どうしても審査に通りたい人向けサイト

レイクは消費者金融じゃない?新生銀行のキャッシングになりました!

レイクと言えば消費者金融を思い浮かべる人が多いでしょうが、実はレイクは現在新生銀行のカードローンのブランド名になっています。

銀行のカードローンと大手消費者金融のキャッシングの大きな違いは総量規制の有無ということになりますが、レイクの場合銀行のカードローンですから、この総量規制は適用になりません。

ではレイクの審査は他の銀行のカードローン並みに厳しくなっているのかと言うと、レイクの金利設定は他の銀行のカードローンよりも高めの設定になっているので、レイクの審査は他の銀行のものに比べて多少緩いと考えられます。

このようにレイクの名前は新生銀行に移りましたが、旧レイクも現在名前を変えて存続しています。

レイクは大手消費者金融でしたが現在は新生銀行のカードローンです

レイクと言えば以前は大手消費者金融の一角を占めていましたが、貸金業法の改正以降経営が傾いて新生銀行が支援に乗り出し、グループ企業になりました。そこで新生銀行はこのレイクをどう利用するかを考えたわけです。

結局新生銀行はレイクのネームバリューを評価し、自分の所のカードローンにこの名前を使うことにしたわけです。現在ではレイクは新生銀行のカードローンのブランド名になっています。ですから消費者金融だと勘違いしないように注意しましょう。

レイクは他の銀行のカードローンに比べると、多少高金利の設定で、どちらかと言うと消費者金融のキャッシングローンと同じ程度の金利になっています。銀行のカードローンでも金利には注意が必要なのです。

新生銀行の戦略

レイクと言う消費者金融は既にありません。でもレイクと言う名前はよく聞くし、街中でも見たことが有るという人も多いともいます。確かに今でもレイクと言う名前は存続しています。

実は現在レイクは新生銀行の提供しているカードローンのブランド名として存続しているのです。

なぜこんなことになっているのかと言うと、ここには新生銀行の戦略が隠されています。

近年行われた貸金業法の改正では次のようなことが行われました。

  • グレーゾーン金利の撤廃
  • 総量規制

グレーゾーン金利と言うのは従来法律間で上限金利の規定に違いが有り、その差の部分をグレーゾーン金利と呼んでいました。当然消費者金融は金利が高いほうが利益が出ますから高いほうに合わせた金利を設定していました。

しかしこのグレーゾーン金利の撤廃で低くせざるを得なくなり、利益が減ってしまったのです。しかも過去に遡って取り過ぎた分の利息の返還に応じなければならなくなり過払金返還として長く経営の足を引っ張ることになります。

また総量規制では収入の3分の1までが融資の上限として規定されましたから従来のように資産状況によっては高額の融資を行うということもできなくなり、これも経営の足かせになってしまったのです。

この貸金業法の改正で消費者金融は大手から中小業者までほとんどの経営が傾いてしまいました。

しかし、この頃銀行は大手消費者金融にカードローンの信用保証業務を委託していましたから、もし委託先の大手消費者金融が倒産するというような事になると、自分の所のカードローンが提供できなくなってしまう状況でした。

このため銀行は大手消費者金融に対して資本を注入して、自分の所のグループ企業にしたのです。このとき新生銀行もレイクに資本注入したわけです。

他の大手消費者金融はグループに入ったとは言っても、それまでと同じように営業活動を続けたのですが、新生銀行の戦略は少々違っていました。

新生銀行はレイクというネームバリューを利用することを考えたのです。つまりこのときレイクという名前は新生銀行に移り、新生銀行のカードローンがレイクという名前になった訳です。

レイクの内容とは?

では現在のレイクはどんなキャッシングなのでしょうか。その仕様を以下に示しておきます。

商品名 レイク
融資額 1万円以上500万円以内
金利(年利) 4.5%~18.0%
返済方式 残高スライド方式あるいはリボルビング方式

申し込みはインターネット経由の他、自動契約機、電話で行うことができます。特に最近普及が進んでいるスマホには専用アプリが提供されており、簡単に申込みができ、しかも時間にもよりますがすぐに審査結果が表示され即日融資が利用できます。

また審査の際は勤務先や自宅のほうに確認電話が行われるので注意が必要です。ただし連絡は担当者の個人名で行われますから、レイクからの電話ということは分りませんので、安心してください。

銀行のカードローンとしては金利が高めになっている

表中の金利に注目してみて下さい。この最高金利を他の金融機関と比較したのが次の表です。

金融機関 キャッシングの最高金利
レイク 18.0%
他の銀行 14%台
大手消費者金融 18.0%程度

このようにレイクは新生銀行のカードローンになったとはいえ、内容的に言えば、消費者金融時代をそのまま継承していると考えても間違いではありません。

銀行の中にも比較的高金利のカードローンが存在するわけです。

ただし適用される金利は利用限度額200万円を境に、それ以内の場合には利用残高で決められるという他ではあまり見かけない決め方になっています。利用限度額が200万円を超えた場合には利用限度額に応じて適用金利が決まります。

新生銀行には他にもカードローンが有る
新生銀行ではレイクの他にスマートカードローン プラスという新しいカードローンの提供を始めました。このカードローンはレイクと同じ500万円までの融資になりますが、金利が最高で14.8%となっておりレイクよりもお得です。

これはやはりレイクの金利が銀行としては高金利になっておりいくらネームバリューが有ったからと言っても、他行のカードローンと比べれてお得な方を選べと言われれば、利用者はどうしても他行に流れてしまう為でしょう。

ただし既にレイクを契約している場合には、新たにスマートカードローン プラスを申込むことができませんから、乗り換える場合にはレイクの方を一旦解約した後、スマートカードローン プラスの申込みを行ってください。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利息は金利だけでは決らない?利息を計算してみよう!

レイクは銀行のキャッシングですから総量規制が適用になりません!

レイクは銀行のカードローンになったことで、他の消費者金融のキャッシングローンと法的に全く違う扱いをされることになっています。

つまり、他の消費者金融が厳しい状況に晒されている、貸金業法がそもそも適用になりません。新生銀行は貸金業者ではなく銀行ですから、貸金業法ではなく銀行法が適用されることになる訳です。

このため例えば総量規制の適用が有りませんから、融資が年収の3分の1までと言う規制が無く、新生銀行の意向で融資額が決められ、概ね現在の上限としては年収の半分程度まで融資される可能性が有ります。

もちろん総量規制が無いからと言って、自分の状況にそぐわないような無謀な借入希望を出すとレイクのほうが審査に落としてしまうことは考えられますので注意してください。

銀行には貸金業法が適用にならない

先程貸金業法の改正でほとんどの消費者金融の経営が傾いたという話をしましたが、その原因の一つが総量規制だと説明しました。しかしこの規定は貸金業法の規定であって、銀行には適用になりません。

そこで次に銀行に適用される銀行法を調べてみると、この総量規制に該当するような規制は有りません。したがって銀行のカードローンの場合には総量規制の適用が無いということになります。

このため、いまや新生銀行のカードローンになったレイクにも総量規制の適用は有りません。実はレイクが新生銀行のカードローンになった時に、他の大手消費者金融からはかなり不満が出ました。

消費者金融の経営の大きな足かせになっている総量規制が無い訳ですから、同じ土俵で勝負するにはあまりにも不公平ではないかと考えたわけですね。

レイクは審査さえ通れば年収の半分程度まで借りられる可能性が有る

総量規制は原則年収の3分の1までしか融資できないという規制です。ではそれが適用にならないレイクの場合には実際どの程度まで融資されるのか気になりますが、もちろんそういった情報は公にはなりませので想像するしかありません。

銀行には法的な規制は無いものの、当然ですが幾らでも貸すというような事は無く、やはり年収に合わせて上限をきめています。その上限は各銀行で違い消費者金融と同じように年収の3分の1としているところも有ります。

しかし多くに銀行では年収の2分の1としていて、大手銀行もやはりこの2分の1になっているようです。ですから大手銀行のカードローンであるレイクも年収の2分の1程度までは融資の可能性はある筈です。

ただし、元々は大手消費者金融であったレイクですから、貸金業法を全く意識しないかと言うとそうはいかない筈で年収の3分の1を超えることはそうそうないのではないかと考えられます。

また現実を考えると、利用限度額と言うのは利用実績による信用によって設定されますから、申込み直後ということになると、年収の3分の1はおろか、100万円ということもそうそうあるものではありません。

そう簡単に高額融資は行われないのです。

総量規制が無いからと言って無謀な借入希望を出してはいけない

また申込時の注意としては総量規制と言う枠が無いことをいいことにして、利用実績も無いのに高額の借入希望をする人がいますが、これはあまりお勧めすることはできません。

カードローンの場合、借入希望額が大きくなっていても、年収や実績などに従って、利用限度額が決められ、高額な借入希望が出されたとしても、結局妥当な線まで減額されて審査に通過させるのが普通です。

しかし、あまりにも高額の借入希望を出してしまうと、この人は自分のことをしっかり把握できない困った人ではないかという疑惑が湧くことになり、減額して審査に通過させるよりも融資を断ったほうが安心できると判断されてしまうかもしれません。

要するに無謀さにために審査が否決になってお金が借りられないということです。

銀行の融資が厳しくなる
最近になって銀行のカードローンを取り巻く環境が厳しくなってきています。銀行のカードローンも利用者の獲得競争にさらされており、意識的に審査を緩くして利用者を獲得してきたことは事実です。

しかしここにきてそういった緩い審査を利用し複数の融資を受けていて、返済できなくなり多重債務者になってしまう人が続出してしまい、銀行業界もそのままにしておくことができない状況になってきています。

そこで法令による縛りができる前に、業界の自主的な規制で、審査を厳しくして、利用者を絞り、融資も貸金業法に倣って年収の3分の1までにするというようなさまざまな規制案が検討されています。

このため近い将来銀行のカードローンの利用はかなり難しくなってしまう可能性が有ります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
希望が高すぎると審査落ち?キャッシングでの融資可能額はどのくらい

レイクの審査は厳しいのか?銀行としては緩めと言われている!

レイクと言う名前は良く知っているが、知りたいのは審査の難易度だという人もいるかもしれません。難易度がどの程度かと言うのははっきりは分りませんが一つの指標になるのは適用される最大金利です。

信用が低いほど金利が高くなるので、先ほど説明したようにレイクの金利が他の銀行のカードローンよりも高く消費者金融のキャッシングローンと同程度と言うことは、審査の難易度もやはり消費者金融に近いということになります。

したがって、この判断に従えば、レイクの審査と言うのは銀行のカードローンとしては緩めということになります。ただしそのことをもって審査に誰でも通るということではありませんから勘違いしないようにして下さい。

審査の難易度は最大金利で判断できる

ローンの審査の難易度はどんな審査基準を利用しているのか公表されませんから、実際のところは分りません。ただ判断の目安に利用できるものが有ります。それはそのキャッシングで設定される最大金利です。

一般的に金利と利用者の信用には次のような関係が成り立ちます。

利用者の信用 金利

そして利用者の信用と言うのは審査で判断され審査が厳しければ信用の高い人しか融資されませんが、審査が緩ければ信用が低くても融資されるということになります。

この関係から成り立つのは審査が厳しいキャッシングでは比較的低金利になり、審査が緩いキャッシングでは高金利になるということです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
自分にとって審査が甘いキャッシングは有る!但し申込者ごとに違う?

レイクは他の銀行カードローンより消費者金融のキャッシングに近い

そこでレイクの金利を見てみると、先程示した表のように銀行のカードローンよりも高金利だということができます。したがって今説明した金利から審査の難易度を判断すると、レイクの場合他の銀行のカードローンよりも審査が緩いと言えるでしょう。

これに対して大手消費者金融のキャッシングの金利と比較した場合、ほぼ同程度ということが分ります。したがってレイクの審査の難易度は、ほぼ大手消費者金融の難易度と同程度と考えることができます。

更に表には示しませんでしたが中小の消費者金融のキャッシングの場合には最大金利が20%と言うところも有り、これらの消費者金融と比べた場合、レイクのほうが審査が厳しいという判断ができます。

一般論と個々の事例は違う

ただし、この話は一般論としていえることで、個々の事例に適用するには少々無理が有ります。審査と言うのは各キャッシングの審査基準で行われ、それぞれ傾向のようなものがある筈です。したがってすべての人に一般論は当て嵌まりません。

その申込者と審査基準の傾向の相性が良ければ一般論でいう厳しい審査でも通過できますが、相性が合わなければ緩い審査でも審査が否決になってしまうことも無いとは言えません。

ですから一般論だけでレイクの審査は緩そうだから申込んでみようと考えても、思い通りにはならない可能性も有るのです。ですから予めそういった点についてしっかり理解しておかなければなりません。

レイクは銀行のカードローンとしては珍しく審査の通過率を発表しています。それによればレイクの審査通過率は44%程度で、要するに半分以上は審査が否決になっているということです。

この数字は他の大手消費者金融よりも多少低いですが、ほぼ同程度と言えるものです。発表にはなっていませんが銀行の場合にはさらに低くなっているらしいので、やはり一般論と同じ結論になります。

しかしそれにしても半数以上が否決になるのですから、他の銀行のカードローンと比較すれば緩いというだけのことで、審査は厳しいと言っても良いかもしれませんね。

審査の難易度は他人の話はあまり当てにならない
インターネット上には実際に審査を受けた人の話が口コミ情報として投稿されているサイトが多数あります。こういったところではそのキャッシングの審査が厳しいとか緩いといった話をたくさん読むことができます。

しかしこの口コミ情報には虚偽の情報が多数含まれているうえに、本当の話であっても他人の経験談が自分にも当てはまる保証など全くないのです。

本文では審査基準と申込者の状況の相性によって審査通過の可能性が変わってくるという話をしていますが、そうであれば相性の全く異なるであろう誰かの話があてにはならないということが分る筈です。

ですから、そういった情報を読むのであればあくまで参考程度と考えて、その情報だけで何かを決めるということは避けましょう。利用したい情報が有った場合には、まったく別方向からの情報で検証してから利用してください。

旧レイクは新生銀行グループの消費者金融として存続している!

ここで一つ疑問に思うことが無いでしょうか。もともとのレイクを名乗っていた消費者金融はどうなったのだろうという疑問です。

新生銀行に吸収されてしまったのかと考える人もいるかもしれませんが、実は現在でも大手銀行系消費者金融として存続しています。

レイクと言う名前は新生銀行に移りましたから、金融商品としてレイクと言う名前は使っていませんが、今でも独自のキャッシングの提供を行っており、従来からの利用者も残っているものと思われます。

こういった複雑な関係ができている為、旧レイク時代に生じた過払金などはレイクと名乗ってはいますが、新生銀行に請求するのではなく、旧レイクのほうに請求することになるので十分注意しなければなりません。

旧レイクも大手消費者金融として存続している

ここまで新生銀行のカードローンになったレイクについて説明して来ました。では要するに新生銀行がレイクという消費者金融を飲み込んでしまったのかと考えがちですが、じつはそうではありません。移ったのは名前だけです。

では消費者金融自体は消滅してしまったのかと思うかもしれませんが、これが残っているのです。

現在はレイクと言う名前こそ名乗ってはいませんが、消費者金融自体は新生銀行のグループ企業として存続しているのです。

そんな話は聞いたことが無いと言う人もいるでしょう。確かに他の大手消費者金融のようにコマーショルもあまり流していませんから聞かなくなってしまったのですが、現在でも大手消費者金融の一角にしっかり残っているのです。

旧レイクも独自のキャッシングを提供しているがあまり知られていない

もちろん消費者金融ですから新生銀行のものとは別のキャッシングを提供しており、いうなればこっちのキャッシングのほうが正当なレイクの後継にあたるものと考えることもできます。

こちらのキャッシングは利用限度額が300万円までとなっており適用金利は9.0%~18.0%で現レイクよりも利用限度額が低く、他の大手消費者金融のものと比べてもかなり少額な融資に徹しているようです。

金利は最高で18.0%ですからレイクとそれ程審査の難易度的には違わないのではないかと考えられます。そもそも現レイクの保証会社はこの旧レイクが行っているのですから、審査内容も似通っていると考えられます。

旧レイクがあまり宣伝していないところを見ると、要するに現在の業務はこのキャッシングと言うよりも、新生銀行グループ内で信用保証業務を行うことに軸足を置いているのではないでしょうか。

レイクの過払金請求は旧レイクのほうに行う

さてここでちょっとややこしい話が有ります。最初の方で消費者金融の経営が傾いた話をしました。その時にグレーゾーン金利の撤廃によって過払金の返還をしなければならなくなったことを説明したと思います。

当然ですが旧レイクにも過払金が存在しています。そこでその当時の利用者は返還請求をしたいわけですが、レイクと言う名前が移動してしまっているのでどこに請求すべきか分らなくなってしまいました。

銀行になってもレイクはレイクだから新生銀行に請求すると考える人が多いでしょうが、実はこの過払金請求は新生銀行に対して行っても返還されません。当時の記録を持っているのはあくまで旧レイクなのです。

したがって、レイクに対する過払金請求は、いまはレイクではない消費者金融に対して行う必要が有ります。

この辺の事情を知らずレイクに請求している人も結構いるので注意しなければなりません。

ただし旧レイクの過払金請求への対応は非常に良く、他ではなかなか応じてもらえない場合が多い中、大変迅速に処理されます。以前レイクを利用していた人はなるべく早めに過払金請求を行ってください。

銀行と消費者金融の関係とは
銀行と消費者金融は以前は銀行がもっとも信用できる企業の代表であり、消費者金融はその対極にあるような会社と捉えられていました。

しかし銀行は長い間お金を貸すのに担保と保証人を要求しており、消費者金融が無担保保証人無しのキャッシングで業績を伸ばしているのを無視して来ました。

しかし利用者が無視できないほど増えてきたことから、銀行も無担保保証人無しのローンを始めようと考えたわけです。

しかし銀行はそれまでそんなローンの提供をしてこなかったために、このローンの最も重要な部分である信用保証のノウハウを持っていなかったのです。

したがって、そのままではこの分野への参入ができないため、奇策に打って出ます。それまで銀行の対極と言われてきた消費者金融に信用保証業務を委託したのです。

現在でも消費者金融が銀行のグループに入ってしまった事を除いて、この構造自体は変わっていません。

ここでレイクのキャッシングについて纏めておきます。

  • レイクは消費者金融から新生銀行カードローンのブランド名になった
  • レイクは銀行のカードローンのため総量規制が適用されない
  • レイクの審査は他の銀行のカードローンよりも緩めで大手消費者金融と同程度
  • 旧レイクも新生銀行グループ内の消費者金融として存続している

レイクは他のキャッシングに比べて面白い歴史を歩んでいますが、借り入れをする際には歴史ではなく自分の使い勝手をよく考えて選ぶようにして下さい。

【参考記事】
通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

閉じる
閉じる