どうしても審査に通りたい人向けサイト

専業主婦でもキャッシングの利用は可能?収入規制の例外に注目しよう

キャッシングは返済してくれることを前提にして融資が行われます。このため審査では返済能力が有ることが問われることになるため、専業主婦のように収入が無い人の場合、審査での評価は大変低くなってしまいます。

また貸金業者のキャッシングを利用する場合、総量規制という法的規制があり原則的に収入が無ければ融資が受けられません。ただし専業主婦の場合例外として配偶者の収入次第で法的には融資が受けられる可能性が有ります。

実際のキャッシングには専業主婦でも利用できるものは有ります。ただし、審査が通ったとしても本当に返済して行けるかどうかは分らないため、借り入れは実際に返済できるかどうか良く計算して無理な借り入れをしないようにしましょう。

専業主婦にはお金は借りにくい!収入が無いため返済能力の評価が低い

キャッシングと言うのは借金ですから金融機関は融資したお金が返済されなければならない訳です。ですからどんな金融機関でも返済が見込めないような人にキャッシングの利用をさせるわけにはいきません。

そこで返済可能かどうかを見極めるために行われるのが審査というものです。審査では様々なことが確認されますが、特に返済できるだけの経済的な裏付けが有るかどうかが審査の可否の判断として重視されることになります。

専業主婦の場合にはそもそも仕事での定期収入というものが有りませんから、この収入面での経済的な裏付けが無いため、審査での返済能力の評価は極めて低くなってしまうことになり、審査通過が厳しくなります。

金融機関は返済が見込まれなければ貸してはくれない

お金を貸すというのはなかなか気が進みませんが、金融機関がお金を貸してくれるのは、それによって利益を得る為です。資本主義社会における金融機関も民間会社の一つであるからには商売をして利益を目指さなければなりません。

これを逆に考えれば、金融機関は利益が見込めない融資は行いません。金融機関の利益と言うのは貸したお金を返済してもらう時に付けてもらう利息です。ですから元本に利息を付けて返済ができないと判断したら貸して貰えない訳です。

そしてこの判断を行うのが審査と言われれるもので、この審査に通らなければ、キャッシングは利用できないということになります。したがって審査では様々な方向から返済の可能性の確認が行われることになります。

審査では返済能力が問われることになる

では審査ではどのようなことが行われているのかと言うと、残念ながらどの金融機関も審査基準の詳細な内容は公表していません。

しかし詳細は分らないにしても、返済の可能性を探るときにどのような確認が必要になるのかはわかりますから、概ね次の確認が様々な方向から行われることになります。

  • 本人が申込んでいるという確認
  • 返済できるだけの収入が有るという確認
  • 返済してくれると信用できるかの確認

まず自分では審査に通らないので誰かを騙って申込んでくる人がいるので、本人確認が厳密に行われます。

次に借りたはいいが返済できるだけの収入的な裏付けが無ければ返済できませんから、十分な収入が有るのかどうか次の確認が行われます。

  • 一定以上の年収が有る
  • 安定した月収が有る

つまり月々安定した収入が有って、返済に支障が無い程度の年収が有ることが必要ということになります。

さらにたとえ収入が有っても返済してくれるかどうかわからないので、過去の金融取引の状況を確認して、取引上の支障が生じていないかを信用情報を参照することによって確認が行われます。

専業主婦の返済能力評価は極めて低くお金は借りにくい

そこで専業主婦について考えてみましょう。本人が申込んで過去に金融取引上の問題が無かったとして、専業主婦がキャッシングを利用する上で大きな問題になるのが返済について経済的な裏付けが無いということです。

要するに専業主婦ですから、自分に定期的な収入が有りません。ローンというのは通常月々少額づつ返済して行くものです。これは会社員をはじめとして多くの人が月給と言う形で収入を得ていることに合わせたものです。

このためこの範疇に入らない人にはキャッシングというものでの審査の評価は低くならざるを得ず、専業主婦となるとそもそも自分に収入が無い訳ですから非常に返済能力の評価は低くなってしまうのはやむを得ないことです。

したがって専業主婦の場合、キャッシングはなかなか利用しにくくなっています。

職業や職種の違いによる審査での評価
本文でも触れていますが、キャッシングと言うのは職業や職種によって借り易かったり、借り難かったりすることになります。どういった職種が借りにくいのかを審査通過の難易度からみると次のようになっています。

職業・職種 審査通過の難易度
正規職の公務員・会社員
臨時採用の公務員・契約社員・派遣社員 中の上
パート・長期アルバイト・個人事業主
専業主婦・学生・年金受給者 中の下
短期アルバイト・水商売

専業主婦の場合、収入が無い訳ですから、自分だけで評価すれば”難”に分類されますが、通常は家計収入で判断されますから配偶者の収入によって評価が変わってくることになります。

個人事業主も収入は安定しませんが事業規模や事業の状況によっては評価は上がったり下がったりします。

キャッシングには法的規制が有る!法的には専業主婦でも借りられる?

それでも以前は専業主婦に対しても融資するような消費者金融はたくさんありました。しかしこれが主婦の依存症などの原因になっているとの指摘から総量規制と言う法的規制ができて基本的に収入が無ければ融資できなくなりました。

ただし、この総量規制には例外規定が有って専業主婦の場合には配偶者の収入を前提にすることで、自分には収入が無かったとしても融資ができるということになっているので、法的に全く借りられないということではありません。

また総量規制は銀行には適用になりませんが、銀行のカードローンであっても誰にでも貸すということは無く、やはり内部規定で詳細に決まっており、専業主婦が利用するのはなかなか難しいことに変わりは有りません。

貸金業者には総量規制が適用され収入が無ければ借りられない

キャッシングを提供している金融機関には銀行と貸金業者の2種類が有ります。貸金業者に分類される業者は消費者金融だけではなく、クレジットカードのキャッシング枠を提供しているクレジットカード会社も含まれています。

この貸金業者には過去に甘い審査で融資し厳しく取り立てを行うといったような問題が多かったため、この商売を縛るために貸金業法というものができて、問題が多い商売を規制するようになりました。

この貸金業法の直近の改正で加わった規制に総量規制というものが有ります。

この総量規制では基本的には融資できるお金と言うのは、全業者合計で利用者の年収の3分の1までということになっています。

したがって例えば200万円借りたいという場合には、少なくとも年収600万円無ければ融資はされないということになります。

総量規制には例外規定が有り専業主婦には借入れの可能性が有る

ただし、総量規制を厳格に適用してしまうと、借りられない人や、借りられても非常に少額になってしまう人も多いので、例外規定が設けられています。

まず収入が少額で、借入れ出来る金額が微々たるものになってしまうという人の救済として、1社あたり50万円まで、全社合わせて100万円までは収入を問わず融資しても良いということになっています。

そしてもう一つの例外規定が専業主婦についてのもので、専業主婦の場合には、配偶者に収入が有って、配偶者の同意が有れば配偶者の借入と合計して配偶者の年収の3分の1まで融資できることになっています。

つまり法律的に言えば専業主婦は収入が無いとは言っても、場合によっては高額の融資でも利用が可能なのです。

銀行には総量規制は適用されないが内部規定はある

これに対して銀行の場合には貸金業法は適用されず、銀行法の適用を受けますが、銀行法には総量規制にあたる条項は無いため、法的には専業主婦に融資しても何ら問題が有る訳ではありません。

しかし銀行の場合、貸金業者よりも一般的には審査は厳しいという認識も有って、収入の無い専業主婦においそれと融資はしてくれません。

法的な規制が無いにしても銀行は銀行で安易に融資はせず、内部規定によって収入が無いような人に融資はできなくなっているのです。

ですから銀行の場合もやはり収入の無い専業主婦の扱いと言うのは貸金業者とそれほど変わる訳ではあるません。審査に通過するのは難しいか、あるいはやはり配偶者に収入が有る場合にだけ融資を行うということになります。
貸金業法の改正で何が行われたのか
貸金業法は当初はサラ金規制法などと呼ばれて、要するに貸金業の商売を縛るための法律と言う面があり、改正の度に貸金業者の商売はやりにくくなっていくことになります。特に直近の改正では貸金業者は非常に大きな影響を受けました。

貸金業者に大きく影響した直近の改正点は次の2点です。

  • 総量規制
  • グレーゾーン金利の撤廃

総量規制については本分で説明していますが、これによってそれまで融資出来ていた人に貸せなくなる場合が有り、利益が減少しました。

グレーゾーン金利と言うのはそれまで法律間で異なっていた上限金利が消費者金融に不利になっただけではなく、それまで利息を取り過ぎていたということになってしまい、取り過ぎた分が過払金となって返還に応じなければならなくなりました。

この過払金の返還が未だに貸金業者の足を引っ張っており、これらの規定によって、貸金業法改正後半数の業者は商売が成り立たなくなって消えてしまったほどです。

実際のキャッシングの利用の可能性は金融機関の考え方次第!

このように法的規制などが有ったとしても、専業主婦が絶対に借入れできないということは有りません。借りられるかどうかは金融機関の考え方次第ということになり、借り入れできる場合も有ればできない場合も有る訳です。

利用できる場合も自分には収入が有りませんから、配偶者の収入が前提になる場合が殆どです。このため、借り入れするためにはまずは配偶者の人の同意を取り付けることが必要になるため、まずは情報共有が重要です。

ただし現在のキャッシングでは配偶者の同意が有ったとしても、専業主婦が利用出来る最高額は50万円までとなっている場合が殆どで、それ以上の借入れは専業主婦の場合にはほぼ無理ということになるので注意しましょう。

キャッシングによって専業主婦が利用できる場合も無理な場合も有る

では実際にキャッシングを利用しようという場合専業主婦は借入ができるのでしょうか。実はこれは金融機関側の考え方次第で、次の3つの対応が考えられます。

  • あくまで収入無しとして融資は行わない
  • 配偶者の収入を前提にして融資する
  • 特に配偶者の収入を前提にせず融資する

3つ目の対応というものはかなり少なく、多くは1つ目か2つ目の対応と言うことになっています。

したがって、キャッシングを申込む前に良く調べておけば、専業主婦であっても、融資の利用が可能なものを見つけることはできるはずです。

ただし、専業主婦でも利用出来るにしても審査は収入が問われるだけではありませんから、例えば過去に金融取引上の問題などが有れば、他の人と同じようにその点が問題となって審査に落ちる可能性はあります。

審査と言うのは様々な方向から確認が行われますから、常に否決になる可能性はあると考えておきましょう。

利用できる場合でも配偶者の同意が必要になる

配偶者の収入を前提に申込みを行う場合には、基本的には配偶者の同意が必要となります。審査では配偶者についても同様の確認が行われ、要するに配偶者が借り手である専業主婦の保証人という形になるわけです。

ですからキャッシングの申込みをする段階で、配偶者の収入が前提になっているような場合には、配偶者に内緒で申込みを行うような事は止め、必ず配偶者にキャッシングを申込むということの了解を取るようにして下さい。

例えば内緒にしておいても、返済中に返済ができなくなってしまったという場合を考えてみて下さい。そうした場合、金融機関は配偶者の収入を前提に貸しているわけですから、配偶者のほうにも回収担当が接触することになります。

そういったことになると、配偶者との関係も悪化してしまう可能性も有るので、絶対に内緒で申込むようなことは止めて下さい。

利用したとしても高額利用はまず無理

先程総量規制の所で説明したように、法的には専業主婦でも配偶者と合わせて配偶者の年収の3分の1まで借りられる可能性が有ります。つまり配偶者に高額の収入が有れば、専業主婦も高額融資の利用が出来る可能性も有る訳です。

しかし実際には、配偶者の年収がどれだけ高額であっても専業主婦への融資の上限を50万円以内にしているのが普通です。それより高額の融資は専業主婦の場合、かなり難しくなると考えて間違いありません。

もしそれ以上のお金が必要と言う場合には、そもそも専業主婦名義で借入れを行うのではなくて、しっかりした年収のある配偶者の名義で申込みを行ったほうが高額の融資が利用できる可能性は高いと言えるでしょう。

レディスローンは専業主婦も利用できるのか
キャッシングの中にはレディスローンといって女性向けに作られたものもあって、店舗では女性スタッフだけで対応してくれるようなところも有り、女性には大変利用しやすくなっています。

そこなら専業主婦でも配偶者の収入など前提にせずに借りられるのではないかと考える人もいるかもしれませんが、実際の条件としては一般向けのキャッシングとそれほど変わるものではありません。

確かに審査のハードルは低くなっていて女性に多いパートや長期アルバイトと言うような場合でも審査に通りやすくなっているものが多いですが、やはり収入が無ければ返済が心配になりますから専業主婦にはそのまま貸すわけにはいきません。

つまりこのレディスローンであっても専業主婦の場合、融資は断るかあるいはやはり配偶者の収入が前提になる訳です。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
アルバイトでもキャッシングの利用は可能?収入の安定性がポイント!

借り入れは慎重に行おう!返済できるかどうか検証してみる

審査に通ってもすぐに借入れするのは見合わせて、まずは借入した後返済して行けるのかどうか良く計算してみることが重要です。専業主婦の場合自分に収入が有りませんから、家計を管理して返済額が捻出できるかどうかを見極めましょう。

また収入源である配偶者の方とも常に情報を共有して、借り入れする場合や、返済が苦しくなってきたときなど、必ず話し合って、困り果ててどうにもならなくなってから相談するというような事が無いようにして下さい。

また以前様々な例が有ったようにお金を手にして依存症に陥るようなことが無い様に注意しておかなければなりません。そのために月々の利用明細を旦那さんにも見せて、お金が無駄に利用されていたらすぐに分かるようにしておきましょう。

審査に通ったとしても返済して行けるかどうか確認が必要

では配偶者の収入を前提にするしないに関わらず、とにかく審査に通過出来たらどうするでしょうか。当然ですがお金を借りようとしてキャッシングを申込んだわけですから、すぐに借入れしようと考えるでしょう。

しかしその前にどうしてもやっておいてほしいことが有ります。審査に通ったということは、金融機関のほうも返済できると認めているわけですが、それはお金の使い方が一般的な場合に限って言えることです。

しかしお金の使い方と言うのは人それぞれで違っていますから、一般的な使い方とは大きく違っている人も別に珍しい話ではりません。

このため実際に返済して行けるかどうかは自分のお金の使い方によって変わってきます。

そこで借入れる前に自分に返済して行けるかどうかを見極めておくようにして下さい。

そのためにはまず自分というかこの場合には家計と表現すべきでしょうが、返済できるだけの余裕が有るのかを実際に計算してみて下さい。

余裕の有無は収支を計算すればすぐに分かります。ですから1年程度遡って月々の収支を計算してみましょう。収支は次の計算式で計算できます。

収支 = 収入 - 支出

収支を計算してみて常に返済できるお金の余裕が有れば返済は可能ということです。しかし余裕が無い月が有れば、返済できない月がるということですから、借り入れには注意しなければなりません。

専業主婦であれば家計簿をつけている筈ですから、収入と支出はすぐにわかるでしょう。したがって返済の可能性を探ることもそれほど難しくはないはずです。借入れ前に必ず計算してみて下さい。

常に旦那さんと情報共有しておこう

専業主婦がお金を借りる場合、もう一つ心掛けておきたいのが返済の元になる収入源である配偶者と常に情報共有することです。申込みの前に配偶者の了解は取っても、多くの場合は利用中はなかなか情報の共有までは行わないようです。

しかしむしろ大切なのはどのように利用しているのかと言う情報を共有して、例えば借入れが多くなってきた場合には、協力して節約に励むなどの対策を立てる必要が有ります。

借り入れについても、そもそも本当にその借り入れが必要なものなのかどうかも一人で考えるよりも二人で考えたほうが知恵が出るものです。場合によっては借入れしなくても遣り繰りできてしまうかもしれません。

生活していくためには時には借金も必要ですが、自分一人で悩んではいけません。配偶者も巻き込んで一緒に考えることが必要なのです。

依存症に陥らないように注意しよう

専業主婦の場合、以前は意外に融資の利用が簡単にできていたのですが、総量規制の導入で借りにくくなってしまったという経緯が有ります。実は総量規制の導入の理由の一つには専業主婦が関わっているのです。

専業主婦の場合、時間的な余裕が有るためか、お金が有ると余計なことを考えてしまう人がいるようで、買い物依存症やパチンコ依存症に陥ってしまう人が結構いて、その為の資金源がキャッシングだったということなのです。

現在では総量規制が導入され、そう簡単にお金が借りられなくなってしまったので、少なくはなりましたが、それでも全く借入れできないというわけではないので、キャッシングを利用する場合には依存症に陥らないように注意しなければなりません。

そのためには配偶者に利用明細を見せるなどして、異常な利用が行われていないかを確認することも必要でしょう。

依存症になてしまった時の対処方法
依存症と言うのは自分でも苦しむことになりますが、なかなか周囲が気付かず一人だけで悩む場合も多いようです。ではもし自分あるいは家族が何らかの依存症ではないかと思った時にはどうすれば良いのでしょうか。

まず依存症の場合自分でどうにかできるとは考えないようにしましょう。依存症というのは心の病気です。病気は医者に治して貰わかければ、どうしようもないものも有るのです。そこで依存症だと考えたら心療内科にいきましょう。

もし家族が依存症ではないかと疑われる場合には、本人を連れて行くことになりますが、本人が拒否する場合には、まずは家族が相談に行くことも可能です。あとは医師の指示に従って対処するようにして下さい。

ここで専業主婦のキャッシングの利用について纏めておきます。

  • 専業主婦の場合収入が無いため返済能力の評価が低くそのままでは融資を受けるのは難しい
  • キャッシングには収入規制が有るが専業主婦は借りられない訳ではない
  • 配偶者に収入が有れば利用出来るキャッシングが無い訳ではない
  • 借入れの前には返済の可能性を探って無理な借り入れをしてはいけない

専業主婦は家計を遣り繰りして日々苦労しているので、配偶者は話を真剣に聞いて、決して一人で悩ませないようにして下さい。

閉じる
閉じる