どうしても審査に通りたい人向けサイト

水商売のキャッシング利用について、気になる審査の評価

水商売と言ってもいろいろありますが、最近では風俗店で働くような人も増えて、水商売に携わる人と言うのも増えているのではないかと考えらえます。そういった水商売の人も生活を抱えている以上お金が必要で借入れを考える事が有るでしょう。

しかしキャッシングを利用するには申込条件を満たし、審査に通過しなければなりません。ところが水商売の収入は安定しているとはいえず、審査での評価は極めて低くなってしまう為、審査通過はまず見込めません。

審査に通過するためには、職業そのものを変えてしまうか、安定した収入が有る保証人を用意するというような事が考えられ、そういったことができない場合には自分の収入の安定性だけではなく雇用先の経営の安定性を示す必要が有るでしょう。

キャッシングの審査では安定収入が要求される!収入の安定性とは?

キャッシングを利用するためには審査に通らなければならないということは多くの人が知っていると思いますが、実はその前の段階に申込条件というものが有り、安定収入などの条件を満たしていなければ申込みすらできません。

この申込条件を満たしたうえで申込み後に行われるのが審査で、この審査においても返済能力という点で、改めて収入の安定性が評価されることになり、安定していないと評価されれば審査は否決になってしまいます。

安定性の評価では自分自身の収入が安定しているということも重要ですが、これに加えて、雇用先の経営が安定しているという前提が有ります。したがってこのどちらかに問題があれば、審査での評価は下がってしまいます。

キャッシングには申込条件が有る

キャッシングを利用する場合、審査が有るのでそっちに目が行きがちになりますが、それ以前の問題として申込条件が決められている為、この申込条件が満たされなければ、そもそもキャッシングを申込むことができません。

申込条件には細かく色々なことが書かれている場合があったり、簡単に書かれている場合も有り、キャッシング毎に確認が必要です。しかしそれらに共通して入っている項目が有り、それが次の2点です。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限は20歳以上で上限は60歳ぐらいから75歳ぐらいまででキャッシングそれぞれで違っています。

収入要件のほうはほぼ表現まで統一されていて次のように記載されています。

  • 安定収入が有ること

つまり安定的な収入が無ければキャッシングの申込みはできないということになります。

収入の安定性の意味とは?

安定収入と言うのは人によって意味の取り方が違い、年収が毎年安定していると解釈する人もいれば、月収が安定していると解釈する人もいるでしょう。キャッシングの場合の安定収入と言うのはどういうことなのでしょうか。

それはキャッシングの返済を考えてみれば分ります。キャッシングと言うのは様々な場合が有りますが、返済は通常月々行われるようになっています。したがって月々返済できるだけの収入が必要になるということです。

したがってキャッシングにおける安定収入と言うのは月収が安定的に入ってくるということを指します。

要するに現在の収入と言うのは月々給与所得と言う形でお金が入ってくる人が圧倒的に多いために、金融機関の方もそれに合わせる形で、キャッシングの返済方法が設計されているわけです。

キャッシングの審査では何が行われているのか?

年齢制限と収入要件を満たしていれば、いよいよ申込みをして、次に関門になるのが審査です。審査は各キャッシング毎に決められた審査基準によって行われますが、その審査基準は公開されるようなことは有りません。

このため詳細な審査の内容については分りませんが、概ねどのようなことが確認されているのかは分かっています。それによれば審査は次の項目について行われることになります。

  • 本人確認
  • 返済能力確認
  • 信用確認

まず行われるのは申込者が本当に本人なのかどうかと言う点です。当たり前の話だろうと考える人もいますが、自分では借入れが難しいような人の場合、追い詰められると他人の名前で申込みを行う事も有るので非常に重要な確認なのです。

返済能力については次の観点で評価が行われることになります。

  • 一定額以上の年収が有る
  • 安定した月収が有る

年収額の基準は以前200万円と言われていた時も有りますが、最近ではデフレが進んだことも有ってそれでは融資できない人も多くなってしまっているので、各キャッシングの判断にはなりますが、もう少し基準は緩くなっている筈です。

さらに 年収よりも重要なのが安定した月収です。申込条件にも安定した収入とありますが、審査では実際にこの点が評価されることになります。

最後の信用については過去に金融取引上何らかの問題が無かったかどうかが調べられます。例えばかつてローンの返済が滞ってしまったというような事が有れば、信用上問題ありとなって評価は下がってしまうことになります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの審査通過の可能性を高める!滞納中のローンは無いか?

収入の安定性は雇用元の安定性が前提

ただし、実際の安定性についてはもう一つの条件が有ることは、多くの場合気にされるようなことが有りません。

それは本人の問題ではなくて雇用元の企業あるいは個人事業の経営の安定性と言う点です。

いくら申込者本人の月収が安定していたとしても、雇用元の経営が行き詰ってしまったとしたら、従業員に給与を支払うことが難しくなります。これでは安定した収入もたちまち崩壊してしまうでしょう。

したがって審査では申込者に審査の裏で、雇用元の安定性についても考慮されることになります。例えば1部上場企業の正社員ということになれば、抜群の評価になるでしょうが個人事業の従業員では評価は低くなってしまいます。

したがって審査での収入の安定性の判断には雇用元の安定性も大きく関わってくることを忘れないようにして下さい。

~自分の返済能力を評価してみよう~
キャッシングの申込みでは本文で説明しているように、収入というものが大きく影響します。審査通過には雇用元の安定性なども有りますが、そもそも返済して行けなくては始まりません。

そこで申込みの前に、まず行ってほしいのは自分の返済能力の確認です。お金が必要と言っても返済できなければ信用は崩壊してしまうのです。

ですから自分には月々どの程度の余裕が有るのかを実際に計算してみましょう。この余裕は家計の収支を計算すればすぐに分かります。収支は次の数式で計算できますから、過去1年分程度月々計算してみましょう。

収支 = 収入 + 支出

この収支が常に返済額を超えていれば返済は可能ということが言えるでしょう。こうすれば収入だけで返済を判断するよりも、ずっと的確に返済の可能性を判断することができます。

水商売は審査での評価は極めて低い!審査通過はまず見込めない

審査での収入の安定性の評価は、どのような職種に就いているかが大きな判断基準になっています。会社員などは非常に安定していると評価が高いですが、例えば自営業者などの場合には安定性に疑問符が付けられます。

評価が極めて低い職種としては、短期アルバイトや水商売があり、通常これ等の職種の場合には、キャッシングをはじめ他のローンも含めて審査通過の可能性は殆ど無いと言われ、住宅の取得ができないと言う話もよく聞きます。

水商売がなぜ評価が低いのかと言えば、まず自分自身の収入の安定性が低いという問題が有ります。高額の収入を得られる可能性が有りますが、それが続かなければ返済ができません。

また雇用先のお店の経営の安定性にも大きな疑問符が付き、例えば風俗店などの場合、数年で入れ替わってしまうというような事は珍しいことではありません。

金融機関は職種によって安定した収入かどうかを評価する

では金融機関は収入の安定性をどのように判断しているのでしょうか。いろいろと方法は有るでしょうが、最も影響が大きいのが申込者の職業や職種です。安定した職業の場合には安定した収入が有ると判断できると言うわけです。

職業や職種による審査での評価は概ね次のようになっています。

職業・職種 審査での評価
正規職の公務員、正社員
臨時職の公務員、契約社員、派遣社員 中の上
パート、長期アルバイト、個人事業主
専業主婦、学生、年金受給者 中の下
短期アルバイト、水商売

この表から判断すれば正規採用の 公務員や会社員の場合評価が高くキャッシングの審査は通過しやすいですが、臨時採用になったりパート等のよう徐々に安定性が低下して行くと評価が下がって行くことになります。

専業主婦の場合にはそのままでは利用できませんが配偶者に安定収入が有れば利用できます。学生の場合には長期アルバイトをして安定収入と認められれば利用出来るキャッシングがあります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
専業主婦でもキャッシングの利用は可能?収入規制の例外に注目しよう

水商売のままではキャッシングの利用はまず見込めない

しかしその下の短期アルバイトや水商売となると、非常に評価は下がってしまいます。

このためこういった職種の場合には、そのままキャッシングを申込んだとしても、審査を通してくれるキャッシングはまずありません。

申込みを考えている水商売をしている人もいるかもしれませんが、残念ながら、幾ら収入が安定していると考えていても、金融機関の判断は変わりません。

残念ながら現在の金融機関が水商売への認識と言うのはこういったもので、これは長い間変わっておらず、認識を変えると言ってもそう簡単ではないでしょうから、今後も水商売についての評価は変わりません。

水商売を行っている場合には、こういった考え方が根底にあるということをよく認識しておくべきでしょう。

水商売の評価はなぜ低いのか

では、根本的な話として何故水商売の評価は低いのでしょうか。例えば風俗店に勤務している女性はみんながみんなと言うわけではないでしょうが、かなりの高給を取っているという話も聞きます。

高給でなくても、少なくとも会社員程度の給料は貰っているでしょう。では何が問題なのでしょうか。

まず金融機関が問題にするのは、定着率です。最近では年功序列制度が崩壊して、会社員でも仕事を転々とする人も多いですが、水商売と言うのはそういった中でも入れ替わりの多い職種として認識されています。

したがって安定した高給取りであっても、いつ仕事を止めてしまうか分らないという面が有る訳です。

もう一つは風俗店を考えた場合、長期に安定して営業するという店はなかなかなく、勤務している人は安定的に収入を得ていたとしても、お店が閉店してしまえば、収入は無くなってしまいます。

要するに金融機関から見れば、非常に不安定な職種としか見えない訳です。

~短期アルバイトもキャッシングの利用は難しい~
本文の示してある職種による審査での評価を示した表によれば水商売と並んで評価が低い職種に短期アルバイトがあります。

長期アルバイトの場合、給与は正社員などと同じように月給と言う形で支払われます。このため作業時間が安定していれば、安定した収入とみなされるわけです。

しかし短期アルバイトの場合には、必要になった時に仕事をして日給や時給として給与の支払いが行われるので、仕事を行った時と、行わなかった時の月収の差が大きくなってしまいがちで、安定収入とはみなされません。

ですから例えばフリーターと言う場合には、お金が無くなったら短期アルバイトを行うというスタイルになりますから、キャッシングの利用を考えた場合、収入に対する評価が低くなってしまって、審査通過は難しくなってしまいます。

水商売が審査通過する方法とは?収入の安定性をどう示せばよいのか?

しかし水商売をしていたからと言って、お金が必要になる事は他の職業と変わることは有りません。ではキャッシングを利用するにはどうすれば良いのでしょうか。

まず確実に借りる為には、転職してしまう方法が有ります。水商売を止めて、例えばパートや長期アルバイトを始めれば、審査に通過できるキャッシングを見つけることができるはずです。

もう一つは安定した収入のある保証人を見つけることです。キャッシングは通常保証人は必要ありませんが、自分で借りられないのであれば、保証人にバックアップしてもらう事が必要です。

もし水商売だが自分の収入は安定していると考えている場合には、それを証明する書類を添付することと、更に雇用先のお店の経営が安定していることを示す書類を提出すれば、審査通過の可能性は出てきます。

まずは職業を変えることが最も近道になる

もちろん水商売をしている人も生活をしていかなければならない訳ですから、場合によってはお金が必要なことも出てくるでしょう。このためお金が借りられないのでは怖くてしょうがないと考える人もいます。

そこでここではお金を借りる為にはどうすれば良いのかについて考えていくことにしましょう。

まず最もキャッシングの利用が確実なのは、職業を変えることです。水商売が駄目とか良いとか言う事ではなく、金融機関の考え方を変えるのはそう簡単ではないからです。

ですからお金を借りたいというのであれば、職種を変えてしまって、例えばパートや長期アルバイトを行えば、収入は少なくなってしまう可能性が高いですが、やり方次第で安定した収入を得ることができるようになります。

更に進めて派遣でもよいのでフルタイムの勤務を経験して、最終的には正社員に採用されれば、金融機関の評価も高くなって借入れ出来る金額も増えて行くでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
アルバイトでもキャッシングの利用は可能?収入の安定性がポイント!

安定した収入のある保証人を用意する

しかしこれは誰にでもできるものではありません。自分は水商売が合っていると言う人も少なくはないでしょう。しかしそういう場合にはなかなか自分だけでできる対策と言うのは思い当たりません。

そこで金融機関を納得させる方法としては、他の人の評価を利用するというものがあります。具体的には保証人を付けるということです。保証人が要れば、申込者本人に返済能力が無かったとしても、保証人に返済能力が有れば審査に通してくれます。

キャッシングは確か保証人も担保も必要ない筈だろうという人もいますが、ローンというものは自分で審査通過ができない時は保証人を立てることで融資が受けられるようになるもので、キャッシングでも保証人を駄目と言っているわけではないのです。

自分の収入の安定性だけではなく雇用先の経営の安定性を示す

水商売を止めるわけにはいかないし、保証人になってくれる人もいないという場合には、審査の通過はかなり難しくなってきますが、申込むときに、普通なら付けない書類を添付することで可能性が出てくることが有ります。

キャッシングの申込みでは次の書類が必要になります。

  • 本人確認のための書類
  • 収入を証明する書類(融資希望金額によっては必要無し)

ただし、水商売の場合には自分の収入の安定性を示すために少額の利用でも自分の収入の証明書類を提出しましょう。

それに加えて更に次の書類を添付すれば審査通過の可能性が出てきます。

  • 雇用元のお店の経営状況を証明する書類
この書類を提出できれば、自分もそして自分の雇用元も安定していることが示せるので、審査の評価としては提出しないよりもかなり高くなるはずです。

難しいかもしれませんが、どうしてもキャッシングの利用が必要だという場合には、雇用主に相談して、こういった書類を添付したうえで申込みを行ってみて下さい。

~借りることを考える前に借りないことを考える事が重要~
水商売は本文で説明している通りお金を借りることが大変難しいのですが、発想を転換することも必要です。お金を借りるということはキャッシングなどと聞こえの良い言葉を使っていたとしても要するに借金なのです。

したがって借りたものは返さなければなりませんから、その時点で利息を付ける必要が有り、トータルで考えれば、利息分だけ損失になるのです。

そこでお金が足りないと考えた時にまず考えなければならないのは、どうやって借りれば良いのかということではなくて、どうすれば借りなくて済むのかを考える事です。

工夫して借入れが回避できれば、損失は無くなります。そのためにはどこか節約できる部分が無いかとか、そもそも自分の生活レベルが高すぎるのではないかというような事を考え、生活自体を改善していくことが重要です。

非正規業者との関わりは持たないほうが良い!将来設計をしよう

水商売の場合にも様々な環境が有りますが、お店によっては裏社会との関係を持っているような場合も有って、否応なしにそういった社会とのつながりを持たざるを得ない可能性も無いとは言えません。

こういった裏社会には貸金業者とのつながりも有り、このような裏社会とつながった貸金業者は法律に則った正規登録をしていないいわゆる闇金と言う場合が多いため、お金が必要な場合にこういった業者の利用を考える事も有るかもしれません。

しかし闇金と言えばわかると思いますが、こういった業者とはお付き合いしてはいけません。

もし水商売をこの先も続けて行くという場合には、ローンの利用は今後も難しい筈ですから、ローンの利用を想定しない将来設計を行って、それに則って生活をしていくことが大切です。

水商売には裏社会が関係するような事が有るので要注意

水商売にもいろいろあるので全部が全部と言うわけではありませんが、特に風俗店などの場合、大きなお金が動く事が有り、そういったところには裏社会がかかわってくることも有りますし、そもそも経営がそういった組織の場合も有ります。

そういうお店で働く場合、予め承知で入るのか、そういうことを知らされずに入るのかは別にして、はっきり言えばあまり経営側とお付き合いは持たないようにしましょう。ビジネスライクに付き合って早めに転職を考えましょう。

そういうところに長く勤めていると、どうしてもそういう組織の人とお付き合いができてしまって、それだけなら良いですが、自分もそういう社会に染まってしまって、抜け出ることができなくなることも有るので十分注意してください。

非正規業者の利用はしてはいけない

裏社会と言えばそういった組織がバックになっている貸金業者がたくさんあります。このため、そういったお店に務めている場合、下手にお店で相談などした場合、経営している裏組織に関係する貸金業者を紹介されるかもしれません。

貸金業者と言うのは上場でもしていない限り多かれ少なかれ、裏組織との繋がりが有りますが、こういった裏組織が直接経営に関係しているような業者は法的な業者登録もしていない闇金と呼ばれる非正規業者です。

ですから、紹介されたとしても、絶対に利用するようなことが有ってはいけません。

返済できなくなってしまったら、そのままお店から抜け出ることができなくなってしまうかもしれないのです。

雇用主だから信用しても良いというような考え方はこの場合通用しません。この点よく覚えておいてください。

仕事を続けるならばローンを利用しない将来設計をすべき

ここまで説明してきたように水商売を続ける場合には、キャッシングを利用するのは極めて困難です。ですから、将来的に水商売で食べて行こうと考えている場合には、生活に対する考え方を変えることが必要です。

要するにお金を借りなくても生活して行けるような将来設計をすることが必要だということです。そのためにはかなりの蓄えも必要になるでしょうし、またお金を掛けない生活を考える事も重要なことです。

またいざと言う時に助けてもらえるように、家族だけではなく周囲とのお付き合いでも自分よがりにならず、謙虚なお付き合いをして日頃から助け合うことが重要です。助けるばかりと考えないで、いつか自分が助けてもらう事もあると考えましょう。

~とにかく蓄えを作っておこう~
風俗を例に言えば、通常の会社員などよりも、高額の収入を得ることができるはずです。このため、生活が徐々に派手になってしまって高収入を得ていたとしても、何も残らないというような場合が少なくありません。

しかし風俗で働ける期間と言うのはそう長くは有りません。ですから、もし風俗で働いて高収入が得られるとすれば、それは出来るだけ貯蓄してしまいましょう。簡単に利用できないように定期預金にでもしてしまってください。

そして将来本当にお金が必要になった時にその貯蓄を利用するようにすれば、キャッシングの利用が必要になるような場面に遭遇したとしても、十分対応することができるはずです。

このように借入れできないのであればそれに備えてとにかく貯蓄しておきましょう。

ここで水商売のキャッシングについて纏めておきます。

  • キャッシングの審査では安定収入が必要
  • 水商売は審査での評価は極めて低く審査通過は非常に難しい
  • 水商売が審査通過するには収入の安定性を示す必要が有る
  • 借りられないからと言って非正規業者との関わりを持ってはいけない

日本では職業選択の自由が保障されていますが、水商売のように評価が低い職種も有り、生活に不便を感じることも有ります。職業を選ぶときは、そういったことも考えて将来の生活設計を行うようにしてください。

閉じる
閉じる