どうしても審査に通りたい人向けサイト

審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

キャッシングの利用を考えている人が最も気になるのが自分が審査に通るのか通らないのかと言う点で、誰もがどこかに審査なしのキャッシングは無いものかと考えているかもしれませんが、残念ながらそんなキャッシングは有りません。

次に考えそうなのが、審査が無いキャッシングが無いのであればできるだけ審査が緩いキャッシングはどこなのかということでしょう。しかし審査の難易度と言うのは申込者ごとに違い一概には言えず、口コミもあてにはなりません。

ですからキャッシング選びでは、あまり審査を気にするのではなく、自分の使い勝手が良いものと言う視点で選んだほうが良いキャッシングを選べる可能性が有ります。まずは自分のキャッシングへの希望を纏めてみましょう。

審査無しのキャッシングって有るの?残念ながら有りません!

キャッシングの審査と言うのは返済の可能性を探るために行われているものであって、金融機関はこれによって、返済できないような人への融資を回避して、損失を無くし確実に利益を上げられるようにしているわけです。

もし審査を行わなければ金融機関はどのような人なのかということが分らず、安心して融資を行うことができませんし、銀行などの場合には融資するお金は預金者から預かったものですから、そういった人からも問題視されるでしょう。

こういった事を考慮すればわかるように、審査を行わないまま、融資しようという金融機関は有りません。申込者のほうから考えれば審査が無いほうが良いのかもしれませんが、そんな業者は一生探しても巡り会えないでしょう。

審査は何の為に行われているのか

キャッシングにおける審査と言うのはある種の申込者にとっては邪魔でしかない存在でしょう。それが有るためにキャッシングの利用できなくなるものだからです。そこでなぜ審査が必要なのか考えてみましょう。

金融機関も企業ですから利益を出さなければ生き残っていけません。では金融機関の利益と言うのは何でしょうか。現在では様々な金融商品が有りますから一概には言えませんが、キャッシングでの利益で考えてみましょう。

キャッシングでお金を貸した場合、貸したお金をそのままの金額で返してもらったのでは利益にはなりません。金融機関はあらかじめ決めておいた金利にしたがって利息を計算し、元本に加えて返済してもらいます。

そしてこの利息こそが金融機関のキャッシングにおける利益になる訳です。

そこで金融機関は審査を行って、キャッシングの申込者は本当に返済してくれるのかどうかということを融資する前に確認を行っているわけです。

審査では何が行われているのか
審査は各キャッシング毎に作られている審査基準によって行われています。これらの審査基準は各金融機関が長い年月をかけて時には損失を出しながら作り上げたもので、決して他に出すようなことはしません。

したがって、詳細な審査基準は見ることはできません。しかし、概ねどのようなことが行われているのかということは容易に想像することが可能で、次のような項目について、様々な確認が行われている筈です。

  • 申込者が本人である確認
  • 申込者に返済能力が有るかどうかの確認
  • 申込者が信用できるかどうかの確認

これ等の確認を行って返済してもらえるという判断になった場合には、審査を通してキャッシングの利用ができるようになりますが、どこかに問題が有った場合には審査が否決され、融資を受けることはできません。

審査を行わなければ金融機関は安心して融資することはできない

もしこの審査を行わなかったらどういうことになるでしょうか。まずそんなことをしたら安心して融資を行うことはできませんから、金融機関はキャッシングから撤退するか廃業を選択することになるはずです。

例えば返済能力が無い人に貸してしまったとしたら、返済ができなくなる可能性が高いですから、利息どころか元本の回収すらできなくなってしまいますから、金融機関としては利益どころか大きな損失になる事になります。

世の中善人だけとは限りませんから、審査が無いと聞けば、最初からだまし取ろうという人も現れてくることは容易に想像できます。このような訳で金融機関はただお金の施しを行っていることになりかねない訳です。

そんな状態になればたちまち倒産してしまいますから、結局審査を行わないような融資は安心して出来ないということになります。

また銀行の場合には融資するお金というのは預金者から預かったお金であり、それを審査もしないで融資して損失を出してしまえば、預金者に顔向けできず、そういった面でも大きな問題になってしまいます。

正規業者では審査が無いキャッシングは提供されていない

そういうわけで一部の申込み予定者が期待しているような審査が行われないキャッシングを提供しているような正規の金融業者は残念ながら存在しません。

探すのも良いですが、全くの時間の無駄ということになります。

逆に言えば、審査が有るおかげで返済できなくなるような融資を受けなくて済むということですから、審査に通りそうにないような人の場合には無理して審査に通るキャッシングを探すよりも、まずはそういった状態を抜け出すことを考えましょう。

どうしてもお金が必要ということであれば、民間の融資を探すのではなく、公的な貸付を考えるなど、まだまだ取れる方法というものがある筈で、無理して民間のキャッシングに拘る必要はありません。

審査には難易度が有る!審査が緩い金融業者を探すことはできるのか

このように審査は残念ながら避けることはできませんが、審査にはキャッシング毎に難易度が有り、一般的に見てだいたいの序列がができていて、通りやすいものも有れば通りにくいと言われているものも有ります。

ただしこの序列は一般的なもので、審査の内容である審査基準はそれぞれ違っている為、その内容によっては感じられる難易度は人によって違ってくるもので、一般的な序列から考えると厳しいものでも緩く感じられる場合も有ります。

またそういった難易度について実際の利用者の体験に基づいた情報として口コミ情報が有りますが、他人の体験が自分に当て嵌まるかどうかは一概には言えず、しかも虚偽情報も含まれているのであまりあてにするのも問題があります。

審査は有るが難易度はぞれぞれ違う

キャッシングを使う以上審査と言うものは避けて通ることはできません。しかし審査と言うのは金融機関あるいはキャッシング毎でも難易度が違い、非常に厳しいキャッシングが有れば緩いものもあります。

審査の難易度には一般的な認識では金融機関によって次のような序列が有ることになっています。

(難) 銀行 > 大手消費者金融 > 中小消費者金融 (易)

ただし、これは一般的な認識であって、個々の金融機関を見た時は必ずしもこの通りにはなっていません。

例えばキャッシングを提供している金融機関が多数あるため、あまり名前が知られていないような金融機関では審査を緩くして利用者を増やそうとする場合も有ります。

一般的な認識では大手消費者金融よりも銀行のほうが審査が厳しいということになっていますが、銀行の中には消費者金融よりも審査が緩いと噂されるような場合も有り、先程の序列を壊しているようなことも多々あります。

銀行の審査は厳しくなる方向
最近になって銀行が消費者金融よりも法的な規制が緩いということも有って、審査が緩いうえに、融資上限も高くなっており、高額融資が横行しているのではないかという指摘がなされており問題になっています。

このため現在銀行ではそれぞれの提供しているカードローンの審査基準や融資内容の見直しが行われていて、いつまでも今のような状態は続かないと考えることができます。

近い将来はやはり例外なく本文に示したような序列になって銀行のカードローンを利用するのは難しくなってしまう可能性が高くなっています。

もちろんそうなったとしてもしっかり返済していけるということが示せれば問題は無い訳ですから、現在よりも健全な融資が行われるようになり、多重債務に陥るような事も減って喜ぶべきことと考えるべきでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

審査が緩い金融業者は人によって違ってくる

そこで審査を避けることができないのであれば、できるだけ審査が緩いキャッシングを探したいと考える人もいるでしょうが、審査の緩さを調べるのはそう簡単なことではありません。

審査と言うのは各キャッシングがそれぞれ用意している審査基準をもとに行われることになります。この審査基準はキャッシング毎に内容が違っており、重視する点についてもそれぞれ特徴を持っている筈です。

このため利用者の状態に即して考えてみれば、通り易い条件になっている場合も有れば、通り難い条件になっている場合も有ると考えられます。前者の場合には審査は緩く、後者の場合には審査は厳しくなる訳です。

このように審査の難易度と言うのは一概には言えず、同じキャッシングでも緩く感じる人もいれば厳しく感じる人もいます。また別のキャッシングでは全く逆になってしまう可能性も有ります。

ですから審査が緩い金融業者あるいはキャッシングというのは人によって違ってしまうということです。

口コミ情報もあてにはならない

キャッシングの情報には実際に利用した人が経験に基づいて投稿している口コミ情報というものがインターネット上にあります。この口コミ情報は利用者の生の話が聞けるということで人気が有ります。

しかし、インターネット上の投稿と言うのは誰でも行うことができ、申込者を獲得する目的であれば業者自体が情報を投稿して良い評判を流すこともできます。

こういったわけで、最初は利用価値が高かった口コミ情報でしたが、現在では、そのまま信用できる情報ではなくなってしまいました。

このため、この口コミ情報で利用するキャッシングの審査の難易度を見て申込むキャッシングを決めようという人もいるのかもしれませんが、そのような他人のしかも本当かどうかも分からない話で決めるのは止めたほうが無難です。

キャッシングは自分の使い勝手で選ぶべき!選び方を考えてみよう

審査が無いキャッシングが無い場合にはせめて審査が緩いものを探そうという人も多いと思いますが、実際問題として審査が緩いという判断は簡単ではなく、結局最も目安になるのは自分が使いやすいのかどうかということになるでしょう。

そこでキャッシングを選ぶ際には自分の周囲からキャッシングの情報を集め、自分がどのようにキャッシングを利用するのかということをよく考えて、自分の要求を満たすものを選ぶようにすればよいのではないでしょうか。

もしそういった選び方をして審査に落ちてしまう場合も考えられますが、その場合には暫く期間をおいて、何が審査で問題になったのかを考えて、必要であれば再度選びなおして申込先を選ぶようにしましょう。

キャッシングは自分の使い勝手が重要

審査の難易度も正確には分らず、口コミ情報もあてにはならないということで、結局キャッシング選びで審査の難易度を調べるのはそう簡単なことではないことが分ったはずです。

しかも審査は避けては通れないのですから、審査を避けるとかなるべく緩いものと言う視点でキャッシングを選ぶのは、結局徒労に終わることになるので止めたほうが良いでしょう。

そもそもキャッシングと言うのは自分で利用するものですから、他人が流したような情報で選ぶべきではないのです。

しかもキャッシングというのは借りたり返したりを繰り返して非常に長期に利用するものですから、その点も考慮して自分の使い勝手から選んだほうが良いものが選べるはずなのです。

長期に利用できないキャッシングは損失に繋がる
もし使い勝手が悪いキャッシングを選んでしまった場合、結局短期間で利用をしなくなり、改めて別のキャッシングの利用を申込むことになってしまうはずです。

キャッシングの金利と言うのは金融機関とのお付き合いの度合いで決まり、適正な利用が続けば続くほど信用も高くなっていきます。信用が高くなれば金利が下がり、有利な利用ができるようになっていくものです。

ところが短期間で別のキャッシングに移行してしまった場合には、それまでのお付き合いは別業者になってしまうので、評価の対象にはならず、金利はその分高い設定のままということになってしまいます。

このように自分の使い勝手の悪いものを選んでしまうと、なかなか有利な金利にすることができず、将来損失に繋がってしまう可能性も有るのです。

どのようにキャッシングを選べば良いのか

ではどのようにキャッシングを選べば良いのか考えていきましょう。まず行ってほしいのは、周囲にある金融機関のキャッシングにはどのようなものがあるのか調べて、それらの情報を集めてください。

周囲と言うのは場所的に近くという意味も有りますが、インターネットを良く利用するのであればネット銀行なども利用出来る可能性が有ります。キャッシングを提供している金融機関には次のようなものが有ります。

  • 銀行(大手銀行・地方銀行・ネット銀行)
  • 信用金庫・信用組合
  • 大手消費者金融
  • 中小消費者金融

テレビでよく見る大手銀行や大手消費者金融の他にも、身近に多数の金融機関が有るので、相当数のキャッシングが利用出来る可能性がある筈ですから、漏れの無いようによく調べて情報を集めて下さい。

次に自分がキャッシングを利用する場面を考えて、どんな条件を満たしている必要が有るのかを検討してください。条件が纏まったら、集めていたキャッシングの情報から、その条件を最も良く満たしているものを探してみましょう。

そのキャッシングこそが自分の条件をよく満たす、使い勝手の良いものと考えることができます。

もし審査に落ちてしまった時は

良いものを選んで申込んだけれども、審査に落とされてしまったという場合も出てくると思いますが、そういう場合にはすぐに別のものを申込んでしまうと、やはり落とされてしまうので注意しなければなりません。

ローンの申込み直後と言うのは申込ブラックと言う状態になっていて、6カ月を超えない期間で審査に通らなくなっています。そこでこの期間を使って、審査に落とされた原因を考えてみましょう。

返済能力が低すぎるのか、或は過去の金融取引きで何か問題が有るのか、よく考えてみてください。何らかの原因が思い当たるのであれば、その対策ができるのを待って、再度借入れするかどうかから考えてみましょう。

もし返済能力上問題が無いにもかかわらず何度も審査に落とされてしまうという場合には信用情報に問題がることが考えられるので、情報の開示請求をして確認することも検討してみましょう。

審査無しの業者は利用してはいけない!その業者は闇金かもしれません

審査が無い業者は無いと言いましたが、実はそういった業者も探し方によっては見つかるかもしれません。ただしそういった業者は返済が厳しくなった時もどんな手段をとっても回収する自信のある闇金と言われる類の業者です。

したがってこういった業者を利用するのは大変危険なため、自分を守るためにも、利用を考えている場合には、申し込む前に、その業者が闇金ではないことをしっかり確認しておかなければなりません。

もし、もはや借入れできる業者が闇金しか存在しないという状況に追い込まれてしまった場合には、民間での借入れは難しいので、公的な貸付の利用など別の方向から、危険ではない方法の利用を考えることが重要になります。

審査が無い業者も存在はしているがそれは闇金です

先程は正規の金融業者には審査が無いキャッシングは無いと説明しましたが、金融業者は正規業者だけとは限りません。法的に義務付けられた業者登録をしていないような非正規業者も多数存在しています。

こういった非正規業者のことを別名闇金と呼んでいて、こういった業者では審査は行っていないかあるいは形式的に行ったふりをしているところが実際に存在しています。

このような業者でも返済が行われなければ正規業者と同じように損失になるだろうと考える人もいるかもしれませんが、確かのその通りですが、要するにそういった業者は、どういった手段を使ってでも回収する自信が有るのです。

したがってもし融資の返済が滞れば、怖いお兄さんの訪問を受けたりすることになるかもしれない業者なのです。

闇金の手口とは
最近では規制や取り締まりが厳しくなっているので、闇金も大っぴらに違法なことはやらない場合も有りますが、今でも法令を無視して様々な手口で酷い商売をしているところもあります。

まず申込んできた場合、様々な理由を付けて、融資の前にお金を振り込ませようとする手口が有ります。

お金が必要なのに初めに申込者のほうに振り込ませるわけですから、ちょっとおかしいのですが、正規業者でもそういったことがたまに有りるので、これだけで闇金を見分けられるわけではありません。

また融資をして返済ができなくなると、とにかく利息だけを入金させ、それもできなくなると、別の闇金を紹介して利息分を借りさせ支払わせます。これで返済はさらに苦しくなって、返済できなくなるとまた別の業者を紹介します。

こうして次々に借入れを行って、利息だけを支払わせ、元本は一切減らない状況を作って、多重債務者となり、搾り取られるという手口も有ります。

いずれにしてもこういった業者を利用したら身の破滅を覚悟しなければなりません。

キャッシングを利用する前に業者を確認しておこう

そこでこういった業者の利用を避けるために、もし中小の消費者金融を利用するのであれば、その業者が闇金ではないことを確認しておく必要が有ります。

もちろんこういった正規業者には審査が有りますから、その点で見分けられると考える人もいますが、それだけで判断するのは危険です。

こういった確認は店舗に行っても簡単には出来ませんが、正規業者の場合には法律に則って業者登録がある筈です。この登録情報はデータベース化されて金融庁のホームページで公開されており、誰でも検索することが可能です。

そこでこの検索機能を使って利用しようという業者を検索して、次の情報を確認してみてください。

  • 業者名
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 所在地
  • 電話番号

闇金では実際の登録業者を騙って業者名や登録番号等を表示している場合も有るので、必ずここに示した情報がすべて一致するかどうかを確認するようにして下さい。

闇金しか選択肢がない場合には別の方法を考えよう

ではどの正規業者に行っても融資を断られ、もはや闇金しか融資してくれる金融業者がいないという場合にはどうすれば良いのでしょうか。仕方なく闇金を利用するという選択肢はありますが、それは危険ですからやめましょう。

一つの考え方としては民間の融資は利用できないということですから、公的な貸付を使うというものがあります。

公的貸付にもいろいろとあるのですが、条件次第で無利息あるいは非常に低金利で借りることも可能なので調べてみてください。

生活費のためにお金を借りたいが返済の見込みがないということであれば、もはや借入れは難しいので、生活を立て直すまで生活保護を利用するという手段も有ります。一度役所に行って相談してみてはいかがでしょうか。

ここで審査なしのキャッシングについて纏めておきます。

  • 審査なしのキャッシングは正規業者の提供するものには無い
  • 審査が緩い業者は申込者によって違い簡単には判断できない
  • キャッシングは自分の使い勝手を重視して選ぶべき
  • 審査の無い業者は闇金で利用は避けなければならない

審査は嫌なものかもしれませんが、お金を借りる以上業者としては必要なもので、避けることを考えるのではなく、積極的に自分の返済能力等を証明する機会だと捉えることが必要でしょう。

閉じる
閉じる