どうしても審査に通りたい人向けサイト

エクセルのキャッシングは50万円まで!同名の闇金があるので要注意

福岡にあるエクセルという消費者金融は小規模な業者ではありますが、金融商品として一般向けに比較的少額の50万円までのキャッシングを用意し、加えて多重債務を抱える人向けのおまとめローンも用意しています。

エクセルのキャッシングでは大手業者と同じように様々な申込方法が用意されており、利用を希望する人が自分の利用しやすい申込方法が選べるようになっています。審査は30分ほどで即日融資の利用も可能です。

ただし全国には何件かのエクセルを名乗っている業者が有り、正規業者の他にも、エクセルを名乗る闇金が存在していることが知られています。このため利用する場合には、必ず正規業者かどうかを確認することが必要です。

エクセルという消費者金融が有る!通常は福岡の業者を指す

消費者金融のエクセルと言えば福岡の業者を指すのが普通です。エクセルは小規模業者ですが、インターネット上にホームページを開設しており、全国的にある程度知名度のある消費者金融になってきています。

エクセルの提供するキャッシングは融資上限額が50万円までということになっており、高額の利用には向きません。金利は大手消費者金融よりも高めですが、中小消費者金融としては一般的な設定になっています。

エクセルには通常のキャッシングの他にも、多重債務を負っている人向けにローンを一本化するための、おまとめローンの提供も行っており、小規模業者と言っても金融商品のラインナップが揃っています。

エクセルのキャッシングとは

エクセルという金融業者は後で説明するように全国に何件かあって、エクセルと言うだけではどれを指すのかはっきりわかりません。ただし、通常は福岡にある業者が比較的知られた存在になっているので、この業者を思い浮かべる場合が多いようです。

この福岡のエクセルも決して大きな会社と言うわけではありませんが、利用者が全国に散らばっている為、名前が全国的に知られているのだと考えられます。キャッシングの仕様は次のようになっています。

商品名 なし
融資額 5万円以上50万円以内
金利(年利) 15.0%~20.0%
返済方式 残高スライド方式

融資は50万円まで金利は少々高め

以降エクセルと表現した時は、特に断らない限りはこの福岡のエクセルを指すことにします。

先程の仕様を見ると分ると思いますが、エクセルでの融資は最高50万円までしか対応していません。最近はキャシングでは融資額の高額化が進んでおり、消費者金融でも800万円程度まで融資している場合が有ります。

しかしもう一つの潮流として融資額は低額に抑えて、その代り広く浅く融資するという方針のもとに、大勢の人に利用してもらおうと考えている業者もたくさんあり、エクセルの場合はこちらの考えを持っている業者だと考えられます。

これに対して金利は多少高めの設定になっています。他の金融機関と比較したものが次の表です。

金融機関 最高金利
エクセル 20.0%
銀行 14%台
大手消費者金融 18.0%
中小消費者金融 18.0%~20.0%

20%と言うのは法定上付けられる最高金利になっているので、正規業者ではこれ以上の金利は付けられません。

エクセルにはおまとめローンも用意されている

エクセルにはこの一般向けのキャッシングの他にも債務を複数抱えた人向けにおまとめローンを用意しています。

おまとめローンと言うのは要するに現在抱えているローンの借り換えのための融資で、これを利用することによって複数の返済を平行して行わなければならない状態から、返済を一つに纏めて楽に返済できるようにするものです。

エクセルのおまとめローンは次のような仕様になっています。

商品名 おまとめローン
融資額 1万円以上300万円以内
金利(年利)
融資額 金利
1万円以上10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 12.0%~15.0%
返済方式 残高スライド方式
金利と審査の難易度の関係
エクセルを含め中小の消費者金融の金利が高いのにはそれなりの理由が有ります。融資と言うのは信用と密接な関係が有って、信用が低くなればなるほど金利は高くなっていきます。これは個人取引でも国家間取引きでも同じです。

このため金融機関は自分のところに来る利用者がどの程度の信用を持っているのかを考えて金利の設定を行うことになります。

キャッシングの利用者の場合、もっとも信用が高い人たちは銀行を利用し、その次の人たちは大手消費者金融を利用します、そして中小消費者金融には、更に信用が低いと判断される人たちが申込んできます。

ですから中小消費者金融で、銀行のような金利を付けていたら利用者の獲得ができなくなってしまう訳です。このため中小消費者金融は金利を高くし審査の難易度を下げて、利用者を獲得しているわけです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
あちこちにキャッシングの債務有り!おまとめローンで一つに纏めよう

エクセルのキャッシングの申込方法とは?多数の方法が用意されている

消費者金融はあまり利用者が店舗に行きたがらないので、申込方法を多数揃えている場合が多いですが、通常エクセルのような小規模業者はそれ程多くの申込方法は提供できません。しかしエクセルは店舗も含めて多数の申込方法を提供しています。

またキャシングの申込みでは必要になる書類が有りますが、エクセルの場合もやはり書類が必要で、融資額に関係なく収入を証明する書類と本人を証明する書類の提出が求められます。

最近のキャッシングでは審査時間が短縮される傾向が有り、大手業者から小規模業者までやろうと思えば即日融資も可能になっています。エクセルでも審査時間は30分程度となっており、申込み時間にもよりますが即日融資が利用できます。

エクセルのキャッシングの申込方法とは

エクセルが全国的にある程度の認知度が有るのは、申込方法を関係していることが考えられます。小規模業者の中には窓口と電話程度しか申込方法を提供しておらず、融資に当たっては店舗に行く必要が有ったりします。

しかし最近の申込方法ではインターネットを介して申込みから融資まで店舗に行かなくても利用できるところが好まれる傾向にあり、エクセルはうまくこの波に乗ったと考えられます。エクセルは申込方法として次の方法を用意しています。

  • インターネット経由
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • 窓口

申込者はこの方法の中から自分が安心して申込みができる方法を選んで申込めます。インターネットからの利用が増えてきているとはいっても、慣れていない場合にはお勧めしません。

窓口以外の方法で申込みを行えば、申込みから融資まで店舗に行く必要がありません。

申込みに必要になる書類

申込みを行うためには、提出が必要になる次のような書類を用意しなければなりません。

まず身分証明書として次の中の一つが必要です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住基カード
  • 各種保険証 等

”等”となっているので、本人が証明できる書類であればこの他のものでも利用できるはずです。

次に収入を証明する書類ですが、大手金融機関などの場合には50万円までの融資の利用では必要ないとされている場合も有りますがエクセルの場合には提出が要求されます。

収入を証明する書類としては次のものが利用できます。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書(最新)
  • 給与明細書(直近2か月分)

申込みを考える場合には事前にこれ等の書類を用意しておいてください。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの審査で収入証明書提出は必要?安定性が示せれば有利!

審査時間は30分程度

最近では大手業者でも即日融資が珍しくなくなってきていますので、それに対抗するためには、中小業者でも審査を高速化して即日融資を可能にしておく必要が有ります。このため最近では即日融資を売りにしている中小業者も増えてきています。

エクセルの場合も審査時間はおよそ30分としており、即日融資も可能になっています。ただし審査は営業時間内だけの対応と言うことになっていますから、例えば会社を退社した後申込んだとしても翌営業日まで審査は行われません。

また表向きには30分程度と言われていたとしても、審査が順調に進むと言う保証は無く、例えば在席確認がスムーズに行えていなければ、その分審査時間は延びてしまい、場合によっては即日融資が利用できない場合も有ります。

即日融資がお勧めできない理由
本文では審査時間が短くなり即日融資を売りにしている業者も増えてきていると紹介していますし、急いでお金を借りる必要が有る人には有り難い存在ですが、あまり即日融資と言うのは勧められないということを覚えて行きましょう。

キャッシングと言うのは人間が使うものですからやはり使い勝手の良いものと良くないものが有ります。しかもそれは利用者毎に感じ方が違う為、誰かが良いと勧めていても自分には向かない可能性があります。

このためキャッシングと言うのは急いで借りるのではなくてじっくり調べて自分向きのものを探すということが大変重要なのです。ですから急いでいて調べる時間が取れないような選び方はお勧めできない訳です。

要するによく先を見て即日融資が必要になるような状況に追い込まれないようにすることが重要になるのです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング申し込みの手順と審査にかかる時間とは?

エクセルのキャッシングの返済方法!予め返済の可能性を計算しよう

融資の可能性が有ったとしても返済ができなければ始まりません。そこで、申込みの前に自分に返済ができるかどうか計算してみることが重要です。

エクセルではホームページに返済シミュレーションが有るので、それを使って返済の回数と、その場合の1回の返済額がどうなるのかを調べてみることができます。

次に自分の返済能力を自分の月々の収入と支出から計算して、自分は月々いくらまでなら返済して行けるのかをできるだけ正確に計算してみましょう。

その範囲内で最も効率が良い返済が行えるように月々の返済額を選び、返済回数を確認してみましょう。もし自分の返済能力では返済が難しいという判断になった場合には、借り入れするのは先に延ばすべきでしょう。

ホームページに返済シミュレーションが用意されている

キャッシングの申込み時点ではあまり深く考えないかもしれませんが、キャッシングと言うのは借りたら返さなければなりません。金融機関のほうから見れば、最も重要なのはこの返済ということになります。

エクセルの返済は残高スライド方式ですが返済回数は自分で設定することができます。このため実際に自分が月々いくら返済することになるのか簡単には分りません。そこでエクセルではホームページに返済シミュレーション機能を提供しています。

この返済シミュレーション機能では借入希望額と希望する月々の返済額あるいは希望する返済回数を入力することにより、希望する月々の返済額を入力した場合には返済回数を、返済回数を入力した場合は月々の返済額を計算してくれます。

自分の返済可能性を計算してみよう

ここで重要なのが返済シミュレーションを利用しただけで終わらないということです。シミュレーションは月々の返済額あるいは返済回数を計算するだけの機能であって、返済の可能性を調べるものではありません。

返済で重要なのは返済が可能かどうなのかと言う点です。

そこで次に自分の返済の可能性を探ってみましょう。そのためには月々の収支を計算してみることです。収支は次の計算式で計算できます。

収支 = 収入 - 支出

この収支を過去1年分程度毎月計算してみましょう。収支が返済シミュレーション機能で計算した返済額以上あれば返済して行くことが可能ということになります。もし返済額を下回る収支になっているのであれば返済は難しいでしょう。

無理なく返済できる返済回数を選ぼう

返済が難しい場合には再度返済シミュレーション機能を利用して収支額以内になるように返済回数を選ぶ必要が有ります。もちろん家計には余裕も必要ですから、収支額だけで判断せず、余裕分も計算に入れて返済回数を決めましょう。

ただしエクセルの場合返済は5年以内ということになっていますから、返済できないからと言って、いくらでも返済回数を増やせるということではありません。

5年以上返済に必要だという場合には、要するに自分には返済して行けないということですから、キャッシングの利用は見合わせたほうが良いでしょう。

また返済回数が大きくなるということは返済期間が延びるということですから、その分利息も増えるということになるので、そういった点にも注意しておかなければなりません。

返済を考えるときは返済計画を立ててみよう
キャッシングの借入れはそれほど大きな金額にはならないのが普通です。特にエクセルの場合のように最大でも50万円というような場合にはなおさらです。

大きなお金を借りる場合には、事前にどのような返済を行っていくのかというような返済計画を立てておくのが普通ですが、キャッシングの場合は少額ということで、返済計画を立てるというような事はなかなか行われません。

しかし借金というものは高額であろうと少額であろうと、しっかり返済しなければ大変なことになってしまいます。ですからたとえキャッシングであろうとしっかり返済計画を作る必要が有るのです。

例えば月々の収支予想を立てて、返済額が足りなくなりそうな場合を予想し、そういった場合にはどのように支出を調整して返済額を確保すれば良いのかというような点を予めはっきりさせておけば、いざと言う時に慌てず対応することができます。

全国にはエクセルを名乗る業者が多数ある!闇金に要注意

エクセルという名前は利用しやすいのかどうかは分かりませんが、これを名乗る金融業者と言うのは、福岡の業者だけではなく、これを含めて個人事業者や法人が正規業者だけでも5件存在しています。

しかしエクセルを名乗る業者はこれだけではありません。申込者にとって厄介なのは闇金にもこのエクセルを名乗っている業者が存在していて、東京にあるエクセルは比較的良く知られた闇金業者になっています。

そこでこういった闇金を申込んでしまわないように、キャッシングの申し込みを行なおうと考えている場合には、まずその業者が正規登録されている金融業者であることを確認して、闇金は絶対に利用しないように注意して下さい。

正規業者だけでもエクセルと言う業者は5件ある

ここまで福岡にあるエクセルについて説明して来ましたが、最初に説明したようにエクセルを名乗る業者と言うのはこの福岡の業者だけではありません。

金融庁のホームページには法的な規定に基づいて登録されている金融業者のデータベースを検索できる機能が公開されています。これを利用して業者名がエクセルの業者を検索してみる福岡の業者を含めて全国に5件がヒットします。

この中には個人経営の業者も含まれている為、すべてが会社組織ということではありませんが、多くの業者がエクセルを名乗っていることが分ります。

したがって通常エクセルと言えば福岡の業者を指しますが、ただ単にエクセルという金融業者と言われた場合にはどの業者を指すのか十分注意しなければなりません。

その他にもエクセルを名乗る闇金が知られている

ところがエクセルを名乗る業者と言うのはこれだけではないのです。金融業者と言うのは貸金業法によって必ず正規の登録を行わなければなりません。この登録を行っている業者のことを正規業者と呼ぶことが有ります。

先ほど説明した金融庁のデータベースに登録されている業者はこの正規業者ということになります。しかし金融業者と言うのはこういった正規業者だけとは限りません。登録の無い非正規業者というものも存在しているのです。

これらの業者のことを通常闇金と呼んでいます。実は以前東京にもエクセルを名乗る業者が存在していたということがインターネットの書き込みで確認できます。

この業者はかなり悪どい商売をしていたのかどうか知りませんが、書き込みにはあまり良いことは書かれていません。現在も存在するのかどうかわかりませんがこの業者は闇金だったのは間違いないでしょう。

利用する場合にはその業者が正規業者かどうかを確認しよう

そこでエクセルと言う名前の業者を利用するにしろ別業者を利用するにしろ、金融業者を利用しようという場合にはその業者が闇金でないことを確認しておくことが必要です。方法は先ほど説明した金融庁のデータベースを利用します。

このデータベースはインターネットの接続環境さえあれば、誰でも利用できます。そこでこのデータベースで利用しようという業者を検索し、次の情報が利用する業者の情報と一致するかどうか確認して下さい。

  • 業者名
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 所在地
  • 電話番号

闇金の中には実際の業者の名称や登録番号を勝手に利用している場合があり、電話番号だけ変えておくことが有るため、業者確認を行う時には、これ等の情報すべてが一致するかどうかを調べる必要が有ります。

一つでも情報が違っていたらその業者は闇金です。近寄ってはいけません。

闇金の手口を知ろう
闇金と言うのは法定外の高金利で厳しい取り立てを行う業者と考えがちですが、最近は取り締まりも厳しくなって、下手をするとお金の回収ができなくなってしまうので、闇金も知能犯になってもっと巧妙な手段を使う場合が増えています。

そもそも闇金を頼る人の場合、返済能力が高いとは言えませんので、返済が途中でできなくなるような人がかなりいます。そこで闇金は返済ができない人にはまず利息だけで良いから支払うように促します。

もし利息の支払いも難しい場合には取り立てではなく別の闇金を紹介して利息分を借りさせ、利息の支払いを行わせます。この利息だけと言うのが重要なところで、利息だけを払っている限り元本は減りませんから支払いは永遠に終わりません。

いくら払ってもずっと返済が続くことになるのです。闇金はこの間利益を上げ続けることになります。しかも新たに借りた闇金にも返済しなければならないので、更に新たな闇金からも借入れしなければならなくなることにもなりかねません。

ここでエクセルのキャッシングについて纏めておきます。

  • エクセルは通常福岡の業者を指し50万円までのキャッシングが利用出来る
  • エクセルは小規模業者ながら様々な申込方法が用意されている
  • 返済では自分の返済能力を計算して無理なく返済できる回数を選ぶ
  • エクセルと言う業者は多数あり闇金も含まれているので注意が必要

エクセルは金利が少々高いので借りる場合には、なるべく少額にして短期で返済するようにするのがお得な借り入れ方法になります。

【参考記事】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

閉じる
閉じる