どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシング審査は嘘で借入可?勤続年数や他社勤務と偽っては駄目!

キャッシングには審査が有り、これが通過できなければ利用するることはできません。

審査では申込時の記載情報などをもとに返済されるかどうかについて様々な基準を設けて確認が行われますので、申込み情報に嘘の記載をする人がいます。

しかし審査は厳格に行われるもので、多くの場合は嘘の記載が有れば審査中に発覚してしまう為、大きく信用を失うことになり、審査が通らないどころか、長期にわたってローンの利用ができなくなることも有ります。

嘘の内容としては収入が安定していないにもかかわらず安定性を騙ったり、勤務もしていない他社勤務の社員を騙ったり、勤続年数を偽ったりすることが多いようですが、これ等は審査で殆ど隠しておくことはできません。

キャッシングの申込み情報が嘘だったら!審査通過で借入可能?

キャッシングの利用の前提になるのが審査通過です。審査は貸したお金が本当に返済されるかどうかと言う視点で行われるため、信頼性が高く安定した収入が有るかどうかで評価が変わってきます。

このため審査通過を狙って自分の社会的信頼性や収入の安定性を高く見せる為に、申込時に申告する情報で嘘を記載してしまうという人も出てきます。

しかし審査中にもしその嘘が発覚してしまうと、当初は記載ミスなどが疑われ、金融機関との間でやりとりが行われることも有りますが、場合によっては大きな否定的な評価になってしまうことも有ります。

金融機関の考え方にもよりますが、悪意が有ると判断されてしまうと、当然ですがキャッシングの審査に通過することはできません。十分注意して意図的に嘘などつかないように、さらに言えば記載ミスなどないようにして下さい。

申込み情報でなぜ嘘の申告をする人がいるのか

キャッシングの申込みでは、たまに申込み情報に嘘の記載をする人がいます。こういった人は何を目的にして嘘をついているのかと言うと、当然ながら審査で有利な結論を引き出すことです。

申込み情報には希望する借入金額などの他、自分の勤務先や年収なども記載しなければなりません。この情報によって金融機関側は審査を行うことになるので、この記載を変えることで、金融機関の評価も変わると考えているわけです。

この前提としては金融機関が申込者の情報を得る方法が申込み情報以外に無いという考えが有り、嘘をついたところで、金融機関側には分らないだろうという安易に考えている人がいるということがあります。

特に収入が安定していなかったり、勤務先が零細企業というような人が安易に嘘をついて申込みを行う傾向が有ります。

審査で嘘が発覚したらどうなる

審査と言うのは金融機関がお金を貸すに際してそのお金を本当に返して貰えるかどうかを見極めるために行うものです。

その審査に嘘の情報を申告されると、金融機関は正常な判断ができなくなって、本来は融資してはいけないような人に融資してしまうことになりかねません。

このため審査では申告された情報が信頼できるものかどうかの確認も行われることになります。

ではこの審査中に申込み情報に嘘の情報が含まれていることが分った場合にはどうなるのでしょうか。金融機関としてはすぐには悪意が有るとは疑わず、情報の記載ミスを疑って、申込者のほうに確認が行われることもあります。

悪意が無いということが分れば、申込み情報を訂正したうえで、審査通過の可能性も残ります。

悪意が有ったということになると、審査での印象は非常に悪くなってしまいます。

悪意が有る場合は審査通過はできなくなる

金融機関の考え方にもよりますが、悪意が有って申込み情報で嘘の申告をしたと判断されてしまうと、そういう利用者にお金を貸すようなお人好しの金融機関は有りませんから、審査通過は見込めなくなってしまいます。

金融機関と言うのはお金を貸してその返済と同時に付けてもらうことになる利息が利益に繋がります。したがって本来は融資をしなければ、業績を上げることができません。

しかしもし貸したお金の返済自体をしてもらえないということになってしまうとその分が損失になってしまうため、審査と言うのは金融機関の命綱ということになるのです。

そこで嘘をつかれたら審査の信頼性は根底から覆ってしまう訳ですから、嘘は非常に印象が悪くなり、信頼は一気に崩れてしまうことを忘れてはいけません。

審査では何が行われているのか
キャッシングでも他のローンでも同じですが審査と言うのは審査基準というものが有り、それを満たしているかどうかと言う視点で行われます。

しかしこの審査基準は公開されませんから、具体的にどういうことが行われているのかはわかりません。しかし概ねどういうことが行われるのかは想像することができ、次のようなものが挙げられます。

  • 申込者が本人であるという確認
  • 申込者に返済能力が有るかどうかと言う確認
  • 申込者が信頼できるかどうかの確認

金融機関は長い歴史の中で、時には嘘の情報に騙されたりして、審査基準を作り上げてきたため、審査は非常に巧妙に行われており、これ等の確認が様々な方向から行われることになります。

審査で嘘はバレるものなの?金融機関の審査を侮ってはいけない!

審査で嘘がバレなければ問題は無いだろう、申込み情報で判断するんだから、気を付けていれば分る筈はないと考えてしまう人もいるでしょう。しかし審査というものは申込み情報だけで行われるわけではありません。

また審査中には実際に金融機関側から勤務先に対して、本当に在籍しているのかと言う電話確認が行われるため、嘘をつくのであれば、勤務先自体を用意する必要も有り、嘘を通すことはそう簡単にはできず現実的ではありません。

金融機関と言うのは、これまで様々な申込みに対して審査を行っていますから、嘘を言っても、そう簡単に騙すことはできません。プロの審査というものはそんなに甘いものではないのです。侮ってはいけません。

審査は申込み情報だけで行われるのではない

申込者の中には審査は先ほども説明したように申込み情報に基づいて行われると考えている人もいるかもしれませんが、金融機関は申込み情報をそのまま信じるというようなことは有りません。

実際には別の情報で申込み情報を確認しています。別情報には次のようなものが有ります。

  • 信用情報
  • 当該金融機関の顧客情報

まさか以前から利用している金融機関で嘘の情報を使って申込みはしないでしょうから、嘘が発覚するとすれば信用情報からと言う可能性が高くなります。

信用情報というのは利用した金融機関が顧客との金融取引情報を入力しておき、他の金融機関のローン申込時などに信頼できる人物かどうかの判断に利用出来るようになっている、一種のデータベースです。

この中に格納されている情報と申込み情報が矛盾していれば、どちらかが間違っているということになって、金融機関は嘘を言っていると疑うことになる訳です。

信用情報とはどのようなものか
信用情報は各金融機関を利用した人の取引情報が格納されていますが、もう少し詳細に言うと次のような情報が格納されています。

  • 本人情報
  • 金融商品の申込み情報
  • 金融商品の契約内容情報
  • 各種の支払情報
  • 金融商品の利用記録
  • 金融商品の事故記録

例えば本人情報には氏名のほか、勤務先や配偶者名なども格納され、例えば何らかの金融商品の申込みを行う時に勤務先を偽ったとしても、この情報を確認すれば、少なくとも食い違いが有るということが分ってしまうことになります。

また申込みで嘘の記載が有ったということは事故記録の中に格納されることになります。

在席確認も行われる

審査ではさらに申告された勤務先に対して、電話連絡が行われ、申込者が実際に在籍していることの確認が行われることになっています。

この確認のことを在席確認と言って、申込者からは周囲にキャッシングの利用がバレるのではないかと嫌われています。

もし申込み情報の申告で勤務先を偽っていたら、この在籍確認が行われればすぐに嘘だということが分ってしまいますから、もし嘘をつくのであれば、偽の勤務先を作っておいて在籍確認電話に備える必要が有ります。

また勤務先に連絡がつかないように実際にはない電話番号を書いておくという方法を考える人もいるようですが、連絡がつかなければ在席確認が行えないため、その時点で審査は中断してしまい、最終的には否決になってしまいます。

金融機関の審査はそう甘くなく嘘はバレてしまう可能性が高い

結局金融の世界では金融機関と言うのは個人の利用者よりも一枚も二枚も上手で、審査というものはそう甘い訳が無く、申込者が自分に都合のよいように嘘の申告をしたとしても、そんな嘘はすぐに分かってしまうでしょう。

ですから審査に通るか通らないかは別にして、嘘をついたというような情報を信用情報に残さないように、申込み情報は正直に申告すべきです。安易に考えていると、大きく信用を失う事に繋がってしまうでしょう。

嘘をつかなければ自分ではお金が借りられないというのであれば、金融機関を騙すことを考えるのではなく借りないで済む方法を考えるべきで、必要が有れば公的な貸付制度や生活保護などの利用を考えるようにしましょう。

どういった嘘が使われるの?他社で勤務と偽ったり勤続年数を偽ったり

キャッシングの審査を潜り抜けるために使われる嘘と言うのは、審査を有利にする為の嘘で、通常は収入の安定性を装って、審査通過の狙うというものになります。例えば一番簡単な方法は収入額を偽ることです。

また直接収入には触れなくても、収入の安定性を示すことを狙った嘘も有ります。例えば金融機関から見ると経営の安定していないような零細企業よりも、上場しているような一流企業勤務を装えば評価が上がることになります。

また企業を偽るのではなく、勤続年数を実際よりも長いと偽って、生活の安定性を示すという場合も有ります。勤続年数が非常に長ければ一流企業勤務でなくても審査ではある程度の評価が得られると考えるわけです。

基本は収入の安定性を装うため

嘘をつかなければならないとするとそれは収入の安定性に問題が有る場合と言うのが普通です。自分の収入が不安定と言う場合も有りますが、勤務先の経営が不安定と言う場合もやはり、審査での評価が下がってしまいます。

そこでよく使われる嘘としては、自分の収入で嘘をつくことです。具体的には実際の収入よりも多く見せるというもので、年収を偽って申告するわけです。年収200万円のところを300万円と申告すれば審査では有利でしょう。

しかし申込みでは収入を証明する書類の提出が要求される場合が有るため、収入を偽るのであれば証明書類の偽造が必要になります。

しかし金融機関はプロですから、素人が作る偽造書類などすぐに見破ってしまうでしょう。

一流企業など他社勤務と偽る

また自分の勤務先が零細企業と言う場合には、上場しているような一流企業のような安定した経営の他社に勤務しているという嘘を申告する場合も有ります。こうすれば安定した経営で収入も保証されていると判断され審査で評価が上がる訳です。

しかし、これも先ほど説明したように在席確認が行われますから、そう簡単に嘘をつきとおすことはできません。すぐに分かってしまって、不信感を抱かれるのが落ちで、審査での信用は崩壊してしまうでしょう。

結局、勤務先は正直に申告するしかないのです。それでも貸してくれる金融機関を見つけて、貸してくれる範囲で借り、徐々に信用を上げていくのがキャッシングとしてはもっとも堅実な利用方法になるのです。

勤続年数を偽る

もう一つ利用される嘘が勤続年数を偽ることです。最近では年功序列が崩壊してしまって、転職するのも別に珍しいことではありませんし、より自分を高く評価してくれるところに数年おきに転職していく人も珍しくありません。

しかし金融機関の評価では勤続年数が少なくとも3年程度以上なければ、簡単には信用してくれません。このためキャッシングで高評価を狙うために勤続年数で嘘を申告して、長く勤務していると装う人が出てきます。

しかしこれも金融機関が調べればすぐに分かってしまうことで、隠しておくのは難しいでしょう。

ただし、現在のように転職が多くなってくると勤続年数で信用を評価する方法はもはや時代遅れで、はっきり言えば、こういった審査を行うのは理不尽と言えるでしょう。

金融機関によっては勤続年数が1年未満では無理ですがそれ以上あれば問題視しない場合も有るので、今後は評価方法も変わってくるのかもしれません。

金融機関の考え方は保守的
本文で説明している勤続年数による評価のように、金融機関の考え方と言うのは大変保守的なもので、既に時代錯誤に感じるような事もいろいろと残っているようです。

例えば金融機関には担保と言う考え方が有りますが、日本における担保でたいへん好まれるのが不動産です。バブル崩壊前は不動産神話というものが有って、不動産の価格は絶対に下がらないと言われていました。

そこで金融機関は好んで不動産を担保にしてお金を貸していましたが、バブルの崩壊で不動神話も崩壊し、今では不動産価格も大きく下がることがあるという認識が広がっています。

しかし現在でも不動産担保ローンというものは存在していて、大きな融資が行われています。つまり従来の考え方らら抜け出せない訳です。

また高齢化社会がここまで進んでいても、いまだにキャッシングの申込みができる年齢としては65差程度になっているものが多数を占めています。

このように金融機関の考え方と言うのは非常に保守的で、キャッシングの審査でもなかなか時代に即した新たな評価基準というものは取り入れられずにいます。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
短い勤続年数ではキャッシング審査に不利?信用評価は確実に下がる!

嘘は将来にも大きく影響する!申込み情報では正直に申告しよう

嘘をついて申込むような人は、もしバレたら別の所を申込めば良いだろうと安易に考えている人が多いのですが、実はそういった安易な考えは通用せず、嘘を言って申込んだということは他の金融業者にも伝わってしまいます。

このため暫くの間は、どこに行っても融資の利用は出来なくなってしまうでしょう。また嘘をついて申込みをしたキャッシングを提供している金融業者には、記録が半永久的に残ってしまう為、二度と利用はできないはずです。

生活を営んでいくには時としてお金を借りる場面が出てくるものですが、嘘をついたことによって、そういった場面で融資が受けられず窮地に陥ってしまうことも有るかもしれません。嘘の代償は非常に大きいのです。

嘘をついて申込みをした情報は残ってブラック扱いになる

では嘘をついてバレてしまって審査に否決になった後はどうなるのでしょうか。嘘をついて申込んだわけですから、これは立派に金融事故扱いになります。金融事故を起こした人は金融業界では要注意人物となり信用情報に記載が載ります。

信用情報は説明したように他の金融機関と情報を共有するために利用されるものですから、嘘で審査が否決になったから、別の所に申込もうと考えて他のキャッシングを申込んだ場合、この信用情報の記載が確認されることになります。

そうすると、新たな申込先の金融機関では、金融事故を起こした人と言う認識を持つことになり、要注意人物と言う理由で審査には通しません。

結局この金融事故情報が信用情報中に残っている間は、どこの金融機関に行っても、審査に通すところはありません。この状態をブラックと言い、キャッシングだけではなく住宅ローンを始め他のローンの利用もできなくなります。

申込みをした金融機関は永久に使えない?

信用情報内の情報はこの場合5年で削除されますが、問題はこれでは終わりません。もう一つ残っている記録が有ります。それは嘘で申込んだ金融機関の顧客情報です。この顧客情報には要注意人物と言うレッテルが貼られています。

では顧客情報と言うのはいつまで残るのでしょうか。実はこの顧客情報は半永久的に残ると言われています。したがって嘘で申込みをしてしまった金融機関と言うのはキャッシング以外でももう使えないということになるのです。

また最近では大手銀行と地方銀行が系列化している為、場合によってはこの系列内で顧客情報を共有していることがあり、そういう場合には、系列の金融機関全体が利用できなくなってしまう可能性も有ります。

嘘をついた代償は大きい!申込みは正直が一番

生活を営んでいくためには、時にはお金が必要になりローンを利用しなければならなくなることも有るものです。しかしここで説明したように、借りられない時期や金融機関が有る場合には、借りようと思った時に借りられない事になります。

結局何とか融資を引き出そうと考えて嘘の申告をしてしまった事が仇になるわけです。ですからもっとも良いのはたとえ借りられなかったとしても、大きな信用崩壊を起こさないために正直な申告を行うということです。

嘘をつこうと考えるときには、それほど大事になるとは思っていないのかもしれませんが、信用というものを大切にする金融業界ではその信用を失ってしまうような行為は絶対に避けなければならないのです。

ブラック対応業者の利用はお勧めできない
最近ではブラックになっている人でも返済能力さえあれば融資してくれる中小の消費者金融が存在していて、利用者が増えており、それに合わせて業者の数も増加傾向にあり、都市部近郊であれば簡単に見つけることができます。

しかし、ブラックになってしまった人は安易にブラック対応業者を利用するのは止めましょう。ブラックと言うのはやはりお金の利用方法というものに問題が有るから陥るもので、安易に借りればまた同じことを起こしてしまいます。

ですからブラックになった時にはまずその原因を探り、同じことをおこさないように対策を立てなければなりません。

例えば本文のように嘘をついてブラックになった場合には、なぜ嘘をつこうと思ってしまったのか、性格的な問題まで考えて、その対策のため場合によっては心療内科の受診や臨床心理士のカウンセリングも必要でしょう。

ここでキャッシング審査での嘘について纏めておきます。

  • キャッシングの申込みで嘘の申告をしてしまうと審査通過は難しい
  • 金融機関の審査というものを安易に考えてはいけない
  • よくある嘘には勤務先や勤続年数を偽るというものがある
  • 申込みでの嘘の記録は長く残り将来にも影響が出る

嘘と言うのは生活上時には必要なことも有りますが、金融取引では自分の信用を失うだけですから、絶対に止めて金融機関とは信頼関係を築くという鉄則を貫いて下さい。

【参考記事】
キャッシングの仮審査を有利にする嘘を言った!バレれば後々影響大?

閉じる
閉じる