どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングって複数社借入れできるの?4件以上の借入れは難しい!

キャッシングと言うのは審査で利用出来る上限である利用限度額が決まりますが、利用当初は非常に少額になってしまいます。このためお金が足りなくなると複数のカードローンの利用を考えるようになります。

複数社からの利用を許すかどうかは各キャッシングによって違いますが、返済能力など、いくつかの条件を満たしていれば、融資してくれるのが普通です。しかし返済の負担は大きくなるため4件目ぐらいになるとどこの審査も通過は難しくなります。

もし複数利用を考えているのであれば、返済の負担は非常に大きくなるので、自分に実際に返済してい行くことができるのかどうかについて、予め返済能力を計算して、しっかり確認しておくことが必要です。

キャッシングは複数社の同時借入が可能!ただし返済は厳しくなる

キャッシングに限らずローンでは審査が行われ、通れば複数同時に利用することも可能です。ただし審査では返済されるかどうかが問題になるため、審査での評価によって、複数の借入が認められるかどうかは変わってきます。

複数借入れの問題点にはまず月々の返済額が増えることが挙げられます。

1件のキャッシングで高額利用をする場合にはそれほど大きな返済にはなりませんが、複数同時平行で借入れれば返済も複数分加算されることになるので返済額は大きくなってしまう訳です。

もう一つの問題点としては、返済が複数になるということは通常返済日も各キャッシングで異なっているので、返済日が複数になるということです。このため1件なら比較的管理しやすいですが、複数になると管理が難しくなっていきます。

このため返済を忘れてしまうといったようなことが頻繁に発生することになるのです。

キャッシングは複数平行して利用出来る可能性が有る

借金を何件も背負うのはあまり感心できませんが、キャッシングを複数借入れしている人は少ない数ではありません。インターネット上を見ても複数借入れを勧めるような記事を見掛けることもしばしばあります。

このように仕掛け的に言えばキャッシングを複数契約することは可能でになっています。

したがって例えば1件だけのキャッシングでは必要なお金を用意することができないという場合、もう1件借入れしようと考えるのは普通でしょう。

中には2件では足りなくて更に借入れ件数を増やしたいと考えている人や、実際に借りている人もいます。

もちろん様々な条件が有るので申込めば必ず貸して貰えるというわけではありませんが、キャッシングというのはこのように複数借入れできる可能性が有るのです。

借入が複数あれば当然返済も複数になり高額になる

しかしこのように複数借入れした時には、返済も複数になるということに注意しなければなりません。返済が複数になると次のような問題が発生します。

  • 月々の返済額が高額化する
  • 返済日が複数になるため管理が面倒になる

キャッシングの返済と言うのは例えば消費者金融などで良く利用されているリボルビング払いであれば幾ら借入れしても月々の返済額は一定になり、高額利用で負担が大きくなるということは有りません。

しかし複数のキャッシングを契約すれば、それらについてそれぞれ月々の返済が発生しますから、返済額は各キャッシングの返済額の合計額ということになり、非常に負担が大きくなってしまいます。

あまり借り過ぎると、すぐに返済できなくなってしまう為、複数利用には十分気を付けなければならない訳です。

返済日も複数になり管理は面倒になる

またキャッシングと言うのはそれぞれに返済日が決まっており、同じ返済日になる保証はありません。したがって、返済日が来る度に忘れない様に返済しなければならず、管理が非常に煩雑になって難しくなっていきます。

返済日の管理などそれほど問題にはならないと考える人もいるかもしれませんが、それは返済できるお金が十分ある状態の場合です。複数借入れするということはそれだけお金に困った状態と言う場合が多いことを忘れてはいけません。

返済日の管理というのは要するに返済するお金の金策の管理と言っても良いのです。その日が月に何度か来るわけで、実際に借入れしてみれば分かりますが、複数借りれば常に金策をする毎日ということも起こり得るのです。

高額利用が必要なら利用限度額の増額を狙おう
もし高額の借入が必要ということであれば、複数のキャッシングを利用するよりも、キャッシングの契約は1つにしておき、利用限度額を 増額してもらったほうが、ずっと良い方法と言えるでしょう。

利用限度額は金利と一緒に審査で決められます。これ等は審査での信用評価によって決まりますが、この信用評価とうのは利用する金融機関とのお付き合いによって決まるため、申込み当初はお付き合いが無い状態なので利用限度額は少額です。

しかしキャッシングを暫く利用することでお付き合いが深まり、信用評価も上がってくるため、暫く利用を続けて利用限度額の増額の申込みをすれば、利用限度額を増額してもらうことができます。

注意が必要なのは、利用開始後に別のキャッシングを契約してしまった場合には、信用評価は大きく下がることになるため、安易に複数利用をしてから増額を申込んでも増額には応じてもらえない可能性が高くなることです。

キャッシングの複数社利用は審査次第!4件以上になると通過は難しい

キャッシングの複数利用は審査次第と説明しましたが、具体的には全く認めていない場合や、2件目であれば認めるというように、何かしらの上限が有って、それ以上になってくるとそのキャッシングの審査は否決になります。

このように何件申込めるかはそのキャッシングの考え方次第ということになりますが、通常は3件までは認めていても4件目になると、例え返済能力が有ったとしても、利用を認めていないキャッシングが殆どになります。

また消費者金融の場合貸金業法の総量規制があるため、その上限を超えた場合には、4件どころか3件あるいは2件目であっても融資の利用はできなくなります。このため自分の上限をよく理解しておくことも重要です。

複数利用を認めるかどうかは審査次第

ではどんなキャッシングでも複数利用出来るのかと言うとそうではありません。要するにキャッシングの契約を認めるかどうかは審査次第ということになります。

各キャッシングの審査はそれぞれの審査基準によって行われますからこの中に複数利用は認めないとという基準が入っている場合には、2件目以降の申込みの場合には審査は否決になってしまいます。

これと同じように2件目あるいは3件目までは認めるという基準になっていれば、2件目3件目までの申込みであれば審査は通過する可能性が有る訳です。

もちろんその他の部分で問題が有れば審査は否決になってしまいます。たとえば、何件か契約していれば審査での返済能力の評価はその分下がってしまいますから、最初の契約よりも審査では不利になってしまい、場合によっては否決になります。

4件以上の複数利用はまず認められない

この返済能力による評価も重要ですが、やはり契約件数も大変重要です。返済能力的には返済が可能だったとしても、多くのキャッシングでは、返済件数が増えてしまうと、やはり審査基準で否決になってしまいます。

この件数は例外はありますが、通常4件目と言われており、4件目を契約しようと思っても、審査に通してくれるようなキャッシングを見つけるのは難しいでしょう。

例えばキャッシングの返済に行き詰ってしまったら、別のキャッシングの契約をして返済に回すというような事を繰り返すことを考えてみましょう。もし無限に借入れできればこういうことも可能でしょう。

しかし4件目で借入れができないとなってしまうと、この計画は狂いが生じて破綻に追い込まれてしまいます。上限が有るということはこういったおかしな使い方をされないような歯止めと言う意味も有るわけです。

総量規制にも要注意

もう一つ4件目と言う上限とは別の上限も存在しています。これは契約件数ではなく、借入可能額の上限です。消費者金融の場合貸金業法が適用になるためこの中に定められている総量規制が行われることになります。

総量規制では融資可能なのは借入している全社合計で自分の年収の3分の1までと言う規制です。これを超えてしまうと、たとえ2件目であっても、法的な規制に掛ってしまう為、金融機関は融資することができません。

例えば年収300万円の人が1社目で100万円の利用限度額が設定されたとすると、既に総量規制ギリギリになっていますから、2件目のキャッシングの契約はできません。

しかし同じ条件の人が1件目で50万円の利用限度額が設定された場合には、まだ総量規制に達してはいませんから、2件目の契約の可能性が残っているわけです。

総量規制には例外規定が有る
総量規制が厳格に適用されてしまうと、年収の少ない人はお金の借入れが難しくなってきます。そこで総量規制には次の2つの例外規定が有ります。

  • 1社あたり50万円まで全社合わせて100万円までは総量規制の対象外
  • 専業主婦の場合には配偶者の同意のもとに配偶者の借入れと合計して配偶者の年収の3分の1までは融資可能

まず年収が少ない場合であっても1社あたり50万円までは融資ができる事になっていて、消費者金融のキャッシングの申込時に融資希望額が50万円までは収入を証明する書類の提出が要求されないのはここから来ています。

また専業主婦の場合には、自分には収入が有りませんが、家計を管理しているという面では返済可能ということになるため、配偶者と一体として判断されます。

ただし多くの場合には専業主婦の融資上限を50万円までとしており、必ずしも配偶者の収入の3分の1まで融資しているわけではありません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
年収が少ないくてもお金を借りたい!キャッシングは利用出来るのか?

複数社借入れる場合は返済能力に注意!月々いくらまで返済できるのか

ローンというものは月々返済して行かなければならないもので、それだけの余裕が無ければ借入れはできません。これは1件だけでも言えることですが、複数同時に借りるという場合には特に注意が必要になります。

そこで申込みを行う前には必ず、自分にそういった返済能力が実際に有るのかどうかを計算してみることが重要です。この計算は月の収入から支出を差し引いてどの程度残るかを見れば簡単に分かります。

利用者の中には収入は分るが、支出ははっきりしないという人もいるでしょう。しかしそういった場合自分のお金の管理ができていないということですから、借り入れを考える前に、自分のお金を管理することから始めたほうが良さそうです。

自分の返済能力はどのように計算すれば良いのか

無事複数社のキャッシングの契約ができたとしても、返済ができなければはじまりません。金融機関の審査に通ったからと言って必ずしも返済できる保証にはならないのです。

金融機関の審査は一般的な判断基準であって、自分の状況には合っていないかもしれません。そこで重要なのが利用を始める前に、本当に自分に返済して行けるだけの返済能力が有るのかどうかを計算してみることです。

これには月々の収支を計算してみれば一目瞭然です。月々の収支は次のように計算できます。

月々の収支額 = 月々の収入額 - 月々の支出額

これを過去一年分計算してみましょう。収支額がキャッシングの返済額の合計を上回っていれば、返済能力は有ると考えられますが、時々足りなかったりすると、返済できない月が出てくるということです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは事前に返済方法を確認しよう!返済方式にも注意が必要

自分の支出が分らないような状態でお金を借りてはいけない

簡単に収支額の計算をしろと言っていますが、実はそう簡単にはできない人も大勢いるのではないかと思います。

要するに収入は給与明細で分かるが、支出は良く分らないという人です。こういう人は自分のお金の管理ができていない訳です。

このような場合、お金を借りたとしてもやはり幾らのお金を何に使ったのかが分らず、お金を借りた割には、後には何も残っていなかったというような場合も出てきます。

ですからこういう人の場合、お金を有効に利用するためにも、まずは借り入れを考えるのではなく、自分のお金というものを管理するところから始めるべきでしょう。

そこで今日からでも家計簿のような収入と支出が分るような仕掛けを利用して、自分のお金の管理というものを始めてみて下さい。

最近ではインターネット上にそういったサービスが用意されているので、スマホ一つで簡単に始めることができるでしょう。

自分のお金が管理できれば借入れ自体必要なくなるかもしれない

このようにして自分のお金の管理ができれば、自分がいったい何にお金を使っているのかということが分るようになります。当然ですがこれまで管理していなかったような人の場合には無駄なことに利用している場合も多いはずです。

もちろん余裕が有れば自分のお金ですから、何に使おうと文句は有りませんが、そういった使い方をしておいてさらにお金を借りましょうという場合には、やはり誰かが注意すべきでしょう。

もしそういった無駄な出費を無くすことができれば、その分のお金が浮きますから、そもそも借入れしなくても良いかもしれません。

借入が必要だとしても、無駄な部分が削ぎ落とせれば、借入額は少なくなるはずで、返済が苦しくなるような複数の借り入れなど必要なくなるはずです。

自分のお金を管理するというのはお金を有効に利用するためには非常に重要なことなのです。

お金は借りない方が良い
キャッシングなどと洒落た言葉になってはいますが、キャッシングは借金なのです。借金をして何かを達成するということは別に悪い事でも何でもありません。しかし何に使ったかわからないような借金はすべきではありません。

ローンと言うのは何らかの目的達成のために融資を行う目的別ローンと、特に目的を定めず何にでも利用出来るキャッシングのようなフリーローンが有りますが、このうちやはり目的別ローンと言うのは必要なものでしょう。

しかしフリーローンの場合は本来は借りないほうが良いのです。生活を維持するためにはやむを得ないというようなことを言う人がいますが、生活というものは自分の収入の範囲内で行わなければいずれ破たんしかねません。

こういった点をよく理解して、複数のキャッシングを使って生活を回していくというような事は考えないようにしましょう。

返済に行詰ってしまったらどうすれば良い?闇金を利用してはいけない

複数利用していると時として返済に行き詰ってしまうことが有ります。こういう事態は1件だけの借入よりも、ずっと可能性が高い筈です。そういった時によく行われるのが返済のために新たな借り入れを行うという手法です。

しかしそういった借入れは、その時点では返済を切り抜けるために有効かもしれませんが、翌月以降はその新たな借り入れ分も返済して行かなければなりません。そういった返済のための借入れは借金を増やすだけでなのです。

もしそういった借入れをして多くの借金を作ってしまった場合には、いずれ新たな借り入れができなくなり、破たんに向かうでしょう。

もしそういった状況になっている場合にはすぐにお纏めローンを利用して借入れを1つに纏めてしまってください。

返済のための借入れはいずれ行き詰ってしまう

複数借入れを行うようになる切っ掛けで最も多いのが、キャッシングの返済に行き詰ってしまって、その穴埋めをするために新たなキャッシングを契約して借入れを行うという場合です。この場合確かにその時点は切り抜けることができます。

しかしこれを始めてしまうと、翌月からは契約している2件のキャッシングを交互に借りて返済を続けるようになってしまい、しばらくすれば、また借入れが嵩んで返済額を捻出できなくなってしまいます。

そこでまた安易に新たな借り入れをして3件目のキャッシングの契約を交わすことになります。そうしてまたしばらくすると、また返済に行き詰ってしまうことになります。しかし4件目の借入れは説明したように審査に通りません。

つまり返済のための借入れというのはいずれ行き詰って、返済できなくなってしまいます。

貸してくれるのは闇金だけ?絶対に利用してはいけない

そういった時には、誰でも焦ってしまって、どこでもいいから貸してくれる業者を探そうとします。でもそういった状況の人に対してお金を貸してくれるのは、もう正規業者の中には無く、闇金と呼ばれる非正規業者だけになってしまいます。

闇金と言うのはドラマなどにも描かれていますが、たいへん悪辣な業者で、普通では考えられないような高金利や、厳しい取り立てを行うような貸金業法を無視した業者です。そういった業者を一度利用してしまうと、非常に困った状況に陥ります。

したがって、どういった状況になったとしても、こういった違法な業者を利用するのは絶対に避けなければなりません。

複数のキャッシングを利用して返済に困った時は、もっと別の方法で切り抜けることを考えてみましょう。

闇金の怖い手口
闇金の手口と言うのは本文で説明したような高金利で厳しい取り立てと言う様な昔からあるような手法だけではなく、規制が厳しくなったためにもっと巧妙な様々な方法が取られているようです。

例えば闇金Aから借入れして返済ができなくなった場合には、闇金Aは厳しい取り立てをするのではなくて、別の業者である闇金Bを紹介するから利息分だけでいいから払ってくれと言う。そして闇金Bから借入して闇金Aの利息分を支払います。

そうすると利息分しか払っていないので闇金Aの元本はそのまま残り翌月も同じだけ利息を支払うために闇金Bから借りて支払うようになり、次に闇金Bへの返済もできなくなってしまうと、同じように闇金Cを紹介されるということになります。

そうすると利息ばっかり支払って元本は減りませんから、闇金側はずっと利息分を受け取ることができるというわけです。

金融機関の利益と言うのは利息ですから、この場合ずっと闇金は利益が上がり続けるという仕掛けです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

お纏めローンの利用を考えてみよう

では闇金を利用しないで複数のローンの返済を行う方法を考えてみましょう。実はそういった多重債務を持っている人向けに用意されたローンが有るのです。

それはお纏めローンというもので、文字通りローンを纏めてしまうという趣旨のローンです。

要するに複数のローンを借り換えて1つに纏めてしまう訳です。そうすれば複数の返済が1つのなるため、月々の返済額は少額になりますし、返済日も月に1回にできますから、管理が非常に楽になります。

こういったお纏めローンは銀行にも消費者金融にも用意されているところが有るので、なるべく早く検討を始めて申込みをしてください。

ただし注意が必要なのは折角1件に纏めたのに、数年後にはまた複数件のローンを背負っているという場合が多いことです。要するにお金の使い方自体を見直さない限り、同じようなことを繰り返すと言うわけです。

お纏めローンを利用する場合にはそういったことに十分注意して申込みを行ってください。

ここでキャッシングを複数社借入れることについて纏めておきます。

  • キャッシングの複数利用は認めている場合が多い
  • 4件以上のキャッシングの同時利用は殆どの金融機関で認めていない
  • 複数利用する場合には自分の返済能力を計算して返済の可能性を探っておく必要が有る
  • 複数利用の返済に行き詰った時には闇金は利用せずお纏めローンの利用を考える

最近ではキャッシングというものができて借金のハードルが下がってしまいましたが、複数の利用と言うのは返済へのリスクが高いため、まずは回避する方法を考えるようにしましょう。

【参考記事】
あちこちにキャッシングの債務有り!おまとめローンで一つに纏めよう

閉じる
閉じる