、融資の上限額は500万円となっており、審査によってこの範囲内で利用者の利用限度額が設定されるのは、一般向けのキャッシングと同じです。

銀行振込とは言っても設定された利用限度額の範囲内で何回でも融資の利用ができるようになっています。

金利は最高18.0%ですから大手消費者金融のキャッシングとほぼ同程度融資が受けられる訳ですが、最低でも7.8%ですから、最近では一般向けでももっと有利な借入れができるものも有るので、あまり有利な借入れが出来るとは言えません。

もし設定された利用限度額を超えるような借入れが必要と言う場合には、再度審査を受けることによって500万円までの範囲で見直して貰えます。このあたりも一般向けのキャッシングと同じと言えるでしょう。

~事業資金には総量規制は適用されない~
本文では事業資金向けと言う点を除けば、ほぼ一般向けのキャッシングと同じような感じで借入れができる様な説明になっていますが、運用上は1点大きな違いが有ります。それは貸金業法の総量規制が適用されないということです。

一般向けキャッシングの場合、総量規制が適用され融資は借入れしている全社分合計で年収の3分の1までと決められています。したがって例えば500万円の融資を受けようという場合には少なくとも年収は1500万円無ければなりません。

しかし、事業資金向けの融資ということになると、この総量規制は適用されません。したがって、融資するかどうかは業者の判断になりますが、返済能力と言う点で問題が無ければ年収は1500万円に届かなくても500万円の融資の可能性はある訳です。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
希望が高すぎると審査落ち?キャッシングでの融資可能額はどのくらい

キャレットの申込みは最短3分!スピード感がうけて利用者増加

キャレットだけには限りませんが、キャッシングを申込む場合には、あらかじめ申込みから利用までの流れを確認しておきましょう。申込みを始めてから、なにか面倒なことが有ったら、気が滅入ってしまうかもしれません。

キャレットの場合には、ホームページに申込み時間は最短3分と言っていて、申込時に入力する情報は非常に少なく、これが申込みを考える人には歓迎されているのか、申込者は増加傾向になっているようです。

インターネットに特化していると言いましたが、審査通過後の契約では書類を取り交わす必要が有るため、この部分だけは郵送かFAXが利用されているので、すぐに融資を利用したい場合にはFAXの利用環境が必要になります。

利用までの流れを確認しておこう

先ほど説明したようにキャレットはインターネットに特化した営業を行っています。したがって申込みもインターネットから行うことになります。インターネットの良さは居ながらにして申込めるということです。

しかし説明を聞きながら申し込むわけではないので、手順が複雑になってしまうと、見通しが悪くなって、途中で諦めてしまう場合も出てきます。

そこでどんな申込方法でもそうですが、特にインターネットからの申込みでは予め手順を確認しておくことが大切です。

キャレットのスーパーローンの申込から利用までの手順は次のようになっています。

申込み 24時間365日受付

 ↓

審査 申込時に入力したメールアドレスに審査結果を送信

 ↓

契約 必要書類を郵送かFAXで送信

このように遣り取りも少なく非常にシンプルな流れになります。平日14時までに契約が終了していれば、当日中に指定口座への振込みが行われます。

急な取引があって、すぐに何らかの事業資金が必要と言う場合には、非常に頼もしい業者と言えるかもしれません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングをネット上から利用する!WEB完結って何がメリット?

申込みは最短3分しかかからない?

では申込み自体にはどの程度の手間が必要になるのでしょうか。

キャレットのホームページには最短3分で申込みが可能と書かれています。

もちろん申込み情報は入力フォームから入力することになりますが、借入希望金額や他社からの借入れの有無、会社の設立年数等必要最小限の入力項目を入力するのに最少3分と見積もっているようです。

要するにあまり多くの情報は必要ないということになります。申込みで情報の入力が終わると、入力ミスなどが無いか確認する画面になり、問題が無ければ、そのまま送信して申込作業は終了します。

あとは先ほど示した手順に従って審査結果の送信が来るのを待つだけということです。審査時間は申込者の状況によって異なり、キャレットの方でも最短何分というような目安は表示していません。

とにかくスピード重視なので、緊急にお金が必要と言う人の利用が増加してきているようです。

契約は郵送かFAXになるので急ぐ場合にはFAXの利用環境が必要

キャレットはインターネットに特化した営業をしていますが、申込み手続き中一点だけインターネット上で行われない部分が有ります。先ほどの流れをもう一度確認して下さい。それは契約の部分です。

最近のキャッシングではWEB完結などと称して契約についてもインターネット上で行えるキャッシングを提供している金融機関が出てきていますが、キャレットの場合にはそういった仕掛けは用意されていません。

このため契約は書類を交わすことで行われることになります。ですからこの部分では郵送かあるいはFAXを利用する必要が有ります。

すぐに融資が必要と言う場合には郵送では時間がかかりますから、結局この場合インターネットの利用環境の他にFAXの利用環境も必要ということになる訳です。

~即日融資の利用はあまりお勧めできない~
本文ではキャレットの場合14時までに契約を済ませれば、即日融資が可能と説明していますが、実際問題として即日融資はあまりお勧めすることはできません。それは業者選びの時間があまりとれないからです。

即日融資が必要と言う場合、かなり切羽詰まった状況に追い詰められていると考えられます。

そういった場合ただでさえ落ち着いて業者を選ぶことができないうえに、即日融資を提供している業者自体が少ないので選択肢が極端に狭まってしまいます。

このため、もっと条件の良い業者が有るにもかかわらず、条件の悪い業者を利用しなければならなくならないとも限りません。

また落ち着いて考えれば借入れしなくても済むことも十分有り得る話しで、そういった考える時間が取れないような借り方は絶対にやめるべきなのです。

ですから即日融資が必要な状況に追い詰められない事が非常に大切で、そのためには自分の手持ちの資金と、先々を読むための目が必要と言えるでしょう。

キャレットの審査は厳しいの?審査は独自性が強く比較的緩い!

もう一つ申込者が増えている理由としては、審査の難易度が考えられます。キャレットの審査は審査基準の独自性が高いと言われ、他では通らないような人でも通過できる可能性が有り緩いと言われている為です。

ただし緩いと言ってもブラック対応業者のようにブラックの人は審査には通していないため、ブラックの人が融資を受けたいという場合には、キャレットでは審査通過は難しいですから、他を探さなければなりません。

ただし、審査が緩いとは言われていても、それは審査基準の独自性が強く、他では通らないような人が審査に通過しているという事であって、逆に他では通る人が審査に否決になっている可能性も有るので、安易に考えないようにすることが重要です。

審査は大変緩いと言われている

そこで利用希望者が一番聞きたいのが審査は緩いのかということでしょう。キャレットの場合説明しているように事業資金の融資と言うことになりますから、銀行や消費者金融の一般向けのキャッシングと単純には比較はできません。

しかし事業資金と言う場合まず考えるのは銀行からの融資ですから、其れよりも審査が厳しくては利用者の獲得はできません。したがって、審査としては少なくとも銀行の事業者向けローンよりも緩いのは間違いありません。

あとネット上の利用者の話を考えると、かなり審査は緩いようです。もちろん借入れできなかったという話も有るので、緩いと言われている中でも、場合によっては融資が断られる可能性が有るのは間違いありません。

ただし、キャレットの場合審査の独自性が高いと言われており、そのために他社では審査に通らなかった人が通っているというだけで、実は他社なら通る人が通っていないという可能性も有るので、注意しなければならなでしょう。

ブラックには対応しておらず否決になるので要注意

また、最近消費者金融の中にはブラックでも融資を行っているブラック対応業者も沢山有りますが、このキャレットはそういったブラック対応業者ではないので、ブラックの場合には審査に通すようなことは有りません。

キャレットは事業資金の融資を行っていますが、融資するのは会社と言うわけではなくて、あくまで経営者個人ということになります。したがってここで言うブラックと言うのは経営者がブラックということで、そういう人には融資は行わないということです。

ですから資金繰りでいろいろなところから借りまくって、返済が滞っているというような人の場合には、キャレットに申込んだとしても、審査通過はかなり難しいと考えなければなりません。

そういった場合には、もはや民間での借入れは難しい筈ですから、借入先をいろいろと調べるのではなくて、公的な貸付制度に利用できるものは無いかというような方向で調べたほうが可能性としては高いでしょう。

借りられない可能性も有るのでその時の対応も考えておこう

キャレットにしろ何らかの公的な貸付けを利用するにしろ、必ず審査に通るということは有りません。審査が行われる以上、それに通過できない可能性が必ずあるものです。もし融資が得られなかったらどうなるのでしょうか。

経営者と言うのはあらゆる可能性を考えておく必要が有ります。したがって融資が受けられた時はどうするかを考えておく事はもちろんですが、融資が行われなかった時はどうするかという事についても同じように考えておいて下さい。

資金が無ければ事業の展開ができないのでれば、最悪事業を縮小することも選択肢としては考えておかなければならないでしょう。

場合によってはつらい決断も必要なのかもしれませんが、事業を継続していけなくなったのでは話になりません。あらゆる選択肢を計算しつくして、どんな場合にも対応できるように考えておくようにしましょう。

~公的貸付とは~
日本はバブル崩壊後景気は低迷し、銀行が破綻するなど厳しい経済環境にさらされました。こうした中で、雇用を守っていく必要も有り、事業者向けの公的な支援制度がいろいろと用意されてきました。

一時的に政権交代が有り、日本の国力を奪うかのような円高政策が取られ、多くの企業活動に影響を出し雇用も失われましたが、そんなバカな政権が続くわけも無く、その前後で様々な支援が行われ現在でもそういった制度を利用することができます。

例えば某金融公庫には様々な貸付が用意されており、民間で融資が得られない場合には、利用を検討してみて損は有りません。

ただし公的融資の問題点は、改善されてきているとはいっても、申込みから融資まで時間がかかるということです。早め早めの判断を行って、事業を継続することを考えましょう。

キャレットの返済はどのように行われるのか?

キャレットのキャッシングでは振込みによる方法と口座引落による方法が利用できますが、口座引落による方法を利用するには三菱東京UFJ銀行の口座でなければ対応できない事になっているので注意が必要です。

返済は元金均等返済方式で行うことになり、自分の返済能力に合わせて、分割回数を決めることができます。もちろん返済期間が長くなれば、その分利息は増えることになってしまいますから、返済回数を決める場合にはその点も考慮が必要です。

キャレットのホームページには返済シミュレーション機能が用意されているので、自分の返済方法を決定しようと言う場合には、まずこのシミュレーション機能を利用して、返済回数から月々の返済額を確認してみましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは事前に返済方法を確認しよう!返済方式にも注意が必要

引落しに対応した銀行は限られる

融資を受けたら返済が始まります。事業資金向けの融資であっても、キャッシングですから月々返済して行くのが基本です。

キャレットの返済では月々利用者の都合の良い日を返済日として、その10日前から返済日までの期間内に返済することになります。

返済方法は次の2種類から選ぶことが出来ます。

  • キャレットの返済用の指定口座への振込み
  • 利用者の指定する銀行口座からの引落し

もちろん指定口座への振込みには振込手数料が掛ることになりますから、できれば指定口座からの引落しを利用した方が、有利な利用が可能です。しかし残念ながら、この指定口座からの引落しは誰でも利用できるわけではありません。

キャレットの引落による返済は三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていなければ利用できない事になっています。

このため、利用者によっては、返済方法は指定口座への振込みしか選択肢が無いということになってしまいます。

振込手数料など大したことは無いと考えるかもしれませんが、最近では金利が低いので借入金額が低くなってくると、利息よりも振込手数料のほうが高額になってしまうというような事が無いとは言えません。

事業資金でそれほど少額の借入れということも無いとは思いますが、こういったこともよく考えたうえで利用しなくてはならないでしょう。

返済は元金均等返済方式で行われる

次に月々いくら返済することになるのかと言う点ですが、これは返済方式によって決まります。キャレットの返済方式は元金均等返済と言う方式になっていて、借入れ元本を毎月均等に返済して行く方式です。

元本を均等と言っても、利息分が加算されますから、返済額は元本が減るにしたがって変動していくことになります。

ただし返済回数は120回以内ということになっているので、その中で自分が返済しやすい返済回数あるいは返済額を決めなければなりません。

返済回数が増えると要するに借入期間が長期化するということですから、その分利息が増えて行くので、返済できなくなるような事が無いように自分の返済能力の範囲内で、出来るだけ有利になるように返済回数を決めなければなりません。

まず返済シミュレーションで返済のイメージを掴もう

そのために用意されているのがキャレットのホームページにある返済シミュレーション機能です。この機能には次の2種類が用意されています。

  • 借入額と返済回数を入力して月々の返済額を計算するもの
  • 借入額と月々の返済額を入力して返済回数を計算するもの

これ等を利用して自分に最適な返済回数を選んでください。

ただしこの返済シミュレーション機能を使ってみたところ、エラーチェックが入っていないらしく、返済回数が120回を超えていても、特にエラーメッセージが表示される事も無く、大きな数字が表示されてしまうので利用には注意してください。

自分の返済能力を見極めておくことが重要

返済を確実にするためには、自分の返済能力を知らなければなりません。もちろん事業資金ですから、事業資金の中から返済して行かなければなりません。事業ですから帳簿は付けている筈ですからどの程度余裕が有るかはすぐに分かるはずです。

そこで帳簿を確認して1年程度前から、月々の利益がどうなっているのかを調べてみて下さい。月々の利益が返済額を上回っていれば、その中から返済して行けるわけですから、その月々の利益をもとに返済額を決め返済回数を計算してみましょう。

もし返済回数が120回以内であれば返済して行くことができます。しかし120回を上回ってしまった場合には、安易に借入れしてしまうと返済できないということになるので注意しなければなりません。

自分の返済能力を考えて出来るだけ返済回数を減らして利息を少なくすることが重要です。じっくり計算してみて下さい。

~能力ギリギリの返済は止めたほうが良い~
本文ではできるだけ返済回数を減らすことが必要と言っていますが、事業を営んでいくためには、ある程度の余裕も必要ですから、利益をすべて返済に回すのは止めましょう。

利益を返済能力としてギリギリまで使ってしまうと、何かあった時には対応できなくなってしまいます。このため返済を考える際には利益のうちの一部は必ず取っておくようにしなければなりません。

もしそういった事ができないというのであれば、融資の利用は考え直した方が無難です。何かあればその時にまた借入れすれば良いと考える事もできます。事業をするには融資の利用は悪いことでは無いのかもしれません。

しかし何かあった時に再度借入れ出来る保証など無いのです。まずは事業を確実に継続していけることを第一に考え、余裕の無い借り入れは止めましょう。

ここでキャレットのキャッシングについて纏めておきます。

  • キャレットは店舗が無くインターネットに特化した営業をしている事業者金融
  • キャレットの申込み操作は最短3分で終了
  • キャレットの審査は緩いがブラックには対応していない
  • キャレットの返済は120回までの元金均等払いで行われる

事業はなかなかうまくいかない場合も多いので、借入れする場合は事業展開をよく考えてから行い、見込みのない事業にお金を注ぎ込むようなことにならないように注意してください。

閉じる
閉じる