どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングの在席確認とは?審査では勤務先に電話確認が行われる!

キャッシングは申込んでもそのままでは貸してはくれません。申込みに続いて行われる審査に通過する必要が有ります。審査では様々なことが行われますが、申込者の会社宛てに電話をかけ実際に在籍しているかの確認もその一つです。

しかしこの在籍確認は殆どの申込者に嫌がられています。これは職場に掛ってくるということでキャッシングの利用が周囲にバレてしまうのではないかという不安が有るためで、できれば避けたいと思っています。

最近では在席確認が無いというキャッシングも現れて来てはいますが、在席確認と言うのは申込者が本人であるかと言う確認になっていますから、在籍確認が無い場合にはそれに代わる前提条件を満たしていなければなりません。

キャッシングの審査で勤務先に電話が有る!それは何のため?

キャッシングの審査と言うのは金融機関がお金を貸したら、それがしっかり利息付きで返済されるかどうかを見極めるために行うもので、収入や信用がチェックされますが、最も重要なのが申込者が本人であるという確認です。

金融機関側はこの本人確認のために証明書類の提出を要求していますが、最近では申込方法が多様化している為、窓口で証明書類と本人を突き合わせるような確認が行えず、この証明書類の提出だけでは確認が不十分になっています。

このため、金融機関は本人確認を確実に行うためには証明書類の提出だけでは不十分と考えていて、もう一つの確認として申込者の勤務先に、実際に申込者が在籍しているかどうかを確認する在籍確認電話を行っています。

キャッシングの審査ではどのようなことが行われているのか

キャッシングの審査は各キャッシング毎に決められている審査基準によって行われています。この審査基準は様々なノウハウが詰まっており、各金融機関は決して表に出すようなことは有りません。このため審査内容ははっきりは分りません。

しかしどのようなことについて審査を行っているのかは分っており、次のような内容になっています。

  • 申込者が本人であることの確認
  • 申込者に返済能力が有るかの確認
  • 申込者が信用できるかどうかの確認

こういった項目の確認を行うために、キャッシングの申込時には本人確認のための書類と収入を証明する書類の提出が要求されますし、信用の評価では金融機関間で利用者の金融取引情報を共有するための信用情報が参照されます。

実際の審査の内容である審査基準はキャッシング毎に異なっており、同じ人が申込んだとしても、審査に通る場合と通らない場合が出てくることも珍しくは有りません。

本人確認は証明書類だけでは足りない

話を本人確認に絞って進める事にしましょう。先程申込時に本人確認のために本人の証明書類の提出が要求されると説明しましたが、本人確認はこれだけでは不十分です。

以前はローンの申込みと言えば金融機関の窓口で行うのが普通でしたから、本人確認もその時点で本人確認のための証明書類と突き合せれば良かったわけですが、現在では申込方法が多数用意され、窓口で申込む人は少数派になってしまいました。

このため他の方法の場合、証明書類を提出されただけでは、本当に本人が申込んでいるのかの確認には不十分になってしまったわけです。そこで金融機関は証明書類による確認を補強するために、さらに別の本人確認を行う必要が出てきました。

そこで行われているのが在席確認というもので、申込者が申込時に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかの確認が行われています。

勤務先への在席確認とは?

勤務先への在席確認と言うのは、申込者が勤務している会社の職場宛てに金融機関のほうから電話を入れて、実際に申込者本人がその会社に在籍しているかどうかを確認するもので、これによって本人確認を補強する訳です。

電話の内容はキャッシングごとに違いますが、本人の在席が確認できれば良い訳ですから、電話に出たところで目的達成としている場合や、本人が不在であっても、応対した人が申込者の在席を認めれば良い場合も有ります。

最も多い例としては何らかの質問が有ってそれに答えるという形式になっていて、ここでおかしな回答をしてしまうと、審査に影響が有る場合も有ります。

ただし質問の内容としては申込み情報に記載したようなことが聞かれるだけですから、申込者本人であれば、回答に窮するといったようなことは考えられませんから、あまり気にする必要はありません。

在席確認が有ったらもう審査は通過したと思っても良いのか?
インターネットにある口コミ情報等を見るとキャッシングでは在席確認が有ったら、もう審査には通過したと思って良いというような事が書かれていたりするのをよく目にしますが、これは本当なのでしょうか。

実は確かに審査では在籍確認を最後に持ってきているキャッシングが有り、こういったキャッシングではその時点までの審査には通ってきているということで在席確認で問題が無ければ審査には通過できる筈です。

しかしキャッシングはこういったものばかりではありません。キャッシングによっては在席確認を審査の最初に持ってきていて、これが終わらなければ残りの審査は行わないというような業者も存在しています。

ですから、在席確認があれば審査には通過したようなものだというのはあまり当てにはなりません。在席確認が有ったからと言っても審査が否決になる場合も有るのです。

キャッシングの利用は周囲に知られたくない!在席確認は大丈夫?

在席確認は、申込時に申告している勤務先の会社宛てに金融機関から電話で行われるのが普通で、キャッシングによって違いますが、簡単な質問が行われます。

そこで申込者が心配になるのが、電話を受けた人に在席確認ということが分ってしまうのではないかというような、周囲にキャッシングの利用がバレてしまうのではないかと言う点です。

しかし多くの金融機関ではそういった心配が有るということを理解していて電話の際も配慮していますから必要以上に心配する必要はありません。

自分を考えてみれば分かりますが、周囲の人は他の人をそれほど気に掛けてはおらず、普通に受け答えをしていれば、怪しむようなことは有りません。気にしすぎるほうがかかえって心配されるものです。

在籍確認電話はどのように行われるのか

在席確認は金融機関としては審査の中でも重要な本人確認の一環で行うもので、どうしても必要と考えている審査項目になっています。しかし申込者にとっては職場に電話が有るということであまり歓迎されていません。

日本人の場合、住宅ローンなどは別にして、借金をするというのはあまりイメージの良いものではないと考えており、出来れば借金のことは誰にも知られたくないという人が殆どです。

銀行からの電話であれば、いろいろな理由が有りますから、すぐにキャッシングは連想しませんが、消費者金融から電話が有れば申込者は周囲から好奇の目に晒されるような感覚に陥ってしまうでしょう。

しかしこういったことは金融機関のほうはよく理解しており在席確認電話は次のような形で行われています。

金融機関 在籍確認電話の名乗り
銀行 銀行名あるいは担当者の個人名
消費者金融 担当者の個人名

このように銀行の一部と消費者金融では在席確認電話は担当者の個人名で行われています。

このため少なくとも電話の名乗りだけでその電話がキャッシングの在席確認だというような事はまず分りません。

在席確認は職場の同僚に知られることは無いか

ではこの電話が職場の同僚に在籍確認のための電話だということが分ってしまうような事は無いのでしょうか。

今説明したように少なくとも電話の名乗りだけでは単なる知り合いからの電話としか判断できませんから、在席確認だと考えることは有りません。ですから誰が電話に出たとしても、そこからバレるというようなことは考えにくいでしょう。

本人が電話に出会た後と言うのは、何かしらの質問が行われることになりますが、それについても例えば生年月日だったりというように、キャッシングを連想するような話は無いので、誰かが聞き耳を立てているような事が有ってもバレないでしょう。

そもそも職場で仕事中に誰かを観察し続けること自体あまり考えられませんし、自分が思うほど他の人は誰かを気にかけるというような事は無いのです。

したがって、在席確認電話が有っても平然と受け答えをすれば、何も怪しまれず、すぐに終わってしまうはずです。気にしすぎないのが一番良い方法なのです。

もし怪しまれた時の対処方法は?

ではもし万一電話が有ったことで注目を浴びてしまい、怪しまれてしまった時にはどうすれば良いのでしょうか。例えば既にキャッシングを利用している人などは敏感に在席確認ではないかと考えてしまうかもしれません。

しかしそういう場合でも、まずそういったことを口にするような人はいないはずです。しかし中には好奇心を抱いてしまって、在席確認電話ではないかと言ってくるような人もいるかもしれませんので、予め対策を考えておきましょう。

在席確認のような電話は何もキャッシングだけとは限りません。たとえば現在では必須アイテムになりつつあるクレジットカードもやはり本人の確認の為に職場に電話をしている場合が有ります。

そこでキャッシングの利用を疑われたら、クレジットカードの確認電話だと言えば、何らおかしなことは無いので、これでごまかすことができるはずです。

在席確認電話はいつかかってくるのか
では在籍確認電話と言うのはいつかかってくるのでしょうか。もちろん職場ということですから、朝早かったり夜遅かったりと言うことは有りません。就業時間内ということになるでしょう。

特に最近では審査時間最短30分などと言って、審査時間自体が非常に短縮されてきていますから、在席確認も審査の一環ということになりますから、申込みを行なったらすぐに掛ってきてもおかしくない訳です。

ですから申込みも良く時間を考えて、できれば自分が職場に在籍している時を狙って行ったほうが安心でしょう。

ただし、審査時間と言うのは最短では終わらない場合も有ります。他の審査項目で時間がかかってしまえば、在籍確認電話がくるのもそれだけ時間がかかることも有りますから、なかなか掛ってこなかったとしても慌てずじっくり待ちましょう。

在席確認以外に自宅への電話も行われる!連絡先の記入に注意

在席確認はこのように通常は勤務する会社宛てに行われるものですが、キャッシングによっては申込時に自宅のほうに電話連絡が行われることが有るので、在席確認だけではなく自宅への電話にも注意が必要です。

この電話では申込みが行われたという確認や、審査結果の連絡などが行われるものですが、もしキャッシングを家族に内緒にしておきたいというような場合には、厄介ですから予め連絡先などの記入に注意しておかなければなりません。

また申込時以降は会社や自宅には基本的に電話による連絡は行われませんが、返済が滞るなど、取引上の問題が発生した場合には、自宅への電話連絡が行われる事が有るのでそういった問題を起こさないように十分注意が必要です。

在席確認以外にも審査時に自宅に電話が有る場合が有る

キャッシングの申込時の電話と言えば在席確認だけを気にしている人がいますが、申込時に掛る電話と言うのは、この在籍確認だけとは限りません。

その他にも会社へと言うわけではなく連絡先に指定した電話に電話が有ります。

どのような電話が有るのかはキャッシングによって違いますが、次のような電話が考えられます。

  • 申込みの確認電話
  • 仮審査通過連絡電話
  • 審査通過連絡電話

まず申込みの確認電話と言うのは無いところも多いですが、間違いを事前にチェックするため、申込みを受け付けた旨、申込時に記載した連絡先に電話で通知が入ります。

仮審査通過連絡電話というのは審査が仮審査と本審査に分かれていて、仮審査に通過したので、例えばこの時点で証明書類を送れとか、以後の手続きは店舗に来てくれと言ったような連絡が行われます。

審査通過連絡は最近ではインターネット上で表示したり、メールで行われるところも有りますが、現在でも申込方法によっては電話で行われています。

このようにいろいろと電話での連絡が有りますから、自分が申込むキャッシングにはどのような電話連絡が有るのか、事前に確認して、突然電話を受けて慌てるようなことが無いようにして下さい。

家族に知られたくない場合の対処方法とは?申込み情報の連絡先に注意

ここまで読んでくると慌てている人もいるかもしれません。キャッシングと言うのは職場だけではなく、家族にも内緒で借入れしようと考える人が多いためです。こういう場合家に電話がかかっては大変不味い事になります。

家族に知られたくなければ、まず申込時点で家のほうに在宅していなければ、家族の誰かに電話を受けられてしまうでしょう。職場では気にする人はまずいないと説明しましたが、家族はそうはいきません。

キャッシングの利用が知られてしまうかもしれません。

そこでこの対策として、申込時の連絡先電話を自宅の固定電話ではなくて、自分の携帯電話にしておきましょう。

様々な書類に記載する場合、自宅の固定電話を連絡先にしておくことが多いですが、連絡が取れればよい訳ですから、携帯電話でも構わないはずです。

もし家族に知られたくないのであれば、申込時から注意して気を配って下さい。

返済が滞ると審査時以外にも自宅に電話がかかる場合が有る

ここまでは申込み時に限った話です。利用開始後は金融機関のほうから連絡先に直接電話が入るようなことはまずありません。金融機関としても利用してくれていれば電話などする必要なないのです。

しかしキャッシングの利用では正常ではないことも起こることを忘れてはいけません。もし返済が滞ってしまったとしたら、最初は電話ではなく督促状が来るだけですが、それでも支払いに応じなければ回収担当から電話が入るようになります。

当然電話は連絡先に指定した電話に掛ってきますが、その電話に出なかったりすれば、回収できないということになりますから、自宅さらには会社宛てにも電話がかかる可能性というものは否定できません。

したがって隠しておきたければ、返済が滞るような事にならないように、契約の通りしっかり返済を行ってください。

家族にキャッシングの利用を隠すのは良くない
本文では家族にキャッシングの利用を知られないための説明をしていますが、会社の同僚などには隠しておくにしても、家族にはしっかり説明しておいた方が良いのです。

例えば本文でも触れていますはキャッシングでは返済ができなくなることは珍しいことではありません。そういった時に自分で何とかできれば良いですが、なかなかそうはいかないものです。そういった時に助けてくれるのは家族なのです。

したがって、そういった場合にいきなり借金が返せないと話すよりも、予めキャッシングの利用と言う情報を共有しておいた方が良いのです。

また特に 高齢者の場合には、自分に何かあった時のことも考えておかなくてはなりません。死後家族の知らな借金が発覚するよりも、やはり情報を共有しておいた方が家族も困らないでしょう。

在席確認が無いキャッシングも存在する?利用には要注意!

職場に電話が入るということで、申込者には嫌がられている在席確認ですが、金融機関は本人確認のためには必要だと考えて現在でも続けられています。

しかし最近になっていくつかのキャッシングではこの電話による在籍確認がないものも出てきています。

ただし、本人確認は確実に行わなければなりませんから、電話とは別にいくつかの条件を満たしている必要が有ります。この条件を満たせていない場合には、やはり従来通りに会社への在席確認が行われることになります。

ただ在席確認の有無だけでキャッシングを選ぶということになってしまうと、非常に選択肢が狭まってしまうことになるため、自分に合った利用方法ができるキャッシングが選べないことになる可能性が有り、あまり良い選び方とは言えません。

在席確認の無いキャッシングとは?

申込者の中にはどんな形であっても職場への電話は困ると考える人もいるはずです。

そういった人向けには数はごく少なくなってしまいますが、在席確認が無いキャッシングも存在していますので、そういうところを狙うしかありません。

ただし、こういったキャッシングでは利用場面で制限が付く場合が有るので注意が必要です。例えばあるキャッシングの場合には申込みから利用までをすべてWeb上で行うという前提で在席確認を無くしています。

この場合申し込みなどは他のキャッシングでもWeb上から可能なので、大きな違いはありませんが、利用場面では通常ATMからの利用と銀行振込による利用の2通りの利用方法が提供されますが、この場合は違います。

利用もWeb上からだけに限られますからATMでの利用ができません。融資の利用はWeb上からの振込依頼だけになります。

このためこの例のキャッシングでは通常のカードローンとは違いカ-ドローンとは言ってもローンカードの発行が有りません。

在席確認が行われないようにするには前提条件が有る

しかもこういった在籍確認が無いというキャッシングを利用するには、それに代わる本人確認が行われなければなりませんから、申込みに前提条件が付いているのが普通です。

この条件を満たせなければ在席確認が行われることになります。

その前提条件と言うのは例えば先ほどWeb上だけでしか利用できないというものの場合、指定した銀行に普通預金口座を持っていることが必要になります。

この場合なぜ本人確認になるのかと言うと、普通預金口座を開設するときには、銀行の方で本人確認が行われているわけですから、そういったことでキャッシングのほうの本人確認の代わりにするという考え方です。

その他にもカードの郵送時に本人限定受取郵便というものを利用しているケースもあるので、在席確認が無いキャッシングを申込む場合には、どういった前提条件が有るのか、必ず事前に確認しておいてください。

キャッシングは在席確認の有無で選ぶべきではない!

ただし、こういった在籍確認が無いキャッシングというのは数が非常に少ないため、在席確認の有無だけでキャッシングを選ぶべきではありません。

キャッシングというのはそれぞれに違いが有って、特徴を持っています。そういった中でどれかを選ぶとすれば通常自分に合ったものが良いのは当然です。しかし在席確認無しということで限定してしまうと自分にとって良いものが選べなくなります。

ですから在席確認の会社への電話がどうしても心配だという場合も、電話など1分程度で終わってしまいますから、その程度は我慢して、受け入れたほうが、使いやすいものが選べるはずです。

良いキャッシングを選ぶ方法
自分にとって良いキャッシングと言うのはどのように選べば良いのか考えてみましょう。良いという意味は利用者によって様々な解釈が有ると思いますが、長期的に利用するという点では使い勝手が良いという意味になるでしょう。

そういった使い勝手が良いものを探す場合、まずキャッシングの情報を集める段階で有名どころだけではなく、自分の近くの地方銀行や信用金庫と言ったところのものなど、とにかく自分の周囲にあるものの情報を集めましょう。

次に自分がキャッシングに要求する事項を箇条書きにしてまとめます。例えば利用手数料のかからないATMが自分の行動範囲にあるかとか、自分向きの返済方式は何かといったようなことを挙げて行きましょう。

条件が挙げられたら集めておいたキャッシングの資料を調べて条件に最も合ったものを探してみて下さい。そのキャッシングこそ自分に最も使い勝手が良いものです。

ここでキャッシングの在席確認電話について纏めておきます。

  • キャッシングを申込むと勤務先に在席確認の電話が入る
  • 在席確認の電話は担当者個人名で掛り周囲には在席確認だということは分らなくなっている
  • 在席確認以外にも申込時に自宅宛ての電話が有るので家族に隠している場合には注意が必要
  • 在席確認の無いキャッシングも少数有るが申込みには前提条件が付く

在席確認は嫌われてはいますが金融機関にとっては必要な確認なので、できるだけ協力するようにしましょう。

【参考記事】
キャッシング増額審査に在席確認なし!増額した時のデメリットとは?

閉じる
閉じる