どうしても審査に通りたい人向けサイト

車の購入は自動車ローンそれともキャッシング?どっちを選べば良いの

自動車を購入する際大多数の人はローンを利用し、その中の多くが自動車ローンを使いますが、最近では自動車ローンの審査が厳しくなってきており、審査に通過できずキャッシングを使うことを考える人も多くなってきています。

ただしキャッシングの場合自動車を買える程大きなお金を借入れできる人は少なく、金利を比較しても自動車ローンのほうがずっと有利に借入ができるという人が殆どで自動車購入にお勧めなのはやはり自動車ローンと言えるでしょう。

ですから自分では自動車ローンの借り入れが難しい場合でも、担保や保証人を用意して有利な融資の利用を考えてみましょう。もちろん返済できなければ保証人に迷惑が掛るので、しっかり返済の可能性を検証しておきましょう。

自動車をどのように購入しているか?ローンをどのように選ぶか

自動車はそう安くは有りませんから、殆どの人はローンを利用して購入することを考えなければなりません。そこで金融機関のほうもそういった需要を考えて目的別ローンの一つとして自動車ローンを用意しており、多くの人が利用しています。

しかし、最近になってローンと言うものの審査が厳しくなってきており、比較的金利の低い銀行の自動車ローンはじめとして、なかなか審査通過が難しくなってしまい、自動車ローンの利用が出来なくなってきています。

そこで自動車ローンの借入れが難しいような人が自動車を買おうとする場合、自動車ローンを利用せずに、比較的審査の緩いキャッシングを利用してお金を用意する人も出てくるようになっています。

自動車の購入は通常自動車ローンを使っている

自動車と言う買い物は、人生において住宅に次ぐ程度の高額な買い物になるでしょう。このためなかなか手元のお金だけで購入するのは難しく、殆どの人はいわゆる自動車ローンというローンを利用して購入を考えるはずです。

自動車ローンを取り扱っているのは、もともと何かを購入する際にローンを提供していた信販会社が提供しているものや、銀行などが目的別ローンの一つとして提供しているものが有りました。

最近では自動車メーカーが設立したファイナンス会社の参入も有って、自動車ローンは一種の競争状態になっています。これ等の中には販売店と提携しているものも有るので、自動車購入時には様々な選択肢から選ぶことができます。

自動車ローンの審査は厳しくなりつつある

自動車ローンもローンですから借りる為には審査に通らなければなりません。そこで利用者が気になるのが審査の厳しさでしょう。

先ほど説明したように自動車ローンには銀行などが提供するものの他信販会社やファイナンス会社も提供していますが、これ等の内では、やはり銀行のものは金利が低く有利な利用が出来ます。

ローンというのは金利が低くなるほど審査は厳しくなります。要するに信用が高ければ高いほど有利な金利で利用できるわけです。したがって自動車ローンの審査の難易度としては次のような関係が成り立っています。

(難)銀行の自動車ローン > 信販会社・ファイナンス会社の自動車ローン(易)

ただし、現在の傾向として自動車ローンの審査は厳しくなっていると言われています。

ローンと言うのはやはり返済ができなければ金融機関としては困りますから、ある程度以上の 年収が無ければ、審査は通りません。この基準が銀行の場合概ね300万円程度と言われています。

審査が厳しくなっているというのは、最近のデフレで年収が減っている為に、審査のレベルとしては変わらなかったとしても、審査に通過できる人と言うのは減っている為ではないかと考えられます。

比較的審査の緩いキャッシングローンを利用する人がいる

このように審査が厳しくなってしまうと、審査通過が難しくなってしまう人も出てくることになります。しかし自動車と言うのは地域によっては生活ツールとして必須のものであるため、こういう地域では購入しない訳にはいきません。

そこで最近になって自動車購入に利用され始めているのが、自動車ローンではなくて、自動車ローンに比べて審査は緩めになるキャッシングローンです。

キャッシングローンと言うのはフリーローンの一種で事業資金としては利用できませんが、その他の目的であれば、何に利用しても構わない事になっていますから、確かに自動車購入のために利用しても何ら問題にはなりません。

ただし、元々は生活資金として少額の借入れで短期に返済してしまうという前提のローンですから、自動車ローンとして利用するにはそぐわない面も有り、自動車ローンとして使うにはかなり無理が有るのではないかと考えられます。

目的別ローンとフリーローン
もともとローンと言うのは何らかの目的が有って、自己資金だけではその目的を達成することができない場合に、金融機関がそれらの目的に沿ってお金を貸すという考え方から出てきたものです。

そして多くに人が共通して目的にするようなものに合わせて金融機関が用意しているものを目的別ローンと言っています。

ただし、人によっては他の人と共通の目的ではない独特の目的のためにお金を利用したいという場合が有るので、金融機関はこういう人のために利用目的自由のフリーローンというものを提供しています。

この分類で行けばキャッシングと言うのは事業資金以外は何にでも利用できますからフリーローンということです。

金利的に言えば目的別ローンのほうが低く設定されているので、フリーローンの利用は不利になります。

最近では目的別ローンの中に自分で目的を決めることができる中間的なローンも提供されてきているので、自分の目的に沿ってお得で使いやすいものを選ぶようにしましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
目的別ローンは面倒でカードローンを利用?もしかして大損してない?

自動車ローンとキャッシングローンを比較する!どちらがお得?

ただしローンにはそれぞれ役割というものが有って、自動車ローンは自動車を購入する人向けと言えますが、キャッシングはそうではありません。まずキャッシングの場合最初から大きな金額が借りられるものではありません。

金利においても、キャッシングの場合大きな幅が有り、低い方で考えると自動車ローンよりも低い場合も有りますが、ほとんどの人が適用になるのは高い金利で、自動車ローンよりもかなり高い金利で借りることになります。

自動車と言うのは普段の買い物から比べれば非常に高額な買い物です。しかも高額ですから、返済期間もかなり長期に及びます。したがって借りるのであれば金利の低い自動車ローンを選んだほうがずっとお得になります。

キャッシングローンではそれほど大きなお金を借りられない

人によっては何にでも利用出来るキャッシングなら他にも利用出来るし、便利だからそのほうがずっと良いではないかと、考える人もいるかもしれません。しかしそう簡単ではないのです。

まず幾ら借入れできるのかを考えてみましょう。次の表はある銀行の自動車ローンとキャッシングローンの利用額を比較したものです。

ローンの種類 利用可能額 金利
マイカーローン 50万円以上1000万円以内 1.85%(500万円超)、2.5%(500万円以内)
キャッシングローン 500万円以内 1.8%~14.6%

最近ではキャッシングローンでも1000万円まで利用出来るものも有るので、金額としては自動車ローンと同程度まで借りられる可能性はある訳です。

しかし、キャッシングローンで最高額近くまで借りられるという人はごく少数です。キャッシングローンの利用者に与えられる利用枠の最高額のことを利用限度額と言いますが、この利用限度額は審査での信用評価によって決められます。

この信用と言うのは社会的な評価ではなくて金融機関と利用者の間のお付き合いで決まります。したがって利用限度額というのは最初は非常に少額になります。おそらく50万円にもならないはずです。

その後長く利用する中で、お付き合いを積み重ねた結果として信用評価が上がると徐々に高額の利用ができるようになるのです。

利用限度額の高額化にはもう一つ足かせが有ります。例えば消費者金融の場合には貸金業法の総量規制で融資が出来るのは例外を除いて年収の3分の1までと決められており、例えば300万円借りようと思ったら年収900万円が必要です。

銀行の場合にはそういった法的な規制は今のところは有りませんが、やはり上限は内部規定で決められており、銀行によって違いますが、消費者金融と同じように年収の3分の1としているところと年収の2分の1としているところが有ります。

また現在融資を厳しくしようという議論が行われており、これによれば銀行でも年収の3分の1までにしようという話になりつつあるようです。

それなら自動車ローンにも規制が有るのではないかと考える人もいるかもしれませんが貸金業法でも自動車ローンなどは総量規制の対象外とされています。

要するに、キャッシングローンでは自動車ローン並の高額利用はなかなか難しいということになります。

金利を比較してみる

金利の比較も先ほどの表に入っていますが、1.8%程度であまり変わらないではないかと言う人もいますが、キャッシングローンの場合利用限度額と金利には関係が有り、誰もが1.8%で借りられるというものではありません。

先ほど説明したように、利用限度額は審査で決まりますが、それと同時に金利もこの審査で決められます。ローンの金利と言うのは利用者の信用によって決められ、信用が高ければ金利は低く、信用が低ければ金利は高くなります。

結局キャッシングローンでは信用が高ければ高額のお金を低金利で借りられますが、信用が低い場合には低額のお金を高金利で借りなければならなくなります。

このため申込直後と言うのは先ほど言ったように信用は低いですから低額を高金利で借りなければなりません。したがって適用される金利は最高金利かそれに近い数字ということになるでしょう。

つまり、金利的に考えれば自動車ローンのほうがずっとお得に借入れができるということになります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利息は金利だけでは決らない?利息を計算してみよう!

自動車は高額で長期返済が必要!借りるなら自動車ローンがお得

ただし、ローンの利息というのは金利だけで決まる訳ではありません。利息の計算式は次のようになっています。

利息 = 元本 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

この式を見れば分かりますが利息は元本の他、金利と借入期間によって決められます。例えば高金利であっても借入期間が短ければ利息は少額になり、低金利のものと比べてもそれほど大きな差にはなりません。

これに対して、金利が低かったとしても長期に借りていればそれなりに利息は高額になってしまい、金利の差が利息の差に大きく反映されます。

そこで自動車の購入を考えてみると、自動車と言うのはかなり高額です。そうするとローンを借りた場合、返済期間はその分長期化するということになります。

したがって、自動車購入の場合、金利が低いほうがかなり有利な借入れになるわけです。

ですから、自動車の購入時はキャッシングローンよりも自動車ローンのほうがずっとお勧めです。

総量規制とは
貸金業法の総量規制は、直近の改正で加わったもので、借り過ぎで返済できなくなるようなことを防ぐために設けられた条項です。

この条項では、基本的には本文で説明したように、年収の3分の1までしか融資ができなくなっています。キャッシングの申込みで年収を証明する書類の提出を求められますが、この総量規制のための確認も1つの理由ということです。

ただしこの総量規制には例外規定が有り、1社50万円まで、他社と合計して100万円までは、年収の3分の1と言う規定の例外とされています。

また専業主婦の場合には、配偶者の了解のもとで配偶者の借入れと合計して、配偶者の年収の3分の1までは融資しても良いとなっています。

しかし専業主婦の場合、法的には説明したように配偶者の収入次第で高額利用もできますが、実際には50万円を上限としているキャッシングが多いようです。

自動車ローンを上手に借りるには?自分だけでは難しい場合

このようにローンとして比較すれば自動車ローンのほうがお得なのです。そこでもし審査が厳しく、利用できそうにない場合には担保や保証人を付けることを考えてみましょう。

最近のローンではそういったものは必要りませんが、付けることで審査通過の可能性が出てきます。

例えば未成年者の場合、自分だけではローンの契約は難しいですが、保証人がついていれば、保証人の返済能力と信用によって、自動車ローンを契約できる可能性が有ります。多くの場合は親に保証人になってもらいます。

ただし、ローンは自分で返済して行くことを忘れてはいけません。もし返済できないということになってしまうと保証人が代わって返済しなければならなくなるので、しっかり返済計画を立てて返済して行きましょう。

担保や保証人を付ければ融資してもらえる可能性が有る

このようにキャッシングローンに比べて自動車購入のためには有利な自動車ローンですが、先ほど説明したように最近では自動車ローンの審査が厳しくなっていて、なかなか借りられない人も多いようです。

しかしローンの場合、まだ借りる手立ては残っています。ローンと言うのは今でこそ、信用保証と言う手法が発達して、比較的簡単に借りることができるようになりましたが、少し前までは担保や保証人を用意しなければ借りられないのが普通でした。

ですから自動車ローンでも自分で借りられないという場合には、担保や保証人が有れば貸して貰えるものもあるのです。担保になるようなものが無くても、自動車ローン程度であればしっかりした保証人を用意すればまず大丈夫のはずです。

どうしても借りられない場合には、親などに保証人になってもらうことも考えてみましょう。

未成年でも保証人を付ければ借入れできる自動車ローンもある

また自動車は高校卒業と同時に必要という場合も考えられます。18歳だとしても保護者の承諾が有れば契約はできますが、残念ながら自分だけの信用で融資してもらうのはまず無理です。

このため多くの自動車ローンは未成年では契約できない事になっています。しかし中にはここで説明している保証人を付けることで契約できるものもあるのです。

そこで未成年で自動車ローンの利用を考えているのであれば、まずは保証人になってくれる人を探すことが先決になるでしょう。

ただし、例えば同じような年代の友人同士で保証人を相互に引き受けても駄目です。審査は通りません。保証人はいざと言う時借主に代わって返済しなければならなわけですから、それなりの経済力と信用が無ければならないのです。

ですから、未成年と言う場合には親兄弟など既に成人して安定した収入を持っている人にお願いすることが重要になります。

保証人に迷惑がかからないように返済計画をしっかり立てよう

ただし、保証人をお願いしたからと言って自分が返済しなくてよいということではありません。返済はしっかり行う必要が有ります。

もし返済できなくなってしまったら、先ほど説明したように保証人が返済しなければならず大きな迷惑をかけることになります。

ですからもし保証人を立てて自動車ローンを利用する場合には、事前に自分の返済能力を評価するために、まず次の数式に従って月々の収支を計算してみて下さい。

月々の収支 = 月々の収入 - 月々の支出

月々の収支が自動車ローンの返済額以上になっていれば、その月は返済が可能だということです。できればこの計算を1年程度行ってみて、常に収支が返済額を上回っていれば返済して行けると判断してかまわないでしょう。

もしまだ仕事を始めて間もないという場合でも、短期間で良いですからこの計算をしてみて下さい。

返済額を捻出することができそうになければ、自動車の購入は先に延ばしたほうが無難です。

実際に借りようという場合には、返済期間中の自分の支出を予想して、返済の可能性を探ってみましょう。返済が厳しくなりそうな時期にはどのように支出を減らせばよいのかなども具体的に考えておくといざと言う時に慌てずに済みます。

借入れ前にこういった具体的な対応などを盛り込んで返済計画に纏めておき、計画に沿って返済して行ってください。返済中は常にこの返済計画を見直して、常に返済ができる内容にしておくことが必要です。

保証人は誰に頼めばよいのか
保証人と言うのは以前は本文で言っている親兄弟と言う場合も有りましたが、地域での連帯が強かったことから、地域の有力者や、有力な知り合いにお願いすることができました。こうやって助け合っていたわけです。

しかし現在では保証人というものの危険性が知れ渡ってしまったため、安易に保証人を引き受けてくれるような人はいなくなってしまいました。このためローンが借りにくくなってキャッシングのように保証人無しで借入れできるものが出てきたわけです。

したがって現在、保証人がお願いできるのは、本文で説明した親兄弟ということになり、そういった人が高齢などで保証人になれない場合には、さらに広げて親戚筋等にお願いするという事になるでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは事前に返済方法を確認しよう!返済方式にも注意が必要

お金を借りずに自動車を買う方法とは?お得な購入方法を考えてみる

自動車をお得に買う方法としては、ローンを利用しない方法が有ります。

自動車と言うのは何年かすれば買い替えるのが普通です。したがって自動車ローンを使うにしても、借りては返しまた借りては返すというようにずっと借り続けなければならなくなっているのです。

しかしそうであれば常に支払うお金として捉えることができますから、いっそのことその金額分をずっと貯金することを考えてみましょう。その貯金の中から自動車を購入するお金を出すようにすれば、ローンを借りる必要はありません。

問題は最初購入できるまでに時間がかかるということです。その点を自分なりに解決できればずっと借入れせずに利息を払う必要も無く、自動車を買い続けることができるようになります。

自動車は何年かすれば買い替えが有り常にローンの返済が付いて回る

自動車と言うのは、他の家電製品などと同じで何年かすると車検などを受けなくてはならなくなり、お金がかかってきますから、そういう時期に新車に買い替えることも普通に行われていることです。

そして買い替えの時にはまた新たに自動車ローンの契約が必要です。

ですから自動車ローンを借りて何年かかけてやっと返済が終わるころには、また次の自動車ローンの返済が始まるということを繰り返さなければならない訳です。要するに自動車を持つ以上、ローンの返済は常に支払う必要経費になってしまう訳です。

もちろん自動車を持てば税金や保険料、車庫代など他にもどうしても必要な経費がかかってきますから、かなり大きな家計負担になる事が考えられます。このため最近では若い人を中心に自動車離れも始まってきています。

最初を工夫すれば借入れの必要無し

しかし、他の経費はどうしようも有りませんが、買い方を工夫すればローンを借りなくても自動車を購入することができるようになるのです。ここではその方法を紹介しましょう。

まず自動車を買おうという場合常にローンの支払いを行っていけなければならない訳ですから、まずはローンを考えるのではなくてローンを支払っているつもりで貯蓄を行います。

貯蓄をして自動車を購入できる程度まで貯まったら、まず最初の自動車をそのお金で購入します。購入後もローンを利用しているつもりで貯蓄を続けていれば、次の買い替え時期も貯蓄から購入することができます。

このようにすればローンは借りなくてもずっと自動車の購入を続けていくことができます。

もちろんローンを支払っていくのと同じようにお金を貯蓄しますから負担としては大きく変わる訳ではありませんが、少なくとも利息を支払う必要はありませんし、貯蓄ですから、少額でも利息を貰うことができます。

つまりローンを借りるよりも有利な自動車購入が出来るわけです。問題は最初の自動車を購入するまで時間がかかるということです。自動車が必須の地域であれば難しいですが、公共交通機関が発達した都市部であれば特に問題は無いはずです。

分不相応な車を選んではいけない

ただし、自動車を買おうという場合には最初は出来るだけ安いものを選ぶかもしれませんが、徐々に高級車に目が行き、場合によっては若いうちから、無理をして高額の自動車を購入してしまう人もよく見かけます。

もちろん自分で頑張って高額収入を得ているのであれば、それをどう使おうとその人の自由ですし、悪いことではありません。しかし収入もそれほど多くないのに、自分の欲望に任せて高級車を買うのは感心しません。

自動車でもなんでもそうですが、何かを買おうという場合には、自分の収入に見合った分相応のものの中から出来るだけ良いものを選ぶという考え方を持ってください。何事も無理をしないということが重要なのです。

自動車は購入前に今後の購入計画や維持費についても考えておこう
本文で説明しているように自動車と言うのは、数年経てば買い替えを考えるようになったり、ローンの返済以外にも様々な経費がかかってくることになります。

自動車を購入する人の場合、特に初めて買おうというような人は、ローンの返済については考えますが、その他の経費についてはあまり考えないような場合が多く、実際に購入してからその経費で四苦八苦してしまう場合が有ります。

このため最悪の場合ローンの返済に行き詰ってしまって、自動車を手放さなければならなくなる事も有るのです。

したがって自動車を購入する場合には、ローンの返済の他、様々な経費と、さらにそれ以降の自動車の購入計画など、予めよく研究して、途中で困ったことにならないようにしておくようにしてください。

ここで自動車ローンとキャッシングについて纏めておきます。

  • 自動車の購入には自動車ローンが有るがキャッシングローンを利用する人がいる
  • 自動車購入にはキャッシングローンよりも自動車ローンのほうがお得
  • 自動車ローンを自分では借りられない場合には保証人を付ける方法が有る
  • 購入方法を工夫すればローンを利用しなくても自動車を買うことができる

自動車はある意味ステイタスシンボルのように感じている人もいますが、もはやそういう時代ではありませんので、購入では必要性や自宅周辺の道路事情を考慮して最適なものをお得に買うということを考えてみて下さい。

閉じる
閉じる