どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングならプロミスがおすすめな理由、他社と比べて低金利!

プロミスのキャッシングは500万円が上限で大手消費者金融の中では少ないですが、最高金利は17.8%で若干ですが低くなっており、借入れではその分利息が少なくなるので、お得な利用が可能になっています。

申込方法には5種類あり、申込み易い方法を選ぶことができますす。しかもWEB完結を利用すれば、契約までインターネット上で行うことができます。ただし利用には条件が有るため誰でも使えるわけではないので注意してください。

審査の難易度は金利から判断すれば銀行のキャッシングに比べればかなり緩いと考えられますが、他の大手消費者金融と比べれば、若干ですが厳しいと思われます。まずは自分の審査通過の可能性を検証してみて下さい。

プロミスのキャッシングは大手消費者金融の中ではちょっとだけ有利?

プロミスは大手消費者金融の三井住友銀行を有するSMFGグループのSMFGコンシューマーファイナンス(プロミス)の金融商品で、カードローンの形のキャッシングです。

利用限度額の上限は500万円で大手消費者金融の中ではそれ程高額とは言えませんが、当初設定される利用限度額はせいぜい50万円以下ですから、申込直後の融資に差が出るようなことは有りません。

ただし、設定される最高金利は17.8%になっており、他の大手消費者金融の18.0%と比較した場合、若干ですが低くなっていますから、プロミスを利用した場合それらよりも少しだけかもしれませんが有利な利用ができるということになります。

プロミスのキャッシングとは

プロミスと言えば以前から大手消費者金融に一角にある会社と言うイメージですが、現在は正確に言えば三井住友銀行などがあるSMFGグループのSMFGコンシューマーファイナンス(プロミス)のキャッシングの愛称ということになります。

もちろん以前は独立した消費者金融だったわけですが、現在はこのように銀行グループに入り、銀行系の消費者金融ということになっていて、グループ内の保証業務なども請け負って安定した経営を行っています。

プロミスの仕様は次のようになっています。

商品名 フリーキャッシング
融資額 ~500万円
金利(年利) 4.5%~17.8%
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済

他社とちょっと違っているのは利用目的で他社の場合は事業資金以外なら自由となっていますが、プロミスの場合にはやはり生計費に限るとはなっていますが、個人事業主の場合には事業費にも利用出来る事になっているところです。

ただしもし事業費に利用するのであれば、生活費と事業費をしっかり分けて管理しておくようにしましょう。

利用限度額は500万円まで金利は最高17.8%

プロミスのキャッシングでは最高500万円までの融資に対応していますが、これは他の大手消費者金融の800万円と比較した場合、少額に見えてしまいます。

しかし実際にはこういった高額利用はそれに伴う年収を持たなければ借りられず、一般利用者にはあまり関係の無い差です。

例えば500万円借りる為には年収1500万円以上なければ借りられない訳ですから、ここまで借りられる人は殆ど居ないのです。

また金利は最高17.8%になっていて、やはり消費者金融と言うことで銀行の14%台と言う設定よりも、高くなっているので利用では注意してください。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
年収が少ないくてもお金を借りたい!キャッシングは利用出来るのか?

他の大手消費者金融と比較するとちょっと有利?

ただし、この金利を他の大手消費者金融と比較してみると、他社の場合概ね18.0%となっているので、若干ですがプロミスの方が金利設定が低くなっています。

したがって、借りた額にもよりますが、プロミスで借りた場合、利息の計算では有利な場合が出てくることになり、特に高額融資の利用や、長期に返済して行く計画の場合には、プロミスがお勧めと言えるでしょう。

キャッシングの利用の際は何がお得なのかを考える事も大切なことなのです。

~当初設定される利用限度額はそれほど高くない~
本文では利用限度額の上限は年収で決まるという話をしていますが、申込直後と言うのは審査での信用評価は低く、利用限度額は極めて少額になり、年収による上限よりもずっと低額になってしまうのが普通です。

プロミスのキャッシングの申し込み方法とは?5種類の方法が有る

プロミスの申込方法は過去からの申込方法をずっと提供しており、5つの方法を利用することが可能です。この中にはインターネット経由での申込みから、店舗に行って自動契約機や窓口で行うものなどがあり、申込者のニーズに合わせて選べます。

銀行やプロミスのような大手消費者金融のキャッシングはカードを利用したカードローンと言う形で利用するのが普通です。このため利用するにはカードの受取りが必要ですから、申込みではその場で受け取ることができる自動契約機が意外にお勧めです。

また店舗に行ったり、契約時の書類のやりとりが面倒と言う場合には、WEB完結と言ってインターネット経由で契約まで完了する申込方法の利用も可能です。

ただし、このWEB完結を利用するには前提条件が有るので誰でも利用できるわけではないので注意が必要です。

プロミスの申込方法は5種類

プロミスのキャッシングの申込方法としては次の5種類が用意されています。

申込みでは個人情報なども記載しなければならないので、ミスの無いように自分がなるべく慣れている方法を選ぶようにしましょう。

  • インターネット経由(パソコン・スマートフォン・携帯)
  • 電話(プロミスコールで通話料無料)
  • 郵送
  • 自動契約機
  • 店舗窓口

例えばインターネット経由での申込手順は次のようになります。

申込み情報を入力して送信

 ↓

審査

 ↓

審査結果をメールあるいは電話で連絡

 ↓

WEB上(WEB完結)または郵送あるいは窓口で契約

窓口で契約した場合にはその場でカードが受け取れます。

窓口には行きたくない場合でカードが必要無い場合にはWEB完結と言う方法でWEB上で契約でき、そのまま振込みによる利用が可能になります。またカードが必要な場合には契約書類とカードが郵送になります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングをネット上から利用する!WEB完結って何がメリット?

意外にお勧めは自動契約機の利用

キャッシングを利用するという場合、多くはATMからの利用になると思いますから、やはりカードを受取るという人は多いはずです。

インターネット経由で申込む場合、申込み自体は大変簡単ですが、このカードの受取りだけは郵送になってしまう為、審査に通った後、すぐにはATMからの利用ができません。

そこで意外にお勧めなのが自動契約機の利用です。

消費者金融の店舗には行きたくないという人はだめですが、そういうこだわりが無ければ自動契約機でも申込みは簡単で、しかもその場でカードの受取りもできるので大変便利です。

WEB完結を利用する条件とは

カード無しで良いという場合にはWEB完結と言う方法が利用できますが、このWEB完結を利用するためには、プロミスの指定した金融機関で本人確認が終わっていることが条件になります。

この条件を満たしていない場合には、WEB完結での契約はできず、書類の郵送による契約ということになります。

プロミスの指定する金融機関と本人確認が終わっていると言うのはどういった条件なのかはプロミスのホームページで確認できますから、WEB完結を使って申込みを考えている場合には、最新情報を確認するようにして下さい。

~必要書類はあらかじめ用意しておこう~
申込みには本人確認書類と、希望する融資額によっては収入を証明するための書類を用意する必要が有ります。申込みを行う場合には申込み途中で見つけられないというのでは困りますから予め用意しておくようにしましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの審査で収入証明書提出は必要?安定性が示せれば有利!

プロミスのキャッシングの審査の難易度は?他と比べて多少厳しめ

プロミスを利用するとして、心配になるのが審査の難易度でしょう。審査の難易度と言うのは申込者の置かれた状況によっても変わってくるのでなかなか判断するのは難しいですが、金利によってある程度の難易度は分ります。

キャッシングは最高金利が低いほど審査は厳しくなります。このためプロミスは銀行よりもだいぶ高い最高金利になっていますから、銀行のキャッシングよりも審査は緩いと考えられます。

しかし他の大手消費者金融と比べると若干低い設定ですから、審査では大きくは変わらないものの多少厳しくなっていると考える事ができます。

申込みに当たってはまず自分の審査通過の可能性を探って見てから実際に申込むかどうかを判断することにしましょう。

審査の難易度は最高金利である程度判断できる

プロミスは大手消費者金融の金融商品ということも有って、申込みを考えている人も多いはずですが、申込みで気になるのが審査の難易度でしょう。そこでプロミスの難易度はどの程度になるのか考えておきましょう。

審査の難易度と言うのはそう簡単には判断できませんが、一つ指標として利用できるのが金利です。金利は高くなるほど審査が甘いと考えられます。

プロミスの場合最高金利は17.8%ですが、これを他と比較してみたのが次の表です。

キャッシング 最高金利
プロミス 17.8%
銀行のカードローン 14%台
大手消費者金融のカードローン 18.0%

プロミスは銀行よりも緩いが他の大手消費者金融よりも多少厳しい

表から分るようにプロミスは銀行よりもかなり金利が高いですから、審査は銀行よりも緩いと考えられます。しかし他の大手消費者金融と比較した場合若干ですが金利は低くなっている為、審査はその分厳しくなっている筈です。

もちろんこの程度の差であれば大きな違いが有る訳ではないと思えますが、金利の差と言うのは何処で作用してくるか分りません。人によっては影響が有ると考えなければなりません。

申込先を考える場合には、そういう事も参考程度には考えておきましょう。

自分の審査通過の可能性を検討してみよう

そこでまずは自分の審査通過の可能性を検討してみることが必要です。審査では詳細は分りませんが、概ね次のようなことが行われています。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力の確認
  • 申込者の信用の確認

返済能力については金融機関では年収から判断しますが、自分はより現実的に月々の収支から判断できます。

信用にについては過去に遡ってローンの滞納などが無かったかどうかが調べられることになるので、過去5年程度遡って金融事故を起こしていないかどうか思い出してみましょう。

返済能力や信用上に何らかの問題が有ると分った場合には審査で問題視される可能性があるので、申込みについては慎重に考える必要が有ります。

~借入シミュレーションを利用してみよう~
キャッシングを提供している金融機関のホームページには審査の事前診断機能が用意されています。プロミスにもお借入診断と言う機能が有るので、審査通過が心配と言う場合にはまずはこの事前診断機能を利用して診断してみましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
自分にとって審査が甘いキャッシングは有る!但し申込者ごとに違う?

プロミスのキャッシングの返済額は自分で決める?最少返済額に注意!

もう一つ重要なことは借りたものを返せるのかと言う点です。プロミスの返済は借入後残高スライド方式で行われ、返済額は最低で1000円からとなりますが、借入額が大きかった場合返済額も大きくなるので注意しなければなりません。

返済は借入後残高スライド方式で決められた返済額以上であれば自分の返済能力に合わせて返済額を決めることができます。そこでまずは自分は幾らまでなら返済にお金が回せるのかを、計算してみることが必要です。

返済額が大きければ借入期間が短くなって、その分利息は減るので、有利な借入れができますが、その分負担は大きいので、場合によっては家計の負担になってしまう可能性もあるため、返済可能額の見極めは正確に行わなければなりません。

借入後残高スライド元利定額返済とは?返済は最低1000円から

キャッシングを申込む場合、借入れできるかどうかばかりに気を取られて、考えない人も多いですが、キャッシングで重要なのは借りる事よりもしっかり返済することです。

プロミスの場合、借入後残高スライド元利定額返済と言う方式で直近の借入後の借入残高によって月々の返済額が決定されます。

返済額の定義は数式で決められており次のようになっています。ただし返済金額は1000円未満を切り上げてください。

借入後残高 返済金額
30万円以内 借入後残高×3.61%
30万円超100万円以内 借入後残高×2.53%
100万円超 借入後残高×1.99%

最低返済額以上ならいくら幾ら返済しても良い

ただし、この数式で定義されている返済額と言うのは月々の最低返済額ということで、実際の返済ではこれ以上の金額であれば、利用者の方で決めることができます。

ですから高額の返済をしていくことができれば、返済期間が短縮されて、その分利息も少なくなるので効率の良い返済ができるということになります。

しかしあまり高額の返済にしてしまうと、家計を圧迫する事に繋がってしまい、返済に行き詰ってしまう可能性も有るので、返済額は自分にとって適正な金額にすることが重要です。

自分の返済能力を見極めて返済額を決めよう

そこで重要になってくるのが自分の適正な返済能力を見極める事です。ですから次の数式で実際に自分の月々の収支を計算してみて下さい。

収支 = 収入 - 支出
収支が黒字であればそれが自分の返済に回せる金額と言うことができます。この金額が先程の最低返済額を下回っている場合には返済は難しいので借入れはできません。

最低返済額以上であれば返済できますが、すべてを返済に回せるわけでもないので、自分の判断で幾らまで返済に回せるのかを考えて返済するようにしましょう。

~返済日を忘れないための工夫~
返済では多くは口座引落が利用されるので、返済日を忘れるというような事は少なくなっていますが、残高不足ということも有るので注意が必要です。

金融機関によっては返済日前にメールで知らせてくれたりするので、そういった仕掛けの利用も考えましょう。

ここでプロミスのキャッシングについて纏めておきます。

  • プロミスは他の大手消費者金融のキャッシングより若干金利が低くその分有利
  • 申込方法は5種類あり利用しやすいものが選べる
  • 審査の難易度は銀行よりは緩いが他の大手消費者金融と比較すると金利が低い分若干厳しいと考えられる
  • 返済は借入後の残高で最低額が決められそれ以上なら利用者が決められる/li>

プロミスは大手業者のキャッシングだけにホームページもよく整理されていて借り易いですが、借入れを考えた時には、まずは借りなくて済む方法は無いのかを考える事から始めましょう。

【参考記事】
通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

閉じる
閉じる