どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシング増額審査に在席確認なし!増額した時のデメリットとは?

キャッシングは審査で決った利用限度額内で利用ができるようになっていますが、当初設定される利用限度額は極めて少額で、足りなくなる人も大勢います。しかしこの利用限度額は増額審査を受けることによって見直して貰うことができます。

審査の内容的に言えば、申込時の審査と変わりませんが、本人の確認だけは、既に行っている利用者の為、通常は省かれることになり、勤務先への在席確認も、行われない事になっています。

利用限度額を増額すれば金利も低くなるため、利用上のデメリットと言うのは有りません。

しかし、審査の段階ではあくまで利用限度額の見直しであって、増額されるかどうかは返済能力と信用により決まり、評価結果によっては減額されてしまうというデメリットも有ります。

キャッシングの利用限度額は増額できる!ただし審査を受ける必要有り

キャッシングの利用限度額と言うのは審査で評価される信用によって金融機関が決めることになり、申込時と言うのは利用者と金融機関は初めてお付き合いをする場合が多く、あまり評価は高くならず、利用限度額は極少額です。

しかし利用していくことによってお付き合いが深まって信用の評価も徐々に上がっていきます。そしてある程度以上の信用になれば利用限度額も増額して貰うことができる程度になっていきます。

ただし実際に利用限度額を増額してもらうためには、申込時と同じように改めて審査を受けて、信用について再度評価をしてもらう必要が有ります。待っているだけではずっと利用限度額はそのままということです。

申込時に設定される利用限度額は極めて少額

キャッシングと言えば幾ら借りられるのかが申込者にとってはもっとも気になるところですが、殆どの場合には、自分が目論んでいた金額よりもかなり低額になってしまって、がっかりと言う結果に終わっているようです。

キャッシングの利用限度額の上限としては現在1000万円というようなところも有り、かなり高額の借り入れができるように見えます。しかしほとんどの場合には、けた違いに低額になってしまいます。

利用限度額は審査の中で決められますが、これには様々な要因が絡んでいます。大きく影響するのが次の2つの要因です。

  • 年収
  • 信用

まず年収ですが、例えば年収300万円の人に1000万円貸したとしてもとても返済できるようには見えません。したがって設定される利用限度額は年収によって上限が決められることになります。

例えば消費者金融の場合には貸金業法の総量規制と言う規定で原則として年収の3分の1までと決められていますし、銀行の場合も法的規制は有りませんが、内部規定で年収の2分の1あるいは3分の1と決めているのが普通です。

したがってこの規定に従えば年収が300万円の人の場合、利用限度額は100万円ということになってしまう訳です。

更にこれに加えて、金融機関はその人の信用を重視します。この信用と言うのは申込者の社会的な信用と言うわけではなくて、あくまで金融機関として信用できるかどうかが問われます。

具体的には申込者と金融機関とのお付き合いが深ければ深いほど信用が高まっていきます。このため始めてその金融機関を利用するような人の場合、はっきり言えばまだ信用できるかどうかわからないという判断になるのです。

このため、まずは非常に少額の利用円度額で使ってもらって様子を見ようということになる訳です。

ですから年収で上限が決められ更に信用で大きく金額が下がってしまい、適用される利用限度額は極めて少額になる訳です。

信用次第で利用限度額は増額してもらえる

それじゃあ、1000万円というような高額の利用限度額は、お客を集める為の宣伝と言う意味しかないじゃないかと言う人もいるかもしれませんが、確かに最初から1000万円と言う人はまずいません。

しかし利用限度額と言うのは、利用中に増額してもらうことができます。つまり最初は10万円の利用限度額しかもらえなかったとしても、利用して行けば、50万円になり、さらに100万円にしていくことができるのです。

そのためには先ほど示した2つの要因を高額利用ができるようにしていく必要が有ります。例えば利用限度額を500万円にするためには、年収を1500万円以上にしておく必要が有ります。

また金融機関とのお付き合いを深めて、信用というものを高めていかなければなりません。

増額のためには増額審査を受けることが必要

ただし、利用限度額と言うのはキャッシングをそのまま使い続けているだけでは、増額されることは有りません。増額してもらうためには、利用限度額の増額の申込みを行わなければなりません。

この増額の申込みを行うと、金融機関のほうは、増額審査を行って、年収を確認し、信用の評価を改めて行うことによって、適正な利用限度額を算出して、改めて利用者の利用限度額を設定するということになります。

この増額審査は増額の為ですから厳しい審査かと言うと、そういう事ではなくて、申込時と基本的な内容としては同じものです。同じ内容で審査を行って、信用の評価をやり直し、改めて適正な利用限度額を見極めるということです。

この増額審査も、審査の一つですから、利用者側から考えれば、もう利用限度額を増額してもらっても良いくらい信用が上がっていると考えていても、金融機関的に判断すればまだ十分ではないという判断になる可能性が有ります。

したがって審査に通過でき無いという場合も有り、その場合には希望した利用限度額の増額はなされないということになります。

申込んですぐには増額の申込みはできない
本文では利用限度額の増額を行うには増額審査を受けなければならないと説明していますが、それなら自分は信用は高い筈だから、申込んで利用開始後すぐに増額の申込みをしても大丈夫だろうと考える人もたまにいます。

しかし、増額の申込みはある程度利用を続けた後でなければ申込みができないようになっている場合が多く、すぐに申込めるとは限りません。

またすぐに増額申込みができたとしても、信用評価というものはそう変わるものではなく、増額審査で再評価してもらったとしても、信用評価は変わらず、設定される利用限度額が変わることは無いでしょう。

利用限度額の増額を希望するのであれば、まずは半年程度ある程度の頻度で借入れと返済を繰り返す適正利用を続けてから増額の申込みを行うようにして下さい。

申込時の審査では在席確認が行われる!では増額時の審査は?

申込時に行われる審査では、本人確認と返済能力、信用の確認が行われることになりますが、この内本人確認では本人確認書類による確認と勤務先に実際に電話を入れる在席確認などが行われることになっています。

では増額審査の場合には何が行われるのでしょう。増額審査も内容的には基本的に申込時と同じ審査基準で行われますが、利用者の本人確認は申込時のもので十分ですから、在席確認は通常行われることは有りません。

ですから増額審査と言うのは、返済能力の審査と信用の審査を行うことになる訳です。この審査で返済能力が上がり、適正な利用を続けているということで信用できる人だという評価がされれば、適用になる利用限度額も高額化されるはずです。

申込時の審査では勤務先に在籍確認が行われている

では審査と言うのは何が行われているのでしょうか。実際に行われることになる詳細な内容は企業秘密ですから、分りませんが次のようなことが様々な方向から行われることになっています。

  • 申込者が本人である確認
  • 申込者の返済能力の確認
  • 申込者の信用の確認

返済能力は年収や月々の収入の安定性の見極めが行われ、ここで言う信用は過去に金融事故などを起こしていないかどうかが信用情報から確認され、あとは先ほど説明した申込者の信用評価が行われることになります。

では申込者が本人であることの確認と言うのはどのような確認なのでしょうか。

この本人確認が行われるのは、申込者の中には自分の名前では例えば過去に金融事故などを起こしていて、審査通過が難しいというような場合には、名前を偽って誰かに成りすまして申込みを行うような不届き者がいる為です。

この確認では、まず申込時に提出される本人確認書類による確認が行われますが、最近では窓口での申込みを行う人は少なくなっている為、本人確認書類の写真で確認することができません。

そこでこの確認を補強する意味で行われているのが、勤務先に金融機関のほうから直接電話を入れて、実際にその職場に在席していることを確認するための在席確認というものが行われています。

申込者は職場の周囲にキャッシングの利用がバレてしまう可能性が有るため、非常に嫌がられていますが、金融機関側からすれば、名前とは全く別の人に融資してしまうのを防ぐためにも大変重要な確認と位置付けられています。

増額審査では通常在席確認は行われない

先程、増額審査は、申込時の審査と基本的に変わらないということを説明しました。したがって、全く同じ審査を行うのであれば、本人確認も再度行われ、利用者にはあまり好まれていない在席確認も行われるのでしょうか。

審査内容については金融機関の考え方次第ですが、増額審査と言う場合には、既に本人確認は終わっているので改めて確認する必要は無いと考えるのが普通で、増額審査で在席確認が改めて行われることはありません。

したがって増額審査の場合、職場ではなく連絡先宛てに増額審査の申込みが行われたという確認のための電話が行われることは有りますが、それ以外は審査結果の連絡までは、金融機関側からの接触は審査上で何らかの問題が無ければありません。

増額審査を申込んだら結果が出るまで、ゆっくり待つようにしましょう。

返済能力と信用で増額の可否が評価される

このように在席確認が伴う本人確認が有りませんから、増額審査では申込時の審査と同じように増額しても返済できるだけの返済能力の評価と、返済してくれると信用してよいのかについての評価が行われます。

例えば年収が上がっていれば、先ほど説明したように年収の3分の1までとして、融資可能な金額も上がることになりますし、暫くの間適正な利用を行っていれば信用の評価も上がっている筈なので、利用限度額を上げる事が可能になります。

ただし、年収が上がっていなかったり、適正な利用の期間が足りなかったり、あるいは適正とは言えない利用を行っているというような場合や、外部要因として信用を下げるようなことを行っていた場合には増額審査は否決になる可能性も有ります。

キャッシングによっては増額審査で在席確認が行われる
本文では増額審査では本人確認は行われないため在席確認も無いと説明していますが、キャッシングと言うのは非常にたくさんあり、審査の方針と言うのはそれぞれで違っていますから、絶対にないとは言えません。

キャッシングの中には増額の申込みが有って再度審査を行うことになった場合には、審査基準全てを確認しなおすとしている場合も有ります。こういったキャッシングの場合には基本的には在席確認も再度行われることになります。

もちろんこの再度の在席確認でも、申込時と同じように、消費者金融の場合には担当者個人名で、銀行の場合には銀行名かあるいは担当者個人名で電話が入り、その電話が在籍確認であることは周囲には分らないように配慮されます。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利用で会社に連絡は有る?通常は審査時の在席確認のみ

利用限度額を増額した時のデメリット?減額の可能性が有る

では利用限度額を増額した場合にどのようなデメリットが有るのか考えてみましょう。利用限度額が増額されても利用額が変わらなければデメリットは有りませんが、枠が大きくなるので使いすぎてしまう事もあるのでこれがデメリットでしょう。

ただし増額の審査自体を考えた場合には、もし信用を低くするようなことが発覚すると、評価がかえって下がってしまう可能性も有るので、再度審査を受けることによって増額どころか減額されることも有り、これが大きなデメリットになります。

例えば、キャッシングの利用中に借入額が足りなくなって、他社のキャッシングの利用を始めてしまった場合には信用評価はがた落ちになります。ですから増額審査を行ってバレてしまうのを防ぐために増額は申込まないほうが無難です。

利用限度額が増額されることによるデメリットは使い過ぎる人がいる事

多くの人は利用限度額が増額できるのであれば増額しておきたいというように積極的に増額を希望するというよりも、例えば金融機関側から増額できますよというような案内が行われれば増額してみようというような形で増額の申込みが行われます。

この場合増額することで大きなお金が利用できるようになるということに大きなメリットを感じるのだと思いますが、逆に増額することのデメリットというものはないのでしょうか。これは人それぞれの考え方次第と言えます。

増額してしまうと、これまで借りようと思っても利用限度額が有るために思ったような金額の借入れができなかったという人の場合、利用限度額が高額化することで、希望する金額の借入れが可能になります。

しかしこれはこれまで借りなくて済んでいたものが、借り入れしてしまうということになります。つまりキャッシングの使い過ぎに繋がってしまう訳です。

利用限度額が増額されても大きなデメリットは有りませんが、この使い過ぎだけは便利かもしれないけれどもデメリットと捉えることもできるでしょう。

増額の審査を受けることによるデメリット

利用場面でのデメリットは使い過ぎの可能性以外は思い浮かびませんが、増額審査自体にはデメリットが考えられます。

利用限度額の増額を目的に行われる審査の為、増額審査と表現していますし、通常これでどういった性格の審査なのかもわかりますが、実際に行われることになるのは、利用者の再評価ということで利用限度額の見直しです。

つまり条件さえ満たしていれば、結果的に利用限度額の増額に繋がる訳ですが、もし条件を満たしていなかったらどうでしょうか。この場合審査は否決になると表現しますが、これは増額できなかったという意味の否決です。

しかし話はこれで終わりません。再度審査を行ったわけですから、再度信用が評価されたということです。利用限度額はこの結果によって再設定されるのです。

この場合増額できなかったということが現状維持に繋がるとは限りません。これまでと同程度の信用と評価されれば、利用限度額は確かに現状維持です。しかし信用評価が下がってしまっているとしたらどうでしょうか。

この場合、新たに評価された信用に沿って増額と同じように利用限度額が再設定されます。信用評価が下がってしまっていれば利用限度額は減額になる訳です。

つまり、増額しようと思って増額審査を申込んだとしても、結果として利用限度額が減額になってしまうことも有る訳です。これが増額審査の大きなデメリットと言えるでしょう。

他社利用を始めたようなときには増額は止めたほうが良い

では自分では適正利用をしているので増額できるだろうと考えて申し込んだのに信用評価が下がってしまうと言うのはどういった場合が考えられるのでしょうか。それには様々あるでしょうが、最も考えられるのが他社利用です。

キャッシングの利用を始めてから、それだけでは足りなくて他社のキャッシングも利用を始めてしまったというような場合には、その時点で利用者の返済能力を著しく下げてしまうことになります。

そういった返済能力が下がった状態で増額の審査を受ければ信用の評価は極端に下がることになって、利用限度額の減額に繋がってしまう可能性が高くなります。

したがって、もし他社利用を始めてしまった場合には、利用限度額の増額の申込みは行わないようにしたほうが無難でしょう。

信用が著しく低下している時は解約になることも有る
本文では信用評価が下がっていた場合には利用限度額が減額になる可能性が有ることを説明していますが、話はそれでは終わりません。申込時の審査では信用評価が低すぎると、審査の通過はできません。

ですから増額審査と言う場合に、もし審査の評価が審査通過の水準まで行っていなかった場合には、増額審査ではどういった判断が行われるのでしょうか。

この場合、増額はもとより、減額と言う選択も取れませんから、キャッシング契約自体を見直すことになります。つまり利用者も金融機関も不本意なことですが、契約が解除になる可能性が有る訳です。

もし契約解除になってしまうと、その時点で借入れしている分について、そこまでの利息込みで全額返済しなければなりませんから、利用者にとっては大きな負担になる可能性も有ります。

利用限度額の増額を申込む場合には、このような点についても十分考えておかなければなりません。

増額は必要ないと考えている人も増額を考えてみよう!

キャッシングの利用者の中には自分は今の利用限度額内で十分足りているので利用限度額を増額してもらう必要は無いと考えている人もいますが、それは大きな損失です。利用限度額の増額審査では金利も見直されるからです。

もし利用限度額が増額されれば金利も合わせて低く設定されます。これによっていつもと同じように利用をしていたとしても、金利が低くなった分利息が少額になるため、より有利な借入れができるようになるのです。

ですから、使いすぎる傾向が有るなら別ですが、そうでなければ、増額できる場合には増額を申込んで増額してもらうことを勧めます。

金融取引をする場合には出来るだけ有利な取引を狙うのが普通です。有利になるのであればそれを利用しない手は有りません。

利用限度額の増額では金利も見直されることになる

利用限度額の増額が可能なくらいに既に利用期間が長く、適正な利用を続けている人の中でも、自分の借入額は現在設定されている利用限度額内で十分と考えている人がいて、自分は利用限度額を増額する必要は無いという人も少なくありません。

しかしもし増額が可能なのであれば、増額しないのは大きな損失に繋がっていることも有るのです。

増額の審査では利用限度額を見直す事と同時に金利も見直しが行われます。

そもそもローンの金利と言うのは信用が高ければ低くなり、信用が低ければ高くなるもので、これは個人取引から国家間で取引を行う場合でも共通して言えることです。

このため信用を評価し直して利用限度額の見直しを行う増額審査でも信用が高くなれば利用限度額は増額され、金利は低く設定され直します。

このように利用限度額の増額審査と言うのは金利の見直しのための審査ということもできるわけです。

金利が低くなれば借入額は変わらなくても有利な借入れができる

そこで増額審査で金利が低くなった場合のことを考えてみましょう。金利は利息の計算の基本になるものです。利息は次の数式によって計算されます。

利息 = 元本 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

そこで金利14%の場合と10%の場合で100万円を一カ月(30日間)借りた時の利息を計算してみましょう。

  • 金利14%の場合
利息 = 100万円 × 0.14 × 30/365 = 11506円
  • 金利10%の場合
利息 = 100万円 × 0.1 × 30/365 = 8219円

差し引き = 11506 - 8219 = 3287円

このようにこの条件では一カ月で3287円の違いが生じてしまいます。したがって、金利が低くなるのであれば、借り方にもよりますが、ずっとお得な借入れができる可能性も有るの訳です。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利息は金利だけでは決らない?利息を計算してみよう!

増額が必要なくても増額できるならしておくようにしましょう

ですから、もし既に長い期間適正利用を続けていて、金融機関のほうからも利用限度額の増額の案内が来ているような場合には、金額的に必要ないと考えていたとしても、使うのか使わないのかと言う問題で判断するのは止めましょう。

この場合には今後キャッシングを利用する上で、得になるのか損になるのかということを考えてみて下さい。同じ金額を借りるにしても、金利が下がっていれば今計算してみたようにずっとお得な借り入れができます。

そこで、増額できるのであれば、増額してしまったほうが良いのです。ただし、先ほど説明したように増額審査を受ける場合には、他社利用というような外的な要因が有れば、審査通過は難しくなります。

ですから、そういったことも考慮して、利用限度額の増額を申込むかどうかを慎重に考えるようにしましょう。

金利が下がったとしてもまずは借りない事が重要
本文で説明したように利用限度額を増額して金利が下がれば、同じ金額を借りるにしても、有利な借入れができるようになってお得だと考えられます。しかし突き詰めて考えれば利息を支払うことに変わりは有りません。

つまり、借りない時に比べて利息分だけはいくら金利が下がってもマイナス金利にならない限り、損失になってしまいます。

ですからキャッシングと言うのは大変便利なものですが、借りたら自分にとっては損になるということをよく頭に叩き込んで、借りようと思った時にはまず借りなくて済む方法はないのかということをよく考えることが必要です。

安易に借りてしまった人と、借りなかった人を比べれば、長期に考えてみると、前者は非常に大きな損失を計上していることになるのです。

ここでキャッシングの増額審査時の在席確認について纏めておきます。

  • キャッシングの利用限度額は増額できるが再度審査を受ける必要が有る
  • 増額審査時は申込時の審査とは違い在席確認は行われない
  • 利用限度額の増額審査は結果によっては減額になる可能性が有るというデメリットがある
  • 利用限度額の増額が必要なくても増額したほうが金利が低くなり得な利用ができる

利用限度額を増額したいという人は多いと思いますが、借入れしたら返済しなければなりません。大きなお金を借りれば返済もそれだけ苦しくなりますから、利用限度額を増額しても借入れには十分注意して下さい。

閉じる
閉じる