どうしても審査に通りたい人向けサイト

審査に通過しやすいキャッシングはあるか?審査を乗り越えるコツとは

キャッシングを利用する際には審査通過の可能性が気になるため、申込者の多くがどのキャッシングの審査が通過しやすいのかを大変気にします。そこでこの審査を乗り越える為のコツを考えてみることにしましょう。

まず考える必要が有るのが審査の難易度です。キャッシングにはそれぞれ提供している金融機関の種類などによって、審査通過の難易度に違いが有り、どういった金融機関のキャッシングが狙い目なのかある程度の判断もできます。

また審査では申込者の過去の金融取引状況、現在の職業なども考慮され、状況や職業によっては審査通過が難しくなってしまう可能性も有ります。こういった点について申込みの前に確認しておくようにしましょう。

金融機関の審査には難易度に差が有る!申込む金融機関に要注意

審査と言うのはそれぞれのキャッシング毎に作られた審査基準によって行われ、その審査基準はそれぞれ違っていますから、審査の難易度もそれぞれ違っていることになります。

これはたとえ大手消費者金融の間でも同じことで、非常に審査の厳しい大手銀行のカードローンも有れば、逆に比較的審査の緩い大手消費者金融のカードローンも有る訳です。

大手金融機関にばかり目が行く人が多いですが、周囲を見渡せば必ずその地域密着で営業しているような地方銀行も有り、こういった銀行の審査も独自の内容で行われていますから、キャッシングの利用ではこういった銀行も考慮すべきでしょう。

また銀行のカードローンの場合には個人の信用保証を保証会社に委託するので、保証会社の審査も考慮しておく必要が有ります。

大手金融機関の審査にもそれぞれ差が有る

キャッシングの審査では一般的な認識として金融機関によって難易度に差が有ると言われています。それは通常次のような序列になっています。

(難) 銀行 > 大手消費者金融 > 中小消費者金融 (易)

このため一般的には銀行の審査に通りそうにない場合には大手消費者金融が、大手消費者金融の審査に通りそうにない場合には中小消費者金融が受け皿になる傾向が有ります。

大手金融機関と言う場合、決まった定義は有りませんが普通は全国規模で営業している大手銀行と大手消費者金融を合わせて呼んでいます。

これ等の大手金融機関に絞って比較したとしても、やはりそれぞれで審査基準が違いますので、難易度的には同じ程度と言えるかもしれませんが、審査の内容には差が有り、申込者によって審査に通りやすかったり、通り難かったりします。

地方銀行の利用も考慮しよう

キャッシングを選ぼうという場合にはどうしてもこのようなテレビでコマーシャルを流しているような大手金融機関の中から選ぼうと考えてしまいがちですが、もう一つ見逃してはいけないのが自分の近隣にある金融機関です。

それには地方銀行や中小消費者金融が有ります。カードローンという括りで考えた場合には中小消費者金融は該当しませんが、地方銀行は除外すべきではありません。

地方銀行と言うのは大手に流れがちの利用者を獲得するため、比較的低い金利を付けていたり、地域密着で地域に合った金融商品を用意したりしているのでお付き合いをしておいて損はないはずです。

地方銀行は各地域に県域程度を営業地域にして1つか2つは必ず存在している筈ですから、普段利用していないかもしれませんが、キャッシングを選ぶ際は候補に挙げておきましょう。

審査の難易度としてはやはり銀行ですからそう易しくはありませんが、何種類かキャッシングを用意して、中には審査が通過しやすいものも有るので、良く調べてみてください。

銀行のカードローンの審査は保証会社も大きな影響を持つ

銀行のカードローンは信用保証業務を大手消費者金融等の保守会社に委託しているのが普通です。ですから実質的な審査はその保証会社が行っています。

なぜ消費者金融が銀行の業務に関わってくるのかは歴史的な経緯が有るのですが、この保証会社の審査によって難易度が高かったり低かったりするので注意が必要です。

銀行のキャッシングによっては保証会社を2つ用意して、最初の保証会社の審査に落ちてしまった場合にはもう一つの保証会社の審査が行われこれに通過すれば利用出来るようになっているものも有ります。

このような場合には1つ目で通った人と2つ目で通った人の信用には差が有る訳ですから、後者の方が金利を高くすると言った方法が採られることになります。

審査には過去も影響する!過去を見直して注意すべき点とは?

審査では過去の金融取引も影響することになりますから、審査通過を狙うのであればそういった点について確認しておく必要が有ります。

まず他のローンの借入れをしているか、あるいはしていた場合には、しっかり返済している、あるいはしていたかどうかを確認してみてください。もし返済に問題が有ればキャッシングの審査にも影響が出る可能性が有ります。

また過去に申込んで審査落ちしたキャッシングを再度申し込んだ場合には、金融機関には顧客情報内に情報が残ってしまうので、審査ではその内容が参照されることになり、内容によっては審査に影響する可能性が有ります。

この他、多数のキャッシングの借入れが有る場合には、一般向けキャッシングの審査通過は難しくなりますので、多くのキャッシングを一本にまとめてしまうお纏めローンの利用を考えたほうが現実的です。

他のローンの返済状況や以前利用していたカードローンを確認する

キャッシングの審査での返済能力の評価では他のローンなどの利用状況によって収入が大きかったとしても低評価になってしまうことが有ります。

もし返済中のキャッシングが有れば、その分の返済が月々掛ってくることになりますから、その分は返済能力から差し引かれることになります。2件3件と増えていけば、さらに返済能力は少なくなってしまいます。

また以前カードローンを利用していて今は使っていないということであれば、返済はしていないから大丈夫と考えてしまいがちですが、カードローンの場合にはいつまた使うかどうかは分かりませんから、金融機関は利用していると判断します。

このためカードローンの契約が残っていれば、やはり返済能力は削がれることになる訳です。

したがってもし新たにキャッシングを申込むのであれば、利用中のローンは完済して、できれば返済し終わったローンの契約は解除しておいた方が返済能力の評価については安心できます。

過去に審査に落ちているキャッシングの申込み

また過去に申込んだキャッシングの審査に落ちてしまって、何年か後に信用情報から申込んだという記録が削除されてしまってから同じキャッシングを申込んだら審査には影響はないだろうと考える人もいるかもしれませんがそうとは限りません。

実は金融取引情報を共有するための信用情報からは申込んだという情報は長くても6か月程度で確かに削除されてしまいますが、金融機関は自分の所の利用者の情報は顧客情報として半永久的に残されることになります。

したがってかつて落とされてしまったキャッシングに再度申し込んだとすると、かつて申し込んだことを隠しておくことはできません。

このため落とされた原因にもよりますが、再度審査に影響が出ることも十分考えられます。

借入状況によってはお纏めローンの利用も考慮すべき

もし自分は多数のキャッシングを抱えて、返済に四苦八苦しており、できればもう一つキャッシングを契約して融資を受けたいと言う場合には、先ほど言ったように返済能力の評価は低く通常のキャッシングの審査に通過することは難しいでしょう。

そういう場合には一般のキャッシングではなくて、お纏めローンというローンの利用を考えてみましょう。お纏めローンで現在借りているキャッシングを一つに纏めることができれば返済も一つになって楽になるはずです。

返済が楽になれば、新たな借り入れも必要がなくなり、生活の立て直しも可能になるかもしれません。

キャッシングの利用では、新たな借り入れを考える前に、こういったローンも研究し、なるべく借入れの件数も金額も少なくして行くことも考えるようにしましょう。

職業によっては審査に不利!申込みが可能なキャッシングを探そう

審査では職業によっても有利になったり不利になったりする場合が有ります。

まず自営業者の場合には、収入の安定性の問題から、審査での返済能力の評価が低くなり、会社員などに比べて審査通過のハードルが高くなってしまうことがあって、申込みでも提出書類が増える場合も有ります。

またパートやアルバイトでも収入の安定性の評価が低く、キャッシングによっては申込条件で排除されていることも有ります。申込みを考えるのであればパートやアルバイトでも受け入れているキャッシングを探さなければなりません。

学生や年金受給者の場合にはさらに受け入れているキャッシングは少なくなってしまい、さらに年齢的な制限も加わって審査以前の問題として申込みができない場合も少なくありません。

自営業者の申込みでの注意とは

金融機関はお金を貸して利息を貰うことによって利益を上げます。ですから本来はお金を貸したいわけです。しかし、利益が上がるのはしっかり返済されたときですから、返済がされなければ逆に大きな損失を計上することになってしまいます。

このためキャッシングの利用者には安定的な収入を要求しています。ですから金融機関としては会社員のような月々安定して収入が入ってくる場合には歓迎してくれますが、職業によっては安定した収入とは見做されず審査での評価が低くなります。

このためキャッシングが利用しやすい職業と利用しにくい職業が出てくるわけです。そこで利用しにくい職業にはどういったものが有るのかということを考え申込みでの注意について説明して行きます。

まず収入が安定していないということで挙げるのであれば自営業者があります。自営業者は年収で換算すれば会社員などより高額になっている場合も有りますが、月々で考えれば安定しているとは言えません。

このためキャッシングによっては自営業者は申込めなくなっていたり、申込める場合でも事業の安定性を示すための書類の提出を求めている場合も有ります。

自営業者でキャッシングを利用しようという場合には、まずは申込みができるキヤッシングを探すこと、それから自分の収入の安定性を示せる書類を準備することが必要になります。

パートの場合の申込みでの注意とは

次に収入が安定しない職業として良く挙げられるのがパートやアルバイトなどの場合です。これ等の場合もやはり自営業者と同じで最初から申込みができないキャッシングがたくさんあります。

また申込みができたとしても審査での評価は厳しいものが有り、審査通過はなかなか難しいようです。

ただし、短期アルバイトでは無理ですが、パートや長期アルバイトの場合には月給として月々収入が入ってきますから、金融機関としては金額次第では安定収入と見做してくれるところも有ります。

そこでこういった職業の場合には申込みの時点で収入の安定性を示すことが審査通過をしやすくすることになります。

もし自分で見ても月々の収入の落差が大きい場合には、キャッシングの利用は難しいので、別の方法を考えたほうが良いかもしれません。

学生や年金受給者の申込みでの注意とは

また職業ということではありませんが、学生や年金受給者の場合も審査での評価は低くなってしまいます。特にこの2つは自営業者やパートなどと違って、排除されていることが多く利用出来る業者を探すことが大変難しくなります。

まずキャッシングには年齢制限が有りますから、学生の場合は若年の為、年金受給者の場合には高齢の為に、申込条件を満たせなくなってしまうことがあり、こういった人を受け入れている業者でも年齢によっては借入ができない場合も有ります。

【関連記事】
高齢者もキャッシングを利用したい!年金受給者でも審査は通るのか?

このため学生や年金受給者が借入れする場合には、時間をかけて借入れできるキャッシングを探して、申込みを行わなければなりません。

また学生の場合には、キャッシングよりも有利な奨学金や教育ローンなど別の借り入れを考えることも大変重要なことです。

借入はかなり難しい場合も有る!借入とは別の方法を考える必要が有る

さらに申込んでも借入れが難しいことも有るので、それに該当する場合には借入れとは別の方法を検討しなければなりません。

そういう人としてまず挙げられるのがある程度以下の収入しかない場合です。こういう場合、金融機関は生活を維持して更に返済まで行うのは無理と判断します。

もう一つ無理なのが無職の場合で、専業主婦の場合には配偶者に収入が有れば利用できる場合も有りますが、そうでない場合には、やはり返済できないということで審査通過は難しくなってしまいます。

またこれらに並んでキャッシングの利用が難しいのが風俗店務め等の水商売の場合で、こういった職業の場合には収入の安定性の他、雇用先の安定性も問題視されてしまい、審査通過が難しくなってしまいます。

ある程度以下の年収の低所得者の場合

まず借り入れが非常に難しいという人を挙げるとすれば、年収が非常に少ないかあるいは収入にまったく安定性が無いと言う場合が考えられます。

金融機関は年収を評価する場合、一般的に生活していくための金額というものを考えて、それに返済が必要になる金額を上乗せして、少なくともそれ以上の年収が無ければ返済はできないと判断します。

この金額は金融機関によっても違いますが、以前は概ね200万円と言われていました。ただしその後デフレが進んで生活に必要なお金の評価が下がってきていますから、現在ではもう少し少額になっていると思われます。

また月々の収入の安定性も先ほど説明した職業などで評価して、安定性なしと判断した場合には審査は否決になってしまいます。

【関連記事】
アルバイトでもキャッシングの利用は可能?

無職で収入が無い人の場合

また場合によっては無職で収入が無いにもかかわらず借入れしたいという人もいますが、収入が有っても低額では借入れできないのですから、収入が無ければキャッシングの利用は無理です。

以前は収入が無かったとしても消費者金融などでは資産状況などによって融資を行っていた場合も有ったのですが、現在では貸金業法の規制が強化され禁止されているわけではありませんが貸しにくい状況になってしまっています。

このためどの業者も融資の前提として安定収入が必要ということになっています。

ただし専業主婦については、無職で収入が無いとは言っても家計を担う存在ということで、配偶者に安定した収入が有って返済能力が有れば、融資してもらえる可能性が有ります。

【関連記事】
無職でもキャッシングできるの?

風俗店に務めている人の場合

また職業上まず融資してもらうことができない職業に水商売が有ります。水商売にもいろいろとあって、安定して収入がある人もいるのかもしれませんが、金融機関の評価ということになると非常に低くなってしまいます。

このため風俗店に勤めているような人の場合も、審査通過はまず無理と考えたほうが良いでしょう。融資が行われる場合としては自分の収入の安定性の他に勤め先のお店の安定性も示してそれが間違いないと評価されるような場合だけでしょう。

もしどうしても融資が必要と言うのであれば、まずはパートでも良いので転職したほうが早いでしょう。そういうことが難しいのであれば、おかしな業者の罠に掛る可能性も有るので融資の利用は考えないほうが無難です。

このようにキャッシングの審査では通りやすい人もいれば通りにくい人もいます。そこで自分の状況を良く分析して審査を乗り越えるにはどうしたらよいのか、そのコツについて説明していくことにしましょう。

水商売と言ってもいろいろありますが、最近では風俗店...

閉じる
閉じる