どうしても審査に通りたい人向けサイト

アルバイトでもキャッシングの利用は可能?収入の安定性がポイント!

キャッシングは審査に通らなければ利用できませんが、更にその前に申込条件を充たさなければ申込みもできません。この申込条件によれば安定した収入が必要で、更に審査では一定以上の収入も必要とされています。

アルバイトの場合、自分の空き時間に仕事ができるので、人によっては便利な雇用形態ですが、その分収入が少なくかつ不安定になってしまうのが普通です。このためキャッシングの審査では評価が低くなってしまうことになります。

ですからアルバイトでキャッシングを利用する場合には、まずは自分の収入を安定させなければなりません。そして申込みに当たっては、自分の収入が安定していることを示すことが審査可決のために必要になります。

キャッシングの審査では何が重視されるのか?申込条件も調べておこう

キャッシングを利用する際には審査に通る必要が有りますが、実際には更にその前に申込みができなければはじまりません。申込みをするためには、まず申込条件を満たしている必要が有り、キャッシングの利用では最初にこの点の確認が必要です。

条件を満たしているとして、次の関門が審査と言われるもので、金融機関はこの審査で貸したお金が本当に返して貰えるのかどうかの見極めを行うために、返済能力や信用というものを評価することになります。

キャッシングの申込みでは申込みに必要な情報を申込書や申込情報に記載して金融機関に送ることになりますが、もし審査を有利にしようと考えて、この情報内で嘘を言ってしまい、それが発覚すれば信用を完全に失うことになります。

審査の前に申込みができるかどうかの問題が有る

キャッシングを利用するためには審査通過が必要になると考えがちですが、実はその前にもう一つ前提が有るのです。それが申込条件と言われるもので、この条件を満たしていなければ、そもそもキャッシングの申込みができません。

この申込条件と言うのはキャッシングによってまちまちな部分も有りますが、概ね次の2点は共通しているので、アルバイトでもこの点を満たしていなければキャッシングは申込めません。

  • 年齢制限
  • 安定収入

年齢制限としては、極一部を除いて殆どのキャッシングでは20歳以上となっており、上限は60歳程度から75歳程度まで、キャッシング毎にバラバラになっています。

このため例えば高校卒業後すぐのアルバイト学生はキャッシングの申込みはできないということになります。

また安定収入と言うのは、キャッシングの返済は月々行われるのが普通ですから、月収が安定しているという事です。

ですからアルバイトの場合、月収が安定しない場合が多いですから、申込条件を満たさない事も多いでしょう。

また申込条件には最初からアルバイトを排除している場合も有るので、そういったところも申込むことはできません。

キャッシングの審査では何が行われているのか

この申込条件を満たしていれば、そのキャッシングは申込むことができます。そして次の関門が審査ということになります。審査では大まかに言えば次のようなことが確認されることになっています。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済して行ける収入が有ること
  • 申込者が信用できること

本人が申込んでいれば問題は有りませんが、アルバイトでは審査が不利だと思って他人を偽って申込んでバレてしまうと、信用は大きく失われますから、絶対にやめなければなりません。

収入については申込条件で安定収入という要件が有りますが、審査では再度次のような点で収入が評価されます。

  • 一定以上の年収が有る
  • 安定した月収が有る

一定以上の年収と言うのは200万円と言う話も有りますが、現在デフレで収入が減っていることも有って、各キャッシングの判断によりますが、もう少し少額でも審査に通過できているようです。

安定した月収と言うのは職業や職種で判断されており、次のように評価されています。

職業・職種 審査での評価
正規職の公務員や会社員
臨時職の公務員や契約社員、派遣社員 中の上
パート、長期アルバイト、個人事業主
学生、専業主婦、年金受給者 中の下
短期アルバイト、水商売

キャッシングによってどの程度までの評価の人に融資するかは違うので一概には言えませんが、この表から判断すればアルバイトの評価は決して高いとは言えず、キャッシングによっては申込めたとしても審査通過は難しい場合も有ります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング審査は嘘で借入可?勤続年数や他社勤務と偽っては駄目!

申込時に嘘を言ってはいけない

また先ほど他人を偽って申込む例について説明しましたが、その他にも審査での評価を高くする目的で、年収を偽ったり、勤務先を偽ったりというような嘘を申込時に申告する人もそう少ないことではありません。

しかし金融機関の審査と言うのはそう甘いものではなく、例えば年収についても収入を証明する書類を偽造したりしても、別のルートの情報と食い違いが有れば、問題視されますし、職場も在席確認が行われれば分ってしまうでしょう。

もしバレてしまえば、先ほど説明したように信用を落とし、申込みをしたキャッシングの通過できなくなるだけではなく、嘘を言ったという情報が信用情報に記載されることになり、他の様々なローンの審査も通過できなくなります。

審査では融資の可否だけではなく条件も決められる
審査というのは融資の可否を決めるものだと考えている人もいるかもしれませんが、実はキャッシングの場合、審査で決まるのはこれだけではありません。キャッシングの審査では利用者に適用される利用限度額や金利も審査で決定します。

ですから、審査での評価によっては、たとえ利用できたとしても、他の人より信用の評価が低いということになると、適用される利用限度額は低く設定され、金利は高くなるため、利用条件は厳しくなってしまいます。

ただし、こういった利用限度額や金利は利用開始後に、適正な利用を続けていれば、次第に信用評価が上がっていくことになり、再度審査を受けなおすことによって、利用限度額は増額され適用される金利が低くなる可能性は有ります。

アルバイトは収入の安定性に問題が有る!返済能力の評価は非常に低い

ではアルバイトがキャッシングを借りるとして審査に通るのかと言うと、まず申込条件では収入が安定していなければ申込めませんが、一般的な認識としてアルバイト収入は安定していないと思われており、申込みができない場合も有ります。

幸い申込みができたとしても、同じ理由で、審査での返済能力についての評価は会社員などと比べるとかなり低くなるため、審査に通過するのはそう簡単ではなく、長期に安定してアルバイトをしているような場合に限られるでしょう。

このため例えばフリーターのようにお金が必要になった時に短期にアルバイトを行っているような場合には、全く安定性というようなものが無いため、キャッシングはたとえ申し込んだとしても、門前払いということになります。

アルバイトは収入が安定していないという一般認識が有る

そこでアルバイトのキャッシング利用の可能性について考えてみましょう。アルバイトと言う場合一般的な認識としては、勤務時間は決まっておらず、空いた時間に仕事に入って、働いた分の報酬をもらうというものです。

したがって、一般的な認識としては月々の収入は安定していないと考えられています。

もちろん現在では仕事のしかたが多様化しており、アルバイトのやり方もいろいろで長期に正社員と同じような働き方をして安定した収入を得ている例などたくさんあるので、必ずしも一般認識が正しいとは言えません。

しかし、残念ながら、アルバイトの中には安定していないものもいろいろとあるので、審査では安定しているという評価はなかなかしてもらえません。

アルバイトの審査での評価はかなり低い

このため先ほど表に示したようにアルバイトの審査での評価は、正社員や契約社員、 派遣社員等に比べて低く、パート社員と同等程度の評価になる事になります。そういう評価で審査結果はどうなるのでしょうか。

まず審査が厳しい、例えば銀行の提供しているようなカードローンではなかなかアルバイトということになると、通過するのは厳しくなってしまうでしょう。

しかし銀行のカードローンよりも審査が緩いと言われるような大手消費者金融などのカードローンの場合には、審査での評価はやはり厳しくなりますが、審査には通過できる程度の信用評価になるはずです。

ただし、先ほど説明したように利用限度額や金利は正社員などに比べれば、不利な設定になる事は間違いありません。

アルバイトでキャッシングを申込もうというのであれば、このような点をよく認識しておく必要があるでしょう。

短期アルバイトは門前払い

ただし、先程の表を見るとわかりますが、審査で評価されるのは長期アルバイトの場合に限られます。長期アルバイトの場合には正社員などと同じように月給と言う形で報酬が支払われるので多少安定性には欠けますが、返済はしやすいはずです。

これに対してアルバイトには、お金が無くなった時に短期に働いて当座の生活資金を得るというような形のものも有り、報酬は日給や時給と言う形で支払われます。こういった形態のアルバイトを短期アルバイトと言います。

短期アルバイトの場合、月々収入が発生するとは限りませんので、安定性がまるでなく、金融機関は評価のしようがありません。

このため短期アルバイトの場合には同じアルバイトと言ってもキャッシングの申し込みは門前払いになります。

収入が有ればアルバイト学生でも借入れできる可能性はある
本文に示した表によれば学生の場合には非常に評価が下がってしまいます。キャッシングによっては学生と言うだけで申込みができないようなものもあります。しかしキャッシングはそういうものだけではないのです。

キャッシングによっては特に学生だからと言って区別はせず、一般の人と同じように申込条件さえ満たしていれば、申込みができ、審査の評価次第ではキャッシングが利用できるものも少なくは有りません。

ただし、一般向けのキャッシングと言うのは学生だからと言って返済条件が変わるというものではないので、例えば試験期間でアルバイトがいつもより短時間しかできないというような場合も、いつも通りに返済が必要なので注意が必要です。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
学生だがキャッシングを利用したい!審査に通過する事は可能なのか?

審査を有利にするための方法を考える!収入の安定性を示せれば良い

ではアルバイトでも審査を出来るだけ有利にするにはどうしたらよいのでしょうか。

キャッシングでは申込時に一定以上の金額の融資を申込む際には収入を証明する書類の提出を要求されますが、アルバイトの場合にはそもそもそういった高額融資自体無理ですから、通常は提出の必要が無いはずです。

しかし収入の安定性を示すためには、要求されなくても収入を証明する書類を提出しておけば、審査では、全く情報が無い状態よりも有利になる筈です。

また最近ではキャッシングの申込みは窓口以外で行う人が多いですが、自分の収入の安定性を説明するために、あえて窓口に行って申込みを行えば審査での評価も、その他の方法で申込むよりも悪くはならないでしょう。

キャッシングの申込みでは収入の証明書類の提出が必要になる

そこでアルバイトがキャッシングの申込みを少しでも有利に進める方法について考えてみましょう。ポイントになるのはやはり如何に安定した収入を得ているのかと言う点で、これが示せれば金融機関の評価も上がってくるでしょう。

キャッシングの申込みでは次の証明書類の提出を要求されます。

  • 本人の確認書類
  • 収入の証明書類

本人の確認書類では運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが利用でき、通常申込者全員が提出を要求されます。

これに対して収入の証明書類は、源泉徴収票や住民税決定通知書等が利用できますが、これ等が用意できない場合には給与明細が利用できる場合も有ります。

ただし、収入の証明書類は、融資希望額が一定額以上の場合にだけ提出が要求されるのが普通で、消費者金融では概ね50万円以上の融資希望で提出が必要になります。

アルバイトの場合には年収の他月収の安定性を示したほうが良い

もちろんアルバイトの場合もこの金額以内であれば収入の証明書類の提出は必要ありません。しかし先程の話を思い出してください。アルバイトと言うのは一般認識として収入に安定性が無いと思われているのです。

例えば申込みには必要が無かったとしても、敢えて収入の証明書類を提出すれば、一般認識ではなく、その証明書類によって審査を行ってくれるはずです。

そこで年収を証明する源泉徴収票を提出ということになるのですが、この書類は年収を示しているだけですから、念には念を入れて直近2か月分くらいの給与明細を提出してみましょう。

そうすれば年収の評価と同時に安定性の評価も実際の数字に則って行われることになるはずです。

場合によっては窓口に行って申込もう

もう一つは申込方法です。キャッシングの申し込みと言えば以前は窓口だけで行われていましたが、消費者金融には行きたくないと考える人が多かったため、現在ではインターネット経由や電話での申込みが増えてきています。

確かにこういった申込みであれば、店舗に行く必要も無く簡単で便利ですが、審査での判断はより機械的に行われるようになって、申込者の状況のようなものを説明する機会が失われてしまっています。

しかし窓口で申込めば必要に応じて説明もできますし、お金が必要と言う状況も分かって貰い易くなりますから、人によっては窓口での申込みがもっとも勧められる場合も有るのです。

アルバイトの場合にも申込み情報や証明書類だけからでは見えてこないような状況説明ができますから、窓口での申込みも一度考えてみる事を勧めます。

申込みでの必要書類の送付方法
本文では申込時に提出する証明書類について説明していますが、申込方法をよく考えてみて下さい。例えば窓口や自動契約機、郵送といった方法なら書類の写しを取って申込書と一緒に提出できます。

しかし現在の申込方法の主流はインターネット経由や電話です。こういった場合申込み情報は電子的に入力したり、音声で伝える事になります。そういった場合にはどのようにして必要書類を送ればよいのでしょうか。

このような場合一つの考え方としては書類だけは郵送で行うというものです。以前はそういうところも多かったのですが、最近では即日融資を行っている場合も有って、それでは間に合わなくなってしまう為減ってきています。

代わって登場したのがFAXで送信するというもので電話で申込む場合には現在でもこの方法で送信する場合が多くなっています。

これに対してインターネットの場合には書類を画像データにして送信するという方法が増えていて、特にスマホでの専用アプリを使った申込みでは、申込み情報入力と同時に、書類を写真撮影して送信できるようになっています。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングをネット上から利用する!WEB完結って何がメリット?

審査に落ちた時にはどうすれば良い?すぐに別を申込むのは止めよう

ただし、収入の安定性を示したとしても、必ず審査に通る保証は有りません。キャッシングは申込めば多くの人が利用できそうに思えますが、実際には半数あるいはそれ以上の申込者は審査通過ができません。

このためもし審査に落ちたとしても、それは珍しいことではありませんから慌てる必要はありません。別のものを探せば利用出来る可能性はあります。ただし申込直後と言うのは申込ブラックになっているので、しばらく待たなければなりません。

注意が必要なのは、暫く利用ができないからと言って闇金を利用するというような事の無いようにしなければならないということです。闇金など利用すれば、返済が難しくなってしまう場合が多く、自分の首を絞めることになってしまいます。

審査はそう甘くない!否決になっても慌てない様にしよう

いろいろと対策を立てて万全を期して申込んだとしても、キャッシングの審査というものはそれ程甘くは有りません。テレビCM等を見ていると、簡単に利用できそうに思えますが、実際にはそれほど簡単にはいかないのです。

例えば大手消費者金融のキャシングの審査通過率を見ると概ね40%~50%弱程度言うことになっており、この数字を見る限り、審査に通過できるのは申込者の半数にも満たない数なのです。ですから審査は否決になる事も十分考えられるのです。

逆に考えれば審査に否決になったとしても、それは別に珍しいことと言うわけではないのです。ですから審査に落ちてしまっても、そんなことはあまり悲観する必要はありません。ただし、審査否決後の対処はよく考えておかなければなりません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング申込みは慎重に!大手金融会社の審査通過率は意外に低い

申込後は申込ブラックになっている

キャッシングを申込むと、申込んだという情報が信用情報に書込まれることになります。金融機関は短期間に何件もキャッシングの利用を繰り返す人はお金に困っている人と判断するため、申込んだという情報が有れば審査には通しません。

この状態を申込ブラックと呼んでいて、申込み情報が信用情報から消されるまで続きます。消されるまでに時間は最長で6カ月となっており、通常は3か月程度で消されていしまうようです。

ですからもしキャッシングを申込んで審査に否決になってしまっても、しばらくの間は別のキャッシングを申込むのではなく、何か別の対応を取らなければなりません。

審査に落ちてしまうと、慌ててしまって次を申込もうと考える人もいますが、審査に落ちた時の対応は申込みの前に考えておき、慌てないようにすることが必要でしょう。

慌てて闇金を利用したりしないようにしよう

人によっては申込みを繰り返して、どれも審査が否決になってしまい、終いには正規業者を諦めて、非正規業者である闇金に手を出してしまう人もいないとは言えず、審査落ちで混乱している中、闇金の罠に嵌ってしまう場合も有ります。

申込ブラックの場合、ブラック対応業者でも融資をしてくれないのが普通です。ですから、暫くは借入れは諦めたほうが無難です。

それよりも借入れできない期間を有効に使って、次に借入れするときのために、審査での評価を上げるにはどうすれば良いのかについてよく考えてみるようにしましょう。

具体的には長期アルバイトから、正社員に登用されれば、信用が増大し次の審査での評価は高くなるはずです。

闇金を利用したらどうなってしまうのか
もし闇金を利用してしまったらどうなるのでしょうか。最近では取り締まりも厳しくなっているので、闇金の過酷な条件でも返済が行われていれば、余程悪質な業者でなければ、特に問題は無いはずです。

しかし問題は厳しい条件により返済できなくなってしまった場合です。そういった場合には以前は裏社会の人間が出てきて厳しい取り立てが行われたものですが、最近では少々様変わりしてきています。

最近の闇金は返済できないというと、返済の利息分だけ融資してくれる闇金を紹介してくれます。困った時には正常な判断ができませんから、その紹介に飛びつき融資を受け利息分を支払います。

しかし良く考えてみればおかしいことに気付くはずです。利息分だけ支払うということは元本は減りません。したがってこういう返済を続ける限り永久に返済は終わる事が有りません。しかも利息分を借りた闇金にも返済しなければなりません。

こうして闇金は利息をずっと受け取ることができるようになる訳です。こんな利用は絶対にやめなければなりません。

ここでアルバイトのキャッシングの利用について纏めておきます。

  • キャッシングでは申込条件を満たし審査に通過しなければ利用できない
  • アルバイトは収入が安定しないという一般認識が有りキャッシングの審査では不利
  • 審査を少しでも有利にするには収入の安定性を示すことが重要
  • 審査に落ちたら申込ブラックを避けるために次のキャッシングの申し込みまで暫く間を置く必要有り

アルバイトは金融機関が心配するように正社員などに比べれば収入の安定性は脆弱です。キャッシングを利用する場合には、まずは利用しなくて済む方法を考え、どうしても借り入れが必要ならできるだけ少額にするようにして下さい。

【参考記事】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

閉じる
閉じる