どうしても審査に通りたい人向けサイト

ブラックでもないのに審査落ち!ホワイトはキャッシング利用は無理?

金融の世界でホワイトというのはブラックの対極にある状態で、ブラックは信用情報内に問題情報が有る状態ですが、ホワイトと言うのは何も情報が無い状態のことを言い、金融機関としては判断材料が無く扱いにくい状態です。

このため、多くの金融機関が信用できるかできないの判断がつかず、ホワイトは敬遠される対象になっている為、キャッシングを利用しようという場合には、まず信用情報に信用できることを示す履歴を残す必要が有ります。

そのためには何らかの金融取引を行わなければなりませんが、注意しなければならないのは、信用できることを示さなければならない訳ですから、お金のやり取りを適正に行う必要が有ります。問題が有れば逆に信用喪失につながってしまいます。

ホワイトってどんな状態?信用情報に記載が無い

金融機関は互いの利用者情報を信用情報というものに共有して、ローンの審査の際に問題のありそうな人の排除に利用しています。このため何らかの金融取引を行えば、その情報と言うのはこの信用情報に記載されることになっています。

しかし場合によってはこの中に金融取引についての情報が何も無い人も居ない訳ではありません。

こういった信用情報内に金融取引の履歴情報が無い人のことをホワイトと呼んでおり、金融取引上大きな問題を抱えるブラックの対極的な人を指しています。

ただし、このホワイトには2種類が有って、これまで本当に金融取引の経験が無い人と、かつてブラックで暫く金融取引出来ず、その後一定期間が過ぎてブラックになった情報が消えて金融取引情報が無くなった人がいます。

区別するために前者を特にスーパーホワイトと呼んだり、後者を漂白ホワイトと呼ぶことも有ります。

信用情報には金融取引の履歴が残る

情報化社会と言う言葉ができて久しいですが、現在ではあらゆる情報が蓄積されていく時代です。そして蓄積された情報と言うのは、以後様々な場面で利用され、より便利で安全な生活ができるようになっています。

この情報蓄積は金融取引においても同様に行われており、金融機関と利用者の間の取引情報と言うのは逐一信用情報と言うデータベースに蓄積されていきます。

ただし、各情報には信用情報に格納する期間が設定されていて新しい情報が格納されている反面、古い情報は削除されていくことになります。

最近では誰でもまだ10代の頃から様々な面で金融取引を行っており、こういった金融機関とのお付き合いは一生続きます。

したがって、何らかの金融取引は常に行われており、信用情報を見ればその人が最近どのような金融取引を行っていて、ローンなどの返済がどのように行われているのかなどが分るようになっています。

この信用情報は新たにローンを申込む場合の審査中に参照され、過去の金融取引状況を見ることによって信用できる人物かどうかを判断するのに利用されることになります。

ホワイトというのはどんな状況?

金融の世界にはブラックと言う言葉が有ります。ブラックと言うのは先ほど説明した、信用情報内に次のような情報が格納されていて、キャッシングなどの審査の際、信用できない人物と判断され融資を受けられない人のことを言います。

ブラックになる原因 信用情報に格納される期間
ローンの滞納 5年
各種支払いの滞納 5年
債務整理 10年

要するにお金を貸しても返済してくれるかどうかわからない人と判断されるわけです。金融機関にとってはお付き合いしたくない人ということになります。

ところが金融機関がお付き合いしたくない人と言うのは実はこのブラックと判断される人たちだけではないのです。

金融の世界ではブラックとは全く逆のホワイトという言葉が有ります。

このホワイトと言うのはブラックとは逆に、信用情報に金融取引情報が全くない人のことを言います。

内容的に言えば全く問題が無いとも言えますが、金融機関としては逆に得体が知れない人にしか見えません。このためホワイトの人と言うのは金融機関にとってはブラックと似たような扱いになる場合も有るのです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの審査通過の可能性を高める!滞納中のローンは無いか?

ホワイトとスーパーホワイトはどう違う

ホワイトには次のような2つの場合が有ります。

ホワイトの種類 信用情報に情報が無い理由
スーパーホワイト 実際にこれまで金融取引を行ったことが無い
ホワイト(漂白ホワイト) ブラックになった後情報格納期間が過ぎて金融取引情報が消えてしまった

もちろんスーパーホワイトであれば問題は無いのかもしれませんが、漂白ホワイトということになれば、金融機関的に言えば融資はしたくないと考えるでしょう。

問題は信用情報だけを見ても、どちらのホワイトなのかははっきりしないということです。

このためホワイトの場合金融機関はより安全な選択を行うことになり、融資をためらいます。

自分に信用情報は確認できる
本文を読むと、自分はブラックにはなっていないが、ここ暫くは金融取引を行っていないというような人はいると思います。そこで心配になるのが自分の信用情報がどうなっているのかということでしょう。

過去を思い出すにしても、数年分の金融取引情報をすべて憶えている人はそうそういないでしょう。そこでどうしても心配だという人は、自分の信用情報の開示を請求することができるようになっているので、それを利用してください。

開示請求をすれば自分の信用情報は郵送などで送ってもらうこともでき、ホワイトかどうかも分かりますし、格納された情報に何らかの間違いがあれば、自分で訂正することはできませんが、訂正を請求することは可能です。

まずはホワイトを脱出しよう!信用情報に履歴を残す方法

このようにホワイトの場合、かつてブラックだった可能性が有り、金融機関は避ける傾向になっていますし、今時金融取引をしていないというのは不自然ですから、30歳以降でホワイトの場合キャッシングの審査では否決にされてしまいます。

そこで自分はこれまで金融取引をしたことが無いがキャッシグを利用したい場合には、まず信用情報に履歴を残すことが必要になります。比較的簡単に履歴を残す方法としては携帯電話を分割払いで契約すれば、金融取引の情報として記録されるはずです。

キャッシングの審査に通過するためには、この方法である程度記録を残したうえで、更に比較的審査の甘いと言われるクレジットカードの利用を始めて、ショッピングやキャッシングを利用すれば更に信用が付くことになります。

ホワイトでも30歳前なら審査に通過できる可能性は高い

最近ではインターネットの発達やスマホの普及などでクレジットカードの利用や分割払いの利用が当たり前の時代になってきているので、ある程度の年齢になれば必ず金融取引を行っているのが普通です。

ただし、金融機関では、そういう時代でも金融取引を行わないような人がいることを考慮して、概ね30歳未満の場合にはホワイトで審査で問題になったとしても、そのまま審査に通すところが多いようです。

しかし30歳を過ぎてもホワイトということになると、金融機関としても、普通ではないものを感じ取ることになり、ローンの審査では否決にしてしまうようになります。

どのような生活をしようとそれはその人の自由ですから構わないのですが、現在の一般常識から考えれば、やはり無理が有り金融機関は損失を出さないようにするのもやはり当然なことなのです。

携帯電話を分割支払いで契約すれば履歴が残る

そこで自分はホワイトということであるのであれば、まずはそこから脱出することを考えましょう。

説明してきたようにホワイトということになるとキャッシングなどの審査通過は難しくなります。しかし金融取引の履歴を残すには、こういったローンばかりではありません。

まずお勧めしたいのが携帯電話を分割払いで契約することです。携帯電話の申込みでのチェックはキャッシングのような厳しさは有りませんから、普通に生活している人であれば契約は可能なはずです。

この携帯電話を利用して分割の料金を含めて暫くの間支払いをしていれば、要するにローンを支払っているのと同じですから、金融取引の情報が信用情報に記載されることになるわけです。

比較的審査が緩いと言われるクレジットカードを申込む

ただし、キャッシングにもよりますが、この携帯電話の分割払いだけではまだ信用的に言えば審査通過には不安が有りますから、この後、もう一つ別の金融取引情報が必要だと考えられます。

この場合に利用したいのが最近多くなってきている審査が非常に甘いクレジットカードを契約することです。クレジットカードもピンからキリまであって、審査の難易度も非常に幅が有りますが、甘いものならこの時点でも契約できるはずです。

このクレジットカードの支払いを暫くの間続けていれば、信用情報に支払いの履歴が残ることになり、キャッシングの審査での評価も不利には働きません。

ここまで行ければ多くのキャッシングの審査でも信用情報によって否決になってしまうような事は防げるはずです。

金融機関は一生付き合うもの
金融機関とはあまりお付き合いをしたくないと考える人もいるのかもしれませんし、そういった生活を続けていれば、ホワイトということも可能性としては出てくるのかもしれません。

しかし長い人生においては、様々な要因で金融機関とお付き合いが必要になるものです。キャッシングが必要かどうかは別にして、例えば自動車を買うにもやはり自動車ローンが無ければ購入は難しいでしょう。

また子供の教育費でも必要に応じで借入れしなければならない可能性も有ります。このように長期的に考えれば金融機関とのお付き合いは避けて通れません。

こういう時代ですから、金融機関を避けるのではなくて、上手にお付き合いをした方が、ずっと豊かな人生を送れる可能性があるのです。

しかも金融機関と言うのはお付き合いが深ければ深いほど有利な利用ができるようになっているので、早いうちに一生付き合える良い金融機関を探してお付き合いを始めておくようにしましょう。

キャッシング審査で信用されるまでには時間が必要!適正な支払が大切

キャッシングの審査に通過するために重要になるのは信用ですが、ここまで説明した方法でホワイトだった信用情報に記録が残るため、金融機関でも信用の評価ができるようになります。しかしそう簡単には審査に通過できるほどの信用にはなりません。

金融機関が信用してくれて、キャッシングの審査に通過させるほどになるためには、それなりに時間が必要で、その間支払いや返済を適正に行わなければなりません。そうやって信用はコツコツと積み上げるしかないのです。

ただし、例えば携帯電話の分割払いの支払いを滞納したり、クレジットカードのショッピングの支払いやキャッシングの返済が滞るというような事が有ると、それまで築いてきた信用も一気に崩壊してしまい、キャッシング審査には通りません。

キャッシング審査では信用が評価される

キャッシングの審査では何が行われているのかをまず調べておきましょう。審査では概ね次の確認が行われています。

  • 申込者が本人であることの確認
  • 申込者に返済能力が有ることの確認
  • 申込者が信用できるかどうかの確認

このどれもが審査では重要ですが、信用情報が利用されるのは信用の確認と言う場面です。

では信用情報にはどのような情報が格納されているのかと言えば、ここまで説明してきた事から判断すれば、携帯電話料金にしろクレジットカードにしろ、様々な支払いの履歴が格納されているということになります。

これ等の情報がある程度過去に遡って確認できれば、その人は必要な支払いをしっかり行える人だと言う判断ができるようになって、それならローンの融資を行ったとしても返済してもらえるだろうと考えてもらえるようになる訳です。

信用されるまでにはしばらく適正利用を続ける必要が有る

ただし、この信用評価を高くするには、暫くの間は適正利用を続ける必要が有ります。適正利用と言うのは要するに契約にあるような支払いを契約通りに行うということで、当たり前のことを当たり前に行うと考えてください。

ではどの程度適正利用を続ければキャッシングの信用評価として十分なのかと言う話になりますが、これについてはキャッシングを提供している金融機関の考え方次第ということになります。

多くの場合には概ね半年程度と考えられますが、例えば大手銀行の審査が厳しいと言われるようなカードローンの場合には、これでは不足で1年程度は適正利用が必要と考えられる場合も有るので注意しなければなりません。

支払いが滞るとその情報も信用情報に記録される

問題は信用情報に記載されるのは適正な利用を続けているという情報だけではない事です。何らかの支払いが滞ったというような要するにブラックに繋がってしまいそうな情報も逐一格納されるということです。

もしキャッシングを利用するために、信用情報に情報を格納する目的が有るのであれば、こういった悪い情報が格納されてしまった場合、信用情報が反って足を引っ張ることになってしまって、キャッシングの契約は遠のきます。

ですから、様々な支払いが有るのであれば、その一つ一つを十分気を付けて行わなければなりません。例えば携帯電話料金やクレジットカードの支払いが有るのであれば口座引落にしておき支払い日前に残高を確認するようにすべきでしょう。

キャッシングは信用が大きくなるほど有利に利用出来る
信用情報が利用されるのは、本文の説明ではキャッシング申込時の審査と考えがちですが、実は審査と言うのは必ずしも申込時だけと言うわけではありません。例えば利用限度額の増額を希望する場合も改めて審査が行われます。

したがって、キャッシングの利用を始めた場合でも、やはり、何らかの問題が有れば、信用の評価に影響することになり、増額審査などでは不利になってしまうことになります。

キャッシングに限らず融資と言うのは信用が高いほうが低金利で利用出来るのが普通で、キャッシングの場合でも増額審査に通ればそれに伴って金利が下げられます。つまり信用が大きければ大きいほど有利な借入れができるわけです。

ですから、キャッシングの利用を始めてからも、やはり適正利用を続けることが大変重要なことと言えるでしょう。

適正利用を続けるにはどうすれば良いの?自分の返済能力を把握しよう

ではこういった適正利用を続けるためには、どうすれば良いのでしょうか。まずもっとも重要なのが自分は月々いくらまでなら支払いや返済を行っていくことができるのか、正確に把握しておくことが必要です。

そうした上でクレジットカードのキャッシングを利用したとして返済できるのかどうかの判断を行いますが、キャッシングの返済では利用額によって返済額が変わってくる残高スライド方式になっている場合も有るので十分注意が必要です。

もし支払いや返済を行っていて返済ができそうにない場合には、他から借入れして支払おうと考えますが、そもそもキャッシングローンがまだ利用できない訳ですから闇金に手を出す人もいます。

しかし闇金を利用して返済できなければそれ自体が信用崩壊に繋がるので絶対に手を出してはいけません。

自分がいくらまでなら返済できるか計算してみよう

そこで重要なのは自分が適正利用を続けて行けるかどうかということです。例えばクレジットカードで何らかの借入れや買い物をしたと言う時に、兎に角買ってしまってから、返済のことは最後に考えると言う人もいるでしょう。

しかし、それでは実際には返済や支払いができないかもしれません。そこでまずは自分が月々いくらまで返済して行けるのかについて予め計算して自分の返済の可能性を見極めておく必要が有ります。

自分の返済能力についてはまず月々の収支を明らかにする必要が有ります。そこで1年前程度まで遡って月々の収入と支出から次の計算式で収支を計算してください。

収支 = 収入 - 支出
計算出来たら収支の額をよく見て下さい。収支が常に返済額を上回っていれば、返済して行くことは可能ですが、下回っている月が有ればその月の返済はできません。そういった月が増えれば増える程、返済は難しくなってしまいます。

また常に下回ってしまっている場合には、返済は不可能だと考えた方が無難でしょう。自分の返済能力と言うものをよく見極めるようにして下さい。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは事前に返済方法を確認しよう!返済方式にも注意が必要

残高スライド方式の返済には要注意

注意が必要なのは、クレジットカードのキャッシングを利用する場合には、返済額が一定とは限らない事です。キャッシングの返済方式には大きく分けて次の2つが有ります。

  • リボルビング方式
  • 残高スライド方式

リボルビング方式には様々なものがあって、本来の意味から言えば残高スライド方式もリボルビング方式の一つに分類されます。

しかし、ここではリボルビング方式はどんなに借りても返済額は元利合計で一定になる方式、残高スライド方式は借入残高を段階的に区切って、それぞれ金額が決められた方式と言う事にします。

ここで注意しなければならないのが残高スライド方式の方です。残高スライド方式はリボルビング方式に比べて効率的な返済が可能ですが、返済額が大きくなる可能性が有るので要注意です。

ですから返済能力を判断する場合には、返済方式を考慮に入れて返済ができなくなるような高額の借入れをしないように、自分が返済できる借入残高はどこまでなのかと言う点についても確認しておいて下さい。

返済に困っても闇金を利用してはいけない

このように自分の返済能力を把握しておいたとしても、時には返済が難しくなってしまうことも有ります。そういう時にはどのように対処すれば良いのでしょうか。多くの場合他から借入れをして返済してしまおうと考えるでしょう。

しかし信用が低い段階で簡単に借り入れができるはずは有りません。このため困ってくると闇金の利用も考えてしまうようになります。しかし闇金のやり口はドラマ等で描かれているように酷いものが有ります。

したがって、どんなに困ったとしても闇金の利用だけは考えないようにしましょう。

結局キャッシングローンが利用できないような信用の段階では、他で貸して貰うのは難しいため、この場合には家族などに頼る以外、有効な方法は無いでしょう。

後は業者の相談して取り敢えず利息だけの入金で待ってもらうということも考えられますが、信用は一気に落ちますから、キャッシングローン利用のために信用を付けようという計画は崩れてしまうでしょう。

返済方式の長所と短所
本文で触れている返済方式はどのように違うのかそれぞれ長所と短所を纏めておくので、キャッシングを選ぶ場合に参考にしてください

返済方式 長所 短所
リボルビング方式 月々の返済額が一定になるので返済の見通しがつけやすい 借入額が大きくなっていくと利息が増えて元本が減らず支払期間が長期化する
残高スライド方式 有り入れ額が増えると返済額も増え効率的に返済できる 返済額が高額化する可能性が有り返済ができなくなることが有る

どちらも一長一短ですが、リボルビング払いをする場合には、月々利息ばかり払って、元本が減らなくなってしまうことも有るので、月々の支払額が変わらなかったとしても、利用には十分注意しなければなりません。

ここでホワイトのキャッシングについて纏めておきます。

  • ホワイトとは信用情報に金融取引の記載が無い状態を言う
  • ホワイトではキャッシングの審査で敬遠されるのでまず金融取引情報が信用情報に記載されるようにすることが重要
  • キャッシングの審査で信用が得られるまでには時間が必要
  • 金融取引を適正に利用するためには自分の返済能力を把握しておくことが必要

ホワイトは別に悪いことでなく、それによって審査での評価が低くなるのははっきり言って理不尽なのですが、金融機関は常に疑いを持つことが必要なので、まずは積極的に金融取引を行うようにしましょう。

閉じる
閉じる