どうしても審査に通りたい人向けサイト

携帯電話料金を滞納した!キャッシング審査に通らなくなるって本当?

キャッシングの審査は様々な審査内容で行われますが、信用もその一つで、信用情報によって審査が行われます。金融取引と言うのは信用が最も重視されるため、この信用が無ければキャッシングでも審査通過の見込みは有りません。

信用が低い人の場合、どこに行っても融資を断られてしまいますが、例えばかつて携帯電話料金を滞納したというような情報が有った場合でも、やはり信用できないということになってキャッシングの審査は否決になります。

こういったことを防ぐためには、そういった状況に陥らないということが最も重要ですから、自分のお金というものを管理し、支払いが厳しいということであれば携帯電話の利用を減らすなど事前の対策が必要でしょう。

金融取引は信用が重要!キャッシングの審査通過も信用次第

キャッシングの審査では様々な事が行われ、当然返済できるだけの返済能力が問われますが、それと同時に信用できるかどうかも問われます。返済できるだけの収入が有っても、返済する気が無かったら融資などできません。

こういった信用と言うのは過去の金融取引で何らかの問題を起こしていないかどうかが信用情報を使って調べられます。信用情報の中に金融機関が嫌がる情報が入っていた場合には、審査に通過できないということです。

どういった情報を嫌がるのかは各キャッシング毎に決められている審査基準によって違ってきます。したがって通常は落ちる審査のキャッシングが有っても通過できる審査のキャッシングを探すことができる可能性が有るものです。

キャッシングの審査では何が行われるのか

キャッシングの審査はそれぞれのキャッシングで用意されている審査基準によって行われることになります。しかし審査基準と言うのは各金融機関のノウハウが詰まったものですから公開されるようなことは有りません。

このため審査でどのようなことが行われるのかは正確には分りません。しかしおおよそどのような確認が必要になるのかについては容易に想像することができ、次の3つに纏められます。

  • 申込者が本人であることの確認
  • 申込者に返済能力が有ることの確認
  • 申込者が信用できるかどうかの確認

まず自分ではキャッシングの審査通過が難しいため、誰かに成りすまして申し込みを行う輩がたまにいますから、これを排除するために本人確認を行っています。

また融資したお金を返してもらうためには、それ相応の返済するための収入が必要になるため、年収から返済能力の判断を行います。

そして返済能力が有っても、本人に返す気が無かったり、何らかの問題が有ったりして、信用できない場合が有るので信用の確認も行っています。

信用審査では信用情報が利用される

では信用と言うのはどのように審査が行われるのでしょうか。これもキャッシングによっていろいろとやり方が有りますが、共通しているのは金融機関間で利用者情報を共有するためのデータベースである信用情報が利用されます。

信用情報には申込者のこれまでの金融取引情報が格納されており、ローンの返済状況や金融事故情報などをすぐに検索することが可能になっています。この中に金融機関が嫌がるような情報が有るとき、申込者が信用できないと判断されます。

信用情報には良い情報も悪い情報も入っており、良い情報が有れば、それは審査での高評価に繋がるので、利用者にとっても有用な情報と言えますが、過去に問題が有る場合には逆に大きな障害になってしまうことになります。

審査は審査基準の内容により通る場合が有れば落ちる場合も有る

先ほど審査は各キャッシングの審査基準で行われると説明しましたが、これは各キャッシングで異なるため、それぞれのキャッシングで同じ申込者であっても評価はそれぞれ違ってくることになります。

要するに審査基準によって、審査上問題になる部分に違いが生じてしまい、その内容によって同じ人でも通るキャッシングと通らないキャッシングが出てくることになるのです。

またもう一つ注意しなければならないのは申込者それぞれが置かれた状況が違う為、有る申込者には審査が緩く感じたとしても、それが別の申込者にも通用するとは限らないということです。

ですから万一申込みを行ったキャッシングが否決になっても、諦めずしばらく間をおいて別のキャッシングの申込みをすれば審査通過の可能性が無いとは言えません。

審査前に事前診断を利用しよう
最近ではスコアリングシステムと言って審査の自動化技術が進んできていて、審査時間が短縮され最短30分などと言っているキャッシングも出てくるようになりました。

そこで大手金融機関のキャッシングではこの自動化技術によってホームページ内で申込みの前に事前診断を行える様なサービスを提供するようになって来ています。

この事前診断では自分の状況を入力して送信すれば1分もかからず審査の事前診断が行えます。もちろん実際の審査そのものではありませんから、審査結果に食い違いが出る場合もありますが、審査通過の目安として利用出来るでしょう。

もしどこかのキャッシングを申込もうと考えているのであれば、申込みの前にこの事前診断機能を利用して、評価してみて下さい。厳しい結果だった場合には別を探せばよいのであまり悲観するのは止めましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの審査はなぜ早いか?そのベースはスコアリングシステム

どこもお金を貸してくれない状態が有る!携帯料金滞納も原因になる

しかし、金融機関が共通して嫌う問題も中には有って、こういう問題を過去に起こしていた場合には、どの金融機関のキャッシングを申し込んだとしても、審査に落ちてしまうことになります。こういった状況をブラックと呼んでいます。

ブラックになってしまう原因と言うのは様々で、例えばかつてローンの返済を滞らせたことが有るとか 債務整理を行ったというような場合には誰でも覚えています。しかし様々な料金の滞納の場合にはしばらく時間が経つと忘れてしまうので厄介です。

この料金の支払いが滞るという問題で最近よく発生しているのが携帯電話料金の滞納です。携帯電話やスマートフォンは現在では必需品で料金が高額になる場合も少なくありません。このため携帯電話料金未払いによるブラックが増えてきているのです。

どのローンの審査にも落ちる状態が有りブラックと呼んでいる

先ほど説明したように審査では審査基準によって通る場合も有れば通らない場合も有ることが分りました。しかし場合によってはどの審査を受けても否決になってしまうような人も中にはいて、そういう人のことをブラックと呼んでいます。

もちろん審査基準はそれぞれ違いますから、細かい部分は違うのかもしれませんが、ブラックの場合多くの金融機関で共通して問題ありと判定しているわけで、金融機関にとって大変都合の悪い人たちと言えるでしょう。

このブラックになるような人と言うのは過去に金融事故を起こし、それが現在でも信用情報中に記録が残っていて、それを見た各金融機関がそれぞれ独自の判断で審査に落としていると考えられます。

ただし注意が必要なのは、かつて言われたような信用情報中にブラックリストが有ってブラックというのはそのリストに名前が載ってしまった人ということではなくて、あくまで個別の情報を審査基準に照らして判断しているだけです。

したがって信用情報中にブラックリストのようなものは有りません。このため審査基準が違えばブラックの人でも審査に通る可能性が無いとは言えません。

ブラックになってしまう原因

ではブラックになってしまう金融事故とはいったいどのようなものなのでしょうか。該当する金融事故とその記録が信用情報に記載されている期間を次にまとめておきます。

ブラックに該当する金融事故 信用情報に記載されている期間
ローンの滞納 5年
各種支払いの滞納 5年
債務整理 10年
ローンの申込み 6カ月を超えない期間

ローンの滞納や債務整理は金融機関にとって大変都合の悪いものですから、ブラックになってしまうのも納得できます。

各種支払いの滞納と言うのは電気料金や電話料金、携帯電話料金あるいはクレジットカードの使用料など、何らかの支払いが行われなかったということです。

これは金融機関に直接被害が及ばないものも有りますが、金融機関には支払いが滞るという点で見逃せない大きな問題なのです。

ローンの申込みについては短期間に複数のローンの申込みを行うのは異常と判断されるため短期間ブラックの扱いになるというものです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの審査通過の可能性を高める!滞納中のローンは無いか?

携帯電話料金未払いが急増している

最近は長く不況が続いたということで、ブラックになってしまった人も多かったのですが、特に急増しているのが携帯電話料金の未払いによるものだと言われています。

これは携帯電話はスマホを含めて、現在の生活では不可欠なツールになってきています。そういうこともあって、ついつい使いすぎてしまう傾向が有り、高額な請求額に支払うことができなくなる人が増えてきているということです。

特に学生の場合には返済できないような状況に陥ることがよくあるため、卒業し社会に出た時点でブラックになっているというような人も珍しいことではありません。

このような携帯電話料金の未払いによるブラックは携帯電話やスマホが重要なアイテムになればなるほど増加していくのではないかと考えられます。

信用情報への格納期間が終了したらどうなる?
本文では信用情報には格納期間が有ると説明していますが、ではこの期間が終了したらブラックの人はどういう扱いになるのでしょうか。

審査では信用情報が参照されることになる訳ですから、格納期間が終了した情報と言うのは信用情報内から削除されることになるので、読み出すことができず、この問題でブラックとして扱われることは無くなります。

したがって他に特に問題が無ければ、キャッシングを申込んでも審査通過の可能性が出てきます。

ただし、以前ブラックになった金融事故を起こしてしまった金融機関の顧客情報の中には半永久的に記録が残ることになるので、その金融機関のキャッシングを申込んだとしても審査通過は難しくなります。

ブラック対応業者も有る!利用はあまりお勧めできない

最近ではこういったブラックになってしまった人も多く、返済能力を持っている人も大勢います。そこで消費者金融の中にはこういった人にも融資する業者が現れるようになってきました。これらをブラック対応業者と言います。

しかし、一度ブラックになってしまった場合、同じような金融事故を再発させてしまう人と言うのはそう少ない数ではないため、はっきり言えばブラック対応業者が有るからと言って、安易に借りることはできません。

ですから、再度の借り入れをするためには、まずブラックになってしまった原因を追究しなければなりません。次に原因が分ったらそれに対する対策を立てる必要が有ります。その対策が行われるまではキャッシングの利用は待つべきでしょう。

ブラックでも融資してくれるブラック対応業者もある

ところが最近になってブラックの周りの環境も変わってきており、ブラックになっていたとしても融資をしてくれるという消費者金融が現れて来ています。こういった消費者金融のことをブラック対応業者と言います。

消費者金融は銀行のカードローン参入によって利用者が奪われ、中小の消費者金融では利用者の獲得に四苦八苦しています。そこで目を付けたのが返済能力が有りながら信用上の問題で融資を断られてしまうブラックの人だったのです。

こういったブラック対応消費者金融は徐々にその数を増しており、今では消費者金融を分類するための一つのカテゴリとなっています。

もちろんこのようなブラック対応業者でも返済能力の確認は通常の審査と変わりませんから、申込めば誰でも利用できるというものではありません。安易な考えで申込んでも審査の通過ができる保証は有りません。

同じ状況になってしまう可能性が高い

こういったブラック対応業者を利用すればブラックでも融資の利用ができる可能性が有る訳ですが、ここでは敢えてこの時点で借入れすることは勧めることができません。何故かというと再度金融事故を起こす可能性が有るからです。

金融事故を起こした人を金融機関が審査に通さないのは、再度同じような金融事故を起こさないかどうかが不安なためです。

ではなぜ不安になるのかと言うと、金融事故を起こすような人の場合、事故を再発させてしまう可能性が普通の人が事故を起こす可能性よりも高いためで、金融機関は危険を冒したくはないということなのです。

ですから貸してくれる業者が有ったとしても、やはりその点は心配しなければなりません。もし再発させてしまったら、その時点からまた新たなブラックということになってしまうのです。

再度の借入はブラックになった原因とその対策を行ってから

ではどうやったら再度借入れても大丈夫ということになるのでしょうか。1つにはブラックになった金融事故の記録が消えるまでと言う人もいますが、これはただ単に時間が経ったというだけで何の解決にもなっていません。

必要なのは次の2点なのです。

  • 自分がブラックになってしまった原因の特定
  • 原因に対する対策

まず行わなければならないのはなぜ自分がブラックになってしまったのかと言う真の原因です。携帯電話の使い過ぎで料金が高すぎて支払えなくなった場合には、直接的には使い過ぎですが、原因の追求ではここで終わってしまってはいけません。

次は何故使いすぎてしまったのかと言う問題になり、その原因について更に何故を繰り返して深いところまで追究したうえで真の原因を探るようにして下さい。場合によっては自分の性格的な問題に到達するかもしれません。

真の原因が特定できたら次にその原因を防ぐための対策を立て、それを実施することが必要です。

もし性格的な原因が有るのであれば、心療内科に通って性格を矯正してもらう必要が有ります。

対策の実施が行われたら、今度は必要に応じてキャッシングの利用を考えることもできるでしょう。

家族がブラックになってしまったら
もし自分ではなく家族がブラックになってしまった場合にはどうしたらよいのでしょうか。

その場合には、本文で説明している原因の特定とそれへの対策を一緒に考えるようにしましょう。これを行っておかないとブラックを繰り返してしまう可能性も有ります。

そうなると家族にも大きな迷惑がかかる可能性が有りますから、家族が一丸となって再発の防止を行うようにして下さい。

もし性格的な問題や精神状態の問題が有るのであれば、心療内科に行く必要が有りますが、本人は行くのを拒否する可能性も有るので、その場合には、まずは家族が相談することもできますから、相談に行って以後の指示を受けてください。

大変時間がかかる可能性が有りますが、その間お金の管理などについて家族が協力して対応するようにしましょう。

ブラックにならないようにする方法とは?自分のお金を管理しよう

このように携帯電話料金の滞納にしろ別の問題にしろブラックになってしまったら後々ローンの借り入れが難しくなってしまい、場合によっては人生設計を狂わせるようなことにも繋がってしまいます。

そこで重要なのがブラックにならないようにすることです。そのためにはブラックの原因である金融事故を起こさないようにすることが重要です。

そこでまず自分のお金というものを把握することにしましょう。自分にはどの程度の余裕が有って、ローンや様々な支払いの返済ができるだけのお金が有るのかどうか客観的に計算してみる必要が有ります。

携帯電話の場合も料金が膨らみ過ぎないように、自分が支払える金額を知って、その中で利用するにはどういった利用をするべきなのか考えなければなりません。決して好きなだけ使って良いなどと考えない事が重要です。

金融事故を起こさないようにすることが重要

このように一度金融事故を起こしてしまうと信用を失って、将来にも影響が出てしまいかねません。そこで最も重要なことは金融事故を起こした後原因を追究し対策をすることではありません。それはあくまで起こしてしまったらの話です。

最も重要なのは金融事故を起こさないということです。

金融事故さえ起こさなければ信用を失ってしまうことも有りませんから、必要な時に必要なお金を借りることも出来ますし、将来的に考えても安泰です。

そこで金融事故を起こさないためにはどうすれば良いのかについて考えていくことにしましょう。自分は金融事故など起こさないという人も、何らかの参考にはなるはずですから、是非一緒に検討してみて下さい。

自分のお金の管理をしてみよう

まずキャッシングを利用しようという人は、自分のお金が管理できているかどうか考えてみて下さい。自分の収入は月々いくらで、支出は幾らになっているのかを把握できていますか。このあたりが最も基本的なお金の管理です。

もし収入は分るが支出は正確には分らないというような人は、取り敢えずキャッシングの利用は見合わせましょう。基本的な管理もできていないのにお金を借りるのは危険です。それこそ底の抜けた樽のようなものです。

いくらお金を借りても、いつの間にかなくなっているというような状態になりかねません。まずは自分のお金の収支を明らかにして、自分には月々いくらくらいの余裕が有るのかを知ることから始まて見ましょう。

そのためには収入と支出を記録するものが必要です。こういう場合家計簿がうってつけですが、最近ではネット上にもそういったサービスが有るので、そういうものを利用すればお金の管理のハードルも低いはずです。

まずはできれば1年程度は自分のお金の管理を行ってみて欲しいものです。

携帯電話の使用量も日頃から気にすることが重要

次は具体的にローンや各種支払いの滞納を防ぐにはどうすれば良いのかを個別に考えていく必要が有ります。

携帯電話で言えば、料金が高くなるのが問題ですから、利用明細を見ながら自分は何にお金がかかっているのかを把握して下さい。

次にそのお金がかかっている分を節約できないかを考えてみましょう。ゲームなどにお金がかかっているのであれば利用を制限する等の対応策も具体的に考えなければなりません。

携帯電話の場合、料金体系が複雑ですから、それを理解して、高額になる部分について日頃から使用量などを気にする事が必要です。

最近ではスマホを肌身離さず持ち歩いて常に画面とにらめっこしているような人もいますが、自分の使用方法も改善の余地が無いかどうか、あまりにスマホに依存していないかどうかよく考えてみることが重要です。

もし携帯電話料金を減らすことはできないということであれば、それに見合う分を他で減らすしかありません。

他の支払いである電気料金や固定電話料金を下げることができないかについても同時に検討して、合計して支出を減らすことを考えましょう。

携帯電話の契約を見直してみよう
携帯電話には様々な種類の契約が有ります。例えば通話をよく利用する人向けとか、通話は殆ど利用しない人向けなどいろいろあります。

しかし実際に契約しているものが、その利用者に合った契約なのかについては確認してみなければわかりません。そこで料金を見直す一つの方法として、自分の利用実態に合わせて契約を見直すというものが有ります。

これを行えば、全く同じ利用内容であっても、節約できる部分が出てくるでしょう。

ただし、この契約と言うのが実に複雑怪奇で説明を読んでも普通の人には良く分らない部分が多数あります。

こういった料金体系にすることこそ各キャリアの大きな問題なのですが、自分に分らないようであれば遠慮なく各キャリアの店舗に行って話をしながらもっとも良い契約を見つけるようにして下さい。

ここで携帯電話料金の滞納とキャッシング審査について纏めておきます。

  • キャッシングの審査通過は信用評価が重要になる
  • 携帯電話料金の滞納も融資を断られるブラックの原因になる
  • ブラック対応業者も有るがブラックになった原因とその対策ができるまでは利用は勧められない
  • ブラックにならないようにするには自分のお金の管理が重要

携帯電話やスマホはもう必需品と言う人も多いと思いますが、料金がかかっていることを忘れずに、支払えないような使い方はしないように工夫して利用してください。

閉じる
閉じる