どうしても審査に通りたい人向けサイト

熊本銀行のキャッシングは口座が無くても利用可!店舗に行く必要無し

熊本銀行カードローンは熊本銀行に普通預金口座を持っていなくても申込みが可能なキャッシングです。ただし普通預金口座を持っていれば申込みに際してWEB上だけでも申込みから契約までできるので便利に利用することができます。

ただ返済は普通預金口座が有れば口座引落が利用できますが、持っていない場合には、指定口座に直接入金あるいは振り込む必要が有るので、返済忘れを防ぐ方法を考えておく必要が有ります。

熊本銀行カードローンの審査は、やはり銀行ということで厳しいと言われており、そう簡単には通過はできません。申込みの前に自分の返済能力と信用を評価したり、事前診断で審査通過の可能性を探っておくようにしましょう。

熊本銀行のキャッシングの申込みが簡単!口座が有ればWEB完結も可

熊本銀行カードローンはWEB上からの申込みができるようになっており、特に店舗に行く必要が有りませんから、気軽に申込むことができるようになっています。

銀行のカードローンの場合、以前はその銀行の普通預金口座の開設が必要でしたが、最近では普通預金口座が無くても申込めるところが増えてきており、熊本銀行カードローンもそういった普通預金口座の開設が必要の無いキャッシングです。

ただし、口座の有無で差が無い訳ではなく、こういった場合には普通預金口座を持っていたほうが、便利になっているもので、熊本銀行の場合でも普通預金口座が有れば、契約まですべてWEB上で行えるようになっています。

熊本銀行のカードローンとは

キャッシングと言うのは元々消費者金融の金融商品でしたが、今ではカードローンという形で銀行もこのキャッシングの分野に進出し、地方銀行であっても、このカードローンを提供しています。

ここで説明する熊本銀行でもカードローンを提供しており、その仕様は次のようになっています。

商品名 熊本銀行カードローン
融資額 10万円~1000万円
金利(年利) 3.0%~14.5%
返済方式 定例返済:残高スライド方式、随時返済

利用限度額は最近高額化が進んでいますが、それでも1000万円と言うところはまだ少ないので、熊本銀行カードローンはまだ珍しい部類に入ると言えるでしょう。

金利は上限が14.5%になっていますから他の銀行と同程度、大手消費者金融よりも有利な利用ができるでしょう。

熊本銀行に口座が無くても申込可能

銀行のキャッシングの場合、以前はキャッシングの申し込みの前提として、その銀行に普通預金口座を持っていることが要求され、持っていない場合には、キャッシングの申し込みと同時に普通預金口座の開設を行わなければなりませんでした。

現在でも、銀行のキャッシングでは、この前提を守っている場合も多いのですが、そうなっている場合、他行の利用者をなかなか取り込むことができなくなるからということで、この前提を撤廃してしまう銀行も増えています。

熊本銀行カードローンもそのようなキャッシングの一つで、熊本銀行に普通預金口座を持っていなかったとしても、熊本銀行カードローンの申込みができるようになっていて、店舗に行かなくても申込みができます。

ですから、これまで熊本銀行との取引きが無かったとしても、わざわざ店舗に行って普通預金口座を開設することなく、利用することが可能になりました。

熊本銀行に口座が有ればWEB完結で簡単申し込みが可能

ただし、銀行も預金者を増やしたいというのは一貫した考え方ですから、キャッシングの申込みは普通預金口座無しで申込めるようになっていたとしても、様々な面で持っていたほうが便利に利用出来るようになっているのが普通です。

熊本銀行の場合も例えば申込みにおいて、既に普通預金口座を持っていれば、WEB完結と言う方法を利用することができ、申込みから契約までの全てをWEB上で行うことが可能になっているので大変便利です。

これに対して普通預金口座が無い場合には、申込み自体はWEB上から可能になっていますが契約書の取り交わしなどが必要になり、ちょっと面倒な部分が出てきます。

ですからもし普通預金口座も作りたいと考えているのであればついでに作ってしまっても良いのではないでしょうか。

まずはお付き合いのある金融機関のキャッシングを探そう
本文でも説明していますが、最近の傾向としては普通預金口座を持っていなくてもキャッシングの利用ができるようになってきていますが、熊本銀行のように普通預金口座を持っていたほうがより便利に利用できます。

したがって、もし現在お付き合いのある金融機関が有って、キャッシングの利用を考えているのであれば、まずはそのお付き合いのある金融機関が提供しているキャッシングの利用を考えてみる事を勧めます。

金融機関とのお付き合いというものは生涯続くことになります。金融機関のほうもお付き合いが深くなればなるほど有利な利用ができるようにしてくれるものです。ですから出来るだけ一つに絞って利用した方が将来的に考えてお得なのです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングをネット上から利用する!WEB完結って何がメリット?

カードローンで重要なのは返済!返済方法を確認しておこう

カードローンでも他のキャッシングでも同じですが、お金を借りることで重要なのは、借りることそれ自体ではありません。借りたお金をしっかり返済することです。ですからキャッシング選びでは返済についても調べておくことが必要です。

熊本銀行のカードローンの返済方式は残高スライド方式が採用されており返済は普通預金口座を持っている場合には口座引落が選べますが、持っていない場合には、ATMなどから直接指定口座に振り込むことで行うことになっています。

通常返済ではどのような方法で入金するにしても、口座引落ができない場合には返済日を忘れてしまうと返済が行われなくなってしまうので、直接入金で返済する場合には十分注意しなければなりません。

返済方式は残高スライド方式が採用されている

熊本銀行カードローンの返済は先ほど示したように定例返済と随時返済が有り、通常の月々の返済を定例返済と言って残高スライド方式によって返済することになっています。

この返済でも普通預金口座を持っている場合と持っていない場合で多少の違いが有り、普通預金口座を持っている場合には口座引落が利用できますが、持っていない場合には次の方法によって直接入金することによって行います。

  • 指定金融機関のATMからの入金
  • 銀行振込

指定金融機関は次の通りです。

  • 熊本銀行
  • 福岡ン銀行
  • 親和銀行
  • セブン銀行
  • ローソン
  • E-net

この内、熊本銀行、セブン銀行、ローソン、E-netのATMでは手数料無料で利用することができます。他の金融機関のATMの場合には手数料がかかる場合が有ります。また銀行振込を利用する場合には振込手数料がかかります。

口座引落での返済

まず口座引落の場合の返済額は次のようになっています。

借入残高 返済額
2000円未満 全額
2000円以上10万円以下 2000円
10万円超20万円以下 4000円
20万円超30万円以下 6000円
30万円超40万円以下 8000円
40万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 6万円
400万円超500万円以下 6万円
500万円超600万円以下 7万円
600万円超700万円以下 8万円
700万円超800万円以下 9万円
800万円超900万円以下 10万円
900万円超 11万円

口座引落ですから返済を忘れるというような事にはならないと思いますが、借入れが高額になってくると返済額も大きくなってしまうので、返済日の前には、必ず返済できるだけの残高が有るかどうかを確認しておかなければなりません。

直接入金での返済

これに対して直接入金の場合は2千円未満の返済額が1000円となっています。これはATMでの返済が1000円単位でしか行えないためと考えられます。1000円未満になった場合には銀行所定の方法で処理するとなっています。

直接入金で問題になるのは、返済日に自動的に返済できると言うわけではない事です。このため長期間返済を続けていると、誰でも1度や2度は返済日を忘れてしまうということになるので、十分注意しなければなりません。

多少の違いはあるものの、どちらの場合も非常に多数の段階に分かれていて、50万円以内の借入れでは返済は月々1万円以内になるので、それ程大きな負担にはならないと思われますから、熊本銀行カードローンは利用しやすいものと言えるでしょう。

返済を忘れないようにすることが重要
熊本銀行カードローンでは、熊本銀行に普通預金口座を持っていない場合、返済は直接自分で返済日までに入金しなければなりません。本文で説明しているように、直接入金する場合には忘れないように注意しなければなりません。

では忘れない様にするにはどうしたらよいのでしょうか。自分の頭の中に記憶するというのでは、必ず失敗します。返済日の前に必ず思い出す仕掛けを作っておく必要が有るのです。

例えばカレンダーに印をつけておくというのも原始的ではありますが、何もしないよりもずっと有効です。

カレンダーではなくても、何か必ず発生することに関連付けて思い出すようにしておくと、忘れる確率はかなり下がるはずです。

そこで例えば給料日に必ず入金してしまうようにすれば、給料と返済が関連付けられるので忘れないでしょう。

このように自分なりに必ず思い出すように何らかの関連付けをしてみて下さい。

熊本銀行のカードローンの審査は厳しい?安易に考えてはいけない

熊本銀行のカードローンは銀行のカードローンですから、審査はそれなりに厳しいものが有ります。したがって申込む場合には事前に審査通過の可能性を探ってみておく必要が有ります。

まず必要なのが自分に十分な返済能力が有るのかどうかと言う点です。これが無ければ、返済途中で滞納するということになりかねません。もう一つ必要なのが、過去にローンの返済が滞るなど金融事故を起こしていないかの確認です。

また熊本銀行カードローンのホームページには、お借入診断という機能が用意されているので、申込みの前にこれを利用して自分の診断をしてみて下さい。

ただし、この診断はあくまで事前診断であって審査そのものではないので、事前診断で良い結果が出ても必ず審査が通るという保証は有りません。

返済能力が有るかどうか検証が必要

キャッシングの申込者が気になるのが審査は厳しいのか緩いのかと言う点ではないでしょうか。ここでの話であれば熊本銀行カードローンの審査は厳しいのか申込者としては大変気になっている筈です。

キャッシングの審査の難易度については個々の違いはあるものの、金融機関によって序列のようなものができています。それによれば審査の難易度は次のようになっています。

(難)銀行 > 大手消費者金融 > 中小消費者金融(易)

つまり一般的に言えば銀行のキャッシングがもっとも審査が厳しいというわけです。そこで熊本銀行カードローンを調べてみると、多くの申込み経験者の経験談からいえば、審査は厳しいと言って良いでしょう。

そこで申込みの前には自分の審査通過の可能性を事前に検証しておく必要が有ります。

まず行ってほしいのは自分に返済能力が有るかどうかと言う点です。そのためには自分の月毎の収入と支出を明らかにする必要があります。収入と支出が分ったら次の数式を使って収支を計算してみましょう。

収支 = 収入 - 支出

1年程度前からの月々の収支を計算して、返済額を上回っていれば、返済は可能なはずです。

過去に金融事故を起こしていないか

もう一つ審査で重視されるのが信用です。信用は様々な判断基準が有りますが、最も問題視されるのが過去の金融取引状況です。過去にローンの返済がしっかり行われていれば、金融機関の信用評価も高くなります。

しかしもしかつてローンの返済に支障が有ったり、その他クレジットカードに支払いや、各種料金の支払いなどに支障が有ったような場合には、信用評価は低くなってしまうことになります。

このため、熊本銀行カードローンも申込む前に、過去にこういった金融事故を起こしていないかについて思い出してみて下さい。

ローンの返済が滞ったというような場合には、さすがに忘れてしまうような事は無いでしょうが、例えば電話料金を滞納していたというような事は、時間が経ってしまうと忘れていることも有るので慎重に思い出してみましょう。

特に過去に金融事故が無ければ、信用評価で審査が否決になるようなことは無いはずです。

まずはお借入診断で診断してみよう

自分での判断では問題は無いという場合には、最後に事前診断機能を使って、審査の通過の可否を調べてみるようにしましょう。

事前診断機能と言うのは、銀行や大手消費者金融の場合、ホームページ上にそういった機能が用意されており、熊本銀行カ-ドローンの場合もお借入診断と言う名称で、申込みの前に審査通過の可能性を診断できるようになっています。

このお借入診断では年齢と年収、他社借入れ件数、他社借入額を入力すると審査通過の診断をしてくれます。

もちろんこのお借入診断で審査通過の可能性ありと出たとしても、実際の審査では、さらに詳細な項目で判断されることになりますから、必ず審査に通過できると言うわけではありませんが、一つの目安にはできるはずです。

このお借入診断で審査通過の可能性が低いという診断が出た場合には、実際に審査を受けたとしても、審査通過は難しいと言えるでしょう。

銀行の審査はさらに厳しくなる?
現在でも銀行のキャッシングの審査と言うのはそれなりに厳しくなっていて借入れできない人も少なくはないのですが、別の角度から評価すると、審査が甘く返済できなくなってしまう人も出てきていることが指摘されています。

このため現在全銀協を中心にカードローンのあり方の議論が進んでおり、現在の審査では甘すぎる為、更に審査を厳しくする方向で検討が進んでいると言われています。

このため、近い将来、銀行のキャッシングの審査は現在に比べても更に厳しくなるだろうと予想されます。

ですから、現在は問題なく借り入れできているような人の場合にも、近い将来、新たに審査を受けると、融資の利用ができなくなってしまう可能性が有るかもしれません。

先々を考えればそのほうが良いのかもしれませんが、お金を借りにくい時代が来る可能性が有るのです。

地方銀行の場合には申込みができない場合が有る!営業地域に注意!

申込みを行う前に必ず確認しておかなければならないのが自分に申込みができるかどうかの確認です。熊本銀行は地方銀行のため、WEB上から申込みができるとしてもカードローンが申込めるのは営業地域内でなければなりません。

申込みが可能なのは営業地域内に居住しているか勤務先が営業地域内にある場合に限られます。したがってそれに当て嵌まらない場合には申込はできません。自分の地域の地方銀行のカードローンを調べてみましょう。

地方銀行の場合、注意が必要なのはこのような営業地域の問題も有りますが、もう一つはカードローンを複数用意している場合が多いことです。

中には地方銀行であっても全国から利用できるものを用意している場合も有るのでカードローン選びには十分注意しなければなりません。

申込みの前に熊本銀行の営業地域を確認しておこう

最初に説明しましたが熊本銀行は地方銀行です。では地方銀行と言うのはどういった銀行なのでしょうか。銀行にはこのほか都市銀行と言うものが有りますが両者を対比して、説明して行くことにしましょう。

まず都市銀行と言うのは何も都市部だけと言うわけではなく、全国的な支店網を持っている銀行を指しています。

現在では都市銀行と言っても一部地域にしか店舗を持っていない場合も有るので説明しにくいのですが、一般的に言えばどこに行っても支店を見つけられるような銀行のことを言っています。

これに対して地方銀行と言うのは営業する地域を限定して営業地域というものを決め、その中で支店網を展開しているような銀行を指しており、営業地域内では何処に行っても支店を見つけられますが、それ以外の地域では支店はありません。

では誰がこの地方銀行を利用出来るのかと言うと、この営業地域内に居住しているかあるいは勤務先がこの営業地域内にある人ということになっています。

このため熊本銀行カードローンの場合も、申込みができるのはこれらに当て嵌まる人ということです。

ですから熊本銀行カードローンを申込もうという場合には、まずは熊本銀行の営業地域を確認して、自分にも申込ができるのかどうかを調べておく必要が有ります。

申込みできない場合には自分の地域の地方銀行を確認してみよう

もし自分の自宅及び勤務先が、熊本銀行の営業地域から外れてしまっている場合には、熊本銀行カードローンを申込むことはできません。

熊本銀行カードローンはWEB上から申込みができますから技術的には日本国内はおろか世界中から申し込むことができますが、実際には申込みができる範囲は限られているということになります。

では自分は熊本銀行カードローンのようなキャッシングは利用できないのかと思ってしまう人もいるかもしれませんが、自分の地域には必ず熊本銀行のような地方銀行が存在している筈です。

そこにはやはり必ずカードローンが用意されています。全く同じと言うわけにはいきませんが、どういったカードローンなのかを確認してみて下さい。

また地方銀行以外にも、信用金庫とか信用組合のような銀行に比べて小規模な金融機関も存在している可能性が有るので、そういった金融機関のカードローンについても、調べてみて損は無いでしょう。

地方銀行のカードローン選びには注意が必要

もう一つ地方銀行のカードローン選びでは注意しなければならない事が有ります。熊本銀行には現在無いようですが、多くの地方銀行では一押しのカードローンだけではなく複数のカードローンの品揃えになっている場合が有ることです。

このためあるカードローンは申込条件の関係で申込みができなかったとしても、他のカードローンは申込みができる可能性が有るのです。

例えば個人事業主の場合申込みができないカードローンが有る反面、金融機関的には利用者として確保しておきたいと言う場合、審査基準を変えて個人事業主でも審査に通過しやすくしたカードローンを用意しているような場合が有ります。

また地方銀行でも一部のカードローンは全国から申込みができるようになっている場合も有ります。

ですから、もし複数のカードローンが有るような場合には、全部を良く調べて、自分が利用できるカードローンを選ぶようにしてください。

自分の使い勝手で利用する金融機関を決めよう
地方銀行と言うのはその地方で地域密着で営業しているので、地域の需要に合わせて便利な金融商品を提供したりしていますから、その地域にずっと住むのであれば、一押しで利用を勧める金融機関と言えます。

しかし、自分は転勤が多く、数年経てばまた別の地方に行かなければならないとか、自分は出張が多くて地域内にいない事のほうが多いというような場合には、全国に支店網を持っている都市銀行のほうが向いているかもしれません。

このように利用する銀行やその金融商品と言うのは自分の使い勝手によって利用するものを決めるようにしましょう。他人が勧めるものを選ぶという方法も有りますが、金融商品と言うのは自分が利用するものですから自分基準で選ぶべきなのです。

ここで熊本銀行のキャッシングについて纏めておきます。

  • 熊本銀行カードローンは普通預金口座が無くても申込みが可能
  • 返済は普通預金口座から口座引落を利用するか直接入金で行う
  • 審査は比較的厳しいので事前にお借入診断で診断してみたほうが良い
  • 熊本銀行は地方銀行の為居住地域や勤務先の場所によっては利用できない場合が有る

どんなに便利なものでも、カードローンは借金ですがら、借入れする場合は本当に必要なお金なのか、必要な場合にはもっと借入額を減らせないか、十分検討してから利用するようにしましょう。

【参考記事】
地方銀行のキャッシングを利用しよう!大手との違いに注意して選ぼう

閉じる
閉じる