どうしても審査に通りたい人向けサイト

外国人でもキャッシングは利用出来るの?利用条件の確認が必要になる

最近では国内で外国人に接する機会も少なくなくなりました。外国人のほうも日本でいろいろと行う人が増えてきており、時にはキャッシングを利用したくなる場合も有るようです。

しかし金融機関のほうも貸したら帰国されてしまったというのでは困りますから、キャッシングそれぞれで外国人に対する申込条件を決めており、例えば永住資格が無ければ利用できないなど、誰でも借りられる訳ではありません。

申込みができる人であれば審査では日本人でも外国人でも条件的には同じで、返済能力があり、信用出来ると評価されればキャッシングの利用も可能です。

申込みの前には審査通過の可能性が有るのか自分で評価してみることも必要でしょう。

外国人がキャッシングを利用するには審査よりも申込条件が問題!

キャッシングにはそれぞれ申込条件というものが有って、日本人でも外国人でもこの申込条件を満たしていなければ申込むことはできません。外国人の扱いについては明記されている場合と明記されていない場合が有ります。

申込条件で通常は年齢制限と収入要件が決められていますからこの条件を満たすことは必要ですが、外国人の場合には、記載の有無にかかわらず永住権等が想定されているのが普通で、単なる旅行者の場合にはキャッシングの利用はできません。

このため申込時の本人確認書類でも、永住権を証明するような書類の提出を求められることになるので、永住権が無いのに申込みを行うというような事は出来ませんから、偽造などしないように注意してください。

キャッシングには申込条件がある

お金というものは誰でも必要になるときが有るもので、それは日本人であろうが外国人であろうが変わることは有りません。そういった時に便利に利用できるのがキャッシングと言われる様々な金融機関が用意しているローンです。

日本人なら、特に何も考えずに申込みを行うことになるのかもしれませんが、外国人の場合には自分が果たして申込めるのかどうか、申込みたくなったらまず考えてしまうのではないでしょうか。

キャッシングを利用する場合には、審査に通らなければならないと言ことは知っていると思いますが、第1関門としては審査ではなくてそもそも申込みができるのかと言う点です。

各キャッシングには申込条件というものが有って、この申込条件を満たしていなければ国籍に関係なく申込むことはできません。

日本人でも何も考えずに申込んだら自分は申込めなかったということも有るのです。

この申込条件では次の2点が共通して挙げられています。

  • 年齢制限
  • 収入要件

ただし、キャッシングによってはさらに申込みができる人が規定されている場合が有って、外国人についての対応も記載が有ることが有ります。

また、申込条件に特に外国人に対する記載が無かったとしても、申込時に提出する本人確認書類では、外国人の場合の規定も有るので、事実上申込みができないという場合も有ります。

大手金融機関の場合は外国人への対応も明記されている

キャッシングの説明書を読んでみると、銀行や大手消費者金融などの、大手金融機関の場合には、大概外国人についての対応の規定が記載されています。明示されていない場合も内部規定で決まっているので問い合わせてみて下さい。

そこで大手銀行と大手消費者金融の例を次の表に示しておきます。

キャッシング 申込みができる外国人
みずほ銀行カードローン 永住許可を受けている人
アコム 在留資格がある人、特別永住者

したがって、例えば日本に旅行に来てお金が足りないからキャッシングを利用したいと言った場合には、申込みはできません。

例えば旅行者などに融資してしまって、返済してもらえないうちに出国されてしまったら、回収は難しくなってしまいます。

要するに日本国内に生活拠点が有って、返済が滞っても、回収が可能な人でなければ貸せない訳です。

本人確認書類は何が必要なのか

では申込みの際に提出することになる本人確認書類はどのようなものが利用出来るのでしょうか。これについてはキャッシング毎に規定が有るので、申込みの際に必ず確認して用意しなければなりません。

書類の例としては次のようなものが有ります。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • その他永住許可を受けていることが証明できる書類

キャッシングによっては本人確認書類の提出は仮審査の後というような事になっていて必ずしも申込時と言うわけではありませんが、いざ提出と言う時に困らないように必ず申込時に書類を用意しておきましょう。

最近ではインター ネット上から電子データとして送信することもできる場合が出てきているので、必ず自分の申込方法に合わせてどのような手順で書類を提出するのか確認して下さい。

~中小の金融機関では外国人の扱いが明記されていない~
大手金融機関では調べればどのような申し込み条件になっているのかはすぐに分かるはずですが、もし中小の消費者金融のような金融業者を利用する場合には申込条件に外国人への対応が明記されていない場合が多くなっています。

したがって基本としては申込先を決めたら、まず業者に連絡を取って、申込みの可否を確認するとともに、必要になる書類についても確認しておく必要が有ります。

業者によっては人員的に外国人への対応ができないというような場合も有って、申込みを断られる場合も有りますが、断られたとしても、差別をしているわけではないので、あまり気にせず別業者を探してみて下さい。

ただしこういった中小規模の金融業者を選ぶ場合には、闇金と言うことも有るので十分注意しなければなりません。

審査は日本人と同じように行われる!通るかどうか検証してみよう

審査では提出する本人確認書類は日本人とは違いが有りますが、その他の審査基準は同じもので、審査で外国人が差別されるようなことは有りません。ですからそういった点はあまり気にしないほうが良いでしょう。

審査基準では本人確認の他、返済能力と信用の評価が行われることになります。ですからキャッシングを申込むのであれば、その前に返済能力と信用に問題が無いかどうか、自分で検証してみるようにしましょう。

また審査では在席確認と言って勤務先へ金融機関側から直接電話が入る確認が行われますが、これも外国人だからと言って行われないようなことはないので、金融機関の対応にもよりますが、ある程度日本語で話ができることが必要です。

審査では日本人と外国人で違いはない

申込みができたとして次の関門になるのが審査ということになります。ただし申込みができたとすれば、金融機関的に言えばあとは貸したお金がしっかり返済されるのかどうかと言う問題に移ります。

したがって、ここまで行けば日本人も外国人も特に関係ありません。そこで審査ではどのようなことが行われているのかと言う話になりますが、詳細な審査基準というものは公開にはならないのでわかりません。

概ねどのような確認が行われるのかと言うと、次に示すような項目とされています。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済能力が有ること
  • 申込者が信用できること

ですから、日本人でも外国人でもこの確認で問題が有れば審査は否決になり、問題が無ければ審査は可決されるということになります。

自分の返済能力と信用を検証してみよう

そこで重要になってくるのが自分の返済能力と信用ということになるので、まずは申込みの前にその点について自分で確認しておきましょう。

返済能力と言うのは次の2点が問われることになります。

  • 一定額以上の年収が有る
  • 安定した月収が有る

年収についてはかつては200万円が審査の可否の分かれ目のように言われていましたが、最近ではデフレも進んで、それでは利用者の確保が難しくなってきたので、各金融業者ごとに判断が違っています。

またキャッシングと言うのは融資を受けたお金を月々少しづつ返済して行きますから、年収よりもさらに重要になるのが2つ目の項目である安定した月収です。

そこで自分の月収はどうなっているのかをよく考えてみて下さい。会社員のように月々一定額の月給が入ってくれば問題は有りませんが、自営業者のように月収が安定していないような職種の場合には評価が下がってしまいます。

次に信用についてですが、これは金融機関が夫々の利用者情報を共有して、過去の金融取引情報を格納している信用情報と言うデータベースを利用して、過去に金融事故などを起こしていないかどうかを確認しています。

そこで自分の過去をさかのぼって問題を起こしたような事が無いか思い出してみて下さい。

またこのデータベースに全く情報が無かった場合も、相手が良く分らず敬遠されるので、外国人の場合でこれまで日本国内の金融機関と取引などが無かった場合には注意が必要です。

在席確認にも対応が必要

またもう一つの審査での確認項目である本人確認では、先ほど説明した本人確認のための書類を用いた確認が行われることになりますが、キャッシングの場合対面での申込みはほとんど行われないので、書類だけの確認では不十分です。

そこで、それを補完するために行われているのが、在席確認と言うもので、金融機関のほうから申込者の勤務先のほうに直接電話を入れて、実際に申込時に申告した勤務先に勤務しているかどうかを確認します。

その在席確認では簡単な質問が行われるのが普通で、金融機関が配慮することも有るかもしれませんが、通常は日本人スタッフによる日本語での遣り取りになります。

ですから、外国人の場合日本語ができなければ、確認できず審査通過が難しくなってしまう可能性が無いとは言えません。

もちろん在留資格が前提ですから、少なくとも簡単な会話程度は出来ると思われるので、まず問題は無いと思いますが、在席確認には十分注意が必要でしょう。

~在席確認が無いキャッシングも存在している~
本文では在席確認が有るという前提で説明していますが、最近ではこの在席確認が無いようなキャッシングも提供されるようになってきました。

ただし、本人確認は行わなければなりませんから、在席確認を行わないためには前提条件が付けられるのが普通です。例えば指定した銀行に普通預金口座を持っているというような条件が有ります。

この場合普通預金口座を開設する時点で本人確認が行われるため、その確認をキャッシングでも利用しているということです。

また利用面でも制約が付く場合が有って、在席確認を行わない場合には、利用はインターネット上からの振込依頼だけに対応して、カードローンとは言ってもカードが発行されないと言うようなものが有ります。

したがってもし在席確認が無いキャッシングを狙うのであれば、良く前提条件と利用面での制限を確認しておくようにして下さい。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの在席確認とは?審査では勤務先に電話確認が行われる!

審査は否決になる可能性も有る!その時はどうすれば良いのか

自分が申込みができるという場合でも審査に通るという保証は有りません。日本人でも申込者が全員審査に通らないと同じように外国人も審査が否決になる人は大勢います。これは外国人だからと言う理由ではなくて審査で問題が有ったというだけです。

大手金融機関で言えば通常審査に通過できるのは半数もいないことが分っています。テレビのコマーシャルなどを見ていると簡単に借りられる印象を持ちますが決してそんなことは無くて、半数以上は借りられないのです。

ですから、もしキャッシングを申込むのであれば、審査に否決になった場合には、どうすれば良いのかについて予め対応策を検討しておくべきでしょう。そうすればそのときになって少なくとも慌てなくて済むはずです。

申込みができたとしても審査に通過できる保証はない

申込者の中には申込みさえできれば、もう審査に通過できて、利用できるようになるのを待つだけだというような考え方を持つことが有るようですが、これは大きな間違いです。

例えば申込先のキャッシングを決めようという場合、インターネット上にある口コミ情報と言う実際にそのキャッシングの申込み経験がある人の話等を参考に決めている人が多いのですが、このやり方には問題が有ります。

まず口コミ情報には業者側の戦略で流されている業者に都合のよい話が有ったりするので、全てを信用するわけにはいきません。

さらに信用できるものだけだったとしても、審査に通過した人と通過できなかった人の両方の情報が必ず入っています。

人間と言うものは自分に都合のよい情報だけに目が行く傾向が有るので、審査に通ったという情報ばかりを読む傾向になり、あたかも審査が緩いと考えてしまいます。そこで自分も申込んでも大丈夫と思い込んでしまうのです。

しかし注意しなければならないのは審査に通っている人の裏には審査に通らなかった人がいるということで、自分がどちらになるのかと言うのは口コミ情報だけで判断できるものではないのです。

これは日本人だとか外国人だとかいう問題ではありません。誰にも共通して言えることなのです。

しかもこれは何も口コミ情報だけに限りません。どんな情報でも同じように可否両方の話が出てくるものです。

キャッシングというのは申込みをしても審査に通過できる保証など全くないということを忘れないようにして下さい。

大手金融機関の審査に通過できる人は半数もいない

そこで審査にはどの程度の人が通っているのか気になりますが、これは審査の通過率として表すことができます。ただし実際にこの審査の通過率を公表している金融業者は、あまりなく、極一部の業者から推察するしかありません。

その極一部の業者に大手消費者金融が有ります。大手消費者金融の公開情報によれば、多少違いが有りますが、概ね審査の通過率は40%台になっています。つまり半数以上の人は審査が否決になっているわけです。

銀行の場合を考えてみると大手消費者金融よりも審査は厳しくなっているようですから、審査通過率はさらに低くなり30%台になっていることが予想されます。

つまりテレビなどでは借りられそうな宣伝がなされていますが、キャッシングの審査と言うのはそう簡単に通過できるものではないということです。

審査に否決された場合の対応も予め考えておこう

したがって、キャッシングの申込みを考える場合には、審査に通過できた時のことだけでは無く、審査に否決になった場合には、どのように対応して行けばよいのか、予め検討しておくことが重要になるでしょう。

日本人であれば、借入れできなかったとしても、例えば友人知人を頼るというような事も考えられますが、外国人の場合には、そういった人脈が無い場合も有るので、良く対応を考えておかなければなりません。

またいよいよどうしようもなくなった場合には、生活保護の受給と言う手段も取れますが、外国人への扱いは、その自治体にもよるので、そういった点についても、確認しておく必要があるでしょう。

もし可能性が有るのであれば審査に落ちた時点でできるだけ早く相談に行ってください。

~口コミ情報で難易度を判断するのはお勧めできない~
本文では口コミ情報の利用についての注意に触れていますが、それでも、参考になるような情報は口コミ情報ぐらいしかないじゃないかと言う人も多く、絶対参考にするなとは言うことができません。

そこで口コミ情報の利用方法を考えてみると、まず口コミ情報だけでそのキャッシングの難易度を判断するのは止めましょう。難易度の判断はそう簡単にはできません。

参考になるとすれば一般的に言えば金利が高いほうが審査は緩くなりますから、例えば口コミ情報で審査が緩そうだという場合、金利も高いと言う時にはそのキャッシングは確かに審査が緩いと言えそうです。

このように口コミ情報を利用する場合には、何か別の情報で裏を取るというようなことを行ってください。

ただしそれでも、その情報が自分に当て嵌まるということは保証できないので、どのように情報を利用するのかよくよく考えなければなりません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの審査が否決になった!すぐに再申し込みをして良いの?

まずは借りなくて済む方法を考えるべき!借りる場合は最小限に

外国人でも日本人でもキャッシングが借金ということは変わりが有りません。借金は借入れ元本だけではなく利息を付けて返済しなければならず、差し引きで考えれば損失になる事を忘れないようにしましょう。

ですからキャッシングの利用を考える場合にまず考えなければいけないのは、どうすれば借入れしなくても済ませられるのかということです。

もしどうしても借入れが必要な場合には、次に考えなければいけないのは出来るだけ借入金額を少額にすることです。少額になればなるほど返済は楽ですし、利息と言う損失も少なくて済みます。

キャッシングだけではありませんが、日本は外国人を差別待遇するような事は少なくなってきていますが、それは返済についてもいえることで、外国人だからと言って優遇もされませんから借入れには十分注意が必要です。

キャッシングは借金!まず考えるべきは借りない事

キャッシングという無担保、保証人無しで簡単に融資が受けられるローンが出現してローンというもののハードルが著しく下がってしまい、お金を借りることを何とも思わない人が増えてきていますが、これはあまり良い考えとは言えません。

キャッシングと言うのは借り易かろうが借り難かろうが借金であることに変わりは有りません。要するにカードを使ってお金を出すことができるので自分のお金のような気になってしまいますが、このお金は返済しなければならないものです。

しかも借金ですから、決められた金利で計算した利息も支払う必要が有ります。借入れ元本だけなら損得無しですが、利息分は損失ということになります。便利だと言って長期的に借りたり返したりを続ければ非常に大きな損失になるでしょう。

したがって本来はキャッシングは利用すべきではないのです。借りようと考えた時には、まずしなければならないのは、借入れ先を考えることではなくて、どうすれば借りなくて済むのかということなのです。

どうしても必要な時は借入れは最小限にしよう

ただし、場合によってはどうしても借入れしなければ切り抜けられないというような場合も出てくる可能性は誰にでもあるものです。そういった時には、実際に借入れを考えなければなりません。

融資を受けようという場合、多くの人は多少多めに借入れしておこうと考えがちですが、借りたらその分利息が増えてしまうことになり、その分損失は広がってしまうことを思い出してください。

ですから、借入れする場合には、まずいくら必要なのかを、必要なら見積もりを取ったりして正確に計算し、自分の用意できるお金がいくらあるのかを考慮して、借入れするお金を正確に計算してみて下さい。

借入れをできるだけ少額にできれば、その分利息が減ってお得になる訳ですから、検討に検討を重ねて借入れを最小限にできるようにして下さい。

返済は外国人だからと言って優遇されることはないので要注意

また申込みを行う際には、そのキャッシングの返済についても十分調べておき、返済するときに戸惑ったり、損になったりしないように注意しなければなりません。

返済方法には口座引落や、ATMからの入金、銀行振込などが有りますが、まず返済日に必ず返済できる方法、次に返済に伴って余分なお金がかからない方法と言うように、自分向きの返済方法が用意されているものを選びましょう。

また返済方式では最近のキャッシングでは残高スライド方式を採用している場合が多いですが、この方式では借入残高によっては返済額が高額になる事が有るので、借入れについても自分の返済能力を考慮して加減しなければなりません。

キャッシングの返済では外国人だからと言って厳しくされることも有りませんが、かといって優遇されるような事もなく、返済できなければ差し押さえなどに進むことも有るので十分注意してください。

~まずは日本の金融システムについて勉強しておこう~
外国人で気を付けなければならないのは日本の金融システムについて無知の場合が有ることです。日本でお金を借りる場合には、母国と同じようなシステムを前提に借入れしてしまい、後になって困るということもあるのです。

外国では郷に入ったら郷に従えという考え方が無い国も有ります。しかし日本ではそういった身勝手な考え方は通用しません、外国人であろうが日本人であろうが、規則通り粛々と物事が進められていきます。

日本はそうやって秩序を守っているのです。それが守れないという場合には、お金を借りるのは止めて、できるだけ早く母国に帰って自分の論理が通用する場所で生活するべきでしょう。

日本で身勝手なことをして、母国の名前を貶めるような事だけはしないでください。

ここで外国人のキャッシングについて纏めておきます。

  • 外国人の場合永久許可などが無ければ申込条件が充たせない場合が有る
  • 審査は日本人と同等に行われ所定の確認を受けることになる
  • 審査では否決になることも有るのでその場合の対応も考えておく必要が有る
  • まず必要なのは借入れしなくて済むことを考える事

日本人は外国人だからと言って差別する事は無くなりましたが、それでも日本人としては見ないので区別はされます。悪意はありませんがそれが日本人ですからあまり気にしすぎないようにして下さい。

閉じる
閉じる