どうしても審査に通りたい人向けサイト

日専連旭川のクレカとは?キャッシングの返済でのボーナス併用払不可

日専連旭川と言うのは地域の様々なお店の連合組織のようなもので、それらのお店で利用するクレジットカードを発行していましたが、現在ではクレジットカードの事業会社として株式会社になっています。

日専連旭川のクレジットカードには他と同じようにショッピング機能とキャッシング機能が有り、キャッシングの返済方法にはリボルビング払いと一括払いが用意されていますが、ショッピング機能のようにボーナスを組み合わせた返済はできません。

申込みを考えている場合には、申込める地域が限定されている為、自分が申込めるかどうかを確認しなければなりません。申込めない場合には自分の地域に他の日専連が無いかどうかを調べてみましょう。

日専連旭川のクレジットカードとは?国際カードごとに何種類かある

日専連は以前は各地にあったのですが、最近では数が減ってきており日専連旭川はその中の1つです。現在では株式会社となってクレジットカード会社となっていて各日専連でそれぞれ何種類かのクレジットカードを提供しています。

日専連旭川でも何種類かのクレジットカードが、提携する国際カード毎に提供されています。したがって日専連旭川の提供地域以外でも国内、海外合わせて何処でも利用することができ、通常のクレジットカードと考えることができます。

日専連旭川のクレジットカードも他のクレジットカードと同じようにショピング枠と同時にキャッシング枠が付けられますから、必要に応じてATMを利用したキャッシングの利用も可能になっています。

日専連とはどういった組織なのか

日専連と言うのは協同組合連合会日本専門店会連盟という各地にある事業共同組合の加盟する協同組合連合会が元になっており、そのクレジットカード事業を引き継いだのが株式会社日専連です。

大手通販業者に同じような名前の所が有りますが、直接の繋がりは有りません。

ただ株式会社日専連は直接クレジットカードは発行しておらず、実際に発行しているのは、各地にある株式会社日専連のグループ企業である日専連旭川のような会社が行っています。

これらの各地の日専連○○がJCBやDCなどの国際カードと提携した日専連カードと呼ばれるクレジットカードの発行業務を行っています。

ただし最近では日専連カードとは言わずに会社によっては別の名称を使っている場合もあるので、一度自分の使っているカードが日専連に関係が有るのかどうか確認してみて下さい。

日専連旭川のクレジットカードとは?

では日専連旭川はどのようなクレジットカードを発行しているのかと言うと、次のようなラインナップになっています。

  • 日専連JCBカード
  • 日専連DC/VISAカード
  • 日専連DC/VISAカード ぐでたまカード
  • 日専連DC/VISAゴールドカード
  • 日専連ETCカード

日専連DC/VISAゴールドカードのみ年会費1万円がかかりますがそれに見合うゴールドカードだけの特典が付いています。

日専連ETCカードは他の日専連カードと同様に日専連ドリームポイントが貯まるというほかは通常のETCカードと同じで、他のショッピングなどには利用することができません。

日専連旭川のクレジットカードのキャッシング

日専連カードもクレジットカードですからショッピング枠と共にキャシング枠も審査によって設定されます。したがってお金が足りない時はATMから融資を引き出すことが可能です。

日専連旭川のキャッシング枠は次のようになっています。

商品名 日専連カード
融資枠 50万円以内
金利(年利) 18.00%
返済方式 残高スライド方式、リボルビング方式または一括払い

クレジットカードのキャッシングですからカードローンのようなものと直接比較するのは無理が有りますが、比較的低額の50万円までの融資であれば、金利18.0%固定でも申込み直後に限定すればそれほど不利にはならないでしょう。

ただし、カードローンなどでは信用が増せばさらに有利な金利設定になっていく可能性が有るので、そういったことを考えれば、18.0%固定の金利では不利になっていくと考えられます。

どの国際カードを選べば良いか
クレジットカードを選ぶ場合にちょっと困るのが、提携する国際カードは何を選べば良いのか、と言う点ではないでしょうか。

例えば日専連カードで言えば、JCBとDC/VISAがありますが、こういった国際カードと提携していれば、日専連カードの提携店が無くても、国際カード側と提携していればクレジットカードとして利用できるわけです。

日本国内では提携店も増えてどちらを選んだとしてもそれほど大きな違いはありません。どちらを選ぶかは主に海外に行った時の問題です。海外ではその国によって強いカードが有れば、弱いカードもあります。

したがって、海外によく行く場合にはその国に提携店の多い国際カードと提携していたほうを選べば良いのです。

特に海外に行く予定が無ければ、あとは自分のよく行くお店が提携しているのがどこなのかを見極めて、選ぶようにしましょう。

日専連旭川のクレカのキャッシングの返済方法とは?ボーナス併用不可

日専連旭川のクレジットカードのショッピングの支払いでは月々の返済に加えてボーナスの併用の他、ボーナスだけの返済など、ボーナスを上手に利用したショッピングを可能にしていて、支払易くなっています。

キャッシングの返済方法としてはリボルビング払いと一括払いが用意されており、リボルビング払いを利用すれば月々返済額が一定になるため、返済の見通しがつけやすくなり、返済しやすいと言えるでしょう。

ただし、キャッシングの返済の場合、ショッピングの支払いのようにボーナス併用や、ボーナスだけを使った返済と言うのは出来ません。ショッピングの感覚で返済も考えていると、返済できなくなる可能性も有るので注意しなければなりません。

ショッピングではボーナス併用払いが可能

クレジットカードと言うのは以前は一括払いと言うのが基本でしたが、現在では、分割払いも出来るようになっているのが普通になってきています。

では日専連旭川のクレジットカードの支払いについて調べて行きましょう。まず買い物から支払いまでは次のような流れで進むことになっています。

買い物

 ↓

月末締め

 ↓

毎月20前後に請求

 ↓

利用者の指定日に支払い

返済方法は基本的には分割払いになっており、1回から36回払いが選べます。ただし、ボーナスを利用することも可能でボーナスの利用方法にも次のような方法が選べます。

ボーナスの利用方法 内容
ボーナス併用払い 10回払い以上で利用でき、7月と12月の支払額を加算する。
ボーナス一括払い 買い物をした時期により7月あるいは12月に一括して支払う。
ボーナス2回払い 買い物した時期により7月と12月、あるいは12月と翌年7月の2回で支払う。

このように会社員であればボーナスを使用することによりショッピングの支払いについて月々の負担を減らすことが可能です。

キャッシングではリボルビング払いや一括払いが選べる

これに対してキャッシングでは先ほど示したように返済方式は残高スライド方式、リボルビング方式あるいは一括払いが選べますが、ショッピング枠とは異なり、ボーナス併用と言う返済方法は用意されていません。

買い物をしたのとお金を借りたのでは扱いが異なる訳です。月々の支払い金額は次のように決められています。

  • 残高スライド方式の場合(コースによって異なるがここではCコースと呼ばれるものの例)
利用残高 月々の返済額
20万円以内 1万円
20万円超30万円以内 1万5000円
30万円超40万円以内 2万円
40万円超50万円以内 2万5000円
  • リボルビング方式の場合
キャッシング枠 月々の返済額
10万円以内 5000円
10万円超20万円以内 1万円
20万円超30万円以内 1万2000円
30万円超50万円以内 1万5000円

インターネット上にはショッピング枠と混同してキャッシング枠でもボーナスとの併用が可能なように説明している場合が有りますが、間違わないように注意してください。

キャッシングでボーナスを利用する方法

ではボーナスを利用するのは難しいのかと言われそうなので、ボーナスを上手に利用する方法を考えてみましょう。これは分割払いではなくて一括払いを利用します。一括払いですからボーナスを併用したり複数回利用することはできません。

一括払いには次の3種類が有ります。

  • 翌月一括払い
  • 二か月後一括払い
  • 三か月後一括払い

つまり一括払いを利用すれば支払いは3か月後まで延ばせるわけです。

これを利用すれば年中とは言いませんが、時期をうまく合わせてボーナス時に一括返済日を持ってくることが可能です。

もしボーナスを利用してキャッシングの返済を行いたい場合には、借入れ時期をよく考えて借りるようにしてください。

ショッピング枠をお金にするのは利用規約違反
最近よく話題に上りますが、ショッピング枠をお金に換えてくれる業者が有ります。これはショッピング枠で買い物をさせてその商品を買い取るという形でお金を渡すとう手順でショッピング枠をお金にするわけです。

この方法ならショッピングですから、本文で説明しているようなボーナス併用も利用できることになります。

当然ですが買い取ってくれる金額は実際に買った金額よりもかなり少額になり、結局買った分のお金を後で支払うわけですから、差し引き大きな損失になりってしまいます。もちろんそんな取引はしないほうが良いのは間違いありません。

またクレジットカード会社のほうもそういったクレジットカードの利用方法は利用規約で禁止しているので、バレればクレジットカードの解約に繋がることになりますから、絶対に行わないようにして下さい。

日専連旭川のクレカは誰が申込めるの?地域が限定されるので注意!

日専連の場合旭川も含めて、元々は地域のお店が集まって出来たもので、現在でもその範囲が決っています。したがって、他の多くのクレジットカードのように全国から申込めるというものではなくて申込みができる地域は限られます。

また年齢制限は、日専連のクレジットカードだけではなくクレジットカードの多くで同様ですが、18歳から利用が可能になっています。

このため銀行や消費者金融のキャッシングは20歳以上でなければ利用できませんがクレジットカードの場合には未成年でもキャッシングが利用出来る可能性が有ります。

もし日専連旭川のクレジットカードの内容が気に入って申込みたいが残念ながら範囲外で申込めないという場合には、自分の地域には日専連が無いかどうか良く調べてみて下さい。同じようなクレジットカードが利用出来る可能性が有ります。

日専連旭川のクレカの申込条件

ではこの日専連旭川の日専連カードの申込みは誰でも行えるのでしょうか。申込条件は次のようになっています。

  • 18歳以上70歳未満
  • 継続した収入が有る
  • 旭川・深川・滝川・富良野・士別・名寄・稚内及びその近郊に居住

条件を満たせば主婦や 年金受給者でも申込みが可能

この中で大手クレジットカード会社と違っているのが、居住場所が指定されていることです。

日専連は最初に説明した通り、各地に日専連旭川と同じようなグループ会社が有るため、それらの営業活動を妨げないように、それぞれ銀行で言えば営業地域のようなものが決まっているわけです。

したがって日専連旭川の日専連カードの申込みを考える場合には、自分が指定された地域に居住しているかどうかをまず確認してみる必要が有ります。

未成年でもキャッシングの可能性が有る

もう一つ注意してほしいのは申込み年齢です。クレジットカードでは特に珍しくはないのですが18歳から申込みが可能です。これをキャッシングと言う面から見てみて下さい。

銀行や大手消費者金融のカードローンや中小消費者金融のキャッシングの場合、申込みが可能なのは概ね20歳以上と言うことにになっています。つまりそういったキャッシングでは未成年は利用できない訳です。

しかしクレジットカードの場合には未成年であっても申込みが可能ですから、18歳でもキャッシングが利用出来る可能性が有る訳です。

ただし契約を交わす場合には、未成年者は保護者の同意が必要になりますし、審査ではショッピング枠は認められてもキャッシング枠は認められないことも有るので、申込みに当たっては注意しなければなりません。

自分の地域で利用出来る日専連を探してみよう

もし日専連旭川の日専連カードが気に入って自分も使いたいのだが自分は申込みができる地域に居住していないという場合には、諦めるしかないのでしょうか。

日専連は説明した通り各地にあります。したがって日専連旭川の利用はできなかったとしても、他の日専連のグループ会社の日専連カードなら利用することができる可能性はあります。

ただし、日専連の場合、全国至る所にあるということではありませんから、どこの日専連も利用できないという地域も存在するため、申込みに当たっては十分注意しなければなりません。

また申込条件には地域名とその近隣と書いてあるので、隣接する地域で日専連カードが利用出来るようであれば、一度問い合わせて利用できないかどうかを確認することも必要でしょう。

意外にアバウトなところが有れば、交渉次第で利用出来る可能性も出て来ます。

未成年でクレジットカードを作るには
未成年でクレジットカードを作る場合、本文で説明しているように収入が有って保護者の了解が得られれば審査に通る可能性が有り、これが未成年者がクレジットカードを作る条件になります。

もう一つ未成年でクレジットカードを持つ方法としては、家族カードを発行してもらう方法が有ります。

ただし、クレジットカードによって家族カードを持てる条件は違っており、本文で紹介している日専連旭川の場合のように家族カードといっても配偶者だけになっていることも有ります。

また家族カードの場合にはショッピング機能に限定して提供していることも有るので、申込みに当たっては自分が求める機能が利用できるかどうかよく確認しておくようにしましょう。

キャッシング目的でクレカを作るべきではない!有利な借入れを考える

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が有ると説明しましたが、クレジットカードと言うのは本来はショッピングを目的にしたもので、キャッシングの場合カードローンなどと比べると金利が高く不利になります。

そこで必要になるのがクレジットカードを自分はどのような目的で作り、キャッシングを利用する場合にはどのような借入方法をするのか考えてみることです。借入れを頻繁にするのかあるいは極たまに利用するのかと言ったことを考えてみて下さい。

もし、クレジットカードを主にキャッシング目的で作り、頻繁にキャッシングを繰り返すのであれば、クレジットカードの利用は勧められず、カードローンなどの利用を考えたほうが有利な利用ができるでしょう。

クレカのキャッシングの金利は高め

日専連旭川の日専連カードでは説明したようにキャッシングの金利は18.0%で固定されています。

これは大手消費者金融のカードローンの最高金利と同程度になっているため、特に損をするという感覚は無いかもしれません。こういったカードローンの利用者でもやはり18.0%程度で融資を受けることになる分けです。

しかし大きな違いはこういった大手消費者金融の金利と言うのは大きな幅を持っている事です。

大手消費者金融のカードローンなどの場合には利用者の信用によって利用限度額と金利を決めています。したがって最初は同じ程度の金利が設定されていたとしても、利用を続けて信用が上がればもっと大きな利用限度額で低い金利が適用されます。

このため利用当初は同じであっても、利用を続けて利用限度額の見直しを行えば、金利が下がってもっと有利な借入れができるようになる訳です。

日専連カードではいつまでたっても18.0%の金利で変わりませんから、将来的に考えてみればこういったクレジットカードのキャッシングの金利と言うのはカードローンなどと比較して高めになってしまう訳です。

自分の借入方法を考えてみよう

ただし金利が高いからと言って直ちに損失だと考えるのは早計です。損失と言うのはこの場合利息が大きくなるという意味です。そこで利息について考えてみると、利息は次のように計算されます。

利息 = 元本 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

つまり、利息と言うのは金利も影響しますが借入期間も同じように影響します。

そこで重要になってくるのが自分のキャッシングの利用方法です。例えば大きなお金を借りて長期に返済して行くのであれば借入期間が長い訳ですから、加えて金利が高いということになると利息はかなり高額になってしまいます。

しかしたまに少額の借り入れをしてすぐに返済してしまうような利用方法の場合には、借入期間が短いので多少金利が高かったとしても、利息としてはそれほど大きくはなりません。

キャッシングを利用する場合には自分の利用方法について、こういったことをよく考えておく必要が有ります。

キャッシングが目的ならカードローンを選ぶべき

クレジットカードはキャッシングを利用するためにある訳ではありません。主要な利用方法はあくまでショッピングでの利用です。

ですから自分の利用方法としてはショッピング中心でたまに必要になった時にキャッシングを使うという場合にクレジットカードと言うのは最適なものになるでしょう。

しかしキャッシングが主な目的と言うのであれば、金利的に不利になってしまう、クレジットカードのキャッシングを利用するよりも、キャッシング専用のカードローンの利用をすべきでしょう。

ですからクレジットカードを作ろうと考える場合には、自分は何のためにクレジットカードを作るのかその理由をはっきりさせて、利用方法に合わせて、最適なカードを作るようにして下さい。

クレジットカードのキャッシングは海外で真価を発揮
本文で説明しているようにクレジットカードのキャッシングと言うのは決して有利なものではありません。ただしクレジットカードのキャッシングが真価を発揮する場面が有ります。それは海外旅行をした場合です。

海外では日本ほど治安が良い訳ではありませんから、多額の現金を持ち歩くのは良くありません。また日本円を持って行ったとしても、現地通貨に両替するのに高額の両替手数料を取られてしまいます。

そういった場合に利用したいのがクレジットカードのキャッシングで、現地の銀行から現地通貨をキャッシングすることができます。

もちろん利息がかかりますが、帰国後すぐに返済してしまえば現地で掛る両替手数料よりも少額で済ませることができます。つまりこの場合にはキャッシングでお金を借りたほうが有利になるのです。

ここで日専連旭川のクレジットカードについて纏めておきます。

  • 日専連旭川はクレジットカードを発行している会社
  • 日専連旭川のクレジットカードのキャッシングの返済ではボーナス併用の返済はできない
  • 日専連旭川のクレジットカードは申込み地域が限定される
  • キャッシングが目的ならカードローンを利用すべき

地域限定のクレジットカードには様々なものが有りお得な特典もつくことが有るので、日専連カードが無くてもそういったところを探してみてはいかがでしょうか。

【参考記事】
目的別ローンは面倒でカードローンを利用?もしかして大損してない?

閉じる
閉じる