どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングの在席確認は嘘が通じる?審査否決の原因になってしまう

キャッシングの審査では様々なことが行われますが、その中には申込者の勤務先に電話が入る在席確認も含まれています。在席確認は本人確認の一環として行われ殆どのキャッシングで避けて通ることができません。

この在籍確認では、簡単な質問が行われ、申込情報として記載した情報などの確認が行われます。もしこの在籍確認中に申込み情報などとの食い違いが生じた場合、申込み情報に虚偽の申告が有ることが分ってしまうことも有ります。

もしキャッシングの申込みでの嘘がバレてしまうと、嘘の情報で申込みが行われたという記録が暫く残ることになってしまい、以後この情報が残っている間は、キャッシングを始め他のローンも含めて審査には通らなくなってしまいます。

キャッシング利用は審査通過が前提!審査では電話連絡も行われる

キャッシングの審査は返済してもらえるかどうかを見極める為に行われますが、その審査では本人の確認、返済能力の確認、信用の確認の3つの大きな柱が有り、様々な方向からこの3つが調べられることになります。

本人の確認は申込時に提出される本人確認書類によって行われますが、最近は窓口での申し込みの数が減ってきており本人確認書類だけでは本人確認としては不十分と考えられており、加えて在席確認が行われています。

在席確認と言うのは、申込者の勤務先に金融機関のほうから電話を入れ、本当にその職場に在籍しているかどうかを確認します。申込者から嫌がられていますが、金融機関にとっては大変重要な確認になっています。

キャッシングの審査では何が行われるのか

キャッシングを申込む場合審査が行われることは誰でも知っていると思いますが、審査で何が行われているのかはあまり知られていません。審査は各キャッシング毎に決められている審査基準によって行われますが、中身は分りません。

しかしどのようなことが確認されるのかは概ね分かっていて次の通りになっています。

  • 本人が申込んでいるかどうかの確認
  • 返済して行けるだけの収入が有るかどうかの確認
  • 返済してくれるかどうか信用できるかどうかの確認

金融機関と言うのはお金を貸して、その返済の時に付けてもらう利息を利益にしています。ですからたくさん借りて貰えば貰うほど儲けが出ることになるのですが、問題は返済してくれるかどうかということです。

このため金融機関は敢えて審査を行って返済してくれる可能性の高い人だけに絞り込んで融資を行うために審査を行います。

当然ですが返済能力として定期収入が有り、以前ローンの返済で滞納などが無く信用できる人かどうかというような事が重要な確認になりますが、実は最も基本的で重要な確認は申込者が本人かどうかの確認です。

誰かを騙って申込んできたような人にお金を貸してしまったら、もう返済は期待できなくなってしまいます。

本人確認は証明書類だけでは不十分

そこで本人確認はどのように行われているのかと言うと、通常は申込時に申込書あるいは申込み情報と一緒に提出される本人確認書類で行われると考えられています。もちろんこの書類の確認は重要なものです。

しかしよく申込方法を思い浮かべてみて下さい。窓口で申込みを行って写真付きの本人確認書類を提示すれば、本人と突き合せて申込者が本人かどうかの確認ができます。しかし現在窓口で申込みを行う人がどれだけいるでしょうか。

最近ではキャッシングは窓口や自動契約機のように店舗で申込む人と言うのは少数派で、多くはネット経由や電話での申込みになってきています。この場合も本人確認書類は提出しますが、本人と突き合せることはできません。

したがって本人確認書類だけでの本人確認は現在では十分とは言えなくなってしまっているわけです。このため金融機関は本人確認の際、さらに別の確認を併用することになっています。

在席確認はどのように行われるのか

そこで本人確認の補完のために行われているのが在席確認というものです。

在席確認と言うのは、審査中に申込者の勤務先に金融機関のほうから電話を入れ、実際に申込書あるいは申込み情報中に記載した勤務先に在席しているかの確認を行うものです。

金融機関では本人確認書類とともにこの在席確認を行うことによって、実際に申込みをしてきた人が本人であると確認しているわけです。

在席確認は職場に電話連絡が入るということで申込者には大変嫌がられていますが、金融機関としても、危ない融資を行わないためにもこの審査を省くことができないでいます。

申込者が会社員ではなく自営業者で勤務先が自宅と言う場合も在席確認は行われ、この場合には自宅に対して電話連絡が行われることになるので、在宅確認ということになります。

申込時の電話は在席確認だけとは限らない
本文では審査時の在席確認について説明していますが、申込時の電話連絡は在席確認だけとは限りません。この他にも次のような電話連絡が有る可能性が有ります。

  • 申込みの確認電話
  • 審査結果の連絡電話

申込みの確認電話と言うのは審査の前に申込みが行われたという連絡の電話で、実際に申込んでいるのかどうかの確認のために行われるものです。ただしすべてのキャッシングで行われている訳ではありません。

もう一つは審査結果の連絡電話で、場合によっては仮審査と本審査の結果連絡の2度になる可能性も有ります。ただし、審査結果の連絡方法はキャッシングによって違い、最近ではインターネット上から結果確認を行うような場合も有ります。

ただしこれらの電話は勤務先ではなく、申込時に指定した連絡先の電話に掛ることになります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利用で会社に連絡は有る?通常は審査時の在席確認のみ

申込情報では正確な申告が重要!嘘がバレると審査は通過できない

この在席確認では、基本は在席の確認ですが、簡単な質問が行われるのが普通で、ここで申込み情報などの確認が行われることになります。もちろん申込者が回答に困るような質問が行われるようなことは有りません。

この質問の回答がもし申込時に申告した内容と食い違っていた場合には、どちらかが間違っていたということになり、単なる間違いも有りますが、審査を有利にしようと虚偽の申告をしたことが疑われることになってしまいます。

もし申込み情報で嘘の申告をしていたとすると、このような在席確認やその他の情報によってすぐに嘘だとばれてしまう可能性が高く、特にこういった審査のプロである金融機関を騙し通すことはまずできません。

在席確認では簡単な質問が行われる

では在席確認と言うのはどのように行われるのでしょうか。もちろん在席が確認できれば良い訳ですから、キャッシングによっては本人が不在であっても、職場の誰かが在席していることを証明すればOKとしている場合も有ります。

しかし多くの場合には、本人が応対して、何らかの質問が行われてそれに応えるという形式で行われることになります。

そういった説明をすると、質問に答えられなければ困ると考えてびくびくしてしまう人がいますが、これ等の質問は通常申込み時に記載するような情報について改めて質問されるだけです。

そうでなければ金融機関のほうも確認が難しくなりますから、少なくとも本人であれば答えられないような質問はしません。その点は安心して受け答えしてください。

申込時に申告した情報と食い違いが生じてはいけない

ここで注意しなければならないのは申込み情報に記載した内容と、在席確認で話す内容に食い違いが有ったら、金融機関はどちらが正しい情報なのかわからなくなってしまい、審査で不信感を持たれてしまいます。

例えば生年月日が申込み情報に記載した日時と、質問で回答した日時で食い違っていたら、金融機関でなくてもおかしいと思うでしょう。

申込時は誰かを偽って申込みを行い、在席確認では思わず自分の生年月日を回答してしまったというような事も考えられることです。

したがって、在席確認での質問は、そう回答に困るようなものではないかもしれませんが、1つ1つ間違いの無いように丁寧に回答することが審査通過のためには大変重要な意味を持つことになります。決して安易な受け流しをしてはいけません。

申込み情報で嘘を申告しても分ってしまう可能性が高い

このように在席確認を行うことによって、金融機関は申込み情報の確認ができ、本人確認の補完ができることになります。もし申込時に嘘の申告を行っていると在席確認でボロを出して嘘がバレる可能性が有ります。

また金融機関は審査の中で金融機関間で情報を共有する信用情報の参照も可能で、この中には利用者の基本情報も入っている為、これによっても申込み情報や在席確認での回答の嘘がバレる可能性も有ります。

金融機関と言うのは審査で嘘を見抜く専門家のようなものです。多少嘘を言っても審査を有利にしようと考える人もいるかもしれませんが、金融機関は嘘を嫌います。

もっとも重要なのは情報の有利不利よりも嘘が無いということなのです。

在席確認が有ったら審査は通過したと考えてよいのか
インターネット上では在席確認の電話があったら、もう審査は通過したものと考えて良いという話を見掛けることが有ります。それは本当なのでしょうか。

在席確認が審査のいつの時点で行われるのかはキャッシングによって違います。審査の終了時に行われているとすれば確かに在席確認で問題さえなければ、審査は通過するでしょう。

しかし在席確認は終了時とは限りません。実際の例としては審査の開始時に行っているという業者も存在しています。ですから、そういった業者では在席確認が行われても、審査本番はそれからということになる訳です。

したがって在籍確認が有ったからと言って、もう安心などと考えるのは早計というものです。最後まで気を抜いてはいけません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング審査は嘘で借入可?勤続年数や他社勤務と偽っては駄目!

嘘をついたという情報は暫く残る!その間はお金を借りる事ができない

もちろん嘘の情報で申込みを行ったことが分れば、そのキャッシングの審査は否決になってしまいます。しかし事はそれだけでは終わりません。金融取引と言うのは信用で成り立っています。嘘をついたことでその申込者の信用は崩壊します。

嘘の情報で申込んだという事については信用情報にその後長く残ることになってしまい、その情報はキャッシングやその他のローンの申込みをした時の審査時に参照される事になり、信用評価に利用されます。

もしこの時以前のローン申込みで嘘の申告をしたということが分れば、信用の評価は著しく下がってしまいますから、どの金融機関のキャッシングあるいはその他のローンの審査でも、可決にしてくれるようなところは有りません。

金融取引は信用が重要

金融取引と言うのはお金のやり取りですから、最後は信用できるかどうかと言う話になります。したがって金融機関と言うのは非常に信用というものを大切にしています。

ですから、先ほど説明したように、申込み情報に有利な情報が有ったり不利な情報が有ったりしたとしても、それよりも重要なのはその情報そのものが信用できるかどうかと言う点なのです。

いくら金融機関の喜びそうな情報が有ったとしても、その情報がそもそも信用できないのでは全く取引のためには役に立たなくなってしまう訳です。

どうしてもお金を借りたいということで、誰かを偽って借りようといういろいろと嘘を張り巡らしたとしても、それがバレてしまえば金融機関はそういった人を信用できなくなって、必要なお金も貸しては貰えません。

申込時に嘘を言えばその情報は長く残ってしまう

もし申込時に嘘を言ってそれが発覚してしまったらいったいどういうことになるのでしょうか。当然ですが、その申込みを行ったキャッシングの審査は否決になってしまいます。

しかし事はそれだけでは終わりません。

嘘を言ったという情報は信用情報内に記録として残ることになります。

こういった情報は通常5年間残ることになっています。

つまりこの情報が有ると、その人は嘘つきだと証明しているということになってしまう訳です。

安易な気持ちで嘘をついた代償は自分が嘘つきだということを長期にわたって証明することになる訳です。

そこで思い出してほしいのは金融機関は非常に信用というものを重視しているという点です。こういった考えを持っているところが嘘つきに対してどういった態度をとるのか、考えてみることにしましょう。

情報が残っている間は審査は否決になってしまう

当然ですが金融機関は嘘つきに対してお金を貸すようなことは有りません。したがってキャッシングを始めどんなローンを何度申込んだとしても、審査に通るようなことは有りません。要するにブラックという状態になります。

この状態はこの嘘をついたという情報が信用情報中に残っている間は、続くことになって、この間はお金を借りることができなくなってしまう訳です。困った時にも頼れるところが無いということでかなり深刻な状態と言えるでしょう。

ただし期限が来て、この嘘をついたという情報が信用情報から削除されてしまえば、もうその情報は参照できませんから、そのことによって審査が否決になるようなことは有りません。再度嘘をつくような事をしないように注意しましょう。

嘘以外にも審査が通らなくなる事が有る
ブラックと言う状況は本文で触れている嘘によるもの以外にも様々な原因で陥ってしまう可能性が有ります。原因になるのは次のようなものを挙げることができます。

  • ローンの滞納
  • 各種料金などの支払いの滞納
  • 債務整理
  • ローンの申込み

ローンの申込みと言うのは他に比べ情報の格納期間は短く、短期間に続けてローンを申込むようなことができないようにしています。

嘘以外でもこのようにブラックになってしまい、ローンの利用が難しくなってしまいますから、信用というものを壊さないように、十分注意する必要が有るということを理解してください。

もしこういった状況になってしまった時には2度と同じことを繰り返さないように、なぜ自分はブラックになってしまったのか原因を追究して対策を立てるようにしましょう。

在席確認を避ける方法はあるか?選択肢が狭まるのでお勧めできない

そこでそういった面倒を避けるために自分は在席確認の無いキャッシングを選びたいと言う人も出てきます。確かに最近では職場への電話による在籍確認が行われないようなキャッシングも少数ながら提供されています。

しかしそういった在席確認が行われないキャッシングを提供している金融機関でも本人確認はしっかり行わなければならないので、在席確認に代わる、前提条件が付けられるのが普通で、それを満たしていなければ在席確認は避けられません。

しかも在席確認が行われないキャッシングと言うのは数が非常に少ないため、選択できるキャッシングが限られることになり、自分にとって使い勝手が良いキャッシングが選べるという保証は無いため注意しなければなりません。

在席確認が無いキャッシングは存在する

在席確認の必要性は分るが、やはり勤務先に電話が有ると、周囲にキャッシングの利用が知られてしまう可能性が有るので、どうしても避けたいと考える人も、相当数いるのではないかと思われます。

以前であればそう言われても、在籍確認は避けることができませんと答えるしかなかったのですが、現在では状況が多少変わってきています。つまり在席確認が行われないようなキャッシングというものが出てきているのです。

これ等のキャッシングを利用すれば、勤務先に電話で行われる在席確認を避けることができ、それによって周囲にキャッシングの利用が分ってしまうというような可能性も無くなることになるので、真剣に利用を考えている人も多いはずです。

在席確認に変わる確認方法とは

しかし、在籍確認の目的を思い出してください。在席確認と言うのは本人確認の補完的な意味が有るということを説明しました。

このため、在席確認が行われないということは、それに代わる方法で本人確認の補完を行わなければならないということです。

そこでこういった在席確認の無いキャッシングではどのようなことが行われているのかを調べてみると、在席確認を行わない為には申込みに前提条件が付けられているのが普通です。

例えば、有る在席確認が行われないキャッシングの場合、特定の銀行に普通預金口座を持っているという条件が付いています。

普通預金口座を持ってるということはその口座の開設時に、銀行の方で本人確認が行われることになります。したがって、その時点で本人確認が行われており、その確認をキャッシングの申し込みでも利用しているということなのです。

その他、日本郵便の本人限定受け取り郵便を利用して確認に利用しているような場合も有るようです。

在席確認を避けるとキャッシングの選択肢は極端に減ってしまう

ただし、問題になるのはやはりそういった在席確認を行わないキャッシングというものが非常に数が少ないということです。

キャッシングというのは長く利用するものですから使い勝手というものが非常に大切になります。

ですから選ぶ場合にはたくさんの中から自分の利用方法を考えて使いやすいものを選ぶことが重要になのです。

しかし数が絞られてしまうと、自分に合ったものが選べる可能性はそれだけ減ってしまいます。ですから、在席確認を気にしすぎてしまって、良いものが選べなくなってしまっては、後々公開する事にも繋がることになります。

在席確認はほんの5分程度で終わってしまいます。ですからあまりそのことを気にしすぎないで、選択肢はできるだけ広げて良いものを選ぶことを勧めます。

そもそも在籍確認は周囲にバレる可能性が有るのか
在席確認では本文で説明している通り、職場の周囲にキャッシングの利用がバレてしまうのではないかということを大変気にする人がいます。本当に在席確認電話でバレてしまうような事が有るのでしょうか。

実は金融機関のほうも在席確認が嫌われていることはよく知っていて、電話でも次のような配慮がされています。

  • 消費者金融と銀行の一部の在席確認電話は担当者の個人名で行われる
  • 話の内容はお金の話ではなくキャッシングとは一見関係ない話に終始する

職場では電話は誰が受けるかはわかりませんから、あくまで個人名を名乗って、一部の銀行を除いて金融機関からの電話だということは分らなくなっています。

しかも話の内容もキャッシングを連想するようなことがないように配慮されいるので、たとえ誰かが聞き耳を立てていてもそれがキャッシングの在席確認だということはまず分りません。

しかも自分が考えているよりも、他の人は関心を抱いているわけではありません。

ですからあまり在席確認を心配し過ぎる必要など無いのです。

ここで在席確認での嘘について纏めておきます。

  • キャッシングの審査では在席確認と言う勤務先への電話連絡が行われる
  • 在席確認と申込み情報が食い違ったり嘘を言ったりすると審査は通過できない
  • 嘘をついたという情報は長く残りその間お金が借りられなくなってしまう
  • 在席確認の無いキャッシングも有るが数が少なく選択肢が狭くなり自分にとって使いやすいものが選べなくなる可能性が有る

キャッシングなどの金融取引は金融機関と利用者の信頼関係が大切です。申込時に嘘を言わなければならないような状況の場合には借入れは考えるべきではありません。

【参考記事】
キャッシングの仮審査を有利にする嘘を言った!バレれば後々影響大?

閉じる
閉じる