どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシング申込みは慎重に!大手金融会社の審査通過率は意外に低い

キャッシングには審査が行われてこれに通らなければ利用できないことは知っていると思いますが、ではこの審査は申込者のどの程度の人が通過しているのかということを表す審査通過率は、あまり知られていません。

こういった審査通過率を公表している金融機関は大手消費者金融などで公表されている例はありますが、極一部に限られており、公表例はあまり多くは有りません。公表されている例では、通過率は50%を割っており意外と低いことが分ります。

このため、自分は大丈夫だというような過信をせず、キャッシングを申込もうと考えている場合には、申込みの前に自分の審査通過の可能性をよく検証してみて、安易な判断だけで申込むようなことが無いようにしなければなりません。

キャッシング審査の通過率の公表は少ない!安易な申し込みはできない

キャッシング審査通過率と言うのは申込者に対する審査通過者の比率で、どの程度の人が審査に通っているのかを表す数字です。キャッシング選びの際、審査の難易度を見る為にこの数字を知りたいと思う人も少なくはないでしょう。

ただこの数字を公表している金融機関はそれほど多くは無く、大手消費者金融など、極僅かの数に止まっています。大手消費者金融の場合、数字を公表していて、申込みに当たって審査の難易度の判断に利用することができます。

しかし申込者の多くが利用したいと考える銀行のカードローンの審査通過率の公表は残念ながら殆ど無く、参考にしたくても元になる数字を知ることが難しくなっています。

どうしても知りたい場合には大手消費者金融からの類推で考えなければなりません。

キャッシング審査通過率とは

キャッシング審査通過率と言うのはそのキャッシングの難易度を示す一つの指針になるもので、次の式のようにそのキャッシングの申込者数に対する審査に通過した人数の割合で表すことができます。

キャッシング審査通過率 = 審査通過人数 ÷ 申込者数

つまりこの審査通過率が高くなるほど、審査に通る可能性が高いと判断することができるわけです。

ただし、審査の難易度の判断材料として利用するには、申込者の収入や信用が同じレベルでなければ単純に比較することはできないため、もしキャッシングの申込先を決める為に比較するのであればあくまで参考程度と考えるべきでしょう。

しかもこの審査通過率を公表している金融機関と言うのは数が少ないため、参考程度としても、あまり情報を集めることはできないでしょう。

大手消費者金融のキャッシング審査の通過率

その数が少ないキャッシングの通過率を公開しているのが大手消費者金融で、キャッシングの審査というものがどの程度厳しいものなのかということを垣間見ることが出来ます。各大手消費者金融の通過率は次のようになっています。

大手消費者金融 審査通過率(2015年) 最高金利
アコム 45~49%(月によって違いが有る) 18.0%
プロミス 42~45%(月によって違いが有る) 17.8%
アイフル 44~49%(月によって違いが有る) 18.0%

データとしてはあまり大きな動きはなく、現在の所この程度の水準で推移しています。

これを見ると大手消費者金融の場合プロミス が多少審査通過が難しくなっており、アコムアイフルはほぼ同じ程度ということができます。

はっきりした関係性が有るかどうかは分かりませんが、表に入れてあるこれらの大手消費者金融のキャッシングの最大金利を比較してみるとプロミスが若干低くなっており、この分審査が厳しくなっていると説明している場合も有ります。

大手消費者金融は意外に情報公開が進んでいる
大手消費者金融と言うのは他ではあまり情報公開が進んでいない中で、審査通過率など意外に情報公開が進んでいます。これには消費者金融の歴史的背景が有るものと思われます。

消費者金融は当初はサラ金と言われ、無担保かつ保証人無しで融資を始めて評判が良かったのですが、高金利で厳しい取り立てを行ったことから、絶対に関わってはいけないというように評判は地に落ちてしまいました。

このためサラ金は消費者金融と呼び名を変え、様々なイメージアップを行ってきており、大手と言われる消費者金融は既に上場も果たして一流企業に成長しています。

このイメージアップを図るために従来あったような隠ぺい体質を止め、情報公開も積極的に進めるようになって、現在に至っているのです。

銀行のカードローン審査の通過率は公表例が少ない

気になるのは銀行のカードローンだという人も多いのかもしれませんが、残念ながら銀行のカードローンの場合には審査通過率の発表は新生銀行のレイク以外にありません。

レイクは以前は大手消費者金融の名前でしたが現在では新生銀行のカードローンのブランド名になっており、カードローンの分類としては銀行のカードローンになります。レイクの場合の審査通過率は次のようになっています。

審査通過率 最高金利
33~38% 18.0%

先程の大手消費者金融と比べるとかなり審査通過率が低くいことが分ります。最高金利は同程度なので、申込者の水準の違いなのか、あるいはやはり銀行と大手消費者金融では違いが有るということなのかもしれません。

審査の通過率は意外に低い!申込みには十分注意が必要

大手消費者金融の審査通過率を見れば分かりますが、宣伝だけを見ると、誰でも借りられそうな印象のキャッシングですが、実際には申込者の半数以下しか利用できておらず、通過率が意外に低いということが分ります。

したがってキャッシングを申込む場合には、十分注意して選ばなければならないわけです。

キャッシングの審査と言うのは各キャッシングが用意している審査基準を用いて行われます。このため審査に通過できるかできないかはこの審査基準を満たすか満たさないかと言うことになり、申込者との相性も問題になります。

この審査基準と言うのは、分ってしまえば対策されてしまいかねませんから、金融機関は決して表には出しません。したがって自分が通りやすいキャッシングを選ぶのはそう簡単にできることではありません。

誰もが使えそうなのに審査通過率は低い

最近はキャッシングやカードローンという言葉を聞かない日は無い程コマーシャルが流されており、イメージ的には誰でも利用できそうなのですが、実際に審査通過率を見ると50%に満た無いことが分ります。

つまりキャッシングというのは、そう簡単に利用出来るものではなく申込者の半数以上は利用できないということになります。

銀行のカードローンの場合、審査通過率は殆ど公開されていませんがレイクと同水準だと考えれば、非常に厳しいものと考えられます。

また中小消費者金融の場合には、情報が有りませんが、金利から考えれば最高金利は20.0%と言うところも有って、大手消費者金融の審査通過率よりも高くは有りますがそれでも2%の違いでしかなく、せいぜい審査通過率は70%程度でしょう。

つまり中小消費消費者金融を含めて考えても、相当数の申込者が審査に通過できないと考えられます。

ちなみに審査通過率から判断できる審査の難易度としては次のようになります。

(難) 銀行 > 大手消費者金融 > 中小消費者金融 (易)

キャッシングの審査は審査基準で行われている

では審査と言うのはどのように行われているのでしょうか、実際の審査では各キャッシング毎に審査基準が決められており、その審査基準に則って審査が行われることになります。ただし審査基準を公開しているような金融機関は有りません。

では審査内容は分らないのかと言うと、そうではなく概ねどのようなことが行われているのかについては分っています。審査と言うのは結局返済してくれるかどうかを判断するものです。

そこで審査は次のような項目について行われています。

  • 申込者が本人である
  • 申込者に返済能力が有る
  • 申込者が信用できる

まず申込者が誰かを騙っていないかどうかを確認します。次に返済を確実に行うための基本である安定した一定額以上の収入が有ることを確認し、最後に信用情報を検索して申込者が信用できる人物なのかどうかを確認します。

このうちのどれが欠けたとしても審査に通過することは有りません。

適正なキャッシングを選ぶのは非常に難しい

しかし実際の審査ではそう単純な審査が行われるわけではありません。これ等の項目について、様々な観点からの確認が行われますから、実際に自分が通過できるかどうかについて審査前に判断するようなことは出来ません。

ですから確実に自分が審査に通過できるようなキャッシングを選ぶのは非常に難しいと言って良いでしょう。

また実際の審査基準はキャッシング毎に違う為、審査の難易度が同じ程度であっても、人によって通りやすい審査も有れば通りにくい審査も出てくることになります。つまり審査基準と申込者には相性も有るのです。

ですからますます自分に合った適正な難易度を持つキャッシングを見つけるのは困難だと言えるでしょう。

結局難易度自体を判断するのも難しく、自分に合ったものを選ぶのも難しいということになる為、難易度から適正なキャッシングを選ぶのは難しいと考えるべきでしょう。

どうやってキャッシングを選べば良いのか
本文では審査通過率から審査の難易度を判断して適正なキャッシングを選ぶのは難しいと説明をしていますが、ではどうやって利用するキャッシングを選べば良いのかを考えてみましょう。

考えておく必要が有るのはキャッシングと言うのは他のローンとは違って長期に利用が続くということです。ですから利用は通常1回や2回ではなく何度も利用することになり、こういう場合重要になるのは自分の使い勝手です。

このためまずは自分の行動範囲で利用出来るキャッシングの情報を集め、次に自分がキャッシングに対して何を望んでいるのかということを利用場面を思い浮かべてできるだけ具体的な条件として挙げていきましょう。

後は挙げた条件に従ってキャッシングを評価して自分の要求を最も満たしているものを選べば良いということになります。

申込みの前に審査通過の可能性を追究しよう!安易な申し込みは駄目

では審査通過を考える為に現実的には申込者は何ができるのでしょうか。それには審査内容に沿って、自分の状況を確認してみることが必要です。

まず行えるのは返済能力の有無を判断することです。収入や支出から返済能力を計算してみましょう。

次に必要なのは自分が過去に金融事故を起こしていないかをしっかり思い出してみることです。金融機関の信頼を損なうような金融事故を起こしていれば、いくら申込みを続けたとしても、利用出来るキャッシングは無いでしょう。

また申込みに当たって、自分の現状にそぐわないような高額な融資を希望しているような場合にも、金融機関は不信感を抱くことになり、減額して融資を行うのではなくて、審査自体を否決にしてしまう可能性も有ります。

返済能力を検証してみる

審査の通過をあらかじめ予想するのはなかなか難しいことが分ったと思います。

しかし審査落ちの可能性はなるべく少なくしたいものです。そこで申込みの前に自分の審査通過の可能性というものをしっかり追究しておくことにしましょう。

何を追求すれば良いのかは先ほど説明したように審査で行われていると考えられる項目が基本です。そこでまずは自分の返済能力がどのくらいあるのかを計算してみることにしましょう。

返済と言うのはこれまで掛っていなかった費用が発生するということですから、自分の月々の余裕がどのくらいあるかが分れば返済の可能性の有無が分る筈です。具体的には月々の自分のお金の収支を計算してみましょう。

収支は次の計算式で計算できます。

月々の収支額 = 月々の収入額 - 月々の支出額

ただし一月分だけでは不安ですから、季節変動なども考慮するため、過去1年分程度は計算してみましょう。

計算の結果、収支額がキャッシングの返済額を上回る黒字になっていれば返済できる可能性は高い筈です。黒字すれすれだったり、月によっては足りないというのであれば、返済には不安が有ります。

黒字額が毎月返済額に満たなかったり、そもそも赤字になっている月が有れば、返済は出来ないと考えるべきでしょう。

金融機関はここまで詳細には分らないはずですが、余裕が有るくらいの収入が有れば金融機関も返済能力ありと判断するはずです。

そもそも金融機関の判断はともかくとして、返済ができなければ始まりませんから、しっかり計算しておくようにして下さい。

過去の金融事故の有無を確認する

次に自分が信用される人間なのかどうかと言う点ですが、これは勤務先や勤続年数なども影響しますが、最も重要なのは過去に金融事故を起こしていないかと言う点です。

これは信用情報の中のそういった金融事故情報の履歴の有無で判断されます。そこで次に示すような金融事故を過去に起こしていないかを保存期間まで遡って思い出してみてください。

金融事故 情報の保存期間
ローンの滞納 5年間
各種支払いの滞納 5年間
債務整理 10年間
ローンの申込み 6カ月を超えない期間

ローンの申込みと言うのは事故とは言えませんが、ローンを短期間に何度も申込むのは怪しいということで、短期間ですが金融事故と同じ様に扱われます。

債務整理やローンの滞納などは記憶に残るので思い出せないということはなさそうですが、各種支払いで例えば携帯電話料金を滞納して電話が止められてしまったというような事が有っても、忘れてしまうことはよくある筈です。

ですから思い出せない部分も有るかもしれませんが、できるだけ思い出して問題の有無を確認しておきましょう。問題が特に無ければ信用してもらえる可能性は高い筈です。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
携帯電話料金を滞納した!キャッシング審査に通らなくなるって本当?

適正な利用希望額を考えてみる

もう一つ注意が必要なのは、申込みでは利用希望額を記載することになるはずですが、これが自分の収入に対して、あまりにかけ離れた金額だった場合には金融機関に敬遠されることが有るという点です。

現在のカードを利用して融資を行うキャッシングの場合、融資の上限である利用限度額が決められますが、これは必ずしも利用希望額になる保証は無く、減額されて設定される事も十分考えられます。

特に利用限度額には法的な規制や内規で年収に対してどの程度融資して良いのかが決められている為、それ以上を希望しても融資はできません。ですから大きな金額を希望しても希望通りにいかない事はよくあることです。

しかし希望があまりに大きすぎる時は、金融機関の方で怪しいと考えることになって、減額と言う対応ではなく、審査を否決するという判断になってしまうことも十分考えられます。

申込みの時点ではこういった点についても考慮しておかなければなりません。

ホームページで審査通過の可能性を探ってみる
もし審査通過が心配と言うのであれば、金融機関のホームページには申込み前に審査結果を判定できる、お試し審査のような機能が用意されているので、それを利用して申込み前に判定してみてください。

この機能は実際の審査を全部やってくれるわけではなく、主に返済能力を判定して審査の通過を判定してみる機能で、申込み前に行えますから、様々なキャッシングについて試してみれば、自分の審査通過の可能性を見極められます。

ただし、この機能を使って審査通過の可能性ありと言う事になったとしても、本当に申し込んで審査を受けた場合、必ず通るということではありません。

この点については予め了解しておき、そういうことになっても金融機関の方にクレームを入れるというような事は止めて下さい。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
希望が高すぎると審査落ち?キャッシングでの融資可能額はどのくらい

審査に落ちてしまった時の対応とは?暫く申し込みは控える

いろいろと検討したうえで申込んだとしても、やはり審査に落ちてしまう人は少ない数ではありません。そういった時には、申込者は慌ててしまってすぐに次を申込もうと考えてしまいますが、次々に否決になるでしょう。

ローンの申込み後は暫くの間は金融期間は返済を気にして審査には通しません。したがってキャッシングを申込む場合には、審査否決で融資が得られなかったときにはどうすれば良いのか、対応策も考えておいたほうが無難です。

また借りられないということになると闇金に行ってしまう人もいますが、そういった怪しい業者を利用したら、ドラマで描かれているように多重債務者になってしまう可能性も有るので、闇金は利用しないようにしましょう。

申込み直後は申込ブラックとして扱われる

先程説明したようにローンを申し込んだ直後と言うのは、その審査に通ったとしても通らなかったとしても、金融事故と同じような扱いを受けます。この状態を申込ブラックと呼んでいます。

このため、この状態のまま再度キャッシングの申込みをしても、金融機関の審査には通りません。こういうことを知らずに次々に申込みをしたとしても、やはり次々に落ちてしまうだけということになります。

そしてもっとまずいのは、こういった情報が次々に信用情報中に書かれて行くことになって、この申込みを続ければ続ける程、申込ブラックになっている期間がずるずると伸びて行ってしまうことです。

これを続ける限り、キャッシングはいつまで経っても利用することができません。つまりどこかの時点で6か月程度の期間を空けなければならないということです。

申込みの前に審査落ちの場合の対応も考えておく必要がある

またキャッシングというのは何かお金が必要なことが発生したために申込むものですから、審査落ちしてしまうと、慌ててしまって先程のように次々に別のキャッシングを申込むというような事になってしまう訳です。

そこでキャッシングの申込みを行なおうと言う場合には、もし審査落ちしてしまった時には、どうすれば良いのかということを予め考えておくことが重要になって来ます。

例えば遊興費や何か家財道具の購入に充てるつもりだった場合には、先に延ばして、取り敢えず借入れを中止すれば良いですし、生活費の補填ということであれば、借入れできない場合には節約で乗り切る方法を考えておきましょう。

このように予め借入れできない時のことも計画に入れておけば、審査が否決になってしまったとしても、その時点で慌ててしまって、後々問題になってしまうような行為を行ってしまうというような事はありません。

生活の基本は収入内で行う事
もし生活を維持するためにキャッシングを利用しようと計画してるような場合には、借入れ前に行ってほしいのが生活の見直しです。生活と言うのは基本的には自分の収入内で行わなければならないものです。

収入が下がってしまって、以前の生活水準を維持するためにキャッシングを利用して生活費を補充するようなことは、長く続けられるわけがないのです。ですからこういった理由でキャッシングを使うのは止めましょう。

まず必要なのは生活を見直して、必要のない支出を抑え、収入に見合ったレベルまで生活水準を落として、キャッシングを利用しなくても生活を維持していくことができるようにして下さい。

一度生活水準が上がってしまうと、なかなか下げるのは難しいのですが、身の丈に合った生活と言うのが最も良い生活だと考えるようにしましょう。

借りられないからと言って闇金を利用してはいけない

もしキャッシングが利用できなかった場合、一部の人は闇金の利用を考えてしまうことが有ります。闇金と言うのは表向き審査を行っていると称しているところも有りますが、それは形式上のもので、融資してくれるところがほとんどです。

正規の金融業者の場合、返済の可能性に疑問が有れば貸してはくれませんが、闇金と言うのはどんな方法を使っても、高額の利息付きで回収するという業者ですから、考えてみれば非常に怖い業者と言えるでしょう。

ですからそんな業者は普通の判断力を持っていれば、いくら他で借入れできないとしても、利用することがどれだけリスクが高いのか、すぐに分かるはずです。

闇金は決して利用してはいけない業者なのです。

民間の金融機関の審査に通らなかった時には、利用目的によっては公的な貸付も利用出来るので、間違っても闇金の利用を考えるようなことは止めましょう。

ここでキャッシングの審査通過率について纏めておきます。

  • キャッシングの審査通過率を公表しているところは大手消費者金融などのごく少数にとどまっている
  • 審査通過率はそれほど高くは無く申込みには注意しなければならない
  • 申込みの前に自分の状況から審査通過の可能性を追求しておくべき
  • 審査に落ちてしまった場合には直後に別のキャッシングの申込みをしてはいけない

審査通過率を見るとなかなか借入れは難しいように感じますが、返済能力や信用がしっかりしていれば、審査通過の可能性は高く、あまり心配しすぎる必要はありません。

【参考記事】
通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

閉じる
閉じる