どうしても審査に通りたい人向けサイト

通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

キャッシングには銀行系、信販系、消費者金融系など様々なものが有り、利用者は審査難易度比較を行って、できるだけ通りやすいものを選ぼうと考えます。

しかし審査と言うのはそれぞれ審査基準が有り、申込者によってどれが通りやすいかは一概に言えません。

インターネット上には審査の難易度等を利用経験者が投稿している様々な口コミ情報が有り、申込者に便利に利用されていますが、この口コミ情報が自分にも当て嵌まる保証はなく、利用には注意が必要です。

ですからお勧めのキャッシングの選び方としては、審査難易度比較よりも、自分が使う場合を想定して、使い勝手が良いかどうかと言う基準を持つことが必要でしょう。自分がキャッシングに何を望んでいるのかよく考えてみましょう。

キャッシングはいろいろ!銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

キャッシングのは様々なものがあって、それぞれ審査が有り、難易度も違っています。

銀行系のキャッシングローンというのはいわゆるカードローンというもので、銀行が初めて提供する無担保ローンです。銀行は当初担保や保証人に拘っていたためキャシングとしては最後発ですが、今やキャシングの主流と言っても良いものです。

次に信販系と言われるのは要するにクレジットカードを展開しているような業者が提供しているキャッシングローンでキャッシング業務だけ切り取れば消費者金融と大きな違いは無く、貸金業法も消費者金融と同様に適用されます。

消費者金融系のキャッシングは歴史としては最も古く、銀行のカードローンの原型と言っても良いものです。

かつてはキャッシングでは主流でしたが貸金業法が厳しくなり、銀行も参入したことから、現在では銀行のカードローンが利用できない人の受け皿的な位置付けになっています。

銀行系キャッシングローンとは

銀行は長らく個人向け無担保ローンの提供はしていませんでしたが、大手消費者金融のカードを使ったキャッシングローンの利用者が増えていたことから、このローンを原型にしてカードローンの提供を始めました。

銀行の場合メガバンクを含む大手銀行だけではなく、各地域ごとに存在している地方銀行と呼ばれるものの他、インターネット上のネット銀行等を含めて非常に数が多く、それぞれがカードローンの提供を始めてキャッシングの数が急増しました。

また消費者金融が貸金業法の規制強化で、軒並み経営が失速する中、瞬く間に銀行のカードローンがキャッシングローンの主役に躍り出ることになりました。

ただし、銀行は最後発であったために個人の信用保証技術を持っていなかったために、カードローンを始めるにあたって信用保証技術を持っている大手消費者金融と提携しました。

信販系キャッシングローンとは

信販会社と言うのはクレジットカードを提供している会社で、消費者金融とは違います。ただしクレジットカードにもキャッシング枠というものが有り、お金を融資する技術というものは消費者金融並みに持っていると考えられます。

最近ではこの信販会社もクレジットカードだけではなくキャッシングの提供も始めるようになりました。

通常のキャッシングではクレジットカードのキャッシング枠よりも金利面で有利になっていたりしますが、信販系キャッシングローンでは、その会社で提供しているクレジットカードのキャッシング枠と合わせていたりする場合も有ります。

ただしこの信販系キャッシングローンも扱いとしては貸金業者として扱われますから、キャッシングローンとしては消費者金融と大きな違いは無いと考えて良いでしょう。

消費者金融系キャッシングローンとは

消費者金融と言うのはもともと無担保で融資を行う業者として登場して、銀行の融資の担保や保証人が用意できないような人を狙って、業績を伸ばしてきたものです。

一時高金利で厳しい取り立てを行っていたことから社会問題になりましたが、その後イメージを一新して、いち早くカードを利用した何度でも借りたり返したりすることができるキャッシングローンを始めたことで受け入れられるようになりました。

この消費者金融のキャッシングローンこそが無担保ローンの主役だったのですが、銀行の参入と貸金業法の規制強化で、現在ではその地位を銀行のカードローンに譲り、それが利用できない人の受け皿として利用される事も出てきています。

一般的に言われる審査の難易度

これ等のキャッシングの難易度を比較するのは簡単ではありませんが、一般的には次のような認識が有ります。

(難易度高) 銀行系 > 信販系=大手消費者金融系 > 中小消費者金融 (難易度低)

つまり銀行のカードローンが利用できない人が信販系や大手消費者金融のキャッシングを利用し、それも利用が難しい人は中小消費者金融に向かうということになります。

ただしこれは一般的な傾向を示したもので、決してすべてのキャッシングがこの序列に従うものではありません。

ですから銀行系のカードローンでも比較的審査が緩いものが有ったり、信販系や大手消費者金融のキャッシングでも審査が厳しいものもある筈です。

このためキャッシング選ぶ場合でも、あまりこの序列による難易度に拘っても意味はありません。もっと別の評価基準で選んだほうが良いものが選べるはずです。

審査の難易度はある程度金利で判断できる
結局審査の難易度はどのように見極めればよいのかと言うと、正確な判断は難しいものの、そのキャッシングで適用になる最大金利を見ればある程度の難易度を判断することができます。

適用になる金利と言うのは、信用によって変わります。信用が高い人には低金利で貸しても良いですが、信用が無い場合には融資にはリスクが伴うので高い金利でなければ貸せません。

したがってキャッシングでも高い金利を付けていればそれだけリスクを覚悟しているということになり、審査は緩くなっていると考えられます。

このため、もし自分の信用に自信が無いのであれば、最高金利が高いものを選べば審査通過の可能性もその分高くなると考えられます。

通りやすい審査とは?一概に言えないところに要注意!

では審査が通りやすいとはどういうことなのでしょうか。もちろん審査が緩いほうが通りやすいのですが、もう少し突き詰めると審査が緩いというのは人によって違います。

要するに審査が緩いというのは申込者によって感じ方は違うということです。

審査はどのように行われるのかと言うと、審査基準を満たしているかどうかということになり、その審査基準と言うのはキャッシングごとに決っている為、それによって審査が緩いかどうかが決まることになります。

これ等を考えあわせると審査と言うのは申込者の状況と審査基準の相性によって厳しくもなり緩くもなり、しかもそれは申込者ごとに違い、誰かが緩いと感じたものを厳しいと感じる人も出てくることになります。

通りやすさとは審査が緩いのか厳しいのかということ

審査に通りやすいと言った時にどういったことを指すのかと言えば、審査ができるだけ緩く、申込者の多くが審査に通るものということができます。しかしどういった審査がそうなっているのかはそう簡単には言えません。

まず審査と言うのは何が行われているのかを説明しておきましょう。審査は審査基準によって行われますが、概ね次のような点で確認が行われることになります。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済能力が有ること
  • 申込者が信用できること

まず申込者が他人を偽って申込みをして来た場合には、しっかりそれを退ける必要が有りますから、本人確認書類での確認の他、在席確認電話などを行って確認しています。

本人が申込んでいれば全く問題が有りませんが、金融機関としては他人に貸すわけにはいきませんから、最も重要な確認と言えるかもしれません。

返済能力の確認は次の2点が重視されることになります。

  • 一定額以上の年収が有る
  • 安定した月収が有る

年収は普通の生活を営んでさらに返済に回すお金が有るのかと言う観点で確認が行われます。

またローンの返済は月々行われることになるので、月収が安定していないと返済に回せるお金が無くなってしまう月も出てくることになるため、大変重要な確認と言われています。

最後に信用の確認ですが、これは主に過去に金融取引上の問題を起こしていないかどうか信用情報を検索して確認が行われます。例えば以前ローンで滞納などが有れば、審査での評価は下がり、否決になってしまいます。

審査が通りやすいかどうかはこれ等の確認を金融機関がどのような基準で行っているのかによって変わってきます。

審査で用いられる審査基準はキャッシング毎に違っている

では審査で用いられる審査基準と言うのはどういったものなのでしょうか。実は審査基準と言うのは各キャッシングによって違っており、各金融機関や信用保証会社が長い歴史の中で、時には痛い目を見ながら作り上げてきたものです。

そしてこの審査基準はそれらの金融機関の財産と言えるもので、決して外部に公開される様な種類のものではありません。このため、審査が緩いかどうかは残念ながらはっきりわかる手段は無いということになります。

ですから申込者ができることとしては、自分が返済して行けるのかを確認しておくことと、かつて金融取引上で問題になるようなことをしていないかについて調べておくようにする程度でしょう。よく思い出してみてください。

申込者の状況によって審査は厳しくもなり緩くもなる

もう一つ審査で注意が必要なのは審査基準がそれぞれ違う以上、申込者との間にそれぞれ相性のようなものができるはずで、申込者の置かれた状況によっては、審査に通りやすかったり通り難かったりすることが考えられるということです。

したがって審査基準が同じであっても、ある人にとっては非常に緩い審査と言えるものが、別の人にとっては極めて厳しい審査になる可能性が有り、また別の審査基準では全く逆の立場になる可能性も有ります。

このように、審査と言うものの難易度を考える場合には自分にとって厳しいのか緩いのかを論じなければいくら一般論で考えてもあまり意味が無いのです。

こういう意味で一般的な話をもとにして、あまり難易度には拘らないほうが良いでしょう。

事前審査を利用してみる
もし審査がどうしても心配と言うのであれば、キャッシングのホームページには申込みの前に審査の通過の可能性を判定する事前審査を行うことができる仕掛けが用意されている場合が有るので、利用を考えてみましょう。

最近ではこの仕掛けも匿名で利用できるようになっていますから、安心して利用することができます。

もしこの判定で通過が難しいという場合には、別を探せばよいのですからいくつか試して、通過できそうなものを探すこともできるでしょう。

ただし、この事前審査の仕掛けは、本来行われる審査のごく一部のチェックしか行っていませんので、この事前審査で通過の可能性ありと出たからと言って、本当に通過出来る保証にはなりません。その点は了解して利用しましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
自分にとって審査が甘いキャッシングは有る!但し申込者ごとに違う?

口コミ情報は信用できるか?信用しすぎないほうが良い!

よく審査の難易度を判断するのに口コミ情報を見ればよいという人がいますし、実際にそういった情報で審査の難易度を判断している人もいて、この口コミ情報は重要な情報源と捉えている場合も有るようです。

しかしよく考えてみてください。先程説明したように審査で用いられる審査基準の難易度と言うのは申込者によって感じ方が違う為、口コミ情報で審査が緩いと言われても、自分にも当てはまるという保証はないのです。

また最近では口コミ情報の利用者が多いということで、虚偽の情報を流して、利用者を誘導しようという業者も出てきている為口コミ情報自体が信じられなくなってしまってきており、あまり口コミ情報を信じすぎないほうが無難です。

口コミ情報で審査の難易度を判断する人がいる

ここで言う口コミ情報と言うのは以前のような隣近所や友人知人との話から口伝えに伝わってくる話のことではなくて、主にインターネット上にある掲示板やSNSなどから伝わってくる情報のことを指しています。

インターネットが発達することによって、個人でも情報発信ができるようになって、様々な個人の体験談が読めるようになりました。最近ではスマホの普及で大部分の人はインターネットから情報を引き出すので、有用な情報は人気も有ります。

こういった口コミ情報では探す気になればありとあらゆる情報を見つけることができますが、ここで説明しているようなキャッシングなどのお金にまつわる話は、特に見つけやすい情報と言えるでしょう。

当然ですがこの中には各キャッシングの審査の難易度についても、様々な情報が投稿され、全部に目を通すことが難しいほどです。

こういった情報と言うのは実際の体験談ということになりますから、利用する方も、生の情報に接することができるということで、この情報から難易度を判断して、どのキャッシングを利用すれば良いのかを決める人も増えてきています。

つまり、口コミ情報が利用者数に影響するようになっているわけです。

他人の評価が自分に当て嵌まる保証など無い

しかし、例えば審査の難易度についての情報を読んでみれば分かりますが、審査が緩いという情報も有れば審査は厳しいと言っている情報もあり、どんなキャッシングでも両方の情報を見つけることができます。

これは審査に通過出来た人が緩いとする投稿を、審査に落ちてしまった人が厳しいという投稿をしますから、ある意味当然のことで、そうでなければ、かえって怪しい口コミ情報と考えられます。

問題はその情報を利用する方の考え方です。こういった情報の場合、全体によく目を通したうえで、緩いという意見が多いのでこのキャッシングの審査は緩いと判断するというような利用方法にならざるを得ません。

場合によっては投稿数が多いため全体に目を通すことができずに、自分に都合の良い意見だけを拾い読みして自分の都合のよい結論を導いてしまう人もいます。

しかしどういった読み方をするにしても、自分の判断とは逆の結果だったという人の投稿が有る以上、自分が望むような結果にならない可能性は必ずあるのです。

要するに他人の評価が必ずしも自分に当て嵌まる保証などないということを覚えておかなければなりません。

口コミ情報には虚偽情報も多い

ここまでの話は口コミ情報は信頼できる本当の体験談が書かれているという前提の話です。しかし口コミ情報が利用者数に影響するということが分ってしまうと、それを業者が黙って見ているわけがないのです。

このため現在の口コミ情報には次のような情報が混在していると考えなければなりません。

  • 実際の体験談
  • 混乱させて楽しんでいる愉快犯による偽情報
  • 利用者の判断を狂わせ特定業者の利益に誘導するための悪意のある偽情報

このような偽情報が含まれている為、せっかく生の情報に接することができる口コミ情報でしたが、現在では利用に危険性のある情報になってしまいました。

もし口コミ情報を利用するにしても十分注意して、結論を導く場合には、必ず別経路の情報から確認しておくことが重要です。

悪評ばかりの業者は利用しない
本文で説明しているように口コミ情報を信じすぎるのは危険で、利用するのであれば、あくまで参考程度にすべきで、結論が欲しい時は本文の通り別経路からの確認を必ず取らなければなりません。

しかし1つだけ口コミ情報の使い道が有ります。これは投稿されている情報が悪評ばかりの場合、その業者には近付かないということです。この悪評が体験談からなのか、偽情報なのかはこの際問題ではありません。

偽情報ならその業者は問題が無いのかもしれませんが、もしかしたら真実を語っているかもしれませんので、危ないものには近づかないというのが鉄則です。キャッシングの業者はたくさんあります。一つの業者に拘る必要はありません。

いろいろ考えて時間を使うよりも、別の業者を探すことに時間を使いましょう。

お勧めのキャッシングの選び方とは?自分の使い勝手を重視しよう!

では結局キャッシングはどのように選ぶのが良いのでしょうか。キャッシングは長く使うものですから、自分の使い勝手が非常に大切になるでしょう。そこでまず必要なのが自分の周囲で利用できそうなキャッシングの情報を集めましょう。

特にキャッシングでは借入ればかりを重視しがちで借入れまでの情報を集める傾向が有りますが、返済が重要で返済方式によって月々の返済額が大きく変わってくる可能性も有るので、そういった詳細な情報についても忘れず集めておきましょう。

次に自分がどのようにキャッシングを利用するのかについて整理して、自分の使い方に即して、キャッシングの情報を評価し、自分の利用方法に最も合ったものを選ぶことができれば、良いものが選べる可能性が高くなります。

自分の周囲のキャッシングの情報を集めよう

審査の難易度も結局人によって違い、口コミ情報も利用できないということになると、何を頼りにキャッシングを決めればよいのでしょうか。ここで重要なのはキャッシングは自分が利用するということです。

しかも他のローンは一度借りれば後は返済だけになりますが、キャッシングと言うのはカードを使って借りては返すということを繰り返していればいつまでも利用できるものです。要するに長期間利用が続くということです。

その時にもし利用出来るATMが手数料のかかるものばかりしか周囲に無かったら、長期的に考えれば、大きな損失に繋がります。また返済で自動引落しができないものだったら、使いにくいと感じる人もいるはずです。

このように長期の利用が前提になる場合、使い勝手が非常に重要になってくるわけです。

そこでキャッシング選びの指標として用いたいのが自分の使い勝手なのです。

そのためにはまず、自分の利用できる可能性のあるキャッシングにはどういったものが有るのかを調べて、その情報を集めるところから始めてみましょう。

キャッシングと言えば大手金融機関ばかりが思い浮かびますが、キャッシングを提供している金融機関には次のようなものが有ります。

  • 大手銀行
  • 地方銀行
  • ネット銀行
  • 信用金庫・信用組合
  • 信販会社
  • 大手消費者金融
  • 中小消費者金融

そこで自分の行動範囲やネット上からこれ等の内自分が利用できるものを選び出して、キャッシングの情報を集めて下さい。

特に地方銀行や信用金庫、信用組合というような金融機関は付き合いが無ければ忘れがちですが、大手金融機関よりも有利な利用ができたりするので、忘れず情報を集めておきましょう。

また中小消費者金融の場合にはカードによる融資は行っていないので、カードローンを希望する場合には、候補から外してください。

返済方式を忘れず確認しておこう

情報を集める場合に是非忘れずに確認しておいてほしいのが返済方式です。通常こういった業者の返済方式は大きく分けると次の2種類のどちらかになっています。

  • リボルビング払い
  • 残高スライド方式

リボルビング払いと言うのは何を一定にするのかでいろいろな方式に分かれるのですが、キャッシングでは元利合計で月々の返済額が一定になる方式を指すのが普通で、消費者金融のキャッシングで良く用いられる方式です。

残高スライド方式と言うのは借入残高を何段階かに区切ってそれぞれに月々の返済額を決めているもので、借入残高が増えると、返済も高額になります。この方式は主に銀行のカードローンで採用されています。

どちらも一長一短がありますが、リボルビング払いは返済はしやすいですが、利用残高が高額になると利息ばかり支払うようになって返済を続けても元本がなかなか減らず、返済期間が長期化して返済総額も増えるという欠点が有り要注意です。

自分の使い勝手を考慮してキャッシングを評価する

情報が集まったら、次に自分がキャッシングを利用する場面を考えてみてください。利用するのはATMなのかあるいは銀行振込なのか、ATMを利用すればどのあたりで利用するのかなどを考えてみましょう。

また利用にあたってATMの利用手数料は容認するのかしないのか、自分が望む返済方法は何か、返済方式は先ほど説明したうちのどちらが良いのかというようなキャッシングに対する要求を箇条書きにして挙げていきましょう。

最初は気になるところを挙げていき、徐々に具体的な要求にしていけば纏めやすくなります。

あとは要求に従って集めておいた情報からキャッシングを評価して、最も要求を満たすキャッシングを探してください。そのキャッシングこそが自分向きのキャッシングと言えます。

結局銀行系だろうが信販系、消費者金融系だろうが、自分向きと言う視点から考えれば、あまり関係の無い区分ということができそうです。

即日利用が必要にならないように注意
キャッシングを選ぶにあたって注意が必要なのは即日融資を求めることです。即日融資が可能なキャッシングと言うのは最近増加傾向になりますが、まだすべてのキャッシングが提供している訳ではありません。

このためもし即日融資を優先してしまうと、選択肢はそれだけ狭まってしまうことになり、自分向きのキャシングが選べなくなってしまう可能性も出てきます。

また即日融資の場合なるべく早く申込むことが必要ですから、選んでいる時間自体が取れなくなってしまい、結局大手の良く知られているものにせざるをえなくなってしまいます。

大手が駄目と言うわけではないですが、もっと条件の良いキャッシングが有るかもしれないので、この選び方は良くありません。

したがってキャッシングを上手に選ぶためにはしっかり選ぶ時間を確保する必要が有り、即日融資が必要になるような状況に追い詰められないことが重要です。

ここで通り易いキャッシングについて纏めておきます。

  • キャッシングには銀行系を始め信販系・消費者金融系などがありそれぞれ審査に難易度が有る
  • 審査の難易度は利用者毎に感じ方が違い一概に言うことはできない
  • 審査の難易度についての口コミ情報には虚偽情報も含まれており利用には注意が必要
  • キャッシングは自分の使い勝手の良いものと言う観点で選ぶべき

キャッシングの申込みでは審査がどうしても気になりますが、過去に問題がなく、それなりの収入が有ればあまり心配しすぎる必要はありません。

【参考記事】
キャッシング申し込みの手順と審査にかかる時間とは?

閉じる
閉じる