どうしても審査に通りたい人向けサイト

パートでキャッシング利用!?借入れ前に返済計画はしっかりと!

女性の社会進出が増えていますが、まだまだ子育て中の主婦などはパートやアルバイトというような勤務形態の場合が多くなっています。加えて家計の遣り繰りも背負っていることが多く、時としてキャッシングの利用を考える場合も出てきます。

しかしパートやアルバイトと言う場合、収入は安定しているとはいえず、そもそも申込み自体が行えない場合も有り、申込めたとしても、正社員などの比べて審査での評価は非常に低くなってしまうのが普通です。

もし審査に通ったとしても、パートやアルバイトでは大きな収入にはなりませんから、返済して行けるという保証は有りません。このため借入れを行う場合には、その前に自分の返済の可能性を調べておくことが必要です。

パートの評価は低い!審査では何が問題になるのか?

キャッシングの申込みでは審査に通ることが重要になりますが、それ以前の問題として、申込みができなければ始まりません。キャッシングには申込条件というものが有り、この条件を満たさなければ申込みができません。

この条件を満たすためには通常安定収入が必要でパートやアルバイトと言うことになると、満たせないことが有り、その場合には申込みが難しくなります。

申込みができたとして次の関門が審査ということになり、審査では返済能力や信用について様々な方向から確認が行われます。返済能力では年収額や月収の安定性などが評価されることになり、パートの評価はひくいものがあります。

また他でも借入れしているというような場合、法的な総量規制というものが有るため、場合によっては審査通過が難しいこともあります。

まず申込条件をクリアしなければキャッシングの申込みはできない

キャッシングでなかなか借入れができないと言う時、多くの場合審査に通らないからと考えてしまいますが、こういった借りられない人の中には、そもそも申込みができなくて借りられないという人もいるのです。

それはなぜなのかと言えば、キャッシングの申込みには申込条件というものがそれぞれのキャッシング毎に決められていて、それを満たしていないという人が、かなり多いということなのです。

この申込条件はそれぞれ違い、様々な条件が付いている場合も有るのですが、多くのキャッシングで共通している条件でもなかなか満たすのが難しいものが有るのです。共通した申込条件には次の2点が有ります。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限では下限は20歳以上でほぼ統一されていてキャッシングは成人でなければ借りにくい状況になっています。上限は65歳前後が多いですが、最近では70歳あるいは75歳というような場合も有ります。

この年齢制限を満たしていなければ、パートであろうが無かろうが申込みはできません。

次の収入要件ではほぼ『安定収入が有ること』と言う表現で統一されています。

キャッシングは月々返済して行くのが普通ですから、月々の収入が安定していなければ返済できない場合が出てくるのでこの条件は重要です。

パートやアルバイトのような場合、人によってはかなり厳しい条件になるでしょう。

まずは自分がこれ等の条件を満たしているのか考えてみて下さい。

審査では何が行われるのか?

申込条件を満たしているいるとして、次の関門が審査ということになります。審査では要するに返済できるのか出来るのかが調べられることになりますが、詳細な審査基準は公開されていません。

ただ概ね次の点がいろいろと視点を変えて調べられているのは間違いありません。

  • 申込者が本人であることの確認
  • 申込者に返済能力が有るかどうかの確認
  • 申込者が信用できるかどうかの確認

誰かの名前を騙って申込めばそもそも犯罪ですから、そういうことは止めましょう。したがって残る返済能力と信用が審査での主な確認事項ということになります。

パートの場合だと返済能力についてどのように評価されるかが審査通過のポイントになると言えるでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング審査は嘘で借入可?勤続年数や他社勤務と偽っては駄目!

総量規制には要注意

またこういった条件を満たしていたとしても、法的に借入れできないことも有ります。これは消費者金融のような貸金業者の場合に言えることですが、貸金業者には貸金業法が適用され、この貸金業法には総量規制というものが有ります。

この規制では、全社合わせて年収の3分の1までしか融資できない事になっていて、すでに他社でそこまでの借り入れをしていた場合には融資は法的に規制されてしまいます。

銀行にはこのような法的な規制は有りませんが、内部規定は存在していて、やはり年収の3分の1、あるいは年収の2分の1までということになっているのが普通です。

したがってキャッシングを申込む時には、現在自分が既に他社でキャッシングを利用している場合、どの程度まで借入れできる枠が残っているのか、確認しておかなければなりません。

~審査は金融機関により難易度がある~
キャッシングの審査には金融機関により難易度の序列のようなものが有るので申込むキャッシングを選ぶ際には参考にして下さい。この難易度の序列は次のようになっています。

(難)銀行 > 大手消費者金融 > 中小消費者金融(易)

要するに銀行が最も厳しく、次に大手消費者金融が続き、更に中小消費者金融と言うことになっているわけです。

ただしこの序列は一般的な話であって、誰にでも当て嵌まるというものではありません。キャッシングの審査の難易度はそう簡単には判断できませんから注意してください。

インターネット上にある口コミ情報なども参考にしたいと思うかもしれませんが、本当の話だとしても誰かの体験談であって自分に当て嵌まる保証はないので、これを信用しすぎてはいけません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

パートは審査に通過できるの?申込み前に審査通過の可能性を調べよう

パートやアルバイトの場合、申込条件を満たしていたとして、次は診査に通過しなければなりません。審査では返済能力と信用が問題になりますが、パートやアルバイトの場合、正社員などに比べて返済能力の評価は低くなってしまいます。

そこで、申込みを行うのであれば、まずその前に自分に返済能力が有るのかどうかについて、自分で評価してみるようにしましょう。月々返済できるだけの余裕が自分に無ければ審査通過も難しいはずです。

また信用については過去に金融事故などを起こしている場合には、審査には通過できませんから、過去をさかのぼって、ローン返済の滞納などを起こしていないかについて思い出してみることも必要になります。

審査でのパートの評価はそう高くない

ではパートやアルバイトと言う場合審査通過の可能性はあるのでしょうか。

パートやアルバイトの場合問題になりそうなのが返済能力です。返済能力の評価は次の項目が確認されます。

  • 一定額以上の年収
  • 安定した月収

まず年収は多いほど良い訳ですが、200万円を割ってしまうと審査では問題視されることがあります。最近は収入が減っているのでもう少し少額でも大丈夫だと思われますが、あとは金融機関の考え方次第でしょう。

そしてもっと重要なのは月収の安定性です。申込条件でも安定収入が問われましたが、審査では改めてこの点が確認されることになります。

金融機関は職種や職業によりこの安定性の評価を行う事になります。評価は概ね次のようになっています。

職業・職種 評価
正規採用の公務員、会社の正社員
臨時採用の公務員、契約社員、派遣社員 中の上
パート、長期アルバイト、自営業者
専業主婦、学生、年金受給者 中の下
短期アルバイト、水商売

このようにパートやアルバイトの場合の評価と言うのはそれほど高くは無く、審査に通過はなかなか厳しいと考えてください。

実際にパートが利用できるかどうかは金融機関の考えかた次第ですが、利用限度額が低いものやレディスローンと呼ばれるようなものもあるので、審査通過できるものも少なくは有りません。

時間をかけて、良さそうなものを探してみる様にしましょう。

自分の返済能力を評価してみよう

しかし職種的に評価が高くなくても、実際の収入によっては、評価は上がっていくものですから、申込みの前には自分の返済能力について自分なりに評価してみて下さい。

返済と言うのは通常の支出に加えて返済額がかかる訳ですから、月々返済額分の余裕が無ければ返済は難しくなってしまいます。そこでまず月々の収支を計算してみましょう。収支は次の数式で計算できます。

収支 = 収入 - 支出

収支が返済額以上あれば返済して行くことができますから、1年分程度遡って月々の収支を確認してみましょう。

もし収支が返済額を下回るような月が有った場合には返済が難しくなるということですから、要注意です。

自分の支出額が良く分らないというような人も多いですが、パートの主婦の場合、しっかり家計簿をつけて家計を管理しているでしょうから大丈夫ですよね。

信用についても確認しておこう

もう一つ審査では信用についても確認が行われますから、この点についても調べておきましょう。

信用と言うのは、過去に金融事故などを起こしていないかどうかというような点を信用情報と言うデータベースを使って確認が行われています。過去に問題を起こしていることが分れば審査の通過はできません。

信用情報と言うのは各金融機関が自分の所の利用者との取引情報を格納しておき、他の金融機関でローンの審査を行う場合に、その申込者が過去にどういった金融取引を行っていたのかを調べるために作られているものです。

そこで過去に遡って次のようなことを行っていないかについて思い出してみて下さい。

  • ローンの滞納
  • 各種支払いの滞納
  • 債務整理

各種支払いと言うのは電機や電話料金、クレジットカードの支払いなどが入ります。

この他例えば他のキャッシングの申込み直後というような場合も記録が残っていて、審査では敬遠されます。

~審査に通りそうにないからといって闇金を利用してはいけない~
本文ではパートやアルバイトの審査通過はなかなか難しいと説明していますが、そういった人でもすぐに審査に通してくれる金融機関も有ります。そういった金融機関は銀行や消費者金融と言った正規登録された業者ではありません。

正規登録をしていないいわゆる闇金と呼ばれる業者で、とにかく貸して強引な取り立てを行う場合も有ります。

こういった業者は様々ありますが、中には小規模な消費者金融と同じように店舗を出して営業しており、外見上闇金とは思わないような業者も有るので、注意しなければなりません。

キャッシングを申込んだけれども審査に落とされたと言う時、安易に利用してしまいがちですが、一般の主婦が近づくような業者ではありませんから十分注意して利用しないようにしなければなりません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

審査に通過できても安心はできない!返済の可能性を探っておこう

幸いにして審査に通過できたとしても、それは金融機関が一般的な指標で評価を行ったもので、自分に当て嵌まる評価かどうかは分りません。借入れを行う場合には、その点十分に注意して無理をしないようにしななければなりません。

特にキャッシングで注意が必要なのが返済方式で、最近では幾ら借りても月々の返済額が変わらない方式ではなく、借入残高を段階的に区切って借入額が増えれば返済額も増える方式が主流になって来ています。

このため借入れが大きくなると返済額が高額になり、返済できなくなってしまう可能性も有ります。ですから自分の借入れがいくらまでなら返済ができるのかを予め見極めておくことが大変重要になります。

審査に通過しても返済して行ける保証にはならない

審査に通過できたとしても、それは金融機関が返済できると判断したという事であって、本当に返済して行けるという保証になるものではありません。返済は利用者自身が自分の裁量で行っていかなければならないものです。

そこで先ほど計算したように、これまでのような収入が有れば返済はしていけるわけですから、あとはそのまま収入を安定させることと、余分な支出をしないようにすればよいということになります。

そこで行ってほしいのが返済計画を立てることです。この中では自分の支出について特に詳細に管理して、返済期間中の支出内容を予め決めておくようにしましょう。

もし返済中に余分な支出が生じてしまった時には、予定しておいた支出のうちどの分を削ればよいのかすぐに決められるようにしておいてください。

収入についても管理しパートの時間管理も行うようにして、収支が返済額を下回るようなことを避けることも重要です。
_x000D

_

返済方式に要注意

キャッシングの返済で注意しなければならない事の1つが返済方式です。返済方式には様々なものが有りますが、キャッシングで利用されているのは、ほとんどの場合次の2つです。

  • リボルビング方式
  • 残高スライド方式

リボルビング方式と言うのはどの部分を一定にするのかによって様々な方式に分かれていて、残高スライド方式もリボルビング方式の1つの変形ですが、ここで言うリボルビング方式は月々元金返済分と利息分の合計が一定になる方式です。

これに対して残高スライド方式というのは借入残高を何段階かに区切って、各段階内であれば元金返済分と利息分の合計が一定になる方式で、残高が段階を超えれば、返済額も変化する方式です。

最近のキャッシングでは残高スライド方式を採用する場合が増えてきている為、借入残高が高額になると返済額も高額になるので、返済計画が狂ってくる可能性も無いとは言えません。

自分は幾らまでの借入なら返済していけるのか確認しておこう

そこで予め良く計算しておいてほしいのは、先程の収支の計算で自分には通常どの程度の返済能力が有るのかと言う点です。これが分っていれば、残高スライド方式のどの段階までの返済が可能なのかが分る筈です。

これが分れば、予めその段階での最高額がいくらまでなのかを頭に入れておいて、それ以上の借入れをすれば返済できなくなるということを理解し、それ以上の借入れをしないように注意することができることになります。

そういう意味でも、先程示した収支の計算と言うのは大変重要な意味を持つことになるので、再度収入と支出を正確に把握して、間違いの無いように自分の返済能力というものを把握するようにして下さい。返済できなくなっては大変です。

~まず必要なのは借入れを考えるより借りないことを考える事~
本文では借入れをするという前提のもとに話を進めていますが、借入れを考える場合には、それでは駄目なのです。

借入れというのは返済時に利息を支払わなければならないという点で、損失が生じてしまうのです。したがって損得で考えれば、借入れしないほうが良いのです。

そこで借入れを考えた時にまず行ってほしいのは、どうすれば借入れしなくて済むのかと言う方法を考えてみることです。生活費が足りなければ、まずは借入れするのではなくて節約することです。

そもそも生活と言うのは自分の収入内で行うのが基本です。収入で足りなければ、まず考えるべきは生活レベルを下げる事であって、借入れして生活レベルを保つことではありません。その点間違わないようにして下さい。

家族と情報を共有しておこう!いざと言う時は助け合いが重要

またパートやアルバイトの場合、何らかの問題で就業時間が減ってしまい、収入が少なくなってしまう可能性も無いとは言えないため、いつも返済できるだけのお金を用意できる保証は無く、常に返済できなくなる可能性が有るのです。

そこでそう言う時のために、キャッシングを利用するということについて配偶者あるいは家族と情報共有しておくようにしましょう。家計をやりくりするためであれば、自分で背負い込むのではなくて家族と共有するべきです。

もし何らかの問題で収入が減ってしまい、返済が厳しくなるような月が有った場合には、すぐにそういった情報も共有して、家族の援助を仰ぐ様にできることも大変重要なことなのです。差し押さえ等に発展すれば家族にも大問題になってしまいます。

パートでは返済できなくなる可能性も無いとは言えない

パートと言うのは例えば主婦が家事の合間に空いた時間を利用して仕事を行うと言った就業形態です。したがって、正社員のように時間的な拘束が無い分、就業時間にバラつきが出て、収入は安定しないのが普通です。

このために金融機関も審査を厳しくせざるを得ないのですが、それでも審査に通過するということは、パートだとしても比較的収入的には安定していたということです。

しかし、この安定がそのまま続く保証が無いのがパートというもので、融資を受けた後も返済を続けて行けるという保証など無いという事なのです。

ですからパートの場合、そういった危険が常に存在すると考えておき、もし返済できなくなった場合でも、それに対応出来るような対策を考えておかなければなりません。

申込みの前に家族と情報を共有しておいたほうが良い

そこで取れる対策と言うのは、自分のお金が作れない可能性が有るということですから、自分だけで立てられるというようなものではありません。返済できないと言う時には、配偶者や家族に応援を頼まなければならないのです。

ですからキャッシングを利用しようという場合には、まず申込みの前の利用を考えている段階から、配偶者やあるいは家族全員と話し合って、本当に借入れが必要なのか、返済はしていけるのかと言ったことを一緒に検討してください。

この中ではもしパートの収入だけでは返済できないというような場合にはどうするのかも含めて考えるようにしましょう。例えば配偶者の収入も利用して返済するとか、家族が協力して節約するというようなことを話し合っておきましょう。

返済が厳しい時は家族に協力してもらおう

そして本当に返済が厳しいというようなことが起こった場合には、話し合いの内容に沿って、返済について家族で協力するようにしましょう。

ただし足りなくなった金額によっては、話し合った内容では不足するような場合も有るので、返済できなくなるとわかった時点で、再度家族の協力を得る為にも、返済計画について話し合いを持つようにして下さい。

キャッシングの場合の返済額と言うのは、高額の借入れをしたとしても、家族が協力しても返済額を捻出出来ないような高額返済にはならない筈ですから、皆で協力して危機を乗り越えるようにしましょう。

また返済はさらに長期にわたることになるはずですから、翌月以降の返済も可能なように、家族の協力を求めておくことも忘れない様にしておくようにして下さい。

家族に内緒で自分の欲望を満たすような借入れを行った場合には、家族の協力は得られませんから、そういった場合には、借入れではなく稼いでから行うようにしたほうが無難です。

~自分では申込めない場合には配偶者に申込んでもらう事も考えよう~
パートといってもキャッシングが利用できると言う人の場合、それなりに就業時間を確保して大きな収入が無ければ、なかなか審査には通してくれません。このためパートといっても借入れが難しい人もいるわけです。

こういった場合、家計の足しに利用するというので有れば、主な収入源である配偶者に直接申し込んでもらうという方法が有ります。そうすれば審査にも通りやすいと考えられます。

また自分名義で申込みたいという場合も、専業主婦ということで申込めば、配偶者の了解が有るという前提で、融資してくれるというキャッシングもあるので、そういったところを狙えば、審査通過の可能性が出てきます。

いずれにしても配偶者には了解が必要なので、十分意思の疎通をしてから申込みを行いましょう。

ここでパートのキャッシングについて纏めておきます。

  • パートのキャッシング申込みではまず申込条件を満たしているかが重要
  • キャッシングの申込み前に審査通過の可能性を調べてみる必要が有る
  • 審査に通過できても返済の可能性を探って幾らまで返せるか計算しておく必要が有る
  • 返済できなくなった場合に備えて配偶者あるいは家族と情報を共有したほうが良い

パートのキャッシングの利用環境は厳しいですが、探せば借りられないということでもないので根気よく探してみて下さい。

閉じる
閉じる