どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシング利用が賃貸契約の審査に影響?保証会社によって影響有り

賃貸住宅の契約のためには保証会社の審査に通過しなければなりませんが、審査と言って気になるのがキャッシングの滞納など信用情報に問題が有る場合ですが、賃貸の審査ではこの信用情報は利用されずこれが原因で審査否決にはなりません。

ただし賃貸とキャッシングの保証会社が同じと言う場合には、信用情報は参照されなくても利用者の情報を判断に利用できることになるので、キャッシングで問題が有れば賃貸の審査でも否決になってしまう可能性が有ります。

また最近賃貸契約と同時にクレジットカードの契約も行うように促される場合が有りますが、この場合安易に申込んでしまうと信用情報が参照されることになるので、賃貸の方の審査にも影響が出る可能性が有ります。

賃貸契約の審査には信用情報は利用できない!この点契約に影響なし

賃貸契約を交わす場合、昔は保証人などが必要でしたが、なかなか見つけるのが難しい人も多く、保証会社に依頼して保証してもらうようになりました。この保証会社の審査では以前は信用情報を参照したりして行っていました。

このためキャッシングの利用で何らかの問題が有った場合には保証できないということになったのですが、最近では賃貸の保証のための審査では信用情報は参照されなくなったため、キャッシングの利用で問題が有ったとしても影響は出ません。

そもそも賃貸契約の審査と言うのはお金の貸し借りのためのキャッシングのような厳しい審査というものは行われておらず、申込時に収入が無いなどの大きな問題が無ければ、比較的簡単に通過できると考えられます。

以前は賃貸契約でも信用情報が参照され契約に影響した

賃貸契約を結ぶ場合、家賃の支払いが滞った場合に備えて、以前は保証人を用意しなければなりませんでしたが、次第に保証人を引き受けてくれるようなお付き合いが少なくなってしまい賃貸契約に支障が出るようになりました。

そこでキャッシング等と同じように家賃の支払いを保証するような保証会社を利用することによって賃貸契約するようになったわけです。

しかし保証会社も支払いが滞るようでは困りますから、申込者の審査を行って、家賃の支払いが見込める人でなければ契約してくれません。

キャッシングの審査の場合には申込者が信用できるかどうかを判断するため、金融機関間で利用者情報を共有するための信用情報と言うデータベースを利用して、過去の金融取引で問題になるようなことが無かったかを確認しています。

保証会社と言うのはこのキャッシングでもやはり保証業務を請け負っていますから、審査においてはこの信用情報の利用ができるわけです。

このため賃貸契約の審査でもかつては同じように信用情報が参照されて、問題が有れば審査結果に影響が出てしまい、賃貸契約ができなくなる場合も有りました。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
カードローン保証会社審査って何?保証会社が違えば難易度も変わる!

現在は賃貸契約で信用情報を参照できなくなっている

しかしその後、信用情報と取扱いというものがより厳しくなってきており、そもそも金融取引での利用を想定して作られた信用情報を賃貸契約で利用するのはおかしいのではないかという議論が進むことになりました。

このため現在では保証会社と言えども賃貸契約の審査では信用情報の参照は難しくなり、信用情報無しで審査を行うようになっています。

このため信用情報に例えばローンの返済が滞ったと言うような情報が含まれていたとしても賃貸契約には影響することは無くなりました。

したがって、自分は最近キャッシングの申し込みをしたけれども審査に落とされてしまったから、賃貸契約も難しいのではと思っている人の場合でも、諦めてしまう必要はありません。

賃貸契約の審査ではキャッシングのような厳しい審査は行われない

住宅と言うのは無くてはならないもので、そもそも自分の住むところが無くなっては困りますから、家賃と言うのはそう簡単に滞納するようなことは無く、とにかく家賃だけは支払おうと考えるのが普通です。

ですから、賃貸住宅の契約のための審査と言うのは、キャッシングなどのローンの審査よりも一般的に言って厳しくは有りません。家賃の支払いを行えるだけの経済基盤が有れば、それ程問題なく審査には通るはずです。

もちろん安定した収入が有ったとしても、月収20万円の人が家賃30万円の賃貸住宅の契約を申込んだとしても、審査には通りません。

しかし自分の収入に見合ったところであれば、そう心配する必要はありません。

賃貸契約を成功させるにはそのあたりの見極めが大切でしょう。

持ち家と賃貸どっちを選ぶ
住宅選びでまず考えなければいけないのが持ち家にするのか賃貸を利用するのかと言う点でしょう。ただし、持ち家といっても結局住宅ローンを利用するのが普通ですから、家賃と同じようにずっとお金を支払っていくことが普通です。

したがって生活するにはそれ程の違いが出てくるわけではなく、考え方としては、自分の生活に合った家に換えていくことができる賃貸のほうが良いと考える人も最近では増えてきています。

しかし高齢化社会を迎えて、高齢者になる頃はローンの支払いが終わりますから、老後に家賃の心配がない持ち家のほうが良いと考えている人も少ない訳ではありません。

結局自分は何を重視するかによって選択は違って来る事になりますが、年金の支給がこれから先不透明になっている現在では老後のことをよく考えて選ぶ必要は有るでしょう。

賃貸契約は保証会社の同意が必要!キャッシングと同じ場合は影響有り

このように賃貸契約では保証会社の同意が必要なのですが、保証会社と言うのは賃貸契約だけではなくキャッシングの保証もしている場合が有ります。このため問題のあったキャッシングの保証会社と同じ保証会社と言う場合は問題が有ります。

この場合保証会社は自分の所の顧客情報を参照すれば、信用情報を頼らなくても、過去に問題が有ったということが分ってしまう為、問題の内容によっては、審査を否決にしてしまう可能性が無いとは言えなくなります。

そういった状況にならないためにも、やはり日頃のキャッシングの利用でも、借りては返すという適正利用を行い、 滞納などの問題を起こさないようにしておくことが大変重要なことになると言えるでしょう。

賃貸契約では家賃の支払い保証の為保証会社の同意が必要

賃貸契約と言うのは先ほど説明したように保証人を用意する代わりに保証会社が保証するため、不動産会社などの賃貸住宅の管理会社が賃貸契約を行うには保証会社の同意が必要になり、保証会社の審査通過が前提になります。

保証会社は借主が家賃の支払いができなければ、それを保証しなければなりませんから、そういったことを避けるために審査を行うことになります。

この審査では主に次の2点が確認されることになります。

  • 家賃の支払い能力
  • 申込者の信用

先ほど説明したように家賃が支払えるだけの収入が有れば、まず問題は有りません。しかし信用についても信用情報は利用できませんが、できる範囲で確認が行われ、あまりにも問題が有れば審査を否決する可能性はないとは言えません。

キャッシングと同じ保証会社を利用する場合には利用状況が影響する

特に注意が必要なのは利用中かあるいはかつて利用していたキャッシングなどのローンの保証会社と同じ会社が賃貸契約の保証会社になっている場合です。

この場合信用情報が参照できなかったとしても、自分の会社の利用者ということで顧客情報として、キャッシングなどの返済情報を持っていて、問題が有れば要注意人物と分類されている可能性も無いとは言えません。

このためもし賃貸契約の保証会社が、そういったかつて利用したことが有るようなところの場合には、キャッシングなどの利用中に何か問題を起こしていないかということをしっかり思い出してみる必要が有るでしょう。

もし気になる事が有るのであれば、予めそういった危険を回避する意味でも、別の賃貸住宅を探してみたほうが良いでしょう。

キャッシングの返済をしっかり行っていれば別に問題は無い

ただし、これは何らかの問題が有った場合の話であって、この顧客情報は逆に作用することも有るので、使ったことのある保証会社をとにかく敬遠しておこうなどとは考える必要はなく、積極的に利用を考えてよい場合も有るのです。

顧客情報と言うのは問題のある情報だけを記録しているものではありません。金融機関や保証会社と言うのは、当たり前の話ですが優良な顧客程歓迎してくれます。つまり優良だという情報も分かるようになっているわけです。

そういう人が再度何らかの保証を求めて申込んで来れば、優良顧客ですから、審査でも評価は高く確実な審査通過が見込めます。

このように顧客情報と言うのは厄介な面も有るのですが、キャッシングなどの利用を適正に行っていれば、逆に強い味方になることも有るので、そういう意味でもキャッシングの返済はしっかり行っておくことが重要になるのです。

キャッシングの審査は実質保証会社の審査
キャッシングと言うのは金融機関がお金を貸すわけですが、金融機関はお金が返ってくるという前提が無ければ貸してはくれません。このためかつてはローンを利用するような場合は、担保や保証人を要求されました。

返済できなければそういった担保や保証人を使ってお金を取り戻すということです。しかしそういった担保や保証人を用意できない人でもお金が必要になるため、それに代わる方法として保証会社が保証するという方法が使われます。

したがってもし返済が行われなければ金融機関には保証会社が保証しますから損失は金融機関ではなく保証会社が背負います。

このためキャッシングの審査とはいっても、実質的な審査と言うのは金融機関と言うよりも保証会社が行っているのです。

賃貸契約と同時にクレジットカードの契約を迫られる場合は要注意!

賃貸契約の審査ではもう一つ注意しなければならない事が有ります。最近賃貸契約をしたことがある人は分るかもしれませんが、賃貸契約と同時にクレジットカードの契約を勧められることが良くあります。

しかしクレジットカードの場合にはキャッシング枠の設定も有るので信用情報の参照が行われます。このため例えばキャッシングで問題が有ったということが分ればクレジットカードの契約ができなくなる可能性が有ります。

もしクレジットカードの契約ができないということになると、保証会社のほうも、直接信用情報の参照を行わないと言っても、間接的に何らかの問題があるということが分り、賃貸契約の審査を否決にする可能性が出てくることになります。

最近賃貸契約時にクレジットカードの申込みを勧められることが有る

このように賃貸契約では注意が必要な部分は有りますが、そう問題視されるようなことはありません。しかし、最近の賃貸契約では賃貸以外にクレジットカードの申込みを同時に勧められることが良くあると言われています。

もちろんクレジットカードを申込むかどうかについては自分の判断次第ということになりますが、賃貸契約を申込んだ席で勧められたのでは、勢いで申込んでしまう人も多いはずです。こういう場合は本当に必要なのかよく考えて申し込んでください。

このクレジットカードの申込みを勧めるというのは、単にクレジットカードの利用者を増やしたいと解釈することもできます。

しかし保証会社が賃貸契約に際して信用情報の参照ができない事から、クレジットカードを利用して審査に使っていると、うがった見方もできます。

クレジットカードの審査では信用情報が参照される

そこで、もしクレジットカードも同時に申込みをしたとしたらどうなるのか考えてみましょう。クレジットカードと言うのはれっきとした金融取引ですから、クレジットカード申込時には堂々と信用情報を参照することができます。

したがって、この場合過去にキャッシングの利用で返済の滞納など問題が有った場合には、クレジットカードの審査での評価も非常に悪くなってしまうことになり、審査に通らないというような場合も出てくることになるでしょう。

もちろんそういった問題が無くキャッシングも適正利用を続けているということであれば、逆に評価が上がることは言うまでも有りません。

このようにクレジットカードの審査では信用情報が大きな意味を持っているわけです。

クレジットカードの審査が通らなければ賃貸契約もできない可能性有り

では賃貸契約の可否をクレジットカードの審査結果が出た後に行うようにした場合、クレジットカードの審査が否決になった後、保証会社は何もなかったかのように賃貸契約の審査に通すものでしょうか。

クレジットカードの審査が通らない場合、信用問題かどうかはともかく、何らかの問題が有って利用させないということですから、賃貸契約の審査もそれに倣って否決にすることは十分考えられることです。

このように、うがった見方をすれば、賃貸契約の保証会社は、直接信用情報を参照をせずにクレジットカードの申込みを利用することによって、間接的に信用情報を利用していると解釈できない事もない訳です。

クレジットカードは別途申込みをすればよいことですから、賃貸契約の時は勧められたとしても、申込まないほうが良いかもしれませんね。

クレジットカードは2枚で十分
最近では何かにつけてカードが用いられ、しかもそれにクレジットカードがのっている場合も有り、だいたいの人が複数枚のクレジットカードを持つようになって来ています。しかし本当に何枚もクレジットカードが必要なのでしょうか。

クレジットカードを利用するには利用先のお店が提携店になっている必要が有ります。全てのお店で利用できるわけではありませんから、複数枚あればそれだけ利用できる確率は上がるということができます。

しかし実際には種類の違う2枚のクレジットカードが有れば十分と考えられています。ただし海外に行く場合には、その国に強いクレジットカードが有りますから、その時点でそういったクレジットカードを調べて作ってくことも必要でしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
クレジットカードを多数持つとキャッシングで審査落ち!何が問題なの

家賃が支払えなければ問題あり!キャッシングの返済も考慮が必要

先ほど説明したように賃貸契約の審査と言うのはそれほど厳しくは無く多くの場合には契約に至ります。しかしそうであればこそしっかり家賃が支払えなければならない訳ですから、予め自分に支払って行けるかをよく計算してみましょう。

ここでの説明を参考にしている人の場合、キャッシングの利用者ということが考えられるので、キャッシングと家賃の支払いを別々に考えるのではなくキャッシングの返済の上に家賃の支払いが重なるという前提で考える必要が有ります。

また家賃の支払いはちょっと厳しいが足りない分はキャッシングを利用して支払うお金を用意すれば良いと考えるようなことは止めましょう。家賃の支払いが厳しいというのはその物件は自分の収入には合っていないと考えるべきです。

賃貸契約の前に支払えるかどうかを計算してみよう

キャッシングであれば返済があるように、賃貸であれば家賃の支払いがあり、契約したのは良いが、後々家賃の支払いが苦しくなって支払えなくなってしまうと、折角借りた賃貸住宅も退去しなければならなくなってしまいます。

そこで必要になってくるのが自分に家賃を支払っていくだけの余裕が有るのかどうかと言う点でしょう。賃貸契約の審査では保証会社がそういった経済力を見極めて可否を決めますが、例え審査が可決したとしても本当に支払える保証はないのです。

そこで賃貸住宅を探す場合には事前に自分は幾らまでなら家賃を支払って行けるのかを計算してみることから始めてみましょう。そのためには月々自分にどの程度の余裕があるのかを見極めておく必要が有ります。

そこでまず自分の余裕を次の計算式を使って計算してみましょう。できれば月々過去1年分程度計算してみて下さい。

余裕 = 収入 - 支出

この余裕をすべて家賃に使ってしまっては、いざと言う時に何も買えなくなってしまいますから、どの程度まで家賃に回すことができるのかよく考えて、希望する家賃を決めるようにしましょう。

家賃とキャッシング利用の兼ね合いが重要

ただし、ここでお話ししているのはキャッシングを利用して何らかの問題が有る信用情報が賃貸契約の審査に影響するのかという話ですから、当然キャッシングを利用しているという前提に立っています。

そこで余裕を計算する時点で、キャッシングの返済についても考慮しておかなければなりません。

自分の余裕をどのように使うかは自分で決めて構いませんが、家賃は支払えなければ追い出されてしまいますから、キャッシングの返済が大きくなる可能性が有るのであれば、予めそれに合わせてちょっと安めの家賃の賃貸住宅を見つけましょう。

もちろん賃貸住宅ですから、収入が増えたら、また借り換えをすればよいだけのことです。賃貸住宅を選ぶのであれば、そういった手軽さを有効に使いたいものです。

キャッシングで家賃を支払うのは止めよう

中にはキャッシングが利用出来るようになったので、その借入れで良い住宅に引っ越そうと考える人もいるようです。もちろんたまに遣り繰りがつかなくて家賃の支払いをキャッシングを使って行うというのは問題はありません。

しかし毎月借入れることを前提にして高額家賃の住宅に引っ越そうというのは止めておきましょう。家賃と言うのは最も基本的な支出です。それを支払う前提がキャッシングで借りたお金と言うのは問題です。

借りたお金と言うのは翌月以降順次返済して行かなければなりません。要するに結局支払うことに変わりは有りません。しかも利息も付けなければならないので差し引き損失です。それを長く続ければ大きな損害ということができるでしょう。

自分のお金の管理をしよう
自分に余裕がどのくらいあるのかを考えるようなときに必要になるのが、自分の収入と支出がいくらなのかということです。

そんなのすぐに分かるという人もいるかもしれませんが、給与明細が有るので収入は分っても支出は分らないと言う人は多いはずですし、中には様々なアルバイトを掛け持ちして収入もはっきりわからない人もいるかもしれません。

しかし、本文で説明しているように自分にいったいどの程度の余裕が有るのかを知ることは場面によっては大変重要なことです。

そこで自分の収入なり支出がはっきりわからない人は今日からでも自分のお金というものの管理を始めましょう。

管理と言っても難しいことではなく、単に家計簿を作ればよいのです。家計簿と言う言葉に抵抗感が有るのであれば小遣い帳でもかまいません。

最近ではネット上で管理できるサービスも提供されているのでそういったものを利用するもの良い考えです。

ここでキャッシング利用の賃貸契約への影響について纏めておきます。

  • 賃貸契約には信用情報は利用できないのでキャッシングでの問題が影響することはない
  • キャッシングと同じ保証会社の場合にはキャッシングでの問題が影響することが有る
  • 賃貸契約と同時にクレジットカードの契約を勧められた場合にはクレジットカードの審査経由で信用情報が影響する可能性が有る
  • 家賃の支払いはキャッシングの返済も発生することを加味して可否を検討する必要が有る

賃貸契約は数年ごとに契約の更新が有り、その都度保証会社も審査をやり直す可能性が有るので、家賃の支払いなどで問題にならないように十分注意してください。

閉じる
閉じる