どうしても審査に通りたい人向けサイト

他社からの借り入れがあるとキャッシングできない?審査は厳しくなる

キャッシングを利用するためには、返済ができなければなりません。返済して行くためにはそれだけの金銭的な余裕が必要で、審査では年収を元に、申込者がどの程度返済可能なのかを見極めることになっています。

当然ですが、もし他社からも借り入れているということになると、その分の返済をしていかなければなりませんから、返済能力がそちらに削がれることになって、返済の可能性の評価が厳しくなってしまうでしょう。

キャッシングによっては、他社借り入れと言うだけで、融資を断ってくる場合も有りますし、他社借り入れの件数によっては融資してくれるところもあります。しかしその場合複数の返済が重なることになり、家計は大変苦しくなってしまうでしょう。

キャッシングの審査では返済能力が影響する!どのような評価なのか?

キャッシングの審査は金融機関が返済してもらえるかどうかを融資前に調べるために行います。このため審査では返済能力や信用について評価が行われて、融資できると思われる場合に限って通過することができます。

返済能力はある程度以上の年収が有ることが必要とされますが、それとともに重視されるのが収入が安定していると言う点で、同じ年収であっても、月収が不安定な場合には、審査での評価は低くなってしまいます。

そこで申込みの前に是非行っておくべきなのが、自分の返済能力を把握しておくことです。自分で評価しても返済ができそうにない場合には、金融機関の審査でもやはり問題視されますし、例え通ったとしても返済して行けないでしょう。

キャッシングの審査では何が行われているのか

キャッシングを利用して借り入れできるかどうかは審査によって決められます。そこでまずはっきりさせておかなければならないのが、審査ではどのようなことが行われているのかということです。

まず審査の目的と言うのは、融資したお金が返済されるのかどうかを見極めることです。このために金融機関は長年の経験から審査基準を決めて、これを見極めているわけです。

しかし、この審査基準は表に公開されるようなことは有りませんし、細かい部分ではそれぞれのキャッシングで違いますから、具体的示すことはできません。

しかし金融機関が何を気にしているのかと言う点から考えれば次のような項目が確認されることが分ります。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者の返済能力
  • 申込者の信用

まず申込者が本人でなかった場合、お金を持ち逃げされてしまいますから、確認としては最も基本であり、ある意味最も重要な確認になります。しかし本人であれば、この審査は特に気にする必要はありません。

ですから審査と言うのは残りの2つである返済能力と信用の確認ということになります。信用の確認は過去の信用取引状況などが記載されている信用情報が参照されて問題が無いかどうかの確認が行われます。

返済能力はどのように評価されるのか

では返済能力の確認と言うのは何が確認されているのでしょうか。返済能力は返済できるだけの収入が有るかどうかという問題になりますが、確認は次のようになっています。

  • 一定以上の年収が有る
  • 月々の収入が安定している

一定以上と言うのは曖昧な表現ですが、これもそれぞれのキャッシングによって変わってくるので一概には言えません。

高額融資を可能にしているようなキャッシングの場合には300万円以上だったりしますし、かつては200万円の壁などと表現されたようにそれ以下だと借りられなかったりしました。

現在ではそれぞれ違いが有り、融資額を低額にしてもっと少額でも融資されるキャッシングはあります。

金融機関が問題にするのは年収と言うよりも月々の収入の安定性です。収入が安定しなければ、返済できる月と出来ない月が出てくる可能性が有り、月々返済するようなキャッシングでは不安定な人は審査通過が難しくなります。

自分で返済能力を計算してみることも重要

金融機関が返済の可能性を気にするのは当たり前のことですが、実は申込者のほうも、自分の返済能力を気にしておく必要が有ります。

金融機関のほうは一般的な基準で年収から返済能力を計算していますが、実際にその年収を使っているのは申込者の方で、一般的な基準からはみ出すような使い方をしている人は珍しいことではありません。

したがって、返済できるかどうかは実際にお金を使っている自分にしかわからない部分が有るのです。審査には通過したが、借りてみたら返済できなかったというような人も珍しくはないのです。

ですから、キャッシングを利用する際には自分の月々の収支を計算してみて、そこから返済して行けるかどうかをよく見極める必要があります。

職業や職種によって審査の難易度にも差が出る
本文では月々の収入の安定性が審査に影響すると説明していますが、金融機関はこの安定性を評価する場合、職業や職種によって判断している場合が有ります。評価の基準の一例を次に示しておきます。

職業・職種 評価
正規採用の公務員や会社員
臨時採用の公務員、契約社員、派遣社員 中の上
パート、長期アルバイト、個人事業主
専業主婦、学生、年金受給者 中の下
短期アルバイト、水商売

個人事業主などは事業の内容や業績によって大きく評価は変わり、キャッシングによっては事業状況の説明資料の提出を求められます。

専業主婦学生年金受給者の場合には、最初から排除されていることも有るので、申込みが可能とされているものを探さなければなりません。

短期アルバイトや水商売の場合には、収入の安定性はまるで認められていませんからキャッシングの利用は難しいと考える必要が有ります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
水商売のキャッシング利用について、気になる審査の評価

他社からの借り入れが有れば返済も有る!審査は当然厳しくなる

返済能力の審査の際、年収額とともに問題視されるのが、借入先が他にもある場合です。他社からの借り入れが有ればそれに対しても返済して行かなければならず融資した場合には、利用者は複数の返済を平行して行わなければなりません。

キャッシングの審査では、複数のキャッシングの利用がこのように返済能力に影響する為、他社利用の件数が増えれば増える程、厳しくなっていきます。

キャッシングによって考え方は違いますが、1件でも他社利用が有れば審査に通過させないところが有ったり、1件あるいは2件程度までは返済能力が伴っていれば、融資している場合もあります。

このように他社の借り入れの件数はキャッシングによって許容される上限が有ると考えるべきでしょう。

複数借りれば複数の返済を並行して行わなければならない

では複数のキャッシングを借り入れした場合を考えてみましょう。

複数のキャッシングを利用するときに良く問題視されるのが次の2点です。

  • 返済が並行して行われるので負担が大きくなる
  • 返済日が複数になるので管理が難しくなる

両方とも問題ですが、最も問題なのは、やはり1つ目の返済の負担が大きくなるという点です。

キャッシングと言うのは返済方法にもよりますが1件だけなら、返済できなくなるほど返済額が高額化するようなことはまずありません。

しかし返済が並行すれば、1つ1つは少額でもそれが積みあがって非常に高額化してしまい返済できないことも有ります。

当然ですが金融機関のほうも、他社からの借り入れが行われていると、この返済の負担も審査で考慮することになります。

審査での返済能力の評価は数が増える程厳しくなってしまう

このため金融機関の審査では、他社からの借り入れ数が増えれば増えるほぼ厳しくなっていきます。

これは当然ですが審査内容の一つである返済能力が分散されるためで、複数の借り入れが有れば、申込者の返済能力の評価はそれに伴って下がってしまい、普通なら審査通過できる人でも否決になる可能性が出てきます。

また融資できる金額には上限が有り、消費者金融の場合には総量規制と言う法的な上限で年収の3分の1まで、銀行の場合にはそれぞれの内部規定で、年収の2分の1あるいは消費者金融と同じように年収の3分の1までとなっています。

このため既に他社から、借り入れしている場合には、融資できる金額が極めて少額になってしまったり、そもそも融資できなかったりする場合もあるわけです。

キャッシングによって借りられる件数には上限が有る

また返済能力が有れば他社借り入れが何件あろうと融資するということも有りません。

まず1つの例としてはキャッシングの申し込み時点で既に他社の借り入れが1つでもあれば、どんなに返済能力が有ったとしても審査に通さないという金融機関が有ります。

全ての金融機関がそんなに厳しいということは有りませんが、それぞれのキャッシングでは許容している他社の借り入れ件数が決まっているのがが普通です。

この数は他社利用が1社あるいは2社程度になっており、既に3社利用していて、自分の所が4社目というような事になってしまうと、ほとんどのキャッシングでは審査は否決になってしまいます。

したがって、既に3件借入れしてしまっているというような場合には、新たな借り入れはかなり難しいと考えて、どうしても必要と言う場合には、慎重に探さなければ、次々に否決になってしまうので注意しなければなりません。

総量規制とは
総量規制と言うのは貸金業法に直近の改正で加わった規制で、基本的には本文で説明しているように融資は年収の3分の1までしかできないということになっています。

ただし、1社あたり50万円まで、他社も合わせて100万円までは年収に関わらず融資しても良いと言うものと、専業主婦の場合には配偶者の了解が有れば配偶者と合わせて配偶者の年収の3分の1まで融資できると言う例外規定が有ります。

このため、キャッシングの申し込みではいわゆる貸金業である消費者金融やキャッシングを含むクレジットカードを発行しているクレジットカード会社の場合、50万円を超えるような融資を希望する場合には年収を証明する書類の提出が必要になります。

複数借り入れは多重債務者への入り口!複数借りたらどうなる?

複数借入れを行った場合、返済中に時として起こるのが、返済のやりくりが難しくなるということです。そうした場合、困った利用者の多くがキャッシングで借り入れて、返済が難しいキャッシングの返済に回すという行為です。

しかしこういう事を続けていると、次第に借り入れが増えて、利用限度額に達してしまい、その時点でまた他のキャッシングの、借り入れを行うようになり、結局借り入れできなくなって多重債務者になってしまいます。

こうなってしまうと、もはや返済は難しくなってしまいますから、弁護士などに相談して債務整理に追い込まれることになり、以後は長期間にわたってブラックというレッテルを貼られてしまい、思うように借入れできなくなってしまうでしょう。

複数借り入れしていると借り入れで返済を行うようになる

では無事複数の借り入れができたとして、以後どうなるかについて考えておきましょう。もちろん大きな収入が有って、複数の返済でもびくともしないという人もいない事も無いですが、そういった人はそもそもあまりキャッシングは利用しません。

複数の借り入れをするという人の多くはお金に困って、遣り繰りできなくなったために、他からも借り入れしようと考える人の場合が多いのです。ですから、返済のことを考えると、非常にしんどくなることが予想できます。

それでも最初は自分の収入から返済を行っていきますが、そもそもお金に困っているわけですから、すぐにそれでは返済が難しくなってしまい、返済するにも他から借り入れしたお金を利用するようになります。

こうなると、徐々に借り入れが増えていくことが予想され、そのうちに返済できなくなって、更に新たなキャッシングの申込みを行うことを考えるようになります。

件数が増えると借入れできなくなり多重債務者になる

ところが、先ほど説明したように、借入れできるお金と言うのは上限が有りますし、また契約できるキャッシングもそう多くはなりません。要するに遣り繰りのために使えるキャッシングは無くなってしまうのです。

借入先が無くなったということになると、すぐに返済するためのお金に困ることになり、返済ができなくなって借り入れしている複数のキャッシングが返済できない多重債務者ということになってしまいます。

もちろんそれなりの蓄えが有れば、それを取り崩して返済に充てれば大事には至りませんが、そういった状況に陥る人の場合、それ程蓄えが有るとは考えられず、万策尽きた状況に追い詰められてしまう可能性が高くなります。

待っているのは債務整理で以後長期間ブラックに陥る

そうなってしまった場合には、利息だけを支払って返済を待ってもらうという方法も考えられますが、将来的に返済が難しいということになると、もはや取れる対策は弁護士などに相談して債務整理するしかなくなってしまいます。

債務整理と言うのは借り手あるいはその代理人と貸し手あるいはその代理人、場合によってはこれに加えて裁判所に入ってもらって、契約の内容の履行が難しいということで新たな返済方法を考えることです。

この場合金利を見直して返済を楽にするというような方法から、自己破産して債務を帳消しにしてもらうことまでいくつかの方法が有ります。

ただし債務整理を行うと、以後ブラックということになり、長期間にわたって、ローンの利用ができなくなるので、注意しなければなりません。

返済できそうにない時はどうすべきか
もしキャッシングの利用中に返済できなくなってしまったらどういった対応をすべきでしょうか。

先々返済の見込みがないのであれば、本文で説明しているように債務整理を行うしか方法が有りませんが、たまたまその月だけ返済が苦しいのであれば別の方法も考えられます。

まず今月は返済が厳しいとわかったら、返済日を待つのではなく、すぐに金融機関に連絡を入れて、どういった対応を取ればよいのかについて協議してください。

キャッシングによっては契約上そういった場合には返済額を軽減してもらえるという規定が入っている場合も有ります。またそういった規定が無くても金融機関の利益になる利息分だけ入金すれば良いということになる可能性も有ります。

もちろん翌月以降は必ず通常通り返済して行ってください。予め利用者のほうから連絡を入れれば、何ら連絡せずに返済が滞るよりも金融機関が受ける印象はずっとよくなるので、覚えておいてください。

複数借り入れは一つに纏めよう!おまとめローンというものが有る

もし借入れできない状態になってしまった場合、もはや相手をしてくれる金融業者はいわゆる闇金しかありません。闇金の場合には融資したら強引な手法で回収しますから、利用したら大変なことになってしまいます。

このようにどうしようも無い状態に陥る前に、利用したいのがおまとめローンというもので、それまで複数借り入れしていたキャッシングをローンの借り換えを行って一つに纏めてしまうというものです。

これなら返済を1つに纏められますから楽に行うことも可能です。注意が必要なのは、また同じように複数のローンを借入れしないように、何故複数の借り入れに至ってしまったのかの原因を考え、対策を取っていくということです。

借りられなくなるともはや相手をしてくれるのは闇金のみ

もし借り過ぎてしまって、キャッシングの審査に通らなくなってしまった場合でも、実はどこも貸してはくれないというわけではありません。そういう人を狙って利用者を集めている金融業者も存在しています。

金融業者には業者登録した正規業者と、業者登録をしていない非正規業者が有ります。ここまでの話と言うのは正規業者の話で、この正規業者では借り過ぎれば融資してはくれません。

しかし非正規業者は、そういった正規業者では借り入れできないと言う人を狙って融資を行う業者があります。

非正規業者と言うのはいわゆる闇金と呼ばれる業者で、そもそも法律に則った業者登録もしていない業者ですから業務も法律には則っていません。

要するに普段なら絶対に利用は考え無いような危ない業者ですが、お金に困ってくるとこういった危ない業者でも利用を考えるようになっていきます。

こういった業者は危ないということをよく認識して、困った時でも利用しないように注意してください。

どうしようも無くなる前におまとめローンの利用を考えよう

では複数の借り入れをしていて、返済が苦しいと考え始めた時にはどうすれば良いのでしょうか。

実はそう言う時のために用意された仕掛けが有ります。返済が複数になっているのが苦しい原因ですから、返済する件数を1件にしてしまえば、普通に返済して行ける可能性が有る訳です。

そこで大きめのローンを借りて、そのお金でそれまでの複数の借り入れを全て返済してしまえば、1件に借り換えることが可能になります。そのために、多くの金融機関ではおまとめローンという借り換え専用のローンを提供しています。

また消費者金融などでは通常のキャッシングをおまとめローンとして利用出来るようにしている場合も有ります。

そこで複数の借り入れで返済が苦しいという場合には、まずはこのおまとめローンの利用ができないかどうか考えてみましょう。借りようという場合には、自分の取引先の銀行などのおまとめローンを調べて相談に行ってみて下さい。

纏めた後また複数の借り入れをしないためにはどうすれば良いのか

ただし、おまとめローンの利用者のその後を見ると、残念ながら数年経つと、また同じように複数の借り入れを抱えている場合が多いようです。

つまり、また返済が重くのしかかっていて、もう一度おまとめローンの利用が必要な状態になっているのです。

これはそもそもそういった人たちのお金に関する考え方自体に問題が有るといえるのではないでしょうか。

そこでもしおまとめローンを利用した場合には、自分が何故複数の借り入れを抱えるようになったのかについてよく考えて、その原因を特定し、さらにその原因について有効な対策を講じるようにして下さい。

例えば性格的にお金の利用に歯止めが利かないというような場合には、心療内科の診察を受けて、臨床心理士などのカウンセリングを受ける必要もある筈です。

そういった対策が講じられるまでは、お金の管理を家族などに手伝ってもらうなどの対応も考えなければなりません。

闇金を見極める方法
融資してくれるという金融業者が見つかった時には、まずその業者が闇金でないことを確認するようにしましょう。闇金は店舗を持っている場合も有って正規の消費者金融と見分けることができないことも有ります。

しかし正規業者の場合正規登録がなされているわけですから、その業者が掲げている登録情報と突き合せることによって闇金かどうかの確認が出来ます。登録情報は金融庁のホームページから誰でも検索することが可能です。

業者を検索したら次の情報を、業者が掲げている情報と比較してみましょう。

  • 業者名
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 所在地
  • 電話番号

闇金の中には他業者を装って営業している場合が有るので、特に電話番号などの比較は注意して行いましょう。

ここで他社からの借り入れが有る場合のキャッシングについて纏めておきます。

  • キャッシングの審査は返済能力が影響する
  • 複数の借り入れは返済能力を圧迫し審査が厳しくなる
  • 複数借り入れでは返済に行き詰ることが有り多重債務者になる可能性が有る
  • 複数借入れが有る場合にはおまとめローンで纏めたほうが良い

キャッシングで借り入れたお金は必ず返済が必要です。複数借り入れする前に利用限度額の増額の可能性を探ってみる事も必要でしょう。

閉じる
閉じる