どうしても審査に通りたい人向けサイト

フラット35の審査はキャッシング利用も影響?予め解約してしまおう

フラット35は保証人が必要なく、固定金利で借入れができますから、多くの人が安心して利用していますが、購入した住宅が担保になっており、通常申込むためには団体信用生命保険への加入が条件になっています。

フラット35は借入れが高額で長期にわたって返済が必要になるところから、審査は非常に厳密に行われることになり、年収から月々返済できる金額を計算しますが、キャッシングを利用している場合キャッシングの返済額も考慮されます。

このためフラット35の申込みを行う場合には、利用しているキャッシングの返済を完了させて、解約してしまう事が勧められます。契約を残している場合には返済しているとみなされるので注意しなければなりません。

フラット35は保証人無しで借入可能?債権は住宅金融支援機構が買取り

従来住宅ローンと言えば保証人が必要で借り入れを諦めていた人も多かったのですが、フラット35が出現して保証人を用意する必要が無くなったため、多くの人が住宅ローンの利用ができるようになりました。

ただしフラット35の場合、購入した住宅が担保ということになるので、万が一にも返済ができなくなってしまうという事になると、住宅を失ってしまうことにもなるので、注意しなければなりません。

また殆どの金融機関の提供しているフラット35では利用に際して団体信用生命保険への加入が義務付けられている事にも注意が必要です。大きなお金を借りるにはそういった注意点が有ることを忘れてはいけません。

ずっと固定金利の住宅ローンフラット35とは

住宅ローンと言えば最近ではフラット35というものが多くの銀行で提供されています。このフラット35の特徴と言うのは従来の住宅ローンでは必要になる事が有った連帯保証人を用意しなくても借りられるということで、多くの人が助かっています。

そしてもう一つの大きな特徴が最長35年間固定金利と言う点です。現在のように金利が非常に低い時代には、これは非常に安心できる材料になります。

従来のものでも固定金利のものも有りましたが、次第に変動金利のものが増えていたため、利用には注意が必要でした。

このフラット35は利用期間が35年以内となっており、20年の場合をフラット20、15年のものをフラット15と呼び、フラット35の場合よりも金利が有利になっているものも有ります。

また親子2世代にわたって返済することになるフラット50とよばれるものも制度としては存在しています。

購入した住宅が担保になる

フラット35の場合、金融機関が融資しますがその債権は住宅金融支援機構が買取り、住宅金融支援機構はその債権を証券化して投資家に売り、それから得た資金をさらに金融機関に提供するという仕掛けで成り立っています。

このため購入した住宅と言うのはこの住宅金融支援機構の担保ということになって、もし返済に行き詰ってしまって、支払えなくなった場合には、住宅金融支援機構に渡ってしまうということになります。

フラット35でも他の住宅ローンでも同じですが購入者は、自分のものと言う意識が有りますが、借りたお金を利息付きで完済して初めて自分のものになるのであって、それまではいつ失ってもおかしくない危うい状況になっているのです。

通常利用には団体信用生命保険への加入が必要

またフラット35を利用する場合、団体信用生命保険への加入が必要になります。フラット35の申込みを行う時には同時にこの団体信用生命保険の申込みを行わなければなりません。

つまり、フラット35の場合住宅ローンの返済の他に、この団体信用生命保険料の支払いが発生するので、その分負担が大きくなります。

この団体信用生命保険は、フラット35の利用者が、不幸にして返済途中で死亡してしまって、返済に支障が出た時を考慮して、残債をこの生命保険の保険金で支払うために入っておくものです。

この団体信用生命保険は残債をカバーできれば良い訳ですから、返済が進んで借入残高が少なくなれば、それだけ保険金は少なくて済むため、徐々に保険料負担は減っていきます。

団体生命保険加入は本来は任意
フラット35を扱う殆どの金融機関では、フラット35の申込みが行われると、本文で説明しているように団体信用生命保険の申込みも必要になります。しかし実際のフラット35ではこの団体信用生命保険への加入は強制ではありません。

強制のようになっているのは、金融機関の方がそうしているからです。つまり事実上強制になっているだけなのです。

このため、同じ保険料を支払うのであれば、この団体信用生命保険に入るのではなく、死亡時に残債以上の保険金が入る別の生命保険でもかまわないという考え方も存在しています。

このため今後は団体信用生命保険への加入が義務付けられていないフラット35も利用できる可能性は無いとは言えません。

そういう場合には良く自分が死亡してしまった時のことを考えて準備しておく必要が有るでしょう。

フラット35の審査は非常に厳密!キャッシングの返済額も考慮される

フラット35は住宅ローンですから借入額は非常に高額になるため、審査は非常に厳密に行われる事になります。この審査では金融機関の経験上の数式を用いて年収から返済可能額がはじき出されることになります。

この数式には様々なパラメーターが含まれており、その一つがキャッシングの返済額です。もし審査時点でキャッシングの契約が有れば、その返済額がはじき出した返済可能額から差し引かれることになって返済可能額は少額になってしまいます。

したがって、フラット35を申込む際には、キャッシング利用の審査への影響を排除するために、キャッシングは完済して解約してしまいましょう。

キャッシングは借入していなくてもいつ借りるかわからないので常に返済が有るとして計算されるので注意しなければなりません。

フラット35の審査では年収から返済可能額をはじき出す

フラット35に限らず住宅ローンというものは、借入額が高額になり、ほとんどの人にとっては人生最大のローンになるはずです。したがってこのローンの返済も非常に長期にわたり、フラット35の場合最長35年を想定しています。

このため審査は非常に厳密に行われることになり、返済能力も金融機関のそれまでの経験則に則って、年収から月々いくらまでなら返済が可能なのか、細かく計算してはじき出すことになります。

もしこのはじき出した金額が次の数式を満たしていなければ、審査は否決です。

年収から計算した月々の返済可能額 ≧ フラット35の月々の返済額

要するにある程度以上の年収が無ければフラット35の借入れは出来ないということになる訳です。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利息は金利だけでは決らない?利息を計算してみよう!

キャッシングの契約中は返済額も考慮される

ではとにかく年収を増やせばよいのかと言えばそうでもありません。この返済可能額をはじき出す数式には様々なパラメーターが組み込まれており、年収だけで返済可能額が決まる訳ではありません。

特に影響するのが他のローンの返済が有る場合です。他のローンを返済中と言う場合、自分の返済能力をそちらの返済に使わなければなりませんから、その分が計算した返済可能額から差し引かれることになってしまいます。

これはキャッシングも同様で、キャッシングを利用している場合にはその返済額の分が足を引っ張って、本来なら審査通過に十分な年収が有るにもかかわらず、キャッシングを利用しているために審査否決になってしまう可能性が有るのです。

フラット35申込前にキャッシングは解約するべき

自分は以前はキャッシングを利用していたが、今はもう借入れはしていないので返済も無いから、影響なしと考える人も多いかもしれませんが、金融機関のほうはそうは考えません。

もしキャッシングの契約が残っているとすると、金融機関はいつまた借入れをするか分らないと考えます。このため、住宅ローンの返済可能額を計算する際には、常に返済が行われているという前提で計算が行われます。

ですからフラット35あるいは他の住宅ローンでも同じですが、申込みを行う前にキャッシングを利用しているのであれば、すぐに完済してしまって解約してください。

注意が必要なのは以前利用していて、しばらく利用していないという人で、現在契約がどうなっているか分らない場合です。暫く利用していない場合、自動的に解約になっていることも有れば、自動継続している場合も有ります。

そういった場合には利用していたキャッシングを提供している金融機関に、どうなっているのかを確認して、契約が残っていたら解約しておきましょう。

キャッシングの申し込みは住宅ローン契約後のほうが有利?
本文ではキャッシングはフラット35の申込みの前に解約すべきと言っていますが、そうは言っても、フラット35借入後もキャッシングを利用したいと考えている人も多いと思われ、解約はしたくないと思っている筈です。

しかしフラット35を利用するためには解約しておいた方が無難なことは間違いありません。どうしてもキャッシングの利用がしたいという場合には、フラット35の契約をした後必要になった時に再度申込みを行いましょう。

金融機関によっては住宅ローンの利用者専用に金利が有利に設定されたキャッシングを提供している場合も有り、以前使っていたキャッシングよりも有利にお金を借りることが出来るようになる可能性も有るのです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは完済後契約はどうなる?自動的に解約される訳ではない

フラット35にはさらに注意点が有る!申込み年齢にも要注意

フラット35を利用する際に注意が必要なのはこのキャッシングの返済が有る場合だけではありません。そういった点についても、申込みの前に理解しておくことが必要になります。

まず説明したようにフラット35では団体信用生命保険への加入が必要になります。これは返済中に死亡してしまった場合にこの生命保険によって残債を返済するためのもので、これが有ることによって遺族は債務を背負うことが有りません。

しかしこの保険のためにフラット35の場合には申込み時にもう一つの審査が行われることになります。要するに生命保険ですから、健康である必要が有り、もう一つの審査と言うのは健康診断ということです。

この健康診断に問題が有ればブラット35の審査には通りませんので注意しなければなりません。

返済中に死亡した場合は遺族が返済しなくても良い

このようにフラット35を借入れする場合には、利用中のキャッシングが問題点として浮かびますが、問題点はこれだけではありません。それらの点について以下に説明して行きます。

先ほど説明したようにフラット35の場合、団体信用生命保険に加入することになっていますから、死亡した場合でも保険金から残債が支払われ、遺族が以後債務の返済を続けたり、購入した住宅を取られるようなことは有りません。

したがって、遺族としてはこの団体信用生命保険と言うのは非常時には大変助かるものということができます。

もしこういった保険に加入していなければ、債務を相続して返済しなければならなかったり、返済できなければ、担保として取られてしまう事になってしまうのです。

フラット35のもう一つの審査とは

しかし、この保険というものの為にフラット35にはもう一つ審査が有ることになります。審査と言えば返済能力や信用ということになりますが、これに加えて生命保険の審査が加わる訳です。

生命保険の審査でも様々な確認が行われますが、健康状態が大きなチェック項目になります。つまり何か深刻な持病が有った場合には、この審査に通過するのが難しくなってしまい、返済能力や信用に問題が無くても融資を受けることができません。

現在多くの金融機関でフラット35を扱っていますが、ほとんどでこの団体信用生命保険への加入が要求されていますから、このもう一つの審査によって利用できない人もかなりの数になっているのではないかと考えられます。

申込み年齢も審査で考慮される

もう一つ住宅ローンには隠れた制限が有ります。それは年齢です。住宅ローンと言うのは他のローンに比べて非常に長期間返済を続けて行かなけれなりません。フラット35であれば最長35年間返済を続けなければなりません。

例えばこのフラット35を40歳で借入れしたとすれば、予定通り完済するとして75歳まで返済が続くことになります。キャッシングの年齢制限を見れば分かりますが、このあたりが返済年齢の上限と言えるでしょう。

ですからフラット35を利用する場合にはある程度若くなければ、審査での評価は低くなってしまうことになります。

もし40歳を超えて申し込む場合には、返済期間を短縮したフラット20やフラット15といったローンの利用を考えましょう。

自分でも返済可能なのかよく計算してみよう
また審査に通ったからと言って本当に返済して行けるかどうかは分りません。返済能力の評価は、金融機関の経験からはじき出していますが、個々の利用者全てに当て嵌まるというわけではありません。自分は例外かもしれないのです。

そこで実際に自分で返済して行けるのかどうか、自分の収入と支出から収支を計算してみて、返済額を捻出できるのかどうかを計算してみましょう。

もし自分の収入や支出がはっきり分らないと言う場合には、まず自分のお金の管理を行ってからでなければ住宅ローンの借入れは無謀としか言えません。

もし計算の結果、自分には返済して行けないということが分った場合には、無理な借入れを行うのではなく、自分のお金の使い方を見直し、返済できると確認が持てるようになるまで、住宅の購入は見合わせましょう。

フラット35が借りられない!どういった対策が有るだろう

このようにフラット35の審査には様々な注意点が有るため、問題になる事も珍しい話ではなく、審査に通らない場合もそれ程少ない数ではありません。しかし住宅ローンの審査に落ちてしまっては人生設計も狂う大問題です。

そこで対策として、住宅ローンにはフラット35以外にも従来型の保証人を用意することで融資が行われるものが有るので、保証人になってくれる人を探して、申込むという方法が有ります。ただしこれにも審査が有るので注意が必要です。

またもう一つの方法としては会社員であれば財形住宅融資を利用する方法も考えられます。金額的に十分なものかどうかはケースバイケースですが、財形貯蓄の残高次第ではかなり高額の融資の利用が見込めます。

フラット35の審査に通らない事は珍しくない

このようにフラット35の利用には様々な注意点が有ります。時にはこういった注意点が原因で、フラット35の利用を断られることもあります。

住宅ローンと言うのは借りられなければ、その後に人生にも大きく影響してくるものですから、審査に落とされてしまうと、大きなショックを受ける人もいます。利用者にとっては非常に大きな問題と言えるでしょう。

しかし金融機関側から見れば、大きな金額を貸すわけですから、いかに小さな問題であっても見過ごすことはできないのです。このため、フラット35の審査では、利用を断られる人はそう少ない数ではないということは覚えておきましょう。

そういった事実を踏まえておき、もし審査に落とされてしまっても、それで大きなショックを受けるのではなくて、気持ちを切り替えることによって、次にどうすれば良いのか前向きに考えるようにしてください。

保証人を用意すれば従来型の住宅ローンの借入れの可能性有り

住宅ローンと言うのは今でこそフラット35が有名ですが、その他にも従来型の住宅ローンが各金融機関から提供されています。これらの住宅ローンはそれぞれの金融機関独自のもので、それぞれ融資条件が違うので注意しなければなりません。

こういった住宅ローンの中には利用者の評価が多少低かったとしても連帯保証人を付けることによって、融資されるものもあるので、フラット35の審査が否決になったような人でも利用出来る可能性が有ります。

ただし、現在連帯保証人になってくれる人を探すのは非常に困難になっているので、その点が大きな問題になるでしょう。

また借入れできたとしても、フラット35の審査では問題が有ったわけですから、返済への不安が有ると考え、連帯保証人に迷惑がかからないように十分注意しながら返済して行かなければならないでしょう。

財形住宅融資の利用を考えてみよう

もう一つの方法としては住宅ローンの利用は諦めて財形住宅融資を利用するというものです。会社員であれば財形貯蓄を利用している人は多いでしょうから、この融資が利用できる人はかなりいると考えられます。

ただしフラット35に対して融資額が少額ですから注意が必要です。融資額の上限は次のようになっています。

融資 融資額の上限
フラット35 8000万円
財形住宅融資 4000万円

また利用できる金額には条件が有り、誰でも上限まで利用出来るとは限らないので注意が必要です。まずは自分がいくらまで融資を利用出来るのか確認してみて下さい。

あとは企業によっては大変有利な金利で、社内融資などを行っている場合も有るので、そういったものも含めて借入れ計画を練って見る様にしましょう。

賃貸住宅を利用するという選択肢
持ち家を持つというのは従来からの価値観では普通の願望ということになりますが、最近になって、賃貸を見直そうという人たちも増えています。

そもそも持ち家を買うにしてもフラット35などの住宅ローンを利用するのが普通ですから、長期にわたって返済が必要です。これはずっと家賃を支払う賃貸でもお金を払っていく状態にかわりは有りません。

しかも持ち家の場合にはそう簡単に家を換えるということはできませんが賃貸は幾らでも取り換えが可能で、常に好みの環境を探すことができます。こういった点で賃貸を選ぶ人も多くなっているわけです。

どちらを選ぶかはそれぞれ自分の好みの問題と言えそうですが、一つ言えることは、老後持ち家の場合にはローンの支払いを終えて、住み続けることができますが、賃貸の場合には家賃の支払いが続くということです。

そのあたりをよく考えて、どちらを選ぶかを決めるようにして下さい。

ここでフラット35とキャッシングの関係について纏めておきます。

  • フラット35は固定金利で保証人無しで利用出来る
  • フラット35の返済能力の評価ではキャッシングの利用も考慮される
  • フラット35は生命保険への加入が必要でさらに申込み年齢も考慮される
  • フラット35の審査が否決になっても従来型の住宅ローンや財形住宅融資の利用で住宅を購入できる可能性はある

フラット35の審査ではできるだけ有利にするためキャッシングの解約を迷ってはいけません。一世一代の買い物をするわけですからできることは全て行って万全を期しましょう。

閉じる
閉じる