どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングは申込めない事がある?申し込み条件を確認しておこう!

キャッシングと言うと誰でも簡単に利用できて大変便利と言うイメージが有りますが、実は誰でも申し込めるというわけではありません。キャッシングにはそれぞれ申し込み条件というものが有り、これを満たしていなければ申込めません。

キャッシングを利用しようという場合、まず確認が必要なのが年齢制限です。キャッシングは若すぎても高齢過ぎても利用することができませんから、申込む場合は自分の年齢でも申し込めるものを探さなければなりません。

もう一つ重要なのが収入要件で、ほとんどのキャッシングでは申込みの前提として安定収入が必要ということになっています。収入が不安定な職種の場合には、申込みを断られる場合も有るので注意が必要です。

キャッシングを申込むには条件が有る!満たしていなければ門前払い?

キャッシングと言うのは日々コマーシャルなどで宣伝されていますから誰でも申込みができるように錯覚してしまいがちですが、実際にはそれぞれで申込条件が決められている為、その条件が満たせなければ申込みはできません。

この申込条件は各キャッシングでそれぞれ決められていますが、多くのキャッシングで共通している項目が、年齢制限と収入要件です。キャッシングによっては明記されている申込条件はこれ等の2種類だけと言うこともあります。

キャッシングを申込もうという場合には、細かい但し書きなども含めて申込条件を確認し、自分が申込めるかどうかを判断したうえで、キャッシングを選ぶ必要が有り、満たしていないものを申込んだ場合門前払いということも有ります。

各キャッシングにはそれぞれ申込条件が決められている

何か相手の有ることを始めようという場合、何らかの形で相手に対して申込みを行ってからということになりますが、キャッシングの利用もやはりそのキャッシングを提供している金融機関に対して申込みが必要です。

申込みでは単に通告するだけと言う形のものも有りますが、場合によっては相手のほうが受け付けてくれない場合も有るので、何かを始めようと思っても、申込めないという事態になることも有り、注意しなければなりません。

特にキャッシングのようにお金に関わってくる場合には、誰でも受け付けて審査で厳選するというものではなく、まず申込時点で申込条件が決められていて、申込みができる人を絞り込んでいるので、予め良く調べなければなりません。

しかもこのキャッシングの申込条件は、キャッシング毎に決まっていて、それぞれ微妙な違いが有るため、申込もうとするキャッシングが決まったら、そのキャッシングの情報を集めて確認する必要が有ります。

各キャッシングに共通している条件項目

申込条件には必ず入っている次の2点の条件項目が有ります。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限は申込みができる年齢の幅を規定したもので、この年齢の幅の中に入っていない場合には、たとえ大きな収入が有ったとしてもキャッシングの申込みはできません。

この年齢制限はキャッシング毎に違い、たとえ同じ金融機関内でもキャッシングが違えば年齢制限が変わることが有るので注意しなければなりません。

収入要件については殆どの場合安定収入が有ることと言う規定になっており、キャッシング毎に考え方が違い、多くの場合には月々返済ができる程度の安定性を求めています。

この2点の他、入っている場合と入っていない場合が有りますが次の条件が明記されていることが有ります。

  • 保証会社の保証が受けられること

消費者金融の場合は自社内で保証業務を行っているのが普通なので特に明記はされないのが普通ですが、明記の無いキャッシングであっても保証が受けられなければキャッシングの利用はできないので、この規定は常に入っていると考えてください。

ただし保証が受けられるかどうかは審査で判定されますから、申込み時点で考える必要はありません。

条件を満たしてるキャッシングを探す

キャッシングを申込む場合には、これ等を含めて、各キャッシングで規定されている申込条件を調べて、自分がその申込条件を満たしているかどうかを確認しなければなりません。

キャッシングによっては、これ等の項目に加えて但し書きのような形で申込みができない人が規定されていたり、逆にこれ等の条件に反していても申込みができるという人が規定されていたりするので、細かい字の部分まで確認が必要です。

特にキャッシングでは敬遠されがちな、パートアルバイト、専業主婦、学生、年金受給者などの場合には、申込みができない場合も多いので、特に明記が無く良く分らないという場合には、直接金融機関に問い合わせて確認して下さい。

申込条件の確認方法
各キャッシングの申込条件は直接金融機関の店舗に行ってパンフレットを貰ってきても良いですし、現在では小規模業者を除いてWEB上にホームページを公開しているので、ここにあるキャッシングの詳細情報で確認しても構いません。

申込条件を確認する場合には、申込条件の記載だけではなく、その他の部分もよく読んでおく必要が有ります。

例えば大手銀行や大手消費者金融はどこからでも申し込めますが、地方銀行や小規模消費者金融の場合には申込みができる地域が決っている場合が有って、これも一種の申込み条件になるので確認しておかなければならない訳です。

本文でも触れていますが、不明な点が有る場合には必ず金融機関に連絡を取って確認しておきましょう。申込んでから実は条件を満たしていないということが無いように注意してください。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング審査で日雇いは厳しい?審査通過の可能性を探る!

年齢制限は上限に注意!年齢は満たしても事実上申込めない場合もある

まず確認が必要なのは年齢制限です。年齢制限と一口に行っても、各キャッシングで違っているのでそれぞれ確認しなければなりません。殆どのキャッシングでは融資は成人でなければ行われず、下限は20歳となっています。

上限年齢は、55歳程度から始まって、75歳というものも有り、多くは65歳程度でから70歳程度までとなっていて、70歳を超えてしまうと数が減ってくるので、利用出来るキャッシングを探すのは難しくなります。

ただし年齢制限が65歳以上になっていても、年金は収入として認めていなかったりするので、定年後は事実上申込みができなくなってしまっているものも有り、キャッシングを探すときには十分注意しなければなりません。

申込可能年齢の下限は20歳でほぼ共通

年齢制限は通常下限と上限が決まっており、この間にいなければ申込みができません。この年齢制限はそれぞれのキャッシングで違っていますが、正確に言えば上限年齢がそれぞれ違っているという意味になります。

しかし下限年齢はほぼ共通しており、どのキャッシングを利用するにしても20歳以上でなければなりません。要するにキャッシングを申込むには成人でなければいけないということです。

これには契約に関わる理由が有ります。キャッシングを利用するには申込み後、審査を経て最終的には契約を交わさなければなりません。

契約と言うのは未成年でも交わすことはできますが、未成年の場合自分だけで契約ができるわけではなく、保護者の同意が必要になります。

一部のローンでは実際に保護者の同意を得て契約できるものも有りますが、キャッシングの場合にはそういったものは無く、最初から成人でなければ申込みができないとなっているのが普通です。

したがって、18歳で高校を卒業後、就職して安定した収入を得ているとしても年齢を満たしていないため、すぐにはキャッシングの申込みはできないということになります。

申込可能年齢の上限は各キャッシングで違っているので要注意

では年齢制限の上限はどうなっているのでしょうか。これはキャッシング毎にバラバラで、申込みを考えているのであれば、必ず確認しておく必要が有ります。

多くの場合は65歳前後になっていますが、最近では大手消費者金融などを中心にして70歳になるまでということになっているところも有り、高齢化に対応して年齢制限を引き上げているところも出てきています。

反面、銀行の中には55歳までとしていることも有るので、どのキャッシングも高齢化に対応しているわけではないので注意してください。

また地方銀行などを中心に複数の申込条件の異なるキャッシングを用意しているところも有るので注意が必要です。

こういう場合には、一押しの高額利用ができるキャッシングでは比較的上限年齢を低くしておき、別の低額利用しかできないキャッシングではもっと高齢まで対応するというような形になっていたりします。

したがってお勧めと言われるキャッシングが申込めないからと言っても、同じ金融機関内に他にもキャッシングが用意されていないかを確認することも必要です。

上限年齢が65歳以上でも申込みができない場合が有る

ここで注意しておかなければならないのは上限年齢が65歳以上になっていて一見高齢でも融資をしているように見えるキャッシングです。

最近では好きなだけ会社に残れる場合も有りますが、多くは65歳になると定年で会社を退職します。再就職することも多いですが、定年後は年金で生活するという人も少なくはありません。

年金と言うのは減額されるなどといろいろと批判はありますが、収入としてみれば高額でなくてもたいへん安定していると言えるものです。

しかしキャッシングではこれを収入として見ていない場合も多く、年金受給者を除くという一文を入れているキャッシングが少なくありません。

このため年齢制限が65歳以上であっても、年金以外の安定収入を要求される事が多く、こういったものでは実質的に申込みができないということになります。

また逆に年金を安定収入として認めていても年齢制限が65歳となっていて、申込みができないことも有るので、年齢制限と年金の関係をよく理解しておく必要がるでしょう。

18歳でキャッシングを利用する方法はあるか
本文では20歳以上でなければキャッシングの利用ができないと説明していますが、それなら借入れの方法が全くないのかと言えばそうでもありません。実は18歳でもキャッシングを利用できる可能性は残っています。

その方法はクレジットカードを利用することです。クレジットカードにはショッピング機能の他、キャッシング機能が有り、銀行のカードローンと同じようにATMから融資を受けることができます。

もちろん契約では保護者の同意が必要ですから、保護者に内緒ということではありませんが、18歳でも契約は可能になっています。

ただしクレジットカードにも審査が有りますから、ショッピング枠は利用できても、キャッシング枠は付いていないというような場合も有って、申し込めば誰でもキャッシングが利用出来るというわけではありません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
ショッピング枠の利用がキャッシング審査に影響?適正利用で影響無し

安定収入の基準は曖昧!自分に定期収入が有ることを示せることが重要

年齢制限は見れば分かりますが、収入要件は安定収入と言っているものが多く表現があいまいで、申込めるかどうかの判断が難しいですが、要するに月々返済できるだけの一定以上の収入が有れば良いと解釈できます。

ただし、申込みを受け付けてもらえたとしても、審査で安定性について確認が行われるため注意が必要です。こういった安定性は職業や職種によっても評価が違ってくるので、申込む場合にはそれらについての考慮も必要です。

キャッシングの申込みでは通常一定以上の借入希望の場合、年収を示す証明書類の提出を求められますが、申込者によっては安定性を示すために給与明細などの提出を別途求めてくる場合も有り、注意しなければなりません。

安定収入とは何が要求されるのか

安定収入といわれて、どういった収入を指すのかを考えてみてください。毎月ほぼ変わらない収入額と考える人もいれば、収入額は一定していなくても、ある一定以上の収入が有れば安定収入と考える人もいるはずです。

実態を考えてみると、やはり時期的に時間外勤務などが多くなったり、あるいは少なくなったりすることは、どんな業界でもある話ですから、後者の方が良くあてはまる解釈ではないかと考えられます。

これに対して収入額が安定せず、高額収入が有る場合も有れば低額になる可能性も有り、一定以上の収入が保証されているわけではないという場合も有ります。この場合には一般的に言えば安定収入とは言えないでしょう。

では金融機関がどういった収入を安定収入と考えているのでしょうか。基準としては曖昧ですが、やはり収入額自体は上下があるにしても、どんな場合も一定以上の収入があるという形が安定収入と考えているはずです。

申込みできても職業・職種によって評価が違うので要注意

このように安定収入と言う定義は曖昧で人によって考え方が異なるため、申込条件に安定収入と入っていても、実際には客観的に自分が申込めるのか申込めないのかの判断は出来ないでしょう。

ですから収入が無いような場合を除いて、多くは自分は安定収入だと考えて申込みをするでしょう。あとは金融機関側が審査を行って収入の安定性を評価して融資するのかしないのかを決めることになります。

先ほど説明したように収入の安定性としては月々一定以上の収入が有るかどうかがポイントになりますから、評価は職業や職種によっても変わることになり、一般的な評価としては次のようになる事が予想できます。

職業・職種 評価
正規職の公務員、会社員
非正規職の公務員、会社員 中の上
パート、長期アルバイト、自営業者
学生、専業主婦、年金受給者 中の下
短期アルバイト、水商売

自営業者などの場合には、事業の内容や業績によって評価は大きく変わるので、自分の収入だけではなく事業の安定性についても示せるようにすることが重要でしょう。

フリーターではローンの利用は難しい
本文で示した表を見れば分かりますが、短期アルバイトの場合、月給と言う形ではなく、仕事をした当日に日給あるいは時間給と言う形で給与を受け取ると言う形がほとんどになるため、安定性が無く審査での評価は非常に低くなってしまいます。

最近の若年層ではフリ-ターと言って、お金が必要になった時点で短期アルバイトを行って生計を立てている人がいますが、こういった形の生活は、気苦労は無いのかもしれませんが、残念ながら評価は低くローンの利用ができません。

若い時は良いのですが、将来を考えれば、必要な時にローンも借りられずたいへん不安定な生活を続けなければなりません。ですからフリーターと言う人はまず長期アルバイトに切り替えて月々収入の入る生活を始めてみてはいかがでしょうか。

キャッシングによっては安定性を示す書類が要求される

キャッシングでは通常一定額以上の借り入れを希望する場合、収入を証明する書類の提出が要求されますが、場合によってはそれ以下の借入希望の場合でも書類の提出が要求されることも有ります。

例えば個人事業主の場合、事業の安定性を示す書類を要求される場合も有り、キャッシングによっては、金融機関の方でフォーマットを用意していることも有るので、注意しなければなりません。

また勤続年数が短い場合には、やはり低額の借入であっても、年収を証明する書類、あるいは2か月分の給与明細の提出が要求され、収入が安定していることを示す必要が有ります。

また通常は要求されないような場合にでも、収入の安定性に不安が有る場合には、自分の収入の安定性を示すために、特に要求されていなくても、追加で書類を提出しても良いでしょう。

その他の申込条件とは?専業主婦や学生は申込めない場合が有る!

申込条件にはこれ等の他に、多くの場合但し書きのようにして、申込みができないと書き込まれているような、他の条件が付いているものが多数あります。

例えば専業主婦は収入が無いので、申込めないとしている場合や、配偶者に収入が有れば申込めると言った条件が書かれている場合が有ります。

また収入が有ったとしても学生は申込めないとか、年金は収入として認めず年金受給者は申込めないと書かれていることもあるので、そういった場合には申込むことができません。

こういった人の場合、申込みができるという理由で、小規模な怪しい業者を利用してしまうことも有りますが、そういった業者は闇金の可能性も有るので、事前に調べて怪しい業者には近付かないようにしなければなりません。

専業主婦の場合は配偶者に収入が有れば申込みできる場合も有る

申込条件には、年齢制限や収入要件に付随して独立した条件だったり、但し書きだったりしますが、様々な条件が記載されていることが有ります。ただしこれらも申込条件ですから、やはり申込むためには満たしていなければなりません。

こういった条件には特に申込みができる人を指定したり、申込めない人が指定されたりする場合が有ります。

そこで代表例について説明していくことにしましょう。まずもっとも例にあがるのが専業主婦の場合です。

専業主婦と言うのは一般的に解釈すれば収入が無い訳ですから、安定収入と言う要件を満たせず、キャッシングの申込みはできません。

しかし専業主婦は家計を預かっている存在であることも事実で、金融機関としては融資しても良いと考える場合も有ります。

そこで申込条件によっては、専業主婦に対しては特例として配偶者に安定収入が有るという前提で申込みを可能にしているところが有ります。

中には配偶者の収入と言う前提を特に設けず、専業主婦であれば申込可能としているところも存在しています。

しかしこれとは反対に、専業主婦に対して特に特例を設けず、無職として扱うというところもあるので注意しなければなりません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
専業主婦でもキャッシングの利用は可能?収入規制の例外に注目しよう

学生や年金受給者は申込みできるものを探す必要が有る

専業主婦に次いで、但し書きが多いのが学生と年金受給者の扱いです。

まず 学生の場合には、収入の有無にかかわらず申し込みを受け付けないというキャッシングが多くなります。

しかし特に制限を設けず、学生を特別視せずに一般の利用者と同等に扱っている場合も有ります。

この場合には年齢制限に触れず、安定した収入さえあれば学生であっても申込みを行う事が可能です。

もちろん返済は一般の利用者と同じように行う必要が有るので、学生には使いにくいものも有って、その点については注意しなければなりません。

年金受給者の場合もキャッシングによって違い、年金だけで申込める場合が有れば、年金以外に安定した収入を求める場合も有り、年金を受給しているからと言って申込みができるとは限りません。

学生にしても年金受給者にしても、決して申込み易いとは言えないため、どうしてもキャッシングの利用が必要と言う場合には、時間をかけて申込みができるキャッシングを探すことが必要でしょう。

申込めるからと言って怪しい業者を利用してはいけない

申込者の状況によってはなかなか申込めるキャッシングが見つからず、正規の金融業者ではキャッシングの申込みができない場合も考えられます。そういったときに自分ならどうするか考えてみましょう。

まず考えられるのは、節約して借入れしなくても済む方法を見つけることでしょう。しかし人によっては正規業者が駄目なら非正規の怪しい業者で融資を利用することを考えることも有るでしょう。

こういった業者は闇金と呼ばれ、利用の仕方によっては多重債務者に追い込まれるようなこともある大変危険な業者です。

申込めるとしてもこういった闇金の利用は絶対に避けなければなりません。

借入が必要であれば公的な貸付の利用を考えることも可能です。民間のキャッシングの申込条件が満たせない場合には、闇金ではなく、こういった公的貸付の申込条件が満たせないかどうか確認してみましょう。

闇金の利用を避ける方法はあるか
闇金の利用は危険ですが、こういった業者は外見上正規の小規模業者と見分けができず、もしこういった業者を見つけたら、闇金とは思わず安易に借りられると考えてしまう可能性も無いとは言えません。

小規模業者を利用する場合には、申込条件だけで判断するのではなく、闇金ではないことの確認も行っておく必要があります。そのためには金融庁の貸金業データベースを利用すると比較的簡単に確認できます。

金融業者と言うのは貸金業法によって、必ず登録しなければならなくなっています。しかし闇金は非正規業者と言われるようにこの登録を行っていません。ですから登録情報を調べれば正規業者かどうかを見分けることができます。

貸金業データベースはインターネット上から誰でも検索できますから、利用を考えている業者の情報を検索して次の情報が一致するかどうかを調べてください。

  • 業者名
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 所在地
  • 電話番号

登録が無いか、これ等の情報の内一つでも不一致になっているものが有れば、それは闇金ですから申込みは直ちに中止しましょう。

ここでキャッシングの申込条件に付いて纏めておきます。

  • キャッシングは申込み条件を満たしていなければ申込めない
  • 年齢制限は特に上限がキャッシングによってまちまちで注意が必要
  • 安定収入は表現が曖昧で収入が有れば申込めるが最終的には審査で判断される
  • 専業主婦や学生や年金受給者の利用はキャッシングによって条件が違うので確認が必要

実際の申込みでは申込条件を確認するのと同時に、自分の使い勝手なども考慮して良いものを選んでください。

【参考記事】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

閉じる
閉じる