どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングの利用で会社に連絡は有る?通常は審査時の在席確認のみ

キャッシングは利用者と金融機関との間の金融取引ですから、通常は利用者が勤務する会社とはかかわりを持ちません。このため会社のほうに連絡が来るような事も、適正な利用をしていれば、まず考えられません。

しかし金融機関は利用者が返済能力を確認しなければ安心して貸せませんから、申込時の審査では会社に直接電話連絡を入れて、実際に在席しているのかどうかの確認を行っていて、周囲の目を気にする申込者には嫌がられています。

また利用中でも返済が滞って、連絡先に指定している自宅の電話などで連絡がつかなくなってしまった場合には、勤務先の会社宛てに電話連絡が行われる可能性も無いとは言えませんから十分注意しなければなりません。

キャッシングの審査では会社に電話が有る!何の連絡が有るの?

キャッシングでは融資するかどうか審査を行って決めています。この審査では様々な確認が行われますが、融資を他人に対して行ってしまっては返済が見込めないため、最も重要とされているのが申込みをしたのが本人なのかどうかと言う点です。

このためキャッシングの申込みでは本人確認のための書類の提出が要求されていますが、現在では金融機関の窓口に行って申込みを行うことは少なくなりましたから、証明書類だけでは本人確認は不十分ということになります。

ですからこの本人確認を補うために金融機関は申込者の勤務先の会社に対して電話を入れ実際に本人が在籍しているかの確認が行われています。このような理由でキャッシングを申込むと会社に連絡が来るわけです。これを在席確認と言います。

キャッシングの審査では申込者が本人かどうか確認される

キャッシングの審査ではどのようなことが行われているのかと言うと詳細は公開されていませんが要約すれば次の3点ということになります。

  • 申込者が本人であることの確認
  • 申込者に返済能力が有るかどうかの確認
  • 申込者が信用できるかどうかの確認

返済能力も信用も大変重要な確認なのですが、金融機関的に考えれば、申込者が本人であることの確認が最も重要な確認になります。

なぜなら全く関係の無い人に別名義で融資してしまって無関係の人のほうに請求してしまったら大きな問題になるからです。

利用者的には本人が申込んでいれば、全く心配の無い審査ではありますが、その審査を受けなければならない訳ですから、痛くも無い腹を探られるようで、ちょっと厄介な確認と言えるかもしれません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング審査は嘘で借入可?勤続年数や他社勤務と偽っては駄目!

本人確認は書類の提出だけでは終わらない

本人確認では申込時に提出を要求される、本人確認書類によって行われるとされていますが、実はこれだけでは確認が十分でないとされており、更に別方向からの確認も行われています。

なぜ書類による確認だけでは不十分なのかと言うと、以前はキャッシングの申込みは窓口や自動契約機で行っており、示された本人確認書類と本人を実際に照らし合わせて、確認することができましたが、最近では違ってきている為です。

最近の申込みには様々な方法が提供されるようになっていて、窓口や自動契約機以外の方法での申込みでは本人確認書類と本人を突き合わせて確認することができず、十分な本人確認になっていないのです。

そこで金融機関はもっと別の方法も加える形で、本人確認を行うようになりました。

会社に電話による連絡が有り在籍していることが確認される

そこで行われているのが申込者が勤務している会社に電話を入れて、実際に本人がその会社に在籍していることを確認する在席確認と呼ばれるものです。

在席確認は審査の間のどこかの時点で行われるもので、業者によって違い、他の審査項目がすべて終わった後、行われる場合も有れば、逆に真っ先に確認が行われ、この確認が終わらなければ他の審査に移らないという場合も有ります。

このため時々在席確認が来ればもう審査は通ったと考えて良いといった記事を見掛けますが、前者の場合は確かに他の審査項目を通過したわけですからそう言えるかもしれませんが、後者の場合にはそうは言えないことが分ります。

要するに在席確認がいつ行われようと、審査結果がはっきりするまでは安易な考えは持たないほうが無難なのです。

在席確認は不在でも行われることが有る
在席確認は基本的には申込者の申告の通りの勤務先に在籍していることが確認できれば終了です。

申込者の中には折角電話がかかってきても、もしかして不在だったりした場合にはどうなるのか心配な人もいるかもしれませんが、確認の趣旨からすれば、本人が不在だったとしても、在席は確認できます。

電話を受けた人が、申込者が現在席をはずしているとか会議中とか言ってくれれば、間接的に在席は確認できます。このため、キャッシングによっては本人が不在であっても在席確認が行われることも有る訳です。

ただしこういったことはキャッシングの審査を行う金融機関の考え方次第ですから、場合によっては不在続きになってしまうと、審査が停滞してしまう可能性も無いとは言えないので注意してください。

周囲にキャッシング利用を知られたくない!どんなふうに電話されるの

必要性は分っても、会社に電話が有っては、自分がキャッシングを使っているのが周囲にバレてしまうのではないかと考える人は多いはずです。自分はこの在籍確認電話の無いキャッシングを探したいという人もいるかもしれません。

しかし金融機関のほうもそういった考えを持つ人が多いことは知っている為、会社への電話では細心の注意を払って、電話がキャッシングの審査での電話だということが分らないように注意をしており、実際そう簡単には分らないはずです。

またキャッシングの電話では簡単な質問が行われたりするので、そういった面でも避けたいと思う人も多いようですが、本人であれば答えられないようなことは聞かれませんので、在席確認の電話をあまり過剰に気にする必要はありません。

会社への電話でキャッシング利用がバレないのか

会社への電話と言われると、申込者の誰もが気にするのが、そんな電話がかかってきてしまったら、周囲にキャッシングの申込みがバレてしまうのではないかということでしょう。

確かに職場に消費者金融から電話が有れば、在席確認かどうかはともかく、消費者金融を利用していると考えられても仕方がないでしょう。

消費者金融の利用が何が問題で隠しておきたいのかと言う人もいるかもしれませんが、それは次のような考えが働くためです。

日本においては消費者金融と言うのは、以前の高金利で厳しい取り立てを行っていたサラ金を連想させ、非常にイメージを悪く考えてしまう人が多く、健全に利用していれば問題は無くても、やはり白い目で見られてしまうことが有ります。

そういった考え方が有ると言うことは多くの人が認識しており、それが頭にあるため、職場の周囲にはキャッシングの利用を知られるのはまずいと考えてしまうわけです。

しかし、そういった考えは殆どの場合杞憂に終わります。要するにキャッシングの利用がバレるようなことはまずないのです。

金融機関の在席確認電話

金融機関は今説明したように申込者が在席確認を嫌っていることはよく知っています。このため、なるべく電話が在席確認ということが分らないように気を使って行われているのです。

金融機関としては申込者の在席が確認できれば良い訳ですから、何も申込者のほうに混乱を招く必要などそもそもないのです。

そこで金融機関がどのような名乗りで会社宛てに電話を掛けるのかと言うと次のようになっています。

金融機関 名乗り
消費者金融 個人名
銀行 銀行名または個人名

このように銀行の場合には銀行から掛ってきたということは分ることが有りますが、消費者金融の場合には、消費者金融名は一切出てきませんので、誰が電話を受けたとしても、それが消費者金融だとは分りません。

また周囲の人は誰かの個人的な電話を、それほど気にすることは有りませんし、会話の内容もキャッシングに直接関係するようなことは有りませんから、そこからキャッシングの利用を連想するのはまず不可能です。

銀行の場合はキャッシング以外にも様々な金融商品が有りますから、何か聞かれた場合でも預金についての話だったとか言えば、納得してしまうでしょう。

万が一キャッシングの在席確認を疑われたら、クレジットカードの確認電話だったと説明すれば、やはりそれ上の追究はできないでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの在席確認とは?審査では勤務先に電話確認が行われる!

あまり気にしすぎるのは良くない

始めてキャッシングを利用しようという人などは、それでも心配だという人もいるかもしれませんが、そのように気にしすぎること自体を止めたほうが良いでしょう。

あまりに気にしすぎてしまうと、それが顔に出てしまって、それの方が心配されることになり、そこから始まっていろいろと聞き出そうとする人が出てくるかもしれません。

在席確認などとたいそうな名前を付けていますが、誰かを騙っているならともかく、自分には何もやましいことなど無いのですから、堂々と電話に出ればよいのです。

在席確認電話などは長くても数分も続くことは有りません。それをそんなに恐れる必要など無いのです。終わってしまえば心配していたことが馬鹿なように感じるでしょう。

個人事業主には在籍確認は無いの?
在席確認は勤務する会社宛てに電話確認が行われるものですが、そこで疑問を持つ人もいるかもしれません。会社員なら会社が有りますが、そうでない人も少なくはないのです。例えば自宅で営業している個人事業主は在席確認は無いのでしょうか。

実はこれについてはキャッシングによって対応が違い、多くは自宅宛ての在宅確認が行われることになっていますが、キャッシングによっては行うと言っていても実際には行われていないような例も有ります。

ただし多くの場合には、在宅確認が実際に行われるので、電話が有りそうな時間には在宅していることが必要でしょう。家族に内緒でキャッシングの申込みをしている場合には、十分注意しなければなりません。

家族は職場とは違い電話の内容に興味を持つ可能性も高いですから、悟られないように応対も慎重に行いましょう。

会社に電話が掛るのはこの在籍確認だけ?正常な利用では他には無い!

ではキャッシングの申込みから利用中までを考えて電話が会社に掛ってくるのはこの在籍確認以外には無いのでしょうか。金融機関は在席確認だけではなくあまり職場への電話が歓迎されていないのは良く知っています。

ですから借りては返すという正常な利用を続けている間は、金融機関のほうから会社宛てに電話をするようなことは有りません。そのためにも正常な利用を続けるようにしなければならない訳です。

では返済が滞ってしまうような非正常な事が起こってしまった時にはどうなのかと言うと、それでもやはり会社のほうに電話が行くことはまずなく、申込時に指定した連絡先に連絡が入ることになります。

ただし、もしどうしても連絡が取れなくなってしまった場合は、やむを得ず会社のほうに連絡が取られる可能性は無いとは言えないので注意してください。

金融機関側も会社への電話が歓迎されないことは知っている

在席確認は金融機関側の本人確認と言う趣旨からやむを得ないと思いますが、金融機関は先ほど説明したように在籍確認電話が歓迎されていないことは良く知っています。

正確に言えば在席確認に限った話ではなく、どのような理由にせよ会社に電話を掛けること自体が全く歓迎されないことを良く知っています。

ただし銀行の場合には、例えば普通預金の残高が大きくなってくると定期預金にしてくれと言ったような電話が入ることは有ります。利用者のほうもこういった電話はそれほど気にすることが無いということを知っているからです。

金融機関と言うのはこのような利用者の考え方をよく知っていて、嫌がるようなことはやらないものです。

正常な利用を続けていれば在席確認以降は会社への連絡は無い

そもそも金融機関のほうはキャッシングで借りたり返したりと言う利用が契約に則って行われていれば、特に電話をする必要性はありません。したがって、正常な利用が行われていれば何ら問題は無い訳です。

また何らかの連絡が有って連絡をしなければならなくなったとしても、通常はインターネット上に用意された利用者毎のページに表示されたり、電話をしなければならない場合でも、申込時に指定した連絡先に対して行われます。

ですから在籍確認以降は金融機関のほうから会社宛てに電話が入ることは有りません。

したがって、注意するとすれば家族に内緒でキャッシングを利用している場合で、自宅の 固定電話を連絡先にしているという場合でしょう。もし自分が不在の時に連絡電話が入れば家族にバレてしまうかもしれません。

そういう意味では隠しておくのであれば連絡先を安易に自宅の固定電話にせず、自分の携帯電話にしておいた方が無難ですね。

正常ではない場合には注意する必要が有る

しかしここまでの話はあくまで契約の範囲内で正常な利用をしている場合に限られます。異常事態の時には金融機関は何としても連絡を取ろうとするので、注意しなければなりません。

異常事態と言うのは要するに返済が正常に行われていない時のことです。こういう場合まず行われるのは督促状の郵送です。この督促状の時点で入金すれば何の問題も有りません。

しかしそれを無視して入金しなければ問題は金融機関内の回収担当に回されることになります。そうすると次に行われるのが回収担当者からの電話です。

ただしこの電話も基本的には申込時に指定した連絡先に対して行われます。この電話で応対すれば以後も他に電話がかかるようなことは有りません。

金融機関のほうもできれば問題をこれ以上の範囲にしたくはないと考えるわけです。

しかし連絡先電話で連絡が取れなくなってしまうと、金融機関は連絡を取るために、場合によっては会社宛てに電話を入れることも可能性としては出てきます。

これは金融機関としても致し方ないことで利用者側にも大いに問題が有ります。ですからそもそも契約を逸脱するような利用にならないように十分注意しなければならないでしょう。

返済が滞らないように予め自分の返済能力を計算しておこう
返済を滞らせないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。それには借入の前にしっかり自分の返済能力を計算して返済できそうになければ借りないようにすることです。

自分の返済能力は、要するに自分に返済できるだけの余裕が毎月あるかどうかということですから、次の計算をして自分の余裕がどの程度あるのかを見極める必要が有ります。

月々の余裕(収支) = 月々の収入 - 月々の支出

この計算を過去一年分程度行ってみて下さい。常に余裕が返済額を上回っていれば、返済は滞らないはずです。

常にではなくても一度でも余裕が返済額を下回っているとすると、今後もそういう場合が無いとは言えませんから、借入する場合にはそういった時にはどうするのかということを具体的に考え返済計画を作っておきましょう。

もし頻繁に下回っているというような場合には、借入れは無理だと判断した方が無難です。

在席確認をどうしても避けたい!会社に連絡が無いキャッシングが有る

もしどうしても自分は在籍確認が困るというような人の場合には、非常に数は少ないですが、在籍確認の無いキャッシングも有ることは有ります。会社への連絡は絶対に困るという場合にはそういったところを探すしかありません。

ただし、そういった場合も電話による在席確認こそありませんが、本人確認は行わなければなりませんから、それに代わる方法としていくつかの条件が設定されているのが普通で、その条件を満たしていなければやはり在籍確認は避けられません。

しかしあまりに在籍確認を気にしすぎてしまうと、そもそも選択できるキャッシングの数が極端に減ってしまうことになり、自分の使いやすいものが選べなくなるので、あまり良い方法とは言えません。

在席確認など気にせず、良いものを選ぶという考え方を持つようにしましょう。

在席確認の電話が無いキャッシングが無い訳ではない

このように会社への電話と言うのは正常に利用できていれば在席確認だけということになります。しかし申込みを考えている人の中には、どうしても会社への電話は困るという人も出てきます。そういう時はどうすれば良いのでしょうか。

実はキャッシングの中には非常に数は少ないながら会社への電話による在籍確認が無いものが有ります。

そういったものを申込めば、キャッシングの審査時にも会社への電話が有りませんから、一切会社への電話は無いことになります。

そんなキャッシングがあるなら最初から紹介しろよと言う人もいるかも知れませんが、実は数が少ないうえに前提条件が有って、誰でも利用出来るとは限らず、利用においても制限が有ることも有ってお勧めできる人は少ないのです。

在席確認の電話に代わる本人確認手段とは

金融機関は在席確認を行わないとしても、本人確認は本人確認書類だけで行うわけではありません。在席確認に代わる本人確認が行われる事になります。

どのような確認かはキャッシングによって違いますが、ある銀行系消費者金融のキャッシングでは前提条件として指定した銀行に普通預金口座を持っていることを挙げています。

この意味としては銀行の普通預金口座を開設するには、当然ですが本人でなければ行えません。つまり本人確認が行われるわけです。この消費者金融は関係する銀行に口座を持っていることを条件に在籍確認を行わなくしたのです。

これは銀行系の消費者金融だからこそできたと言って良いかもしれませんが、逆に言えばこの普通預金口座を持っていなければ、従来通り在席確認が行われるということです。

この場合在席確認無しのキャッシングを申込みたいのであれば、まず銀行に預金口座を開設しなければならないことになります。

カードの郵送時に本人確認をする場合が有る
本文で紹介している在席確認無しのものとは別の例としてはカードの郵送時に個人を確認するものが有ります。郵送と言えば書留などで指定した住所に届けることはできますが本人の確認ができるのかと疑問に思うかもしれません。

しかし日本郵便には本人限定受取というサービスがあります。これを利用すれば本人でなければ受け取れません。受取りの際に配達人に対して本人確認書類の提示が求められるのでこの時点で本人確認が行われます。

この本人確認は金融機関ではなく日本郵便が行うもので、利用できる書類と言うのは日本郵便のホームページなどで確認して下さい。

こういった確認方法を採る場合に注意が必要なのはカードが届くまで時間がかかるということです。即日融資が必要というような場合には利用することができません。

在席確認を気にしすぎてキャッシングの選択肢を狭めるのは良くない

このように在籍確認を行わずに本人確認を行う方法はいくつかあるのですが、問題はやはり数があまりにも少ないということです。こうなるとキャッシングの選択肢が非常に狭まってしまいます。

キャッシングと言うのはそれぞれ違いが有り、例えば提携ATMでは手数料がかかる場合が有れば掛らない場合も有ると言ったように、それぞれに違いを持っています。

したがって選ぶ場合にはそういった違いをよく見極めて、自分の使い勝手の良いものを選ぶのがキャッシングの良い選び方になります。ですから最初の選択肢は多いほうが良いのです。

例えば先ほど例に示した銀行口座を前提にした在席確認無しのカードローンの利用はWeb上からの振込依頼のみに対応しています。カードローンと言いながらカードの発行が無くATMでの利用もできません。

それで良いと言うなら構いませんが、多くの利用者は不便でかなわないでしょう。

ですから在席確認の有無だけで選択肢を狭めるのは、長期の利用が予想されるキャッシングではあまりお勧めできないのです。

ここでキャッシング利用での会社への連絡について纏めておきます。

  • キャッシングの審査では会社宛てに在籍確認のための電話が有る
  • 在席確認は個人名で行われるので周囲にはまずバレることは無い
  • 正常な利用を続けていれば在席確認以降には会社への電話は無い
  • 在席確認を避けたい場合には前提条件を満たせば行われないキャッシングが存在する

在席確認を嫌がる人も多いですが、説明したようにそれほど心配するような電話ではありません。それよりもキャッシングの利用では借りないで済む方法は無いのかとか返済はしていけるのかと言ったことの方に気を使いましょう。

【参考記事】
キャッシング増額審査に在席確認なし!増額した時のデメリットとは?

閉じる
閉じる