どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングを複数申し込むと審査落ち?申込時期に注意すれば大丈夫

キャッシングを利用するには審査に通過する必要が有りますが、残念ながら誰もが審査に通過できるわけではありません。審査に通過するためには返済できるだけの収入や過去の金融取引での信用が必要です。

信用についての審査の中には短期間に何度もキャッシングの申し込みをしていないかと言う点についても確認が行われ、頻繁に申込みを繰り返している場合ブラックとして扱われることも有って審査通過が難しくなります。

ただし、キャッシングの申込み後一定に期間を経過すれば、こういったブラックの扱いを受けるようなことはなくなり、金融機関の考え方にもよりますが、複数のキャッシングを平行して利用することも可能になります。

キャッシングの審査はなぜ落ちる?金融機関は何を問題にしているのか

金融機関はキャッシングで融資を行う際、貸したお金が返済されるかどうかを判断するために申込時に審査を行って、申込者が返済できるだけの収入と、返済してくれると信用できるかどうかの判断をしています。

キャッシングでまず必要なのは月々返済して行けるだけの安定した収入が有ることが前提になります。金融機関の審査では申込者の年収から返済能力の有無を判断して、返済が可能かどうかの判断を行うことになります。

また返済能力が有ったとしても、返済してくれると信用できなければ、貸したとしても返済が行われないかもしれませんから、過去の金融取引状況などが格納されて信用情報を参照して、信用できる人物かどうかを判断しています。

審査は何のために行われるのか

キャッシングに限らずローンを利用してお金を借りようとする場合、必ず審査が行われる事になります。

金融機関はお金を貸して、利息を払ってもらうことによって利益を上げますから、本来たくさん借りてもらったほうが良いのですが、実際にはこのように審査を行って利用者を絞り込んでいるのです。

これは金融機関にとっては一見取れる利息を敢えて取っていないように見えます。では審査が行われる理由と言うのは何処にあるのでしょうか。

この利益を上げるという話は、貸したお金が返済されるという前提の話です。もし貸したお金が利息どころか元本も返済されなければ、金融機関は利益どころか大きな損失に繋がってしまう訳です。

このため金融機関は敢えて審査を行って、本当に返済してくれる利用者を見極めて、融資することになっているのです。

審査の詳細は表には出てきませんが、概ね次のようなことが確認されています。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済能力が有ること
  • 申込者が信用できること

本人確認と言うのは、申込みを考えているが返済能力や信用に問題が有るような人が他人を騙って申込みを行う場合が有るため、金融機関は大変厳密に行っています。

もちろん本人が申込んでいるのであれば問題になるようなことは有りません。

そもそも返済能力が無ければ始まらない

キャッシングを申込時点では、とんかく借りようという気持ちが先に立ってしまいますから、あまり考慮しない人もいますが、重要なのは返済です。金融機関は審査の時点でこの返済能力について評価を行うことになります。

金融機関では年収と職種による収入の安定性によって返済能力を判断しています。年収がそれなりに有ったとしても安定性に欠ければ審査には通しません。

また返済能力の評価では、他からの借入が有れば、そちらへの返済が有るため、返済能力はその分削られて評価されます。

したがって、キャッシングでも利用数が多くなればなるほど、審査での返済能力の評価は下がって行くことになってしまい、審査は次第に厳しくなって行くことになります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
水商売のキャッシング利用について、気になる審査の評価

信用情報に要注意

もう一つ注意が必要なのは信用の評価です。これについても様々な方向から確認が行われますが、重視されるのが信用情報と呼ばれる金融機関間で利用者の情報を共有するためのデータベースに登録された情報です。

この中に信用を損なうような金融事故などの情報が入っていた場合、金融機関の信用評価は著しく下がってしまい、審査通過が難しくなる場合も出てくることになります。

またこの信用情報の中には、現在どういったローンを利用しているのかと言った情報も含まれており、もし返済能力を高く評価してもらおうと他からの借り入れを隠していたとしても、すぐにバレてしまうことになります。

更に他からの借入について嘘を言ったということになれば、そのこと自体も大きく信用評価を下げることになり、その情報自体が信用情報に記載され、以後長く残ることになってしまいます。

キャッシングの審査はどのくらい可決になっているのか
キャッシングはテレビのコマーシャルなどを見ると誰でも簡単に借りられるような印象を抱かせますが、実際にはどの程度の人が借入れできるものなのでしょうか。情報が公開されている大手消費者金融を例に説明します。

大手消費者金融の審査通過率と言うのは、概ね45%前後になっていて、申込者の半数以下ということになります。つまり申込みを行ったとしても半数以上の人は、審査落ちしていて融資を受けることができません。

銀行の場合には情報が公開になっていませんが、銀行の審査は大手消費者金融の審査よりも厳しいと言われていますから、大手消費者金融の審査通過率よりも更に厳しい結果になっている筈です。

ですからキャッシングを申込もうという場合には、審査通過を楽観視するのではなく、必ず審査落ちした時の対処方法を考えておく必要が有るでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング申し込みの手順と審査にかかる時間とは?

短期間に申込みを繰り返してはいけない!申込ブラックとは?

キャッシングの融資上限は審査で決定しますが、当初は非常に低額になるのが普通です。このため自分に必要なお金には足りず、もう一つ別のキャッシングを申込む人がいます。

しかし1つ申込んで、すぐに別のキャッシングを申し込んでしまうとその審査には落とされてしまう可能性が高くなります。

短期間に申込みを繰り返すと、俗にいう申込ブラックという状態になる事が知られており、幾ら申込みを行ったとしても、審査に落とされてしまいます。ですから利用額が足りなくなったとしてもすぐにもう一つ申込もうなどと考えてはいけません。

最近ではブラックの場合でも融資を行う業者が出現してきていて、ブラック対応業者と呼ばれています。しかしこの申込ブラックの場合にはブラック対応業者でもやはり審査に通すことはなかなか有りませんから注意しなければなりません。

利用限度額が足りずすぐに別のキャッシングを申込む人がいる

キャッシングと言うのは他のローンと違って、申込時申告した金額が必ず借りられるという保証は有りません。申込者の信用に沿って利用限度額と金利が決まり、状況によっては、希望よりも利用限度額が少額になる可能性が有るためです。

しかも多くの場合には、初めてお付き合いをする利用者の場合、金融機関の利用者に対する信用評価は極めて低くなり、希望通りのお金は借りられません。

通常はそれでも、その設定された範囲内のお金を上手に利用しようと考えるわけですが、世の中にはそういうことを考えずに、足りなければ足りない分を更に他の借入れをして賄おうと考える人も出てくることになります。

このため、あるキャッシングの契約をして、その直後にさらに別のキャッシングの申込みを行うというような人がいるのです。

申込ブラックとは何か

ところがこういった場合、大概2つ目に申込んだキャッシングの審査には落とされてしまうことになります。

そこで問題になるのが審査落ちしてしまう原因です。もちろん返済能力の評価は最初のものより低くなりますからそれが原因になることも有りますが、それよりも大きな原因は申込ブラックというものです。

ブラックというのはどこに行ってもローンの審査に通らないという状況のことですが、実はローンの申込直後はこのブラックと言う状況に陥っているのです。

申込ブラックと言えば1月の間に3件申込んだ場合には陥ると言われることも有りますが、実際にどうするのかは金融機関の考え方次第で、特に1つ申込んだ直後に再度申し込んだ場合には2件目であっても申込ブラックとして扱われます。

ではなぜ申込ブラックとして扱われるのかと言うと、キャッシングは申込みを行った段階で先ほど説明した信用情報にその情報の記載が入る事になり、その情報は最長6カ月間残ることになっています。

したがってこの記録が残っている間は申込ブラックになって他のキャッシングの審査通過は難しいと考えなければなりません。

ブラック対応業者でも無理

最近ではブラックの人にも貸すいわゆるブラック対応業者が多くなってきている為、申込ブラックになってしまった時にこういったブラック対応業者を利用しようと考える人もいますが、実はこれも上手くいかない場合が多くなっています。

ブラック対応業者のいうブラックと言うのは申込ブラックを指すのではなく金融事故のようなものを原因とする金融ブラックと言われるもので、申込ブラックにも貸すというような業者はあまりありません。

ですから、この間は更に大きなお金を借りることを考えるのではなくて、まずは借りられるお金の範囲内で遣り繰りすることを考えるようにして下さい。

安易に借り入れを増やすのではなく、遣り繰りを考える良い機会と捉えましょう。

なぜブラックと呼ばれるのか
ブラックとよく言われますが、ブラックと言う名称は何処から来ているのでしょうか。実はこのブラックと言うのは信用情報内のブラックリストから来ています。

以前は信用情報にはお金を貸してはいけない人を記載したブラックリストが有ると言われており、このブラックリストに名前が載ってしまった人のことをブラックと表現したというわけです。

しかし実際には信用情報の中には、このブラックリストというようなものは存在していません。

審査はあくまで利用者別に記載された情報に基づいて判断されているのです。要するに金融機関はブラックかどうかを見ているのではなくて、他の申込者と同じように登録されている情報を見て同じように判断しているだけなのです。

要するにブラックと言われるような人の情報には、多くの金融機関が嫌がる情報が入っていて、あたかも一律に審査落ちしているように見えているというだけの話なのです。

複数利用できない訳ではない!複数利用するには申込時期に注意

ただし、キャッシングと言うのは複数利用ができないということでは有りません。キャッシングの申込みを行ったという情報は時期が来れば信用情報から削除されてしまいますから、それ以後は申込ブラックにはなりません。

複数のキャッシングを認めるかどうかは各金融機関の方針によって違いますから一律には言えませんが、多くの金融機関では審査さえ通過できれば、複数利用を認めています。申込みの前にはこの点を確認してみましょう。

ただし、複数利用を認めているにしても、利用している件数によっては利用を認めない場合も有るので注意が必要です。3件程度までは認めているところも有りますが、4件目以上になってくると問題視する場合が殆どです。

信用情報の記録は時期が来れば削除される

さてここで、キャッシングを複数利用することを考えてみましょう。ここまで読んでくると複数利用は難しいように感じている人もいると思いますが、そうではありません。難しのは申込ブラックになってしまう期間です。

信用情報内の情報と言うのは時期が来れば削除されてしまうもので、キャッシングを申込んだという情報は最長6カ月となっています。しかし実際には3~4か月程度で削除されてしまうようです。

したがって申込ブラックとして扱われていたとしても、この期間が過ぎてしまえば、少なくとも申込ブラックとして扱われることは有りません。あとは通常の審査基準に沿って審査が行われることになりますから、審査さえ通れば複数の利用も可能です。

複数利用を容認しているキャッシングは存在する

もちろん審査基準によっては複数のキャッシングの利用を認めていない場合も有りますから、そういったキャッシングを選んでしまうと、申込ブラックでなくても審査は落ちてしまいますから注意が必要です。

しかし多くのキャッシングでは、複数のキャッシングの利用を認めているので、審査基準で定める返済能力などを満たしているれば、新たなキャッシングの利用も可能になります。

ただし最初にも説明しましたが、2つ目以降のキャッシングの利用では、利用中のキャッシングの返済が返済能力の評価に影響することになるので、審査での評価は厳しくなってしまい、審査通過はその分難しくなってしまう事になります。

1件目のキャッシングの審査が通っているからと言って、2件目以降の審査が通過すると安易に判断してはいけません。

何件まで認めているのかは業者によって違う

では、返済能力がある場合、申込ブラックさえ気を付けていれば何件でもキャッシングの利用ができるのかと言うと、もちろんそんなことは有りません。金融機関によって許容している件数が決まっています。

先ほど説明したように複数利用を認めていない金融機関が有れば1件だけ認めている場合、あるいは2件認めている場合も有ります。しかし既に3件利用していて4件目の申込みとなってくると、認めているところはごく少数です。

もちろんこれは数が多くなってしまうと返済が怪しくなってくると金融機関が問題視するためで、実際にそういった利用者が返済できなくなってしまったという例が多数あった為にそういった審査基準ができたということです。

信用情報以外に注意すべき情報とは
複数借入れについては本文で説明した通り、信用情報中にある申込み情報や利用しているキャッシングの件数が問題になりますが、審査ではそれだけで判断されるわけではありません。返済能力が有っても審査落ちする場合が有ります。

これは法的な問題で、貸金業法の規定である総量規制では、融資できる上限を一部例外を除いて、年収の3分の1までと規定しています。

したがって複数利用するのは構わないとしていても、この上限を超えるような融資は行えない訳です。

ただしこの上限は消費者金融には適用になりますが、銀行には適用されません。銀行の場合には法的な規制は無く、各銀行の内規によって決められ、現在年収の2分の1程度まで融資している場合が有ります。

ただし現在、銀行のカードローンの甘さが問題になっており、近い将来消費者金融と同程度の規制が行われる可能性が有ります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングって複数社借入れできるの?4件以上の借入れは難しい!

複数利用には要注意!返済できなくなってしまうことも有る

しかしキャッシングを複数利用する事には合計の返済額が大きくなり、生活を圧迫するようになったり、そして返済日が月々複数になるため、管理が煩雑になって、返済を忘れる可能性も増えてしまう可能性が出てきます。

ですから大きな借入れが必要ということであれば、複数のキャッシングの利用を考えるのではなくて、借入先はあくまで1つにしておいて利用限度額の増額を狙ったほうが、ずっと返済は楽に行うことができるはずです。

もし既に複数利用していて、返済に四苦八苦しているというような場合であれば、多くの金融機関が用意している、おまとめローンを使用して、借入れしている複数のキャッシングを1つに纏めてしまうことを考えてみましょう。

キャッシングの複数利用には問題が有る

このように金融機関としてはあまり複数利用は歓迎しないまでも、絶対に融資しない訳ではありません。しっかりした返済能力が有り、過去に金融事故を起こしていなければ、複数利用できる可能性は有るのです。

しかし借入れできるかどうかの問題ではなく、複数利用することによる利用者側の問題が有るので、その点については覚悟しておかなければなりません。複数のキャッシングを利用した場合には次の様な問題が有ることが知られています。

  • 合計の返済額が高額化して家計を圧迫する
  • 返済日が複数になり管理が難しくなる

多くのキャッシングではリボ払いなどの返済方式が採用され、大きな金額の借入れをしたとしても、月々の負担はそれほど大きくなることは有りません。

しかしこれが2重3重になったら、一つ一つの返済額は大したことが無かったとしても、合計額は大きくなってしまう為、返済が家計を圧迫して、返済に行き詰ってしまう可能性も1件の借入れよりも大きくなります。

また返済日はそれぞれ別々に決められているのが普通ですから、月1回の返済日なら憶えられても、何度も返済日が有ると、ついつい忘れてしまう可能性も高くなり、入金や残高の確認を忘れて返済できないことも考えられます。

複数利用するのではなく利用限度額の増額で対処しよう

ですから、本来キャッシングの複数利用はあまりお勧めすることはできません。最初の頃は返済できるかもしれませんが、返済能力というものは刻々と変化していきますから、後々返済が苦しくなることも考えられます。

ですからキャッシングを利用するのであれば、1つに絞ったほうが良いのです。しかしそれでは少額の借入しかできないという人もいると思います。確かに利用限度額は最初は少額です。しかし利用限度額は増額してもらうことができるのです。

複数利用を考えるよりも、利用限度額を増額してもらうようにすれば、返済額は変わらず、返済日も月に1回で管理も簡単なままでいられます。

ただし増額してもらうためには、まずは借りては返すという適正な利用方法を続けて行くことが重要になります。

適正な利用を続けていれば金融機関の信用評価も上がっていくので、改めて審査を受けることによって利用限度額の増額に応じてもらえるはずです。

増額が可能になるには、概ね半年程度利用を続けることが必要で、キャッシングによっては1年程度と言う場合も有ります。その間利用限度額に不満が有ってもそれを上手に利用するように心掛けるようにしましょう。

既に複数利用している場合にはおまとめローンを活用しよう

では自分は既に複数のキャッシングを利用していて、返済を苦しく感じているという場合には、もう手遅れなのでしょうか。実はそういう人向けに おまとめローンというものが銀行や消費者金融から提供されています。

このおまとめローンは簡単に言ってしまえばローンの借換えで、おまとめローンで現在の借り入れ分のお金を借りて、すべて返済してしまい、後はおまとめローンを1つのキャッシングローンとして利用出来るものです。

こうすれば返済は1つということになり、月々に返済額は抑えられますし、返済日の管理も楽に行うことができます。ただし、おまとめローンもローンの一つですから審査が行われ場合によっては利用できない事も有ります。

既に複数のキャッシングを利用している場合には、まずは契約書などを持って、金融機関で相談してみて下さい。

おまとめローン利用の注意
本文で説明しているように現在ではおまとめローンと言う便利なローンができて、複数の借入れで首が回らなくなってしまった人でも、返済を楽にできるようになっていますが、このおまとめローンの利用には注意も必要です。

それは、おまとめローンの利用者の多くが数年後には、おまとめローンを含めてまた複数のローンを抱えることになってしまっているということです。つまり、返済が苦しくなるのが分っていながら、また同じことを繰り返してしまうのです。

ですからおまとめローンを利用する際には、なぜ自分は複数の借り入れを安易に行ってしまうのか原因をよく考えて、対策を練り、同じことを繰り返さないようにしておく必要が有ります。

もし自分だけで解決できない時には、家族などにも相談して、監視してもらう必要も有るでしょう。

ここでキャッシングを複数申し込むときの審査について纏めておきます。

  • キャッシングの審査は返済能力や信用が評価される
  • 短期間に何度もキャッシンの申込みを行うと申込ブラックとなり審査落ちとなる
  • 1つのキャッシング申込みからしばらく経過すれば申込ブラックにはならず2つ目も利用できる可能性が有る
  • 複数利用すると返済は苦しくなるので複数利用よりも利用限度額の増額を狙った方が良い

複数利用で返済に行き詰ってしまうと多重債務者になってしまい、自己破産も有り得るので十分注意してください。

【参考記事】
ローンは返済できなければ債務整理が必要!キャッシングでも同じです

閉じる
閉じる