どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングの審査通過の可能性を高める!滞納中のローンは無いか?

キャッシングを利用するためには審査に通過しなければなりません。審査ではいろいろなことが確認されますが、信用もその一つで、信用が無ければたとえ返済できるだけの収入が有ったとしても、審査は否決になってしまいます。

金融取引きでは信用を失う行為を行ってしまうと、ブラックと言う扱いになり、どの金融業者に行ったとしても、審査では信用に問題ありということになって、審査通過が難しくなります。

そこでキャッシングの申込みを行なおうという場合には、滞納中のローンが無いかなど、金融事故を起こしていないかについて過去に遡って調査し、滞納しているような場合には、申込みの前に返済してしまいましょう。

キャッシングの審査では何が行われるのか?信用に注意しよう!

キャッシングの審査は各金融機関が審査基準を用いて行っており、概ね本人確認、返済能力、信用について様々な観点から確認されます。ただ詳細な確認内容はそれぞれのキャッシングで違っており、審査結果も変わってきます。。

この中で信用の評価と言うのは金融機関間で共有されている信用情報によって評価が行われます。この信用情報は自分の所の利用者の情報を順次書き込む事になっており、別の金融機関でローンの申込みが行われると参照されます。

信用情報には、本人の基本情報の他、過去における金融機関との金融取引状況が格納されており、各情報はぞれぞれ格納されている期間が決められ、その期間が経過すると削除されます。

このため何か悪い情報が入っていたとしても、いずれは削除されることになります。

キャッシング審査の内容とは

審査通過を考える場合、まず行わなければならないのは、キャッシングの審査ではどんなことが行われているのかを知ることです。審査は各キャッシングで用意されている審査基準で行われますが、これは公開されていません。

しかし大枠としてどんなことが行われているのかは分かっていて、次のようなことが確認されています。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済能力が有ること
  • 申込者が信用できること

申込者が本人でないのに融資してしまうとお金が返ってこない可能性が有るので、まずは本人が申込みを行っているということが確認されます。

また返済能力はそもそも返済してもらわなければ損失になってしまいますから年収から返済できるかどうかが確認されます。

信用できるかどうかは金融取引で最も重視されることで、信用が無ければ返済能力が高かったとしても審査は否決になってしまう場合が有ります。

信用の評価は信用情報が利用される

ではこの信用の評価と言うのはどのように行われているのでしょうか。この審査には金融機関間で利用者の情報を共有している信用情報というものが利用されます。

各金融機関はそれぞれの利用者との取引情報をこの信用情報に書込み、新たなローンの申込者が来た時にはこの信用情報から申込者の情報を読み出し、過去の金融取引に何らかの問題が無かったかどうか確認が行われます。

例えばどこかの金融機関のローンをしっかり返済したということになればそれだけで信用の評価を上げます。

しかし、逆にどこかのローンで滞納していたというような記録が有れば、信用の評価は著しく下がってしまいます。

したがってこの信用情報と言うのは強い味方になる場合も有れば、敵になってしまうことも有るというわけです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
奨学金の返済未払いで審査否決?キャッシング審査は金融事故に要注意

信用情報に格納されている情報とは

信用情報には様々な情報が格納されていますが、概ね次のような情報が格納されています。

  • 本人の属性情報
  • 金融商品の申込み情報
  • 金融商品の契約情報
  • 支払い状況
  • 事故情報

例えば支払い状況にはローンの返済だけではなくクレジットカードの支払いや、電気料金や電話料金などの支払い状況が格納されています。こういった支払いに問題が有れば、審査での評価が下がるということになります。

また金融商品の契約件数が多過ぎたりしてもやはり問題として評価が下がります。

キャッシングの信用についての審査では、こういった情報を総合的に判断して、審査通過の可否を決定しているわけです。

他社の借入状況など分らないはずだというような安易な判断をしていると、場合によっては審査に否決されるというような可能性も無いとは言えないのです。

信用の評価は利用限度額や金利に影響する
信用の評価と言うのは審査通過の可否を決めるだけではありません。実は信用の評価でキャッシングで利用出来る利用限度額や、適用になる金利も決定されることになるのです。

信用が高い人の場合高額の利用限度額が与えられ、低い金利で借入れすることができますが、信用が低い人の場合には少額の利用限度額になり、金利も高い値が設定されます。

例えば初めて利用するような金融機関のキャッシングを申込んだ場合にはお付き合いが無く、信用の評価は低くなります。したがって、最初に設定される利用限度額は少なく、金利は高くなってしまうのが普通です。

ただし、信用はお付き合いが深まれば評価が変わっていくためしっかり借入と返済を行って、これをしばらく続ければ信用評価は高くなり、再度審査を受けることによって利用限度額と金利を見直してもらうことができます。

信用を失うとブラックになってしまう!ブラックの原因とは?

この信用情報には返済が行われたというような通常の金融取引の他、返済が滞ったというような金融事故情報も格納されている為、こういった事故情報によってはどこの金融機関でもお金を借りることができなくなることもあります。

こういった状況をブラックと呼んでいますが、ブラックになるのはローンの滞納や債務整理などいくつかの原因が有り、それらが一つでも記載されていれば、金融機関は要注意人物と考えて審査での評価は非常に低くなってしまいます。

そこでキャッシングを利用しようと考えている場合には、過去に遡って、そういった金融事故を起こさなかったかどうかをよく思い出してみることが必要になります。審査に落とされてから忘れていたと思っても遅いのです。

信用情報に問題が有るとどこからも借入れできなくなってしまう

信用の評価はあくまでキャッシング毎に作られた審査基準で行われますから審査の結果というものはキャッシング毎に違いが出ることが有り、審査に通るキャッシングが有れば、審査に通らないキャッシングも出てきます。

しかしある種の事故情報が信用情報に残っていると、どの審査を受けても否決になってしまうことが有ります。これは別に申し合わせをしているわけではありませんが、その部分の審査基準が共通しているということです。

こういう状態のことをブラックと呼んでおり、どんなローンも借り入れできないため、必要な時に必要なお金が借りられず、人生にも影響してしまうような状況と言えるかもしれません。

ブラックと言う名前は信用情報中にブラックリストが有ると言われていた時代の名残りですが、実際にはそのようなブラックリストのようなものは無く、説明したように審査でそれぞれの判断で否決にしているだけです。

信用情報中のブラックになってしまう情報とは

では信用情報中でブラックと判断されるような情報とはどのようなものなのでしょうか。それは次のような情報になります。

ブラックになる情報 信用情報への格納期間
ローンの滞納 5年間
各種支払いの滞納 5年間
債務整理 10年間
ローンの申し込み 6カ月を超えない期間

この他にも申込時に虚偽の申告をしたようなときもブラックになりますが、正直に申し込めばこれは防げますから、外しておきます。

ローンの申込みと言うのは短期間に何度もローンを申込むのはかなりお金に困った状況と判断でき、返済が見込めないと考えられるために、事故扱いになるもので、特に申込ブラックと呼ばれています。

どれも金融機関が最も恐れる返済が行われない状況になる可能性に結び付いているもので、申し合わせていないにもかかわらず、審査を否決しているのも良く分るでしょう。

自分がブラックかどうか過去を遡ってみよう

そこで表にある各情報の信用情報への格納期間を遡って自分が当てはまっていないかを思い出してみましょう。もし当て嵌まる事故を起こしていれば、キャッシングの申込みをしても審査は否決になると予想できます。

例えばローンの返済が滞ってしまったり、どうしようもなくなって 債務整理を行ったというような場合には、さすがに覚えているでしょうから、何時頃かを確認すれば良いので簡単です。

しかし各種支払いの場合には、例えば携帯電話料金の支払いが遅延して暫く止められていたというような事は、すぐに忘れてしまうかもしれません。このためこういった支払い状況についてはよく思い出すことが必要でしょう。

分らない場合には、信用情報に格納されている自分の情報は開示請求できますから、請求して確認してみて下さい。

ブラック対応業者を安易に利用してはいけない
本文ではブラックになるとどこの審査にも落ちてしまうと説明していますが、最近になってブラックでも返済能力が備わっていれば融資するという中小の消費者金融が現れてきました。もちろん闇金ではなくて正規業者です。

確かにこういった業者であれば融資してもらえる可能性が有るのですが、ブラックになってしまった人はあまり借入れをお勧めすることはできません。

一度ブラックになってしまったような人の場合、やはり同じことを繰り返す可能性が有るからです。

そこでもしブラックになってしまった場合には、まずなぜブラックになったのかその原因を追究し、それに対する対策を行ってください。原因追及は深いところまで探って真の理由を見つけなければなりません。

こういう場合性格的な問題が多いのですが、そのような時には医療機関で治療したり臨床心理士のカウンセリングが必要でしょう。

安易に借入れすれば、更にブラックの期間が延びることにも繋がることを忘れてはいけません。

ブラックを防ぐことはできるのか?滞納中のものは返済してしまおう

ではブラックと言う扱いを防ぐ事はできないのでしょうか。これは難しい問題ですが、信用情報内に書かれた情報と言うのは期限が来るまでは消えません。したがって最も重要なことは金融事故情報を起こさないことです。

もし記載されてしまった場合には、既に問題は解決しているということを示さなければなりません。例えば滞納中のローンが有る場合には、すぐに返済してしまえば、滞納と言う情報は残っても返済したという情報も書かれることになります。

これをどう判断するかは審査基準によりますが、少なくとも返済していない状態よりもずっと高評価にはなるはずです。このようにキャッシングを申込もうという場合には、審査の評価が上がる可能性が有るのであれば何でもやっておきましょう。

信用情報中の情報は期限が来なければ消えない

そこでブラックになってしまっているが、審査でブラックと言う扱いを受けないようにはできないものでしょうか。

記録と言う面から考えてみると、一旦信用情報内に金融事故として記録されてしまったものというのは、予め決められている期間記載は消えることが有りません。

したがって例えば滞納していた支払いを行ったとしても、事故の情報としては残って、別途支払ったという情報が記載されるということになる訳です。

このため完全に金融事故の影響が無くなるのは、この期間が経過した後ということになります。

したがって、最も重要なことはブラックになるような金融事故を起こさないようにするということで、起こしてからブラックは困るというような事を言ったとしても、はっきり言えば後の祭りということになります。

滞納中のものは返済してしまえば審査での評価は変わってくる

ただし、記録の面から言えば今言ったようにブラックからは逃れられませんが、審査と言うのはあくまで金融機関の審査基準で行われますから、ブラック扱いするかどうかと言うのはその金融機関の判断次第ということが言えます。

したがって債務整理などの場合にはどうしようも有りませんが、滞納というような場合には、既に返済しているというのであれば、滞納と言う記録に対しては目は瞑りましょうという審査基準になっている場合も有ります。

もちろん滞納と言う情報は残っていますから、審査での信用の評価自体は低くなるため、設定される利用限度額や金利に影響が出るということは有るにしても、借りること自体はできるかもしれない訳です。

キャッシング申込みの前にできることはすべて行おう

ですから、もしキャッシングをどうしても利用しなければならないというのであれば、今説明したような、滞納している返済を行っておくことだけではなく、審査に影響が出そうなことはすべて洗い出して対策できるものは対策しておきましょう。

たとえば滞納と言えばローンだけではありません。様々な料金の支払い状況も重要です。

この際、支払いを忘れているようなものが無いのかについて確認しておきましょう。

また以前キャッシングを利用していたような場合には、その契約は継続しているかもしれません。そういった契約を整理してしまうことも返済能力と言う点で審査では有利になります。

さらにあまり考えも無し勧められるまま契約しているクレジットカードにもキャッシング機能が有るため、そういったものが審査での評価に影響する場合も有り、不要なクレジットカードも整理したほうが良いでしょう。

過剰な期待をしてはいけない審査通過は意外に厳しい
キャッシングの宣伝を見ると、申し込めばすぐに誰でも利用できそうな印象を受けてしまいがちですが、実はキャッシングの審査と言うのはそれほど甘いものではありません。

例えば、大手消費者金融では審査の通過率を発表していますが、それによれば審査に通過できる人というのは申込者の50%もいないのです。つまり半数以上は審査が否決になっているということになります。

銀行などではこの審査通過率を発表していませんが、銀行の場合大手消費者金融よりも審査は厳しいので、審査に通過できる人と言うのは更に少ない割合になっていることが予想されます。

ですからキャッシングというものにあまりに過剰な期待をしていると、審査落ちした時の痛手が大きくなるので注意しなければなりません。

このためキャッシングを申込む場合には、審査に落ちる可能性を考えて、その場合にはどうするのかということについて、予め対応策を練っておくことが必要です。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング申込みは慎重に!大手金融会社の審査通過率は意外に低い

借入れを多数抱えてしまった時の対応とは?お纏めローンを利用しよう

人によっては複数の借入れを抱えて滞納を避けるために新たな借り入れが必要になっているというような状況になっているかもしれません。しかしそういった安易な借入れはあまりお勧めできることであは有りません。

もしそういった状況で借入れできなければ滞納になりそうという場合には、お纏めローンの利用を検討してみましょう。お纏めローンは複数のローンを1つに纏める為の借換ローンです。これを利用すれば返済が1つにでき楽に返済できるでしょう。

ただし、このようなお纏めローンを利用しなければならなくなるような人の場合、すぐに同じようなことを繰り返してしまうので、まずは自分がなぜ複数の借金をしてしまうのかということをよく考えて対策を行うようにして下さい。

借入れを多数抱え返済には新たな借入れをしなければならない状況

最初に説明しましたが、キャッシングを契約しようという場合、金融事故を起こさないようにするのが一番良い方法です。そこで滞納が発生する状況を考えてみましょう。

借入れが1件の場合にはあまり考えられる状況ではありませんが、2件3件と増えて行くと返済額の合計が高額化することになり、しかも返済日がバラバラでお金のやりくりができなくなる可能性が有ります。

つまり滞納が発生しやすいのは借入れを多数抱えてしまって、返済に困った場合ということが多いと考えられます。この時点で返済をしなければならないということになると新たな借入れをしてしまおうということになる訳です。

しかし、何件も借り入れをしてしまっていると、金融機関は新たにキャッシングの契約には応じてくれないかもしれません。そうなると滞納が発生し、あとあとここで説明してきたようにローンの契約ができなかったりすることになるわけです。

新たなキャッシングというよりもお纏めローンを利用しよう

そこでこのままでは滞納が避けられないと思ったら、新たなキャッシングではなくて、キャッシングとは別に用意されているお纏めローンの利用を考えてみましょう。

お纏めローンというのは多数のキャッシングでの借入れを借換えによって1つに纏めてしまうというローンです。

これを利用すれば多数のローンを並行して返済するのに比べて、返済は1件にできますから、月々の返済額は少額で、返済日の管理も楽にできます。ですから一定に返済能力さえあれば滞納というような事は考えにくいでしょう。

もし今現在困っているような人は、すぐにそれぞれのキャッシングの契約書などを持って、お纏めローンを提供している金融機関に相談に行くことを勧めます。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
あちこちにキャッシングの債務有り!おまとめローンで一つに纏めよう

なぜ自分は借金を重ねてしまうのか原因を探ってみよう

ただし、複数の借入れを重ねてお纏めローンを利用するような人の場合、数年後にはお纏めローンの他に、また複数の借入れを重ねているというような場合が良く見受けられるため、十分注意しなければなりません。

そこでお纏めローンを利用したような場合には、自分は何故借金を重ねてしまうのか、その原因を良く探ってみることが重要です。

原因が分れば、対策を立てることもできます。その対策が完了すれば、お纏めローン以外の借入れはしなくて良くなるはずです。

原因の解明が不十分な場合には、対策も的外れなものになってしまう可能性も有るので、よく考えて慎重に行ってください。自分でできない場合には家族にも手伝ってもらって、的確な対策ができるようにしましょう。

お纏めローンの利用もできない場合の対処
本文では滞納対策のためのお纏めローンの利用を提案していますが、お纏めローンも誰でも借りられるというものではなく、審査に通過しなければなりません。したがって滞納対策ができない場合も存在しているわけです。

もしお纏めローンの審査に通らない場合で、滞納が避けられず、以後の返済も厳しいという場合には、債務整理も一つの選択肢になります。

債務整理と言うのは利用者かその代理人と金融機関、場合によっては裁判所が入り、返済できるように契約を見直すことです。場合によっては返済できないということで自己破産と言う場合も有ります。

債務整理を行うと信用は大きく失われますが、無理な借り入れをしなくても返済できるようになります。

絶対に行ってはいけないのは、返済するお金を作るために闇金のような非正規業者を利用することです。こういった業者を利用してしまうと、結局さらに窮地に立たされることに繋がってしまいます。

ここで滞納中のキャッシングが有る場合について纏めておきます。

  • キャッシングの審査では信用が問われることになる
  • 信用を失うとブラックになる
  • 信用評価を上げるために滞納中のローンは返済する
  • 借入れを多数抱えて滞納寸前の場合はお纏めローンを利用する

借入れの大きな理由の一つが収入が減ってしまった時の生活水準の維持ですが、生活というものは自分の収入内で行うのが原則で生活水準は柔軟に見直すべきです。そうすれば複数借入れて滞納などということは防ぐことができます。

閉じる
閉じる