どうしても審査に通りたい人向けサイト

無職でもキャッシングできるの?安定した収入が無ければ借入れは無理

最近では終身雇用制が崩壊して、仕事を辞めてしまう人も珍しくありませんし、フリーターと言う形で定職に就かず、無職と判断される人も少なくありません。そういう人が生活の一時しのぎでキャッシングの利用を考える事が有ります。

しかしキャッシングを利用するには審査に通過しなければなりませんし、それ以前の問題として申込条件を満たしていなければ、申込み自体ができません。申込条件には収入要件も含まれており通常無職では申込みが難しい筈です。

ですからキャッシングを利用するためには、まずは返済できるだけの安定した収入を得なければなりません。もし次の仕事までのつなぎとして利用したいというのであれば、別の方法を考える必要が有ります。

キャッシングは返済するから貸してくれるもの!融資には条件が付く

キャッシングと言うのは金融機関が利益を上げるために提供しているものです。金融機関は貸したお金に利息を付けて返してもらってこの利息が利益に繋がります。ですから最も重要なのはしっかり利息付きで返済されるかどうかということです。

このため金融機関はキャッシングを提供する前に、まず申込条件を設けて、これで返済できそうにない人を排除し、更に審査を行って、返済できるかどうかを確認することになっています。

また貸金業者の場合には、法的に年収に対する融資できる割合が規定されている為、金融機関的には融資しても良いと判断したとしても、法的に融資できない場合も有るので、融資を受ける為には年収も重要になります。

金融機関は儲けを出すために融資をする

まず金融機関がなぜ審査などを行って融資する人を選別しているのかを考えておきましょう。

金融機関と言うのはお金を扱う企業です。企業であるからには利益を出すことを目的にしています。決して慈善事業を行う団体ではありません。金融機関はお金を使ってこの利益を上げているわけです。

そしてこの利益を上げる仕組みと言うのは、誰かからお金を預かって、そのお金を必要な人に貸して、返してもらう時に利息を取って、更にお金を預かった人に利息を払って、その利息の差額を利益にしています。

したがって、高額な融資を行ったとしても、利益幅と言うのはそんなに大きくはなりません。

もし融資したお金が返済されなかったとすれば、この利息だけではなく、元本も取り返せないということになりますから、金融機関からすれば非常に大きな損失になって、その分を取り戻すためには、非常に大きな労力を必要とします。

したがって、融資をする人は、審査などを通じて厳選しなければならない訳です。

キャッシングの申込みには申込条件をクリアしなければならない

そこで金融機関はどのように融資を行う人を決めているのかと言うと、それは審査で行っていると思いがちですが、その前にもう一つの関門が有るのです。それは申込条件と言われるもので、この条件を満たさなければ、そもそも申込みができません。

これはどんなローンでも言えることで、キャッシングでもそれぞれ決められています。キャッシングによって様々な申込条件が有りますが、ほぼ共通して決められているのが次の2つです。

  • 申込可能年齢
  • 安定した収入

申込可能年齢は下限は20歳でほぼ統一されていますが、上限については様々で60歳程度から75歳程度までと言うのが普通です。

そしてもう一つが安定した収入が有るかと言う点です。

キャッシングで融資を受けたら、一括返済と言う方法も有りますが、多くは月々少しづつ返済するというのが普通です。

このためここで言う安定収入と言うのは、月々安定した収入が有るということを指しています。

審査では返済能力が問われる

申込条件をクリアして申込みを行った後行われるのが審査です。審査では各金融機関や保証会社が持つ審査基準に沿って確認が行われますが、こういった審査基準は公開されることは有りません。

このため詳細に何が行われているのかはわかりませんが、どのようなことを審査しているのかについては分っていて、次のような点について様々な審査基準で確認が行われることになっています。

  • 本人の確認
  • 返済能力の確認
  • 信用の確認

本人確認と言うのは他人と偽って申込みをするような場合が有るため、申込んだのが本当に本人かどうかについて確認を行うものです。

返済能力については、申込基準でも安定収入と言う条件が有りましたが、ここでは次のような視点で確認が行われます。

  • 一定額以上の年収が有る
  • 安定した月収が有る

一定額以上と言うのは200万円の壁とか言われた時代も有ったのですが、最近では金融機関毎の考え方が有るので、これより少額でも融資を行っている場合も有ります。

さらに重要なのは安定した月収で、職種などから安定性が判断されて、安定していないと判断されれば、年収が条件を満たしていても審査は否決になってしまうこともあります。

信用と言うのは金融機関間で情報共有するために利用されている信用情報と言うデータベースが参照され、申込者が以前あるいは現在継続中で滞納などの金融事故を起こしていないかなどが確認されます。

法的規制にも注意

また金融機関でもどうにもならない規制も有ります。消費者金融など貸金業者の場合、貸金業法の総量規制と言う規制が適用されます。この規制では、基本的に年収の3分の1までしか融資してはいけないとなっています。

ただし1社あたり50万円まで、他社との合計100万円までは融資しても良いということになっているため、法的には無収入でもある程度は融資を受けることはできます。

銀行の場合にはこういった規制は有りませんが、それでも無制限に融資するようなことは無いので、銀行によって違いますが内規で年収の2分の1、あるいは3分の1と言うのが上限になっています。

したがって他で既に借入れしているような場合には返済能力が有ったとしても融資が行われないという可能性も出てくることになります。

~申込みには収入を証明する書類の提出を要求される場合が有る~
本文で説明しているように、キャッシングの申込みでは収入というものが非常に重要視されることになって来ます。そこでキャッシングの申込みに当たっては、収入の証明書類の提出が要求される場合が有ります。

特に消費者金融の場合には50万円以上は年収の確認が法的に必要になるので50万円以上の融資を希望する場合には必ず提出が必要になります。

銀行の場合には300万円程度までは要求されないことも有りますが、現在見直しが進められていて、今後審査は厳しくなっていくことが予想され、近い将来やはり50万円程度以上は提出を要求されることになる可能性が有ります。

ただし、申込者の状況次第では、これ等の金額には関係なく提出を要求される場合も有るので、特に収入が少ない人の場合には注意しなければなりません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
他社からの借り入れがあるとキャッシングできない?審査は厳しくなる

無職で収入が無ければ申込みも行えない!申込んでも審査通過は無理

無職と言う場合、通常は収入が有りませんから申込条件に当てはめれば申込み資格が無いと判断されることになります。それでも申込みをしたとしても、審査を受ければ返済能力なしと言う評価になって融資は受けられません。

例外としてキャッシングによっては無職であっても専業主婦だけは融資が受けられる可能性が有ります。ただし、この場合には配偶者の収入次第ということになるので、結局何らかの収入が前提になるのは変わりが有りません。

ただし無職であっても、何らかの安定した不労所得が有って、しっかり所得として申告していれば、無収入と言うわけではありませんので、返済能力が有ることになり、キャッシングの利用ができる可能性が有ります。

無職で収入が無ければ申込条件を満たさず申込んでも審査は通らない

説明したようにキャッシングと言うのは金融機関が利益を上げる為の商品です。その利益は利用者が支払う利息が元になっていて、それはそもそも利用者のお金ということになります。

したがってそのお金が無ければキャッシングを利用することはできません。無職ということになると、仕事をしてその対価として支払われることになる給与や自分で事業を行って得られる売り上げなどが無いということです。

ですからこの場合、金融機関に支払うことになる利息分は何処からか持ってこなければなりません。

このため通常このような収入が無いような人の場合、そもそも申込条件を満たしておらず、申込みができないということになってしまう訳です。

強引に申込んだとしても、返済能力としての収入が有りませんから、審査での評価は非常に低くなってしまい審査通過の可能性はまずありません。

無職で収入無しで利用出来るのは専業主婦ぐらい

ただし、これには例外が有って、専業主婦については可能性が無い訳ではありません。先ほど説明した総量規制でも専業主婦については例外規定が設けられており、次のようになっています。

専業主婦は、配偶者の了解があれば、配偶者の借入れと合計して配偶者の年収の3分の1までは融資できる。

従って法的に言えば配偶者に大きな収入が有れば、それに合わせて大きな借入れも可能ということです。

後はキャッシングを提供する金融機関の考え方次第ということになり、実際には次のような対応のいずれかが取られることになります。

  • 専業主婦でも収入が無いとして融資は行わない
  • 法的な規定の通り配偶者の借り入れ分と合わせて配偶者の年収の3分の1まで融資する
  • 融資はするが最高50万円程度に抑える

この内2番目を選択するキャッシングは殆ど無く、多くは1番目か3番目ということになっており、専業主婦の場合には借りられたとしても上限50万円程度となり、10万円ぐらいが普通です。

無職でも不労所得が有れば話は違ってくる

ただし、無職であっても不労所得が有れば話は違ってきます。たとえば土地を持っておりそれを貸して地代などの形で、月々安定的に収入を得ていれば、本人は働いていなかったとしても、安定収入が得られます。

重要なのはこういった不労所得でも公に認められたものでなければならないということで、具体的には、毎年しっかり確定申告を行っておいて、税務署の受付印の押された確定申告書の写しを貰っておくことが必要です。

最近ではインターネットを利用して、不労所得を得るような手段が有るようですが、こういった場合金額によっては確定申告をしないような人もいるので、そういう場合には収入が有っても審査で証明することはできません。

要するに収入が有るということが証明できれば、金融機関は利息が受け取れるわけですから、商売として融資を行うことを躊躇するようなことは有りません。もちろんこの話は返済できるだけの収入が前提になります。

~学生でも融資の可能性はあるが収入は必要~
本文では無職についての話をしていますが、無職と言っても学生はどのように扱われるのでしょうか。金融機関では次のように対応が異なります。

  • 学生には融資しない
  • 学生ということは関係なく収入次第で融資する
  • 学生向けのローンを提供する

多くのキャッシングでは1つ目の学生には貸さないという事になっています。

ただし融資を行うというキャッシングも少なくは無く、学生ということで特別視せず、一般向けの融資と同じように安定した収入が有ると言う前提であれば融資を行う場合が有ります。

また消費者金融によっては学生ローンと言う形で、学生生活に合わせて借りやすく設計したローンの提供を行っているところも有ります。ただしこの場合も、長期アルバイトなどの収入が有る事が融資の前提になっています。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
普通のキャッシングではお金が足りない!担保が有れば更に借りられる

キャッシングの利用にはどうすれば良いのか?まずは収入を得よう

ではどうすればキャッシングの利用ができるのかと言えば、とにかく申込条件を充たさなければ始まりませんから、まずは何らかの パートあるいは長期アルバイトを始めて月々月給と言う形で収入を得ることが必要です。

人によっては短期アルバイトや水商売を行って収入を得ようと考える人もいるかもしれませんが、こういった職種と言うのは、金融機関的に見れば安定収入と評価されず、審査は受けられても殆どは否決になってしまいます。

もし、今は無職だがしばらくしたら仕事に就いて収入を得ようという場合には、民間の金融機関では融資の利用は難しいですが、条件を満たしていれば公的な貸付制度もあるので、そちらの利用を考えてみましょう。

申込条件を満たすためにはまずは収入を得なければならない

そこで次に申込条件を満たして、キャッシングの申込みをするにはどうすれば良いのかについて考えてみることにしましょう。

申込条件に安定収入と明記されている以上、収入の無い無職のままでは、キャッシングを申込むことはできません。したがって、キャッシングを利用するためには、まず何らかの収入を得なければならないということになります。

収入を得るにはいろいろと方法は有りますが、自分で事業を始めるというような事はかなりハードルが高いので、手っ取り早い方法としてパートあるいは長期アルバイトを始めると言うのが最もお勧めできる方法でしょう。

最初は少ない時間で良いですから、まずは仕事を始めて、徐々に安定して仕事に入れるようにすれば、安定した収入を得ることができるでしょう。

安定した収入が得られれば、そもそもキャッシングの利用も必要なくなる可能性も高くなります。

短期アルバイトや水商売では安定収入としてみなされない

よくあるのが、例えばフリーター等のように必要な時に必要なだけアルバイトを行うというやり方です。この場合、時間給とか日給で給与が支払われることになります。こういった給与では金融機関は安定した収入とは認めません。

また金融機関が嫌う職種として水商売が有ります。この場合本人の収入が安定していないという理由も有りますが、雇用先のお店自体の経営が安定しているとはみなされません。したがってそこの従業員の収入も安定しているとは認められません。

このように短期アルバイトや水商売というような職種で取り敢えず収入を得てキャッシングを利用しようと考えたとしても、確かに収入自体は得られたとしても、安定収入にはならず、キャッシングを申込んだとしても審査通過は見込めません。

将来的に収入が見込めるのであれば公的な貸付もある

もし将来的には仕事に就くことを考えているが、現在何らかの理由で仕事に就くことができず、それまでのつなぎとしてキャッシングを利用したいという場合はどうでしょうか。

それでも金融機関の提供しているキャッシングを借りたら翌月から返済をしなければなりませんから、返済ができないという事になります。

したがって金融機関は事情はどうであれ審査に通すというような事はありません。

しかし、そういう場合には民間の融資は確かに難しいですが、公的な生活支援のための貸付制度を利用出来る可能性があります。この貸付制度は場合によっては利息も付きませんし、返済もしばらく経ってからでよいので利用しやすいでしょう。

自分の条件が合うかどうか良く調べて、相談に行ってみて下さい。

~働けない場合には借入れとは別の方法を考えよう~
本文では将来的に働ければ貸付と言う制度が有るという点を説明しています。しかし体調などで、将来計画がうまく描けないというような場合には、そういった貸付を利用したとしても、返済の見通しができません。

そういった場合には見通しが付けられるようになるまで、生活保護の利用も考えてみましょう。生活保護と言うのはそういった困った状況にある日本人を助ける為の、日本国民の助け合いの制度と考えることができます。

ですから困った時には利用して、働けるようになったら、今度は自分が支える側になったと考えれば良いのです。

決して生活保護を目当てに入国してくるような外国人が利用するようなものではないので、役所の方も、そういった点については厳格に対応してほしいものです。

非正規業者を利用してはいけない!無職だって搾り取られる

金融業者の中には、無職でも貸しましょうというような業者も無くはありませんが、そういった業者と言うのは怪しい業者であって、多くは非正規業者で、いわゆる闇金と言う可能性があります。もちろんこういった業者は利用してはいけません。

もし利用してしまった場合には、高い利息が付いたり、厳しい取り立てが行われたりというような可能性が有りますし、最近では一見優しい対応をして、いつまでも利息の支払いを続けなければならない罠をかけてきたりします。

もしどうしても融資が必要で、金融業者を探す場合にはこういった闇金を利用しないように、申込みの前に、その業者が正規登録された業者かどうかをしっかり確認し、非正規業者と判断したら絶対に近づかないようにして下さい。

無職でも貸してくれる業者は怪しい

金融業者と言うのは銀行や消費者金融が有りますが、そういったいわば正規業者に対して、法的な手続きを踏まずに商売をしている非正規業者というような、いわゆる闇金が街中には多数存在して商売を行っています。

こういった業者は、正規業者の審査では通らないような人に対して、融資を行っています。そんなことをしたら返済が見込めないではないかと考えてしまいますが、こういった業者は返済できなければ、取り立てて返済させれば良いと考えます。

要するに法律に則った回収ではなくて、法律を冒してでも、取り立てるというような考え方を持った業者であって、無職でも融資を行ってくれる訳です。

しかしここまで説明してきたように、通常返済能力に疑問が有るような人に貸すような業者は正規業者の中には存在しませんから、もし無職でも融資を行うというような業者を見つけたら、その業者は怪しい業者だと考えたほうが無難です。

非正規業者を利用したらどうなってしまうのか

ではもし非正規業者を利用してしまった場合、どうなってしまうのでしょうか。まず考えられるのが説明したように強引な取り立てを行って、回収するというような業者があります。こういったやり方は過去でも現在でも同じです。

しかし最近では法律が厳しくなって下手に取り立てを行って訴えられれば、元本そのものも返ってこないということになりかねないので、もっと巧妙な手段を利用している闇金も出てくるようになったので注意が必要です。

こういった闇金ではまず法定内の金利で普通に融資します。もし返済が滞ったら、そこで利息分だけで良いので入金してくれと言う話に持っていきます。それも無理だという場合、今度は利息分を融資する別の消費金融を紹介します。

そこで新たな借入れをして利息を支払います。翌月以降もこれが続いて、利息ばかり支払いますから、元本は減らず永遠に闇金は利益を上げ続けることになるのです。

しかも新たな借入れをした闇金への支払いも必要ですから、更に新たな借入れと言う可能性も出てきて、徐々に地獄を見ることになるのです。

非正規業者を調べる方法

もちろん無職のまま借入れをすること自体に無理が有るのですが、そういった状況になってしまうと、正常な判断が出来なくなってしまうことも有るので注意しなければなりません。

もし融資してくれるという業者が有ったら、まずは、その業者が闇金でないことを確認してみて下さい。闇金だとわかれば、それだけで大きな歯止めになります。

貸金業者と言うのは貸金業法で登録が義務付けられています。そこでこの登録情報を使えば、その業者が正規業者か闇金かを確認することができます。

登録情報は金融庁のホームページで確認できますから、その情報と、利用を考えている業者の掲げている登録情報で次に挙げる情報を突き合わせて確認してみて下さい。

  • 業者名
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 所在地
  • 電話番号

闇金では実在する業者の情報を使って営業している場合が有りますから、これ等の情報がすべて一致しているかどうかを確認することが重要です。

~正規業者を利用していて返済できなくなったらどうなるのか~
本文では闇金からの借入れで返済できない時の説明をしていますが、では正規業者を利用していて返済できなくなったらどうなってしまうのでしょうか。正規業者は厳しい取り立てや他の業者を紹介するようなことは有りません。

まずは督促状が送られ入金を促します。そこで入金されない場合には、回収担当の方から入金を促す電話が有ったり、業者によっては訪問してくることになります。

ただし、対応は紳士的で闇金のような怖い対応は取りません。しかし窓口にいるような優しい女性と言うわけではなく強面の男性と言うのが普通ですから、返済が滞っている場合にはちょっと怖く感じるかもしれません。

それでも入金しなければ最終的には催告書というものが送られてきて、期日までに入金できなければ法的手段が取られます。

ここで無職のキャッシングについて纏めておきます。

  • キャッシングを利用するには申込条件を満たし審査に通ることが必要
  • 無職ではそもそも申込条件を満たせず申込みができない
  • キャッシングを利用するのであればまずはパートや長期アルバイトで安定収入を作ることが必要
  • 無職でも闇金なら貸してくれる可能性が有るが利用してはいけない

自分は一生無職やフリーターで過ごすというような人もいますが、それは一生キャッシングなどの融資の利用をしないというのと同じなので、それをよく頭に入れて生活する必要が有ることを理解しましょう。

【参考記事】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

閉じる
閉じる