どうしても審査に通りたい人向けサイト

あちこちにキャッシングの債務有り!おまとめローンで一つに纏めよう

キャッシングは複数平行して利用することも可能です。しかし複数同時に利用していると、合計の返済額が高額になったり、返済日の管理が煩雑になったりして、返済ができなくなり多重債務者になってしまう可能性が出てきます。

こういった状況になってしまった場合に利用したいのがおまとめローンというもので、これを利用すれば、複数のキャッシングを一つに纏める事が出来て、月々の返済額を減らし、返済日の管理も容易になります。

ただし、このおまとめローンも無条件に利用できるわけではなく、他のローンと同じで審査に通過する必要が有ります。このためおまとめろーんを申込む場合には審査が否決になった時はどうするかということも事前に検討しておきましょう。

キャッシングを複数使っていると返済できなくなる事が有る!

キャッシングは金融機関の方で認めていれば複数平行して利用することが可能です。しかしこういった複数利用には、合計した返済額が高額になったり返済日の管理が煩雑になってしまうといった問題点が有ります。

このような複数利用を続けた場合、このような問題点のために返済ができなくなってしまったり、返済日を忘れて返済しなかったりというように返済が滞る可能性が高まることになるので注意しなければなりません。

もしこういう状況で返済ができなくなってしまったら、債務を複数抱えることになるため、多重債務者ということになってしまい、例えば他からの借入れで返済するというような事も金融機関は認めなくなってしまいます。

キャッシングの複数利用には問題が有る

キャッシングを複数平行して利用するのは金融機関の審査にさえ通れば可能です。ただし金融機関の中には複数利用を嫌う場合も有って、申込時に複数利用していることが分ると審査を否決にすることも有ります。

しかし複数利用の問題はこれだけではなく、次のような問題が指摘されています。

  • 複数の返済が有るため返済額の合計が高額になる
  • 返済日が複数になり管理が煩雑になる

まずキャッシングの返済は通常1件1件は家計を圧迫するほどの高額返済にはなりませんが、これが2件3件と積み重なることで高額化してしまい、家計には大きな負担となって、結果返済に追われるようになってしまうことも有ります。

また返済日はキャッシング間で統一されているわけではありませんから、月に何度も返済日が有ることになって、1回だけでも忘れることが有るのに何件も抱えると、どうしても管理が煩雑になってしまって忘れてしまう可能性も高くなります。

複数利用していると返済ができなくなる可能性が高まる

こういった問題が有るため複数利用はあまり勧められる借り方ではありません。しかも月々の返済額が高額化するので返済に行き詰ってしまうことも無いとは言えないのです。

借入れ当初は何とか返済のために遣り繰りしていたとしても、それを続けて行くのは結構大変なことです。生活をしていれば何かの問題で出費が必要になる事もある筈です。そういった時に返済ができなくなる可能性は高いでしょう。

そうこうしているうちにあるキャッシングの返済に別のキャッシングからの借入れで賄うというような自転車操業的な利用方法に陥ってしまうことも無いとは言えません。そうなってしまうと利息分も有りますから徐々に借り入れが膨れていきます。

そしてもしもう借り入れができない程度まで行ってしまったら、それ以後の返済額を用意することができなくなってしまうかもしれません。そのときは新たな借入先を探せばよいと考える人もいますが、いつまでも金融機関は審査に通してくれません。

返済できなければ多重債務者になってしまう

もしそうなってしまったら、返済ができなくなりますから、複数の債務を背負う多重債務者ということになります。

そうした場合にはどういうことになるのでしょうか。当然金融機関からは督促状や電話が入ることになります。

督促状が来てすぐに入金できれば大きな問題にはならないでしょうが、そもそも自転車操業をやっていたわけですから、歯車が狂うともう返済は続けていけなくなってしまうでしょう。

そうなると最終的には法的手続きによって差し押さえなどに発展してしまうことになります。

もちろん1件だけの借入れでも多重ではないですが返済できなくなることは有ります。しかし複数の借り入れを行っていると、こういった状況に追い込まれる可能性はずっと高くなってしまうのです。

キャッシングはいくつまで利用できるか
本文ではキャッシングは審査さえ通れば複数の利用が可能だと説明していますが、流石に金融機関も何件でも構わないというようなことは有りません。借入れが増えてくると審査に通さない金融機関も増えて行きます。

本文でもお話した通り1件でも他社の借入れが有れば融資はしないという金融機関も有りますが、1件までならOKとか2件でもOKというような場合も有って、その金融機関毎に考え方が違っているので申込みには注意が必要です。

さらに4件目になるともう殆どの金融機関は返済できなくなってしまうのを危惧して、審査に通さなくなってしまうので、借入れを繰り返して自転車操業を行っていても、4件目の借入れは難しいのでその時点で破綻ということになるでしょう。

おまとめローンとは?複数ローンを纏める為のローン

ではこういった複数のキャッシングを抱えてしまった時にはどうしたらよいでしょう。問題なのは返済が複数あるということですから、もしこれ等のローンを纏めて1つにできれば返済は長期化するでしょうが月々の返済はできるでしょう。

ここまでは誰でも考えることですが、実際に1つに纏めるのはそう簡単ではないと考えて諦めてはいないでしょうか。しかしそういった目的にぴったりのローンが提供されているのです。それがおまとめローンというものです。

もし現在複数のローンを抱えていて、返済に苦しさを感じているのであれば、早速このおまとめローンを調べて、使い易そうなものの利用を検討してみましょう。必要が有れば金融機関に相談しに行っても良いでしょう。

複数のキャッシングを抱えたら纏めることを考えてみよう

このように複数のキャッシングの利用を始めてしまった場合返済について安易に考えていると多重債務者になってしまう可能性が有る訳です。ですから、出来れば一時的に複数借入れしてしまったとしても、それを解消する方法を模索すべきです。

最も良いのは返済してしまうことですが、なかなかそうはいかないという人も多いのでここでは別の方法を考えてみましょう。

そこでもしもう一つ大きなローンを借りて、その借入れでこれまでの複数ローンをすべて完済してしまったらどうなるでしょう。残るローンは新たに借入れしたローンだけということになり、返済が1件にできて楽になるでしょう。

要するにこれは別のローンを使った借換えということになります。そんなことができればすぐにやっているけど、もうこれ以上新たなローンの審査には通らないと考えている人も多いでしょう。

おまとめローンというものが用意されている

しかし、ずっと経済状況の悪かった日本ではそういった状況になっている人がたくさんいることは金融機関や国は良く分っているのです。そこで用意されたローンというのがおまとめローンと呼ばれるものです。

おまとめローンは文字通り複数のローンを纏めてしまうためのローンで、多重債務で苦しんでいる人を救済するために貸金業法でも総量規制の対象外にしているローンなのです。

これが利用できれば現在複数のローンで月々の返済額の合計が高額化してしまっている場合もローンは1件になる訳ですから、返済は非常に楽になりますし、返済日も月に1回にできますから、返済日の管理も楽にできるようになります。

もしこのおまとめローンを利用できれば返済に行き詰ってしまう可能性は大きく減るので、今複数借入れで苦しんでいる人にはぴったりのローンではないでしょうか。

返済が苦しいと思ったらすぐに金融機関に相談に行こう

おまとめローンの申込みは通常のキャッシングを申込むときのようにいろいろな申込方法が用意されている訳では無いのが普通です。金融機関によって違いますが、ネット上から申込める場合も有ったり店舗でなければ受け付けない場合も有ります。

ホームページ上を探してみてもあまり詳しく情報を載せている金融機関は少なく、なかなか情報が得られません。

そこで今現在複数のキャッシングの返済を抱えて家計が苦しいと感じているのであれば、躊躇していると何時返済できなくなってしまうか分らない訳ですから、すぐに現在借入れしているキャッシングの資料を持って金融機関に相談に行きましょう。

相談したうえで申込方法や必要資料を確認して、申込みを行ってください。

どのようなおまとめローンが有るか
おまとめローンの機能としては本文で説明しているように複数のローンを一つに纏めてしまうというものですが、提供形態としてはいくつかあるので、選ぶ場合にはそれも踏まえて考えてみて下さい。

まず銀行などを中心に通常のキャッシングとは別におまとめローンとして提供されているものが有ります。この場合には最初からおまとめローンとなっているので、利用者のほうも分り易いのではないでしょうか。

もう一つは消費者金融を中心に通常のキャッシングをおまとめローンとして利用できるとしている場合が有ります。この場合にはおまとめローンとは書いてありませんから、説明をよく読んでおまとめローンとして利用できることを確認して下さい。

また金融機関の全てがおまとめローンを提供しているとは限りませんので、よく確認したうえで相談に行きましょう。

おまとめローン利用者は要注意!再度複数借入れの可能性が有る

ただし、このおまとめローンを利用する人には注意してもらわなければならない事が有ります。纏めてからのおまとめローンと言うのは他のキャッシングと同様な使い方ができますが、これがまた複数利用にならないとは限りません。

特に一度複数借入れを行ってしまったというような人の場合、おまとめローンで纏めたとしても数年経つとまた同じように複数借入れしている場合が多いのです。

ですからこういう人の場合なぜすぐにローンを利用してしまうのか原因の追究が必要です。

どういった原因が自分ではなかなか分析できないというのであれば、借入れを繰り返さないために家族など周囲に協力を仰いで、借入しなくても良い生活ができるように改善していくことが必要です。

数年後にはまた複数のローンを抱えている可能性が有る

おまとめローンを利用して複数の返済から解放され、安心しているのもつかの間、数年後にはまた複数のキャッシングを利用していたというようなことが、実際に良く起きているのです。つまりまた自転車操業的な返済に戻ってしまったわけです。

要するにせっかくおまとめローンを利用したとしても、結局はまた借り入れを繰り返してしまう訳です。はっきり言えばおまとめローンを利用しなければならない人とうのは、その状態を繰り返すことが有るのです。

したがって、一度おまとめローンを利用したら、そういった状況になる事を繰り返さないように気を付けなければなりません。他の人はおまとめローンなんて一生縁が無い人の方が圧倒的に多いのですから、自分に何か問題が有ると考えるべきでしょう。

なぜすぐにローンを利用してしまうのか原因を追究しよう

そこでおまとめローンを利用して、自転車操業的な状況を脱して一段落したら、次のようなことを実行してみて下さい。

  • 何故安易にキャッシングを利用してしまうのかその原因の追究
  • 原因に対する対策とその実施

まず行わなければならないのがなぜ自分は安易にキャッシングを繰り返してしまうのかその原因を追究することです。

表面的な原因ではなく、自分の内面をさらけ出すような深いところまで追究しなければなりません。

原因が分ったら次にその対策を考えます。そしてその対策を実施しましょう。そこまで行って初めて、安心して生活が送れるようになるのです。

もし原因の追究や対策が中途半端なものであれば、やはり元に戻ってしまう可能性が出てくるので、時間をかけてじっくり検討することが必要です。

必要なら周囲に助けを求めたほうが良い

この原因の追究と対策は基本的には自分で考えるものでしょう。しかし原因の追究でも対策でも、自分では見えてこない部分も少なくは有りません。ですから、こういった原因の追究と対策は周囲の人を巻き込んだ方が良い場合が有ります。

例えば自分のお金の管理を一時的に家族に委ねて、一緒に管理方法を学ぶというのも、子供になったようで嫌ですが、管理ができないのであれば、家族に手伝ってもらって管理方法を身に付けるのは良い方法です。

あるいは、ローンカードがあると、借入したい気持ちが抑えられないというような場合には、家族にローンカードを預けてしまって借入れできなくし、自分はひたすら返済に集中するということも考えてみましょう。

とにかく自分一人では対策の立てようがないと言う時は、家族に何らかの形で手伝ってもらうことを考えてみましょう。

安易な借り入れは性格的な問題も有る
すぐに複数のキャッシングを利用することになってしまう人の場合、その原因を追究していくと、物質的欲求が強く衝動的にお金を利用してしまうと言うように自分が抑えられない性格的な問題に行き当たる場合が有ります。

この対策を考えると欲求を押さえる何らかの方策を考えることが必要になりますが、性格的な問題の為そう簡単に対策できるものではありません。これは一種の病気と捉えるべきものです。

そこでもし性格的な問題に行き当たってしまった場合にはもはや自分で対策できるものとは考えないようにして下さい。この場合には心療内科を受診し、心療内科医に治療してもらったり、臨床心理士にカウンセリングしてもらいましょう。

その際には自分一人でなく、家族にも一緒に受診してもらい、家庭内での対応についても教えてもらうようにしましょう。

おまとめローンにも審査が有る!纏められなかったときの対策とは

おまとめローンは複数の返済を抱えた人には大変有用なローンと言うことになりますが、おまとめローンもローンの一つであることを忘れてはいけません。借入れするためにはやはり審査に通らなければならない訳です。

もし審査に通らなかった場合には、返済に行き詰ってしまう可能性が高いため、闇金などに頼ることを考えてしまいがちですが、この際債務整理も考える必要が有ります。

債務整理では契約内容を見直して、返済できる返済方法に変更できる可能性が有りますし、返済できる余裕が無くなってしまっている場合には最悪の場合、自己破産すれば、債務は帳消しにできます。

ただし債務整理を行った場合には、それまで作り上げた信用というものが一気に崩壊してしまいます。人生にとっては大きな痛手ですが、やり直せる機会を与えられたと捉えることもできるのです。

債務整理を考えよう

このように複数のキャッシングの返済を抱えて苦しんでいる人にとっては、おまとめローンと言うのは救世主のように見えるかもしれませんが、安心はできません。ローンである限り審査に通らなければ利用できないのです。

しかもおまとめローンは複数のローンの借入れを纏める為のローンですから、当然借入額は大きくなります。

大きな借入になればなるほど、審査は厳しくなっていくため、誰でも希望通りに融資が受けられるとは限りません。

もし複数利用で何時返済できなくなってもおかしくないような状況で、おまとめローンの融資も断られるようなことになると、もう契約通りの返済は難しくなるでしょう。

そういった場合には弁護士に相談して債務整理を行うのも一つの方法です。債務整理と言うのは利用者あるいはその代理人と金融機関あるいはその代理人そして場合によっては裁判所が入って契約の条件を見直します。

最悪自己破産で債務が帳消しにできる

最悪の場合には裁判所の判断を仰いで自己破産すれば債務を帳消しにできます。そうなれば金融機関は債務の返済を要求することは法的にできなくなります。もちろんそのためには様々な条件も有るので、弁護士に詳細を聞いてみて下さい。

自己破産と言うのはあまりイメージが良くありませんし、金融機関や周囲には大変迷惑をかけることになります。

しかし債務で縛られて身動きができないような状況からは解放されるのです。

つまり見方を変えれば自己破産と言うのは、人生をやり直すことができる法律が用意した仕掛けなのです。

ですから自己破産というものは嫌がる対象ではなく、状況によっては前向きに検討しても良いものだという認識を持つべきなのです。

信用は失われるので暫くは借入れができない

自己破産にしろ何にしろ債務整理を行ってしまうとその先10年間債務整理を行ったという情報が信用情報に記載されることになってしまう為、この間と言うのは金融取引上のブラックと呼ばれる状態になってしまいます。

ブラックというのは何処に行ってもお金の融資が断られてしまう状態のことで、その間はキャッシングだけではなくあらゆるローンの利用ができません。住宅ローンの利用を考えているような時期では人生設計自体が狂うことも有ります。

それでも、債務整理によって生活は楽になるはずです。暫くはお金を借りることもできませんから、その間にお金を借りなくて済む生活というものをを身に付けて、2度と同じような境遇に戻らないようにすることが大切です。

借入する前に考えるべきこと
複数利用も危ないですが、実は1つしか借りていなくても、やはり債務整理にまで追いつめられることが有ります。そういう場合には、要するに返済能力が無いのに、安易に借入れしてしまったということになります。

そこで借入れの前にはたとえ審査に通ったとしても、自分の返済能力を計算して本当に返済できるのかどうかの判断を行ってみましょう。自分の返済能力は月々の収支を計算してみれば良く分ります。月々の収支は次のように計算できます。

収支 = 収入 - 支出

これを過去1年分程度計算してみて下さい。毎月の収支が返済額と同等かそれ以上あれば、返済するお金を捻出できることになります。しかしそうではない場合には返済できない月が出てくる可能性がある筈です。

もし支出など正確な金額は分らないというような人の場合には、まずは借入れすることなど考えず、自分のお金を管理する方法について学ぶ必要が有るでしょう。

ここでキャッシングのおまとめローンについて纏めておきます。

  • 複数のキャッシングを利用していると返済額が高額化し返済に窮してしまうことが有る
  • おまとめローンを利用すれば複数のキャッシングを一つに纏められる
  • おまとめローンの利用者は数年経つとまた複数のキャッシングを利用していることが有るので要注意
  • おまとめローンが利用できず返済に窮した場合には債務整理もやむを得ない

複数のローン負担は最初は大丈夫であっても、後々の経済状況で返済できなくなることも十分考えられるため、そういった借り方をしない事が最も重要です。

閉じる
閉じる