どうしても審査に通りたい人向けサイト

SMBCモビットというキャッシングの審査は甘いのか?油断してはいけない!

SMBCモビットは最大800万円までの融資の可能性が有る銀行系消費者金融のキャッシングで、ネットを利用すれば非常に簡単に申込め、基本的には銀行振込とATMで融資を利用することが可能になっています。

SMBCモビットの審査は利用者の情報によれば大変甘いと言われており、審査時間も短く、申込み時間に気を付ければ、即日融資の利用も可能になっていますが、もちろん審査が否決になる人もいるので注意してください。

またSMBCモビットにはキャシングの利用者に嫌われている審査時の在席確認が行われないWEB完結と言う申込方法が用意されていますが、これには前提条件が有り、それを満たさなければ在席確認は行われるので注意してください。

SMBCモビットは銀行系消費者金融のキャッシング!限度額も最大800万円

SMBCモビットは大手消費者金融としては歴史が浅く2000年になってから当時の三和銀行などの出資で設立され、銀行の合併などで三菱東京UFJ銀行の系列でしたがその後の紆余曲折で現在では三井住友ファイナンシュアルグループに入っています。

SMBCモビットのキャッシングはネット経由を始め郵送、電話、自動契約機などで申込みができ、他の大手消費者金融と同じように800万円までの融資に対応していて、審査により実際の利用枠が決められることになります。

SMBCモビットの融資の利用方法はネット上の自分のページからかあるいは電話によって予め登録した自分の口座への振込みが行われるものと、提携する銀行やコンビニのATMから行う方法が提供されています。

SMBCモビットと銀行の関係

SMBCモビットと言うのは設立は2000年で大手消費者金融としては遅いですが、当時の大手消費者金融は銀行とは独立していましたから、銀行系の大手消費者金融としては、日本で2番目の歴史を持っています。

SMBCモビットは当時の三和銀行と大手消費者金融のプロミス、そして信販会社のアプラスが出資して設立したものです。そういう意味では当時の三和銀行で現在の三菱東京UFJ銀行の系列と言うことになります。

しかしアプラスが撤退して、プロミスの株式を三井住友銀行が取得したことで、間接的ながら三井住友銀行もSMBCモビットと関係ができました。

2012年になって両者の間で会社分割が発表され、個人向けの無担保ローンの部分は三井住友銀行のグループ企業ということになって現在に至るのSMBCモビットとなりました。

SMBCモビットのキャッシングとは

SMBCモビットは現在でも盛んにテレビコマーシャルを流して、積極的な営業を展開していますが、その仕様は次のようになっています。

商品名 SMBCモビット
融資額 1万円以上800万円以内
金利(年利) 3.0%~18.0%
返済方式 残高スライド方式

利用上限は800万円となっているので、他の大手消費者金融と同程度で大手銀行と比較しても遜色は有りません。

ただし、銀行系とは言ってSMBCモビットは消費者金融ですから、貸金業法が適用され総量規制が行われます。

従って例えば800万円まで借りる為には年収2400万円以上必要ということになるので、安易に高額利用ができるとは考えないようにして下さい。

SMBCモビットの融資の利用方法

SMBCモビットの融資の利用方法には次の2通りの方法が用意されています。

  • 指定口座への銀行振込
  • 提携ATMからの引き出し

指定口座への振込みは、予め振込口座を登録しておくことによって、インターネット経由あるいは電話により振込依頼をすれば、融資が口座に振り込まれることになっています。

またATMから融資を引き出す場合にはSMBCモビットと提携している次の金融機関のATMが利用できます。

  • 三井住友銀行(ATM利用手数料無料)
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • プロミス
  • セゾン
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • Loppi

コンビニATMもほぼ網羅されているので、全国で利用するのに支障は有りませんが、三井住友銀行ATM以外は利用手数料が発しするので注意が必要です。

大手消費者金融の多くが銀行のグループ企業になったわけ
本文ではSMBCモビットは大手消費者金融として設立時期は遅いが、銀行系消費者金融としては2番目と説明しています。しかし現状を眺めてみると大手消費者金融の多くが銀行のグループ企業になっています。これは何故なのでしょうか。

まずこの背景になっているのが銀行がカードローンに参入したことがあります。銀行はカードローンを始めるにあたって信用保証技術を持っていなかったために、この業務を大手消費者金融に任せることにしました。ここで両者に関係ができたわけです。

この後貸金業法が改正されて総量規制やグレーゾーン金利が撤廃されると、消費者金融は大手から零細まで軒並み経営不振に陥り倒産の危機を迎えます。ところがこれには信用保証業務を委託している銀行も困ったわけです。

そこで銀行が関係する大手消費者金融に資本を注入し、自分の所のグループ企業として経営を安定させました。この関係が現在まで続き、大手消費者金融の多くが銀行のグループ企業になっているという訳です。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングを口座振込で利用!通帳から消費者金融利用がバレないか

SMBCモビットの審査は甘いと評判?大変借り易いのは間違いなし!

では利用者にとって気になるSMBCモビットの審査の難易度はどうなのでしょうか。SMBCモビット側が審査の難易度を発表するというような事は無いですが、利用者の口コミ情報から考えれば審査は甘いと考えられているようです。

また審査時間も非常に短時間になっており、申込み時間に気を付けさえすれば、即日融資の利用もそう難しいことではないため、急な要り様の場合であっても、借入れできる可能性があり、借り易いのは間違いないでしょう。

ただし、審査と言うものは他人の経験がそのまま自分に当て嵌まるというものではありません。審査が甘いと感じる人が多かったとしても、自分にも甘いと言える保証など無いのです。あまり楽観視過ぎるのは止めておきましょう。

SMBCモビットの審査は甘いと言われている

キャッシングもローンの1つですから、利用するためには必ず審査を通過しなければなりません。そこで多くの利用者が気にするのが審査の難易度で、なるべく審査は甘いほうがキャッシングの利用では安心と考えている筈です。

SMBCモビットの場合、実際の利用者の口コミ情報を見てみると、審査は甘いと考えられており、申込者の多くが、この甘いと言われる審査を狙って申込みを行っていると言われています。

もちろんこういった口コミ情報では逆に審査が厳しいという話も出てきてはいるのですが、多くの意見が甘いというもので、実際にSMBCモビットの審査は比較的通過しやすく、全体的に見ればキャッシングとしては審査は甘いと考えてよいでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
自分にとって審査が甘いキャッシングは有る!但し申込者ごとに違う?

審査時間も非常に短く借り易い

しかもSMBCモビットの審査と言うのは大変短時間で行われており、最短であれば審査は申込みから30分で終了すると言われています。振込みで融資を利用するのであれば、その後すぐに利用もできて借り易いキャッシングと言えるでしょう。

ただし審査時間と言うのは申込者それぞれの置かれた状況によって変わってくるため、最短30分と言うのはあくまで最短であって、申込者によっては、もっと時間がかかってしまう可能性が無いとは言えません。

このためSMBCモビットをなるべく早く融資の利用をしようと思って申込んだけれども、実際に借入れできるまでにかなりの時間を要したという事になる可能性も有る訳です。

ですからいくら即日融資だとか、審査時間が30分などと宣伝していたとしても、SMBCモビットに限らずキャッシングの申し込みと言うのはある程度時間的な余裕をもって申込むようにして下さい。

誰でも審査に通ると思わないほうが良い

またいくら審査が甘いと言われているにしても、先ほど説明したようにそれは、全体的に見て判断すればの話で、個々の人にはあてはまりません。

審査と言うのはキャッシング毎に用意されている審査基準によって行われますが、申込者と言うのはそれぞれ置かれている状況が違いますから審査基準によって通り易かったり通り難かったりするものです。要するに相性が有るのです。

ですからSMBCモビットの審査が甘いと言われても相性が悪ければ、審査は厳しいものになり、否決になる可能性は有るのです。要するに誰かの体験談が自分にも当てはまるというような保証など全くないのです。

このため一般的に言われているSMBCモビットの審査が甘いと言う話はあくまで一般的な話で、自分の審査が甘くなるかどうかは分らないと考えてください。

実際に審査通過率を見てみるとSMBCモビットでは40%前半と言われており、銀行のカードローンよりは高いですが、他の大手消費者金融と比べてみると、そう大きく違っておらず、SMBCモビットが特に高い訳ではありません。

したがってSMBCモビットだから大丈夫というような根拠のない考えは持たないようにして下さい。

口コミ情報の利用には要注意
インターネット上にある口コミ情報と言うのは実際の利用者の情報を聞けるという点で大変貴重な情報源と考えられますが、インターネットの性質を考えるとそう安心して利用出来る情報とは言えないことが分ります。

インターネットというのは誰もが利用できると言う特徴が有ります。したがって口コミ情報には実際の利用者が書込めるというだけではなく、業者も書き込みができるということを忘れてはいけません。

口コミ情報が参考にされてキャッシングが選ばれているということであれば業者はそれを宣伝に利用しようと考えてもおかしくないのです。利用者を装って自分に都合のよい情報を流せば利用者を増やすことも可能でしょう。

しかも現在ではこういった業者の需要が有る訳ですから、口コミ情報への書込みを請け負うような業者も現れて来ているので、口コミ情報の信頼度は徐々に下がってきており、利用する場合には注意しなければなりません。

SMBCモビットにはWEB完結と言う申込方法がある!在籍確認が無い?

SMBCモビットはこのように大変借り易いという話が有りますが、その他にも利用者に取って注目すべき点が有ります。それはWEB完結と言う申込方法が提供されていて、キャッシングの利用者が嫌がる在席確認を避けることができることです。

ただし、このWEB完結を利用する場合には、指定された金融機関に普通預金口座を持っているなどの前提条件が設定されており、これが満たされていなければ、WEB完結は利用できず通常の在席確認を伴う申込みを利用することになります。

またWEB完結と言うのは申込みがWEBで完結するということではなく、申込みから融資の利用までがWEB上で行われるということです。したがって、利用はWEB上からの振込依頼に限られ、カードの発行も有りません。

SMBCモビットのWEB完結で在席確認を避けることができる

SMBCモビットには審査が甘いと言われているほかにも申込者にとって大変魅力的な申込方法が提供されています。これはWEB完結というもので、この方法を利用すれば、殆どの申込者が嫌がっている在席確認を避けることができます。

在席確認と言うのは金融機関側が申込者の勤務先に電話を入れて実際に在籍していることを確認するものです。

これは本人確認の一環として行われるもので、窓口での申込み者が少なくなってしまった事から本人確認書類だけでは確認にならないためにそれを補完する目的で行われるため、金融機関のほうも安易に無くしてしまうことができません。

しかし申込者のほうは職場の周囲にキャッシングの利用が知られるのではないかと心配で仕方がない訳です。

そこでSMBCモビットのWEB完結を利用すればその心配が避けられるのですから、利用を考える人が増えてもおかしくはない訳です。

WEB完結の利用には前提条件が有る

しかし、このWEB完結は誰でも利用できるという訳ではありません。WEB完結を利用したい場合には次の条件を満たしていることが必要です。

  • 指定された銀行に普通預金口座を持っている
  • 指定された健康保険証を持っている

指定された銀行と言うのは次の2行です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

指定された健康保険は次の2種類です。

  • 全国健康保険協会発行の保険証
  • 組合保険証

つまり保険証から考えれば公務員や会社員ということになり、自営業者などの場合には利用することはできません。

なぜ在席確認を省略できるかと言うのは、銀行の普通預金口座に理由が有ります。これらの銀行では説明したようにSMBCモビットとの関係が深く、ここに普通預金口座を開設することができれば、その時点で本人確認がなされていると言えるわけです。

WEB完結を利用しようという場合にはまずは自分が利用出来るかどうかを確認してみて下さい。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングをネット上から利用する!WEB完結って何がメリット?

WEB完結を利用した場合には利用場面にも制約が有る

またWEB完結を利用する場合にはもう一つ大きな制約が有ることを理解しておく必要が有ります。通常銀行や大手消費者金融のキャッシングはカードローンと呼ばれており、カードを利用してATMからお金を引き出すことができます。

SMBCモビットも説明したように銀行振込とATMからの引き出しの2通りの融資の利用方法が提供されていますが、WEB完結で申込んだ場合にはこの内銀行振込での利用しかサポートされていません。

このためATMの利用は想定されていないため、WEB完結で申込んだ場合にはカードも発行されません。

このように申込み以外に利用場面でもかなり大きな制約があるので、自分の利用方法に合っているのかどうか良く吟味してから、申込むようにして下さい。

在席確認は避けるべきではない理由
本文では在籍確認が嫌われていることを説明していますが、キャッシングを選ぶ際には、この在籍確認はあまり避けようと考えないほうが無難です。

理由は在席確認が無いキャッシングと言うのはSMBCモビットも含めて数件しかありません。キャッシングと言うのは1度の利用では終わりません。長期に渡って何度も利用するものです。したがって自分にとって使い易いものでなければならない訳です。

このためキャッシングと言うのはたくさんの選択肢の中で自分に合ったものを選ぶことが長く利用するためには重要になります。

しかし在席確認が無いことを前提条件にしてしまうと、選択肢が極端にに減ってしまうことになり、自分にとって使いやすいものが選べなくなる可能性が高くなってしまいます。

ですからキャッシング選びでは在席確認を避けるのはあまり良い判断とは言えないのです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利用で会社に連絡は有る?通常は審査時の在席確認のみ

キャッシングは返済が大切!自分の返済能力を見極めよう

キャッシングを申込む場合にはとにかく融資の利用を考えるのが普通で、特にSMBCモビットのように比較的申込み易い場合には急いでいる場合も多く借入れにしか気が回らない場合が多くなります。

しかしキャッシングで重要なのは借入れよりも返済です。融資の利用を考えるのであれば、返済までを含めて考えなければなりません。もし返済ができないようであれば、信用を失って以後借り入れが暫くできなくなってしまいます。

そこで重要なのが借入れの前に必ず自分に返済して行けるのかどうかを正確に見極めることです。もし返済に支障が出そうだという場合には、どんなに必要であっても、借入れをしてはいけません。借り入れ以外の方法を考えるようにしましょう。

キャッシングを申込む場合には返済まで含めて考えなければいけない

キャッシングは他のローンに比べて、比較的審査も甘く借り入れまでの時間も短いため、急いでいる場合には大変便利なものです。特にSMBCモビットはその中でも審査が甘く、即日融資も可能と考えられている為兎に角早く借りたいという人が集まります。

しかしこういった人の多くは借りることは考えていますが、申込時点で返済のことまでは考えていません。

しかしキャッシングと言うのは借金ですから、必ず返済しなければなりません。金融機関のほうから見れば重要なのは返済なのです。

したがって利用者のほうも申込時点で申込みから返済までをよく考えて、自分向きのキャッシングを選ばなければなりません。

そこでSMBCモビットの返済を調べておきましょう。返済方法には次の3種類が用意されています。

  • 口座引落
  • ATMからの入金
  • 指定口座への銀行振込

口座引落を利用するためには、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている必要が有ります。

ATMから入金する場合には三井住友銀行以外のATMの利用は利用手数料がかかりますし、返済する場合には借入れの場合よりも利用出来る提携ATMが少ないので注意しなければなりません。

指定口座への銀行振込の場合には振込手数料がかかってくるので注意が必要です。

また返済方式は残高スライド方式で借入残高によって次のように決まっています。SMBCモビットの場合の基準になる借入残高は最後の借入時の残高となっており、現時点と言うわけではないので注意してください。

最終借入残高 月々の返済額
10万円以内 4000円
10万円超20万円以内 8000円
20万円超40万円以内 1万1000円
40万円超50万円以内 1万3000円
50万円超60万円以内 1万6000円
60万円超70万円以内 1万8000円
70万円超80万円以内 2万1000円
80万円超90万円以内 2万4000円
90万円超100万円以内 2万6000円
100万円超20万円毎に +4000円

20万円を超えるような借入れを行ってしまうと月々の返済が1万円を超えることになるので、生活への負担が大きくなってしまうことに注意が必要でしょう。

キャッシングは返済できなければ信用を失うことになる

返済のことについてしっかり理解しておかなければ、借入れしてから自分には返済して行くことが難しいというようなことも有るかもしれません。

もしキャッシングを使ってお金を借りて、返済できないということになると、当然ですが利用者と金融機関の間で大きな問題になってしまい、金融機関のほうは、この利用者にはこういった問題が有るということを信用情報に記載します。

もし金融取引を行う上で問題が有るということが記載されてしまうと、以後どんなローンを利用しようとしても、審査の段階で信用情報が参照されることになり信用評価は大きく下がってしまって審査に通らなくなってしまいます。

したがって返済ができなくなるということはその時点で金融機関との問題が生じるだけではなく、将来的に非常に大きな影響が出てくる覚悟が必要と言う事になります。

自分に返済して行けるかどうかを見極めて申込もう

そこで申込みの前に重要になってくるのが自分が返済して行けるのかどうかと言う点について予め見極めておく事がです。そこでどのように見極めるのかと言うことになりますが、それには具体的な数字で検証することが必要です。

まず自分の月々の収入額と支出額を過去1年分程度用意してください。そして各月について次の計算をしてみましょう。

収支 = 収入 - 支出
収支が常に返済額以上あれば、今後も返済額を捻出することは可能と考えられます。しかし収支が返済額を下回った月が有れば、返済に行き詰ってしまう可能性も有りますし、常時下回っているということになると返済は無理と考えるべきでしょう。

ここで注意が必要なのはSMBCモビットのように残高スライド方式の場合利用方法によっては返済額が動くということです。自分がどのような利用を行うのかよく考えて返済額を予想しなければならない訳です。

返済できなかったらどうなってしまうのか
もし返済ができなくなってしまったらどうなるのでしょうか。

返済ができなければ金融機関のほうから督促状が送られてきますが、それでも返済しなければ回収担当から電話が有ったり、場合によっては訪問を受ける事も有ります。

それでも返済に応じなければ最終的には催告書というものが送られてきて期限が明示されてそれを過ぎれば法的措置が取られることになります。催告書と言うのは言ってみれば金融機関の最後通告のようなものです。

もし返済できる見込みがないのであれば、そうなる前に弁護士などに相談して債務整理を行うしか方法は無いでしょう。

もちろん債務整理をすれば信用は無くなりますが、返済方法を調整したり場合によっは自己破産して債務を帳消しにすることも可能です。

ここでSMBCモビットというキャッシングについて纏めておきます。

  • SMBCモビットのキャッシングは他の大手消費者金融と同じ程度の最高800万円まで融資の可能性が有る
  • SMBCモビットの審査は甘いと言われるが誰でも通るというわけではない
  • SMBCモビットのWEB完結は在席確認が無いが利用には前提条件が有る
  • キャッシングの利用前には自分の返済能力の見極めが重要

SMBCモビットは大変借り易いと言われますが借金にかわりは有りません。利用を考えた場合には、できるだけ後々の負担が少なくなる様な方法を考えるようにしましょう。

閉じる
閉じる