どうしても審査に通りたい人向けサイト

なぜキャッシングの審査に落ちるのか?審査に通らないのは原因がある

キャッシングの審査に通らないのは様々な原因が考えられます。審査を受ける場合には、これ等の原因に該当しないかよく検討してから申し込まなければ、審査通過が難しくなってしまいます。

審査通過のためにまず確認しなければならないのは申込み情報に記載する自分の状況です。例えば借入希望額が大きすぎると状況によっては審査通過は望めません。

また返済能力には限度が有りますから、他のキャッシングなどの利用も不利な材料になってしまうことも有ります。

さらに過去に金融取引上の問題が有った場合には、信用できる人と言う判断ができなくなり、やはり審査通過は難しくなるでしょう。

この他にも審査に影響が出そうな原因は様々あり、キャッシングの申込みの前に対処できるものは対処しておくことが必要です。

申込情報に問題が有って審査に通らない!自分の状況を確認しよう

審査に通らない原因で、まず考えられるのが、申込時に記載する申込み情報に問題が有る場合です。

例えば融資が行われる金額というものには収入に応じた上限が有り、それ以上の融資を希望したとしても、金融機関はそれに応じることはできません。申込みの段階でその点を考慮しておかなければならない訳です。

また申込みに当たって、審査での評価を高くする目的で、申込条件に虚偽の記載を行う人も見受けられます。しかしそういったことは調べればすぐに分かってしまい、そういうことをすると反って大きく信用を損なうことになってしまいます。

また借りたお金の利用目的によっては一般消費者向けのキャッシングでは融資ができない場合も有り、利用目的に沿ったローンの申込みが必要です。

借入可能な金額には上限が有る

キャッシングに限りませんがローンにはそれぞれ融資できる上限が設定されています。キャッシングと言うのは比較的容易に借りることができますが、借入れできるのはローンの中では比較的少額です。

またキャッシングを借りる場合には、申込者の年収によって融資できる限度額が決められており、キャッシングの上限に達していなくても金融機関はその限度額以上の融資は出来なくなっています。

さらに実際に決められる利用限度額は先ほどの限度額以内で利用者の信用を評価して決められるため、実際に設定される利用限度額と言うのはかなり少額になってしまいます。

このため例えば申込時に融資希望額を大きくし過ぎてしまうと、金融機関は対応ができず、大きく減額する形で利用限度額を設定するか、さもなければ融資を断るしか方法が無くなります。

申込みでは嘘を言ってはいけない

審査では例えば自分の収入を大きく見せたり、実際には務めていないが、一般的に言われる一流企業に務めていると言ったほうが有利になるのではないかと考えてしまう場合が有ります。

確かに本当にそうであれば、審査には有利かもしれませんし、虚偽の記載がバレなければ有利な条件が設定される可能性もないとは言えません。

しかし金融機関の審査をなめてはいけません。嘘は簡単にバレてしまうでしょう。

もしバレてしまったとしたら、金融機関は申込者を信用することは出来ませんから、審査は否決になってしまう可能性も出てきます。

【関連記事】
キャッシングの在席確認は嘘が通じる?

記載ミスとして申込情報を訂正したうえで申込みを継続したとしても、信用評価は期待できず設定される利用限度額にも影響が出る可能性が有ります。

何にお金が必要なのかも重要な問題

またキャッシングでは利用目的は問われませんが、ただ一つ事業目的の借入はできません。したがって利用目的の記載には注意しなければなりません。

もう一つ注意しなければならないのは、利用目的によってはキャッシングの利用は不利になるということです。キャッシングと言うのはローンの中では比較的金利が高い部類に入るため注意しなければなりません。

ローンには利用目的を限定した目的別ローンというものが有ります。この目的別ローンは通常キャッシングよりも金利が低く、有利な借入れが可能です。

ですから借入れができるとしても、利用目的がはっきりしているのであれば、申込みは多少面倒になるかもしれませんが、目的別ローンの利用を検討するべきでしょう。

返済できない人には貸してくれない!自分の返済能力を確認しよう

申込み情報に問題が無ければ、いよいよ本格的な審査が行われることになり、まず返済能力の審査が行われます。

返済できるということは安定した収入が前提になりますから、例えば会社員であったとしても、勤続年数が非常に短い場合には、安定しているとは評価されず、審査では大変不利になってしまうでしょう。

また収入額が高かったとしても、他のキャッシングの借入れにも手を出している場合には、その返済が足を引っ張ることになるため、審査ではその分評価が低くなってしまう可能性が出てきます。

同じようにクレジットカードも多数契約が有る場合には、その支払いについても考慮されることになるため、やはり審査での評価に影響が出てしまう可能性が有ります。

勤続年数も審査に影響する

キャッシングの審査では職業や職種、勤務先や勤続年数で評価が変わることが有ります。例えば職業や職種では概ね次のような評価になります。

職業・職種 評価
公務員や会社員の正規職
公務員や会社員の非正規職 中の上
パートや長期アルバイト、自営業者
専業主婦、年金受給者 中の下
短期アルバイト、水商売

これに更に勤務先の規模や勤続年数が加味されて実際の評価が行われます。例えば一流企業と言われているような会社の社員であっても、入社直後ということになると、評価は低く審査通過は難しくなってしまうことも有ります。

審査と言うのは要するに返済できるのかできないのかを判定するものですから、雇用が不安定になるほど審査は厳しいですし、勤続年数も有る程度以上でなければ辞めてしまう人も多いため評価が定まらないということです。

借入れしすぎている人には貸してくれない

また収入的には返済が可能であっても、返済能力の評価が低くなってしまって、審査通過が難しくなることも有ります。

収入があっても返済できなくなるというのは、要するに出ていくお金が多くて、返済の可能性が低くなってしまうということです。金融機関は申込者の支出までは把握することはできませんが、分ってしまうことも有ります。

それは他から融資を受けている場合です。他からも借入れが有った場合には、そちらへの返済が必要になります。返済能力の評価ではそういった借入れへの返済についても考慮されて低くなってしまいます。

これが何件か重なったとすれば、返済能力無しと言う評価になってしまい、審査は否決になることも出てくるわけです。

クレジットカードの利用状況も問題視されることが有る

借入れと同じで、クレジットカードを何件も利用している場合にも問題視される事が有るので注意しなければなりません。クレジットカードは買い物に利用出来るショッピング枠とキャッシングが受けられるキャッシング枠が有ります。

ショッピング枠の利用しすぎも問題ですが、キャッシング枠と言うのは金融機関のキャッシングと同じです。やはり件数がかさんでくると、返済能力の評価は下がってしまいますから、審査否決の原因にもなります。

特にクレジットカードは使っていないものを多数所有しているような場合も有るので、注意しなければなりません。キャッシングの申込みの前に整理して、枚数を減らしておくことも必要なことです。

過去の金融取引状況も影響する!信用情報に記録が残っている

審査では次に過去の金融取引状況について調査されることになります。

この中でブラックになってしまっているというような場合には、ほとんどの金融機関のキャッシングの審査は通過できません。

またブラックと言うのは電気料金や携帯電話料金などの支払いが滞ってしまったり、最近では学校卒業後莫大な奨学金の返済ができなかった場合も要注意ということになりますから、日頃から十分注意が必要です。

またローンを短期間に何回も申込んでいるような場合もブラックとして扱われることになるため、例えば何らかの理由で審査に落ちてしまった場合には、次に申込むのはある程度期間を置かなければずっと審査落ちが続きます。

【関連記事】
クレジットカードを多数持つとキャッシングで審査落ち!何が問題なの

ブラックの場合には相手にしてもらえない

ブラックと言うのは過去に金融取引上問題が有った場合に陥るもので、この金融取引上の問題が信用情報中に残っている間続くことになります。

審査と言うのは各キャッシング毎に審査基準が決められており、これは金融機関間で共有されるようなことは有りません。したがって審査結果と言うのはそれぞれ違ってくることになるのが普通です。

しかしそういう中でも、審査を否決にする原因がこれ等のそれぞれ違いのある審査基準であっても、ほぼ共通している場合が有ります。つまりそういった原因に当て嵌まるとどこに行っても審査には通りません。

それがブラックと言う状態で、要するにブラックに該当するような原因が有る場合、主な金融機関からは相手にされなくなるということです。

携帯電話料金や奨学金の支払いに要注意

このブラックになってしまう原因にはいろいろとありますが、最近多くなっている内の一つとして携帯電話料金の滞納が有ります。携帯電話やスマホは今や生活上なくてはならないという人も多く、お金がなくても使い続けざるを得ないものです。

【関連記事】
ブラックでもないのに審査落ち!ホワイトはキャッシング利用は無理?

このためついつい利用を止められるまで滞納を続けてしまう事になってしまう人もいます。その時点では利用を止められるだけですが、その記録は長く残り、お金を借りようとした時に実ばブラックになっていて借りられないことが発覚します。

もう一つの例は奨学金の返済ができない場合です。バブルが崩壊した後親が学費を用意できず、奨学金を借りる人が増えていますが、大学四年間借りると莫大な金額の負債になって、社会に出た後返済ができなくなる人も多いです。

これはもはや社会問題と言って良く、奨学金制度が駄目すぎるとも言えますが、とにかくこれらには注意が必要です。

短期間に申込みを繰り返してはいけない

もう一つ金融事故とは言えませんが、金融事故扱いされることとして短期間に何度もローンの申込みを繰り返すというものが有ります。

例えば一つ申込みをして審査に落ちてしまってすぐに別のキャッシングを申込みをしてしまうと、その審査にも落ちます。

これはお金に困った状態になっているのではないかと金融機関が考えるため、返済を疑わることになり、審査を否決にしているというものです。

したがって一つローンに申込んだら、審査に通ったかどうかは別にして、新たなローンの申込みは暫く期間をおいてから行わなければ、審査の通過は難しいということになります。

お金が必要ということは分りますが、この場合には申込みを続ける限り審査には通りませんから注意しなければなりません。

その他にも審査に影響が出る事が有る!安易に考えてはいけない

審査ではその他にも様々な面で問題視されることがあり、契約できるまでは気を抜かず安易な対応をしてはいけません。

まず考えられるのが審査中に行われる在席確認での応対で、相手に不信感を与えることです。在席確認では何らかの質問が行われますが、その質問は申込み情報から行われることが多く、返答に食い違いが有れば不信に思われることになるのです。

また審査では仮審査と本審査の2段階で行われる場合があり、これ等の審査は実は内容が別で仮審査に通ったからと言って、本審査に通るという保証はなく、実際に本審査の方で審査に落ちるという場合もあります。

審査では信用情報の参照が行われて、信用できる人物かどうかの評価を行っていますが、申込者の中にはそういった過去の記録が無い場合も有って、そういった場合には評価ができず逆に問題視される場合も有ります。

在席確認での対応に問題が有ると不信感につながる

この他にも審査で問題になることはあります。

例えば審査中に申込者に接触があることで申込者には嫌がられている職場へ電話で行われる在席確認ですが、通常は実際に在籍が確認できれば良いのですが、在席確認では簡単な質問が行われることが有ります。

在席確認で行われる質問は殆どの場合、申込み情報に記載した内容の確認のようなもので、例えば生年月日等が聞かれることが有ります。ところがこの回答が申込み情報と食い違いが有ると問題視されることになるのです。

実際人によっては申込み情報にいい加減な記載をしてしまい、在籍確認の時点で記載と食い違う回答をして問題になってしまうことがあります。申込時点では適当で構わないだろうと思っても、思わぬところで足をすくわれるわけです。

申込時の記載内容には十分注意して、何を記載したかということはしっかり記憶しておかなければなりません。

仮審査に通っても本審査では落ちることも有る

審査の中には2段階に分かれていて申込み直後に行われる仮審査と仮審査通過後に行われる本審査という形のものがあります。

語感からは仮審査は本審査のサブセットのように感じますが、実際にはそうではなく仮審査で返済能力の審査を行い、本審査で信用を審査するというように両方合わせて一連の審査が終わるという形になっています。

良く仮審査に通ればもう審査は通ったと考えても良いというような説明を見ることが有りますが、審査の内容が違う以上安易に考えることはできません。

キャッシングの審査が2つに分かれていようがいまいが、最終的に契約が交わされるまでは、利用を断られる可能性が有ると考えておくべきです。自分勝手にもう大丈夫だというような思い込みはしないでください。

スーパーホワイトやホワイトも審査では不利になる

またブラックに対してホワイトと言う場合にも注意しなければなりません。ホワイトと言うのは過去の金融取引情報がない人を言い、金融機関としては、信用できるかどうかの判断が難しい人になります。

ただしホワイトには2種類あって、本当にこれまで金融取引を行ったことのないスーパーホワイトと、ブラックだった人が記録の格納期間が過ぎて情報が消えてしまった単なるホワイトと言われるものです。

金融機関はこういった人は判断が難しいため、少額の融資しか行っていない場合や、審査を否決にしてしまう場合などの対応が取られることが有ります。

スーパーホワイトの場合には、まずは少額の借入から始めてしっかり返済することを示して信用を作っていくことが必要でしょう。

このように審査に落ちてしまうと言うのは様々な原因が有りますから、ここでそれらの詳細を研究して、なるべく回避できるように事前に対策できるものは対策を行って万全を期してください。

閉じる
閉じる