どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングを上手に使おう!まず身につけておきたい基礎知識とは?

キャッシングは何も考えずに、いきなり申込んでしまうと様々な理由で審査に通らない可能性も高くなります。そこでこういったことを防ぐために、キャッシングについての基礎知識を頭に叩き込んでおきましょう。

キャッシングでまず知っておきたいのが申込みから利用開始まで、どういった流れで進んでいくのかということ、それから的確にキャッシングを選ぶために申込み後の審査がどういったものなのかと言う事も知っておきたい知識です。

さらに借りようというキャッシングが本当に自分の要求を満たすものなのか内容の理解と、自分が返済して行くことができるのかと言う点を検討するために返済方法などについても知識が必要になります。

キャッシングを利用するには申込みが必要!申込みの基礎知識

キャッシングを利用するにはまず申込まなければ何も始まりません。申込みにはそれぞれ手順というものが有り、まずはその手順を理解して、ミス無く進めていくことが重要で、行き当たりばったりでは上手くいきません。

キャッシングを申込むためには、基本的な知識として、それぞれの申込条件を理解し、自分がそれらを満たすかどうかをしっかり確認したうえでなければ、申込んだとしても、申込条件が満たせず審査が門前払いになる可能性が有ります。

またインターネットが発達してきたことから、申込み自体をインターネット上から行えるようになり、いまではWEB上だけで申込みから契約までを行えるようになっているものもあり、これらも内容を理解したうえで利用してください。

キャッシングをネット上から利用する!WEB完結って何がメリット?

まずは申込みから利用開始までの流れを理解しておく必要が有る

キャッシングの流れはそれぞれのキャッシングで違いが有りますので、具体的には申込みをしようと言うキャッシングが決まったら、そのキッシングについてホームページなどから確認しておく必要が有ります。

ただし申込みから利用開始までに行うべきことは、それほど変わってしまう訳ではありませんから、どういったことが行われるのかということは共通して説明しておくことができます。

この間に行われる事はほぼ次のような内容になっています。

  • 申込み
  • 審査
  • 在席確認など
  • 契約
  • 利用開始

ただし審査が仮審査と本審査に分かれていたり、在籍確認が行われる時点がキャッシングによって違っていたりするので、そういった点は個別に確認しておかなければなりません。

キャッシングを申込みたい!審査を受けるのに何かいるものってある?

キャッシングの申込みをするには申込条件を満たさなければならない

申込時点で注意しなければならない事に申込条件が有ります。この申込条件はキャッシング毎に違っており、申込むキャッシングを選ぶ際にはこの申込条件について確認しておく必要が有ります。

この条件が満たされなければ、申込みはできません。

各キャッシングで共通している申込条件には次のようなものが有ります。

  • 年齢制限
  • 安定収入

年齢制限は20歳以上と言う点についてはほぼ共通していますが、上限についてはそれぞれのキャッシングでまちまちのため、高齢者の場合には自分の年齢を考えて申込先を選ばなければなりません。

収入についてはローンの返済と言うのは月々行っていくというのが普通ですから、それに合わせて月々返済していけるかどうかと言う点が重視され、月々安定した収入が有ることが申込条件になっています。

キャッシング申し込みの手順と審査にかかる時間とは?

最近はインターネット経由の便利な申込方法も提供されている

インターネットを日々利用している人も多いと思いますが、キャッシングの申込みでも、今やインターネット上から行う人が増加傾向にあります。ただしこれまでは申込みから利用まで完全にネット上で行うようなものは有りませんでした。

しかし最近になってWEB完結と言って申込みから利用までを完全にインターネット上で行うキャッシングを提供し始めた金融機関も出てきています。

このようなWEB完結ではネット上での利用を前提にしているので、これまでのATMでの利用が想定されていなかったりする場合が有り、利用しようという場合には、予め利用方法などについてもよく確認しておかなければなりません。

キャッシングを申込むと審査が行われる!審査の基礎知識

申込みを行えば次に行われるのが審査です。審査は主に金融機関内で行われるため、申込者のほうは基本的には審査結果の連絡を待つことになりますが、実は申込者側も注意点が有り、そういった点をよく理解しておかなければなりません。

まず審査を受ける為には申込時に審査で利用される書類の提出が要求されます。この書類はキャッシング毎に違う部分が有り、申込むキャッシングに合わせて、書類を準備しなければなりません。

また審査の中で金融機関側から申込者に接触してくることがあり、それがどのように行われるのか、それについて予め知識として持ち、接触時に慌てることに無いように、心の準備をしておかなければなりません。

審査を受けるには書類の提出が要求される

審査はキャッシング毎にぞれぞれの金融機関が作り上げた審査基準で行われますが、この審査基準は共有されるようなことは有りませんので、審査はキャッシング毎に違うと考えなければなりません。

キャッシングの申込みに当たっては審査で利用する情報を証明するために提出を要求される書類が有ります。しかし説明したように審査はそれぞれ内容が異なっている為、提出を要求される書類はキャッシング毎に違いが有ります。

多くの審査で共通して要求される書類は次の2種類です。

  • 本人確認のための書類
  • 収入を証明するための書類

ただしこれに利用できる書類もそれぞれ微妙に違いが有るため、申込みの前に確認しておかなければなりません。

また収入の証明書類は融資を希望する金額によって要不要が決まり、その金額はやはりキャッシング毎に決めれれている為、予め確認が必要です。

これ等の書類の提出時期は申込時となっている場合が多いですが、キャッシングによっては契約時に契約書類と共に提出する場合も有るので、その点についても確認しておいてください。

審査中に職場や自宅に電話がかかる可能性が有る

また審査では申込み情報に虚偽の申告をしていないかを調べる為、本人確認の一環として金融機関のほうから直接勤務先に電話を入れて、本当にその職場に在席しているかどうかを確認する在席確認が行われます。

もし申込者が自営業者や専業主婦のような場合で勤務先が自宅あるいは勤務先が無いという場合には、在籍確認は自宅のほうに行われ在宅確認という形で行われることになります。

またこれとは別に申込んだということの確認のために本人宛て申込時に記載した連絡先に対して確認電話が行われているキャッシングもあります。通常この連絡先には自宅の固定電話を書いておきますから、注意が必要です。

職場への電話を避ける申込方法がある?

こういった職場への電話は多くの人の場合、職場の同僚にキャッシングの利用が知られてしまうのではないかと不安を抱かせます。外国ではどうか知りませんが日本ではどうも借金というものを好意的には見てくれませんから無理も有りません。

しかし金融機関のほうは必要な確認と位置付けており、個人名を利用するなどして、周囲には知られないようにこれまでこの確認を続けています。ところが最近になって、この職場への電話を行わないキャッシングも現れるようになりました。

もちろんこういったキャッシングはまだまだ数が少なく、職場への電話を入れないようにするためには、それなりの条件を満たしていなければなりませんから、誰でも利用できると言うわけではありません。

もしそういったキャッシングを利用しようというのであれば、予めそういった点についても調べておく必要が有ります。

キャッシングの内容を確認しよう!金利や限度額の基礎知識

またキャッシングと言うのは単にお金を貸してくれるというような大雑把な理解では場合によっては損失に繋がってしまうことにもなりかねません。基本的な確認点というものを理解して自分の利用方法に合わせて選ばなければなりません。

キャッシングは借金ですから返済が必要ですが、返済には元本だけではなく利息を付ける必要が有ります。利息を決めるのは金利ですが、それだけでは決らず、どのように計算されるのかを知っておく必要が有ります。

もう一つ重要なのはキャッシングでは幾ら貸して貰えるのかという利用限度額です。この利用限度額には幅が設けられており、先々増額される可能性も有ります。

もし増額を希望する場合、どのような利用をすればよいのか予めよく理解して、それに則った利用方法を心がける必要が有ります。

キャッシングの金利と利息の計算方法を理解する

キャッシングを利用しようという場合、審査に通らなければ利用できませんから、最も目が行くのが審査です。

しかし選ぶ際に確認しておかなければならないのは審査のことだけではありません。そのキャッシングがどのような内容を持っているのかということも大変重要なポイントになります。

まず確認しておきたいのは、お金を借りる場合、必ず返済をしなければなりませんが、それだけでは済みません。元本の返済とともに利息も付けなければなりません。当然ですが利息が少ないほうがお得な借り入れができるということです。

この利息の金額を決めるのが金利ですが、利用者の中には利息と金利の関係を理解していない場合が有ります。お金を借りようという場合には、少なくとも金利というものを理解して、利息がどのように計算されるのか頭に入れておきましょう。

キャッシングの利用限度額には幅が有る

もう一つキャッシングで知っておきたいのが利用限度額です。キャッシングの利用限度額にはかなり大きな幅が有って、利用者がどれだけ利用出来るかは審査によって決められることになっています。

この利用限度額は利用者の信用を評価して、信用が大きい人ほど大きな金額が設定されます。信用の評価は金融機関とのお付き合いとこれまでの金融取引状況などによって行われ、最初は大きな評価は得られません。

このため申込時に大きな金額の融資を希望したとしても、実際に設定される利用限度額は少額になってしまったり、場合によっては利用を断られてしまうこともあるので、自分の信用というものをよく考えて申込みを行う必要が有ります。

利用限度額は増額してもらえる

ただし、この利用限度額と言うのはずっとそのままと言うわけではありません。信用で決まる訳ですから、信用の評価が変われば、利用限度額も見直して貰える可能性が出てきます。

少ない利用限度額が設定されても、しばらくその範囲内で適正な利用を続けていれば、利用者と金融機関の間に信用が構築されていくことになり、再度審査を受けて信用評価が上がっていれば利用限度額の増額に繋がります。

ただし、利用を続けている段階で、信用を損なうような返済の滞納などの問題を起こしていた場合には、構築した信用は崩壊してしまい、利用限度額の増額どころか逆に減額の原因になってしまうことも有ります。

将来利用限度額の増額を希望しているのであれば、利用方法にも十分注意が必要ということになる訳です。

キャッシングを利用したら返済が必要!返済についての基礎知識

もう一つキャッシングの利用で大変重要なのが返済です。借りたものは貸さなければなりません。しかも借りたお金だけではなく、それに見合う利息も支払っていくことが必要で、これが行えなければ信用を損なう事に繋がります。

返済はそれぞれのキャッシングで用意された返済方法で行われますから、申込みの前にどのような方法で返済することになるのかを確認して、自分が忘れない様に返済できるかどうかを判断しなければなりません。

また月々どのように返済して行くのかを決める返済方式についての理解も必要で、この方式と自分の利用方法を合わせて考えておかなければ、利息が増えてしまう可能性も有って、返済総額で大きな差になって表れることにも繋がります。

キャッシングで大切なのは返済

キャッシングの利用では審査や内容の理解が重要ですが、それ以上に重要なのは実は返済です。

借入れを申込む時点では、あまり注目していませんが、返済の方法や方式はキャッシングごとに違っており確認が必要なのです。

ここで返済方法と言うのは月々何時どのように返済をするのかというもので、通常次のようなものが用意されています。

  • 自動引落し
  • ATMからの入金
  • 銀行振込

また返済方式と言うのは、月々どのように返済額を決めるのかを指すもので、キャシングでは概ね次の2つが有ります。

  • リボルビング払い
  • 残高スライド方式

キャッシングを選ぶ際に、必ずこの返済方法と返済方式を確認して、自分の返済の可能性を考えて選ばなければなりません。

まずキャッシングの返済方法を確認しておこう

返済方式では3件を挙げておきましたが全てのキャッシングでこれ等が用意されているわけではなく、自動引落しができなかったりするものもあるので注意が必要です。

また返済日の設定もそれぞれ違っているので自分の給料日などに合わせられるものを探さなければなりません。十分収入が有ったとしても給料日の直前が返済日というようなものを選んでしまうと、返済が厳しくなることも考えられます。

また自営業などの場合には収入が入ってくる日が一定になっている訳ではないので、特定の日に返済するのではなくて何日以内に返済するというような多少柔軟に返済日を決められるもののほうがお勧めできるかもしれません。

返済方法は返済しやすさを左右しますから慎重に選ばなければなりません。

返済方式は利息にも影響する

また返済方式は、利息の計算に大きくかかわってくるため、選び方によっては、利息額が大きくなってしまう可能性もあり、慎重に選ぶ必要が有ります。

リボルビング払いのほうは月々元利合計の返済額が一定になるように設計されています。したがって、返済計画が立てやすく、利用者にとっては返済しやすい方式です。

しかし借入が高額になると月々の利息が増えて元本がなかなか減らなくなってしまい、返済期間が延びてさらに利息が増えてしまう原因になります。

残高スライド方式のほうは、借入残高が高額になると、月々の返済額が増えてしまいますが、その分返済期間は短くなりますから、利息が増えるということは防ぐことができます。

この返済方式は月々の返済額に関わってきますから、やはりキャッシングを決める際には良く調べておくことが必要でしょう。

このようにキャッシングを利用する際には、何も知らない無防備な状態では、申込みでも利用開始した後でも、直面する問題が多々あります。

ですからここで円滑な利用を進める為に、キャッシングの基礎知識を身につけておきましょう。

キャッシングを利用する場合には、まずは申込みを行っ...

閉じる
閉じる