どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングをネット上から利用する!WEB完結って何がメリット?

インターネットの普及がすごい勢いで進んでいますが、キャッシングの世界でもこれが取り入れられており、今や申込みから利用までインターネット経由でできる時代になってきています。

ただなかなか多くのキャッシングが全ての点でインターネット経由で行うまでには至っていません。

しかし最近ではWEB完結と言う利用方法を提供するキャッシングが現れ、申込みから契約、利用まで全てをインターネット経由で行えるようになっている場合も有ります。

しかしそういったWEB完結にも、やはりメリットとデメリットがあり、全てをインターネット上で行うと言うのは使いにくい面も有るので注意しなければなりません。

キャッシングをネットから利用する!ただし完全ネット化は少ない

キャッシングの申込方法は新たな技術が開発されるとすぐにそれに対応するように、その技術を使った方法が提供されてきました。

このためインターネットへの対応も比較的早く行われ、現在では多くのキャッシングがインターネット上から申し込めます。

キャッシングの申込みでは申込み情報は簡単に電子化されて送信出来ますが、必要書類はそのままでは送信できず送付するのに様々な方法が採られており、キャッシングによっては画像化してネット上から送信できる場合も有ります。

また利用という面から考えると、インターネット上から振込依頼を行えるようになっているところが多いですが、実際の利用場面ではATMからの利用が圧倒的に多いため、キャッシングを完全にネット化してしまうのは時期尚早でしょう。

キャッシングの申込み方法とは

キャッシングというのは元々は消費者金融が始めた金融商品で、当初申込みは窓口だけで行っていましたが、消費者金融の高金利で厳しい取り立てと言うやり方が嫌われたため、窓口を訪れる利用者は減ってしまいました。

こういった状況を打破するため、消費者金融は技術進歩とともに新しい技術を迅速に取り入れて、様々な窓口以外での申込み方法を次々に提供するようになっていきます。

銀行はキャッシングをカードローンと言う形で提供していますが、後発だったため、利用者の多そうな申込方法だけを提供している場合も有ります。

現在キャッシングで提供されている申込方法には次のようなものがあります。

  • 窓口
  • 自動契約機
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • インターネット経由(パソコン、スマホ、携帯電話)

特に最近利用者が多くなっているのがインターネット経由で、スマホの普及とともに増加してきています。

ネット申込みの場合の必要書類の送付方法

申込みでは申込書の提出あるいは申込み情報の送信の他に次のような書類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

これ等の書類は窓口や自動契約機であればその場で提出できますし、郵送の場合も写しを同封、FAXの場合も申込書と一緒に送信すれば良い訳です。

しかしインターネットの場合には紙媒体である以上、簡単には行きません。

そこで従来から取られている方法として別途郵送したり、FAXで送信したりと言う方法が採られていました。

最近になってカメラやスキャナといった機材が安く手に入ったり、スマホのようにもともとカメラがついているものも有り、一部のキャッシングでは書類を画像化して申込み情報と一緒に送信するという方法が提供されるようになりました。

しかしすべてのキャッシングがこういった仕掛けを用意しているのではないためネット申し込みとは言っても、まだ完全にはネット化が進んでいるわけではありません。

利用で多いのはATMからが圧倒的

また利用場面を考えてみると、融資利用方法は次の2通りの方法が用意されているのが普通です。

  • 電話やネット経由での振込依頼による銀行振込
  • ATMからの引出し

このうち通常利用されている割合を見るとATMからの引き出しが圧倒的に多くなっています。カードローンだから当たり前だろうという人もいますが、要するにこの部分で完全ネット化はされていないということです。

もちろん利用場面ではネット化を進めるよりもどちらが便利に利用できるかと言う点のほうが重要ですから、現在の所、利用者のほうも完全ネット化してかまわないというような環境にはないということなのでしょう。

もう少し社会的にネット化が進めば融資もインターネットを通じて行うのが普通になるのかもしれませんね。

申込みは自分の慣れた手段で行うのが良い
本文では様々なキャッシングの申込方法が有るが最近ではインターネット経由の申込みが増えていると説明しています。これはインターネットの利用環境に慣れている人が増えてきていると考えられますが、世の中そうではない人も多いのです。

時代の流れでスマホを誰でも持つようになったため、自分も申込みはスマホを使おうと考える人も多いかもしれませんが、問題は操作ミスです。現在では非常に簡単に申し込めるようになっていますが、ミスは発生するものです。

したがってあまりパソコンやスマホに慣れていないような人は、もっと自分が使い慣れている方法で申し込んだ方が安心して申込みが行えます。何も流行りに乗る必要など無いのです。お金のことですから確実に行えることを最優先に考えましょう。

ネットから申し込めば即日融資が利用出来るの?そうとは限らない!

ネット利用の申込みをすれば、情報のやり取りが短時間にできますから店舗に行かなくても多くのキャッシングで即日融資の利用ができるようになっています。ただし時間的な制約が有るので申込み時間には注意が必要です。

キャッシングの説明によれば即日融資が可能としていても、審査が短時間に終わるという前提が有るため、誰でも必ず即日融資が利用できると保証されているわけではなく、場合によっては利用開始が翌営業日以降になってしまう場合も有ります。

最近ではインターネット上に店舗を構えるネット銀行が出現しているので、インターネットの即時性を生かして即日融資を利用しようと考える人が多いようですが、実は普通預金口座の開設が前提になっており即日利用は難しくなっています。

即日融資が可能なキャッシングとは?申込み時間に注意!

キャッシングでの現在の潮流はより早くということではないでしょうか。多くのキャッシングが即日融資と言う言葉を使い、申し込んだその日に融資まで行えるようになっています。

もちろん即日融資ですから申込み情報の送付に時間がかかってしまっては駄目ですから、即日融資が可能な申込方法は郵送以外ということになります。その他の申込みであれば審査時間次第で即日融資が受けられるでしょう。

特にネット経由での申し込みは情報が瞬時に送信できますから、即日融資を希望する場合には窓口や自動契約機以外での申し込みでは最も良い方法とされています。

融資するためには審査が終わっていなければなりませんから、申込み時間も重要になります。例えば銀行振込で融資を受けようという場合には振込可能時間内でなければなりませんから、多くの金融機関では午前中に申込む必要が有ると言われます。

もしATM利用で即日融資を希望する場合には、ローンカードの受取りが必要ですから、申込方法はネット経由や電話でも構いませんが、最終的には店舗に行って窓口か自動契約機から受け取らなければなりません。

ただ自動契約機であれば21時程度まで稼働している場合も有るので、かなり遅くまで即日利用の可能性が有ります。

即日融資は保証されたサービスではない!

ただし、どのような申し込み方法を利用して申し込んだとしても、審査は金融機関が言っている最短時間で終わるという保証は有りません。したがって即日利用を目的に申込んでも、審査次第で難しくなる場合も有ります。

このため多くの金融機関で即日融資と言う言葉で利用者を集めてはいますが、必ず即日融資ができると言っているところは1つも有りません。

あくまで可能性が有るということですから、あまり過剰な期待をするべきではありません。

金融機関というものはお金を貸して返済時に付けてもらう利息が利益になっていますから、融資はしたいのですが、返済されなければ大きな損失になってしまう為、審査が終わらなければ融資はできません。その点理解しておきましょう。

ネット銀行に注意!利用開始までに意外に時間がかかってしまう

インターネット経由で申し込めば申込み情報も必要書類も瞬時に送れるから、即日融資の可能性も高くなると考えがちですし、確かにそういった面が無いとは言えません。しかしそうとは限らない場合も有ることは知っておきましょう。

現在銀行の中には実空間には店舗を持たず、全ての業務をインターネット上のバーチャル空間で行っているネット銀行というものが有ります。このネット銀行の場合もキャッシングを提供しています。

すべてネット上で行うのであれば、さぞや処理が早く、審査上の問題さえなければ即日融資も確実に行えると思いがちですが、残念ながらそう言うものでもありません。

これ等のネット銀行の場合には、キャッシングの利用の前提として普通預金口座を持っていなければなりません。このため既に普通預金口座を持っていれば確かに即日利用も可能ですが、そうでなければ、時間がかかってしまうのです。

各銀行によって違いますが、多くの場合普通預金口座の開設とともに送られてくるキャッシュカードを受け取った後でなければキャッシングの利用ができません。このため1週間から2週間かかってしまうことも有るのです。

即日融資を利用しなければならないような状況になっていはいけない
本文で説明しているように即日融資と言うのは必ず利用出来るというものではありません。したがってどうしても今日中にお金が必要というような場合には、対応できなくなってしまうことも無いとは言えません。

ですから重要なことは即日融資が必要になるような状況に追い込まれてはいけないということです。そのためには先々を見通して、何時頃どのくらいのお金が必要で、その内どの程度の借入れが必要なのかを見極めることが重要です。

そうした見通しを持つためには、自分のお金というものを管理して、収入とともに、どういった支出が有るのかも管理し、更に生活においても長期的な視野に立って何時頃何が起きるのかを見通せなければなりません。

WEB完結と言う利用方法が有る!そのメリットとデメリットとは?

最近になってインターネットを更に生かす形のWEB完結と言う方法を提供しているキャッシングが登場にて注目されています。このWEB完結は申込みから契約や利用まで全てをWEB上から行うというものです。

申込みでは他のキャッシングでも行っているように申込み情報と証明書類をWEB上から送信し、審査でも勤務先に電話がかかるような在席確認は行われず、審査に通過したらWEB上で契約し、利用もWEB上から振込依頼を行います。

このWEB完結のメリットは、申込みから利用開始までが完全にWEB上でできる為非常に手間がかからないことです。しかしWEB完結を利用するためには、在席確認に代わる確認として、指定された銀行に普通預金口座を持っている必要が有るなどデメリットもあります。

WEB完結と言うキャッシングの利用方法がある

現在のキャッシングの中にはWEB完結と銘打ったものがあります。このWEB完結と言うのは申込みから利用まで全てをWEB上で行うというものです。したがってこの申込みではインターネット上以外を想定していません。

例えば他のキャッシングでは審査中に本人確認の一環として申込者の勤務先に対して実際に申込者が在籍しているかを確認するための電話を入れますが、電話はインターネット上ではありませんから、このWEB完結では行われません。

また利用場面でもATMというような実空間の装置を利用することを想定していません。

したがってカードローンの1つとは言われていますが、実際にはATMは利用しませんからローンカードの発行も有りません。

WEB完結の申込みのから利用までの流れ

ではWEB完結の申込みから利用までの流れを見て行くことにしましょう。WEB完結とは言っても要するにインターネット経由で申込みを行う為、他の申込方法と大きな違いが有る訳ではありません。利用までの流れは次のようになっています。

申し込み

 ↓

審査

 ↓

契約

 ↓

銀行振込依頼

 ↓

銀行振込による融資

これ等の流れは全てインターネット上で行われることになり、まさにWEB上で完結しているわけです。

ただし説明したように在席確認が行われませんから、金融機関としては本人確認を別の方法で行わなければなりません。このため申し込みに条件が付いていて、関係する銀行に普通預金口座を持っている必要が有ります。

これは普通預金口座の開設には本人確認が行われるためで、要するに在席確認が無い代わりに普通預金口座の開設時の本人確認を利用しているということです。

WEB完結のメリットとデメリット

そこでWEB完結のメリットとデメリットについて纏めておくことにします。

メリット デメリット
  • 申込みでは書類も含めて申込み情報が送信可能
  • 審査では在席確認が無い
  • すべてWEB上で行われるので手間がかからない
  • 申込条件として特定銀行の普通預金口座が要求される
  • ローンカードの発行が無く直接ATMから融資の引き出しができない
利用者によっては在席確認が無いという点だけで、このWEB完結を選ぶ人もいますが、やはり大きな問題である利用場面でATMから直接融資が引き出せないのは見逃せません。したがって、こういった点を総合的に考える必要が有りそうです。

WEB完結を利用するとすれば、通販を多用していて、買い物も実店舗ではあまり行わないというようなライフスタイルの人には便利なのではないかと考えられます。

世間一般から考えれば、まだ時期尚早と言えるかもしれません。

銀行振込の時間制限に注意
銀行振込と言うのは現在基本的には銀行の営業時間内ということになっており、その時間を過ぎてしまうと、振込依頼は受理されたとしても実際に振り込まれるのは翌営業日ということになってしまいます。

このため週末に利用するお金を金曜日に振込依頼をしたとしても、時間が間に合わず翌営業日である月曜日になって振込みが行われたというような事も発生してしまう可能性が有る訳です。

現在銀行業界ではこの振込みを24時間年中無休で行えるように検討が進んでおり、一部の情報によれば2018年10月8日から実施すると言われています。

その時点でキャッシングもそれに対応されれば、いよいよ銀行振込による融資の利用も便利さを増してくるのではないかと考えられます。

キャッシング選びは使い勝手が大切!申込方法で選ぶべきではない

キャッシングの特徴と言うのは、他のローンに比べて利用期間が非常に長く、何度も借入れと返済を繰り返すことができるという点で、他のローンには無い大変使いやすいものと言えるでしょう。

WEB完結と言うのは在席確認が無いということで、現在非常に注目を浴びていますし、確かに申込みも簡単で良いのですが、利用場面での制約も多く、使い勝手が自分に合っていないと使いにくいと感じることになります。

ですからキャッシングを選ぶ場合には、魅力的に見える部分だけに注目するのではなく、自分の利用場面を考えて、最も使い勝手の良いものを選ぶというスタンスで沢山あるキャッシングの中なら自分本位で選ぶべきでしょう。

キャッシングの特徴は長く利用するということ

キャッシングもローンの一種ですが他のローンとは大きく違っている部分が有ります。他のローンというのは一度融資を受けたら、後は完済するまで、ひたすら返済が続くわけですがキャッシングは違います。

キャッシングの場合には融資を受けて返済するという利用方法を何度も繰り返すことができます。

このため利用額は通常少額ではあっても、キャッシングは非常に長い期間利用することになるのが普通です。

借入れは一回と言う場合であれば、例えば利用場所が多少遠かったとしても問題ではありませんが、何度も利用することになると、利用出来る場所が遠かったら使い難くなってしまいます。

このようにキャッシングの場合には他のローンに比べ使い勝手が大変大きな問題になってくるのです。

WEB完結の利用で簡単に申込みできても使い勝手が悪くては無意味

このため例えばWEB完結を利用して簡単に申込みができたとしても、利用場面を考えた場合、現金の利用しかしないと言うのであれば一度銀行振込を依頼して、振込み後にATMに行って自分のキャッシュカードで出金しなければなりません。

このように利用が面倒になるようなものは何もWEB完結に限った話ではありません。それぞれのキャッシングに特徴が有り、利用出来る場所などにも違いが有るので、利用者にとって使い勝手はそれぞれ違うのです。

ですからキャッシングを選ぶ場合には、申込方法と言うよりも、利用場面を考えたうえで自分が最も使い勝手が良いと思うものを選ぶべきでしょう。

そうでなければ長く使っていく上で、使い難くてしょうがないと感じることになりかねないのです。

したがってインターネット全盛の時代ではありますが、キャッシング選びではあまりWEB完結などにとらわれないほうが良いのではないかと考えます。

どうやってキャッシングを選べば良いのか?

ではどうやってキャシングを選べば良いのかと言うと、キャッシングには様々なものが有るので、まずは自分の周囲やインターネット上にどのようなものが有るのかを調べ、自分が利用可能なものの情報を集めましょう。

次に自分の利用場面を想像して、利用するキャッシングには何を求めるのかを考えてみて下さい。キャッシングに求める条件を箇条書きにしたうえで、集めておいた情報をその条件で評価して、最も条件を満たすおのを選びましょう。

この場合全国展開している金融機関だけではなく、近くにある地方銀行や信用金庫のキャッシングも検討対象になるはずです。

こういったところはまだインターネット対応が不十分の場合も有りますが、要は使い勝手の問題ですから、多少申込みが面倒になっていたとしても目を瞑るようにしましょう。

キャッシング選びでは返済方式にも注意
キャッシング選びでは返済についても気を配っておきましょう。特に返済方式は月々の支払額にも関わってきますから大変重要な確認ポイントになるはずです。キャッシングの返済方式には概ね次の2つが有ります。

  • リボルビング方式
  • 残高スライド方式

リボルビング方式には様々な物が有り残高スライド方式も一種のリボルビング方式なのですが、ここでは月々の返済額が元利合計で一定になるものを指し、多くの消費者金融で利用されています。

残高スライド方式は借入残高を何段階かに区切ってそれぞれに元利合計の返済額を決めている方式で主に銀行のカードローンで利用されています。

返済から考えれば返済額が変わらないリボルビング方式のほうが見通しが立てやすいのですが、リボルビング方式には借入額が増えると利息が増え元本の返済が遅れ、返済総額が膨らむという欠点が有るので要注意です。

このように返済方式についてもどちらが自分に合っているのかよく考えて選ばなければなりません。

ここでキャッシングをネット上から利用することについて纏めておきます。

  • 申し込みから利用まですべてを完全ネット化している例は少ない
  • 即日利用を狙ってネットから申し込んでも必ずしも即日利用ができるとは限らない
  • WEB完結と言う申込方法が有り完全ネット化されているが使いにくい面も有る
  • キャッシング選びは使い勝手で選んだほうが良いものが選べる

インターネットを利用するのは便利なのですが、それにそぐわない点というものも随所にあるので、キャッシング選びでも重要なのは何なのかを見極めて利用するようにして下さい。

【参考記事】
ネット上からキャッシングを申し込みたい!何かデメリットってあるの

閉じる
閉じる