どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングは完済後契約はどうなる?自動的に解約される訳ではない

キャッシングと言うのは借りては返すという利用方法で使われています。このため完済したとしても契約自体が終了するというわけではなく、継続しているのが普通で、契約自体を止めてしまう解約とは全く違います。

もしキャッシングの契約が残っている場合には、それがデメリットになってしまう場合が有ります。特に住宅ローンを利用しようという場合、完済していたとしてもキャッシングは利用していると判断され返済能力の算定に影響が出てしまいます。

そういう場合には完済だけではなく解約してしまった方が無難で、もし住宅ローン契約後にキャッシングが必要になった場合には、その時点で再度申込みを行えば、金融機関によっては有利な条件で利用できる可能性もあります。

キャッシングでは完済と解約は違う!通常は完済しても契約は継続する

大手金融機関のキャッシングはいわゆるカードローンでお金を借りては返すという利用方法を繰り返せば、一旦完済したとしても再度融資を利用することができます。つまり契約は継続しているということになります。

ただし通常契約は継続しますが、完済した後一定期間利用実績が無かった場合には、自動的に解約される場合も有るので、自分の利用しているキャッシングがどういった契約になっているのかは確認しておくべきでしょう。

またキャッシングの返済では千円未満の端数が残っていても返済は終了してしまいますから、自分では完済したつもりになっているかもしれませんが、良く調べてみなければ解約どころか完済もできていなかったということも有るため要注意です。

完済しても解約されるわけではない

キャッシングと言うのはカードローンを思い浮かべて貰えば分り易いと思いますが、融資を受けて完済してしまっても、後日また融資が必要になれば、いつでもカードを使って融資を受けることができるようになっています。

以前のローンは完済してしまっ他場合、新たな融資を受けるのは再度契約を交わす必要が有りましたが、カードローンではそういうことが無いのです。それがどういうことかと言うと完済してしまっても契約が継続しているのです。

したがって従来の概念でのローンの場合と違って、カードローンの場合には完済と解約は連動せず、完済したとしても契約が継続していくことになる訳です。

もちろんこれは利用者としても何度も契約しなくて済みますし、金融機関のほうも利用者が他に行ってしまうことが防げて大変良い契約形態と言えるでしょう。

自動的に解約されることも有る

ただし、金融機関のほうも全く使われなくなったカードローンをそのまま放置してはおけないと考える場合も有るため、一定期間利用が無い場合には、自動的に解約になってしまうカードローンも有るため注意しなければなりません。

ですから一時カードローンを利用していて、何年か後に再度利用しようと考えた場合、カードローンによっては利用できなくなっている場合が有り、そういう時には改めて契約がどうなっているのかを確認しなければなりません。

自動的に解約さえてしまった後、キャッシングを再度利用するためにはもう一度申込みを行って改めて審査を受けてこれにに通過しなければ利用することはできません。

以前使っていたからと言って必ずまた審査に通る保証は有りませんから注意してください。

完済しているつもりが完済していないこともある

もう一つ注意する必要が有るのが完済したつもりが完済してないケースです。

キャッシングの返済と言うのは千円未満の端数が残った場合、返済しなくてももう返済を求められません。

例えばATMから入金で返済している場合、千円未満の入金ができず、端数だけになってしまう場合が有り、そういった時にはもう支払は求められませんから、残っている事さえ忘れてしまうような場合も有ります。

しかし、端数だけであっても元本が残っていることには変わりは無く、返済が求められなかったとしても、完済にはなっていない、中途半端な状況が出来てしまいます。

自分は既に完済してしまっていると思っているキャッシングが有ったら、一度残高がどうなっているのか改めて確認しておきましょう。もしかしたら端数が残っておいて、金融機関的に言えば完済させていないかもしれません。

千円未満の端数が残っているとどうなる?
もしキャッシングの返済で千円未満の端数が残っている場合、どうなるのでしょうか。後日また融資を利用するのであれば、問題は無いですが、もう借り入れしなければ、残高はずっと残ることになります。

通常はそれでも構いませんが、例えばその金融機関の経営が傾いて、その金融機関が持っている債権をどこか別の金融機関に売ったとしましょう。その時にそれまでと同じように端数が見逃されるのかどうかは分りません。

もしかしたら、残った端数に対して、利息が付けられることになり、改めて回収が行われる可能性も有ります。もしかしたら忘れた頃に請求が来て、その間の利息で非常に高額になってしまっているというような事が無いとは言えません。

契約が残っていることによるデメリット?住宅ローン審査に影響する

ではもし完済していて解約がなされていない場合、どういった問題が有るのでしょうか。

これは大型ローンを利用する場合に現れます。特に住宅ローンの審査では、借り入れが高額になるため、キャッシングを利用中ということになると返済能力の判断に影響が出ることになってしまいます。

既に完済していて実際には返済しているわけではないから、返済能力には関係しないと考えがちですが、キャッシングはいつでも再度融資の利用ができるため、契約が残っていると審査では常に返済が有るという前提で評価されます。

したがって、もし住宅ローンの利用を予定していて、キャッシングは完済してしまっているのであれば、契約を解除してしまったほうが、住宅ローンの審査では、少なくともその分返済能力は高評価になるはずです。

住宅ローンは審査が厳しくキャッシングの利用も影響する

ではこのキャッシングの契約が残っているということで不利な影響が出る例を見て行くことにしましょう。

この場合大型ローンの借入時の影響が良く知られており、特に住宅ローンの審査では大きな影響が出ることが分っています。

住宅ローンと言うのは借入金額が他のローンとは段違いに大きくなるため、その審査は非常に念入りに行われることになっています。

返済能力の審査では年収から返済の可能性が計算されますが、これについても様々なパラメーターが加味され厳密な計算が行われる事になっています。

このパラメーターの中にはキャッシングの利用の有無とその返済額も含まれており、キャッシングの利用が有ればその分返済能力から差し引かれることになります。

このため、キャッシングの返済が有るということは、住宅ローンの審査には大きな不利として働くことになるのです。

契約が残っているだけで利用中と判断される

キャッシングは完済しているので、自分は住宅ローンの審査ではキャッシングの利用は影響ないと考えている人も少なくないのですが、実は金融機関はキャッシングの利用の有無と言うのは契約の有無で判断されます。

つまり完済しても解約にならないキャッシングと言うのは大きな盲点になりかねない訳です。

確かにキャッシングと言うのは契約が続いていれば再度借入れできるわけですから、金融機関としては無視するわけにはいかないと考えても無理は有りません。

もし住宅ローンの借入れを予定していて、以前カードローンを利用していたことが有るという場合には、必ず住宅ローンの申込みをする前に、利用していたカードローンの契約が今どうなっているのかを確認しておきましょう。

キャッシングの利用予定が無ければ解約してしまおう!

そういうわけでキャッシングの利用と言うことが、契約が残っていると言うだけでも大きな影響が出てしまうということが分りました。

このため住宅ローンを利用するのであれば、キャッシングの契約は解除してしまうことを勧めます。

ただし、既に完済してしまっているのであれば、簡単に解約できますが、まだ返済中ということであれば、すぐに返済してしまって解約してください。

すぐに完済できないというのであれば、住宅ローンの申込み自体を先に延ばすことも考えましょう。住宅ローンと言うのは一生に一度の大きな借入れです。借りる為には万全を期さなければなりません。

少しでも有利な借入れができる可能性が有るのであれば、出来ることはやっておきましょう。

住宅ローンは年齢も重要な判断材料
住宅ローンにはキャッシングの利用の有無の他にも様々な、判断材料があります。その中には年齢もあります。住宅ローンの場合返済能力も大切ですが、申込時の年齢も大きな判断材料として使われることになります。

住宅ローンと言うのは返済が非常に長期になります。長い場合には35年ローンと言う場合もあり、高額な借り入れを返済して行くためにはこれはやむを得ない事なのです。

この長期にわたる返済を行うために必要なのは、申込み時はある程度若くなければなりません。例えば50歳のときに35年ローンを借りようとしても完済時は85歳ということを考えれば金融機関はおいそれとは貸せません。

このように住宅ローンを借りようという場合には自分の年齢も重要になるということを覚えておきましょう。

解約してもキャッシングは再申込みできる!有利になる可能性も有る

しかし解約してしまってはキャッシングが必要になった時に借入れできなくなってしまって、それはそれで困ると考える人もいるでしょう。しかしそういう場合には再度キャッシングの申込みを行えばよいのです。

特に住宅ローンの利用者向けには一般向けとは別に有利な金利を付けた専用のキャッシングを用意している金融機関も有るので、そういったキャッシングが有れば現在計画中のキャッシングよりも有利な利用も可能になります。

ただし、この場合住宅ローンの返済と合わせて、返済額が高額化するので、安易に借りてしまうと返済できなくなってしまう可能性が出てきます。ですからキャッシングの利用はしっかり自分の返済能力を見極めたうえで行ってください。

住宅ローン借入後は再度キャッシングの申込みが可能

キャッシングを既に利用しておらず、今後も利用予定が無いという場合には解約してしまっても構わないのですが、今後も利用を続けたいと考えている場合には、住宅ローンの借入れでも解約はしたくないと考えるかもしれません。

しかし住宅ローンの審査に影響するということになってくると、やむを得ず解約するという人も多いでしょう。住宅ローンを借りる為には良い判断です。

しかし住宅ローンの借入後もキャッシングが利用できないのでは不自由でしょうがないと考える場合も多いはずです。

そういう場合には、住宅ローン借入後に再度キャッシングの申込みをして契約を行ってください。

キャッシングの審査では返済能力の評価は行われますが住宅ローンを借り入れているからと言って不利にはなりません。

住宅ローン利用者には有利なキャッシングが用意されていることが有る

また金融機関によっては一般向けのキャッシングとは別に、住宅ローン利用者向けにキャッシングを用意している場合が有ります。

住宅ローンを借りるということは非常に長期間にわたってお付き合いを続けるということです。ですから金融機関はそういった人たちを優遇して、様々な面でサポートできる仕掛けを用意してくれます。

この住宅ローン利用者向けのキャッシングでも一般向けのキャッシングに比べて金利で優遇されています。

例えばみずほ銀行カードローンの場合には適用金利に次のような違いが有ります。

一般向け 2.0%~14.0%
住宅ローン利用者向け 1.5%~13.5%

地方銀行などでは更に大きく金利が違ってくる場合も有って、大変お得な利用ができる場合も有るので、良く調べてみて下さい。

返済の可能性を慎重に見極めよう

ただし、有利な借入れができるにしても、問題は住宅ローンを抱えてキャッシングを利用した場合、本当に返済して行けるのかしっかり確認しておかなければなりません。もし返済できなければ住宅ローンにまで影響が及びます。

そこで、住宅ローンを借入れしている状態で、まず自分に残された返済能力がどの程度あるのか調べてみなければなりません。

そのためには自分の月々の収入と住宅ローンの返済を含めた月々の支出から次の数式で収支を計算してみることが必要です。

収支 = 収入 - 支出(住宅ローンの返済を含む)

この収支がキャッシングの返済額以上あれば、キャッシングを借りても返済して行けるでしょう。しかし足りない場合には、安易にキャッシングの契約をしないようにして下さい。

住宅ローンを借りた直後と言うのは返済は大変苦しいはずです。キャッシングの利用は収入が増えて多少余裕ができてからにすることをお勧めします。

有利に利用するための銀行選び
本文で説明しているように銀行は住宅ローン利用者に有利な条件でキャッシングの提供をしています。しかし、住宅ローンの利用者に対する優遇はそれだけではありません。

銀行によって違いますが、住宅ローン利用者には一般向けとは別に一通りの金融商品を用意しているところも有ります。それらの金融商品の金利は一般向けよりもかなり有利な設定がなされており、有利な借入れができるようになっています。

ですから住宅ローンを利用する程度の年齢になったら、マイバンクと言う考えを持って、利用する銀行を決めてお付き合いを進め、出来るだけ有利な金融商品を利用出来るように考えてみましょう。

金融機関のほうも長期に安定した利用者がいるということは大変望ましいことです。相互に信頼関係が築けるようにお付き合いを深めてください。

キャッシングの利用も時期を選ぼう!人生設計に沿ってお金を借りる

大型ローンの利用と言うのは自分の人生を左右することです。ですから、社会人になった時とうような人生の節目を迎えたら、予めこういった大型ローンの利用を前提に考えた自分の人生設計を行ってみましょう。

キャッシングと言うのはそういった人生計画に則った大型ローンの借入れに影響してはいけないもので、借りる場合には、影響しない時期を見計らって利用し、出来るだけ長期利用を避けるなど注意しなければなりません。

もし生活費の補填でキャッシングを利用しようというような場合には、そもそも生活レベルが収入に見合っていないので、まず行わなければならないのは生活の見直しです。このように無暗なキャッシング利用は止めましょう。

大型ローンをいつ借りるのか予定を立ててみよう

人生というのは様々な節目があり、そういった時には大概お金が必要になるため、金融機関はそういった節目に合わせてお金が借りられるような目的別ローンと呼ばれるものを用意して利用者のニーズを充たしています。

そこで社会人になるというようなときにそういった節目節目について考えてみて下さい。生活するには計画性が大変重要になります。そこでそういった節目がいつ来るのか自分の人生設計というものを考えてみましょう。

そうすれば自分が何時お金が必要になり、それまでに必要になる貯蓄とか、利用する大型ローンというようなものが見えてくることになります。

それによって自然と当面の目標を持つこともできるようになり、充実した生活もできるようになっていくはずです。

キャッシングの利用は大型ローンに影響してはいけない

人生設計ができ、大型ローンの利用時期も見えてくるようになれば、それに影響するようなキャッシングなどの借入れをして良い時期と言うものも判断できるようになる筈です。

ここで説明してきたようにキャッシングというものは住宅ローンなどの大型ローンの審査に影響が出てくるものです。したがってこういったローンの借入れ時期の前には利用を止めて契約を解除しておく必要が有ります。

また人生設計によって当面の目標が有れば、キャッシングのような借入れを繰り返すことの問題も良く分る筈ですから、本当に必要な時以外は借入れをしなくなるはずで、無駄な借入れを無くせる可能性も高いでしょう。

もう自分には人生設計の時期は終わったと考える人もいるかもしれませんが、計画性は常に必要です。自分の今後について考えておくことは無駄を省くためにも必要です。

生活費が足りなければ借りるのではなく生活レベルを見直すべき

こういう事を言うとそれでも生活を維持していくためにはキャッシングに頼るほかは無く、借入れ時期を調整するようなことは難しいという人が間違いなく出てくるものです。しかし本当にそうなのでしょうか。

生活の基本と言うのは自分の収入の範囲内で行うものです。そもそもお金を借りて生活を維持する方が無理が有るのです。

なぜそうなってしまうのかと言えば、一度レベルの高い生活を経験してしまうと、それを維持しようとするからです。必要なのは生活を維持するのではなく、生活を見直して無駄を省くことです。

必要が有れば生活レベルを落として自分の収入に収まる生活にしなければなりません。

日本と言うのはかつては常に収入が上昇する国でしたが、今はちがいます。生活の見直しが常に必要な国になってしまったということをよく理解しておく必要が有ります。

自動車ローンを利用しない自動車購入がお勧め
住宅ローンの次の大型ローンと言えば自動車ローンが有ります。最近では自動車離れが進んでおり一生借りない人もいるかもしれませんが、地方ではまだまだ自動車が無ければ生活できませんから、どうしても必要なローンとされています。

しかし自動車ローンはやり方次第で借りなくて済ませることも可能なのです。自動車は何年か経つと買い替えて再度自動車ローンを利用しますから、常に返済が発生していることになります。

そこで最初だけ自動車の購入を遅らせて、その間ローンの返済をしているつもりでお金を貯め、貯まったところで現金で自動車を買い、以後も同じ要領でお金を貯めて行けば、常にローンの借入れの必要が無くなります。

ローンで利息を支払う必要どころか、貯金で逆に利息を貰うこともできます。またキャッシングの借入れがローンの審査に影響するかどうかというような事も考える必要が有りません。

このように自動車の場合には最初の購入時期だけうまく調整できれば、お得なサイクルを作ることも可能なのです。

ここでキャッシングは完済後どうするべきかについて纏めておきます。

  • キャッシングは完済した後も契約は解除にならない
  • 契約が残っていると住宅ローンの審査ではキャッシングの利用中と判断され審査に影響する
  • キャッシングは住宅ローン契約後に再申込みすれば有利に利用できる可能性が有る
  • 人生設計を行いお金の必要時期を考えて大型ローンの借入れ時期を予想しキャッシングの利用時期を調整すると良い

キャッシングは大変便利な生活ツールになってきていますが、それが足を引っ張る事も有るということは常に忘れない様に注意してください。

【参考記事】
キャッシングの完済後どうする?使わない時には解約手続きを取ろう!

閉じる
閉じる