どうしても審査に通りたい人向けサイト

学生だがキャッシングを利用したい!審査に通過する事は可能なのか?

学生は社会人に比べお金が必要になる場面はそう多くは無いですが、それでもお金が必要なことは有ります。そこで学生でもキャッシングの利用を考える人も出てきます。融資するかしないかは金融機関次第で融資される場合も有ります。

ただし相手はだれであっても返済ができなければ貸せませんから、収入が不安定になりがちな学生には一般向けのキャッシングは使いにくいため、消費者金融の中には学生でも利用しやすい学生ローンとして提供しているところも有ります。

しかしこれらのキャッシングの利用は殆どが20歳以上でなければ利用できないため、20歳未満でキャッシングの利用を考える場合には、クレジットカードのキャッシング枠を利用するしかありません。

キャッシングは学生でも申込みができる!審査通過は収入が前提

キャッシングには申込みができる人を限定するための申込条件というものが決められています。中には学生を排除している場合も有りますが、特に学生だから駄目とは言っていない場合もたくさん有り、必ずしも学生が利用できない訳ではありません。

多くのキャッシングの場合、申込条件で共通しているのが年齢制限と収入要件の2つでこれらを満たしていれば、学生でも申込むことができます。

ただし、学生の場合収入は アルバイトに頼らざるを得ませんから、試験などの学生特有の理由でアルバイト時間が少なくなれば収入も減ってしまい、返済は苦しくなります。このように学生でも利用は可能かもしれませんが使い勝手は悪いはずです。

キャッシングは必ずしも学生を拒否していない

最近では経済状態が良くない事から、親に余裕が無くなってしまい、学生も経済的に厳しい環境になっている事も多く、アルバイトに励んでも、お金が足りないことはよくあり、キャッシングが必要になる事も少なくありません。

多くの人の場合、学生では借金は無理だろうと考えていると思いますが、無理なのかどうかは金融機関の考え方次第です。一般向けのキャッシングの場合、確かに学生は申込条件で申込不可にしているところは有ります。

しかし、大手のカードローンを含め、申込条件では特に学生を指定して申込みを拒否していない場合も多く、一般向けのキャッシングであっても、学生の申込みが可能なものも沢山有るので、諦めてしまう必要はありません。

キャッシングの申込みの前提は年齢と安定した収入

ただし当然ですが誰でも申込みができると言うわけではありません。各キャッシングには先ほども言ったように申込条件が決められており、この条件を満たしていなければ、一般社会人でも学生でも申込みはできません。

この申込条件は各キャッシングそれぞれで独立して決まっており、他と共通している場合も有りますが、他には無いような条件を含んでいる場合も有ります。各キャッシングで共通する条件としては次の2つが挙げられます。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限の場合、概ね次のように決まっています。

  • 20歳以上60歳~70歳程度まで

殆どのキャッシングの場合年齢制限の下限は20歳以上となっており、学生の場合、高校卒業直後の大学生や専門学校生の場合には申込むことができません。ただし、ごく少数の消費者金融で18歳以上にしている場合が有ります。

収入要件の場合、表現も含めてほぼ次のように決められています。

  • 安定収入が有ること
この収入要件が有るために、キャッシングと言うのは会社員には借り易いですが、自営業者やパート、アルバイトの人には借り難いと言われており、学生の場合も年齢制限をクリアしたとしても、この条件を満たすのは厳しいはずです。

クリアできるとすれば、長期にアルバイトを行っており、毎月月給と言う形で給与をもらっているような場合に限られるでしょう。

学生がキャッシングを利用する場合の問題点

自分は20歳以上でアルバイトも続けており安定して収入を得ているから大丈夫だろうと考えている学生の場合も、予め考えておかなければならない事が有ります。

学生と言うのは学業が本分ですから、学業を疎かにしてアルバイトなどしているのは感心しません。そこで学業優先にしている普通の学生を考えてみましょう。

こういう学生の学生生活を考えてみると、授業の無い時間にアルバイトを埋め込む形になっている筈です。しかし、通常はこういう形で安定して収入が有るにしても、試験の時期などはこうはいきません。

試験が通らなければ単位は取れませんから、この時期はアルバイトを少なくして勉強に励まなければなりません。つまりこの時期には収入が減ってしまうことになります。

一般向けキャッシングの場合、学生だからといって、この時期の返済を減額してもらえるわけではありませんから、場合によっては返済に窮してしまう可能性も無いとは言えません。

したがって学生の場合にはこの問題をよく理解しておいて、こういう時期のために普段から貯蓄しておくなど、計画的な返済が重要になって来ます。

短期アルバイトは評価されない
学生の場合、長期にアルバイトを続けるのはなかなか難しいので、お金が必要になった時に、必要なだけ短期的にアルバイトを行って、収入にしている人も少なくないと思います。こういった人がキャッシングを利用することを考えてみましょう。

短期アルバイトと言うのは日給かあるいは作業が終わった時点で給与が支払われるというような形の収入になります。しかしこれは金融機関的に見ると、月々収入が入ってくるというようには見えません。

したがって、短期アルバイトをいくらやっても、そもそもキャッシングの申込条件にある収入要件を満たすことができません。このためこういった学生の場合、キャッシングはそもそも申込むことができないのです。

強引に申し込んだとしても、審査に通過することはできませんから、キャッシングを申込むのであれば、まずは長期アルバイトを行わなければなりません。

学生向けの学生ローンというものが有る!学生でも返済しやすいローン

このように学生の場合一般向けのキャッシングと言うのは決してお勧めと言うわけではないのです。しかし最近では数が減ってしまいましたが、学生向けに学生ローンと言う金融商品を提供している消費者金融もあります。

これらの学生ローンも申込条件としての年齢制限や収入要件は一般向けの場合と変わらず、学生が誰でも利用できると言うわけではありませんから例えば現役合格の大学生の場合、利用は2年次以降ということになります。

ただこういった学生ローンは一般のキャッシングローンでは使いにくかった学生でも、例えば試験などで収入が減ってしまった時には、返済額を減額してくれるなど、柔軟な返済方法を利用することができ、返済しやすくなっています。

学生ローンとは

キャッシングの中にはこういった一般向けとは違う学生をターゲットにした学生ローンというものが有ります。

以前は各地で見かけることができたのですが、貸金業法改正で総量規制が設けられて利益が出しにくくなって多くが撤退してしまいました。

しかし現在でも大きな学生街に行くと、学生ローンという看板を掲げて営業している消費者金融を見つける事ができます。

ただし、こういった業者が近くに無かったとしても、最近ではインターネット上からも利用できる業者も有るので、たとえ地方からであっても、融資は利用できます。

以前の使い方の例としては卒業旅行の資金などに利用される例が良くありました。現在では卒業旅行も超豪華と言うわけにはいきませんが学生でなければできないような旅行に利用するのは良い利用方法と言えるでしょう。

年齢制限と安定収入が要求されるのは一般向けと変わらない

ではどういった人がこの学生ローンを利用出来るのかと言うと、実は学生ローンにもやはり申込条件が決められており、この条件を満たしていなければ、申込むことができませんから、まずこの条件を確認しなければなりません。

そこでこの学生ローンの申込条件ですが、実は条件自体は一般向けのキャッシングと大きな違いはありません。

学生ローンであっても、やはり年齢制限と収入要件が有り、20歳以上で安定した収入が無ければ融資は受けられないというのが普通です。

学生向けなんだからそれは無いだろうと言われそうですが、例えば収入要件の場合、貸金業法では基本的には年収の3分の1まで融資して良いということになっており、収入が有ることが前提になっています。

例外的に1社50万円まで全社合計で100万円までは収入を問わず法的には融資ができますが、消費者金融のほうも返済されなければ商売として成り立ちませんから、収入要件は外せない条件になっているわけです。

収入が少ない時期は返済額が減額される

では学生ローンなどと言っても一般向けのキャッシングと違いは無いじゃないかと言う人もいるでしょうが、そうでもありません。学生ローンと言っている以上、学生に配慮された面も備えているのです。

先程学生には学業上収入が減って返済が苦しくなる時期が有るということを説明しましたが、一般向けのキャッシングの場合そういった点への配慮はされませんが、学生ローンの場合にはその点安心の設計になっています。

学生ローンでは予め契約で、試験などで収入が減る時期には返済額を減額してくれるという条項が含まれており、学生は安心してローンの返済ができるようになっています。

また学生ローンによっては、借り入れした元本の返済は卒業後で構わないというような内容になっている場合も有ります。

ただし、その間利息の支払いが続くので、トータルで考えると、それほど有利な内容とは言えません。

なぜ年齢制限が有るのか
では一般向けのキャッシングにしろ学生ローンにしろ、なぜ年齢制限が設けられているのでしょうか。少なくとも高校卒業後の18歳以上なら申込めても良いのではないかと考える人も少なくは無いと思います。

実はこれは契約の問題です。未成年の場合でも契約を交わすことは可能なのですが、契約を交わすためには保護者の同意が必要になります。

このため、もしそういった保護者の同意が得られない状態で契約を交わしても、保護者が申し立てれば契約は無効になってしまいます。

このため例えば18歳の学生と契約して、10万円を貸したとしましょう。その後この契約が無効にされてしまったとしたら、業者は最悪10万円の損失になる可能性が有ります。

もし契約時に保護者の同意を確認するとすると、それには大きな手間がかかってしまいますから、業者としては最初から20歳以上にしておいた方が都合が良いというわけです。

未成年の場合のキャッシング方法とは?クレカの利用を考えてみよう

学生に中には20歳まで待てず18歳なんだけれどもキャッシングが利用できないかと考えている人も少なからずいます。しかし未成年では一般向けのキャッシングも学生ローンも殆ど利用ができません。

しかしこのような18歳でも利用出来るキャッシングは身近に存在しています。それはクレジットカードのキャッシング枠で、クレジットカードであれば18歳でも申し込むことができます。ただし未成年の場合には保護者の同意が必要です。

注意が必要なのはクレジットカードの場合、審査に通ればショッピング枠は必ず付けてもらえますが、キャッシング枠は利用者の状況次第で付けてもらえる人と付けてもらえない人がいるので、キャッシングが利用できない場合も有るということです。

未成年ではキャッシングローンや学生ローンは借りられない

このように一般向けキャッシングも学生ローンも申込条件による年齢制限が有るため、ほとんどの場合20歳以上でなければ、こういったローンでお金を借りることができないようになっています。

同じ大学生であっても18歳と20歳ではキャッシングの利用と言う点では全く扱いが違うわけです。実際に学生生活を考えてみると、友人は借りられるのに自分は借りられないという状況は理不尽に感じる人も多いはずです。

また場合によっては18歳であってもどうしてもお金が必要になるような状況に追い込まれてしまうことも有るものです。そういった時に利用出来るキャッシングについて考えておくことも必要でしょう。

クレジットカードのキャッシング枠なら可能性が有る

ここで一般向けのキャッシングや学生ローンと言う枠を外して、もう少し広くキャッシングと言うものを考えてみることにしましょう。キャッシングというのはなにもこういったローンとして提供しているものだけではありません。

具体的に言えばクレジットカードにもショッピング枠の他にキャッシング枠というものが付けられるのが普通で、使い方としてはカードローンと変わりません。これを利用すればATMから融資を引き出すことができます。

クレジットカードであれば、多くの場合20歳以上ではなくて18歳以上で申込むことができます。したがってクレジットカードのキャッシングが利用できれば実質的に18歳でキャッシングが利用できるということになります。

場合によってはキャッシング枠が付かないことが有るので要注意

これを読んだら18歳の学生さんがそれならすぐにクレジットカードを申込もうと考えるかもしれませんが、このキャッシングの利用方法には注意しなければならない点が有るのです。

クレジットカードには先ほど説明したようにショッピング枠とキャッシング枠の2つの利用枠が審査によって設定されるのが普通です。審査では利用者毎にこの枠が決められることになります。

クレジットカードですから審査さえ通ればショッピング枠は誰にでも付けられますが、実はキャッシング枠はそうではありません。審査ではキャッシング枠については付けるかどうかも含めて検討されることになっています。

つまりクレジットカードは作れたとしても、場合によってはキャッシング枠は付けてもらえない場合も有る訳です。この場合キャッシングの利用はできないということですから、キャッシングを目的にクレジットカードを作る場合には意味が無くなります。

特に18歳と言うような場合には返済能力も低いですから、キャッシング枠が無い場合も多いのでクレジットカードをキャッシング目的で作るときには注意しなければなりません。

未成年のキャッシングの利用は勧められない
キャッシングと言うのは平たく言えば借金です。長い人生では借金も必要ですが、これから人生を自分の力で進めて行こうという18歳程度の人の場合、安易に借金をするのは良いことではありません。

まずは自分のお金の管理というものを始めて、自分のお金の中で生活していくということを憶えなければなりません。お金が足りなくなったら借りれば良いというような生活をしてしまうと一生そういった考えを持ってしまう可能性が有ります。

ですからたとえクレジットカードを利用すればキャッシングの利用ができると言っても、安易に利用するのは止めましょう。まず必要なのは自分のお金の範囲内で生活していけるようになる事です。

そういった基本的なことを身につければ、20歳になってキャッシングを利用するにしても、適正な利用ができるようになっているはずです。

学費に充てるのであれば奨学金が基本!教育ローンという選択肢も有る

もしキャッシングの目的が学費の支払いということであれば、キャッシングの利用を考える前に、まずは奨学金が利用できないかどうかを調べてみましょう。日本の奨学金はローンですが利率はキャッシングよりもずっとお得です。

時期的な問題で奨学金が利用できないのであれば、保護者になりますが教育ローンの利用を考えてみて下さい。奨学金よりも金利は高くなりますが、それでもキャッシングを借りるよりもお得に利用することができます。

もし銀行など民間の金融機関の教育ローンが利用できない場合には、公的な貸付制度にも教育ローンとして利用できるものが用意されているので、キャッシングの借り入れを考えるのであれば、その前に確認しておきましょう。

学費が必要ならキャッシングではなく奨学金を利用しよう

ここまで学生がキャッシングを利用するという観点で説明して来ましたが、学生の場合、キャッシング以外にも、更に有利な方法でお金を借りる方法が有ります。利用している人も多いでしょうが奨学金です。

もし学費のためにキャッシングを利用することを考えているのであれば、奨学金を使用する事を勧めます。

奨学金には次の2種類が有ります。

  • 給付型
  • 貸与型

日本の奨学金の場合、一部を除いて貸与型が一般的です。貸与型と言うのは要するに貸して貰って、卒業後に返済するようなローンと変わりません。奨学金制度としては最低の部類と考えてよいものです。

それでもキャッシングで学費を作るよりも奨学金を借りたほうが有利なのは間違いありません。ですから同じローンを選ぶという目線で考えれて奨学金を利用することを検討するようにしましょう。

また奨学金としては国のものではなくても入学先の学校にも様々なものが用意されているので、学費が足りないという場合には、合格が分った時点で、学生課などで相談してみることもできるはずです。

奨学金が利用できない場合には教育ローンの利用を考えよう

ただし奨学金を利用するには時期的な問題も有るので、もし利用できない場合には、やはりキャッシングではなく親に教育ローンを利用してもらう方法を検討してみて下さい。

ローンを選ぶポイントの一つは有利な利用ができるかどうかと言う点です。この点奨学金は非常に有利と言えますが、それが借りられないのであれば次に選ぶべきはキャッシングではなく、銀行の目的別ローンになっている教育ローンです。

これが借りられれば、キャッシングよりも低利で学費に利用出来るお金を借りることができます。まずは親と相談して、借入れについて考えすぐに銀行に相談しに行ってみて下さい。

教育ローンの申込みはキャッシングよりも面倒なので、キャッシングで良いと言うように考えがちですが、そういった手間を惜しむと結局自分の損失に繋がるということを憶えておきましょう。

民間が駄目なら公的な教育ローンもある

もし民間の教育ローンが借りられない場合には、もはやキャッシングしかないのかと考えてしまうかもしれませんが、そういう場合に利用出来る公的な教育ローンも用意されているのでそういったローンの利用も考えてみましょう。

公的なローンや貸付けについては利用の前提になる条件が付いているのが普通ですから誰でも利用できるわけではありませんが、利用できれば、無利子か非常に低利で借りられますから大変有利な利用ができます。

ただし、公的なローンや貸付けの場合、申込みから実際の融資まで民間よりも多少時間がかかる場合が多くなっているので、申込みの時期に十分注意して、多少の余裕を見て申込みを行うことが必要です。

奨学金を利用するなら事前に調べておこう
もし奨学金を利用する気が有るのであれば、合格発表が有ってからでは遅く、前年から良く調べて申込みを行っておくことも必要です。ですから大学に行く場合、高校在学中に高校側とよく相談して必要な申込みをしておきましょう。

また奨学金には国の奨学金だけではなく、企業が提供している奨学金も存在しています。これ等の企業が行っている奨学金は給付型のもので、採用人数は少ないですが、学生にとっては大変使いやすいものになっています。

これらの企業の奨学金も高校在学中に申込みを行う必要が有るので、利用したい場合には十分注意しておくようにして下さい。

国の給付型奨学金も始まっていますが、利用するためのハードルが高く、誰でも利用できるものではありません。国は外国に資金援助する前にまずは日本人のためにお金を使ってほしいものですね。

ここで学生のキャッシングについて纏めておきます。

  • キャッシングは学生でも申込みができ審査通過は収入が前提になる
  • 学生向けには学生でも返済しやすい学生ローンがある
  • 未成年の場合にはクレジットカードのキャッシングであれば利用出来る
  • 学費に利用するのであればキャッシングよりも奨学金にするべき

キャッシングは借金ですから借りたら必ず返済しなければなりません。学生の場合も例外ではないので、キャッシングの利用を安易に考えて返済できなくなると学生でもブラックになる可能性が有るため注意しなければなりません。

【参考記事】
奨学金の返済未払いで審査否決?キャッシング審査は金融事故に要注意

閉じる
閉じる