どうしても審査に通りたい人向けサイト

親バレせずにキャッシングを借りたい!バレないようにする方法とは?

キャッシングの利用を考えている人の中で、親と同居している場合親にはキャッシングの利用を知られたくないと考える人はかなりの割合になります。そこで親バレしないための方法を考えておかなければなりません。

そこでどのような契機で親バレしてしまうかを考えてみると家への電話と郵送物が考えられ、それぞれに対して対策を行っておかなければなりません。ただし返済できないなど異常が発生した場合には対策は難しくなります。

ただし、キャッシングは親に隠しておくよりも、困った時には助けてもらわなければならないということもあるので、先々を考えれば親や家族と情報を共有しておいたほうが良いため、申込み時から相談しておくべきでしょう。

キャッシングの利用を親に隠したい人は多い!バレる契機を考えてみる

キャッシングの利用を親に隠しておきたい人は大勢いると思いますし、同居している場合にはバレないようにするのは悩みの種と言ったところでしょうか。

バレるとすれば、まず申込時の自宅への電話連絡が有ります。もしその電話に親が出てしまったら、金融機関側が個人名でかけてきたとしても怪しい電話だと思わない保証は無く、根掘り葉掘り聞かれる可能性が有ります。

また電話だけではなく郵送物も毎月利用明細が送られてくるので、これも疑われる可能性が有り、万が一開封されて見られてしまったら、キャッシングの利用はバレバレで、大変厄介な存在と言って良いでしょう。

さらに返済が行き詰ってしまうと、督促状が送られてきたり、回収担当から電話がかかってくることになるので、さすがにここまで行ったら隠しておくのは難しくなってしまうでしょう。

申込時には自宅に電話がかかる

キャッシングの利用が親に知られてしまう契機としてまず考えられるのが、申込時の自宅への電話でしょう。

親が出てしまえば疑いの目で見られるかもしれません。自宅への電話として考えられるのには次のようなものが有ります。

  • 申込みの確認電話
  • 仮審査結果の連絡
  • 審査結果の連絡

これ等はすべてのキャッシングで共通しているわけではなく、有る場合と無い場合が有りますし、キャッシングによってはさらに別の電話が有る可能性も有るので、申込もうというキャッシングが決まったら確認が必要です。

例えば申込みの確認電話と言うのは申込み情報が金融機関に届いた直後の審査前に、本当に申込みをしたのかどうかを確認するために行われるもので、あまり多くの金融機関では行っておらず、多くはそのまま審査に入るようになっています。

またキャッシングによっては 仮審査と本審査を分けていない場合も有るので、仮審査の結果連絡が有るのはやはり一部のキャッシングということになります。

また仮審査も含めて審査結果の連絡では、最近はインターネット上で表示させたり、メールによる連絡が行われる場合も多く、電話連絡が無いキャッシングも増えてきています。

月々の利用明細書が郵送される

次に親バレの契機として挙げられるのが郵送物です。

郵送物として挙げられるのには次のようなものが有ります。

  • 審査結果の送付
  • 契約書類の送付
  • ローンカードの送付
  • 月々の利用明細書の送付

まず申込時の話として、審査結果を郵送で行っている場合が有ります。中には審査を通過した場合は電話で、審査を否決にした場合はハガキで行っているキャッシングも有ります。

また最近では契約をインターネット上で行えるようにしているキャッシングも増えてきてはいますが、まだまだ紙文化は生きていて契約は書面の遣り取りで行っている場合も有り、郵送かあるいは店舗に行く必要のあるキャッシングは多いです。

契約が完了すればキャッシングは利用できるわけですが、ATMから融資を引き出すにはローンカードを受け取る必要が有り、これは通常簡易書留かあるいは窓口や自動契約機から受け取る必要が有ります。

ここまでは申込時に注意すればバレないかもしれませんが、利用を開始すれば月々利用明細書が郵送されてきます。もちろん金融機関も注意していて外見上は何の郵便物か分らないようになっています。

しかし家族が何度もそういった郵便物を見てしまえば不信に思うことも出てくる可能性が高いでしょう。中身を見られてしまったらもう隠してはおけません。

返済が滞ると督促状や電話が有る

もう一つのバレる契機は異常事態が発生した時です。ローンで異常事態と言うのは大概返済ができなかったという場合です。返済ができなければ金融機関は利益をあげることができませんから、すぐに入金を促してきます。

金融機関からの連絡には次のようなものが有ります。

  • 督促状の送付
  • 回収担当からの電話

督促状と言うのは何かの支払いが遅れたようなときに送られてくるもので、公共料金などでも残高不足で引落しができなかった時などに送られるため、経験がある人も多いと思いますが、キャッシングでも同じです。

督促状を送っても入金が行われなければ、問題は回収担当に移ることになり、担当者から電話が入るようになります。

対応は紳士的ですが、回収担当者と言うのは声だけでも威圧感が有る場合が多いので家族が出たら何だと思うはずです。

キャッシングによっては督促状の前に電話が入るようになっているものもあります。

回収担当から電話が来ても入金しなければどうなるか
もし回収担当から電話が有ってもお金の用意ができず、返済が行えない場合には、何度か遣り取りが行われた後、最終的には催告書というものが郵送されることになります。これは金融機関側からの最後通牒です。

催告書には期日が指定されそれまでに入金されなければ法的な手続きに入るというような事が書かれており、裁判所の決定が出次第、差し押さえなどに進むことになるので、催告書を無視していては大変なことになってしまいます。

もしどうしても返済ができないという場合には、弁護士などに相談して金融機関側と話し合いに入り債務整理を行うしかありません。債務整理を行うと信用は失われますが返済条件を変えて返済しやすくできる可能性が有ります。

また返済能力が無いと判断されれば自己破産と言う道を選ぶこともできます。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
ローンは返済できなければ債務整理が必要!キャッシングでも同じです

バレる可能性は親だけではない!職場でも注意が必要になる

キャッシングでバレると言うと、親の話だけではありません。通常キャッシングでは、申込者の勤務先に電話を入れて在席を確認するため、親と言うよりも職場での周囲に知られるのではないかと、こちらの方を気にする人のほうが多くなります。

ただこの電話では金融機関側が、この電話が嫌がられていることを理解していて、個人名でかけるなど配慮されていますから、そう簡単にキャッシングの在席確認だというような事は分らないと考えてよいでしょう。

どうしても在席確認は避けたいと考えるのであれば、在籍確認を行っていないキャッシングがごく少数ながら存在しています。ただし、こういったキャッシングでは前提条件が付いたり、使い勝手に問題が有ったりするので要注意です。

審査中に勤務先に掛る在籍確認電話とは

キャッシングの利用者は親バレも気になるところですが、その他の知り合いにも出来ればキャッシングを利用していることは隠しておきたいと考えるのが普通です。特に職場の同僚などには決して知られたくないと考えるでしょう。

しかし、キャッシングでは自宅への連絡の他にも、申込時に申告してある勤務先に対して、実際にその職場に在籍しているのかどうかの確認を行うための電話連絡が行われることを知っているでしょうか。この確認を在席確認と呼んでいます。

在席確認は本人確認の一環として行われるものです。申込時に送付する本人確認書類だけでは本当に本人が申込んでいるのかどうかの確認が不十分なため、職場のほうに在席していることを確認して、申込者が本人だと判断しているわけです。

こういった確認が有ると申込者のほうは周囲にバレるのではないかと考えてしまうため、在席確認と言うのは申込者に非常に嫌がられています。しかし金融機関も本人確認はしっかり行う必要が有るので、この確認はなかなか外せないようす。

周囲にはまず分らないように注意がなされる

ただし金融機関のほうもこの在籍確認が申込者からはたいへん嫌がられていることはよく理解していて、職場に電話をする場合でも周囲に在席確認だということが分らないように配慮をしています。

例えば電話での名乗りですが次のように行われます。

金融機関 電話での名乗り
銀行 銀行名あるいは担当者の個人名
消費者金融 担当者の個人名

銀行の場合は預金などの話の場合も有るので電話が有っても注目されるような事にはならないでしょうから銀行名で行われる場合が多いですが、消費者金融の場合にはほぼすべて個人名で電話が行われています。

また話の内容も簡単な質問をされたりしますが、キャッシングを連想するような話は出ませんから、もし誰かが近くにいたとしても、そう簡単にキャッシングの在席確認ということは分らないはずです。

在席確認が無いキャッシングはごく少数しか存在しない

どうしても在席確認は困るというような場合には、最近になってごく少数ですが、在席確認の電話が行われないキャッシングが現れて来ているので、それらの利用を検討してみることができます。

ただし、こういった在籍確認電話の無いキャッシングであっても、他の方法で本人確認が取れなければ、やはり在席確認の電話が行われることになります。

他の方法と言うのは例えば指定した銀行に普通預金口座を持っていることといったようなものです。この場合普通預金口座を作る段階で本人確認が行われますから、その確認を信用するということです。

しかしこのようなキャッシングでは利用方法を銀行振込だけにしてATMが使えなかったりする場合が有ったりするので、自分の使い勝手に合っているのかどうか、しっかり確認が必要です。

こういった在席確認電話が無いキャッシングは説明したように非常に数が少ないので、選択肢が狭く、なかなか自分向きのものが選べないため十分注意しなければなりません。

自営業者は在宅確認?
在席確認は勤務先に電話が有りますが、公務員や会社員のような場合は分りますが、自宅で事業を行っている自営業者などの場合にはどうなるのでしょうか。職場に行っていないので在席確認は無いのでしょうか。

確かにそういった場合には在籍確認が行われない場合も有りますが、ほとんどのキャッシングでは、勤務先への電話の代わりに自宅への電話を行って在宅していることを確認しています。要するに在宅確認です。

もちろん家族がそばにいれば、その電話を怪しむ可能性は無いとは言えませんので、自営業者の場合には電話が有りそうな時間には、必ず在宅していて、家族が電話を受けないように注意しておく必要があるでしょう。

キャッシングの利用をバレないようにする方法!契機毎の対策とは?

では親バレを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。バレそうな契機毎にその対策を考える必要が有ります。

まず自宅への電話の対策としては、最近では申込時に記載する連絡先電話に必ずしも固定電話を記入する必要が無いところも多くなってきており、最初から自分の携帯電話を連絡先にすることで自宅への電話は回避できます。

また利用明細の送付はインターネットでの利用状況の確認機能が有るキャッシングの場合には、通常利用明細の送付を止めることができるようになっており、契約と同時にこの止める手続きを行っておけば回避できます。

ただし、返済が滞ってしまった場合には連絡は回避できませんから、そもそもそういった状況にならないように返済には十分注意する必要が有ります。

申込時の連絡先電話に注意

そこでここまで説明してきたような親バレの危険性が有るときにどうやってそれを回避して行けばよいのかについて考えていくことにしましょう。

まず家への電話連絡の回避方法ですが、何故家に電話にかかってくるのかと言うと、申込時に家の固定電話を連絡先として申告している為です。

以前はこの家の固定電話と言うのは記入が必須だったのですが、最近では携帯電話が普及してきたため、必ずしも必須ではなく、携帯電話か自宅の固定電話か少なくともどちらか一方の電話番号を申告すれば良い場合が多くなってきています。

ですから連絡先と言えば条件反射のように自宅の固定電話を記入してしまう人もいるかもしれませんが、自分の携帯電話にしておけば、これまで自宅に掛ってきていたような連絡電話は携帯電話のほうに掛ることになります。

携帯電話の番号は親しい友人や知人にしか教えないというような人の場合には駄目ですが、親バレを防ぎたいのであれば申込時点で注意して連絡先を携帯電話にしておくようにして下さい。

利用明細書は送付を止められるキャッシングが有る

では郵送物はどうすれば良いでしょうか。申込時は郵送物が有れば十分注意するしかありませんが、利用明細書は毎月定期的に送られるものですから、どうにかしたいと考えている人は少なくないはずです。

利用明細書と言うのはあまり見ていないという人もいるかもしれませんが、借り過ぎを防ぐためにはよく見て現状を理解する必要が有るもので、無暗に無くしてしまうのは問題が有ります。

しかし現在は技術進歩のおかげでインターネットという便利なものが有るため、インターネット上からオンラインで自分の利用状況を確認できるようになっているのです。

したがって利用明細書というものは必ずしも必要な物とは言えなくなったため、キャッシングによっては利用明細書の送付を止めてしまうことができるもも増えてきています。

そこで親バレを防ぐためにはキャッシングを契約したら、すぐに利用明細書の送付を停止する手続きを行っておけば、少なくとも利用明細書の送付は無くすことができます。

返済が滞ると連絡は止められない

このように申込み時や通常の利用を続けている間は、バレる契機を取り除くことが出来そうです。しかしこれに対して異常発生時にはそう簡単には行きません。金融機関のほうも損失を無くすために必死になるからです。

督促状は利用明細書を止めていたとしても自宅宛て郵送されますし、回収担当からの電話も最初は連絡先である携帯電話に行われますが、それで連絡がつかなければ、職場等にも電話が行われる可能性が有ります。

また金融機関間で情報を共有するために作られている信用情報には利用者の基本情報として自宅の固定電話番号なども格納されており、なかなか連絡が取れなければ、こちらから電話番号が調べられてしまう可能性も無いとは言えないでしょう。

要するにここまで行ってしまったら、親バレを気にしていては信用を損なうだけですから、早めに相談したほうが良いのではないでしょうか。

在席確認電話の対策
本文では親バレを防ぐための方法について説明していますが、では在籍確認電話には何か対策のようなものは無いのでしょうか。

在席確認は本文で説明したように金融業者のほうも個人名でかけるなど周囲にバレないように対策をしていますので、気づかれないはずですし、なにより周囲の人と言うのは自分が考えるよりも人のことなど気にしないものです。

ですから、いつもどおり堂々と応対していれば、まずバレるようなことはないのです。

そうは言っても万が一気が付いてしまうかもしれないというような心配をする場合には、何か言われたら、クレジットカードの申込みをしたのでその確認電話だと言えば納得するでしょう。

クレジットカードであれば持っていてもまったくおかしな話ではないし、現在では必需品とも言えますから、おかしいとは思わないはずです。

親に隠しておくことは得策ではない!家族とは情報共有すべき

親に隠しておくことばかり考えてきましたが、本来は親に隠しておくことはお勧めできない事なのです。そもそも同居していて親や家族に隠し事をするのは精神衛生的にも良いことでは有りません。

また返済が行き詰ってしまった場合にも助けを求められるのは親や家族なのです。

したがって、キャッシングを利用する場合には、借り入れの前に親や家族とどういった借入れをいくらするのかということの情報を共有しておくことを勧めます。

もし借り入れを反対された場合でも、反発するのではなく、何故反対するのかその理由をよく聞いて、自分の考えに何か抜けが有ったりしないかをよく考え、必要な借り入れの場合には納得が得られるまで説得するべきでしょう。

親に隠しておくことがなぜお勧めできないか

キャッシングを親に隠しておきたいと考える気持ちはわかりますし、説明してきたように異常事態さえ起こさなければ、隠しておくことも実際に可能かもしれません。

しかしキャッシングと言うのは一回限りの借入れでは終わりません。長期にわたって何度も借りては返すという使い方をするはずです。ですから今現在は返済できていたとしても、いつ異常事態に陥るかわかりません。

もっと言えば誰であっても順調な時が有れば不調な時も有るものです。したがって普段から異常事態になってしまった時にはどうすれば良いのかについても考えておかなければなりません。

そういった時には、支援してくれる人がいれば大変助かるものです。しかし異常事態を起こすようなときに他人は決して助けてはくれません。要するにそこで頼りにできるのは親であり家族と言うわけです。

ですから職場で隠すというのは構いませんが、家庭にいる時は精神衛生的にも負担が大きくなる親や家族に隠し事などせずに、何でも相談できる環境を作っておくのは大変重要なことなのです。

借入れ前に家族と情報を共有しておこう

そこでキャッシングを利用する場合には隠し事をするのではなく、積極的に相談をして、自分がお金が必要だということを説明することから始めて、融資を利用することまで話してしまいましょう。

場合によってはそうすることによって、多少の援助が得られ、借入額を少なくすることができるようになる可能性も無いとは言えません。

このようにキャッシングについては親や家族と情報を共有しておくようにしましょう。

そうすれば異常事態が発生した場合に、自分の信用が大きく崩れてしまう前に、相談することができ、以後の人生にも大きな障害を作ってしまうことを防げるかもしれません。

親や家族と言うのは言い方を変えれば運命共同体のようなものです。自分が債務整理に追い込まれれば、家族もそれなりに影響を被ることになることを忘れない様にしましょう。

借入れを反対されたときに行うべきこと

しかし親や家族にキャッシングのことを話せば絶対に利用に反対されると考える人もいるでしょう。そもそもキャッシングの利用を隠しておきたいというのはそういった時の対処が面倒だからと言う面も有りそうです。

しかし、もし反対するとすれば、それにはそれなりの理由がある筈です。親は長い人生経験が有り、様々な経験から、自分よりも危険を察知する能力は、ずっと高い考えなければなりません。

ですから反対されたときは理由をよく聞いて、もう一度借入れについて検討してみて下さい。それでも借り入れが必要と言うのであれば、それだけの説得材料を用意して、なぜ自分がお金が必要なのかを示すことです。

示せないうちは本当に必要とは言えない場合が多く、後になって考えれば相談してみて良かったということになるはずです。

自分のお金の管理をしよう
親を説得する場合に、重要な基礎資料になるのが自分のお金の収支でしょう。この収支に余裕が有れば何も借入れする必要は無いかもしれません。また余裕が無ければ借入れもやむを得ないと理解してくれる可能性が出てきます。

そのためには自分の収入と支出を管理しなければなりません。多くの場合収入は分っても支出が分らず、結局何にお金を使っているのかわからないという状態です。

もしきちんと管理できていれば無駄使いばかりしていて、その分を無くせば借入れしなくて済むというようなケースも良くあるものです。ですから親を説得するための資料としては自分が無駄使いしていない事も示さなければなりません。

そのためには自分用の家計簿あるいは小遣い帳をつけるのがもっとも有効です。家計簿が有れば自分のお金の流れが分るようになり、借り入れをするにしても最小限で済ませることもできるため、より説得力を増すのではないでしょうか。

ここで親バレせずにキャッシングを借りることについて纏めておきます。

  • キャッシング利用の親バレを防ぐにはまずバレる契機を洗い出す必要が有る
  • キャッシングでは在席確認が有るため親バレ以外に職場での注意も必要
  • 通常時は親バレを防ぐことはできるが異常発生時は隠しておくのは難しくなる
  • キャッシングの利用は初めから親や家族と情報共有して異常事態の場合にも相談できるようにしておいた方が良い

キャッシングの利用を考える場合には親バレなどを心配する前に、まずは借入しなくても済む方法を考え、どうしても必要と言う場合にだけ借入れを考えるようにしましょう。

閉じる
閉じる