どうしても審査に通りたい人向けサイト

普通のキャッシングではお金が足りない!担保が有れば更に借りられる

キャッシングと言うのは無担保で保証人無しで借りられるという特徴が有ります。これは保証会社が個人の信用保証をしてくれている為で、キャッシングの審査と言うのはこの保証会社が実質的には行っています。

しかし、ローンと言うのは元々は担保や保証人が無ければ借りることができず、これ等によって融資される金額も決まっていました。現在でも住宅ローンなどは購入した住宅が実質的には担保になっている有担保ローンです。

キャッシングは保証会社が保証してくれる範囲で担保は必要ありませんが、自分の信用では借りられなかったり、融資額が非常に少額だった場合には、担保を用意することで高額利用が可能になる場合も有るのです。

通常キャッシングは無担保で借りられる!信用保証会社が保証している

現在のキャッシングは無担保で保証人無しと言うのが一般的ですが、これはこの分野を長くけん引してきた消費者金融のおかげと言えるでしょう。このために誰でも簡単にお金が借りられるようになったと言っても良いでしょう。

担保もないのに何故お金が貸せるのかと言うと、そのために消費者金融はこれまで個人の信用保証と言う技術を開発してきており、この信用保証がなされる事によって担保や保証人が必要なくなったわけです。

現在銀行でも担保や保証人を要求しないカードローンの提供を行っていますが、銀行は信用保証業務の扱いが無かったため、現在カードローンの信用保証は提携する消費者金融が保証会社となっていることにより実現しています。

消費者金融が開拓した無担保ローン

ローンと言うのはそもそも借主が返済ができなくなった時の備えとして担保や保証人を用意しなければ銀行は貸してくれないものでした。しかし高度成長期などは資金需要が大きくそういった貸し方では困る人も多かったのです。

そこでそういった人に対して銀行からお金を借りて、それを担保や保証人無しで融資しだしたのが現在の消費者金融であるサラリーマン金融だったわけです。つまり無担保ローンと言う分野は消費者金融が開拓してきたわけです。

そしてサラリーマン金融は金利や取り立てなどで社会問題化してしまい、事業は一時停滞しましたが、いまや消費者金融も重要な金融機関に成長して無担保ローンを逆に銀行が始めるという状況まで変化して来ました。

信用保証と言う仕掛け

この無担保ローンと言うのは担保が無い訳ですから、返済できなかった時の金融機関への保証はどうなっているのだろういう話になりますが、これは消費者金融が開拓してきた技術で個人の信用保証によって保証しています。

信用保証と言うのは借主が返済ができなくなってしまったら、その分の返済を保証会社が行い、金融機関の方には損害が出ないようにするのです。あとは保証会社と借主の間で回収などが行われ、問題を解決するということになります。

こういった仕掛けで消費者金融の場合には、様々なケースで返済がされず損失を被る中で、より精度の高い審査技術を身に付け、的確な審査を行うことによって、損失を減らしてきたというわけです。

銀行のカードローンは消費者金融が信用保証

次に銀行のカードローンについて考えて行きましょう。

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングの利用者が増加していることに危機感を抱いた銀行側が、従来の担保と保証人を必要とするローンから消費者金融と同じような無担保保証人無しのローンとして始めたものです。

しかし始めるにあたって、消費者金融が長い年月をかけて開発してきた信用保証技術は、いくら銀行でも一朝一夕でできるものではありませんでした。このため銀行はカードローンをそう簡単に始めることができなかったのです。

そこで目を付けたのが大手消費者金融です。大手消費者金融の信用保証技術が利用できれば、カードローンを始めることができると考えたのです。

この話は消費者金融も大歓迎でした。それまでの消費者金融の収入源は融資業務しかありませんでした。しかしもし銀行のカードローンの信用保証業務を委託されれば、そちらからも収入が入ってくることになり、経営は安定します。

こうして両者の思惑は一致し、銀行と大手消費者金融は業務提携を行い、銀行のカードローンの信用保証は大手消費者金融に委ねられることになったのです。

なぜ大手消費者金融は銀行のグループに入ったのか
銀行のカードローン開始時の銀行と大手消費者金融の関係は本文で説明していますが、この業務提携時はあくまで対等な関係だったわけです。しかしその後貸金業法の改正が行われて消費者金融は業務がやりにくくなり経営が傾いてしまいました。

もちろん消費者金融が困ったことは間違いありません。しかし困ったのは消費者金融だけではありませんでした。消費者金融と提携することでやっとカードローンを開始した銀行も消費者金融に倒産してもらっては困る訳です。

そこで、銀行は提携する消費者金融に資本を注入して、自分のグループ会社にすることで大手消費者金融を支えたのです。こうして現在のように銀行のグループ内に大手消費者金融が入ることになったわけです。

ローンというのは担保と保証人が必要だった!融資額は担保次第?

元々ローンというのは融資したお金が本当に返せるのかどうかが分りませんから、もし返済できなかった時の保証として担保や保証人が必要とされていたもので、以前はこれが無ければお金を借りることができませんでした。

現在でも住宅ローンや自動車ローンなどは一見無担保保証人無しですが、実際には住宅や自動車そのものが担保の役割を果たしており、有担保ローンと考えることができますので、有担保ローンが無くなってしまったわけではありません。

有担保ローンでは利用者の返済能力ではなく担保の価値で融資額が決まりますから、高額の担保が用意できれば、場合によっては億単位の借入も可能になります。担保が有る場合には金融機関に相談してみましょう。

ローンは担保と保証人が必要だった

説明してきたように、今でこそ保証会社が保証してくれることによってキャッシング以外のローンも含めて様々なローンが無担保で借入れできる様になっていますが、元々ローンと言うのは担保や保証人が有って初めて成立するものだったわけです。

現在の保証会社でも要するに保証会社が連帯保証人の役割をしているからこそ、融資が行われるわけで、考え方としては従来の担保、保証人と言う仕掛けから大きく離れてしまっているというわけではないのです。

要するに現在のように担保になるようなものを持っておらず、お付き合いが希薄になって保証人が頼めるような人もいない時代になって、必然的に保証会社というものが必要になってこれ等の代替をしてもらうようになったということなのです。

今でも担保が必要なローンは身近に存在する

現在では多くのローンが無担保保証人無しで借りることができますが、現在でも極身近に担保が必要なローンというものが存在しています。借入れしている人も多いはずですが、次のようなローンは実は有担保ローンなのです。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン

これ等も今では融資を受ける時には特に担保を用意する必要は有りません。しかしこれらのローンでは住宅ローンなら購入した住宅が、自動車ローンなら購入した自動車がそれぞれ担保の役割を果たしています。

ですから、いまではほとんど有担保ローンとは見えませんが、実は有担保ローンを利用しているということは珍しいことではないのです。今度新たなローンを借りるようなときは、その保証の仕掛けがどうなっているのかよく理解しておきましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
車の購入は自動車ローンそれともキャッシング?どっちを選べば良いの

融資額は担保が有れば億単位で可能

しかしこのように実質的に有担保ローンになっているというものではなくて、最初から有担保ローンと言っているローンも実際には普通に存在します。個人で融資を受けることはあまりありませんが、 個人事業主などは利用する人もいるはずです。

こういった有担保ローンでは、申込者の返済能力と言うよりも、担保の価値によって融資額が決まり、担保に高額の価値が有れば高額融資も期待できるわけです。

もちろん金融機関の中には有担保ローンでも融資の上限を決めて1億円までと言うようになっている場合も有りますが、大手金融機関であればさらに高額の融資に応じてくれます。

例えば評価額10億円の不動産を持っているとすれば、その7割から8割の融資が期待でき、数億円を手にできる可能性が有る訳です。

日本では不動産が担保として歓迎される
では担保としては何が利用できるのでしょうか。これは金融機関の考え方によっても違いますが、日本の金融機関が喜んで引き受けてくれるのは何と言っても不動産です。

バブル崩壊前は土地神話というものが有って土地の値段は下がらないと信じられていました。確かにそれまでは戦後一貫して土地の値段は上がっていました。このため不動産を担保にすれば絶対に損は無いと信じられていたのです。

バブルが崩壊してしまい土地の値段が下がることが分った現在でも、この頃の考え方が残っていて、不動産を担保にするのが好まれているのです。

もし評価額の高い土地を所有していて、お金が必要ということであれば、その土地を担保にしてお金を借りることも可能だということを覚えておきましょう。

現在でも有担保キャッシングは存在する!高額の借入れも可能

ではキャッシングの世界でも担保が利用できるのかということになりますが、キャッシングの説明資料を読めばわかりますが、通行は無担保となっていますが、場合によっては担保が必要になることも有るという記述がある筈です。

つまりキャッシングの場合も担保が要求される可能性はある訳です。また最初から有担保キャッシングとしている場合も有ります。この場合にはキャッシングと言えども担保に見合う借り入れができるので高額の融資が利用できます。

ですからもし高額のお金が必要ということになったら、まずは担保を用意して金融機関に相談してみましょう。その場合にはどういったものが担保として利用できるのかを調べて、準備する必要が有るでしょう。

通常のキャッシングでも担保が要求される場合が有る

そうは言っても単にキャッシングを利用するだけなら担保も必要ではないだろうと考えてしまいますが、確かにその通りで殆どの場合には無担保、保証人無しで審査が行われ融資が行われています。

しかし、キャッシングローンの説明資料を何件か読んで、担保や保証人の所を確認してみて下さい。不要となっている場合と、不要の他に但し書きが有る場合が有ります。そのあたりをしっかり確認してみましょう。

その但し書きの表現はそれぞれ違いますが言っていることは同じです。

要するに担保や保証人は通常は必要が無いが、金融機関側が必要と認めた場合には、担保あるいは保証人を要求する場合が有ると言うものです。

つまり、実際に要求することが有るのかどうかはともかく、現在のキャッシングでも、申込者の返済能力や信用だけでは貸せないが、担保や保証人が有れば融資が行える様な仕掛けになっているということです。

これは保証会社が保証できないという場合でも担保や保証人次第で金融機関は融資ができるような部分を残しているわけです。

有担保キャッシングというものも有る

また数は非常に少ないのですが、最初から保証会社を頼らず、従来型の有担保ローンと言う形でキャッシングを提供している場合も有ります。

この場合には利用限度額なども申込者の返済能力を審査で評価して決めるのではなく、担保の資産価値を評価して融資額を決めることになります。

あるいは連帯保証人がいれば、連帯保証人の返済能力を評価して融資額が決められることになります。

この場合には担保のような高額な評価にはならないかも知れませんが、連帯保証人によっては自分ではとても借りられないような高額借り入れの可能性も有ります。

こういったキャッシングの場合には無担保ローンで適用されるような総量規制の適用外になるため、たとえ年収が少なかったとしても、高額のキャッシングの利用が可能になります。

高額のお金が必要な場合には担保を用意しよう

もし高額のお金が必要ということであれば、無担保のキャッシングではなく、自分の所有する不動産を担保にして融資を引出すことを考えてみましょう。

例えば個人事業主の場合、自分の工場などの不動産を担保とすれば、高額の融資が期待できます。

会社員などはそういった高額の融資が必要になるということはそう有るものではありませんが、普段から自分にはどういった担保になるような資産が有るのかを整理しておくことが必要ではないでしょうか。

その場合には、どの程度の価値が有るのかも調べておき、もし担保として利用することになった場合には、金融機関の評価が妥当なものなのかどうかの判断ができるようにしておくことも重要なことでしょう。

リバースモーゲージって何?
不動産を使って老後を豊かに過ごすためのローンとしてリバースモーゲージというものが有ります。これも一種の有担保キャッシングと考えることができます。

リバースモーゲージは不動産担保ローンの一つの形態で、自分の持つ不動産を担保にして、老後に必要なお金をキャッシングの要領で引出すことができ、生前は利用した分の利息だけを支払います。

そして死後に所有していた不動産で借入れした元本を支払うという形のローンです。

この場合死後不動産は金融機関の手に渡りますので、子供に残すことはできませんが、年金が頼れなくなってきている現在では、不動産の有効な利用方法になると言って良いでしょう。

返済できなければ担保を失う!無理な借入れはすべきではない

担保と言うのは先ほど説明した通り返済が難しくなった場合に担保を返済の代わりに差し出すという意味です。したがって、返済に行き詰ってしまったら、担保にしたものは金融機関側に取られてしまうので注意しなければなりません。

ですから、担保を失わないためにも、有担保キャッシングを利用する場合でも収入と支出を考慮して自分の返済能力と言うものをしっかり計算して、返済して行ける可能性があるのかどうかを見極めなければなりません。

計算上返済に支障が出そうというような場合には無理な借り入れをして担保を失ってしまうような事は、どんなにお金が必要であっても避けるべきで、借り入れとは別の方法を考えるようにして下さい。

返済できなければ担保を取られてしまう

有担保ローンの最も大きな問題は返済できなくなった場合には、担保を金融機関に差し出さなくてはならない事です。

融資を受ける際には最初から差し出すつもりで融資を受ける人と言うのはそういませんし、もしそういうことであれば、そもそもお金を借りるのではなくて、担保をその時点で売ってしまったほうが後々面倒は無いはずです。

金融機関のほうもお金を融資しているのですから、返済が行われなければ担保を売って、融資したお金を回収しなければなりません。

担保を取り上げるというようなことはあまり評判が良いことではありませんから金融機関も本来はそんなことはしたくはないはずです。

このように利用者も金融機関も後味の悪い思いをすることになるのです。したがっていくら担保があったとしても、できれば返済ができないような無謀な借入れはするべきではありません。

自分の返済能力をよく計算してみよう

そこでこういった状況に追い込まれないようにするには、無担保ローンでも有担保ローンでも同じで、自分が本当に返済して行けるのかどうかということを、予め計算して見極めておくことが必要になる訳です。

そこでどういった計算をすればよいのかということになりますが、要するに月々返済できるだけの余裕が有るかどうかを見極めればよいのですから、まずは次の計算式で一年程度前から月々の収支を計算してみましょう。

収支 = 収入 - 支出

もし収支が常に返済額以上の黒字であれば返済は可能でしょう。しかしそれだけの黒字が無い場合には、返済が続けられない可能性も出てくることになります。

有担保ローンの場合借入額が高額になる場合が多く、月々の返済額も高額化するため、返済には十分注意して担保を失うような事にならないように注意しなければなりません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは事前に返済方法を確認しよう!返済方式にも注意が必要

無理な借り入れで担保を失うようなことは避けるべき

もし計算の結果返済は無理そうだということが最初から分かっている場合には、いくらお金が必要だということであっても、どういう形にしろローンの利用は避けるべきでしょう。

最初から無理だとわかっていて、お金が必要なのであれば、先ほど説明したように最初から担保を手放すことを考えるべきす。

担保は残したいというのであれば、お金の利用目的を先に延ばすしかありません。担保を用意するということは高額のお金が必要ということですが、目的自体を諦める決断ということも時としては必要なことです。

担保にできるものと言うのは子々孫々伝えることができるようなもののはずです。無理な借り入れで失うようなことはせず、よく考えて別な方法を見つけるようにして下さい。
まず借入れしない方法を検討するのが大切
ローンと言うのは現在ではキャッシングなどと洒落た表現に変わっていますが要するに借金です。特に最近では無担保で容易に借入れできるものが増えてきており、安易に借金をしてしまう人が増え続けています。

しかし借金の本質は昔と変わっているわけではないので、はっきり言えば借りないほうが良いのです。したがって借金を考えるときには、まず何とかして借りなくて済む方法を考えてみるようにしましょう。

そしてどうしても借りなければならないと言うことであれば、次に考えるべきは、借入金額を出来るだけ減額することです。

借りたものは返さなければならないのです。借入れしたら翌月からは自分の負担が増えるということを忘れてはいけません。その負担をいかに少なくできるかが借金を利用する場合の重要な検討ポイントになります。

特に有担保ローンの場合には返済できなければ失うものが大きいので十分注意しなければなりません。

ここで担保を利用したキャッシングについて纏めておきます。

  • 通常キャッシングは無担保で借りられる
  • 担保が有れば億単位の融資も利用できる可能性が有る
  • 現在でも有担保ローンというものは存在している
  • 有担保ローンでは返済できなければ担保を失ってしまう

担保を持っているという人は現在では幸せなことかもしれません。それを有効に利用するのも悪いことではありませんが、失うような事は極力避けるようにしましょう。

閉じる
閉じる