どうしても審査に通りたい人向けサイト

ネット上からキャッシングを申し込みたい!何かデメリットってあるの

キャッシングの申し込み方法には様々なものが用意されてきていますが、最近利用者が増えているのがネット上からの申し込みで、大手から中小業者までネットからの申し込みができるような仕掛けを用意しています。

ネットから申し込めればどこからでも申し込みができるので便利ではあるのですが、半面カードの受渡しなどの面で時間がかかると言ったデメリットが無い訳ではありません。

またネット上からの申込みを行なおうとする人が多くなってきているとはいっても、あまりネット利用に慣れていないのであればミスをする可能性も有るので、自分が安心して行える方法を選んだほうが良いでしょう。

キャッシングの申し込み方法は様々!最近はネット利用が増えている

キャッシングは歴史が長く、窓口だけの対応だったものが技術進歩に対応して自動契約機から始まり、様々な申込方法が提供されてきていています。インターネット対応も行われており、パソコンを始めスマホ、携帯電話からでも申し込めます。

もちろん最初は大手金融機関がこういった方法を開拓していましたが、インターネットの場合はそれを利用することにより少ない費用で全国展開も可能になるため中小の金融機関も積極的に申込方法として提供するようになってきています。

ただし、ネット上からの申し込みに対応していたとしても、本審査や契約の段階で店舗に行くことが条件になっている業者も存在しているので、ネット申し込みが有るからと言って必ずしも申し込み全般ができるとは言えませんから注意してください。

キャッシングにはいろいろと申込方法が用意されている

キャッシングというのは元々は消費者金融が提供してきた金融商品で、銀行のカードローンは消費者金融の利用者増加を見て、銀行が参入してきたものです。このためキャッシングの申し込みについて調べる場合も消費者金融を抜きにはできません。

キャッシングの申し込み方法には、現在次のようなものが用意されています。

  • 窓口
  • 自動契約機
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • インターネット経由(パソコン・携帯・スマホ)

消費者金融がまだサラリーマン金融(サラ金)と言っていた時代にはキャッシングの申し込みは窓口だけで行っていました。

ところが最初は人気のあったサラ金でしたが、高金利で厳しい取り立てなどを行ったため社会問題化してしまい利用者が寄り付かなくなってしまいました。

要するにそんな業者には行きたくないというわけです。このため消費者金融はそういった悪いイメージの払拭に力を入れたり、もっと申し込み易い方法を模索することになります。

現在キャッシングの申込方法がこのように多彩になったのは、新しい技術が開発されると、すぐにそれを利用して申し込みを可能にしようという消費者金融の意志が存在したためです。

そして現在利用者が急増しているのがインターネット経由の申し込みで、パソコンで家に居ながらにして申し込めるどころか、スマホを使えば何処にいても申し込みができるようになりました。

大手から中小業者までネット申し込みに対応してきている

しかし、そんな新しい技術を取り込めるのは大きな業者だけではないか、小さな業者を利用しようという場合には、やはり店舗に行かなければならないのではないかと考える人もいるでしょう。しかし現実は違います。

もちろん小規模業者の中には窓口かあるいは電話での対応しかしていない場合も有りますし、かつて自動契約機が登場してきたときには大手以外は準備できませんでした。

しかし今はやりのインターネットは違うのです。ホームページさえ作れるだけの資本が有れば、小規模業者でもインターネット上に申込方法を提供することが可能なのです。

このためインターネットと言うのはこういった小規模業者にこそ歓迎されているのです。現在では以前は周辺地域だけしか営業活動ができなかった業者がインターネットを使って全国展開している例がたくさんあります。

ネット申込みができても申込み地域が限定される場合も有るので要注意

このように今や小規模業者でもホームページを持っているのがもはや当たり前のような時代になってきてはいますが、ホームページを持って、やろうと思えば全国を相手に融資を行うことができても、実態が伴っていない場合が有ります。

これはあくまで個々の業者の方針によるものですから、良い悪いというような問題ではないのですが、インターネット上から申し込みができたとしても、本審査以降は店舗に行かなければならなかったり、契約だけは窓口で行うという業者が有ります。

そういった業者の場合、例えば九州の業者を気に入ったからと北海道から申し込むことはできても、利用するために契約をしに店舗に来てくださいと言われたって、おいそれとは行けるものではありません。

したがってこういった業者の場合にはインターネット経由での申し込みができたとしても、利用できるのは従来のように近隣に居住あるいは勤務先が無ければ事実上は申し込むことができません。

また銀行の場合、全国展開している大手銀行の場合は全国から申し込みができますが、営業地域が限られている地方銀行や、銀行に準ずる信用金庫などの場合にはやはりインターネットからの申し込みができたとしても利用は無理な場合も有ります。

銀行のカードローンの申し込みに注意
銀行の場合には後発ということも有って、消費者金融とはちょっと考え方が違っている場合が有ります。消費者金融はキャッシングでの長い歴史を持っていますから、これまで提供してきた申込方法は新たな方法が加わっても残しているのが普通です。

しかし銀行の場合には歴史的な経緯が有りませんから、消費者金融が提供している申込方法の中なら、利用者が多い方法だけを選んで申込方法を提供している場合が有るのです。つまり本文で挙げた申込方法の一部しか提供していないのです。

したがって銀行の中には店舗でカードローンの申し込みをするような場合には窓口での扱いが無く、店頭に置かれた自動契約機のみで対応しているようなところも存在していますので、申し込みの場合には予め調べておく必要が有ります。

ネット申し込みは便利だがデメリットもある!予め確認しておこう

ネット申し込みは便利だと考えがちですが様々なデメリットも存在するので注意しなければなりません。

ネット上からの申し込みは家に居ながら、あるいはスマホ等を利用すれば何処にいたとしても行うことができ大変便利ですが、キャッシングの申し込みは申し込み情報だけではなく証明書類の送付が有ることを忘れないでください。

現在でも書類については郵送やFAXを利用しなければならないキャッシングが存在しています。

またキャッシングをATMから利用するためにはローンカードを受け取る必要が有りますが、これは店舗に行かない限り郵送になるため時間がかかります。

キャッシングによってはネットで申し込んだとしても、結局契約は窓口で行うようになっている場合が有り、何のためのネット利用かわからないようなところも有ります。

申し込みに当たっては必要書類の送付が面倒

インターネット経由の申し込みはどこからもできて大変便利なように見えますが、世の中にはメリットがあればデメリットも有るもので、インターネット経由で申込む場合にもデメリットになる部分が存在しています。

まずキャッシングの申し込みでは申込書を金融機関に対して提出しなければなりません。

ただしインターネット経由の場合には申込書を提出する代わりに申し込みの入力フォームから申込書と同様の内容の情報を入力して送信することができるようになっています。

このようにこの申込書についてはインターネットに対応しているわけです。しかし申し込み時に提出する書類は申込書だけではありません。申し込みに際しては本人確認書類や場合によっては収入の証明書類の提出が要求されます。

未だ多くのキャッシングではこの証明書類については申し込み情報とは別途FAXで送るか、あるいは郵送するというようにインターネットに対応できていない部分が有って、ちょっと面倒なところが残っています。

ただし、最近では画像化して申し込み情報と同時に送信できるキャッシングも出てきています。しかし、この場合もデジカメで写真画像を作るか、スキャナで読み込む必要が有りやはり不便です。

またスマホからの申し込みでは、カメラ機能が利用できますから、専用アプリを提供して申し込み情報の入力と同時にカメラ機能を起動して必要書類の画像を撮影して、いっしょに送信できるようになっている場合も有ります。

このように必要書類の提出は面倒な面も有りますが、スマホの登場で今後多くのキャッシングで改善されていくのではないかと考えられます。

ローンカードの受渡しに時間がかかる

デメリットはまだあります。キャッシングを利用する方法としては次の2つが一般的です。

  • ローンカードを使ってATMから融資を引き出す
  • 振込依頼を行って銀行振込みで融資してもらう

しかし利用されているのはローンカードでATMから引き出す方法が圧倒的で、カードローンと言えばATMを連想するのが普通になっています。

しかしこのATMから融資を引き出すには、通常専用のローンカードが発行されて、それを利用します。ですからATMから利用するためには金融機関からローンカードを受け取る必要が有る訳です。

しかし店舗ならともかく、例えば家にいて申し込みを行ったとしたら、ローンカードは物理的実体が有る訳ですから、郵送してもらわなければ受け取ることができません。

このため契約が成立していてもローンカードが届くまではATMからの利用ができず、銀行振込を利用するしかありません。

キャッシングによってはインターネット経由で申し込んだあと、審査が通過すれば、契約以降カードの受け取りまでを店舗の自動契約機から行えるようになっているところも有ります。

しかしそもそも店舗に行きたくない人のために様々な申込方法を提供してきたわけですから、この方法は解決になっていません。

自動契約機で受け取るのであれば、そもそも最初から自動契約機で申し込みを行ったほうがずっと効率的なように思えます。

ネットで申し込んでも契約は窓口というキャッシングも有る

またこれは一部のキャッシングに限定されますが、インターネット上から申し込みを行い 仮審査に通過した後、本審査や契約は店舗の窓口に来てから行うというキャッシングも存在しています。

こういった方法は中小規模の消費者金融や、地方銀行などに多くインターネット対応と言いながら、申し込みから利用までの全過程ではなく一部だけに対応したという程度になっている訳です。

申し込みを考える場合には申し込みがインターネット経由で行えるからと言って、契約までをすべてインターネット経由で行える保証はないので、事前にそういった点についてよ良く調べておかなければなりません。

もし店舗などに行かなければ利用に至らないというのであれば、最初だけインターネットを利用するということのメリットはあまりありませんので、どうせ行くので有れば直接店舗に行って申込む事を勧めます。

申し込みでは窓口が意外にお勧めな理由
本文ではインターネット経由での申し込みを説明していますが、店舗に行きたくないという点に目を瞑れば、実は窓口での申し込みが意外にお勧めなのです。

窓口の良いところはまず申込書も証明書類もすぐに提出できますし、申込書にミスが有った場合でもその場で訂正することができ、何かわからない点が有っても、係員に聞けばすぐに解決できますから安心です。

またローンカードの受取りも審査さえ通過すれば、その場で契約でき、ローンカードを受け取ることが可能です。

また審査中に何らかの問題が発生した場合でも、インターネット経由のようにメールなどで遣り取りする必要が無く、その場で説明することができますから、直接的で誤解を招くような心配もまずありません。

もし窓口に行くことに拒否反応が無いのであれば、窓口で申し込みをすることも考えてみて下さい。

ネット銀行の申し込みに注意!利用までに意外に時間がかかってしまう

ネットからの利用と言えば最近利用者が増えているインターネット上だけで営業しているネット銀行というものがあります。もちろんこのネット銀行でもキャッシングの提供を行っていますが、利用には注意が必要です。

最近ではネット経由の申し込みであっても即日融資が可能なところがたくさんあります。しかしネット銀行の場合には利用の前提として普通預金口座の開設が必要で即日融資は予めこの口座を持っていなければ不可能になっています。

ネット銀行と聞けばネット上で瞬時に処理されすぐに利用できるように感じますが、実際には普通預金口座の開設と同時に申し込みを行ったとしても普通預金口座のキャッシュカードが届かなければ利用ができず1週間程度は掛ってしまいます。

ネット銀行とは

最近では何でもかんでもインターネットを利用する場合が多いですが、従来は実空間の中の業者がインターネットを利用した商売を始めるというパターンだったものが、最近では最初からインターネットのみで商売をする業者が現れて来ました。

最初は通販業者などが多かったわけですが、最近ではネット銀行と呼ばれる実空間には支店を持っておらずインターネット上だけで業務を行っている銀行も設立されるようになってきています。

もちろんこういったネット銀行もれっきとした銀行法に基づく銀行ですから、実空間にある銀行と同じような金融商品を揃えており、当然ながらカードローンも提供しており、実店舗の維持費や人件費などを節約できるため有利な利用が可能です。

ネット銀行のキャッシングは普通預金口座開設が前提

こういったネット銀行のキャッシングでも、やはりインターネット上に作られた申込フォームから申し込み情報を送信して申込みを行い審査が可決になればインターネット上で契約を交わすことになります。

インターネットなら情報の伝達も即時に行うことができるから審査さえ早く終われば、すぐにでも融資の利用が可能だと考えてしまう人も多いでしょうが、実は申し込みには前提条件が付いていて、これがなかなか時間がかかってしまうのです。

ネット銀行のカードローンでは申し込みの前提として、当該ネット銀行の普通預金口座を持っている事と言う指定が有ります。もちろん新興の銀行ですから、普通預金口座を既に持っている人と言うのはそう多くは無いはずです。

このため、カードローンを申し込む場合には同時に普通預金口座の開設の申し込みを行う必要が有るのです。

銀行のカードローンでは実空間の多くの銀行でも普通預金口座が必要となっていますから、そう珍しいことではないのですが、最近では普通預金口座が無くても申込めるところがたくさんあるので、この条件は早めに引っ込めるべきでしょう。

キャッシュカードが届かなければ利用できず非常に時間がかかる

ネット銀行の場合もやはり、キャッシングの利用はATMの利用か銀行振込による利用のどちらかで行いますが、問題はどちらの場合も普通預金口座の開設で発行されるキャッシュカードを受け取らなければ利用ができないということです。

他の銀行であれば契約さえ成立すればローンカードを受け取っていなくても銀行振込による利用はできるのですが、ネット銀行の多くはそれもできないため、事前に普通預金口座を持っていない場合には利用開始まで非常に長い時間が掛ってしまいます。

何処の銀行でもそうですが、口座の開設後キャッシュカードが届くまでには早くても一週間程度は見ておかなければなりません。

したがって、普通預金口座を持っていない状態でネット銀行のカードローンを申し込んだ場合、他の銀行に比べても利用までに非常に時間がかかってしまうことになります。

キャッシュカードの受取りが本人確認になっている
ネット銀行のカードローンがキャッシュカードを受け取るまで利用できなくなっているのにはそれなりの理由が有ります。まずネット銀行の場合キャッシュカードがローンカードを兼ねている場合が多く、受け取らなければATMの利用ができません。

しかしもっと根本的な理由は、キャッシュカードの受取りが本人確認を兼ねている為です。他の銀行のキャッシュカードの場合簡易書留で送られるため、その家の住人が受け取ることになりますが、本人でなくても受け取れます。

これに対してネット銀行のキャッシュカードの多くは、日本郵便の本人受取限定郵便で送られます。この郵便では受取時に郵便配達人に対して本人の確認書類を提示しなければなりません。

つまりこの郵便が受け取れるということは本人であるということです。ネット銀行のカードローンと言うのはこの時点まで審査を行っていると考えることができるのです。

ちなみに受け取り時に利用出来る本人確認書類はネット銀行の定めたものではなく日本郵便が定めたものになるので、予め日本郵便のホームページなどで確認して用意しておかなければなりません。

自分に合った申込方法を選ぼう!無理してネットを利用しなくても良い

インターネット経由での申し込みは大変便利で良いのですが、それは日々ネットを利用している人についての話であって、たまにしか利用しない人には、あまりなじみの無い方法であって、決してお勧めできる申込方法ではありません。

ですから、まずネット申し込みありきと言う考え方ではなくて、多くの申込方法が提供されているわけですから、自分が最も慣れ親しんだ方法を利用するのが一番安心して申し込みができる方法と言えるのではないでしょうか。

それと申し込みでのミスをなくすためには、どの方法を使うにしても急いで行うような事は止めましょう。時間に余裕が有る中で申し込みを行うのが最も良い申し込み方です。

ですから即日利用がどうしても必要というような状況にならないようにして下さい。

インターネットに馴染みが無ければネット申し込みは勧められない

ここまで説明してきたようにインターネット経由の申し込みはデメリットも有るが、店舗にも行かず家に居ながらにして申し込めるので大変便利だから自分も利用してみようという人もいるかもしれません。

もちろんどうぞご利用くださいと言いたいのですが、一つだけ注意しておかなければならない事が有ります。最近ではスマホも普及してきているので、入力フォームを用いた情報送信には慣れている人は多いと思います。

しかし、普段インターネットはホームページ閲覧ぐらいはするが、自分から情報を送信するというような事は行っていないというような人も、少ない数ではないと思われます。

そういう人が初めての情報送信で借金の申し込みというような重要なことを行うには少々無理が有ります。そういう場合にはインターネット経由での申し込みはあまりお勧めできることではありません。

様々な申し込み方法が有るので自分に合ったものを選べば良い

申し込みは最初に紹介したように様々な方法が提供されています。初めて利用してみると言った方法を選択しなくても、自分が使い慣れた方法は別にある筈です。無理にインターネットを利用する必要はありません。

例えば電話であれば相手の質問に答えて行けば良い訳ですから、簡単ですし、郵送であれば時間はかかりますが、店舗に行ったとの同じように申込書と必要書類を揃えて送ればよいだけですから、難しいことは有りません。

何度も何度も行うのであれば早いうちにインターネットに慣れたほうが良いと思いますが、申し込みと言うのは、たったの1回です。何もリスクを冒して、慣れない方法で行うのは止め、確実な方法を選びましょう。

申し込みは急がなくて済むように余裕を持って行うのが重要

それと申し込みをミスらないための重要な点は、慌てて行わないということです。これはインターネットでも他の申込方法でも同じですが、人間というものは慌ててしまうと、必ずどこかでミスを犯すものです。

申し込み情報を入力している段階で誤入力を行っては相手には通じないかもしれません。十分注意して、入力後の確認が落ち着いてできる程度の余裕が無いときは、申し込みをすること自体あまりお勧めできません。

そういう意味では最近はやりの即日融資などが必要になるというような状況はあまり褒められたものではありません。そういった状況に追い込まれないように常に自分のお金を管理し先々の見通しを持つことが重要なのです。
闇金の罠に掛らないように注意しよう
貸金業者の中には正式な業者登録をしていない非正規業者である闇金も多数存在しています。それは実社会の中での話でインターネットを利用すれば大丈夫だろうと思うかもしれませんが、インターネット上にも闇金は進出しています。

特にインターネット上のホームページは闇金であっても大手業者と遜色のないものを作ることができ、闇金には大変有効な業務展開ができてしまうのです。

例えばどこかの実際にある有名業者のホームページをそのままコピーしてきて連絡先電話番号だけを闇金のものに替えておけば、利用者は有名業者と錯覚して申し込みを行ってくるかもしれません。

そういった闇金の利用を防ぐためには、利用しようという業者について金融庁の貸金業者データベースを検索して次の項目が一致するかどうかを確認してみましょう。

  • 業者名
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 所在地
  • 電話番号

特に電話番号は先ほどのような騙しのテクニックが有るので注意しなければなりません。

ここでネット上からのキャッシングの申し込みについて纏めておきます。

  • キャッシングの申し込み方法は様々でインターネット経由もその一つ
  • インターネット経由の申し込みでは書類の送付やカードの受取りが不便と言うようなデメリットがある
  • ネット銀行のキャッシングの申し込みでは利用開始まで時間がかかることが有るので要注意
  • 申し込みはインターネットに拘るのではなく自分の使い慣れた方法で行ったほうが良い

インターネットでキャッシングを申し込む場合には予めどういった流れで進められ、どのような連絡が申込者側に行われるのか確認しておきましょう。

【参考記事】
キャッシングをネット上から利用する!WEB完結って何がメリット?

閉じる
閉じる